cat_oa-natalie-eiga_issue_03bffbf9b8b9 oa-natalie-eiga_0_03bffbf9b8b9_清野菜名×横浜流星の新ドラマ「シロクロ」場面写真が一挙解禁 03bffbf9b8b9

清野菜名×横浜流星の新ドラマ「シロクロ」場面写真が一挙解禁

2019年12月20日 20:00 映画ナタリー

清野菜名と横浜流星が共演するドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」より、新場面写真が公開された。

驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと彼女を操る男・飼育員さんが、闇に隠された真実を暴く本作。弱気な囲碁棋士とミスパンダという2つの顔を持つ川田レンを清野、メンタリストNとしてテレビにも出演する森島直輝 / 飼育員さんを横浜が演じる。要潤、白石聖、山崎樹範、山口紗弥加、佐藤二朗もキャストに名を連ねた。

場面写真には、直輝がレンの前でパンケーキにシロップをかける様子や、要演じるディレクターの神代一樹、白石扮する報道記者・佐島あずさ、山口演じるレンの母親・麻衣子の姿などが切り取られている。

佐藤友治と蛭田直美が脚本、遠藤光貴が監督を担当する「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」は、1月12日に日本テレビ系でスタート。毎週日曜22時30分より放送される。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

日本テレビ系 2020年1月12日(日)スタート 毎週日曜 22:30~23:25

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_03bffbf9b8b9 oa-natalie-eiga_0_ea331594b760_私をバブルに連れてって!バブル映画特集で「東京上空いらっしゃいませ」など4本 ea331594b760

私をバブルに連れてって!バブル映画特集で「東京上空いらっしゃいませ」など4本

2019年12月20日 19:30 映画ナタリー

「私をバブルに連れてってII《バブリー映画特集》」が明日12月21日から27日まで東京・神保町シアターで行われる。

バブル景気に沸いた1980年代から1990年代にかけて公開された映画の中からバブリーな空気を感じられる作品を紹介する本特集。相米慎二が監督を務め、牧瀬里穂、中井貴一、笑福亭鶴瓶が共演した青春ファンタジー「東京上空いらっしゃいませ」、古村比呂とBARBEE BOYSのKONTAこと近藤敦が共演したラブストーリー「・ふ・た・り・ぼ・っ・ち・」、金子修介が監督、斉藤由貴が主演を務めたアクションコメディ「香港パラダイス」、チェッカーズ出演作「CHECKERS in TAN TAN たぬき」の4作品がラインナップに。上映は全作35mmフィルム。「香港パラダイス」は未DVD化のため貴重な鑑賞機会だ。特集ではバブル期に流行った服装、髪型で来場すると一般料金が300円安くなる“バブリー割引”も実施される。

私をバブルに連れてってII《バブリー映画特集》

2019年12月21日(土)~27日(金)東京都 神保町シアター
料金:一般 1300円 / バブリー割引 1000円
<上映作品>
「CHECKERS in TAN TAN たぬき」
「・ふ・た・り・ぼ・っ・ち・」
「東京上空いらっしゃいませ」
「香港パラダイス」

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_03bffbf9b8b9 oa-natalie-eiga_0_2dccec08919e_おびえる飯豊まりえと大量のお札…乙一の監督作「シライサン」新写真解禁 2dccec08919e

おびえる飯豊まりえと大量のお札…乙一の監督作「シライサン」新写真解禁

2019年12月20日 19:00 映画ナタリー

飯豊まりえ主演作「シライサン」の新たな場面写真が公開された。

本作は小説家・乙一として知られる安達寛高が監督と脚本を担当したホラー。その名を知った者のもとに現れ、目をそらした人間を殺す怨霊“シライサン”の恐怖が描かれる。親友を目の前で亡くした瑞紀を飯豊、弟を失った春男を稲葉友が演じ、忍成修吾、谷村美月、江野沢愛美、染谷将太らが共演に名を連ねた。

公開された写真には、何かを目撃しおびえた表情の瑞紀や、仁村紗和演じる詠子がまっすぐに指をさす姿のほか、大量のお札の前に座るシライサンの後ろ姿が写し出されている。

「シライサン」は1月10日より全国で公開。



(c)2020松竹株式会社

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_03bffbf9b8b9 oa-natalie-eiga_0_d7b795bcdd63_JR東海のCM集「クリスマス・エクスプレス」も、鉄道テーマの作品を明日一挙放送 d7b795bcdd63

JR東海のCM集「クリスマス・エクスプレス」も、鉄道テーマの作品を明日一挙放送

2019年12月20日 18:30 映画ナタリー

鉄道をテーマにした映像作品が、明日12月21日10時より日本映画専門チャンネルで一挙放送される。

これは、11月から3カ月連続で行われている雑誌・鉄道ファンとのタイアップ企画。今月は、森繁久彌が田舎の老駅長に扮した未ソフト化作品の「山鳩」、東京と長崎間を走る特急“さくら”を舞台にした娯楽大作「大いなる驀進」、女優の左幸子が監督・出演した「遠い一本の道」、ディーゼル特急の誕生と技術的背景を描いた「ディーゼル特急」がラインナップされた。

さらに、東海旅客鉄道(JR東海)が制作したCMシリーズ「クリスマス・エクスプレス」もオンエア。同シリーズでは、深津絵里、牧瀬里穂、高橋里奈、吉本多香美、星野真里らが出演し、山下達郎の「クリスマス・イブ」がテーマソングとして使用されている。詳しいスケジュールは日本映画専門チャンネルの公式サイトで確認を。

3ヶ月連続企画 月刊「鉄道ファン」Presents 想い出の列車たち

日本映画専門チャンネル 2019年12月21日(土)10:00~ほか
<放送作品>
「山鳩」
「大いなる驀進」
「遠い一本の道」
「ディーゼル特急」
「クリスマス・エクスプレス」(CM集)

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_03bffbf9b8b9 oa-natalie-eiga_0_d85489439d56_衛藤美彩が仲野太賀の額にキス、中川龍太郎の新作「静かな雨」予告編 d85489439d56

衛藤美彩が仲野太賀の額にキス、中川龍太郎の新作「静かな雨」予告編

2019年12月20日 18:00 映画ナタリー

仲野太賀と衛藤美彩のダブル主演作「静かな雨」の予告編がYouTubeで公開された。

「静かな雨」は、宮下奈都のデビュー小説をもとにしたラブストーリー。大学で生物考古学の研究助手をしている行助を仲野、たい焼き屋で働くこよみを衛藤が演じる。監督を務めたのは「わたしは光をにぎっている」の中川龍太郎。高木正勝が音楽を担当した。

予告編はこよみの「目の色が好きだったんだ。初めて会ったときの、行さんの目」というセリフから始まる。その後、事故に遭ったことで記憶を保てなくなった彼女の姿を収録。こよみが行助の額にキスするさまや、行助が目元を押さえながら泣く様子も切り取られた。なお宮下は本作について「ふたりが暮らす温度があり、色と匂いがあり、記憶がある。とても美しくて嘆息しました」とコメントしている。

「静かな雨」は2月7日より東京・シネマート新宿ほか全国で順次ロードショー。


(c)2019「静かな雨」製作委員会 / 宮下奈都・文藝春秋

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_03bffbf9b8b9 oa-natalie-eiga_0_35e0b6cc1b82_「ザ・レイド GOKUDO」オカ・アンタラ主演、近未来SFの予告編が到着 35e0b6cc1b82

「ザ・レイド GOKUDO」オカ・アンタラ主演、近未来SFの予告編が到着

2019年12月20日 18:00 映画ナタリー

「KILLERS/キラーズ」「ザ・レイド GOKUDO」で知られるインドネシアの俳優オカ・アンタラが主演を務めた「フォックストロット・シックス」のポスタービジュアル、場面写真、予告編が到着した。

第32回東京国際映画祭で上映された本作。恐怖政治によって統治された近未来を舞台に、食糧不足で人類の危機が迫る中、元海兵隊員で国会議員に転身したアンガが仲間とともに敵に立ち向かう。

アンタラのほか、「メッセージマン」のベルディ・ソライマン、「ザ・レイド GOKUDO」のアリフィン・プトラやジュリー・エステルも出演。「ランボー」シリーズや「ターミネーター2」などを手がけたマリオ・カサールがエグゼクティブプロデューサーとして参加し、ランディ・コロンピスが監督を務めた。編集は「ターミネーター2」でアカデミー賞にノミネートされたマーク・ゴールドブラットが担当。予告編はYouTubeで公開中だ。

「フォックストロット・シックス」は特集上映「未体験ゾーンの映画たち 2020」のラインナップの1本として、1月3日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で公開。同月下旬より大阪のシネ・リーブル梅田で始まる同特集でも上映される。


(c)Rapid Eye PicturesRIGHTS RESERVED

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_03bffbf9b8b9 oa-natalie-eiga_0_beb88b58b9fc_ドロイドが本から飛び出し銀河を案内!「スター・ウォーズ」AR搭載ガイド発売 beb88b58b9fc

ドロイドが本から飛び出し銀河を案内!「スター・ウォーズ」AR搭載ガイド発売

2019年12月20日 17:33 映画ナタリー

AR機能付きの「スター・ウォーズ」シリーズ公式ガイドブック「STAR WARS THE GALACTIC EXPLORER'S GUIDE」が、本日12月20日に刊行された。

スマートフォンやタブレットに無料の専用アプリをダウンロードし、ページにかざすと、本の中からドロイドが飛び出し解説してくれる本書。コルサント、キャッシーク、タトゥイーン、バトゥーなど、銀河の中心から未知の領域までドロイドが案内する。3D宇宙マップの表示はもちろん、武器の訓練や戦闘シミュレーションといった体験も可能。はるか彼方の銀河のデジタルな探検を楽しめる1冊だ。

シリーズ最終章にあたる「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」は全国で上映中。

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_03bffbf9b8b9 oa-natalie-eiga_0_f685aabb7a71_精神科の長期入院患者が旅行へ、ドキュメンタリー「オキナワへいこう」公開 f685aabb7a71

精神科の長期入院患者が旅行へ、ドキュメンタリー「オキナワへいこう」公開

2019年12月20日 15:21 映画ナタリー

「水になった村」の大西暢夫が監督した「オキナワへいこう」が、12月21日に東京・ポレポレ東中野で公開される。

本作は、大阪・浅香山病院の精神科病棟に長期入院している患者たちが、沖縄旅行へ行くさまを捉えたドキュメンタリー。「生涯のうちに一度でいいから、沖縄へ行ってみたい」と願う患者・益田敏子と、その夢を叶えようとする看護師たち、さらに同行を名乗り出た患者・山中信也らの様子が映し出される。映画の中では、旅行計画と挫折、そして実際の旅行風景とその後も観ることができる。

取材ハードルが高いとされる精神病院に、雑誌「精神科看護」の撮影で初めて足を踏み入れ、患者たちを捉えた写真集「ひとりひとりの人」などを発表してきた大西。これまでに訪れた精神病院の数は200を超えている。ポレポレ東中野では、12月22日と23日、1月2日から4日に大西が舞台挨拶を実施する。

また同館では過去作「水になった村」が12月21日から28日にアンコール上映され、12月23日には大西と「東京干潟」の村上浩康がトークイベントを行う。詳細は劇場サイトで確認を。



(c)NPO法人kokoima

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_03bffbf9b8b9 oa-natalie-eiga_0_faf2d0f96cd0_毎日映画コンクール最多ノミネートは「火口のふたり」「蜜蜂と遠雷」全候補作発表 faf2d0f96cd0

毎日映画コンクール最多ノミネートは「火口のふたり」「蜜蜂と遠雷」全候補作発表

2019年12月20日 14:02 映画ナタリー

第74回毎日映画コンクールのノミネーションが発表された。

最多8ノミネートとなったのは、荒井晴彦の「火口のふたり」と石川慶の「蜜蜂と遠雷」。両作品とも日本映画大賞や監督賞にノミネートされ、「火口のふたり」は柄本佑が男優主演賞、瀧内公美が女優主演賞、「蜜蜂と遠雷」は松岡茉優が女優主演賞、鈴鹿央士がスポニチグランプリ新人賞の候補に選ばれている。

次いで阪本順治が監督を務め、稲垣吾郎が主演した「半世界」が7ノミネート。白石和彌がメガホンを取った「ひとよ」は6ノミネート、周防正行と成田凌がタッグを組んだ「カツベン!」は5ノミネートされた。また「宮本から君へ」は日本映画大賞のほか、池松壮亮が男優主演賞、蒼井優が女優主演賞、真利子哲也が監督賞の候補に挙がっている。全ノミネーションは以下に掲載した。

1935年から始まった「全日本映画コンクール」を前身とする毎日映画コンクールは、1946年に毎日新聞社とスポーツニッポン新聞社によって創設された映画賞。第74回の結果発表は1月下旬に行われ、表彰式は2月13日に神奈川・ミューザ川崎で開催される予定だ。

第74回毎日映画コンクール ノミネーション

日本映画大賞・日本映画優秀賞
「火口のふたり」 / 「新聞記者」 / 「ひとよ」 / 「蜜蜂と遠雷」 / 「宮本から君へ」

外国映画ベストワン賞
「グリーンブック」 / 「ジョーカー」 / 「象は静かに座っている」 / 「運び屋」 / 「バーニング 劇場版」 / 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

男優主演賞
池松壮亮「宮本から君へ」 / 稲垣吾郎「半世界」 / 柄本佑「火口のふたり」 / 香取慎吾「凪待ち」 / 成田凌「カツベン!」

女優主演賞
蒼井優「宮本から君へ」 / 岸井ゆきの「愛がなんだ」 / シム・ウンギョン「新聞記者」 / 瀧内公美「火口のふたり」 / 筒井真理子「よこがお」 / 松岡茉優「蜜蜂と遠雷」

男優助演賞
渋川清彦「半世界」 / 鈴木亮平「ひとよ」 / 成田凌「愛がなんだ」「さよならくちびる」 / 長谷川博己「半世界」 / 吉澤健「凪待ち」

女優助演賞
池脇千鶴「半世界」 / 市川実日子「よこがお」 / 片岡礼子「楽園」 / シム・ウンギョン「ブルーアワーにぶっ飛ばす」 / 松岡茉優「ひとよ」

スポニチグランプリ新人賞(男性)
佐藤結良「僕はイエス様が嫌い」 / 鈴鹿央士「蜜蜂と遠雷」 / 細田佳央太「町田くんの世界」 / 皆川暢二「メランコリック」 / YOSHI「タロウのバカ」

スポニチグランプリ新人賞(女性)
秋田汐梨「惡の華」 / 佐久間由衣「“隠れビッチ”やってました。」 / 関水渚「町田くんの世界」 / 玉城ティナ「惡の華」 / 森七菜「地獄少女」

田中絹代賞
蒼井優 / 天海祐希 / 風祭ゆき / 斉藤由貴 / 筒井真理子 / 風吹ジュン / 宮沢りえ

監督賞
荒井晴彦「火口のふたり」 / 石川慶「蜜蜂と遠雷」 / 今泉力哉「愛がなんだ」 / 阪本順治「半世界」 / 白石和彌「ひとよ」 / 真利子哲也「宮本から君へ」

脚本賞
荒井晴彦「火口のふたり」 / 片島章三「カツベン!」 / 片山慎三「岬の兄妹」 / 阪本順治「半世界」 / 詩森ろば、高石明彦、藤井道人「新聞記者」 / 高橋泉「ひとよ」

撮影賞
芹澤明子「旅のおわり世界のはじまり」 / 川上皓市「火口のふたり」 / クリストファー・ドイル「ある船頭の話」 / 鍋島淳裕「楽園」 / ピオトル・ニエミイスキ「蜜蜂と遠雷」

美術賞
我妻弘之「蜜蜂と遠雷」 / 磯田典宏「カツベン!」 / 磯見俊裕「楽園」 / 今村力「ひとよ」 / Enzo「人間失格 太宰治と3人の女たち」 / 上條安里「アルキメデスの大戦」

音楽賞
きだしゅんすけ「さよならくちびる」 / 佐藤直紀「アルキメデスの大戦」 / 篠田大介「蜜蜂と遠雷」 / 下田逸郎「火口のふたり」 / 周防義和「カツベン!」 / RADWIMPS「天気の子」

録音賞
久連石由文「蜜蜂と遠雷」 / 郡弘道「カツベン!」 / 鶴巻仁「さよならくちびる」 / 深田晃「火口のふたり」 / 藤本賢一「半世界」

アニメーション映画賞・大藤信郎賞
「ある日本の絵描き少年」 / 「鬼とやなり」 / 「海獣の子供」 / 「きみと、波にのれたら」 / 「くじらの湯」 / 「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」 / 「サイシュ~ワ」 / 「『四月』Pieces of April」 / 「深海の紅」 / 「絶望の怪物」 / 「創造的進化」 / 「澡堂的象―浴場の象―」 / 「空の青さを知る人よ」 / 「天気の子」 / 「FIREHEAD」 / 「薄暮」 / 「HELLO WORLD」 / 「プロメア」 / 「マイリトルゴート」 / 「めかくれ」 / 「ゆめみのえ」

ドキュメンタリー映画賞
「i-新聞記者ドキュメント-」 / 「馬ありて」 / 「えんとこの歌 寝たきり歌人・遠藤 滋」 / 「蟹の惑星」 / 「春画と日本人」 / 「新宿タイガー」 / 「だってしょうがないじゃない」 / 「牧師といのちの崖」

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_03bffbf9b8b9 oa-natalie-eiga_0_b072adac8c90_本番中にスマホが…ハリウッド版「最強のふたり」NGシーン満載のメイキング映像 b072adac8c90

本番中にスマホが…ハリウッド版「最強のふたり」NGシーン満載のメイキング映像

2019年12月20日 14:00 映画ナタリー

本日封切られた「THE UPSIDE/最強のふたり」のメイキング映像がYouTubeで公開された。

フランス映画「最強のふたり」をハリウッドでリメイクした本作は、刑務所上がりの青年と、障害を持つ富豪の交流を描く物語。スラム街出身の主人公デルを「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のケヴィン・ハート、全身まひの富豪フィリップをドラマ「ブレイキング・バッド」のブライアン・クランストンが演じる。

映像にはNGの瞬間などを収録。撮影の合間にしばしばスマートフォンをいじっていたハートが本番中にうっかり鳴らしてしまい「皆プロに徹しようよ、いいね?」とごまかす様子や、クランストンがカメラをさえぎる子役にふざけながら注意する姿が捉えられた。

なお本作には、フィリップの秘書イヴォンヌ役でニコール・キッドマンも出演。クランストン、キッドマンとの共演について、ハートは「セット以外での彼らに驚いたよ。セットではハイレベルな職人だし、とびきり最高。でもカメラが回っていないときは、個性が半端なくてもっと最高! ニコールは優しい人で、僕らはテイクの合間もジョークを言い合った。ブライアンも気が合って今では友達だよ。素晴らしい撮影期間だったね」と語っている。

「幻影師アイゼンハイム」のニール・バーガーが監督を務めた「THE UPSIDE/最強のふたり」は全国で公開中。


(c)2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

外部リンク