cat_oa-natalie-eiga_issue_03bffbf9b8b9 oa-natalie-eiga_0_03bffbf9b8b9_清野菜名×横浜流星の新ドラマ「シロクロ」場面写真が一挙解禁 03bffbf9b8b9 03bffbf9b8b9 清野菜名×横浜流星の新ドラマ「シロクロ」場面写真が一挙解禁 oa-natalie-eiga

清野菜名×横浜流星の新ドラマ「シロクロ」場面写真が一挙解禁

2019年12月20日 20:00 映画ナタリー

清野菜名と横浜流星が共演するドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」より、新場面写真が公開された。

驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと彼女を操る男・飼育員さんが、闇に隠された真実を暴く本作。弱気な囲碁棋士とミスパンダという2つの顔を持つ川田レンを清野、メンタリストNとしてテレビにも出演する森島直輝 / 飼育員さんを横浜が演じる。要潤、白石聖、山崎樹範、山口紗弥加、佐藤二朗もキャストに名を連ねた。

場面写真には、直輝がレンの前でパンケーキにシロップをかける様子や、要演じるディレクターの神代一樹、白石扮する報道記者・佐島あずさ、山口演じるレンの母親・麻衣子の姿などが切り取られている。

佐藤友治と蛭田直美が脚本、遠藤光貴が監督を担当する「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」は、1月12日に日本テレビ系でスタート。毎週日曜22時30分より放送される。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

日本テレビ系 2020年1月12日(日)スタート 毎週日曜 22:30~23:25

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_03bffbf9b8b9 oa-natalie-eiga_0_2f3f861a6e15_大倉忠義が成田凌に「好き好き言われると恥ずかしい」、思い出は“ジャニーズの前髪” 2f3f861a6e15 2f3f861a6e15 大倉忠義が成田凌に「好き好き言われると恥ずかしい」、思い出は“ジャニーズの前髪” oa-natalie-eiga

大倉忠義が成田凌に「好き好き言われると恥ずかしい」、思い出は“ジャニーズの前髪”

2020年10月30日 17:01 映画ナタリー

「窮鼠はチーズの夢を見る」の大ヒット記念舞台挨拶が本日10月30日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、主演の大倉忠義(関ジャニ∞)と監督の行定勲が登壇した。

水城せとなのマンガを実写映画化した本作は、学生時代から受け身の恋愛を繰り返してきた主人公・大伴恭一と、彼に一途なアプローチを繰り返す今ヶ瀬渉の揺れ動く恋模様を描く物語。恭一役を大倉、今ヶ瀬役を成田凌が務めた。

9月11日に封切られ、興行収入が現時点で7億円を突破した本作。大倉は「自分で言うのもなんですが、代表作になればいいな」と作品への思いを語る。脚本の執筆段階から恭一役には大倉が想定されていたそうで、行定は声に魅力を感じたと述べたあと「常にちょっと謎めいていて説明的じゃない感じがあった。無自覚な色気がある人がいいと思って」とキャスティング理由を説明する。それを受けて大倉は「ありがたいですよね」と感謝しつつ「(自分のことを)本当の本当は誰も知らないというのがうれしくてたまらない。もう一生かけて見つけてほしい」と笑った。

そして大倉は、先頃行われた舞台挨拶で成田が自身について愛情たっぷりに語っていたことに触れて「僕も好きなんですけどね。好き好き言われるとちょっと恥ずかしいんですよ」とぽつり。成田が撮影の合間に見せる素顔に関しては「すごいかわいかったですよ」とコメントし、「ジャニーズフリークで『ジャニーズ独特の前髪に憧れてたんですよ』『一本だけ垂らしてこう分けるのってジャニーズの定番でしょ? これ、学生のときに真似してたんですよ』と熱く語っていて。そういえば自分もデビュー当時そういう髪型をしていたな」と思い出深いエピソードを披露した。

イベントでは、サプライズで行定が大倉へ手紙を贈る場面も。MCによって「時に感情が抜け落ちたような表情が大人の色気を放っていた俳優・大倉の今後の活躍に期待せずにはいられません」「またみんなが驚く役を一緒に作りたいと思っています」とのメッセージが読み上げられると、大倉は「思い返せばいろいろありましたね」と感慨深げな表情を見せ、「行定さんと出会えたのは大事なご縁。成田くんともまた違う作品で共演したいですねと話していました」と2人との再タッグに期待した。

「窮鼠はチーズの夢を見る」は全国の劇場で上映中。

※「窮鼠はチーズの夢を見る」はR15+指定作品



(c)水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_03bffbf9b8b9 oa-natalie-eiga_0_e1a1d23a9952_浅野忠信が白洲次郎演じる「日本独立」12月公開、共演に宮沢りえ、小林薫、柄本明 e1a1d23a9952 e1a1d23a9952 浅野忠信が白洲次郎演じる「日本独立」12月公開、共演に宮沢りえ、小林薫、柄本明 oa-natalie-eiga

浅野忠信が白洲次郎演じる「日本独立」12月公開、共演に宮沢りえ、小林薫、柄本明

2020年10月30日 17:00 映画ナタリー

浅野忠信が白洲次郎を演じる「日本独立」が12月18日に公開決定。宮沢りえ、小林薫ら18名の出演が発表された。

本作は第2次世界大戦直後、GHQ占領下にあった日本を舞台にした人間ドラマ。米国主導で憲法改正を推し進めるGHQに抵抗し一刻も早い独立を目指した白洲と吉田茂を中心に、終戦から憲法制定、主権回復に至る歴史の裏側を、日米双方の視点から描く。「女囚さそり」シリーズや「ロストクライム -閃光-」で知られる伊藤俊也の7年ぶりの長編劇映画となる。

宮沢が白洲の妻・正子、小林が吉田を演じるほか、国務大臣・松本烝治に柄本明、戦艦大和からの生還者・吉田満に渡辺大、満の母・ツナに浅田美代子、元内閣総理大臣・近衛文麿に松重豊、内閣総理大臣・幣原喜重郎に石橋蓮司が扮した。またアダム・テンプラー、ロバート・D・ヒース・ジュニア、ベネディクト・セバスティアン、伊武雅刀、佐野史郎、大鶴義丹、青木崇高、梅宮万紗子、野間口徹、奥田瑛二も出演する。

1998年公開「プライド 運命の瞬間」で東京裁判を描いたのち、日本国憲法の成立に関わる映画を作りたいと思い立ったという伊藤。20年越しの映画化に「今もって日本の憲法9条をめぐる問題には、平和条項とか永久平和とか、憲法成立時に作られたある種の美名の中に包み込まれていて、多くの日本人が誤解しているということが、今の曖昧な日本、そして国の形を作っているのだという強い思いがあります。本作がようやく世に出るということは、とても意義があることだと思ってます」とコメントしている。

「日本独立」は東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国で順次ロードショー。浅野、宮沢、小林によるコメントは下記に掲載した。

浅野忠信 コメント

ダンディで魅力的な白洲次郎さんを演じることにワクワクしたのを覚えています。彼の情熱やピュアな面に想像を膨らませて役作りさせていただきました。あの当時、いち早く世界に目をむけ、語学にも長けていて、外国の方とも対等にやり合うところに興味を持ちました。僕自身、アメリカの血も入っていて子供の頃から外国に興味があったので、そういう部分では共通する部分があったのかもしれません。神戸での撮影はとても素敵な時間でした。監督に感謝します。白洲さんの熱い生き方から何か受け取っていただけたら嬉しいです!

宮沢りえ コメント

当時その場所が本当にそこに存在していたんだろうと思うような素敵なロケ場所で撮影をして、そこの空気感に馴染むように自然と正子さんになれたような気がします。この脚本を読んで目から鱗が落ちた、という、この感覚が観てくれた人達に伝わりますように。

小林薫 コメント

当時の背景や歴史上のことなどはわからないことも多いので、ある意味監督にお任せして楽しみながらやれたらいいかなという想いで演じました。
今回登場する人物のなかでも吉田茂という人は、顔つきから人物像からよく知られているので、あまりにも顔付が違ったりしてると、いくらなんでもあれは吉田じゃねえ、となっちゃうのもやりにくいなと思っていたんですよね。それで冗談ぽく「とりあえず吉田さんにしてください」というのでこういうメイクになったんですけどね(笑)。まあ、そういう言い方するとあれですけど、見た目から入ったというところはあるかもしれませんね。

伊藤俊也 コメント

「プライド 運命の瞬間」(98)で東京裁判を描いた際、主人公の東条を取り上げることとか、東条の罪を描かずして人間性を描いた、とか、いろいろ批判は受けたのですが、日本の戦後における二大事件の一つである、極東国際軍事裁判がどのようなものであったかを描いたつもりです。その後、どうしてももう一つ事件である日本国憲法の成立に関わる映画を作りたいと思いまして、2000年のはじめに発想し、「日本独立」の基となるシナリオを作ったのです。以来、17~18年もの間、企画が浮上してはダメになったりの経過を繰り返し、ようやく今回映画化が実現しました。
今もって日本の憲法9条をめぐる問題には、平和条項とか永久平和とか、憲法成立時に作られたある種の美名の中に包み込まれていて、多くの日本人が誤解しているということが、今の曖昧な日本、そして国の形を作っているのだという強い思いがあります。本作がようやく世に出るということは、とても意義があることだと思ってます。

(c)2020「日本独立」製作委員会

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_03bffbf9b8b9 oa-natalie-eiga_0_67e5e248ced8_「ディエゴ・マラドーナ 二つの顔」新公開日は来年4月、監督のコメント動画も解禁 67e5e248ced8 67e5e248ced8 「ディエゴ・マラドーナ 二つの顔」新公開日は来年4月、監督のコメント動画も解禁 oa-natalie-eiga

「ディエゴ・マラドーナ 二つの顔」新公開日は来年4月、監督のコメント動画も解禁

2020年10月30日 17:00 映画ナタリー

「ディエゴ・マラドーナ 二つの顔」の新たな公開日が2021年4月2日に決定。東京・新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開される。

本作はかつて“神の子”と呼ばれたアルゼンチン出身の元サッカー選手ディエゴ・アルマンド・マラドーナのドキュメンタリー。「アイルトン・セナ ~音速の彼方へ」「AMY エイミー」のアシフ・カパディアが監督を務め、500時間にも及ぶ未公開映像をもとに栄光と転落を繰り返すマラドーナの波瀾万丈な人生を映し出す。

本日10月30日はマラドーナの60歳の誕生日。映画は当初6月5日に封切られる予定だったが、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて公開延期になっていた。このたび公開された映像の中でカパディアは「マラドーナファンの観客の皆さん、もう少しお待ちください。皆さんが本作を楽しんでくださると、とても嬉しいです。パンデミックは続いていますが、皆さんの無事を願っています」と日本の観客に向けてメッセージを送っている。



(c)2019 Scudetto Pictures Limited

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_03bffbf9b8b9 oa-natalie-eiga_0_c940733fc9b0_第21回東京フィルメックスが開幕、万田邦敏と仲村トオル4回目のタッグに自信 c940733fc9b0 c940733fc9b0 第21回東京フィルメックスが開幕、万田邦敏と仲村トオル4回目のタッグに自信 oa-natalie-eiga

第21回東京フィルメックスが開幕、万田邦敏と仲村トオル4回目のタッグに自信

2020年10月30日 16:17 映画ナタリー

第21回東京フィルメックスが本日10月30日に開幕。東京・有楽町朝日ホールで特別招待作品「愛のまなざしを」がオープニング上映され、キャストの仲村トオル、杉野希妃、中村ゆり、片桐はいり、監督の万田邦敏が舞台挨拶に登壇した。

「愛のまなざしを」は6年前に妻を失った精神科医・貴志と、謎めいた患者・綾子を軸としたスリリングなラブストーリー。万田は「出演者の皆さんがとてもいい。今日参加してくださった方々、そして斎藤工さん。出演シーンが少ない人もそれぞれいいので、ぜひ注目していただきたい」と観客に呼びかける。仲村と万田が組むのは「UN LOVED」「ありがとう」「接吻」に続く4作目。本日のために「UN LOVED」のメイキング映像を観返してきたという仲村は「当時は(監督が)怖かった。『答えはこれしかないです』という感じできっぱり演出されていたので」と打ち明ける。「でも今回は『答えはこれしかないんですよ、へへっ』と演出してくださった(笑)。完成した作品は皆さんの期待以上のものになっているはずです」と自信をのぞかせた。

プロデュースも担当した杉野は「監督のファンで、本作でも万田監督節を思い切りだしていただきたいと思っていました。実際にご一緒して、今までなかったことを求められて新鮮でしたし、エキサイティングな現場でした」と回想。中村も「監督が描きたいものが明確で身を委ねるだけだったので、万田ワールドを体験できて楽しかったです」と撮影の日々をうっとりと振り返る。

片桐はかねてより仲村ファンであることを公言しており、「仲村さんが出ている映画は観ていました」と万田作品にも触れてきたことを明かす。「トオルさんに(監督が)怖いと聞いていたので、どんな目に遭うんだろうと構えていて(笑)。最初の撮影で、ちょっと今の違ったかも……と思っていたら『ちょっと違いますね!』とおっしゃられたので、これは監督の言うことに従おうと。まだ完成版を観ていないのですが、今日ここに呼ばれたということは(出演シーンを)カットされていないようです」とホッとしたように語った。

アジアを中心に世界各国の独創的な作品を厳選して上映する東京フィルメックス。舞台挨拶の前には開会式が行われ、映画祭ディレクターの市山尚三が「なんとか今日この日を迎えることができました」と感謝の意を示した。また審査委員長でもある万田は「審査員はまだ誰も作品を観ておりません。お客さんと一緒に会期中に1本ずつ観ていきます。どのような作品に巡り合えるのかとても楽しみにしています」と期待を口にした。ほかに映画評論家のクリス・フジワラ、アンスティチュ・フランセ日本の映画プログラム主任・坂本安美、プロデューサーのエリック・ニアリ、映画評論家のトム・メスがコンペティション部門の審査員を務める。

第21回東京フィルメックスは本日10月30日から11月7日にかけて有楽町朝日ホールほかで開催。

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_03bffbf9b8b9 oa-natalie-eiga_0_fc9ea31c4517_SixTONES森本慎太郎、森本役で森本らしさ出す主演ドラマに「楽しみだー!」 fc9ea31c4517 fc9ea31c4517 SixTONES森本慎太郎、森本役で森本らしさ出す主演ドラマに「楽しみだー!」 oa-natalie-eiga

SixTONES森本慎太郎、森本役で森本らしさ出す主演ドラマに「楽しみだー!」

2020年10月30日 16:00 映画ナタリー

森本慎太郎(SixTONES)主演のオリジナルドラマ「森本刑事のオジさん監察日記」が、11月2日22時24分からFODで配信される。

本作は、フジテレビ系“月9”枠「監察医 朝顔」のスピンオフドラマ。森本慎太郎扮する若手刑事の森本琢磨が1人暮らしをしているマンションに「よ。オレオレ」と母の弟・秋山丈一が訪ねてくるところから始まり、彼らのトラブルばかりの同居生活が描かれる。かもめんたるの岩崎う大が脚本を手がけ、丈一役も務めた。劇中には戸次重幸ら野毛山署の強行犯係チームのキャストも参加する。

森本慎太郎は「すごく嬉しかったです! 楽しみだー!って思いました。森本が森本を演じて出る森本らしさが、本編の『監察医 朝顔』とはまた一つ違った味が出せたらな!と思いました!」と、岩崎は「思いっきりコメディですが、だからこそにじみ出る人間臭さも楽しんでください!! 」とコメント。チーフプロデューサーの金城綾香は「昨年の第1シーズンの収録中からどんどん成長する森本刑事を、スタッフみんなで応援してきました」と思いを述べ、「森本さんご自身の無邪気さをう大さんが魅力的に物語に起こしてくださり、困り顔をいっぱい見ることができるスピンオフです」と本作について語った。

なお上野樹里主演の「監察医 朝顔」は11月2日より毎週月曜21時からオンエア。初回は30分拡大で放送される。

森本慎太郎 コメント

「森本刑事のオジさん監察日記」の話を聞いた際の感想

すごく嬉しかったです! 楽しみだー!って思いました。森本が森本を演じて出る森本らしさが、本編の「監察医 朝顔」とはまた一つ違った味が出せたらな!と思いました!

視聴者へのメッセージ

本編とスピンオフの森本琢磨のオンとオフの違い。おじちゃんと森本の、息の合ってるか合ってないのか分からないやりとり。クスッとしたり、ラフに楽しめるドラマになっていると思いますので、憎めない森本とおじちゃんをお楽しみください!

岩崎う大 コメント

「森本刑事のオジさん監察日記」の話を聞いた際の感想

脚本の依頼を頂いた時は、“僕でいいのかなぁ??”と思いながら、お受けしたのですが、打ち合わせを重ねるうちに僕も出られることになって。まさかの森本刑事の相手役にまでなってしまい、ますます“僕でいいのか!?”という状態でした(笑)。

視聴者へのメッセージ

とにかく魅力的な森本刑事のキャラクターを知ってもらえたら嬉しいです。思いっきりコメディですが、だからこそにじみ出る人間臭さも楽しんでください!! 森本刑事と丈一おじちゃんの掛け合いは必見です!

金城綾香(チーフプロデューサー)コメント

昨年の第1シーズンの収録中からどんどん成長する森本刑事を、スタッフみんなで応援してきました。月9ドラマ史上初の2クールという長い間放送させていただくにあたって、またその長い期間に森本刑事がどれくらい成長するのか、本編のドラマでは描けないコメディタッチで新しいストーリーにしたいと考え、今回のスピンオフドラマを企画しました。今までご一緒したことのない作家さんに、新しく「監察医 朝顔」を構築していただきたいと思い、岩崎う大さんに執筆をお願いし、ご快諾をいただけまして、本当に幸せを感じています。森本さんご自身の無邪気さをう大さんが魅力的に物語に起こしてくださり、困り顔をいっぱい見ることができるスピンオフです。本編の山倉係長(戸次重幸さん)など、強行犯係チームも登場しています! 第1シーズンをご覧になっていない方も、ぜひこのスピンオフをきっかけに、「監察医 朝顔」を知っていただきたいです。ドラマ&スピンオフドラマどちらも楽しめる11月2日を、ぜひ楽しみにしていただきたいです。

(c)フジテレビ

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_03bffbf9b8b9 oa-natalie-eiga_0_949c5ac274d5_ゾンビVS奇跡の免疫力を持つ人間、「ブラッド・ブレイド」予告公開 949c5ac274d5 949c5ac274d5 ゾンビVS奇跡の免疫力を持つ人間、「ブラッド・ブレイド」予告公開 oa-natalie-eiga

ゾンビVS奇跡の免疫力を持つ人間、「ブラッド・ブレイド」予告公開

2020年10月30日 15:00 映画ナタリー

カナダ映画「ブラッド・ブレイド」の予告編がYouTubeで公開。ポスタービジュアルと新たな場面写真も到着した。

感染すると生ける屍となり人間に襲いかかる謎のウイルスが大流行している世界を舞台とした本作。奇跡的に強力な免疫を持つ一部の人々だけが生き延び、リーダーのトレイラーを中心として居留地レッド・クローに集落を形成していた。ある日、3名の生存者が集落に助けを求めて逃げ込んでくる。息子ライソールの反対を無視して彼らを迎え入れるトレイラー。しかし、この決断が生き残りを懸けた壮絶な戦いを招くことになる。

主人公のトレイラーを演じたのはドラマ「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」などに出演しているマイケル・グレイアイズ。「レヴェナント:蘇えりし者」のフォレスト・グッドラック、「エクリプス/トワイライト・サーガ」のキオワ・ゴードンもキャストに名を連ねた。

ジェフ・バーナビーが監督と脚本を担当した「ブラッド・ブレイド」は、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で開催される「ワールド・エクストリーム・シネマ2020」の1本として12月11日に公開。なお大阪のシネ・リーブル梅田でも同企画の開催が決まっており、日程は後日発表される。

※「ブラッド・ブレイド」はR15+指定作品



(c)2019 BLOOD QUANTUM

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_03bffbf9b8b9 oa-natalie-eiga_0_5cd14149298c_UPLINKパワハラ問題、訴訟外で和解協議が合意に至り双方声明発表 5cd14149298c 5cd14149298c UPLINKパワハラ問題、訴訟外で和解協議が合意に至り双方声明発表 oa-natalie-eiga

UPLINKパワハラ問題、訴訟外で和解協議が合意に至り双方声明発表

2020年10月30日 14:41 映画ナタリー

映画配給会社UPLINKおよび関連会社の元従業員5人が、同社の代表・浅井隆からパワーハラスメントを受けたとして、損害賠償を求める訴訟を6月16日に提起していたが、本日10月30日、訴訟外での和解協議が合意に至ったことがわかった。

浅井による従業員への人格否定や恫喝といったパワハラが長期にわたり日常的に行われていたとして、東京地方裁判所に提訴された浅井およびUPLINK。このたび和解協議が合意に至ったことを受け、UPLINK公式サイトにて今後の対応に関する声明が発表された。

浅井は「あらためてこの場でも、今回提訴した元従業員の方々、そして、そのほかの元従業員のみなさん、現在勤務している従業員のみなさんに対して、これまでの私の対応によって傷つけたことを深く謝罪いたします」と記し、「今回の提訴を受け、改めてハラスメントは人の尊厳に関する問題であるということを認識し、自分自身の課題として、向き合ってきました。今回の合意をハラスメントのない会社の仕組みを作るスタートとして捉え、アップリンクに関わるすべての方々が働きやすい職場作りを目指していきます」とコメント。具体的な対応として「外部の専門家による相談体制」「通報制度・窓口の設置」「第三者委員会の設置」「社内体制の改革・スタッフとの定期的な協議」「取締役会の設置」「アンガーマネージメントについてのセミナー、カウンセリングへの参加」に取り組むと説明している。

一方、元従業員を対象にした被害者の会「UPLINK Workers' Voices Against Harassment」の公式Twitterでも声明が発表された。和解協議が合意に至ったとしながらも「私たち原告は、『円満』にも、そして『全ての問題が解決した』とも考えておりません」とつづり、7月末に浅井より直接謝罪を受ける機会が設けられたことを説明。当時のことを「浅井氏は、原告の私たちの発言を数度にわたって遮り、まるで他人事であるかのように自身の加害行為について分析し、原告の訴えた被害から目を背ける持論を展開しました。また被害の訴えを『勘違い』であると受け取り方の問題にすり替える発言もありました。このような態度は、アップリンク在籍時に浅井氏から受けたハラスメントを想起させました」と振り返っている。しかし裁判という形が、望む結果を獲得する手段にならないという考えに至ったことを述べ、UPLINKに在籍するスタッフの負担が軽減する仕組みを作るために、条件を提示しその合意を得ることを優先したと言及。

さらに声明の中では提訴後の映画関係者の沈黙と二次的加害についても触れており、「深刻なパワハラが繰り返されてきたことが明らかになってもなお、沈黙を続けるのは何故でしょうか。『作品に罪はない』と問題を矮小化させてしまう発言をするのは何故でしょうか。加害者を擁護するため、被害者である私たちの発言を否定したのは何故でしょうか」と疑問を投げかけている。続けて「尊厳を犠牲にすることを前提とした働き方が日本の映画業界を支えているのだということを、そしてその問題から目を背けたあなたの言葉や行動が、時に人を死に追い詰め、誰かの人生を奪っているのだという事に気付いてください」と訴え、「アップリンクで働いている中で受けた傷はもちろんのこと、提訴後のアップリンク側の不誠実な対応や映画業界の沈黙や二次被害によって受けた傷は未だに癒えていません。これまでと同じように、それぞれが背負った傷とともに日常を生きていきます」と思いを伝えた。

浅井隆 コメント

6月にお知らせした元従業員の方々に提訴された件について、直接の謝罪の機会を経て、その後、訴訟外での和解協議が合意に至ったことを、これまでアップリンクを支えて下さったお客様、関係者の皆様にご報告します。
あらためてこの場でも、今回提訴した元従業員の方々、そして、そのほかの元従業員のみなさん、現在勤務している従業員のみなさんに対して、これまでの私の対応によって傷つけたことを深く謝罪いたします。

今回の提訴を受け、改めてハラスメントは人の尊厳に関する問題であるということを認識し、自分自身の課題として、向き合ってきました。
今回の合意をハラスメントのない会社の仕組みを作るスタートとして捉え、アップリンクに関わるすべての方々が働きやすい職場作りを目指していきます。私だけでなく、アップリンクという組織全体でも徹底していきたく思います。

以前にもお伝えしたハラスメントに対する具体的な対応は、今回あらためて見直したものも含め次の通りです。

●外部の専門家による相談体制
ハラスメントを相談できる体制として、弁護士など専門家が参加する外部窓口を設けます。

●通報制度・窓口の設置
アップリンクの社内には、すべての従業員が相談できる窓口として、「ハラスメントフリー委員会」を設けました。

●第三者委員会の設置
元従業員の方々からの提案により定められた第三者委員会を設置し、社外の方々の視点も取り入れ、ハラスメントフリーに向けた体制を作ります。

●社内体制の改革・スタッフとの定期的な協議
企業としての組織体制を見直し、これまで曖昧だった配給宣伝、映画興行、映画関連事業など各部署の事業範囲を明確にし、そこに責任者として部長を任命し、トップダウンではなく各事業部署ごとに運営し、円滑に業務を遂行するマネージメント体制を作っていきます。

●取締役会の設置
既に社外取締役を招く準備を進めており、複数の役員で会社の経営を行なっていきます。

●アンガーマネージメントについてのセミナー、カウンセリングへの参加
代表の私は既にアンガーマネージメントのセミナーに参加しましたが、この後、ハラスメント防止に関する研修も受けてまいります。こちらは、上司となる立場のスタッフにもハラスメント防止に関する研修を受けてもらいます。また従業員全員にハラスメントとは何かという研修を行います。

アップリンクは社会の均質化に抗い、問題提起していくことを目指した組織です。言うまでもなく、まず自分たちの組織の中で実現できてこそ、その目指す姿は成り立つものです。あらためてその原点に立ち返ります。

今回の件で、アップリンクを応援してくださった皆様に残念な思いをさせてしまったこと、申し訳ありませんでした。
アップリンクは、自社の配給作品、また多様な作品を上映する映画館の運営に共感や、関心を寄せてくださったすべての方に育てていただきました。
そのご期待に反することがないよう、これからも応援していただける組織に変わります。
これからのアップリンクを、厳しい目で育て、見守っていただけるよう、お願いいたします。

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_03bffbf9b8b9 oa-natalie-eiga_0_abf39317c705_「ゴーストバスターズ」×リーボック、スニーカーやジャンプスーツなど登場 abf39317c705 abf39317c705 「ゴーストバスターズ」×リーボック、スニーカーやジャンプスーツなど登場 oa-natalie-eiga

「ゴーストバスターズ」×リーボック、スニーカーやジャンプスーツなど登場

2020年10月30日 13:32 映画ナタリー

「ゴーストバスターズ」とリーボックがコラボしたスニーカーやアパレルコレクションが、明日10月31日に発売される。

このコラボは、シリーズ最新作「ゴーストバスターズ/アフターライフ」が2021年に公開されることを記念したもの。「GHOST SMASHER(ゴーストスマッシャー)」と名付けられたスニーカーは、かかと部分に取り外し可能なフェイクのプロトンパックが付けられている。「CL LEATHER(クラシックレザー)」のスニーカーでは、ゴーストバスターズの面々が着用しているジャンプスーツをイメージし、その素材に似たベージュのボディに。タンの部分にはおなじみのゴーストのマークがデザインされており、かかとの靴底には黒と黄のストライプが配された。

さらに、数量限定のジャンプスーツや、ロングスリーブTシャツ、Tシャツも用意。商品はリーボックのオンラインショップや直営店、atmosオンラインショップ、一部のABCマートやBILLY'S ENTの実店舗で販売される。

外部リンク

cat_oa-natalie-eiga_issue_03bffbf9b8b9 oa-natalie-eiga_0_98d02efc09c9_瀧内公美主演「由宇子の天秤」が釜山国際映画祭で受賞、監督や片渕須直ら喜び語る 98d02efc09c9 98d02efc09c9 瀧内公美主演「由宇子の天秤」が釜山国際映画祭で受賞、監督や片渕須直ら喜び語る oa-natalie-eiga

瀧内公美主演「由宇子の天秤」が釜山国際映画祭で受賞、監督や片渕須直ら喜び語る

2020年10月30日 13:00 映画ナタリー

瀧内公美の主演作「由宇子の天秤」が、第25回釜山国際映画祭のニューカレンツ部門最高賞となるニューカレンツアワードを獲得した。

「かぞくへ」で知られる春本雄二郎が監督を務めた本作の主人公は、ドキュメンタリー監督として活動する由宇子。女子高生自殺事件を追う彼女が、学習塾を経営する父・政志から衝撃的な事実を聞かされ、究極の選択を迫られるさまを描く。瀧内が由宇子、光石研が政志を演じた。

長編2作目までの新人監督の作品が対象となるニューカレンツ部門。春本は「この受賞を糧に本作がより多くの人に観てもらえるように務めたいと思います。そしてこの大変な状況の中、映画祭を最後までやり遂げられたスタッフの皆様、そして観客の皆様に、改めて感謝を申し上げます」と述べた。

本作にプロデューサーとして参加した片渕須直は「春本監督が書く脚本を眺める、というのが主な仕事だったのですが、そうした初期の段階からすでにこの作品は、主題的にも、表現的にも重要なものとなるだろう、と予感させられるに十分なものでした」と称賛し、「介添え役としても、喜び一入です」と受賞を喜んだ。光石と、同じくキャストの河合優実、梅田誠弘のコメントは下記に掲載している。

「由宇子の天秤」は2021年に公開予定。本日10月30日に開幕する第21回東京フィルメックスのコンペティション部門にも出品されている。

片渕須直 コメント

いろいろな縁があって、春本雄二郎監督の第二作にプロデューサーという肩書で参加させていただいています。春本監督が書く脚本を眺める、というのが主な仕事だったのですが、そうした初期の段階からすでにこの作品は、主題的にも、表現的にも重要なものとなるだろう、と予感させられるに十分なものでした。形になった映画が、様々な賞を得て、さらに今回は釜山国際映画祭のニューカレンツ部門で最高賞を受賞する栄誉を受けたという報せは、介添え役としても、喜び一入です。まさに春本監督の面目躍如です。

光石研 コメント

この度は釜山国際映画祭、ニューカレンツアワード受賞、おめでとうございます。クランクインの前からリハーサルを重ね、春本監督の並々ならぬ想いを受け作品に挑みました。春本監督、本当におめでとうございます。

河合優実 コメント

「由宇子の天秤」が由緒ある賞を受賞し、また自分がこの映画の一部になれたこと、大変光栄に思います。
萌という役を立ち上げる事に共に真摯に向き合って下さった春本監督、至らない所ばかりの私にずっと親身に寄り添って下さった瀧内さんを始め、キャストの皆様、すべてのスタッフの皆様、そして「由宇子の天秤」を観て下さった皆様に、改めて、心より感謝申し上げます。

梅田誠弘 コメント

釜山国際映画祭という素晴らしい舞台での授賞は言葉になりません。本当に嬉しいです。これを機にこの作品がさらに力を増し、あらゆる視点から世界の人々に議論されるものになっていくことを願います。

春本雄二郎 コメント

大変栄誉ある賞を本作に与えていただき審査員の皆様に感謝を申し上げます。本作は、私自身がイチから製作資金を集めて作った正真正銘のインディペンデント映画であり、まだほとんどの人々に存在を知られていない状況です。劇中で、ドキュメンタリー監督である主人公が、社会的に虐げられている人に対し、「私は光をあてることができます」と言います。まさに、映画祭における賞は、小さな作品にとって、大きな光、であります。この受賞を糧に本作がより多くの人に観てもらえるように務めたいと思います。そしてこの大変な状況の中、映画祭を最後までやり遂げられたスタッフの皆様、そして観客の皆様に、改めて感謝を申し上げます。



(c)2020 映画工房春組

外部リンク