cat_oa-newspostseven_issue_5985081812d6 oa-newspostseven_0_5985081812d6_野村周平、モデルの琉花と腕組みイタリアンディナーデート 5985081812d6 5985081812d6 野村周平、モデルの琉花と腕組みイタリアンディナーデート oa-newspostseven

野村周平、モデルの琉花と腕組みイタリアンディナーデート

2019年4月17日 16:00 NEWSポストセブン

 4月12日の夜、都内の閑静な住宅街にあるイタリアンレストランに、野村周平(25才)と美女が、変装もせず腕を組み、入っていった。

 前クールのドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』(テレビ朝日系)で心臓病を患う高校生役を演じる重圧から解放されたからか、この日は大人の雰囲気の漂う店でリラックス。アーチ形の天井が洞窟を思わせる店のいちばん奥、カーテンで仕切られた個室からは野村と若い女性の笑い声が響いていた。その声の主は、モデルの琉花(21才)だ。

「琉花ちゃんは『GINZA』『アンドプレミアム』『CREA』などのファッション誌で活躍しています。独特の雰囲気を持つ注目株で、最近は各雑誌から引っ張りだこですよ」(ファッション誌編集者)

 前菜、メインの肉料理、そして手打ちのパスタを楽しみ、約2時間のディナーを終えると、ふたりは手をつないで店を後にした。片時も離れたくない、といった様子だった。

「野村くんは今、久しぶりにスケジュールに余裕がある状態で、クラブで踊ったり友人の誕生日会に出席したりと、精力的に遊んでいます。琉花ちゃんとは、共通の知人を介して知り合い、最近仲を深めていったようです」(野村の知人)

 ふたりには共通の趣味がある。


「野村くんはフィルムカメラで撮影したものをインスタにアップするほど、写真にこだわりを持っています。琉花ちゃんは父親がカメラマンで、本人も写真展を開いたり、ファッション誌にカメラマンとして参加するなど、プロ級の腕前です。共通の趣味の話題で、盛り上がっているようです」(前出・野村の知人)

 野村といえば、かつては水原希子(28才)との熱愛が報じられていた。

「希子ちゃんはアメリカ人と韓国人のハーフですが、琉花ちゃんもオーストラリア人と日本人のハーフ。野村さんのタイプがわかりますね(笑い)」(前出・ファッション誌編集者)

※女性セブン2019年5月2日号








外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_5985081812d6 oa-newspostseven_0_143f1cf512f4_木本克英氏×土橋章宏氏 地上波でできないことをやろう 143f1cf512f4 143f1cf512f4 木本克英氏×土橋章宏氏 地上波でできないことをやろう oa-newspostseven

木本克英氏×土橋章宏氏 地上波でできないことをやろう

2020年6月5日 16:05 NEWSポストセブン

「大江戸グレートジャーニー ~ザ・お伊勢参り~」(WOWOW・6月6日スタート)は、2014年に大ヒットした映画『超高速!参勤交代』の本木克英監督と、原作・脚本の土橋章宏氏が久々にコンビを組んだ注目の連続ドラマだ。放送開始を前に語り合ってもらった。

本木:ところで、今回のドラマ化にあたって、土橋さんには自ら脚本を手掛けてもらったわけですけど、自分で創り出した活字の物語を、換骨奪胎してうまく映像向きにアレンジされていますよね。こうした発想の転換とか手法には、本当にいつも感心しているんです。

土橋:ありがとうございます。小説と違って映像の場合は、いかに視聴者にチャンネルを変えさせないようにするかを常に意識しています。そこで今作は、原作よりもサスペンス色を強くしたんです。菊佐の出番を多くしたのも、そんな狙いがあってのことです。

本木:道中、丸山隆平さん演じる主人公・辰五郎を追いかけてくる残忍な借金取りですね。その菊佐の子分として、ドラマ版では加藤諒さんが演じる六助というオリジナルキャラも登場しましたが、これは?

土橋:六助というパートナーを出すことによって、菊佐の存在が際立つんです。2人の掛け合いから菊佐の内面が見えてくることもありますし。ただ、その六助が途中から菊佐に惚れてキャラを変えていくのは、本木監督のアイデアでしたよね。おかげでボーイズラブみたいな要素が少し盛り込まれました(笑い)。

本木:あれは当時話題になっていた、『おっさんずラブ』に感化されたんです。斬新な設定で突き抜けていて本当に面白かったし、流行に敏感なほうなので(笑い)。

土橋:おかげで、その菊佐を演じる山本耕史さんの演技も映えましたよね。自分に片思いしている男の子分との旅を、すごくいい感じに表現してくれました。


本木:山本さんにしてみれば今回は主役じゃないから、ああいう遊び心のあるシーンも伸び伸びやれたんじゃないかな。

土橋:こういうボーイズラブ的な要素もそうですが、地上波ではやりにくいことが増えましたよね。今回はWOWOWさんだからわりと振り切って書けましたけど。

本木:最近の地上波は自粛すべき制約が多いですからね。だから今回は、地上波ではできないことを思い切りやろうという想いが、根底にずっとありました。何しろ主人公からしてギャンブル依存症だし(笑い)。

土橋:辰五郎のそうしたダメ男っぷりを丸山さんが見事に表現されていましたね。ダメさと優しさが混在していて、それでいて外連味があるという、絶妙なキャスティングだと感激しました。

本木:僕はこういう、愚か者だけど憎めない男の物語が大好きなんです。ところが、この手の役柄をちゃんと演じられる役者というのは、意外と少ない。どうしてもどこかでカッコ良く見せようとしてしまい、説得力が弱まるものなんですが、丸山君はそうした欲を全部捨ててくれました。おかげで、「ああ、こういうヤツいるよな」と誰もが共感できるキャラになったと思います。

【PROFILE】

土橋章宏(どばし・あきひろ)/作家・脚本家。1969年、大阪府生まれ。関西大学工学部卒。2011年「超高速!参勤交代」で第37回城戸賞受賞。2013年に小説『超高速!参勤交代』で作家デビュー。2014年公開の同名映画で第38回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。著書には映像化作品多数。

本木克英(もとき・かつひで)/映画監督。1963年、富山県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。松竹に入社後、1998年に監督デビュー作『てなもんや商社』で第18回藤本賞新人賞受賞。2014年『超高速!参勤交代』、2018年『空飛ぶタイヤ』で日本アカデミー賞優秀監督賞受賞。2017年よりフリー。

●取材・構成/友清 哲

※週刊ポスト2020年6月12・19日号

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_5985081812d6 oa-newspostseven_0_50de22bc766f_町田啓太の人生を変えた韓国映画『1987、ある闘いの真実』 50de22bc766f 50de22bc766f 町田啓太の人生を変えた韓国映画『1987、ある闘いの真実』 oa-newspostseven

町田啓太の人生を変えた韓国映画『1987、ある闘いの真実』

2020年6月5日 16:05 NEWSポストセブン

 緊急事態宣言は解除されたものの、引き続き私たちができることは不要不急の外出を控えること。そんないまだからこそ、充実したおうち時間を過ごすために自宅で映画鑑賞はどうですか? 劇団EXILEの町田啓太(29才)に人生を変えた映画を紹介してもらった。

●人生を変えた映画

『1987、ある闘いの真実』

Blu-ray、DVD発売中

販売・発売元:ツイン


【あらすじ】

 軍事政権下の韓国で、過剰な取り調べによりソウル大学の学生が死亡。それを隠蔽しようとする政府と警察の真実を暴くため、新聞記者や学生の仲間が立ち上がる、実話を描いた社会派ドラマ。事態は韓国全土を巻き込む民主化闘争へ。

──この作品を見て、人生はどう変わりましたか?

「なんとなく気になって劇場で見てみたら、出演者の皆さんの芝居の熱量の高さに鳥肌が立ち、話が進むにつれて物語に夢中になっていました。エンドロールの最後の最後まで見たときに、その熱量の意味を理解。1987年に実際に韓国で起きた民主化闘争がテーマの作品なのですが、この作品に携わったかたがた全員が、“世の中に伝えるべきことを、しっかり伝えなければ”という志を持っていたのだと思います。そして、その姿勢に僕も勇気と刺激をもらいました。同じ韓国映画で言うと、『パラサイト 半地下の家族』で有名なソン・ガンホさんが主演を務める『タクシー運転手 約束は海を越えて』にも、本作と関連するシーンがあるので、続けて見るのもおすすめです!」

──特におすすめのシーンやセリフは?

「ストーリーの終盤、カン・ドンウォンさん演じるイ・ハニョルが当時の写真と重なるように撮影されたシーン。再現度も高いですし、心が締め付けられるような感覚で特に印象深かったです」


【プロフィール】

町田啓太(まちだ・けいた)/1990年7月4日生まれ。劇団EXILEのメンバー。主な出演作にドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』(読売テレビ系)、映画『前田建設ファンタジー営業部』(’20年)など。出演映画『きみの瞳が問いかけている』が今秋公開予定。

※女性セブン2020年6月18日号

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_5985081812d6 oa-newspostseven_0_d534e40abf85_ムロツヨシ、動画生配信で評価急上昇 男気と交友関係が強み d534e40abf85 d534e40abf85 ムロツヨシ、動画生配信で評価急上昇 男気と交友関係が強み oa-newspostseven

ムロツヨシ、動画生配信で評価急上昇 男気と交友関係が強み

2020年6月5日 16:05 NEWSポストセブン

 5月中旬、東京都内のラジオ局に現れたのは、最近グレイヘアが話題となっているマスク姿の俳優・ムロツヨシ(44才)だ。駐車場で所属事務所の大先輩の大竹まこと(71才)ときたろう(71才)に会うと、丁寧なお辞儀であいさつしていた。ムロは、この新型コロナウイルス感染拡大による自粛期間中に、評価を上げた芸能人の1人である。

 この自粛期間は、多くの芸能人が自宅から動画を配信して、ファンを喜ばせている。中でもムロは、東京都に緊急事態宣言が出た翌日4月8日から、毎朝「8時16分だョ! 湯呑みでコーヒー」と題して、生配信をしたことが注目された。テレビ局関係者が語る。

「ムロさんの配信は、小栗旬さんや中村倫也さん、有村架純さんなどがゲストで参加し、広瀬アリスさんとすずさんの姉妹と生配信の中継をつなげたりと、その華やかで幅広い交友関係が注目されています。

 とにかく社交性が高くて幅広く友人が多いのがムロさん。小泉孝太郎さんや小泉進次郎環境相とも親しくて、3人で食事をするほどの仲。芸能界にも“ムロさんとメシ友”という人は多い。人の懐に飛び込むのがとても上手な彼だから、いろんな芸能人がライブ配信に登場してくれるのでしょう」(同関係者)

 ムロの交友関係の広さについては、5月22日のトーク番組『A-Studio+』(TBS系)でも特集された。同番組11年の歴史でMCである笑福亭鶴瓶の取材を最も数多く受けてきた、つまりゲストタレントのために“友情出演”した回数が最も多かったということで、“愛される男”として取り上げられたのだ。


 ある大手芸能事務所ベテランマネジャーは、「ムロさんは、世相をうかがいながら友人にいい顔をしているわけじゃないところがすごい」と評価する。昨年2月に新井浩文被告が強制性交容疑で逮捕されたときには多くの芸能人が無視を決め込む中、「この時に呟かないような関係ではないんです」「目を見て、悪いことをした、と言ったら、思いっきり、叱ります」と、火中の栗を拾うようなツイートもしていた。

 ときに男気を発揮し、冒頭のように先輩を見れば礼儀正しくあいさつもする。そんな姿勢が、数多くの友人たちから信頼を集める理由なのだろう。

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_5985081812d6 oa-newspostseven_0_cf46333187c8_免疫パスポートもたらす新生活、ライブで大声OKや入店許可 cf46333187c8 cf46333187c8 免疫パスポートもたらす新生活、ライブで大声OKや入店許可 oa-newspostseven

免疫パスポートもたらす新生活、ライブで大声OKや入店許可

2020年6月5日 16:05 NEWSポストセブン

 新型コロナウイルスへの感染を防止しながら、新たな生活様式を実践していかなければならないこれからの時代。「免疫パスポート」という考え方に注目が集まっている。

「免疫パスポートとは、新型コロナに感染して免疫ができたことを証明する書類やパスのことです。経済活動を安全に再開するため、抗体検査をしてウイルス感染がわかった人に免疫パスポートを与えて、就労や移動の自由を認める動きが各国で出ています」(全国紙科学部記者)

 新型コロナウイルスに感染しにくい人を可視化できる免疫パスポートだが、プライバシーの侵害や差別につながるとの懸念もある。

◆生命保険では保険料に差が出る

 これから先、免疫パスポートを持つ人と持たない人では、どのような差が生まれるのだろうか。国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんはこう話す。

「中和抗体を正確に測れる免疫パスポートができたら、社会生活に違いが出る可能は充分あり得ます。たとえば、病院だと通院や治療など、抗体のある人はすぐにサービスが受けられ、抗体のない人は別メニューになったり、同じサービスを受けるのが遅れたりする変化が起きるかもしれません」(一石さん)

 血液内科医の中村幸嗣さんが続ける。

「免疫パスポートを持っていない人でも入院、治療は受けられますが、感染拡大防止のため“病室は個室に限定する”など細かい制限は課されるでしょう。病院にお見舞いに行く場合も拒否などされないと思いますが、院内感染を防ぐためやお互いの安心感を得るためにも免疫パスポート持参が必要になるかもしれません。これは高齢者介護施設を訪問する際も同じです」

 医療ガバナンス研究所理事長の上昌広さんは「免疫パスポートは、ウイルスをうつされるリスクが高い人に重要な指標になる」と指摘する。

「医療従事者のほかにも介護施設で働く人や夜の街で働く人は他人との接触が多く、免疫パスポートを持っていた方が安心して働くことができます」

 閑古鳥に悩む店側にとっても格好のアピールポイントとなる。この先、「従業員全員が免疫パスポートを持っています」と店頭に掲げる店がスタンダードになり、持っていない店は売り上げが伸び悩むかもしれない。

 日常生活はどうなるか。コロナ対策でロックダウン(都市封鎖)を進めたイギリス政府は、検査で抗体が確認された人に証明書やリストバンドを渡し、外出制限を解除する施策を検討中だ。

「日本は法律上、強制的なロックダウンができず、ある程度の基準を定めて自粛を『要請』する形です。今後、第二波、第三波が来た際は、免疫パスポートがないと県を越えた移動ができないなど、自粛要請の際の基準として免疫パスポートが活用されるかもしれません」(前出・全国紙科学部記者)

 娯楽やレジャーへの参加にも違いが生じる。

「スポーツ観戦やコンサート会場などでは、免疫パスポートの提示を求められるようになるかもしれません。“パスポートがあればライブなどのイベントで大声を出せる”という新たな常識が広まる可能性があります」(中村さん)

 実際にフランスでは、IT企業が感染リスクのない観客だけがスポーツを観戦できる、スポーツイベント用の「免疫パス」を開発中とされる。

「日本でもスポーツイベントだけでなく、不特定多数の集まるパーティーや宴会をお店で開く際、免疫パスポートの提示が必要となるかもしれません。“パスがない人はお断り”が当たり前になるでしょう」(前出・全国紙科学部記者)

 大切な人との別れも、持っているかどうかで差が生まれる可能性がある。

「志村けんさんが亡くなったとき、実兄がご遺体と対面することすら許されませんでした。岡江久美子さんが亡くなった際、夫の大和田獏さんは感染予防のため火葬場で最期のお別れを言えませんでした。しかし、今後、免疫パスポートがあれば、新型コロナ患者の臨終の立ち会いや葬儀に出席しやすくなるでしょう。一方、持っていない人は参列できず、最期のお別れが言えない可能性があります」(前出・医療ジャーナリスト)

 意外な差が生じるのは、生命保険だ。

「この先は生命保険に加入する際、免疫パスポートがあれば安く加入できるようになり、ない人は感染リスクが高いため保険料が高くなるかもしれません」(一石さん)

 今後求められるのは抗体検査体制のさらなる充実だ。

「抗体検査には限界もありますが、自分が抗体を持っているかどうか知ることは、とりわけ感染リスクの高い仕事をする人には有意義です。まずは抗体検査をより一層拡大することが大切です」(上さん)

 私たちが安心して暮らせるためにも、「免疫パスポート」の迅速な開発が期待される

※女性セブン2020年6月18日号

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_5985081812d6 oa-newspostseven_0_4a56bad2bf6d_コロナで家庭ゴミの量が激増、収集業者の奮闘とリスク 4a56bad2bf6d 4a56bad2bf6d コロナで家庭ゴミの量が激増、収集業者の奮闘とリスク oa-newspostseven

コロナで家庭ゴミの量が激増、収集業者の奮闘とリスク

2020年6月5日 16:05 NEWSポストセブン

 新型コロナウイルスの感染拡大で、生活様式が大きく変わろうとしている。緊急事態宣言が解除されたとはいえ、外出はできるだけ自粛する必要があり、“3密”を避ける努力も重要だ。出社せずに自宅で仕事をする人も増えていくだろう。

 その一方で、「エッセンシャルワーカー(生活必須職従事者)」は、私たちの暮らしを守り、社会を支えるために、今日も働いている。それは、医師・看護師、店員などに限った話ではない。

 緊急事態宣言下で余った時間を片づけにあてた人が続出し、捨てられたゴミの量は年末年始に匹敵したという。しかし、ゴミ捨て場にゴミがあふれかえることがなかったのは、収集業者が休まず働いてくれていたからだ。

「清掃事業は、緊急事態宣言下においても、住民の衛生環境を守るため、一日たりとも止めることはできません」

 そう語るのは、東京清掃労働組合中央執行委員長の中里保夫さん。東京清掃労組は、東京23区でゴミの収集・運搬・処理などに従事する清掃職員で組織された労働組合だ。

「外出自粛中にゴミの量が増えて苦心した」と振り返る。

「職員にかかる負担は非常に大きかった。想定外のゴミの増量に対し、人員や車両の手配がうまくいかず、職員の連携でなんとか対応してきました。ゴールデンウイーク後半からは、燃えないゴミの増量も顕著になりました」(中里さん・以下同)

 コロナの拡大期にはマスク不足にも悩まされた。

「マスクはヘルメットや作業着と違って支給されません。3~4月は完全な品薄のため店頭で買えず、仕方なくマスクなしで作業する者もいました。収集車内は狭いうえ体格のいい職員が多く、どうしても密になる。職員は、自分が感染することよりも同僚にうつすことを何より恐れていました。小さな子供や高齢の親を抱える職員が多いからです」

 検査で陽性と診断されても、病床不足や軽症などの理由で自宅待機となる患者も多かったが、どの地域のどの家に陽性者がいるかは公表されない。

「感染者宿泊用のホテルには感染症対策をしたゴミ収集車を準備できましたが、自宅待機者がどこにいるかはわかりません。陽性者の出したゴミは感染源になり得るので、職員は常に緊張していました。

 とはいえ、陽性者のゴミだけ別に回収したり重装備で回収したりすれば、その家が近所の噂になって、新たな差別を生みかねません。私たちにリスクはありますが、そんな事態だけは絶対に避けなくてはなりません」

 実はゴミ収集の職員は、住民との交流が多い。

「あまり知られていませんが、職員の仕事はただゴミを回収するだけではないのです。ゴミ捨て場にゴミを出せないお年寄りのお宅の玄関先まで伺ったり、分別ルールが守られないお宅を訪問してゴミの出し方を教えたり、学校で『環境学習』と呼ばれる勉強会を行うなど、住民と密接に交流する業務があります。また、自然災害で被災した地域の支援活動も大切な業務です」

 明日の朝も、彼らは変わらずゴミを集めるため、収集車に乗るだろう。

※女性セブン2020年6月18日号

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_5985081812d6 oa-newspostseven_0_d3f6685b1cec_加賀まりこ、ひっそり事務所独立 年下カレと二世帯同居 d3f6685b1cec d3f6685b1cec 加賀まりこ、ひっそり事務所独立 年下カレと二世帯同居 oa-newspostseven

加賀まりこ、ひっそり事務所独立 年下カレと二世帯同居

2020年6月5日 16:05 NEWSポストセブン

 緊急事態宣言が解除され、人通りも増え始めた東京・神楽坂。その中で、マスクをつけていても隠しきれないオーラを放つ女性がいた。女優の加賀まりこ(76才)だ。

 行きつけの中華料理店の前で足を止め、店の女将と親しげに言葉を交わすと、ゆっくりとした足取りで自宅へと帰っていった。

「加賀さんも、神楽坂が長いからね」と言うのは件の女将。

「ひとり暮らし? いえいえ、加賀さんはお兄さん夫婦、それからパートナーのかたと一緒に暮らしていますよ」

 加賀のパートナーは、かつてTBSの制作局にいた6才年下の男性だ。約20年近く事実婚状態にある。

「もともとは麻雀仲間だった2人が交際を始めたのは、加賀さんが60才を目前に控えた頃です。“最後の恋”と感じた加賀さんから交際をもちかけ、そこから5年越しで恋が実ったそうです。

 幼い頃から暮らしている神楽坂の一戸建てを改築して、1階に兄夫婦、2階に加賀さんとパートナーが住む“二世帯同居”をしていると聞いています」(テレビ局関係者)

 さらに最近も、加賀は人生の選択をしていた。3月末で長年所属していた芸能事務所をひっそりと退社し、個人事務所で芸能活動を続けているのだ。



「加賀さんの半生は華やかなものでした。17才でデビューした後、パリへ渡って現地の有名監督と交流し、日本でも有名なイタリアン『キャンティ』の常連として、三島由紀夫や丹下健三と友好を深めました。ただ、それらはもう過去のものなのでしょう。去年は1年がかりでドラマ『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系)という大仕事も終え、80才が近づき、終活の一環として独立したのだと思います。あまり知られていませんが、谷中霊園(東京都台東区)に墓地を購入したり日本尊厳死協会の会員になったりと、加賀さんは終活と向き合っている人なんです」(加賀の知人)

 本人に、現在の心境をたずねてみた。

「『やすらぎ~』が終わって、そのタイミングで独立したんです。特別なことは何にも。あんまりね、若くもないしバリバリ仕事するわけでもないから。ひとりが、個人事務所がいいなって。理由はそれだけ。それ以外特にないのよ」

 飾らず、思うままに。それが加賀の終活術なのだろう。

※女性セブン2020年6月18日号


外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_5985081812d6 oa-newspostseven_0_ff09824b771f_ウユニ塩原ほか 写真家が捉えた「世界の奇跡の絶景」4選 ff09824b771f ff09824b771f ウユニ塩原ほか 写真家が捉えた「世界の奇跡の絶景」4選 oa-newspostseven

ウユニ塩原ほか 写真家が捉えた「世界の奇跡の絶景」4選

2020年6月5日 16:05 NEWSポストセブン

 美しい景色や壮大な大自然で、写真家の予測と準備、好天などの偶然が重なって名写真が生まれることがある。そうした“二度と撮れない”世界中の絶景をとらえた秘話を、写真とともに紹介する。

◆ウユニ塩原(ボリビア):撮影/野町和嘉

 標高3700mに広がる「ウユニ塩原」は季節ごとに異なる表情を見せ、いつ撮影しても楽しい地です。この時は雨季を狙って訪れました。湖面に5cmほどたまった雨水が無風によって“天空の鏡”と化し、青空に絶妙なバランスで浮かぶ雲を映し出す瞬間をとらえることができました。

 大雨で水かさが増え過ぎたり、風が吹いて波立ったりすると、このような鏡張りの絶景は撮ることができません。好条件が生んだ奇跡の情景です。

【プロフィール】のまち・かずよし/1946年、高知県生まれ。アフリカ、中近東など世界各地で過酷な風土を生き抜く人々の暮らしと信仰の姿を撮影してきた。2009年、紫綬褒章を受章。

◆スコーガフォスの滝(アイスランド):撮影/高砂淳二


 アイスランドの南部に位置する「スコーガフォスの滝」や山に満天の星とオーロラが降り注ぐ夜の絶景です。ほのかな月の光が滝や山を照らし、幻想的な大自然を写し出すことができました。季節的にオーロラが出現するとは思っていなかったので、興奮しながら夢中でシャッターを切りました。滝は落差約60mあり、轟音が響く中、水しぶきで濡れるレンズを必死にふきながら撮影した思い出が甦ってきます。

【プロフィール】たかさご・じゅんじ/1962年、宮城県生まれ。世界各地を訪れ、海の中から生き物、風景、星空まで地球全体をフィールドに撮影活動を続けている。

◆サハラ砂漠(モロッコ):撮影/谷角靖


 朝焼けのサハラ砂漠をベルベル人がラクダを引いて移動する光景を撮影しました。星を撮る目的で現地入りしたのですが、ラクダ引きが移動するのを見て、朝日を背景にシルエットで撮影したいと思ったのです。

 前日から彼らの足跡を探し、砂丘の尾根沿いを通るのではと考えました。日の出前、予想は的中。ラクダ引きが脚を上げた瞬間、つま先に太陽の光をとらえることができた奇跡的な1枚です。

【プロフィール】たにかど・やすし/1973年、大阪府生まれ。カナダ在住。サラリーマンから写真家へ転身し、世界各地で風景写真を撮り続ける。オーロラの写真集も多数。

◆コモ ココア アイランド(モルディブ):撮影/三好和義


 モルディブを構成する1192の島々のうち、干潮でサンドバンク(砂州)が道のように現われるのはリゾート島「コモ ココア アイランド」ならではの絶景です。潮が引いてみるみる伸びていった光景は、映画『十戒』の海が割れるシーンを彷彿とさせました。

 この日はS字形の道が現われ、ヤシの木に登って地上7~8mから撮影しました。太陽を反射して白く輝く砂と、宇宙のような深い藍色の空が強烈なコントラストを生み出しています。

【プロフィール】みよし・かずよし/1958年、徳島県生まれ。27歳の時、当時最年少で木村伊兵衛写真賞を受賞。以降、「楽園」をテーマに撮影。最新刊は超大型写真集『東大寺』(36万円+税、小学館)。

※週刊ポスト2020年6月12・19日号

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_5985081812d6 oa-newspostseven_0_6ab5eec43ea0_雅子さま、前例踏襲主義の宮内庁の「ガラスの天井」破る時 6ab5eec43ea0 6ab5eec43ea0 雅子さま、前例踏襲主義の宮内庁の「ガラスの天井」破る時 oa-newspostseven

雅子さま、前例踏襲主義の宮内庁の「ガラスの天井」破る時

2020年6月5日 11:05 NEWSポストセブン

 令和の皇后として、雅子さま(56才)は自身の在り方を模索され、活躍を続けてこられた。しかし、そのご活躍の陰には常に「平成の前例」という大きな壁が立ちふさがっていた──。

 青々とした桑の葉を一枚一枚丁寧に置かれると、その葉を元気よく食んでいく蚕を、目を細めて見つめられた。体長9cm近くに成長した蚕の国産種「小石丸」が約800頭。雅子さまはその食欲に思わず、「全部食べてしまうのに、どれくらいかかるのですか」と担当者に尋ねられたという。

 雅子さまが5月29日、皇居内の紅葉山御養蚕所で、蚕にエサの桑の葉を与える「ご給桑」に臨まれた。そのときの様子を収めた写真と映像が、宮内庁より公開された。

 美智子さま(85才)より受け継がれた養蚕に、雅子さまが取り組まれる様子が公開されたのは、今回が初めてのこと。ただ、その公開のタイミングについて、こんな声が聞かれた。

「なぜ11日に行われた『御養蚕始の儀』では公開されなかったのでしょうか。昨年は御代がわりの関連行事で忙しく、養蚕の作業をされる機会がありませんでした。今年、初めて雅子さまが養蚕に臨まれたのが11日の御養蚕始。記念すべき皇后としての初作業だったからこそ、世間の注目も相当集まっていました」(皇室ジャーナリスト)

 雅子さまは皇太子妃時代、美智子さまが紅葉山に足繁く通われても、そこに一緒に参加されることは少なかった。それをもって「雅子さまは虫嫌いなのではないか」という指摘がされることもあった。それだけに、雅子さまが皇后として初めて養蚕に向かわれることに関心が集まったのだ。

「しかし、宮内庁は『前例がない』という理由で、御養蚕始で記者が写真を撮ったり、取材をしたりすることをためらったのです。たしかに、美智子さまが養蚕をされていたときも、御養蚕始の様子が公開されたのは記憶になく、その後の作業のみが公開されました。結果、雅子さまも初めてのご養蚕ではなく、2度目のご給桑作業の様子だけが公開された。少なからず注目度が下がったことは残念です」(前出・皇室ジャーナリスト)

◆皇太子妃時代は隠されていた「御所での祈り」

 御代がわりから約1年、天皇皇后両陛下は新しい「令和流」のスタイルを模索されてきた。特に、雅子さまが元外交官としてのご経験を生かして活躍されるお姿は、「令和の新しい皇后像」として国内外で大きな注目を浴びた。

「しかしその一方で、“もっと雅子さまのご活動の内容が広く伝わればいいのに”と思う場面が多数ありました。快復基調とはいえ、たしかにまだ雅子さまは病気療養中でいらっしゃるので、遠慮をされていることもあるのかもしれません。ただ、しっかり活動されていることは堂々と広報すればいいはずです。宮内庁側が『前例がない』という理由で情報公開や取材を避けることが多かったように感じられるのは悔やまれます」(前出・皇室ジャーナリスト)

 たとえば御所での「お慎み」(黙祷)もその一例だろう。


 雅子さまは皇太子妃時代、外国生活が長かったことから「霊的な行事である宮中祭祀に理解がない」と指摘されることがあった。実際、療養に入られてからは長らく祭祀に出席されていなかった。

 しかし、皇太子妃時代も、天皇陛下が皇居で祭祀に出席され、雅子さまが東宮御所に残られているときでも、雅子さまは決して何もされていなかったわけではない。

「そうしたとき、雅子さまは必ずおひとりで『お慎み』や『ご遙拝』をされていた」

 そう宮内庁関係者は述懐する。

 沖縄戦終結の日や終戦記念日、広島・長崎の原爆投下日といった日には、愛子さまと一緒に黙祷を捧げてこられた。

「お慎みやご遙拝という言葉は知られていますが、実際には、御所のどこで、どのようなことをされているのかは、一切明らかにされない“秘儀”とされています。ただ、それなりに精神的にも肉体的にも緊張が伴う儀式であることは、間違いありません。雅子さまがそれらに取り組まれてきたことを、宮内庁は公式に明らかにはしてきませんでした」(皇室記者)

 それだけに、一部には「皇太子さまが祭祀に臨まれているのに、雅子さまは御所で何もされていない」と誤解に基づく批判が長らく続いてきた。

「昨年、雅子さまが皇后になられた後は『お慎み』なども宮内庁が公式にホームページに発表するようになりました。もしもっと早く公開していれば、誤解は生じなかったはずで、雅子さまももどかしい思いをせずに済んだのではないでしょうか。

 平成時代には、美智子さまが頸椎を痛められ祭祀の出席が減った頃から『お慎み』をされていたことを公表するようになりました。その頃に『皇后のお慎みは公表、皇太子妃のお慎みは非公表』と、宮内庁内の“ルール”ができたのかもしれません」(前出・皇室記者)

「前例踏襲」にこだわったことによって、結局、雅子さまが取り組まれてきたことが、国民に伝わりづらくなっていたということだろう。

 時代の変化に伴い「皇室のSNS利用」を求める声もあり、「天皇陛下も前向きに考えられているようだ」(前出・宮内庁関係者)という。

 皇室との親交が深い英王室では、すでに王室公式のアカウントが作られ、王室と国民をつないでいる。新型コロナウイルスに苦しむ国民を励ますエリザベス女王の音声メッセージは王室のツイッターで公表され、多くの英国民を勇気づけた。 

 いまのところ、日本の皇室ではSNSは利用されていない。「前例にない」ことが、実現を妨げる理由の1つでもあるだろう。

「もちろん、国民性や皇室の在り方を前提に、慎重に検討すべきことです。ただ、即位にあたって陛下が口にされたように“国民の中に入っていく皇室”の新しい姿を国民に見せるには、国民が生活の中で当たり前のように使っているツールを使わない手はありません。あまり世間離れをして、国民と距離ができては元も子もない。宮内庁も“前例、前例”と繰り返すだけでなく、重い腰を上げて、しっかり検討すべきでしょう」(別の皇室ジャーナリスト)

 美智子さまは初の民間出身の皇后として、皇室の伝統や前例と闘われながら、平成の皇后像を築かれてきた。雅子さまもまた令和の皇后像を築くため、美智子さまという“ガラスの天井”を突き破る日が来るのかもしれない。

◆「またこの被災地を訪れたい」と希望された

 5月30日、宮城県名取市に「震災復興伝承館」がオープンした。東日本大震災の津波で大きな被害を受ける前の町並みが再現された模型などが展示されている。

 両陛下は2017年11月、その名取市を訪問された。復興状況の視察のため公営住宅などを訪れ、集まった人々一人ひとりに声をかけられた。

「雅子さまは訪問中、涙ぐまれる場面がありました。両陛下は訪問後、“またこの地を訪れたい”と強く希望されたそうです。翌年の『歌会始の儀』では、訪問時の様子を歌に詠まれ、その歌は名取市にある歌碑に刻まれています。コロナ禍が収まり次第、両陛下は震災復興伝承館を訪れることも検討されているそうです」(別の皇室記者)

 別の宮内庁関係者はそうした国民とのかかわり方に「両陛下らしさ」を感じたという。

「天皇皇后両陛下はご静養に出かけられた先で、駅に待ち受けた一般の人たちと、長時間にわたり親しく言葉を交わされます。それはまさに “国民の中に入る”という、両陛下の気持ちの表れではないでしょうか。そうした両陛下らしさが見られる機会が、増えていってほしいです」

 昨年9月、両陛下が秋田県を訪問された際、視察先として秋田市の「秋田県動物愛護センター」に足を運ばれた。動物愛護の施設が皇族方の訪問先となるのは非常に珍しい。動物がお好きで、保護された動物たちを飼われている両陛下らしいものだろう。

 両陛下の「令和らしさ」は、少しずつだが確実に、打ち出されている。

※女性セブン2020年6月18日号

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_5985081812d6 oa-newspostseven_0_e12ef39eaa5f_志村けんさん 遺影は10年前の笑福亭鶴瓶とのツーショット e12ef39eaa5f e12ef39eaa5f 志村けんさん 遺影は10年前の笑福亭鶴瓶とのツーショット oa-newspostseven

志村けんさん 遺影は10年前の笑福亭鶴瓶とのツーショット

2020年6月5日 07:05 NEWSポストセブン

 室町時代創建の東京・東村山市にある古刹。その一角に、ひときわ大きな墓がひっそりとたたずんでいる。きれいに掃き清められ、花立てには彩りにあふれた真新しい花が供えられている。線香の燃え跡が残り、周囲にはまだ香りが漂っていた。

 その傍ら、先祖代々の戒名が記された墓誌に、先日、新たな戒名が刻まれた。

「瑞心院喜山健徳居士」

 ここには、3月29日に新型コロナによる肺炎で急逝した、志村けんさん(享年70)が眠っている。最愛の母・和子さん(享年96)と共に。

 訃報から2か月余り。突然の別れとなった長兄の知之さん(73才)は、「まだ亡くなった実感がない」としながらも、「納骨が終わってホッとした」と複雑な胸の内を口にする。

「四十九日の前に、家族のみで納骨しました。新しく建てたのではなく、先祖代々250年続くお墓です。けんは妻も子供もいなかったので、両親や、じいちゃんばあちゃんたちと一緒にゆっくりしてもらえればと思ってね」

 先祖代々の墓は、長男が受け継ぐケースが多い。志村さんのように3人兄弟の末っ子で妻子がなく、突然の死を迎えた場合、墓問題は迷走することも少なくない。ましてや、志村さんは遺言も残していないとされている。

 葬送・終活ソーシャルワーカーの吉川美津子さんが言う。

「先祖代々のお墓に、長男しか入れないという決まりはありません。そのお墓を管理している祭祀継承者が了解すれば、入ることができます。志村さんの場合はお兄さまや親族との関係が良好だったので、揉め事もなく、スムーズに入ることができたのでしょう」

 生前の志村さんは多忙の合間を縫って、正月には母・和子さんと知之さん一家が暮らす実家を訪れている。結びつきが強かった兄弟らしく、葬儀や納骨などは兄らが取り仕切ったという。

 葬儀で使われた志村さんの遺影も、知之さんが住む実家に戻っている。その遺影の話題になると知之さんの表情が緩み、懐かしそうにこんなエピソードを教えてくれた。

「遺影にした写真は10年くらい前のもので、鶴瓶さん(笑福亭鶴瓶・68才)と一緒に撮った一枚なんです。鶴瓶さんに報告したら、“一緒に写っている写真をそんなふうにしてくれて”って喜んでくれました。

 母親が、鶴瓶さんとけんのテレビ番組に出演したことがあるんですけど、その撮影の合間に撮った写真なんです。出来上がった写真を見て、いい笑顔だなって思ってね。ほかにも写真はたくさんあるんですけど、この鶴瓶さんと写ってる写真がいちばんいい。あのけんの表情が、ずっと頭に残っていたんですよ」(知之さん)



 志村さんと鶴瓶は50年来のつきあいで、1998年からは年に1度、正月の特別番組で共演している。プライベートでも仲がよく、鶴瓶は志村さんの母親とも親交を深めていた。気の置けない仲であることを考えれば、“ツーショット写真”で知之さんの脳裏から離れない笑顔を見せるのも当然かもしれない。

 その間柄は、晩年の志村さんに大きな影響を与えている。

 志村さんは今年、NHKの連続テレビ小説『エール』への出演や、映画『キネマの神様』の初主演など、70才を機に俳優業に力を入れていた。

「志村さんが50才を過ぎた頃、鶴瓶さんが、“もっと仕事せなあかん”“ドラマもやってみなはれ”と志村さんに俳優の仕事を提案した時期があったんです。それに対して志村さんは、芝居のオファーがあっても“人から演出されるのはどうも苦手。コントしかやらない”と断り続けていました。それでも鶴瓶さんは、志村さんの俳優姿を見たいと口にしていたんです。面と向かっては言いませんが、そのやりとりが、志村さんの中にずっと残っていた。鶴瓶さんの存在が、俳優への挑戦を決断した理由の1つなんです」(志村さんの知人)

 墓に遺影、志村さんが残した死後の手続きは“型破り”続き。となると、遺産の行方も気になってしまう。

「けんが飼っていた2匹の愛犬は、有難いことに知り合いが引き取って世話をしてくれています。決まったのはこれくらい。三鷹にあるけんの家にはもう誰もいませんが、今後あの家をどうするか、遺品をどうするのか、遺産はどれくらいあったのか、まだまだ話し合いもできていない状況です」(知之さん)

 志村さんの死後の手続きは、まだ始まったばかりのようだ。

※女性セブン2020年6月18日号

外部リンク