cat_oa-natalie-stage_issue_aa18149a68f5 oa-natalie-stage_0_aa18149a68f5_中村壱太郎の「上方藝能、おもろいねんで!」紅ゆずると“性別超えて演じること”語る aa18149a68f5 aa18149a68f5 中村壱太郎の「上方藝能、おもろいねんで!」紅ゆずると“性別超えて演じること”語る oa-natalie-stage

中村壱太郎の「上方藝能、おもろいねんで!」紅ゆずると“性別超えて演じること”語る

2021年3月22日 14:15 ステージナタリー

中村壱太郎がMCを務めるオンライントークライブ「上方藝能、おもろいねんで!」の第3回が、4月7日20:00から配信される。

これは、上方歌舞伎の家系に生まれた壱太郎が、上方芸能を担うゲストを招き、その面白さに迫る番組。第3回となる今回は、元宝塚歌劇団星組トップスターで大阪出身の紅ゆずるをゲストに迎える。

宝塚歌劇団に在籍しているときから壱太郎と交流があったと言う紅は「現役中から壱太郎さんとは仲良くさせて頂いているのですが、退団してからコロナ禍になってしまい深いお話ができていないので、今回の対談の中でどれだけ濃いお話になるのか、とても楽しみです」と期待をコメント。また壱太郎も「宝塚時代から親交を持たせていただいております紅さんと、現在の女優活動はもちろんのこと、上方藝能に対する思いや演劇のこと、役者としてのことなどなどクロストークして参ります。また男役と女方、性別を超えて演じることについても語り合っていけたらと思っております!」と思いを語った。

配信はStreaming+にて。視聴料金は税込2000円。

紅ゆずるコメント

壱太郎さんの番組に出演させていただけることを大変嬉しく思っています。

現役中から壱太郎さんとは仲良くさせて頂いているのですが、退団してからコロナ禍になってしまい深いお話ができていないので、今回の対談の中でどれだけ濃いお話になるのか、とても楽しみです。

歌舞伎を心から愛し、舞台に対して全力投球されていらっしゃる壱太郎さんだからこそのお話を楽しみにしております!

中村壱太郎コメント

「上方藝能、おもろいねんで!」第3回は、元宝塚歌劇団星組トップスターの紅ゆずるさんにご登場いただきます。宝塚時代から親交を持たせていただいております紅さんと、現在の女優活動はもちろんのこと、上方藝能に対する思いや演劇のこと、役者としてのことなどなどクロストークして参ります。また男役と女方、性別を超えて演じることについても語り合っていけたらと思っております!

「上方藝能、おもろいねんで!」第3回配信

2021年4月7日(水)20:00~

MC:中村壱太郎
ゲスト:紅ゆずる

外部リンク

cat_oa-natalie-stage_issue_aa18149a68f5 oa-natalie-stage_0_b631c6350e2d_“末期色”から“真黄色”になったその国は…劇団鮫軟骨「まっきいろな嘘」 b631c6350e2d b631c6350e2d “末期色”から“真黄色”になったその国は…劇団鮫軟骨「まっきいろな嘘」 oa-natalie-stage

“末期色”から“真黄色”になったその国は…劇団鮫軟骨「まっきいろな嘘」

2021年10月19日 18:49 ステージナタリー

劇団鮫軟骨「まっきいろな嘘」が、11月10日から14日まで東京・宮橋トランスミッションで上演される。

松井錦吾が脚本、三保谷骨太呂卯が演出を担う「まっきいろな嘘」は、かつて“末期色の国”と揶揄されていた国を舞台にした物語。その国は、今では真黄色で美しい花が咲くようになったが、過去を知る人からは、皮肉を込めて“真黄色の国”と呼ばれ……。

出演者には、劇団員の小松崎莉紗、近藤沙弥佳、湯本智恵美のほか、旭桃果、石塚大樹、おのひとみ、仙台厚志、平隆人、田中さや、原田桂佑、綿貫志信が名を連ねた。

劇団鮫軟骨 第10回公演「まっきいろな嘘」

2021年11月10日(水)~14日(日)
東京都 宮橋トランスミッション

脚本:松井錦吾
演出:三保谷骨太呂卯
出演:小松崎莉紗、近藤沙弥佳、湯本智恵美 / 旭桃果、石塚大樹、おのひとみ、仙台厚志、平隆人、田中さや、原田桂佑、綿貫志信

外部リンク

cat_oa-natalie-stage_issue_aa18149a68f5 oa-natalie-stage_0_abd03090695f_キャストが意気込み語る、岡田利規演出“今を生きる私たちのための”「夕鶴」 abd03090695f abd03090695f キャストが意気込み語る、岡田利規演出“今を生きる私たちのための”「夕鶴」 oa-natalie-stage

キャストが意気込み語る、岡田利規演出“今を生きる私たちのための”「夕鶴」

2021年10月19日 18:39 ステージナタリー

10月30日に開幕する全国共同制作オペラ「團伊玖磨 / 歌劇『夕鶴』(新演出)」より、キャストのコメントと稽古場の写真が届いた。

本公演は、團伊玖磨による歌劇「夕鶴」を、岡田利規の新演出で立ち上げるもの。本作には、つう役の小林沙羅、与ひょう役の与儀巧、運ず役の寺田功治、惣ど役の三戸大久に加え、ダンサーの岡本優、工藤響子が出演する。指揮を、東京公演では辻博之、愛知公演と熊本公演では鈴木優人が務める。

上演に向けて小林は「稽古場ではこれまであたりまえ、常識だと思い込んでいた固定概念が次々と崩れていき、新たな世界が現れる、という、刺激的な時間を過ごしています。今を生きる私たちのための『夕鶴』です」とコメント。与儀は「『これは民話ではなく現代劇演劇である』と言う原作者の木下順二さんの望んだ舞台はこれなのかもと、ようやく見えてきた岡田さんの演出に興奮しております」と言い、寺田は「今回岡田さんの演出によって、観てくださる方々がどのようにこの歌劇を感じていただけるか、楽しみながらリハーサルを行っております」、三戸は「日本で初めてであろう現代版『夕鶴』是非劇場で体感していただきたいです」と手応えを語っている。

全国共同制作オペラ「團伊玖磨 / 歌劇『夕鶴』(新演出)」は10月30日に東京・東京芸術劇場 コンサートホール、来年1月30日に愛知・刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール、2月5日に熊本・熊本県立劇場 演劇ホールで上演される。

小林沙羅コメント

長年憧れだった「夕鶴」のつう役を演じさせていただけること、本当に楽しみです。今回は演出の岡田利規さんのもと、私の頭の中にこれまであった「夕鶴」のイメージとは全く違った舞台を作り上げていくことになります。稽古場ではこれまであたりまえ、常識だと思い込んでいた固定概念が次々と崩れていき、新たな世界が現れる、という、刺激的な時間を過ごしています。今を生きる私たちのための「夕鶴」です。ぜひ劇場へ、体験しにいらして下さい。

与儀巧コメント

「心や顔で感情を表現しようとしないでください。何故なら、それは音楽と歌に既に表現されています」

猛スピードでオペラへの理解を深める岡田さんからの問いに、奮闘しております。「これは民話ではなく現代劇演劇である」と言う原作者の木下順二さんの望んだ舞台はこれなのかもと、ようやく見えてきた岡田さんの演出に興奮しております。

寺田功治コメント

「夕鶴」は「ぞうさん」などの童謡を作曲した團伊玖磨先生の歌劇で、日本のみならず、世界でも上演されている珍しい作品です。話そのものはほぼ「鶴の恩返し」と一緒ですが、今回運ず役を務めさせていただくことで、このお話そのものの奥深さと、そこに音楽が有ることによる心理描写の奥深さを日々感じています。今回岡田さんの演出によって、観てくださる方々がどのようにこの歌劇を感じていただけるか、楽しみながらリハーサルを行っております。

三戸大久コメント

日本オペラの金字塔「夕鶴」に参加できること、とても光栄に思うと共に、新しい「夕鶴」を作り上げていく高揚感を覚えております。

古典を現代でどう表現するのかは現代を生きるアーティストの使命とも感じております。

モーツァルトを現代で表現する様に「夕鶴」もいま次の表現が求められていると感じております。

普遍的なものは変えず、しかし現代を生きる我々がどう感じるか。それを岡田さんの元、キャスト、スタッフで作り上げている毎日です。

日本で初めてであろう現代版「夕鶴」是非劇場で体感していただきたいです。

全国共同制作オペラ「團伊玖磨 / 歌劇『夕鶴』(新演出)」

2021年10月30日(土)
東京都 東京芸術劇場 コンサートホール

2022年1月30日(日)
愛知県 刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール

2022年2月5日(土)
熊本県 熊本県立劇場 演劇ホール

指揮:辻博之(東京公演)、鈴木優人(愛知・熊本公演)
演出:岡田利規

キャスト

つう:小林沙羅(ソプラノ)
与ひょう:与儀巧(テノール)
運ず:寺田功治(バリトン)
惣ど:三戸大久(バスバリトン)

ダンス:岡本優、工藤響子

管弦楽:ザ・オペラ・バンド(東京公演)、刈谷市総合文化センター管弦楽団(愛知公演)、九州交響楽団(熊本公演)

子供たち:世田谷ジュニア合唱団(東京公演)、アイリス少年少女合唱団(愛知公演)、NHK熊本児童合唱団(熊本公演)

外部リンク

cat_oa-natalie-stage_issue_aa18149a68f5 oa-natalie-stage_0_8cd3a1034809_コントラバスと共に…夏目漱石ゆかりの寺院で朗読ライブ「円覚寺 夢十夜」 8cd3a1034809 8cd3a1034809 コントラバスと共に…夏目漱石ゆかりの寺院で朗読ライブ「円覚寺 夢十夜」 oa-natalie-stage

コントラバスと共に…夏目漱石ゆかりの寺院で朗読ライブ「円覚寺 夢十夜」

2021年10月19日 18:28 ステージナタリー

朗読ライブ「円覚寺 夢十夜」が、10月30日に神奈川・円覚寺 帰源院で開催される。

これは夏目漱石の「夢十夜」を、漱石ゆかりの寺院である帰源院を会場に、コントラバスの演奏と共に朗読するライブ。出演者には町田政則、西村俊彦、飯山廉、今井理恵子、二宮由美、葉月のりこ、そしてコントラバス演奏の村木充が名を連ねた。

なお終演後には、一般公募の参加者が朗読を披露する「夢十夜 ふしぎ朗読バトル」を開催。こちらのイベントは自由に観覧することができる。

「円覚寺 夢十夜」

2021年10月30日(土)
神奈川県 円覚寺 帰源院

出演:町田政則、西村俊彦、飯山廉、今井理恵子、二宮由美、葉月のりこ
演奏:村木充(コントラバス)

外部リンク

cat_oa-natalie-stage_issue_aa18149a68f5 oa-natalie-stage_0_dc163903cd1e_歌舞伎ファンに向けたウイスキーが登場、長濱蒸溜所×歌舞伎座がコラボレート dc163903cd1e dc163903cd1e 歌舞伎ファンに向けたウイスキーが登場、長濱蒸溜所×歌舞伎座がコラボレート oa-natalie-stage

歌舞伎ファンに向けたウイスキーが登場、長濱蒸溜所×歌舞伎座がコラボレート

2021年10月19日 18:17 ステージナタリー

長濱蒸溜所と東京・歌舞伎座のコラボレーションウイスキー「AMAHAGAN ワールドモルト 歌舞伎座エディション」が、11月1日から歌舞伎座公式インターネットショップ・かおみせ楽天市場店で先行販売される。

長濱蒸溜所は、2016年に稼働した国内最小規模の蒸溜所。今回のコラボレートは「歌舞伎ファンにも長濱蒸溜所のウイスキーを楽しんでほしい」という思いから実現した。監修を、歌舞伎座と同じ銀座に店を構えるBAR GOYAのオーナーバーテンダー・山崎剛が担当。全国の酒販店では、12月1日から数量限定で販売され、飲食店での提供は、BAR GOYAと、同じく銀座にあるdunhill BARの2店舗で11月1日から行われる。

なお現在歌舞伎座では、10月27日まで「十月大歌舞伎」が上演されている。

※山崎剛の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

外部リンク

cat_oa-natalie-stage_issue_aa18149a68f5 oa-natalie-stage_0_d08c715e2663_OZmate、ミュージカル「ながぐつをはいたネコ」延期公演 d08c715e2663 d08c715e2663 OZmate、ミュージカル「ながぐつをはいたネコ」延期公演 oa-natalie-stage

OZmate、ミュージカル「ながぐつをはいたネコ」延期公演

2021年10月19日 17:43 ステージナタリー

ミュージカルカンパニーOZmate「ながぐつをはいたネコ」が10月23・24日、30・31日に兵庫・OZ's BROADWAY THEATERで上演される。

OZmateは、スタジオOZの有志により1994年に結成された女性のみのミュージカル劇団。「ながぐつをはいたネコ」は新型コロナウイルス感染症拡大予防のため延期となっていた公演だ。

猫のペロは、ある日ネズミにかまれて死んでしまう。優しい気持ちを持たないまま天国へやってきたペロは、妖精シルキーから「主人シャルルのために1つでも良いことをしてくること。それができるまで天国に入ることはできない」と告げられ……。各回定員は30名。なお4才以下の観劇は無料となっている。

ミュージカルカンパニーOZmate「ながぐつをはいたネコ」

2021年10月23日(土)・24日(日)、30日(土)・31日(日)
兵庫県 OZ's BROADWAY THEATER

キャスト

ペロ:みやぎち、木内叶恵
シルキー:樋口葉子、はるか
シャルル:ウンヨン
イリーゼ:葵ひなた、MAYU
ルル:mifuka、みのり
リル:さゆき、はれな

外部リンク

cat_oa-natalie-stage_issue_aa18149a68f5 oa-natalie-stage_0_5a03a39161a8_緊急事態宣言下の月蝕歌劇団を映すドキュメンタリー「静かな時間」愛知で上映 5a03a39161a8 5a03a39161a8 緊急事態宣言下の月蝕歌劇団を映すドキュメンタリー「静かな時間」愛知で上映 oa-natalie-stage

緊急事態宣言下の月蝕歌劇団を映すドキュメンタリー「静かな時間」愛知で上映

2021年10月19日 17:34 ステージナタリー

「ドキュメンタリー映画『静かな時間』名古屋特別上映」が、明日10月20日に愛知・名古屋得三で開催される。

「静かな時間」は、緊急事態宣言下での月蝕歌劇団の姿を映し出した友利栄太郎監督のドキュメンタリー映画。本作では、伊藤若菜、慶徳優菜、白永歩美らが出演し、ナレーションを仮屋昌伸が務めた。

本編上映前には、友利が監督した、渚ようこ出演の短編映画「Welcome To Anti-Socialized Personal Tendency」も披露される。またバンド・酢酸カーミンによるライブも実施。特別ゲストとして体現帝国の渡部剛己が出演する。

「ドキュメンタリー映画『静かな時間』名古屋特別上映」

2021年10月20日(水)
愛知県 名古屋得三

ライブ出演:酢酸カーミン
特別ゲスト:渡部剛己

映画「静かな時間」

監督:友利栄太郎
出演:伊藤若菜、慶徳優菜、白永歩美 ほか
ナレーション:仮屋昌伸

外部リンク

cat_oa-natalie-stage_issue_aa18149a68f5 oa-natalie-stage_0_f27795d9310e_柳家三三、親子愛・夫婦愛・初恋にまつわる落語を3夜連続で披露 f27795d9310e f27795d9310e 柳家三三、親子愛・夫婦愛・初恋にまつわる落語を3夜連続で披露 oa-natalie-stage

柳家三三、親子愛・夫婦愛・初恋にまつわる落語を3夜連続で披露

2021年10月19日 17:31 ステージナタリー

「柳家三三 三夜×三席」が10月26日から28日まで東京・あうるすぽっとで開催される。

これは、柳家三三が親子愛、夫婦愛、初恋にまつわる落語を3夜続けて3席ずつ披露する公演。26日には「藪入り」「井戸の茶碗」ほか、27日には「幾代餅」「火事息子」ほか、28日には柳家喬太郎作の「ハワイの雪」「妾馬」ほかがラインナップされた。三三の切れ味のある語り口と心地良いリズムに注目だ。上演時間は途中休憩を含む約2時間を予定。

「柳家三三 三夜×三席」

2021年10月26日(火)~28日(木)
東京都 あうるすぽっと

出演:柳家三三

外部リンク

cat_oa-natalie-stage_issue_aa18149a68f5 oa-natalie-stage_0_f9169154e68f_勅使川原三郎がジャズを“徹底的に踊る”新作「ジャズ ー魂の紅葉ー」 f9169154e68f f9169154e68f 勅使川原三郎がジャズを“徹底的に踊る”新作「ジャズ ー魂の紅葉ー」 oa-natalie-stage

勅使川原三郎がジャズを“徹底的に踊る”新作「ジャズ ー魂の紅葉ー」

2021年10月19日 17:26 ステージナタリー

アップデイトダンス「ジャズ ー魂の紅葉ー」が、10月22日から31日まで東京のカラス・アパラタス B2ホールで上演される。

勅使川原三郎が演出・照明を手がける本作は、ジャズを“徹底的に踊る”新作。上演に向け、勅使川原は「アフリカ系アメリカンから発生したジャズ。世界中の人々の感情と身体を解放し、生きる喜びや悩みに力を与える。美という感覚をも軽々と飛びこえる。様々なジャズで踊る、秋の高揚、魂の紅葉」とコメントした。出演には勅使川原と佐東利穂子が名を連ねている。

アップデイトダンス No.87「ジャズ ー魂の紅葉ー」

2021年10月22日(金)~31日(日)
東京都 カラス・アパラタス B2ホール

演出・照明:勅使川原三郎
出演:勅使川原三郎、佐東利穂子

外部リンク

cat_oa-natalie-stage_issue_aa18149a68f5 oa-natalie-stage_0_2bb5af43448a_が~まるちょば2022年ライブ公演に向けHIRO-PON「間口を広げたい」 2bb5af43448a 2bb5af43448a が~まるちょば2022年ライブ公演に向けHIRO-PON「間口を広げたい」 oa-natalie-stage

が~まるちょば2022年ライブ公演に向けHIRO-PON「間口を広げたい」

2021年10月19日 16:53 ステージナタリー

「が~まるちょば LIVE 2022 STORIES “PLEASE PLEASE MIME”」の合同取材会が、昨日10月18日に東京都内で行われた。

取材会には、が~まるちょばのHIRO-PONが出席。本作は、今年1月に東京・紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで上演された作品の再演となる。再演に際し、HIRO-PONは「この1年で僕のことを知った方が増えたので、パントマイムを知ってもらうための工夫も必要で、間口をちょっと広げたいなと。初めての方にはこういう世界もあるんだと思っていただけるように、今まで見てくださった人たちの期待にも応えられるようにしたい」と意気込み、「作品は育つし、育てなければいけないという感覚もあります」と真摯に語った。

また、HIRO-PONは「どうかパントマイムを楽しませてくれ」という意味が込められた「PLEASE PLEASE MIME」というタイトルに触れ、「そのためには足を運んでくれる人が増えること、お客さんに喜んでいただけるように作品を面白くしなくてはいけないという責任がある」とコメント。続けて「僕自身も舞台ができることが本当に嬉しいし、ありがたい。感謝しています。それと同時にお客さんもこの機会を見逃さず、一期一会じゃないですけど、一回の舞台を大切にしていただけたら嬉しいなと思っています。観て後悔はしないと思いますので、ぜひ以前のようにエンタテインメントに力を貸してもらえたら」と観客にメッセージを送った。

公演は来年1月7日から9日まで東京・紀伊國屋ホール、15日に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールにて。チケットの一般販売は10月23日10:00にスタート。なお8日には18:30開演の追加公演も決定した。

「が~まるちょば LIVE 2022 STORIES “PLEASE PLEASE MIME”」

2022年1月7日(金)~9日(日)
東京都 紀伊國屋ホール

2022年1月15日(土)
大阪府 COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール

作・演出・出演:が~まるちょば

外部リンク