cat_oa-natalie-eiga_issue_b3ffe94d6476 oa-natalie-eiga_0_b3ffe94d6476_明日花キララ主演「アイアンガール FINAL WARS」アクション満載の予告編が公開 b3ffe94d6476

明日花キララ主演「アイアンガール FINAL WARS」アクション満載の予告編が公開

2018年12月22日 08:00 映画ナタリー

セクシー女優・明日花キララの主演作「アイアンガール FINAL WARS」の公開日が2月16日に決定。あわせて予告編がYouTubeにて公開された。

2012年に第1弾、2014年に第2弾が製作された「アイアンガール」シリーズの最終章にあたる本作では、人間とサイボーグが戦う20XX年の日本を舞台に、亡きあとに殺人兵器に改造されたサイボーグ・早乙女クリスの姿が描かれる。明日花がクリスを演じ、彼女の命を狙うサイボーグ・ダイアナ役で赤井沙希、自警団“レジスタンス”の隊員・葛城ジョー役で青柳尊哉、物語の鍵を握る謎の少女・サラ役で天木じゅんが出演。第2弾で監督を務めた藤原健一が再びメガホンを取った。

予告編にはクリスが「もうすべて忘れたい」と寂しげにつぶやく姿のほか、大きく開脚して敵にかかと落としを食らわせる様子や、壁を走りながら銃弾を避ける場面など多数のアクションシーンが盛り込まれている。赤井、青柳、天木のコメントは下記に掲載した。

「アイアンガール FINAL WARS」は東京の池袋シネマ・ロサで1週間限定ロードショー。なお、12月29日より明日花の直筆サイン入り前売り券が、3種各30枚ずつ同劇場の窓口で販売される。

出典: YouTube

赤井沙希 コメント

派手で見ていて気持ちいいアクションシーンはもちろんですが、登場人物全員が壮絶な過去を背負っていて、生きる意味を考えさせられます。
撮影はアクションがとにかく楽しかったです! クレーンを使ったので、普段の試合でもこんなに威力があればいいのになぁと思いながら動いてました!
お衣装は試合で着ているリングコスチュームを使ったので、動きやすかったです!
ハードなスケジュールでしたが、すごく濃厚な時間を過ごさせて頂いて感謝です!
沢山の方に見て頂きたいです!

青柳尊哉 コメント

早乙女クリスの「眼」が良い。
なんだかとても、心を騒つかせる。彼女が時折見せる冷たい眼。鋼を冠した彼女が向けるそれを一度は浴びたことがある。
拒絶された様な……壁があると教えられた様な……。
届かない、虚しいだけを見つめた様な、そんな眼。
後頭部に残る痺れを感じつつ敬遠されがちなその眼差しと対峙した時に、好機に晒され暴力に溢れた過去と向き合い続けた深い深い慈愛の眼差しだと知る。
鋼は僕の中にある。
「アイアンガール」これまで関わった全てのキャスト、スタッフ陣のバトンを受けとってFINAL WARSに関われた一人である事を嬉しく思います。
どうか劇場で、是非ご覧ください。

天木じゅん コメント

アイアンガール FINAL WARS
孤独と真実と愛に溢れたストーリーです。
台本を何度見返しても、涙が止まらず、さらに試写会で映像になった今作品を初めて見たときも、感動が押し寄せてきました。
過酷でありながらも、スタッフさんや出演者が一丸となり、全力で撮影してきた熱が、迫力となって、スクリーン越しに伝わってくれると思います。
私が演じたサラはかすかな記憶を頼りに、何かを求めて必死に生き、幼いながらも一生懸命に戦ってます。
クライマックスでは明日香キララさん演じるクリスと心が通じ合えた芝居ができたと思います。
ぜひ二人の関係性に注目してご覧になっていただきたいです!
格好良さあり、笑いあり、涙あり。
自信を持って皆さんに劇場へ観にきてくださいと言いたいです!

(c)「IRON GIRL FW」製作委員会

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_b3ffe94d6476 oa-natalie-eiga_0_cc9df4580e0d_ユダヤ女性同士の愛描く「ロニートとエスティ」監督コメント到着 cc9df4580e0d

ユダヤ女性同士の愛描く「ロニートとエスティ」監督コメント到着

2019年12月15日 12:03 映画ナタリー

「ロニートとエスティ 彼女たちの選択」より、監督を務めたセバスティアン・レリオのコメントとメイキング写真が到着した。

レイチェル・ワイズとレイチェル・マクアダムスが共演した本作は、厳格なユダヤコミュニティで育った女性ロニートとエスティの純愛物語。コミュニティの掟に反して惹かれ合うも別々の道を歩んでいた2人が、再会を果たしたことから信仰と愛の間で葛藤するさまが描かれる。ワイズはプロデューサーとして企画段階から参加しており、「ナチュラルウーマン」で第90回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したレリオの才能に惚れ込んで本作の監督を依頼した。

レリオは「僕がこのプロジェクトを引き受けた主な理由の1つは、レイチェル・ワイズが関わっていたことだ。僕は常に彼女を敬愛していて、彼女の反骨精神を持つロニートに魅かれずにはいられなかった。彼女がロニートを演じることを念頭に置いて脚本を書き上げた」とワイズへの信頼をのぞかせる。父と信仰を捨てて故郷を去ったロニートと、ユダヤ社会で生きていくことを決めたエスティという対照的な2人については、「とてもリアルで、親しみを感じさせる。観客は登場人物たちと一緒にダイニングテーブルに座っていたりベッドに横たわっていたりする感覚を覚える。たとえロンドンのユダヤ教超正統派地区の覆い隠された世界のことをあまり知らなくても、この映画はとても身近な、不思議と慣れ親しんだような感情を起こさせるんだ」と語った。

「ロニートとエスティ 彼女たちの選択」は2月7日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開。



(c)2018 Channel Four Television Corporation and Candlelight Productions, LLC. All Rights Reserved.

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_b3ffe94d6476 oa-natalie-eiga_0_896bc28d1d09_劇場版「シンカリオン」完成、吉田鋼太郎の敵役に佐倉綾音が「120点」 896bc28d1d09

劇場版「シンカリオン」完成、吉田鋼太郎の敵役に佐倉綾音が「120点」

2019年12月15日 11:39 映画ナタリー

「劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』」の完成披露が本日12月15日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キャストの佐倉綾音、釘宮理恵、吉田鋼太郎、監督の池添隆博、主題歌を歌うBOYS AND MENが登壇した。

新幹線が移動手段だけでなく変形ロボット“シンカリオン”として活躍する世界を舞台に、子供たちが運転士となり巨大な敵に立ち向かう本作。佐倉は「俺は『時間と言ったことを守る男』だからね! 速杉ハヤト役の佐倉綾音です。よろしくお願いしまーす!」と劇中の口癖を用いて挨拶し、「リアルにシンカリオンを楽しんでるお子さんの顔を見るのはキックフイベント以来。この愛されっぷりを目の当たりにできてうれしい」と会場を見回す。「登壇していない方々が敷いてくれたレールがあってこそ私たちは走れる」とほかのスタッフやキャストへの感謝を述べながら、「子供たちの笑顔を見れて、とっても感無量です」と公開を喜んだ。

物語の鍵を握る少年ホクトに声を当てた釘宮が「みんなシンカリオン大好きー?」と呼びかけると、会場の子供たちは「大好きー!」と元気に応答。「初めて参加させていただきましたが、一気にシンカリオンが大好きになってしまいました。収録も楽しい時間が過ごせました!」と思いの丈を述べ、甥っ子にドクターイエローのプラモデルをプレゼントしたことを話しながら「映画も一緒に観たいと思います!」と続けた。

ハヤトと敵対するナハネの参謀オハネフ役の吉田は、MCから「敵役はいかがでしたか?」と聞かれると「ときどき声優をやらせていただくんですが、ほとんどすべて敵役です」と笑ってコメント。ナハネ役の伊藤健太郎との共演に関して、「一緒に収録したんですが、伊藤健太郎くんは何度もやり直しをされていて。僕は大抵1回で終わりました(笑)。健太郎お兄さんは、それでヘトヘトになって今日は来ていません」と冗談を飛ばす。また佐倉がオハネフの声に関して「吉田鋼太郎さんだってわかるのに吉田鋼太郎さんっぽくない。声優として120点。素敵に彩っていただいてうれしいかぎりです」と称賛する場面も。

BOYS AND MENの辻本達規は、新幹線超進化研究所北海道支部の指令員・渡島カムイ役でキャスティングされた。「本当に緊張感のある役。収録も大変緊張したんですが、僕たちの“ガンガンズダンダン”の精神で行ったれ!と思ってやりました」とテレビアニメ版のオープニングテーマ「進化理論」の歌詞を引用してアフレコ時の意気込みを振り返った。さらにBOYS AND MENは「進化理論」に加え、映画版の主題歌「ガッタンゴットンGO!」を生披露。振付や歌詞など「列車感がすごい」同曲に、佐倉は「本当に耳から離れなくなる。体がちょっと動いちゃう。みんなで踊れて楽しい曲」と夢中になっていた。

「劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』」は12月27日より全国ロードショー。



(c)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・The Movie 2019

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_b3ffe94d6476 oa-natalie-eiga_0_a1594baf3df4_「スマホを落としただけなのに」舞台化、ふぉ~ゆ~辰巳雄大×浜中文一がW主演 a1594baf3df4

「スマホを落としただけなのに」舞台化、ふぉ~ゆ~辰巳雄大×浜中文一がW主演

2019年12月15日 10:00 映画ナタリー

志駕晃による小説「スマホを落としただけなのに」の舞台化が決定。3月20日から4月5日にかけて東京・紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで全24公演が行われ、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)と浜中文一がダブル主演を務める。

2018年に北川景子、田中圭、千葉雄大、成田凌ら出演の実写映画が公開されたサイバーミステリー「スマホを落としただけなのに」。2月21日には千葉雄大主演の続編「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」が封切られる。

このたび上演される舞台は、小説「スマホを落としただけなのに」「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」を融合させた物語。脚本は演出も手がける横内謙介の書き下ろしで、連続殺人事件の解決に奔走するサイバー犯罪に強い若手刑事・加賀谷学を辰巳、悪意あるハッキングを繰り返す猟奇的殺人鬼・浦野善治を浜中文一が演じる。恋人が落としたスマートフォンをきっかけに事件に巻き込まれる女性・稲葉麻美には乃木坂46の4期生・早川聖来が扮し、そのほか麻美の恋人・富田誠役で佐藤永典、加賀谷の先輩捜査官・後藤武史役で原田龍二が出演する。

辰巳は「映画版では千葉雄大さんが同じ役を演じているので同じ“雄大”として勝手に運命を感じています。人生初の刑事役です。本番までに身も心も刑事になれるように最大限の力を注ぎます」と、浜中は「映像化はされておりますが、舞台ならではの表現、臨場感を皆様にお届けしたいと思っております」と意気込む。そして早川は「私にとって新しいことだらけのこの作品と向き合うことで、新しい自分に出会えるかもしれないという期待の方が大きいです」と期待を語った。佐藤、原田、志駕、横内からのコメントは下記に掲載する。

辰巳雄大 コメント

加賀谷学役のふぉ~ゆ~辰巳雄大です。
映画版では千葉雄大さんが同じ役を演じているので同じ“雄大”として勝手に運命を感じています。人生初の刑事役です。本番までに身も心も刑事になれるように最大限の力を注ぎます。
今回のストーリーは舞台オリジナルなので舞台ならではの生身の人間がそこにいる緊迫感のある【スマホを落としただけなのに】の世界を楽しんで下さい!
素敵なキャストさん達と熱い作品にして劇場で皆様の心拍数を上げさせて頂きます!

浜中文一 コメント

舞台「スマホを落としただけなのに」に出演させていただきます。映像化はされておりますが、舞台ならではの表現、臨場感を皆様にお届けしたいと思っております。
そして今回初めて殺人者の役をするということでまた自分の新たなバックボーンを使ってお芝居が出来る事をとても嬉しく思います。是非お越し下さい。

早川聖来 コメント

舞台「スマホを落としただけなのに」の作品に携われることを本当に有り難く感じています。私は乃木坂46に加入して1年、舞台には何度か立たせていただきましたが、同じ舞台上にグループのメンバーがいないことは初めてで、さらに有名な作品ということもあって緊張しています。ですが、私にとって新しいことだらけのこの作品と向き合うことで、新しい自分に出会えるかもしれないという期待の方が大きいです。至らない部分も沢山あるかもしれませんが精一杯役を務めたいと思います。頑張ります。

佐藤永典 コメント

僕がこの作品を知ったのは映画版の方からだったのですが、「スマホを落としただけなのに」公開当時、タイトルがとても気になり映画館に足を運びました。怒涛の展開に引き込まれそしてとてもゾクッとした事を覚えています。
あと、暗証番号やパスワードなどを毎回誕生日とかにしないで、ちゃんとしたものにしようと思いました。
小説映画に続き、舞台でも面白き作品になるよう精一杯演じさせて頂きます。

原田龍二 コメント

頂いた役はベテラン刑事。
僕の役どころは、刑事というより「デカ」といったニュアンスでしょうか。
気がついたら、追われる側から追う側に適した年齢になってしまいました。
来年、50歳になります。
キャストは、ヤングな方が多いようですので、思う存分オジサンで居られるのが嬉しいです。
ベテランなりの刑事魂をどう焦がすか……
人間臭く演じる事を心掛けたいと思います。

志駕晃 コメント

「スマホを落としただけなのに」の舞台化にあたり、その主演を辰巳雄大くんが演じることを実に感慨深く思っています。私は舞台プロデューサーをやっていたことがあり、ふぉ~ゆ~の初舞台「壊れた恋の羅針盤」が、実は私の初プロデュース舞台だったのです。辰巳くんもそうですが、浜中文一くんも早川聖来さんも原作のイメージ通りで驚きです。さらにこの舞台を高校の先輩である横内謙介さんが演出するのも、数奇な運命を感じます。

横内謙介 コメント

不思議なご縁で繋がって、この傑作小説を舞台化させて頂くことになりました。つい先日までガラケー使用者で、ガラケー最後の一人になる覚悟でしたが、この仕事の為にスマホに変えて目下、猛勉強中です。そしてデジタルを極めた世界の小説と、極めてアナログな演劇という手法が、どう結びついて新たな作品となるか模索しています。それが結実した時、この舞台は現代から未来に向けての、何かのメッセージとなる作品となると信じて取り組みます。若い俳優の皆さんとの出会いも、とても楽しみです。

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_b3ffe94d6476 oa-natalie-eiga_0_6d086e0026f1_元日に24時間!「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」一挙放送 6d086e0026f1

元日に24時間!「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」一挙放送

2019年12月15日 09:30 映画ナタリー

特撮ドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」の全51話が、1月1日23時より24時間にわたってテレ朝チャンネル1で一挙放送される。

スーパー戦隊シリーズ第42作として、2018年2月から2019年2月にかけて放送された本作。義賊として民衆から英雄視される3人組・ルパンレンジャーと国際特別警察機構の戦力部隊・パトレンジャーが、アルセーヌ・ルパンの残した宝物“ルパンコレクション”を巡り、犯罪集団“ギャングラー”と三つ巴の戦いを繰り広げていくさまが描かれた。キャストには伊藤あさひ、結木滉星、濱正悟、横山涼、工藤遥、奥山かずさ、元木聖也らがキャストに名を連ねた。

ギャラクシー賞月間賞受賞作品!全51話24時間一挙放送「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」

テレ朝チャンネル1 2020年1月1日(水)23:00~

(c)2018 テレビ朝日・東映 AG・東映

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_b3ffe94d6476 oa-natalie-eiga_0_8dfe01db91ce_仮面ライダー冬映画、アナザー1号のキャラクタービジュアル解禁 8dfe01db91ce

仮面ライダー冬映画、アナザー1号のキャラクタービジュアル解禁

2019年12月15日 09:00 映画ナタリー

「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」より、アナザー1号のキャラクタービジュアルが到着した。

「仮面ライダーゼロワン」と「仮面ライダージオウ」がクロスオーバーする本作の舞台は、タイムジャッカーによって歴史が改変され、ヒューマギアが支配するようになった世界。アナザーゼロワンの登場によって仮面ライダーゼロワンの力を失った飛電或人が、仮面ライダージオウ / 常磐ソウゴとともに12年前へタイムトラベルし、事件の真相に迫っていく。

このたび公開されたアナザー1号は、すべての原点である仮面ライダー1号のアナザーライダー。その正体や、なぜゼロワンの世界にアナザー1号が誕生したのかは、劇中で明らかになる。

「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」は、12月21日より全国ロードショー。



「ゼロワン&ジオウ」製作委員会 (c)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_b3ffe94d6476 oa-natalie-eiga_0_308f8bfe8d13_丸山隆平×土橋章宏×本木克英のWOWOWドラマ「大江戸グレートジャーニー」放送決定 308f8bfe8d13

丸山隆平×土橋章宏×本木克英のWOWOWドラマ「大江戸グレートジャーニー」放送決定

2019年12月15日 06:00 映画ナタリー

丸山隆平(関ジャニ∞)が主演する「連続ドラマW 大江戸グレートジャーニー ~ザ・お伊勢参り~」が2020年にWOWOWで放送されることがわかった。

土橋章宏による小説「駄犬道中おかげ参り」をもとにした本作は、江戸時代を舞台にお伊勢参りを描くロードムービー。伝説の賭博師と呼ばれるも多額の借金を背負ってしまった辰五郎がお伊勢講のくじに当たり、長屋の代表としてお伊勢参りに出発することから物語は展開していく。飼い主に代わってお伊勢参りをする代参犬・翁丸、奉公先を抜け出してきた少年・三吉、訳あり美女の沙夜と道中で出会い、ひょんなことから家族のふりをすることに。しかし殺し屋で借金取りの菊佐とその子分・六助が辰五郎を追ってやって来る。土橋が脚本を執筆し、「超高速!参勤交代」シリーズで土橋とタッグを組んだ本木克英がメガホンを取る。

連続ドラマWに初出演かつ初主演を果たした丸山は、ツキに見放されたダメ男の辰五郎役にキャスティングされた。「僕は2007年以来の時代劇出演なのですが、関ジャニ∞で今開催している47都道府県ツアーも同じ2007年以来なので、運命的なものを感じています」とコメントし、「僕の演じる辰五郎は、人がみんな持っている弱さや見栄っ張りさなど、本来あまり見せたくない部分が剥き出しなんです。なので、撮影のその瞬間にその場で生まれた感情をそのまま素直に映像に残していきたいですね」と述べている。なお丸山によるコメント映像はドラマ公式サイトで公開されるので確認を。

丸山隆平 コメント

僕は2007年以来の時代劇出演なのですが、関ジャニ∞で今開催している47都道府県ツアーも同じ2007年以来なので、運命的なものを感じています。
そして今、伊勢神宮は盛り上がりを見せていて、とてもタイムリーですし、そういった全てのタイミングが奇跡的に重なったドラマだと思います。

この作品はどんな方でも楽しんで頂けるような、これまでとは違う角度から歴史を描く、全く新しい時代劇となっております。
僕の演じる辰五郎は、人がみんな持っている弱さや見栄っ張りさなど、本来あまり見せたくない部分が剥き出しなんです。なので、撮影のその瞬間にその場で生まれた感情をそのまま素直に映像に残していきたいですね。本木監督と脚本の土橋さんという“匠”たちから自分の役割を持たせていただけて、とても光栄ですので、お二人の安心感のある胸を借りて、シーンを重ねるごとに自信を掴んでいきたいです!

最後は辰五郎っぽく言いますね(笑)。
友達も誘って、WOWOWで「大江戸グレートジャーニー」をみんなで見てくれよな! よろしくっ!

土橋章宏 コメント

「代参犬」として犬までが伊勢にお参りした時代、野良犬同然の暮らしをしていたわけありの三人が伊勢参りの途中で出会い、家族連れといつわって旅をすることで、今まで得られなかった愛情を得ていく話です。
陽気な博打うちと、すぐ死にたがる女、そして生意気なみなし子、どうしようもない駄犬が繰り広げる笑いあり涙ありの旅物語。
主演の丸山隆平さんなら、ダメ人間だけど陽気で情が深いキャラを面白く演じてくれると思います。他にも演技達者な俳優さんたちが勢ぞろい!
仕事をいっとき忘れ、旅することの楽しさ、出会いの楽しさ、嫌なことからは逃げてもいいんだという江戸時代の奔放さを楽しんでもらえたらと思います。駄犬のかわいさもたっぷりです!

本木克英 コメント

「超高速!参勤交代」の原作者・土橋章宏さんとの雑談から始まった企画が、ついに映像化が叶って嬉しい限りです。主演の丸山隆平さんには、持ち前の万人を陽気にする演技力で、主人公・辰五郎に降りかかる苦難を軽快に乗り越えてくれることを、楽しみに期待しています。江戸時代に大流行した「お伊勢参り」をテーマに、つらい境遇を背負った者たちがともに旅をするうちに、疑似家族のように変容していく人間ドラマが軸となりますが、代参する犬「おかげ犬」が多数いたという信じがたい史実も盛り込んでいます。ロードムービーとしても、時代劇初の「動物もの」としても楽しんでいただけるよう、張り切って作りたいと思います。

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_b3ffe94d6476 oa-natalie-eiga_0_5b670b6f2258_森達也が明かす、「i-新聞記者ドキュメント-」に収められなかったシーンとは 5b670b6f2258

森達也が明かす、「i-新聞記者ドキュメント-」に収められなかったシーンとは

2019年12月14日 22:00 映画ナタリー

ドキュメンタリー「i-新聞記者ドキュメント-」の監督を務めた森達也、プロデューサーの河村光庸がWeb番組「活弁シネマ倶楽部」に登場。その模様がYoutubeで公開されている。

本作は、東京新聞社会部の記者・望月衣塑子の活動を追い、報道の問題点、ジャーナリズムの地盤沈下、社会が抱える同調圧力や忖度の正体に迫るもの。第32回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門の作品賞を獲得した。

本作に先駆けて公開された劇映画「新聞記者」について、森は「こういう政治批判、社会批判の映画が日本にない」「邦画界に対しての大きなインパクトと実績を作ったという意味ではすごく意味のある作品だったと思います。非常に歴史的な作品だと思います」と語る。そして「i-新聞記者ドキュメント-」の裏話として「実は隠しカメラを買ったんです。メガネにレンズがついてるカメラがあって、全然見た目わかんないんです。だからそれをONにして、官邸の中に入って、素知らぬ顔をして、撮影しちゃうっていう手も考えたんです」と映画には収められなかったシーンを解説した。

「i-新聞記者ドキュメント-」は現在上映中。


(c)2019『i –新聞記者ドキュメント-』

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_b3ffe94d6476 oa-natalie-eiga_0_0172d5b85acb_「家族を想うとき」脚本家が盟友ケン・ローチの素顔語る「本当にチャーミング」 0172d5b85acb

「家族を想うとき」脚本家が盟友ケン・ローチの素顔語る「本当にチャーミング」

2019年12月14日 20:02 映画ナタリー

全国で公開中の「家族を想うとき」より、脚本を手がけたポール・ラヴァティのインタビューが到着した。

ケン・ローチが監督を務めた本作は、フランチャイズの宅配ドライバーとして働き出す父とその家族を描く作品。前作「わたしは、ダニエル・ブレイク」で一度は引退を宣言していたローチについて、ラヴァティは「お互いに友人の間柄だから、もし彼が引退してもっと家族と時間を過ごしたいということであれば、その意思を尊重するよ。83歳の彼にとって、映画制作は肉体的にも精神的にも荷が重いことだしね」とその胸中を推し量る。「監督は、仕事を自分で背負ってしまうんだ。ロケーションでも、キャスティングでも、かなり深く関わっていて、例えるとサッカー選手のような体力を必要とするくらい」と映画作りへの姿勢を明かした。

ローチとは「カルラの歌」以降、長きにわたってタッグを組み、25年来の友人でもあるラヴァティ。「彼は本当にチャーミングで、子供心を持っていて、好奇心にあふれている。いつもいろんなことに疑問を持って質問をする。それが、若々しくいられる秘訣だと思う。作品から、彼は真面目な人に思われがちだけど、とてもユーモアにあふれて面白い人だよ。政治や、サッカーに限らずいろんなスポーツに関心がある人なので、一緒にいてとても楽しいし、友情を大切にしてくれる」と人柄を語る。

また「『万引き家族』は観たよ。とても美しく繊細な作品で、オリジナリティに富んでいると思う」「国や文化によってアプローチが独自であり、そうした作品がたくさんあるということだと思うんだ」とコメント。日本の観客に向けては「私たちはイギリスで起きていることを真摯に描いているので、それが他の国でも共鳴するならとてもうれしい。イギリスにいる、何百万という中の1つの家族とともに過ごす時間や、親密感を真摯に皆さんに届けたい。企業がどのように人々の生活をコントロールしているのかを描いた、複雑な状況だけど、この家族に触れることを楽しんでいただきたい」とメッセージを送った。

「家族を想うとき」は東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。



(c)Sixteen SWMY Limited, Why Not Productions, Les Films du Fleuve, British Broadcasting Corporation, France 2 Cinema and The British Film Institute 2019

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_b3ffe94d6476 oa-natalie-eiga_0_791c368c6f7e_新木優子、写真集「honey」のお気に入りは“シズル感”あふれる1枚 791c368c6f7e

新木優子、写真集「honey」のお気に入りは“シズル感”あふれる1枚

2019年12月14日 18:58 映画ナタリー

新木優子のセカンド写真集「honey」の発売を記念したイベントが、本日12月14日に東京・HMV & BOOKS SHIBUYAで行われた。

12月15日にリリースされる同写真集は、“恋人のような親密な距離感”をテーマにしたもの。イタリアでの撮影は天候に恵まれなかったそうで、新木は「曇っていたり、雨の日が多かったんです。ただ、一番最後に夕景をどうしても撮りたくて、そのときだけ、綺麗に夕日が見えるくらい晴れたことは印象的でした」と振り返る。お気に入りの1枚には温泉で撮影したカットを挙げて「シズル感を表現できたと思いますし、寄りの写真が多い中でも一際寄っているというのもポイントです」と選定理由を語った。

「次に写真集を出すとしたら、どんな作品にしたい?」との質問には、「いろいろな方とコラボさせていただいたり、新しいジャンルにもチャレンジしたい」「アートな作品などに挑戦してみたいです」と想像を膨らませる新木。最後に彼女は「今まで見たことのないような私の表情をたくさん見られる一冊になっているので、いろいろな方に見ていただきたいです」とファンに向けてメッセージを送った。

(c)SDP

外部リンク