cat_oa-natalie-eiga_issue_10320119d312 oa-natalie-eiga_0_10320119d312_妊娠、出産、障害…出生前診断をテーマに女優たちが映画「渇愛の果て、」制作 10320119d312 10320119d312 妊娠、出産、障害…出生前診断をテーマに女優たちが映画「渇愛の果て、」制作 oa-natalie-eiga

妊娠、出産、障害…出生前診断をテーマに女優たちが映画「渇愛の果て、」制作

2020年7月15日 18:00 映画ナタリー

野生児童主宰、劇団鹿殺し所属の有田あんが脚本・監督を担当する長編映画「渇愛の果て、」が制作される。

「渇愛の果て、」は2020年6月に舞台上演される予定だったが、新型コロナウイルス感染症の危険を考慮して全公演中止となった。しかしコロナ禍で多くの人が命についてより深く考えるようになった今だからこそ、「この作品を形にして届ける意味がある」と改めて思い至った有田が、新たに映画として制作することを決意。舞台版に出演予定だった小原徳子のほか、瑞生桜子、辻凪子、烏森まど、廣川千紘、伊島青、藤原咲恵、輝有子、寺田華佳が立ち上げメンバーとしてともに制作する。

本作では出生前診断をテーマに、妊娠・出産・障害といった問題を取り上げる。制作のきっかけは有田の友人の体験だ。出生前診断で“陰性”と診断されたにもかかわらず、突然変異による障害を抱えた子を産んだ友人。彼女の苦悩に直面した有田は、正しい理解とさまざまな考えに触れるため、出産経験者、出生前診断を受けた人・受けなかった人、障害を持つ人、医療関係者へのインタビューを行い、多様な意見を盛り込んで脚本を仕上げた。

撮影は8月にスタート。MotionGalleryでは制作費の支援を募るクラウドファンディングを9月4日まで受付中だ。リターンとして撮影現場への招待や、オンラインイベント参加権などが用意されている。

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_10320119d312 oa-natalie-eiga_0_ekknm7dbt7mt_ドラマ「差出人は、誰ですか?」幸澤沙良が女優デビュー、共演に櫻井海音、藤原大祐 ekknm7dbt7mt ekknm7dbt7mt ドラマ「差出人は、誰ですか?」幸澤沙良が女優デビュー、共演に櫻井海音、藤原大祐 oa-natalie-eiga

ドラマ「差出人は、誰ですか?」幸澤沙良が女優デビュー、共演に櫻井海音、藤原大祐

2022年8月8日 12:59 映画ナタリー

秋元康が企画・原案を手がける連続ドラマ「差出人は、誰ですか?」が、10月にTBSでスタートする。

本作は、ある高校の国語教師が、クラス全員参加の「手紙ゲーム」を提案することから始まる学園ヒューマンミステリー。これは1人1通、クラスの誰かに匿名で本音を書いた手紙を出すもので、手紙には愛の告白や暴露話など衝撃的な内容が書かれていた。ゲームは予想外の盛り上がりを見せ、生徒たちはクラスメイトたちの表と裏の顔を知り、喧嘩や助け合いを繰り返しながら友情を育んでいく。

ことなかれ主義の主人公・桑鶴美月(くわづるみつき)を、「私が女優になる日_」season2で1位に選ばれた幸澤沙良が演じる。そして美月のクラスメイト・成田育(なりたいくる)役に櫻井海音、一ノ瀬理斗(いちのせりと)役には藤原大祐が起用された。秋元とプロデューサーの橋本梓から届いたコメントは下記の通り。

「差出人は、誰ですか?」は、よるおびドラマ枠の第2弾としてオンエア。脚本は藤平久子、濱田真和、灯あつき、演出は加藤亜季子、宮崎萌加、熊坂出、宮本秀光が担当する。

秋元康(企画・原案)コメント

今のSNSの時代、みんなどこかで何かを囁かれ、囁いている時代。SNSを見れば、それが文字となって見えてしまいます。それは怖いことでもあり、誰が、なにを自分に問いかけているんだろうと常に考えてしまっていると思います。
人間関係において、もし言いたいことを可視化したらどうなるのか、SNSやメールやメッセージはスピードの良さもあり、何度も書き直したり、送り直すこともできるけれど、一方で手紙というのは感情の高ぶりだとか、余白の中に感情が現れる。だから今のSNS時代にあえて直筆で書く手紙を題材に学園ドラマをつくることにしました。
それぞれの手紙がひとつひとつ読み上げられていく中で、クラスにどんなストーリーがうまれ、どう成長していくのかを問うドラマにしたいと思っています。大人になるにつれて、人間関係で悩むことがあったとしても自分なりに乗り越えられる方法がわかるようになるけれど、中高生はそこが一番どうしたらいいのかわからない時期です。だからこそ閉鎖的な空間の中でまだ方法が見つからないという人に見てほしいです。

橋本梓(プロデュース)コメント

秋元さんから「手紙」というテーマを聞いた時、このSNS時代だからこそ、心のど真ん中に直球を投げるようなドラマを作りたいと感じました。普段、SNS上や学校では悩みを見せずに「表の顔」で過ごしている高校生たちが、手紙ゲームによって秘密を暴露され、本音でぶつかり合う姿は青春そのものです。次はどんな手紙が来るんだろう?とワクワクしながら、ヒリヒリした青春ドラマを楽しんで見ていただけるとうれしいです。

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_10320119d312 oa-natalie-eiga_0_whj7lj905kto_飯豊まりえ×浅香航大「オクトー」Huluオリジナルストーリーの配信決定 whj7lj905kto whj7lj905kto 飯豊まりえ×浅香航大「オクトー」Huluオリジナルストーリーの配信決定 oa-natalie-eiga

飯豊まりえ×浅香航大「オクトー」Huluオリジナルストーリーの配信決定

2022年8月8日 12:00 映画ナタリー

ドラマ「オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~」のHuluオリジナルストーリー「オクトー ~ふたつの家族~」が、8月11日の第6話と9月8日の10話の地上波オンエア後にHuluで独占配信される。

読売テレビ・日本テレビ系で毎週木曜に放送中の「オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~」は、8つの感情を色として見ることができる刑事・心野朱梨が凶悪事件の真相に迫るさまを描くサスペンス。朱梨を飯豊まりえ、朱梨とコンビを組む警部補・風早涼を浅香航大が演じる。

Huluオリジナルストーリー「オクトー ~ふたつの家族~」には飯豊と浅香のほか、朱梨の姉・心野紫織役の松井玲奈、警察庁次長・平安衛役の船越英一郎らも出演。第6話の放送後に配信される“第6.5話”では、病院のベッドで眠る紫織が、叶わなかったはずの夢である医師の姿で朱梨の前に現れる。また第10話放送後に配信される“第10.5話”では、地上波本編の1年後が涼の目線で映し出され、涼の本心や、平安とのある”約束“についても触れられる。

プロデューサー コメント

感情が見える女刑事とエリート崩れの男刑事という、一風変わったバディとしてこれまで様々な難事件に立ち向かってきた朱梨と涼。一見正反対のようにも見える2人ですが、共通点として警察官となった背景にそれぞれの“家族”の存在があります。今回のHuluオリジナルストーリーでは、ドラマ本編ではお見せしきれなかった、そんな2人の妹として・息子としての「もしかしたらあったかもしれない」「これからあるかもしれない」家族との時間を描きました。朱梨と涼がきっと心のどこかに抱え続けているであろう家族への思いを想像しながら、Huluオリジナルストーリーとドラマ本編をあわせてご覧いただき、より一層お楽しみいただければと思います!

プラチナイト木曜ドラマ「オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~」

読売テレビ、日本テレビ系 毎週木曜 23:59~24:54

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_10320119d312 oa-natalie-eiga_0_zsl20db0zu07_アッバス・キアロスタミの「クローズ・アップ」リマスター版上映、深田晃司がコメント zsl20db0zu07 zsl20db0zu07 アッバス・キアロスタミの「クローズ・アップ」リマスター版上映、深田晃司がコメント oa-natalie-eiga

アッバス・キアロスタミの「クローズ・アップ」リマスター版上映、深田晃司がコメント

2022年8月8日 12:00 映画ナタリー

アッバス・キアロスタミ監督作「クローズ・アップ」のHDリマスター版が、the アートシアター Vol. 4の作品として9月3日より東京・ユーロスペースで3週間限定上映される。

「友だちのうちはどこ?」「桜桃の味」「ライク・サムワン・イン・ラブ」などで知られるキアロスタミ。1990年に製作された「クローズ・アップ」は、ある男が映画監督のモフセン・マフマルバフになりすまして裕福な一家をだました詐欺事件の公判の模様を記録したドキュメンタリーと、その事件に至る過程を当事者たち自身に演じさせた再現ドラマを織り交ぜた作品だ。

2021年に開催された連続講座「現代アートハウス入門 ネオクラシックをめぐる七夜 Vol. 2」で「クローズ・アップ」のレクチャーを担当した深田晃司は「人も空き缶も虚構も現実も何もかもがカメラの前で等価になる美しさと残酷さ。必見」とコメントしている。

ポスターのデザインを担当したのは「戦場のメリークリスマス 4K修復版」「愛のコリーダ 修復版」、ウォン・カーウァイ特集「WKW 4K」などの宣伝美術を手がけた成瀬慧。なおユーロスペース上映初日の来場者には、1995年の公開時に使用された予告編の35mmフィルムから作ったオリジナル栞がプレゼントされる。同劇場では上映期間中に深田らを招いたレクチャーも実施される予定。

「クローズ・アップ」HDリマスター版は全国のアートハウスにて順次公開される。

深田晃司 コメント

奇跡。そうたやすく使うべきではないこの言葉を呟かざるをえない希少な機会の一つは「クローズ・アップ」を前にしたときである。
人も空き缶も虚構も現実も何もかもがカメラの前で等価になる美しさと残酷さ。必見。

(c)1990 Farabi Cinema

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_10320119d312 oa-natalie-eiga_0_5teey6hgpksv_草なぎ剛の出演作「サバカン」に斎藤工、伊藤沙莉、白石和彌ら29名がコメント 5teey6hgpksv 5teey6hgpksv 草なぎ剛の出演作「サバカン」に斎藤工、伊藤沙莉、白石和彌ら29名がコメント oa-natalie-eiga

草なぎ剛の出演作「サバカン」に斎藤工、伊藤沙莉、白石和彌ら29名がコメント

2022年8月8日 12:00 映画ナタリー

「サバカン SABAKAN」を鑑賞した斎藤工、伊藤沙莉、白石和彌ら29名の各界著名人からコメントが到着した。

1986年の長崎を舞台とする本作では、イルカを見るため冒険に出る少年2人とそれぞれの家族のひと夏が描かれる。番家一路が主演を務め、原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、貫地谷しほり、草なぎ剛、岩松了らが出演。「その日、カレーライスができるまで」の原案・脚本で知られる金沢知樹が監督を務めた。

斎藤は「全ての描写に金沢さんが過ごした時間、見てきた景観が宿っている ご両親に捧げる全身全霊のラブレター しっかりと届いていると思います」、伊藤は「こんなに胸を締め付けられたのは いつぶりだろうか。ゆっくりじんわりほどけてゆく何かに いつのまにか涙腺を緩めていました」とコメント。白石は「少年たちのひと夏の出来事に胸を打たれた。同じ時間を過ごせたスタッフが心底羨ましいと思った」と絶賛している。

「サバカン SABAKAN」は8月19日より全国ロードショー。

※草なぎ剛のなぎは弓へんに前の旧字体、その下に刀が正式表記

尾木直樹(教育評論家)コメント

これは驚異だ。
思春期入口の揺れる少年の心をこんなにもリアルに描いた作品は類を見ない。
冒険の夏、ゴツゴツとした大人の愛に包まれ、
青年へと脱皮していく姿は、見る者の心を熱くする。

ウド鈴木(キャイ~ン / お笑い芸人)コメント

子供の頃、思いきり叫んだ時の気持ちよさを思い出しました。主人公の無我夢中で生きている夏の日々は、私の夏と重なって、胸が躍り、熱く震えました。
この作品を観て、きっと思い出す、夏と人と味があります。

天野ひろゆき(キャイ~ン / お笑い芸人)コメント

この映画を見るまで忘れてたことがある
夏は子供を少しだけ大人にしてくれる
いくつもの夏を越えて
人は大人になっていくのだ

綾戸智恵(ジャズシンガー)コメント

ハリウッド超大作とかでもなく、特別なストーリーでもなく、
まさか泣かされるとは。
気骨のある竹とすぐ諦める文学少年久。
そんな2人が、【ともだち】という今まで私がもっていた
言葉のイメージを変えてしまった、いや超えた。
コロナ禍から当たり前に出来たことが難しくなり
この作品は、青春映画におわら無くなったか。
ここにいる大人達は子どもとこんな風に共存してきたんだ。
クスッと笑わせたらオイオイと泣かせる映画、久しぶりに見た。
皆さん、またねー

斎藤工(俳優 / 映画監督)コメント

いやちょっと待ってよ
これ金沢知樹の物語じゃないですか
全ての描写に金沢さんが過ごした時間、見てきた景観が宿っている
ご両親に捧げる全身全霊のラブレター
しっかりと届いていると思います
唯一無二の映画
ありがとうございました

はっとり(マカロニえんぴつ / ミュージシャン)コメント

こんな少年時代が僕にもあった。たしかにあった。せっかく忘れていたのに、勘弁してほしい。

桜沢エリカ(マンガ家)コメント

長崎の美しい景色のなかで繰りひろげられる、こどもたちのひと夏の冒険、友情、初恋、
そしてそれを見守る家族の愛情。全部詰まった映画です。
昭和世代の私たちには通り過ぎてきた時間で、郷愁もひときわですが、
若い世代も自分たちの物語として楽しめるはずです!

乃南アサ(作家)コメント

「またね!」「またね!」「またねー!」と、互いの声が聞こえなくなるまで声を上げ続けた日が、私にもあったことを思い出した。
あの子は今ごろどうしているだろう。

斉藤由貴(女優 / 歌手)コメント

一言で言うと人生は切なく、その切なさは懐かしい日常の風景から醸されて来るものが多い気がする。
白い炊き立てご飯は、永遠に飽きない。その感じに似ているな、とこの映画を観て思いました。

北斗晶(タレント)コメント

夏休みの思い出
蝉の声、蚊の飛ぶ羽の音、風鈴、ラジオ体操の音楽、大きなスイカの味、夏の畑の匂い、秘密基地に隠した宝物
「サバカン」を観ながら少女時代に嗅いだ匂いさえも思い起こさせてくれました。
私にも【またね】と約束した友がいました。
子供達にとって【またね】は、明日に繋がる未来行きの切符みたいな言葉だったんだと。。。
未来があるから言える言葉が【またね】なんだと改めて知ることが出来ました。

私の人生もまだ旅の途中! 【またね】と約束した友と私達の夏休みを語れる日が来ますように。
幼い私と今の私。冒険した私と心配する母の私。色々な自分で観られる映画です。
きっと映画を観たら【またね】と約束したあの人を思い出すはずです。

藤本美貴(タレント)コメント

夏休みはこどもに冒険をさせてくれて、みずみずしく輝かせ、成長もさせてくれる素敵な時間。
私もこどもの頃の甘くて苦い思い出と感覚がよみがえりました。
今度はこどもと一緒に楽しみたいです!

渡辺美奈代(歌手 / タレント)コメント

ノスタルジーを感じる80年代の長崎が舞台。
純粋でまっすぐな子供たちと、そっと見守る家族の愛に心を打たれました。
笑いも、涙もあり、あっという間の90分。
美しい景色と愛に包まれ、見終わった後には心が優しくなる、そんな映画でした。

小西真奈美(俳優)コメント

“またね。”
その言葉がものすごく深い意味を持って
心に刻み込まれる。
「あの時」は2度と巡ってこないから、
だからこそ、これからも一生懸命生きたい。
そう思わせてくれる、素晴らしい作品でした。

神田愛花(フリーアナウンサー)コメント

いつの日からか胸の奥底に仕舞い込んでいた感情が、蘇り、涙になって溢れてきました。
大人になったって、思いっきり人を好きになり思いっきり感情を露わにして、毎日を一生懸命生きていたい!と強く思った時間でした。

YOU(タレント)コメント

友達 近所のおじさん 大きく怖かったお兄さん 綺麗なお姉さん 冒険 またね……
うたた寝してみた 幼い頃の夢。今よりずっと 鮮やかだった。

伊藤沙莉(俳優)コメント

知らない時代、知らない土地の話。
なのにどうして
こんなにも懐かしいのか。
こんなにも温かいのか。
こんなに胸を締め付けられたのは
いつぶりだろうか。
ゆっくりじんわりほどけてゆく何かに
いつのまにか涙腺を緩めていました。
なんとも言えない家族の心地よさ。
通り過ぎていくようで
大切な、必要な出会いと経験。
戻りたくなるあの頃の、
冒険から始まる友情の物語。

原田泰造(ネプチューン / タレント)コメント

子供の頃の1日は
とても長く色々な事に衝撃をうけた。
永遠に続くと思った日々が蘇り優しい気持ちになれる素敵な作品。
サバカンを食べたくなった!

堀内健(ネプチューン / タレント)コメント

すぐに物語に引き込まれて
後半は登場人物の言葉と表情が突き刺さってきます。
あったかくて、泣きました。
絶対見て下さい。
作品に出てくる長崎の絶景の駅のプラットホームに行ってみたい…

片桐仁(俳優)コメント

ガチャガチャで「バッファローマンが出ますように」というセリフに、世代がドンピシャなことに気づき、感情移入しまくりでした!
大人になっても、少年時代の友情は普遍!思い出し泣きしちゃう!!

田中麗奈(俳優)コメント

友達になるまでのソワソワ感、
そして友達になれた!と思った時の高揚感。
叱られながらも愛情たっぷりの大人に見守られながら、
伸び伸びと過ごしたあの頃の夏休みは、
宝物の様な時間だったんだと気が付きました。

KREVA(HIPHOPアーティスト)コメント

にやっと笑えてほろっと来そうになる
じわっと染みるストーリー。映画館で観たらまたさらに心に響くだろうなと思いました。

青木さやか(タレント)コメント

泣いた 何度も泣いた
何十年もかけてせっせと着込んだ鎧が、剥がされていきました
そうだ
わたしは、ともだちが好きだった
故郷が、好きだった
夏の冒険が、好きだった
娘に観てほしい!
友達との楽しい時間はこんなにキラキラとした、人生の宝ものだよ

白石和彌(映画監督)コメント

少年たちのひと夏の出来事に胸を打たれた。同じ時間を過ごせたスタッフが心底羨ましいと思った。
この夏必見の映画です。絶対に映画館で見て欲しい。

やまだひさし(ラジオDJ)コメント

苦くて、しょっぱくて、胸が痛くて。
甘酸っぱくて、やさしくて。忘れられなくて。
こんなカンヅメ初めて食べた。
最高に美味しかった。
一緒になって思いを馳せた。
あいつ、どうしてるかなぁ。逢いたいな。

倉田真由美(マンガ家)コメント

心の最奥にしまって忘れていた友だちに会えた。私の、大事だった友だちに。

まーちゃん・おーちゃん(HIMAWARIちゃんねる / 動画クリエイター)コメント

久田くんの家族が面白かったです。
最初は友達じゃなかったのに、冒険して仲良くなるところが素敵だと思いました。
サバカン寿司が美味しそうで、見ていて食べたくなりました。

海原やすよ(漫才師)コメント

昔の懐かしさを感じる映画。
自分達にもあった子供の頃の記憶と思い出が自然とリンクしてきました。
何かを思い出させてくれる映画でした。
親からの思い、お子さんからの思い…ご家族で色々な視点から見れるストーリーです。

海原ともこ(漫才師)コメント

懐かしくて温かくて切なくて、
ほっこりする映画でした。
自分たちの子どもの頃を思い出して「こんな気持ちになったなぁー」と思う部分もありました。
子どもの頃にお友達と経験した事で少しずつ強くなったり、
お友達が自分の知らないことを知ってるとすごい頼もしく大人に見えたりもして、、、
そんな、いろんな気持ちを思い出した映画でした。
大人とは違う成長のスピード、純粋な気持ち、人との関わり方、
自分の気持ちや思いを上手く言葉にして伝えれない子どもの頃。
「またね。」って言葉がジーンとしました。

斉藤和義(ミュージシャン)コメント

子役2人が特に素晴らしい。
長崎が美しい。
大人も捨てたもんじゃない。
恥ずかしながら、3回ウルっとしてしまいました。



(c)2022「SABAKAN」Film Partners

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_10320119d312 oa-natalie-eiga_0_a54sfc53qosi_上白石萌歌、三吉彩花、川栄李奈ら参加の「私が撮りたかった女優展 Vol. 4」開催 a54sfc53qosi a54sfc53qosi 上白石萌歌、三吉彩花、川栄李奈ら参加の「私が撮りたかった女優展 Vol. 4」開催 oa-natalie-eiga

上白石萌歌、三吉彩花、川栄李奈ら参加の「私が撮りたかった女優展 Vol. 4」開催

2022年8月8日 09:32 映画ナタリー

「私が撮りたかった女優展 Vol. 4」が、8月11日から17日まで東京・OMOTESANDO MUSEUM.で開催される。

これは「今撮りたい女優はいますか?」をコンセプトに、ジャンルや経歴の異なる5人のフォトグラファーが撮りたい女優を指名し、作品を撮り下ろす企画展だ。展示には、遠藤文香が撮影した上白石萌歌、Miss Beanが撮影した三吉彩花、笑子が撮影した藤原さくら、大林直行が撮影した河合優実、佐藤俊斗が撮影した川栄李奈の写真が並ぶ。

会場では展示作品のオーダーができるほか、ポストカードやステッカーなどのオリジナルグッズも販売。また展示しきれなかったアザーカットを含む写真集が同時発売となる。写真集は会場限定で先行販売後、オンラインストアや一部書店でも展開される予定だ。

私が撮りたかった女優展 Vol. 4

2022年8月11日(木・祝)~17日(水)東京都 OMOTESANDO MUSEUM.
10:00~20:00 ※初日はイベント開催のため18:00まで
料金:大人 800円 / 小学生以下 無料

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_10320119d312 oa-natalie-eiga_0_jnmuk21sr9p3_清野菜名×松坂桃李「耳をすませば」ぽんず演じるムーンの場面写真が到着 jnmuk21sr9p3 jnmuk21sr9p3 清野菜名×松坂桃李「耳をすませば」ぽんず演じるムーンの場面写真が到着 oa-natalie-eiga

清野菜名×松坂桃李「耳をすませば」ぽんず演じるムーンの場面写真が到着

2022年8月8日 09:00 映画ナタリー

本日8月8日の「世界猫の日」にちなみ、実写映画「耳をすませば」より猫のムーンの場面写真が到着した。

柊あおいによる同名マンガの10年後を舞台とした本作。清野菜名演じる月島雫と松坂桃李扮する天沢聖司の物語が、中学生時代のエピソードを交えて描かれる。

ムーンを演じたのは「ねこあつめの家」「のみとり侍」「コーヒーが冷めないうちに」「ねことじいちゃん」に出演したタレント猫・ぽんず。安原琉那扮する中学生時代の雫は、父が忘れた弁当を届けるために乗った電車の中でムーンと出会う。そしてムーンに導かれるように「地球屋」を訪れ、そこで人生を変える体験をする。場面写真には、ムーンが雫を誘うように歩く姿や、カゴの中で一休みする様子が捉えられた。

平川雄一朗が監督を務めた「耳をすませば」は10月14日より全国でロードショー。



(c)柊あおい/集英社 (c)2022『耳をすませば』製作委員会

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_10320119d312 oa-natalie-eiga_0_e9lvctepy5c4_武田航平×木村達成「オールドファッションカップケーキ」が地上波で放送 e9lvctepy5c4 e9lvctepy5c4 武田航平×木村達成「オールドファッションカップケーキ」が地上波で放送 oa-natalie-eiga

武田航平×木村達成「オールドファッションカップケーキ」が地上波で放送

2022年8月8日 08:00 映画ナタリー

ドラマ「オールドファッションカップケーキ」の地上波放送が決定。フジテレビで8月16日より毎週火曜24時25分からオンエアされる。

佐岸左岸の同名マンガを加藤綾佳がドラマ化した本作は、アラフォー癒やし系上司・野末とアラサーツンデレ部下・外川がスイーツ巡りをきっかけに距離を縮めていくさまを描いた純愛ストーリー。武田航平が野末、木村達成が外川を演じた。

オールドファッションカップケーキ

フジテレビ 2022年8月16日(火)スタート 毎週火曜 24:25~
※関東ローカル

(c)2022佐岸左岸/大洋図書/「オールドファッションカップケーキ」製作委員会

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_10320119d312 oa-natalie-eiga_0_mfzsxc5b4swc_野村周平が高橋メアリージュンの宿敵役で「闇金サイハラさん」出演、肉蝮役は東啓介 mfzsxc5b4swc mfzsxc5b4swc 野村周平が高橋メアリージュンの宿敵役で「闇金サイハラさん」出演、肉蝮役は東啓介 oa-natalie-eiga

野村周平が高橋メアリージュンの宿敵役で「闇金サイハラさん」出演、肉蝮役は東啓介

2022年8月8日 08:00 映画ナタリー

ドラマ「闇金ウシジマくん外伝 闇金サイハラさん」に野村周平、東啓介が出演していることが明らかになった。

本作では、映画「闇金ウシジマくん Part2」などにも登場した非合法な金貸し・犀原茜が裏社会で生きていくさまが描かれる。犀原に高橋メアリージュン、闇金「ライノーローン」のメンバー・硲悠斗に宮世琉弥、犀原の右腕・村井にマキタスポーツが扮するほか、中尾明慶、木南晴夏、やべきょうすけ、崎本大海、光石研、山内圭哉、古畑星夏、勝村政信、岡崎体育が出演する。

野村が演じるのは、犀原の最大の宿敵となる半グレ・象山彪。恐喝、オレオレ詐欺、売春、あらゆる犯罪に手を染める不良グループのリーダーで、目的のためなら残虐非道な行為も辞さないキャラクターだ。野村は「6年ぶりの新章ということで私自身テンションが上がっていましたが、高揚した思いそのままに少し悪い役を演じておりますので皆様に不快な印象を与えるかもしれませんが、そこは闇金シリーズのご愛嬌ということで何卒ご了承ください」と述べている。

また東は、超人レベルの強さと肉体ですべての者を脅かす“最凶怪人”肉蝮役で出演。肉蝮はドラマの後半に登場する。野村、東の出演発表とあわせて、メインキャラクターが集結したビジュアルも到着した。

山岡真介が脚本を手がけ、山口雅俊と土岐洋介が監督を務めた「闇金ウシジマくん外伝 闇金サイハラさん」はMBSとTBSで9月20日深夜にスタート。地上波放送に先駆け、9月13日26時からdTVとNetflixで先行配信される。なお本日8月8日26時30分より MBSにてドラマ「闇金ウシジマくん Season1」の再放送が開始する。

ドラマイズム「闇金ウシジマくん外伝 闇金サイハラさん」

MBS / TBS 2022年9月20日(火)スタート
MBS 毎週火曜 24:59~
TBS 毎週火曜 25:28~
※全15話

野村周平 コメント

今回、皆様に愛される人気作品に参加することができとても光栄に思います。
6年ぶりの新章ということで私自身テンションが上がっていましたが、高揚した思いそのままに少し悪い役を演じておりますので皆様に不快な印象を与えるかもしれませんが、そこは闇金シリーズのご愛嬌ということで何卒ご了承ください。
それでは象山の活躍をどうぞお楽しみに。

(c)2022 真鍋昌平・山崎童々・小学館/ドラマ「闇金サイハラさん」製作委員会・MBS

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_10320119d312 oa-natalie-eiga_0_6afuv4wetnh0_セルゲイ・ロズニツァ新作、ユダヤ人大虐殺のアーカイバル映画「バビ・ヤール」公開 6afuv4wetnh0 6afuv4wetnh0 セルゲイ・ロズニツァ新作、ユダヤ人大虐殺のアーカイバル映画「バビ・ヤール」公開 oa-natalie-eiga

セルゲイ・ロズニツァ新作、ユダヤ人大虐殺のアーカイバル映画「バビ・ヤール」公開

2022年8月8日 07:00 映画ナタリー

「国葬」「粛清裁判」「アウステルリッツ」「ドンバス」で知られるセルゲイ・ロズニツァの監督作「バビ・ヤール」が、9月24日より東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で公開される。

本作は第2次世界大戦における独ソ戦の最中、ウクライナの首都キーウの郊外で起きた“バビ・ヤール大虐殺”を記録映像でたどるドキュメンタリー。1941年9月29日、30日の2日間でキーウに住む3万3771人のユダヤ人がバビ・ヤール渓谷にて射殺された事件の過程と、その後の歴史処理がつづられる。本作はヨシフ・スターリンの国葬を捉えた「国葬」と同じく、ある事象のアーカイブフィルムを時系列に沿って編集・構成したアーカイバル映画。2021年の第74回カンヌ国際映画祭でルイユ・ドール審査員特別賞を受賞した。予告編はYouTubeで公開中。

さらに2022年12月初旬には、同じくロズニツァが監督を務めた「Mr. Landsbergis(原題)」も劇場公開される。同作はソ連崩壊のきっかけにもなったリトアニア独立革命に関するドキュメンタリー。独立運動を指導した音楽家で国家元首も務めたヴィータウタス・ランズベルギスが、約30年前の熾烈な文化的抵抗と政治的闘争を語る4時間6分の大作となっている。

(c)Atoms & Void

外部リンク