cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_2447bf6f355a_ワーママがどっと疲れを感じる「夫からの言葉」 2447bf6f355a

ワーママがどっと疲れを感じる「夫からの言葉」

2018年3月23日 19:00 ママスタ

働いているママは、会社で仕事、家に帰ってからも家事育児という仕事に追われています。やるべきことは山のようにあり、なかなか自分の時間を確保することは難しいもの。そんな「ママの大変さ」を世の夫たちはわかっているのでしょうか?
ワーキングママの1日 スケジュール例

筆者は今でこそフリーランスで執筆活動を行っていますが、子どもが1人の頃はフルタイムで外勤していました。そのときの平日のスケジュールはこんな感じです。

5:00 起床・朝食&夕食作り、洗濯機を回す
6:00 夫と子ども起床、洗濯物干し(夫はお風呂掃除、ゴミ捨てなど)
7:00 朝食、保育園の準備、身支度
8:00 保育園に子どもを預ける
8:30 会社到着・業務開始
17:30 退社
18:00 保育園お迎え
18:30 帰宅、夕食、片付け
19:30 お風呂
20:30 寝かしつけ
21:00 子ども就寝、洗濯物片付け、軽く部屋の掃除
22:30 自分就寝

毎日この通りかと言われると、実際にはまちまちです。子どもは5時台に起きてくることもありますし、夫が帰ってくる時間次第でスケジュールも左右されます。掃除や買い物を平日に済ますことが難しく、週末に行うことがほとんどです。

自分の時間と言えば、会社でのお昼休みの1時間と寝る前の少しの時間。「やりたいこと」や「やるべきこと」があるのはわかっていても、なかなか思うように行かないのが家族のいる生活でしょう。このあたりは専業主婦であっても同じような思いではないでしょうか。

特に子どもが1人目のときは、子どもがいる生活にも慣れていませんから毎日クタクタです。一方で夫はというと、子どもがいるので生活面では変わったのでしょうが、仕事のスタイルが変わらないという方が見受けられます。妻の苦労を心から理解している夫は少ないのかもしれません。
そんなときに夫に言われると「どっと疲れる言葉」

筆者の周りでも、夫の心ない一言に疲れを感じているワーママがいます。仕事に育児に家事にがんばる妻へ、夫はどのような言葉をかけてくるのでしょうか。
(1)「休日くらい休ませて」
『土日であっても子どもは朝から元気。大人はクタクタだけど起きないわけにはいかず、私は早朝から子どもの相手をし、少しでもと夫を寝かせているのに、お昼前になっても起きてこない。
お昼ごはんの準備時や家の掃除をするときくらい、外に出て子どもと一緒に遊んできてほしいのに、夫の返しは“休日くらい休ませてよ”。こっちからすると“はぁ!?”って感じ。私は24時間365日休みなく動いてるんだ!』
妻が夫を気遣っているのに、この夫の気遣いのなさ。ぐったりしてしまいますね。
(2)「ごはんまだ?」
筆者の知人のワーママは、これを言われて疲れが倍増したようで……。
『うちでは保育園に子どもを迎えに行って、帰ってから夕飯の支度に取り掛かってます。子どもの相手しながらの料理は、思うように進まなくて結構イライラもしますが……。

そんなときに夫が帰ってきたら、子どもの面倒見てもらえて助かります。でも少し経つと夫から“ごはんまだ?”って言われて。え、今やってるじゃんって感じ。それまで私が子どもの相手してたから夕飯作りも遅れてるわけだし……。だったら自分で勝手に食べてよ、大人なんだから、って思っちゃいますね』
仕事を終えて家に帰ってきて、ほっとする暇もない妻に対し、夫の想像力の無さに絶望してしまいそうです。
(3)「部屋が散らかっているよ」
筆者の周りのワーママは「掃除は週末にまとめて」という方がほとんどです。ママたちも毎日隅々まできれいにできていないことは重々理解しているのですが、そこを指摘されるとイラッとしてしまいますよね。
『週末に掃除するだけだとやっぱりホコリが溜まってきたり、物が散乱しがち。気になったときにはお掃除シート使ったり、適度に片付けもするけど、時間なくて全力ではできない。
それは仕方ないことだって自分に言い聞かせているけど、あらためて夫に“部屋が散らかってるよ”って言われたときにはイラッとしたのと同時に、やるべきことができていないって言われたみたいで体全身で疲れを感じた』
夫としては悪気なく言っている一言なのでしょうが、わかっていることを指摘されると追い打ちをかけられているようで、さらに嫌になりますよね。また他人事のように言われることにもイライラさせられます。

仕事と家庭の両立は、家族のサポートなしでは疲れが増してしまう一方です。でも夫婦の言葉がけ次第では、疲れになるのか癒しになるのか変わってきそうですね。
とはいえ、なかなか夫の理解を得られるのも難しいもの。ワーママは疲れを溜める一方にならないように、上手に疲労解消する方法も身につけておくといいでしょう。

ちなみに筆者の場合、同じワーママという立場にいる友達と会っておしゃべりすることで解消に努めています! 話すだけでもすっきりしますし、共感してもらえると「自分だけじゃない」と気持ちも前向きになれます。

日常生活で疲れてしまうのは、ある程度仕方のないこと。それをいかに溜めないようにするかがポイントなのではないでしょうか。
参照:ワーキングママの冷えと疲れに関する調査2017 - 養命酒製造株式会社調べ

文・沖田かへ イラスト・んぎまむ

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_f8ff68f2994a_小学6年生の娘の夢をどう見守る?子ども時代の経験からわが子にしてあげたいこと f8ff68f2994a

小学6年生の娘の夢をどう見守る?子ども時代の経験からわが子にしてあげたいこと

2019年7月17日 21:00 ママスタ









この世の中にはいろんな人がいて、いろんな選択肢があると娘に教えてあげたいと思います。たとえ、それこそ才能が足らず、その世界では開花しなかったとしても、娘が絵が好きで毎日努力することはきっと何かに繋がると思います。直接、その世界に繋がらなくても、彼女の生きる道に必ず生きてくるんじゃないかな? と思います。それに、一生の生きがいになるかもしれません。絵が仕事にならなくてもいいと思います。娘の「好きなこと」の1つになれば、それは素晴らしいことだと思うのです。

何かを頑張る時、背中を押してくれる人がいなければ人は頑張り続けることはできません。子どもが前に進む時に、力になれるような夢の見守り方をしていきたいなぁと思う日々です。そして失敗したり、挫折したりした時も、立ち上がって前に進めるように支えてあげたいと思います。

文、イラスト・久坂さくら

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_1e7e000cfcda_我が子が意地悪する子のターゲットになっている!親ができる4つの対応方法 1e7e000cfcda

我が子が意地悪する子のターゲットになっている!親ができる4つの対応方法

2019年7月17日 13:00 ママスタ

我が子でなくても、意地悪されている子どもを見るのはつらいものですよね。それなのに自分の子どもが意地悪してくる子のターゲットになっていると知ったら……どうしますか? 「無視されている」「仲間に入れてもらえない」などの場合、前後の背景やその後のお友達との関係など考えてしまい、ママもどう対応すべきか悩むのではないでしょうか。ママスタBBSにそんなママからのお悩みが投稿されていました。

『年中になった子ども(女の子)がいます。年少のときから、同じバスに乗るお友達の1人(女の子)がわが子を仲間はずれをしてきます。幼稚園から帰ってくるバスを降りた後、みんなで遊びに行く話になっても、我が子は仲間に入れてもらえずにいます。そんなときはショボンとして「帰る」というか、他の仲の良い子がいる場合はスルーしてそのまま遊ぶかのどちらか。親としては「なんで仲間に入れてくれないんだろう」とモヤモヤします。その子の親は他のママたちと話していて気づかないし、そもそも子どもに対してあまり注意をしない育児方針を持っているようです。こんなとき皆さんならどうしますか?』

投稿者のママは、幼稚園の帰宅後に公園で遊ぶのが恒例のようで、そこで我が子を仲間外れにしていることに気がついたようです。我が子が意地悪してくる子のターゲットになってしまった………と考えると胸がキュッと締め付けられますよね。できるならば意地悪している子のママが気付いて注意してほしいところですが、今回のケースではそれは望めないようです。こんなとき、みなさんならどう対処しますか?

意地悪されている我が子に親ができる「4つの対応方法」


ママたちから寄せられた意見をもとに親ができる対応法をご紹介します!

1:意地悪をしてくる子に直接注意する

『自分の子どもに言っているのが聞こえたら「どうしてダメなのー?」って言っちゃうかな。その子が意地悪を言ってきたときにママが「何で入ったらダメなの? そんなこと言われたら悲しいなぁー」とか言ってみたら?』

『私だったら頭にきて、その意地悪する子に「なんでそんな意地悪なこと言うのー?」とか言っちゃう』

意地悪をする子に直接注意するというママの意見がありました。注意したことにより「これはいけないことなんだ」と素直に聞いてくれたら良いですね。しかし悪いことと分かっていてもしてしまうこともありますし、注意をしたことで次回からは大人に見えないように意地悪されるようになっても困ります。さらに注意したことをその子のママにどう伝わるかも分からず、親同士の関係もこじれてしまう可能性も考えられますね。子どもに直接注意をする場合は、伝え方や伝える方法には注意したほうが良さそうです。

2:意地悪をしてくる子の親と話す


『 もちろん他人が叱る事で心に響く子どももいると思うけれど、基本はその子の親が叱り、教えていかなきゃいけない』

『年少~年中さんくらいの子はこっちが思うほど、そこまで深く考えてなかったりするんだよね。お友達に対して多少の好き嫌いはあってもちょっとしたきっかけでコロッと態度変わって急に仲良くなったりもするし。だから問題はその親なんじゃないかな。わたしがその子の親と話したいわ!』

意地悪してくる子どもではなく、その子の親に気付いてもらったら? と考えるママも何人かいらっしゃいました。今回の場合は近くに親がいるにも関らず自分の子どもの意地悪に気がついていないことが問題なのかもしれません。こんなときは直接親同士で話をすることで、相手のママに状況を知ってもらい解決方法を考えることもひとつの方法かもしれませんね。ただし親同士で直接話をする場合も言い方には注意したほうがよさそうです。感情的に伝えてしまうと、言われた親は自分の子ども擁護したい気持ちになりますし、感情的になるかもしれません。「子どものトラブルは子どもで解決したほうがいい」と考えているママの場合は平行線になってしまうかもしれません。そんなときは他のママ友にも相談してみるという意見もありました。

3:他のママにも相談し、意地悪する子と距離を置く


『うちの娘も幼稚園時代に経験しました。うちの場合は意地悪する子の言動に問題があることを気付いているママ友がいて、そちらのグループに誘ってもらえたので助かりました。周りで気付いているママ友さんはいませんか?』

あるママは、ほかのママが意地悪に気がつき別のグループに誘ってもらい、一緒に遊ぶことで距離を置けるように助けてもらったようです。もしも子どもの逃げ道を用意できるのであれば、距離を置いて見守るという方法も良い方法かもしれません。そして最後に紹介するのは、投稿数が1番多かったアドバイスです。

4:先生に相談する

『年長のときだけど、クラスの女の子が同じようなことやっていて、先生にめっちゃ怒られていたよ。先生は知らないの?』

『そういう時こそ先生に相談したらいいのでは?』

『同じく年中で、同じようなことがあった。例えば3人で遊んでいても、うちの子の名前だけ呼ばれなくて、2人が遊んでいるところにうちの子が付いて行っているだけでまるで「空気扱い?」されているような感じだったり、おもちゃ貸してもらえなかったり……。だから先生に相談したよ。そしたら先生も配慮してくれて、相談以降は嫌な話を聞かなくなった』

『(投稿者の)子どもにだけ意地悪をするって、もしかしたら何か理由があるかもよ? まずは相手の子がなぜそういうことをするのか、幼稚園を通して確認してもらったらいいよ。子どもも大人もそうだけど、羨ましいという妬みだったり、「え? そんな理由?」っていうこともある。もしくは投稿者の子どもが知らないだけで幼稚園で嫌なことをした(例えば本人は悪気なく……ということもある)かもしれないし』

1番多い意見は「先生に相談する」でした。同じ幼稚園のお友だち同士のトラブルなので、幼稚園外のこととはいえ相談してみてもいいかもしれませんね。ママのアドバイスにあるように意地悪をする子どもにも意地悪する理由があるかもしれません。幼稚園の先生に園にいるときの2人の様子なども併せて聞くことで、もしかしたら理由も分かり解決の糸口になるかも。教育のプロである先生に相談することができれば、良い解決策をアドバイスしてもらえるかもしれませんよね。

幼稚園や保育園の子ども同士のトラブルは、毎日顔を合わせる分とても気を使うのではないでしょうか。多くの親は「子どもたちには毎日楽しく過ごしてほしい」と思っているはずです。どの方法で対応するにしても、そのことを忘れずに丁寧に対処することをこころがけることがカギかもしれません。

文・安藤永遠

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_c4a7d9bdfd70_スザンヌ:第7回 自分がハッピーでいられる服を着るようにしています c4a7d9bdfd70

スザンヌ:第7回 自分がハッピーでいられる服を着るようにしています

2019年7月17日 12:00 ママスタ

柔らかな笑顔と飾らない人柄が魅力的なタレントのスザンヌさん。インスタやブログではお子さんやご家族、お友達と過ごす日々の様子が度々投稿されていますが、そのときに映るセンスのいいファッションに注目している方もいるのでは? ママスタが誇る大人気インスタ企画「#産後カルタ」の書籍化を記念して、「#産後カルタ」のエピソードも交えて、スザンヌさんにキレイの秘訣を伺いました。

オシャレに見せるコツは、自信を持った顔で着ること


──こちらはママスタのインスタ企画「#産後カルタ」で投稿された、産後のママのファッションについて描いたカルタです。インスタなどではいつもステキな服を着ていらっしゃいますよね。産後は育児に追われてオシャレを手抜きしてしまうことはないでしょうか?

コレわかります! 私も産後子どもを抱っこばかりしていたのでしばらくはこんな感じでしたよ。産後1カ月ぐらいはずっとスッピンでマタニティーパジャマで過ごしていましたし、今も気を抜いた服で出かけることもあります。ゴミ捨てぐらいなら家から部屋着のまま行くこともありますよ。

──それは意外です! 今はファションに関する情報はどこから得ていますか?

ネットの通販サイトとか、インスタを見てこの人が着ているこの服がかわいいなと思ったら、そのタグからブランドに行って買い物するということはよくあります。

──買い物にはよく行かれますか?

買い物は熊本に住んでるからというのもあるんですが、あまりお洋服のお店を知らなくて、某大手の通販サイトでしょっちゅう買っています。かなりヘビーユーザーだと思います(笑)。好きなブランドだと前に買った服からサイズ感もわかっているのでこれなら大丈夫と思って、お洋服はほぼネットで買っています。

──手を抜きつつも、オシャレに見せるコツなどありますか?

そうですね……自信を持った顔で着ることじゃないかな。ママたちではないですけど、熊本は古着のファッションをしている人が多くて。古着の着こなしって、周りの人から見てオシャレなのかどうかわからないことがあるじゃないですか。それ正解? みたいな感じで。でも着ている方が自信を持って着ていたらオシャレだなと思えるし、堂々としていたらオシャレだと思えますよね。

──最近よく選ぶのはどんなお洋服ですか?

産後はゆったりした服を選びたいですよね。体のラインを拾わないフワっとしたものや、子どもを産んでから特にデニムとかスニーカーを履くことが多くなりました。私、免許はあるんですけどペーパードライバーで、全然運転に自信がないので毎日自転車で送り迎えしてるんです。だから自転車に乗れる服となるとスカートもなかなか難しくて、着る服も限られてきますよね。産後はパンツのコーディネートの幅が増えたなと思います。

自分の機嫌を自分でよくするために好きな服を着たい


──キレイでいるために何に気をつけていますか?

何も気をつけていないんですよ。手とかも大根おろしと一緒にすっちゃうこともあるぐらいです。子どもがいるといつどこで怪我したのかわからない傷とか多くなりません? アザとかも絶えないですし。

でも自分がハッピーでいられる服を着るようにしています。自分のことを周りの方はそんなに見ているわけじゃないけど、鏡に映った自分とか、ショーウィンドウに映った自分を見て、なんか違うなと思うとその日1日は気分が上がらないし、逆に好きな服を着て外に出たら気分も上がりますよね。自分の好きな服を、自信を持って着るというのが一番ステキなんじゃないかなと思います。

──食べ物なども気をつけているのですか?

食べ物は食べることが好きすぎて気をつけられないということに気づいて(笑)、最近トレーニングを始めました。幼稚園の横にあるジムに行っていて、送り迎えの間にそこに行ってるんです。

──インスタでも紹介されていましたね!

そうなんです。トレーナーの方がもともとお友達で、すごく面白いんですよ。マシンを使った本格トレーニングなんですけど、楽しくレッスンしてくれるから頑張れます。4月は忙しくてあまり通えていませんが、週1回ぐらい通っています。

──コスメなどもいいものを使うなど、気をつけていますか?

コスメはお風呂でできるパックを毎日しています。夏はすごく日焼けもするんですが、それだけは毎日欠かさずしています。なかなかエステとか行けなくなっちゃったので、無理なく続けられることを続けていくのがいいと思います。

──産後は育児に追われてしまいますが、キレイでいるためのモチベーションは何でしょうか?

自分が不機嫌だったら周りの人にも影響してしまいますよね。大人としてのたしなみではないけど、自分の機嫌を自分で保つことは意識しています。いつもハッピーでいることは難しいけど、ちょっとでも自分の機嫌が良くなるために好きな服を着たり、行きたい場所に行ったり、料理を作ったり、トレーニングをしたり、顔のお手入れをしたり、そういうのを含めて、自分がハッピーでいられるようにしているかな。

こういうことをもし誰かのためにやると、「今日こんなに違うのに気づいてくれない」とか、「こんなに頑張っているのに」とか思うけど、自分に対してなら果てしなく頑張れるかなと思うんです。

──今後どんな風に年を取っていきたいですか?

40代でも綺麗な人はたくさんいるし、あまり年齢は気にならないなとは思います。今30代ですけど、30代で頑張っていると40代はもっと良くなると思うから、30代は仕事などもいろいろ頑張って、40代は肩の力を抜いてリラックスした、そういう生き方ができたらいいなと思います。

 

キレイでいるために、無理なくできることを続けていると語ったスザンヌさん。職業柄キレイを保つためにストイックにならざるをえないのかと思いましたが、気負うことなく、自分がハッピーでいるためにキレイでいたいとおっしゃるところは自然体のスザンヌさんらしくてステキですよね。

取材、文・山内ウェンディ 編集・井伊テレ子 撮影・曽我美芽

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_7dfdaa876e05_妹が生まれて赤ちゃん返りした3歳息子、真冬の凍る北国へ試練の旅 7dfdaa876e05

妹が生まれて赤ちゃん返りした3歳息子、真冬の凍る北国へ試練の旅

2019年7月17日 12:00 ママスタ

前回のお話では、11月に妹が生まれて息子はバッチリ赤ちゃん返りしましたが、お兄ちゃんとしての成長もちゃんと見られました。

このまま様子を見ながら周りと連携を取ってこの環境で育てていければ、きっと息子は時間が経てば良い方向に成長していける、そう思っていました。
しかし、人生は思うようにいかないのが常です。話がぶれてしまうので細かい事は省略しますが、だいぶ前から私は旦那とうまくいかなくなり、息子にもその影響は少なからず出ていました。

息子は、保育所のお友達や先生達ともちゃんとお別れの挨拶ができないまま退所になってしまいました。

そうして最低限の荷物を持って、実家の北海道へ旅立ったのです。

住む環境もガラッと変わってしまい、息子は常に私の後ろをついて歩いたりと、また精神的に不安定になってしまいました。
そして実家には私の父、息子にとって祖父がいるのですが、父は軽度発達障害の息子への対応が分からず、何度気を付けてほしいと言っても不注意の多い息子のことを頭ごなしに叱ったり、目の前で妹ばかり可愛がったりしました。息子は見るからにヤキモチを焼き、次第に祖父に距離を置くようになってしまいました。伯母も、気を抜くと言葉がけが怒ってばかりになってしまい、息子は調子の良い時と悪い時で気持ちにかなり波ができるようになりました。
そしてテレビのシーンをもう一度見たい、でも録画していないから見られないなどの些細な事で泣き叫ぶことも……。


そうして息子は4歳の誕生日を凍てつく北国で迎えました。

ベテランの園長先生とも面談し「この子ならきっと大丈夫だよ」と太鼓判を押されました。息子と「幼稚園楽しみだね」と話していました。
息子が登園するまでの間、私は自分の仕事を探しました。そして、手続きを経て夫と離婚をしました。

そうして4月の進級も無事に終え、新しい年少さんが入ってきて、息子は少しお兄さんになった事を誇らしそうに話してくれて、妹のことも離乳食を狙う日もありますがオムツを捨ててくれたり、一人でトイレに行ったり、服を脱いだりなど、成長しているなぁと感じる日も増えてきました。

幼稚園に息子の様子を見に行く機会がときどきあるのですが、息子は支援員の先生をとても慕っていて、物事を順序立てるのが苦手な息子にイラストのカードで説明してくれたり、癇癪が出てしまった時、気持ちを落ち着かせるための避難スペースを作ってくれたりと、とても工夫してくれているという事が見てとれました。そのおかげで遠足や運動会も何とか参加して、楽しめたようでした。


※このエピソードは一個人の体験談です。

文、イラスト・金のヒヨコ

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_01feb3857814_ママたちが感じるモラハラ夫の遭遇率は85%!嘘つき夫や、束縛夫も。嫁ハラの実態も明らかに! 01feb3857814

ママたちが感じるモラハラ夫の遭遇率は85%!嘘つき夫や、束縛夫も。嫁ハラの実態も明らかに!

2019年7月17日 11:00 ママスタ


夫の言動をストレスに感じることがあるママは少なくないのではないでしょうか。実際のところママスタBBSには、夫への不満を綴るトピックスが毎日のようにあがっています。
先日発表された「ママのストレスと胃腸不調の実態」という調査結果からも、ママたちが抱える夫へのモヤモヤが浮かんできました。中でも気になるのが、夫のモラハラ(モラルハラスメント)です。”束縛夫”に”ガンコ夫”……さて、お宅のダンナさんはどんなタイプだと思いますか?

夫にモラハラされた経験のあるママは、なんと85%!


養命酒製造株式会社が、子どもを持つ20〜49歳の既婚女性1,000名を対象に行なったものです。

おおまかに「ストレスを感じている」ママは、「ひじょうに(28.5%)」と「やや(48.7%)」を足すと77.2%! ほとんどのママが感じているという結果になりました。育児に家事、さらに仕事まであるママもいるので、多忙さがストレスに直結してしまうのかもしれません。

さらに突っ込んで「夫への不満を感じている?」と尋ねた質問に対しては、「ひじょうに(21.9%)」と「やや(40.6%)」を足した「感じている」ママが、62.5%。「あまり(30.2%)」と「まったく(7.3%)」を足した「感じていない」は37.5%だったので、およそ3人にふたりが不満を抱えているといえそうです。

ではママスタBBSでもよく見かける、夫からのモラハラを受けたことがある人は、実際のところどれくらいいるのでしょうか? 調査ではモラハラ行動・態度を例としてあげ、それらを夫から受けたことがあるかどうかを聞いています。いずれかの項目について「ある」と回答したママの割合はなんと、85.0%! かなり高い数字ですね。
その内容は、以下のとおりです(数字は「よくある」「ときどきある」の合計割合)。

もっとも多かったのは、「すぐにイライラする(57.6%)」。次いで「絶対に謝らない(55.3%)」、「子育てを押し付ける(44.4%)」となっています。これらはおよそ半数の夫に感じられる特徴なんですね。「うちのダンナだけが、特別じゃなかったんだ!」と、感じるママもいそうです。

義母の”嫁ハラ”を受けたママは約4割。食べなきゃやってられない?


アンケートでは夫に次いで、義母についても聞いています。こちらも義理の母から受けるモラハラ行動・態度(嫁ハラ)の例をあげ、それらを受けたことがあるかどうかを聞いています。そのいずれかでも「ある」と回答したママの割合は、41.6%。意外と少ないと感じますか? それとも、多い?
こちらの内容は、このグラフのとおりです(数字は「よくある」「ときどきある」の合計割合)。

トップは「マイルールを押し付ける(24.8%)」、次に「夫にだけやさしい(20.3%)」、「陰口をたたく(14.4%)」となりました。このあたりは多少であればしかたないかも……と思える行為かもしれませんが(もちろんイヤでしょうが)、「連絡なしで訪問してくる(14.4%)」、さらに「家族から仲間外れにする(11.3%)」に至っては、人としてやや疑問を感じるレベルかも?

では、ママたちはそんなストレスをどうやって解消しているのでしょうか?
その回答が、こちらです。

すでに実行しているママもいるでしょうが、第1位は「甘いものを食べる(55.7%)」。半数以上がこう回答しているということは……年々体重が増えていくのはしかたのないことなのかも? さらに「ショッピングに行く(40.0%)」、「昼寝をする(35.8%)」と続きます。

さらにアンケートでは「自分の夫だったら、ストレスを感じると思うアニメキャラクター」についても、聞いています!

第1位は「野比のび太(ドラえもん)」! たしかに頼りなさという点では、そうかもしれませんね。でも、逆にのび太のやさしさを評価するママもいるのでは? 第2位は「剛田武(ドラえもん)」、第3位は「骨川スネ夫(ドラえもん)」と、『ドラえもん』のキャラクターが上位を占めました。個性がわかりやすく描かれていることが、その理由かもしれませんね。ジャイアンやスネ夫は、義母との関係にも悩みそう(笑)。実際に自分の隣にいる夫と比べてみると、「それだったら、うちのほうがマシ!」と思えるママもいるかもしれませんね。旦那さんや義母の言動に悩んだらママが”これが一番楽しい!”とおもえる方法でこまめにストレス解消していってくださいね。
【アンケート概要】
調査期間:2019年6月3日〜4日
調査方法:インターネット
調査対象:子どもを持つ20〜49歳の既婚女性
有効回答数:1,000名
調査協力:ネットエイジア株式会社
調査機関:養命酒製造株式会社
文・鈴木麻子 編集・しのむ

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_adb120ace1bd_宝くじが当選した義弟から縁を切られてしまった!「大金」をめぐって変わったのはどっち? adb120ace1bd

宝くじが当選した義弟から縁を切られてしまった!「大金」をめぐって変わったのはどっち?

2019年7月17日 10:00 ママスタ


大金を手にすると、人は性格が変わってしまう……なんていう言葉を聞いたことはありませんか? 残念ながら性格が変わるほどの大金を手にしたことがない筆者には想像もつかない世界ですが、確かに「価値観」は変わってしまうのかもしれません。

ママスタBBSに投稿してくれたママは、「宝くじ」当選をめぐって大切な家族がバラバラになってしまったのだそう。しかし「大金」をめぐって変わってしまったのは一体誰だったのでしょうか……。

キッカケは義実家の援助をめぐって……


義実家に毎月5万円の援助をしていた投稿者のママ一家。あるとき、義弟一家の行動にふと疑問をもつことになります。

『以前から義弟夫婦は「宝くじに当たったら沖縄に移住したい」と言っていました。そんな義弟夫婦が昨年末に沖縄に移住しました。移住後、タイムラインの写真を見ると、シュノーケルやったり釣りに行ったり、ドローン、水中カメラを購入、スキューバダイビングのライセンス取得、船舶免許も……。そして最近夫婦用に2台水上バイクを購入、大きいワゴンタイプの車を持っているのにスキューバなど海で使う為にもう1台車を購入。これだけでも相当な金額ですよね?』

義実家の近くに住んでいるという投稿者のママ一家は、義弟よりも旦那さんの方が長男だし収入も多いと思っていたので、文句を言わずに義両親を支えていました。しかし沖縄に移住したうえに、爆買いともいえる義弟一家のリッチな暮らしぶりに「もしかして宝くじが……」と邪な想いが巡ってしまいます。そんなに裕福な暮らしができるのであれば、義弟にも義両親の援助をお願いしたいと考えたのですが……。

『旦那から聞いてもらおうかな。我が家も共働きで決して裕福では無いし家のローンもあるし。今は義両親が元気なので介護は必要無いけど年金だけの暮らしという事と義母が免許なく時々私が足代わりになったり重い買い物をしてあげたりしています。ウチもまだまだ子供にお金が掛かりますし、ローンもあるし。これからもし介護が必要になったらもっと掛かりますよね? 全部とは言わないけど余裕があるなら……と思って』

やはり宝くじが当たっていた義弟一家。しかし……?

そして、勇気を出して義弟に聞いてみたところ……

『やっぱり宝くじに当たってたみたいです』

なんと、本当に宝くじが当たっていた義弟一家! ここまで羽振りが良いところをみると、少ない金額ではなさそうですね。しかし……

『あれから色々あり、義弟家族とは縁を切る事になりました。義両親が例え亡くなっても葬儀にも来ないと思います。義母は納得していないけれど義弟家族に連絡しても無視されているみたいです』

あれ? なんで急にそんな話に……?

『うちがお金(義両親に援助)の話ばかりしたから余計に悪かったとは思うけど』

義両親への援助の話ばかりしてしまったがゆえに、義弟を怒らせ縁を切るとい言われてしまった投稿者のママ一家。どんな言い方をしたかは分かりませんが、「縁を切る」までに発展するとは大変です。

キッカケは「大金」。手にした側と、それを知った側の気持ちの違いとは?


『最後の電話の時に義弟から「縁を切って欲しい。もう関わりたくない」と言われたので連絡とる事さえ無理だと思う。もうどうすることも出来ないよね。やっぱり大金を手にすると人間は変わっちゃうんですね』

と意気消沈の投稿者のママ。大金を手にしたことで、家族への愛情もなくなってしまった義弟のことを悲しく思ってしまいます。そんな投稿者のママに、ママスタBBSからコメントが集まります。

『どういういきさつで、投稿者さん夫婦が援助することになったのかわからないけど。例えば、旦那さんが言い出したなら弟からしたら勝手に決めて巻き込むなって感じだろうし、義親に頼まれてだとしても、義親がある程度質素な暮らしをしていての援助なのかとか色々あるよね』

なるほど。義弟からすれば「勝手に決めたことに巻き込むな」ということなのでしょうか?

『自分の親の介護もしないお金あるのに金銭的援助もしないって、元々母親と不仲だったならわかるけど、そうじゃないなら弟は相当非道だよ』

『援助したくない、関わりたくないことを奥さんがされたのかもしれないよ?』

いろいろな考え方がありますね。その一方で、

『宝くじのお金をあてにされるのも嫌なのかもね。大金を手にした方も変わるかもだけど、大金を手にしたことを知った周りも変わることあるからね』

『向こう的には宝くじに当たった途端に連絡してくる親族や集ってくる身内みたいな感じに思っているのかな』

宝くじが当たる前から両親に援助をしていなかった義弟は、ある意味宝くじが当たっても変わることはありませんでした。前もって両親の援助については双方で話し合うべきだったのかもしれません。しかしもし仮にそれがなされていたとしたら、宝くじが当たったと知った途端にお金を要求してくる兄一家に嫌悪感を示してしまったのかもしれません。

投稿者のママからすれば「それだけ余裕があるのであれば」の気持ちで話していることも、向こうからすれば「宝くじが当たったことを聞きつけて、お金にたかってくる親族」という目で見てしまったのか……。

「大金」という後ろ盾が、義弟の価値観を変えてしまったのか……。

それとも「大金」を手にしたと聞きつけた投稿者のママ一家の目の色が変わってしまったのか……。

真相は闇の中ですが、とにもかくにも宝くじが当たったからといって、むやみに羽振りを良くしたり、いきなり生活レベルを変えたりするのは避けた方が良いのかも……と、勉強になりました。

「宝くじは夢を買うモノ」という言葉もありますが、夢が手に入った瞬間に大切なものを見失わないよう、心にとめておきたいと思ったのでした。だったら当たらない方が良い? いやいや、それでもやっぱり「当たって欲しいな」と願ってしまうのが、宝くじですね(笑)。

 

文・渡辺多絵 編集・しのむ

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_1b82a84f3f2e_子どもが1人で学校に行けず母が1日中付き添い。このまま付き添い続けていい? 1b82a84f3f2e

子どもが1人で学校に行けず母が1日中付き添い。このまま付き添い続けていい?

2019年7月17日 09:00 ママスタ


小学校入学や新学期開始、あるいは長期のお休み明けなどに、「学校に行きたくない」という気持ちになるお子さんは、少なくないのではないでしょうか。一時的なことならまだしも何週間、何か月も続くのであれば、親は先が見えず途方にくれてしまいますよね。

小学1年生のお母さんから、お疲れが垣間見えるかのようなお悩みが寄せられました。

『今年小学校入学した娘が1人で学校行けない。「でもお母さんが一緒なら行ける」と言うのから始まり、最初は私も登校班に着いて下駄箱までの日だったり、校門までの日だったりしてついて行ってました。ゴールデンウィーク明けから教室もお母さんがいないと入れないとなり担任に相談したところ「じゃあお母さんも毎日娘さんの隣にいてください」と言われ、GW明けから毎日1日中、学校にいます。さすがに疲れてきました』

疲れたけれど、ここで自分が無理に行かなくなれば娘さんはまた行き渋りにならないか、ひいては登校拒否になるのではと投稿者さんは悩んでいるそうです。

決して甘えではない、学校行き渋り体験談。仕事を辞めた母まで


もしかすると投稿者さんと同じような悩みを持つ人は珍しくないのでしょうか。お母さんと一緒に学校に行く子どもを見た、体験したというコメントが寄せられました。

『うちの学校にもいたんだけど、お母さん毎日一緒に授業受けて、給食の時間に帰って、また来て授業受けてって続けていた。そのうち1人で行けるようになったよ』

『子どものクラスにいるよ、3人姉妹の真ん中の子が親と一緒じゃないと嫌だって。どうにかしようと学校と家庭と連携してるけど今だに無理みたい。そのお母さんは正社員で働いていたけど仕事辞めておばあちゃんも手伝いにきて本当大変だと思うよ』

『うちの学校でも同じ子いるよ。お母さんがいないと泣いちゃうしダメなんだって。うちの子が同じ学校なら毎日お誘いに行って一緒に登校させてあげたい。じゃないと、お母さん本当に大変だよね』

『クラスに1日中いるお母さんもいるよ。大変だけど、学校もお母さんも大丈夫なら付き添えばいいし、まずは学校に行ければいいじゃない』

辛抱強く子どもに寄り添い続けたお母さんたち。中には仕事を辞めてまで寄り添った人もいました。

『我が家の娘も小2から、母子同伴登校。廊下で2人で過ごしたよ。小2から卒業まで教室には入れず廊下で過ごした。中学入学式から普通に参加して、今では部活もやって、教室にも入っている。分離不安障害だったり、HSCだったり。いろいろ調べたよ』

こちらはお母さんご自身の経験談です。卒業まで続いたのだとか。相当悩まれて今があることでしょう。

『姪っ子が2年でそんな感じだった。その時はクラスが荒れていて嫌だったみたい。お母さんは子どもがもう大丈夫って言うまで付き添っていたよ』

『そういえば、先生が怖いって子もいた。幼稚園では穏やか~な先生ばかりだったから、入学していきなり中年男性の先生で厳しかったのかなぁ』

こちらは理由が明確なケース。環境の変化が劇的だと、子どもの心がついていかないこともあるのですね。

『友達が、子どもがお母さんが一緒じゃないと学校に行けないし、「帰る」と言うと子どもが泣きじゃくるので、困っていた。ある日、下のお子さんの行事のためにどうしても帰らないといけないことがあったとき、門に立ってた校長先生が「じゃあ先生と一緒に行こう」と、校長が一緒に授業を受けてくれたらしい。それから少しマシになってその後は1人でも大丈夫になったんだって。結構なマンモス校のため、先生の数が多いから成り立ったんだと思う。それとこの校長はいい人だと有名だった』

先生がきっかけで立ち直ったケースもありました。行き渋りは、理屈で解決できるとは限らないのですね。

今は子どもに寄り添い、そして徐々に離れてみては?アドバイスと励まし


先が見えない投稿者さんへ、「寄り添い続けてみては」と励ましの言葉が寄せられました。

『時間が許す限りは、大変だけど、付き合ってあげたらいいな。今は、とにかく寄り添ってあげるのが1番じゃないかな。お母さんも大変だけど、きっと気持ちは伝わってお子さんも成長できると思うよ』

『仲の良いお友達ができたら変わるかもしれないけど、登下校はまだしも、授業中や休み時間にもお母さんがいたら、お友達もできにくいかもね』

『毎日はさすがにきつくなるよね。今日はお昼までね。とか、今日は2時間目までね。って感じでゆっくりゆっくり時間減らすのはどう??』

『1週間単位くらいで今週は給食まで、次は何時間まで、教室まで、靴箱まで、門までってやっていくとかは?』

クラスメイト側からすれば、親と一緒にいる子に話しかけづらくなることもあるかもしれません。親が離れていても見守っていてくれると思うから安心できるのか、はたまたお友達がいるから学校が安心できる場所となるのか……。お子さんがどう感じるかは親にも把握しづらいところもあるかもしれませんが、少なくとも親が離れるときは来ると心得ておくとよさそうです。

『1人で登校するのが怖いのか、クラスに苦手な子がいるのか。登校してクラスの子と遊べるし活動にも参加できているなら、少しずつ離れていくようにした方がいいと思うけど。一緒に付き添って学校の様子を見て、楽しくなさそうとか、クラスに馴染めていないようだとか、意地悪してくる子がいる感じなのか、先生に詳しく聞いてみて、対応を一緒に考えてもらった方がいいかも』

『何か怖いことや不安になることがあったのかな。お子さんにとって、学校は安心できる場所ではないんだろうね。甘えだ甘やかしだとか、ここではいろいろ言われるけど、厳しく突き放した方がいいのか、とことん付き合ってあげたほうがいいのかは、お子さん自身を見て判断してね。幸い理解ある先生みたいだから。夏休みに面談相談してみたら?』

小学校低学年の語彙力では、何がイヤなのか、言葉で表しにくいこともあるようです。
(参考:茂木健一郎×小幡和輝:「学校に行きたくない」子どもに対する“親”としての選択肢)
まだまだ親が状況を把握し子どもの気持ちを類推する機会がありそうですね。

『うちの子も1年生の時、1人で登校できませんでした。一緒に学校まで行き、先生に引き渡して泣き叫ぶの日々でした。今は2年になり1人で登校しています。きっかけはいろんなことを経験して自信がついたからだと思います。甘えとか勝手なことを言う人もいますが、行けないものはいけないので、あたたかく見守ってあげるのが1番だと思います。今は大変だと思いますが、がんばってください』

時が来るまで、子どもの成長を見守る。これは簡単なようで、親としてはただただ難しいものですね……。先が見えない毎日を過ごした経験者の言葉は、今悩む人の励みになるのではないでしょうか。

寄り添い続けた日々が無駄じゃなかったと、投稿者さんが思える日が来ることを願っています。

文・しらたまよ 編集・しのむ

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_add6fac8895c_職場の先輩が自分にだけ「嫌味」を言う!スカッとする対処法は? add6fac8895c

職場の先輩が自分にだけ「嫌味」を言う!スカッとする対処法は?

2019年7月17日 08:00 ママスタ


毎日職場で会う人だからこそ、何か嫌なことがあってもトラブルが起きないように穏便に過ごしたいと思っている方もいるのではないでしょうか。しかし、いくらこちらが「穏便に」と我慢していても、いずれ限界がくることもあります。ある投稿者は、職場の先輩の嫌味に我慢の限界がきていると相談しています。

職場の先輩が自分にだけ細かい嫌味を言ってくる……


『職場の先輩のことで相談です。私は今の職場に入社して1年です。同じ事務所内の隣の席の先輩が、逐一私の行動に口出ししてくるのがイライラして仕方ないです。

例えば、上司に頼まれて会議資料を50人分とか印刷を頼まれると、印刷してホッチキスで止める作業が必要なのですが、私がカチャカチャとホッチキスで黙々と止めているのを見て「そのホッチキスで止める音、なんとかならない? 家でやったりとかできないの?」と言ってきたり、今日もパソコンで作業していたら「マウスを動かすときに机にカチャカチャとマウスが当たる音がすごく気になって。気分を害したらごめんね。マウスパッドを買うとかしてもらえない?」と言われました。

他の先輩に相談したら「いらないマウスパッドあるだろうから探してみるけど、そんなこと言いだしたら電卓の音とかキーボードの音とか、みんなカタカタと鳴るのは同じじゃんね」と同意してくれました。

いちいち嫌味を言ってくる派遣の先輩に対し、今後もしまた何かを指摘されたら言い返すべきですか? 今までは「すみません、気をつけます」ってとりあえず謝ってその場をしのぎましたが、これからも、気に食わないことがあるといちいち指摘されるのかと思うと気が狂いそうです』

みなさんなら、嫌味を言ってくる先輩に言い返しますか? 言い返しませんか? この投稿にたくさんのアドバイスが寄せられているのでご紹介します。

上司に相談した方がスムーズ


嫌味を言い返すか言い返さない以前に、上司に相談することがスムーズだというコメントが相次ぎました。

席替えや人員配置の変更を要請する

『上司にありのまま伝えて派遣なんだから人を変えてもらったらいいよ』

『面倒くさいし、投稿者の行動にいちいちイライラしているんだろうから、キリないし言い返さない。上司に相談して、席替えしてもらう』

『それは投稿者のことが嫌いだから何もかもが不愉快に感じてしまうんだと思うよ。上司に相談して席替えしてもらったら? 後輩なのに社員と言うのが気に入らないのかもね』

上司に相談をして、席替えや人員配置の変更を要請することもできますね。席が隣でなくなれば「騒音」系の嫌味は減るのではないでしょうか。

上司に逐一嫌味を報告してもOK

『そのホッチキスの件、なんで仕事をわざわざ家に持って帰ってやらなきゃいけないの? 逐一上司に報告した方がいいよ。「ホッチキスの音がうるさい家でやれって言われました」って! そして投稿者はむやみに謝らない』

『「ホッチキスの音がうるさいと言われたので別の場所でやってもいいですか?」と上司に聞く。先輩が怒られるんじゃない?』

『上司に言うのが無難だよ。「派遣先輩さんに毎回そう言われるのですが、どうしたら音が出ないようにできますか? 会社の資料を社外に持ち出して家でやっても良いのですか?」って』

本人に言い返すのではなく、上司を通して嫌味を返すというアドバイスもありました。「こんなことを言われた、どうすればいいですか?」と上司に相談すれば。上司が公平に状況を判断してくれるはず。

みんななら本人にどうやって言い返す?

それでも、上司が頼りにならなかった場合のときのために言い返すセリフも寄せられています。

『マウスパットなしでやるのはちょっとうるさいとは思うけど、ホチキスに関してはどうにもならんよな。私なら我慢の限界が来たら言い返すと思うわ。「あなたは自分が物音を立てずに仕事していると思っているんですか?」と』

『「こちらも作業ありますのでそんなに気になるなら耳栓して下さい」と言う』

『私は言い返すだろうな。「ホチキスやマウスの音を出さないようにするやり方を教えて下さい。それか音が出ないホチキスやマウスを売っているところを教えて下さい。事務歴が短いのでわからないので、教えて頂けると大変ありがたいです」』

どれもスカッとする返答ですね。明らかに職場の先輩が間違っているようなことを言っていたら、正しい返答をしても良いのではないかと感じている方も多いようです。なるべく波風を立たせたくないという方は、上司に相談して今後の対策を一緒に練ってもらうと良いかもしれませんね。

文・物江窓香 編集・木村亜希

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_e6a8504370d5_【嫁ぎ先の天然家族】夫の発想に驚き! #4コマ母道場 e6a8504370d5

【嫁ぎ先の天然家族】夫の発想に驚き! #4コマ母道場

2019年7月17日 07:00 ママスタ