cat_oa-newspostseven_issue_5985081812d6 oa-newspostseven_0_5985081812d6_野村周平、モデルの琉花と腕組みイタリアンディナーデート 5985081812d6

野村周平、モデルの琉花と腕組みイタリアンディナーデート

2019年4月17日 16:00 NEWSポストセブン

 4月12日の夜、都内の閑静な住宅街にあるイタリアンレストランに、野村周平(25才)と美女が、変装もせず腕を組み、入っていった。

 前クールのドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』(テレビ朝日系)で心臓病を患う高校生役を演じる重圧から解放されたからか、この日は大人の雰囲気の漂う店でリラックス。アーチ形の天井が洞窟を思わせる店のいちばん奥、カーテンで仕切られた個室からは野村と若い女性の笑い声が響いていた。その声の主は、モデルの琉花(21才)だ。

「琉花ちゃんは『GINZA』『アンドプレミアム』『CREA』などのファッション誌で活躍しています。独特の雰囲気を持つ注目株で、最近は各雑誌から引っ張りだこですよ」(ファッション誌編集者)

 前菜、メインの肉料理、そして手打ちのパスタを楽しみ、約2時間のディナーを終えると、ふたりは手をつないで店を後にした。片時も離れたくない、といった様子だった。

「野村くんは今、久しぶりにスケジュールに余裕がある状態で、クラブで踊ったり友人の誕生日会に出席したりと、精力的に遊んでいます。琉花ちゃんとは、共通の知人を介して知り合い、最近仲を深めていったようです」(野村の知人)

 ふたりには共通の趣味がある。


「野村くんはフィルムカメラで撮影したものをインスタにアップするほど、写真にこだわりを持っています。琉花ちゃんは父親がカメラマンで、本人も写真展を開いたり、ファッション誌にカメラマンとして参加するなど、プロ級の腕前です。共通の趣味の話題で、盛り上がっているようです」(前出・野村の知人)

 野村といえば、かつては水原希子(28才)との熱愛が報じられていた。

「希子ちゃんはアメリカ人と韓国人のハーフですが、琉花ちゃんもオーストラリア人と日本人のハーフ。野村さんのタイプがわかりますね(笑い)」(前出・ファッション誌編集者)

※女性セブン2019年5月2日号








外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_5985081812d6 oa-newspostseven_0_74a931ae58c3_石田ゆり子とムロツヨシ、仲良し夫婦役演じるが… 74a931ae58c3

石田ゆり子とムロツヨシ、仲良し夫婦役演じるが…

2019年4月17日 16:00 NEWSポストセブン

 石田ゆり子とムロツヨシが、パナソニックの「TOKYO リノベーション ミュージアム」の記者発表会に登場した。2人はパナソニックのCMで夫婦役として共演中。

 リノベーションを体感できる同施設。リノベーションに関するさまざまな知識を『学ぶ』エリア、リノベーションで得られるくらしに『憧れ』を感じるエリア、リノベーションをしたいという想いを『実現』するエリアという3つの要素で構成されている。

 仲の良さを報じられたこともある石田とムロ。ムロの部屋に遊びに行きたいかを聞かれた石田は「皆さんでパーティーをやる際には私も呼んでいただけたら……」と回答。ふたりっきりは希望していないようだ。

■撮影/浅野剛



外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_5985081812d6 oa-newspostseven_0_5b658883d971_【著者に訊け】話題の学者が語る『鳥肉以上、鳥学未満。』 5b658883d971

【著者に訊け】話題の学者が語る『鳥肉以上、鳥学未満。』

2019年4月17日 16:00 NEWSポストセブン

【著者に訊け】川上和人氏『鳥肉以上、鳥学未満。HUMAN CHICKEN INTERFACE』/1500円+税/岩波書店

『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』や『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』等、数々の話題作をもつ森林総合研究所主任研究員・川上和人氏が、今度は鶏を語り倒すという。

 題して『鳥肉以上、鳥学未満。』。例えば食肉としていかにそれが優秀かを語るにも、各肉の値段や売場の占有率を徹底調査し、〈鳥肉の1円あたりのおいしさを「1トリ」として計算すると、豚肉と牛肉のおいしさは、それぞれ約0.77トリと0.7トリ〉と、一々数値化するのが川上流だ。

「別に冗談でも何でもなく、どんな現象も単位や数字に直して検証するのが、僕ら科学者の基本なんです」

 現に牛肉や豚肉と違って鶏肉は肉店で一羽丸ごと手に入り、味や食感を肌身に知っている点では、研究の取り組みやすさで昆虫や爬虫類の上を行く。そんな〈鳥類学の教科書〉を漫然と食べていては勿体ないとばかりに、川上氏は〈モスチキン〉や〈世界の山ちゃん〉の手羽先を標本レベルまでしゃぶりつくし、その骨格や鳥類の鳥類たる所以について思索を深めるのだった。

「僕は鳥について考えることが好きなだけで、鳥が特に好きというわけではないんです。僕が小笠原で今やっている仕事は、鳥類が生態系の中でどんな役割を担い、いなくなるとどんな影響が出るかという研究と、絶滅しないように管理する仕事の主に2つ。解剖学者は個体以下、僕ら生態学者は個体以上を扱うと言えばわかりやすいでしょうか。

 生物学の面白さは一般性と特殊性に集約されること。どんな生物にも当てはまる普遍的なセオリーもあれば、なぜこの生物だけがこんな行動をするのかという特殊性を発見する場合もある。その2つが混在する世界の面白さを、僕は皆さんにも面白いと思ってほしいので、宗教も地域もさほど関係なく大勢が食べている鶏肉は、格好の題材だったんです」

 1章「ツバサをください」では胸肉や手羽等の翼に連なる筋肉、2章「アシは口ほどに物を言う」ではモモやスネ等の下半身と、本書では形状や色一つにも意味や機能がある驚異の世界を部位ごとに解説。各章題や小見出しも川上作品らしいウィットに富み、読者を飽きさせない。

 ちなみに鶏はキジ目キジ科に属するセキショクヤケイを家禽化したもの。遅くとも5千年前には人に飼われており、キジ科の中でも特に飛ばない〈異端児〉はしかし、いくら品種改良されようとも、鳥は鳥だった。

 まずは胸肉。総重量中、最も多い30%を占める胸筋は、〈翼を打ち下ろす〉際に使う筋肉で、なぜ空を飛ばないのに胸筋が発達したかと言えば、答えはその行動にあった。それこそキジは危険を察知すると翼を勢いよく羽ばたかせ、〈ドカンと飛び立つ〉。この〈一念発起短期決戦型〉の飛翔を可能にするのが充実した胸筋であり、肉用に品種改良される以前からキジ科の胸筋は多くの胸肉がとれる〈ポテンシャル〉を秘めていたのだ。

 また、胸筋と胸骨の間にあるささみ=烏口上筋は、打ち下ろした翼を再び持ち上げるための筋肉だ。特に体が重く、敵に狙われやすいキジ目のささみは体重比3~8%と大きめだ。つまり〈大きなささみと大きな胸肉は、生命維持のための非常脱出装置〉としてセットで働き、いくら高蛋白、低脂肪でも、〈ささみはヒトのためならず〉なのである。

「胸肉とささみの働きを知ってもらえるだけでも僕は満足だし、なぜモモ肉が入り組んでいて切りにくく、皮がサブイボ状なのかにも、全部理由があるんです。

 そもそも重力に対抗して飛ぶ鳥類には、どうしても必要な機能は身体の中心に集める〈マスの集中化〉が見られ、進化とは最適化の歴史だということもできる。例えば鶏肉はピンクなのに、空を継続的に飛ぶ鴨の肉が赤いのは体内に酸素を補給するミオグロビンの量が関係していたり、そうした進化の結果を身近な鶏肉にも見出せるなんて、こんなに面白いことはないと思う」

◆科学者は、いわばロジック教の信者

 何より圧倒されるのは、鶏肉を通して見える、理屈抜きに理に適った現象の凄さだ。そうした現象に対して問いを発見し、合理的な答えを導きだす喜びは、古代から人類共通にあったはずだと、川上氏は言う。

「僕ら科学者はいうなればロジック教の信者みたいなもの。もちろん科学でもまだ解明できない現象もあるし、理論は後付けの場合もあるけれど、モスチキンについているあの骨がどんな働きをしていたのかとか、知らないよりは知った方が、みんながハッピーになれると僕は信じています。

 それこそ鳥は1億5千万年も前から空を飛んでいて、長い時間をかけてブラッシュアップされたメカニズムの凄さが、鳥にはわからなくても僕らはわかる。小笠原諸島の環境保全の仕事も、管理しないと外来生物に侵略されて面白いものが見られなくなってしまうから、種を減らさない方法もやむなく研究しているだけです。面白いものをもっと見たい、そして考えたいという好奇心が、僕の原点なんです」

 環境問題も生物多様性も関係なく、目の前の鶏肉にひたすら興奮できる鳥類学者は、本書を「マンチキン」(オズの国の住人)と呼んでほしいという。

「副題にもあるように、人とチキンで、マンチキンです。食だけに留まらない長くて身近な関係を本書が再発見するきっかけになれば嬉しい。もちろん鶏肉を食べながらですけど!(笑い)」

【プロフィール】かわかみ・かずと/1973年大阪府生まれ。東京大学農学部林学科卒。同大学院農学生命科学研究科中退。農学博士。現在は「国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所森林研究部門野生動物研究領域鳥獣生態研究室主任研究員戦略研究部門生物多様性研究拠点併任」と、〈寿限無〉級に長い肩書きを持ち、つくばを拠点に小笠原諸島での鳥類の進化と保全の関する調査研究に従事。著書は他に『美しい鳥 ヘンテコな鳥』『そもそも島に進化あり』『トリノトリビア』等。172cm、A型。

構成■橋本紀子 撮影■横田紋子

※週刊ポスト2019年4月26日号

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_5985081812d6 oa-newspostseven_0_87251a41dac5_野菜や果物、生育時と同じ環境で保存することでおいしさ保つ 87251a41dac5

野菜や果物、生育時と同じ環境で保存することでおいしさ保つ

2019年4月17日 16:00 NEWSポストセブン

 これからの季節、スーパーなどで手に入りやすい野菜や果物をより長く、おいしく食べるには? 青果店に並べる野菜や果物をセレクトしている女性バイヤーに、自宅でしている保存法を聞きました!

「野菜や果物は生育時と同じような環境で保存するのがベスト」と『旬八青果店』のバイヤー・松根拓乃さんは言う。

「暑い気候で育った野菜や果物は、急に寒いところに入れられるとびっくりして傷みやすくなります。また、寒い場所で育った野菜は暖かい場所は苦手。その野菜が育った気候により近い状態で保存することが、鮮度を保つ秘訣ですね」(松根さん・以下同)

 ただし、暑い気候で採れるものでも、気温が上がると、傷みやすくなるため、冷蔵室での保存が不可欠だ。

「暑すぎると野菜や果物は呼吸数を増やし、生命を維持するためにエネルギーを使ってしまい、鮮度が落ちます。私は夏になるときゅうりやなす、トマトなどの夏野菜も、野菜室に入れています」

 また、果物の中には常温で置いておくと、甘味が増す“追熟”が起こるものがある。

「程よく熟したら、食べる2~3時間前に冷蔵室で冷やすとおいしく食べられますよ」

 実際に、食材別の保存方法を解説しよう。

■ほうれん草

【1】ゆでる

袋から出し、根元を切り落とし、表面についている土などを洗い流し、1リットルのお湯に塩小さじ1を入れて約1分ゆでる。

【2】ペーパータオルで水気を取る

ゆで上がったら水にさらして、かたく絞り、さらにペーパータオルで水気を取る。

【3】ラップに包んでジッパー付き保存袋に入れる

空気に触れないようにラップに包み、ジッパー付き保存袋に入れて保存。2日以内に食べる場合は冷蔵室へ。それ以上保存する場合は冷凍庫に入れておく。

■アボカド

【1】まだ硬いものはレンジで加熱

アボカドは皮付きのままなら、常温保存が基本。買ってきてすぐに食べたいけれどまだ硬い場合は、電子レンジで30秒くらい加熱すれば、軟らかく食べやすくなる。

【2】半分残ったら種を取る

切ってしまうと酸化が進むうえ、種があることで、実の部分が成長し味が落ちる。半分は皮を付けたまま、種を取り除く。種に包丁の根元の部分を刺し、回転させてくり抜くと取りやすい。

【3】ラップでぴったり包む

空気に触れると酸化するので、密着するようにぴったりとラップに包んで、冷蔵室で保存。次の日には食べきってしまうのが望ましい。

■もやし

【1】よく洗う

ざるに入れて、流水でよく洗い、表面の汚れを落とす。

【2】ふた付き容器に水を入れて保存

ざるで水気を軽く切ったら、水を入れたふた付き容器に入れて冷蔵室で保存する。雑菌の繁殖を抑えるため、最低1日1回は水を換え、遅くとも3日以内に使い切る。

※女性セブン2019年4月25日号

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_5985081812d6 oa-newspostseven_0_2ad59476f544_証券会社が「野菜」を売る狙いとは? 大和証券社長が語る 2ad59476f544

証券会社が「野菜」を売る狙いとは? 大和証券社長が語る

2019年4月17日 11:00 NEWSポストセブン

 国内ではアベノミクスの行方に不透明感が漂い、世界では米中摩擦や英国のEU離脱問題など、国内外の株式市場が揺れ動く出来事が相次いでいる。そんな証券会社にとって正念場の中、大和証券の新ビジネスに注目が集まっている。収益多角化を目指す大和証券グループ本社の中田誠司社長(58)に戦略を訊いた。(聞き手/河野圭祐=ジャーナリスト)

──平成元年といえば、日経平均株価が史上最高値をつけた年。証券会社が我が世の春を謳歌していた頃ですが、あなたは当時、どんな仕事をしていましたか?

中田:当時は入社7年目。あの年は私にとっても転機でした。入社からずっと日比谷支店で個人営業を担当していたのですが、年初に新入社員のインストラクター係の辞令を受けて、25人の新人を指導しました。それが終わった6月には事業法人部に異動となります。

──企業合併や買収を担う事業法人部といえば、証券会社の花形部署ですね。

中田:でも、若手の私が担当するのは、当社が主幹事会社どころか幹事会社でもない取引先ばかり。どこまで食い込んでいけるかという“攻める営業あるのみ”でした。事業法人部で過ごした13年間は、私の大和ライフの核となる時代でした。

──しかし、その間にバブルが弾け、1990年代後半に金融ビッグバンを迎えます。外資系参入も本格化した。

中田:特に事業法人のM&A業務については外資系のほうが経験や知見が豊富で、国内金融機関はなかなか太刀打ちできませんでした。ですが、彼らと競い合うことで我々のスキルも磨かれていきました。

 その頃に気づいたのは、単に担当する企業を分析するだけでなく、グローバルベースで業界を研究し、戦略を提案することの重要性です。そのため、担当する業界のアナリストレポートのほぼすべてを読み込むように心がけました。当時、誰よりも早くそれを実践していた自負はありますね。

──2008年にはリーマン・ショックもありました。

中田:当時、私は経営企画部長でしたが、衝撃的な出来事でした。バブルが崩壊してからも、金融界はとかく目先の利益をひたすらに追いかける。そのために競争して1位になる。収益でトップになる。それを是とするビジネスモデルでしたし、私自身もそうでした。

 しかしリーマン・ショックを境に“このままでは立ち行かなくなる”と皆が気づかされた。経済的利益を競い合うばかりでは、金融機関だけでなく、世界経済そのものが破綻しかねない。利益を刈り取るだけでなく、持続的に利益を生み続けるビジネスモデルを作ろうという考え方が世界的な潮流になってきました。

 特に2015年に国連で「SDGs」(Sustainable Development Goals)が満場一致で採択されたことは、大きかった。SDGsとは環境や社会貢献に関する「持続可能な開発目標」という意味です。それを受けて、当社でもSDGsを経営戦略の根幹に据えました。

──近年、製造業ではSDGsを企業理念に掲げる会社が増えていますが、証券会社のビジネスとどう関係するのでしょう?

中田:日本国内だけ見ても、地方活性化、少子化対策、子供の貧困……いろいろな問題が山積みです。そうした中で勝ち残れるのは、社会的価値と経済的価値を両立した企業。そうした企業を育てていくことが、証券会社のビジネスに繋がると思いますし、当社も「新たな価値」を生み出せる証券会社となることが大切だと思います。

◆市場動向に左右されない

──狩猟型から農耕型の証券会社へという転換にも見えますが、具体的にはどのような取り組みを?

中田:たとえば昨年11月に100%出資会社として設立した「大和フード&アグリ」では、農業や食料に関わる事業に取り組んでいます。

 当社の収益の柱となるには10年はかかるでしょう。ですが、日本の農業は改善して収益をあげていく余地が大きい。これまでは大半が小規模農家で、家族的経営スタイルから抜け出せていない。農業従事者はますます高齢化し、耕作放棄地が増えています。

 その一方で、「高品質な日本の農産物、農業技術」は世界的にニーズが高い。このギャップを埋めることが大事になる。

──そこにどう関わっていくのですか?

中田:耕作放棄地や小規模農家を集約し、アグリテック(環境制御や農業ロボットなどの技術)を導入して生産性を高めていく。大和フード&アグリでは、農学博士などの専門家を役職員として招聘し、農業の専門家と証券会社としての取引や人脈を活かした新たな農業ビジネスの創造を行なっています。

 たとえばベビーリーフに関していえば、アグリテック導入で生産効率が改善し年間の作付け回数を2桁パーセント改善している生産者などもいます。販売先を確保できればキャッシュフローが安定する。いずれはこのようなビジネスを証券化することも考えています。

──「本業だけでは厳しい」という考えでしょうか?

中田:決してそうではありません。ただし証券会社には「マーケット環境が悪化すれば収益が下がる」という宿命がある。市場動向に左右されないビジネスで補完する必要は強く感じています。

──株を売り買いするだけの会社ではダメだと。

中田:本業の証券業務でも、昔ながらの手法を抜本的に変えようとしています。これまでは営業成績の競い合いが最優先でしたから、とにかく「今すぐ金融商品を買ってくれるお客様」を探していた。お客様も「すぐに値が上がる商品」を証券会社に求めていた。

 市場が常に拡大し、活性化しているならそれでいいが、これから求められるのはそういうやり方ではないでしょう。すぐに買ってくれるお客様、1年後には買ってくれるかもしれないお客様、あるいは数年後に相続などで資産管理を希望するお客様、いろいろな方がいる。その時々に大和証券を選んでいただけるようにしていかなければならない。

 そこで営業員の評価指標として、各支店で段階的に「お客様満足スコア」というものを導入しています。これが社員に浸透すれば、長期的にお客様のニーズを汲み取ることができるでしょうし、営業員のモチベーションも上がる。何より当社の10年後、20年後のビジネスを見据えた戦略を立てられる人材が出てくると考えています。

 2017年に営業職の定年延長の上限「70歳」を撤廃したのも、超高齢化社会を見越してのことです。今後シニア層のお客様が増える中で、年齢の近いベテラン社員にそれまで培ったスキルを活かして働いてほしい。

 証券業務、人材登用、そして事業拡大──いずれも「未来へのビジョン」が重要だと考えています。

【PROFILE】なかた・せいじ/1960年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、1983年、大和証券入社。2009年大和証券グループ本社取締役。専務、副社長を経て2017年4月より同社代表取締役社長CEO。

●聞き手/河野圭祐(ジャーナリスト):かわの・けいすけ/1963年、静岡県生まれ。経済誌編集長を経て、2018年4月よりフリーとして活動。流通、食品、ホテル、不動産など幅広く取材。

※週刊ポスト2019年4月26日号

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_5985081812d6 oa-newspostseven_0_4f3acc431ba9_ドラッグストアPB日用品 マツキヨのゴキブリ捕獲シートなど 4f3acc431ba9

ドラッグストアPB日用品 マツキヨのゴキブリ捕獲シートなど

2019年4月17日 07:00 NEWSポストセブン

 ドラッグストアではお得なPBの日用品が続々登場している。

 リピート買い商品はできる限り安く買いたいというのが主婦の本音! 節約ライター・齋藤めぐみさんは「商品の入れ替えがある時季は割引になることが多いので、季節の変わり目などは狙いめですよ」と、ポイントを語る。

 では、早速注目商品をチェック! いずれも各チェーンのPB(プライベートブランド)だ。

【スギ薬局】

◆立体型Wワイヤーソフトマスク60枚入り(537円)

Wワイヤーで口元の空間キープ!幅広ゴムで耳が痛くなりにくい。

◆アルコール除菌ウェットティッシュ50枚入り(105円)

99%除菌できるアルコールタイプ。

◆冷却シート 大人用 18枚入り(321円)

ぷるぷるジェルでひんやり。10時間冷却が持続。

【ウエルシア】

◆カネヨ食器用洗剤600ミリリットル(102円)

泡立ちがよく強い洗浄力で油汚れもスッキリ! さわやかなライムの香り。

◆スーパーキッチンタオル75カット 4ロール(213円)

大王製紙エリエール超吸収キッチンタオルと同じ品がお手頃に! 

◆NEWポリラップ 30cm×22m(84円)

無添加のポリエチレン素材使用で安心。

【マツモトキヨシ】

◆アルコール除菌スプレー400ミリリットル(298円)

天然由来成分で作られたアルコール製剤で99.99%除菌。拭き取り不要でラクラク。

◆マイクロファイバーぞうきん2枚入り(198円)

超極細繊維が油汚れやほこりなどをスッキリ落とし、水滴を素早く拭き取る。

◆ゴキブリ捕獲シート10枚入り(498円)

特殊粘着剤使用で確実にゴキブリを捕獲! シンプルデザインもいい。

【ツルハドラック】

◆クエン酸の激落ちくん400g(321円)

トイレの黄ばみや消臭、シンクの水アカや排水口の臭い取りもこれひとつで。

◆薄型ペットシーツ ワイドサイズ50枚(699円)

薄くても安心な吸収率! おしっこ1回分をしっかり吸収してくれる。

※女性セブン2019年4月25日号

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_5985081812d6 oa-newspostseven_0_0e0f87e99667_専門医が勧める便秘解消の快腸食品6 オリーブオイルなど 0e0f87e99667

専門医が勧める便秘解消の快腸食品6 オリーブオイルなど

2019年4月17日 07:00 NEWSポストセブン

「たかが便秘」と思いきや、高齢者にとっては大きな問題だ。日本の女性の死因ナンバーワンである大腸ガン。この大腸ガンの症状として、急にはじまった便秘があるのだ。高齢者の便秘を防ぐのに有効な食物6つを松生クリニック院長の松生恒夫さんに聞いた。

◆エキストラバージン・オリーブオイル

 小腸内に長くとどまり、刺激したり大腸内で便をスムーズに動かす働きがあるといわれるオレイン酸を多く含む。ほかにもエキストラバージンにだけ含まれるオレオカンタールは強い抗炎症作用があり、腸や体の老化防止も期待できる。キウイなどのフルーツや温かなココアのほか、和食にも合う。納豆やみそ汁、豆腐などに気軽にかけてみよう。

◆キウイ・バナナ

 キウイは不溶性・水溶性の食物繊維の割合バランスが理想的で、便通改善にはイチオシ。同じくバナナは便通改善に効果的なマグネシウムと食物繊維、さらに腸内環境をよくするオリゴ糖も豊富に含む。

◆ココア

 リグニンという食物繊維や抗酸化作用の強いカカオポリフェノールを多く含み、便通改善効果が知られている。ココア油脂が温度の低下を防ぎ、温かなココアを飲むことで腸の保温効果も期待できる。甘味料を足すならオリゴ糖を。

◆もち麦

 水溶性食物繊維の割合がダントツに多い大麦の一種、もち麦。大麦β-グルカンは便通改善のほか、血糖値の上昇や血中コレステロールを抑える。 白米とともに炊いたり、スープの浮き身や茹でてサラダにするのもおすすめ。

◆ペパーミント

 ペパーミントの主成分メントールが腸管の筋肉の収縮を抑制して、腸をリラックスさせ、便秘やストレスによる腹痛や膨満感を緩和してくれる。温かいミントティーで、気分もリフレッシュする。

※女性セブン2019年4月25日号

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_5985081812d6 oa-newspostseven_0_639128e54280_滝沢秀明が『滝沢歌舞伎』に込めたメッセージを読み解く 639128e54280

滝沢秀明が『滝沢歌舞伎』に込めたメッセージを読み解く

2019年4月17日 07:00 NEWSポストセブン

 滝沢秀明が昨年まで13年間、主演を務めた舞台『滝沢歌舞伎』。今年はSnow Manがその座を引き継いでいる。昨年引退し、プロデュース業に専念している滝沢は舞台の演出を手掛けた。滝沢はどんな思いを込めたのか? 舞台を取材したコラムニストで時代劇研究家のペリー荻野さんが読み解く。

 

 * * *

 新橋演舞場で上演中の『滝沢歌舞伎ZERO』(企画・構成・総合演出ジャニー喜多川)。この舞台を観て個人的に感じたのは、演出の滝沢秀明のメッセージだった。

 とにかく序盤は観てびっくり。ジャニーズJr.のSnow Manの9人が中心の舞台だが、歌やダンスはもちろん、舞台に降り注ぐ桜吹雪の花びらが300万枚。足首が埋まるほどの桜って。さらに時速15kmで回転する「メカ太鼓」とともに、彼らが腹筋を駆使して体を起こしながら打ちまくる恒例の「腹筋太鼓」。観てるこっちの腹筋も緊張するような音色が鳴り響くのである。おーっ。

 驚くべき場面連発だが、そんな中、私が注目したのは、二幕の芝居「満月に散る鼠小僧~望んでいたのは『笑いあり、涙なし』」である。

 江戸庶民の人気者、鼠小僧が散ったことで、彼を追っていたはずの岡っ引き(岩本照)や同心(宮舘涼太)たちまでもが気力を失い、江戸に悪がはびこる。クライマックスでは、滝の中での悪との大立ち回りがあり、大量の水が上から下から大噴射。この場面で使われる水(メンバーの佐久間大介によると、これは雪解け水)は実に9トン。Snow Man、ひとりあたり1トンってことですね…。

 ここで重要なのは、鼠小僧が「散った」ことである。冒頭、出てきた散った鼠の姿を見れば、それは滝沢がNHKの時代劇シリーズ『鼠、江戸を疾る』で演じた鼠小僧を思い出させた。滝沢鼠小僧は、従来のほっかむりの泥棒ではなく、覆面から涼しい目がのぞくという義賊スタイル。独特の美学があった。2005年に大河ドラマ『義経』でもタッグを組んだ演出家・黛りんたろうらとともに作りあげたこだわりのスタイルであったはずだ。

 パート1の放送後、ファンから「続編を」との声がたくさん届き、パート2が製作された人気作である。滝沢は、今回、舞台上で鼠小僧を「散らせる」ことで自らの持ち役を完結させ、次世代へとつなげようとしていたのだと思う。

 そして、もうひとつ大事なのは、この舞台をジャニーズJr.ファン世代が見に来ているということ。現在の10代、20代はテレビの地上波で時代劇を見たことがほとんどない人も多い。私も「捕物帳」「忠臣蔵」などと言われてもピンとこない世代と話して、カックンとなることが増えてしまった。

 今回の舞台では、鼠を追う「岡っ引き」「同心」などが出てくる。人々は「茶屋」で噂話をし、「瓦版」で「辻斬り」「押し込み」など町の情報を得る。60分ほどの二幕は、時代劇を見たことのない世代(そもそも鼠小僧が義賊と言われることもここで初めて知るのかも?)にこうした時代劇要素を伝える作品でもあった。

 

 滝沢は、『義経』主演の翌年の2006年、新橋演舞場史上最年少座長として『滝沢演舞場』の舞台に立った。2016年の公演では「鼠小僧」の脚本も担当している。今後も「和」をテーマにした作品を作り続ける。時代劇ってこういうもんだよ! 後輩たちをどんどんマゲもので暴れさせるよ! 和物ファン、時代劇ファンとしては、『ZERO』は、滝沢の宣言だと受け止めたい。

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_5985081812d6 oa-newspostseven_0_a628430bbe61_韓国で「元徴用工」が増え続ける理由 被告日本企業は72社に a628430bbe61

韓国で「元徴用工」が増え続ける理由 被告日本企業は72社に

2019年4月17日 07:00 NEWSポストセブン

 この4月4日、元徴用工とその遺族ら31人は、日本製鉄(旧・新日鉄住金)と三菱重工業、不二越、日本コークス工業の4社に損害賠償を求める新たな訴訟をソウル中央地裁に起こした。

 これは、昨年10月に韓国最高裁が日本製鉄(当時の社名は新日鉄住金)に賠償を命じた判決が確定して以降、初めての追加提訴となる。

 日本経済新聞の調べによると(2018年10月30日付「徴用工訴訟、70社超が対象に 訴状未着の企業多く」)、これまでに徴用工関連では計960人の原告から15件の訴訟が提起されており、日本製鉄、三菱重工業、不二越の他、日立造船、横浜ゴム、清水建設、住友化学、熊谷組、大林組、フジタ、クボタ、IHI、日産自動車、宇部興産、王子製紙、三井金属、森永製菓、三菱電機、鹿島、大成建設、古河機械金属、パナソニック、東芝、三菱マテリアルなど、71社に及ぶ日本企業がターゲットにされている。このリストに、新たに72社目として「日本コークス工業」という社名が加わった。

 元徴用工らの支援団体は、4月29日にも光州地裁に追加の集団訴訟を起こすと表明している(4月9日付時事通信)。とどまることを知らない元徴用工訴訟。今後も提訴が続き、元徴用工らの主張が認められていくのか。元在韓国特命全権大使で、外交経済評論家の武藤正敏氏はこういう。

「“徴用工”の定義を定めないまま、募集に応募しただけの人も含めて徴用工と認めているから、我も我もと訴訟が膨れあがっていくのです。元徴用工訴訟の進行を遅らせたとして、日本企業の代理人を務めている韓国の法律事務所を家宅捜査したり、前韓国大法院長(最高裁長官)を逮捕したりと、文在寅政権は露骨に司法介入しているので、それに逆らう司法関係者はいません。どんな判決が出るかは予想がつきます」

 このような事態になっても、文在寅大統領から解決の道を探ろうとする姿勢がまったく見えてこないのは、そもそも彼が「元徴用工訴訟を支援する立場」だからだという。

 実は、一連の元徴用工裁判の仕掛け人は弁護士時代の文在寅氏である。韓国紙・東亜日報は、2018年12月3日付の記事「三菱強制徴用訴訟、文大統領が2000年に初めて提起」(電子版日本語)で、三菱重工業に対する最初の元徴用工訴訟で原告代理人を務めたのは、法律事務所「釜山」の代表弁護士だった文在寅氏だったとスクープしている。日本企業に対する訴訟で先陣を切った人間だけに、「(元徴用工らへの)韓国政府による補償」という解決策を打ち出すわけがない。

 日韓関係の悪化を意に介さない文大統領の本音はどこにあるのか。武藤氏が語る。

「私は駐韓大使として、朴槿恵前政権が誕生した2012年の大統領選中に、有力候補だった文在寅氏に面会したことがあります。私は日韓の経済協力の重要性を説きましたが、文氏は終始無言で、初めて出てきた言葉が、『日本は北韓(北朝鮮)に対してどう臨むのか? 南北統一についてどう考えるのか?』でした。要するに、日韓関係がどうなるかは考慮せず、日本が北と良好な関係を結ぶのなら、日本との関係改善をしてもいいという意味だと私は捉えました」

 あくまで“北朝鮮ファースト”で、日本との関係など二の次なのだ。それがもし本当なら、日本は対韓外交を根本から見直す必要がある。

◆取材・文/清水典之(フリーライター)

外部リンク

cat_oa-newspostseven_issue_5985081812d6 oa-newspostseven_0_3779638ca3f1_年金の受取先を地銀や信金の普通預金口座にするメリットとは 3779638ca3f1

年金の受取先を地銀や信金の普通預金口座にするメリットとは

2019年4月17日 07:00 NEWSポストセブン

 年金や退職金をどう管理するかは、極めて重要だ。年金や退職金は受取口座の選択によって多くの“果実”を得られる。たとえば60歳で退職したAさんが、3000万円の退職金を受け取った場合、近くの地銀の「退職金専用定期預金」に全額預けたケースでは、現役時代の給与振込先のメガバンクの普通口座に同様に3000万円を預けたBさんとは約50万円の差がつくこともある。

 そして、退職金を受け取った後の次の口座変更のタイミングは、年金の受給が始まる65歳だ。

 口座変更の考え方は、年金を「貯蓄に回す」か、「生活費に充てる」かによって変わってくる。現役時代に蓄えがあり、年金を貯蓄に回す余裕がある人は、「年金定期預金」を検討したい。ファイナンシャル・プランナーで社会保険労務士の和田雅彦氏が語る。

「年金受取口座に指定した金融機関で金利の優遇を受けられる定期預金です。地銀や信金などが売りにしており、条件はそれぞれ異なりますが、100万~500万円を上限に、0.03~0.05%程度の金利優遇があるものが多い」

 Aさんは、現役時代から継続して使っていた普通口座に比べて、50倍高い年利0.05%の年金定期預金に預け入れたため、その恩恵を受けることができた。

 一方、年金を生活資金に充てる人も、現役時代の口座のままだと、損しかねない。

「勤めている間は、職場近くや出先でもATMから現金を引き出しやすいメガバンクを選んでいた人が多いと思います。しかし、仕事を辞めると自宅にいる時間が増えて、行動範囲が狭くなるため、地元の地銀や信金の口座に変更しても、問題は生じにくい」(同前)


 地銀や信金の普通預金口座を年金の受取先にすることには、他にも大きなメリットがある。

「個人客の比重が高い地銀や信金など、経営規模が小さい金融機関ほど、個人顧客獲得のためにサービスを強化する傾向があります」(同前)

 引出手数料無料のほか、「振込手数料の無料化や割引」「特産品やギフトカードのプレゼント」「旅行や観劇の招待や割引」「年金や医療に関する無料相談」などのサービスを設ける金融機関が多い。

※週刊ポスト2019年4月26日号

外部リンク