cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_2447bf6f355a_ワーママがどっと疲れを感じる「夫からの言葉」 2447bf6f355a

ワーママがどっと疲れを感じる「夫からの言葉」

2018年3月23日 19:00 ママスタ

働いているママは、会社で仕事、家に帰ってからも家事育児という仕事に追われています。やるべきことは山のようにあり、なかなか自分の時間を確保することは難しいもの。そんな「ママの大変さ」を世の夫たちはわかっているのでしょうか?
ワーキングママの1日 スケジュール例

筆者は今でこそフリーランスで執筆活動を行っていますが、子どもが1人の頃はフルタイムで外勤していました。そのときの平日のスケジュールはこんな感じです。

5:00 起床・朝食&夕食作り、洗濯機を回す
6:00 夫と子ども起床、洗濯物干し(夫はお風呂掃除、ゴミ捨てなど)
7:00 朝食、保育園の準備、身支度
8:00 保育園に子どもを預ける
8:30 会社到着・業務開始
17:30 退社
18:00 保育園お迎え
18:30 帰宅、夕食、片付け
19:30 お風呂
20:30 寝かしつけ
21:00 子ども就寝、洗濯物片付け、軽く部屋の掃除
22:30 自分就寝

毎日この通りかと言われると、実際にはまちまちです。子どもは5時台に起きてくることもありますし、夫が帰ってくる時間次第でスケジュールも左右されます。掃除や買い物を平日に済ますことが難しく、週末に行うことがほとんどです。

自分の時間と言えば、会社でのお昼休みの1時間と寝る前の少しの時間。「やりたいこと」や「やるべきこと」があるのはわかっていても、なかなか思うように行かないのが家族のいる生活でしょう。このあたりは専業主婦であっても同じような思いではないでしょうか。

特に子どもが1人目のときは、子どもがいる生活にも慣れていませんから毎日クタクタです。一方で夫はというと、子どもがいるので生活面では変わったのでしょうが、仕事のスタイルが変わらないという方が見受けられます。妻の苦労を心から理解している夫は少ないのかもしれません。
そんなときに夫に言われると「どっと疲れる言葉」

筆者の周りでも、夫の心ない一言に疲れを感じているワーママがいます。仕事に育児に家事にがんばる妻へ、夫はどのような言葉をかけてくるのでしょうか。
(1)「休日くらい休ませて」
『土日であっても子どもは朝から元気。大人はクタクタだけど起きないわけにはいかず、私は早朝から子どもの相手をし、少しでもと夫を寝かせているのに、お昼前になっても起きてこない。
お昼ごはんの準備時や家の掃除をするときくらい、外に出て子どもと一緒に遊んできてほしいのに、夫の返しは“休日くらい休ませてよ”。こっちからすると“はぁ!?”って感じ。私は24時間365日休みなく動いてるんだ!』
妻が夫を気遣っているのに、この夫の気遣いのなさ。ぐったりしてしまいますね。
(2)「ごはんまだ?」
筆者の知人のワーママは、これを言われて疲れが倍増したようで……。
『うちでは保育園に子どもを迎えに行って、帰ってから夕飯の支度に取り掛かってます。子どもの相手しながらの料理は、思うように進まなくて結構イライラもしますが……。

そんなときに夫が帰ってきたら、子どもの面倒見てもらえて助かります。でも少し経つと夫から“ごはんまだ?”って言われて。え、今やってるじゃんって感じ。それまで私が子どもの相手してたから夕飯作りも遅れてるわけだし……。だったら自分で勝手に食べてよ、大人なんだから、って思っちゃいますね』
仕事を終えて家に帰ってきて、ほっとする暇もない妻に対し、夫の想像力の無さに絶望してしまいそうです。
(3)「部屋が散らかっているよ」
筆者の周りのワーママは「掃除は週末にまとめて」という方がほとんどです。ママたちも毎日隅々まできれいにできていないことは重々理解しているのですが、そこを指摘されるとイラッとしてしまいますよね。
『週末に掃除するだけだとやっぱりホコリが溜まってきたり、物が散乱しがち。気になったときにはお掃除シート使ったり、適度に片付けもするけど、時間なくて全力ではできない。
それは仕方ないことだって自分に言い聞かせているけど、あらためて夫に“部屋が散らかってるよ”って言われたときにはイラッとしたのと同時に、やるべきことができていないって言われたみたいで体全身で疲れを感じた』
夫としては悪気なく言っている一言なのでしょうが、わかっていることを指摘されると追い打ちをかけられているようで、さらに嫌になりますよね。また他人事のように言われることにもイライラさせられます。

仕事と家庭の両立は、家族のサポートなしでは疲れが増してしまう一方です。でも夫婦の言葉がけ次第では、疲れになるのか癒しになるのか変わってきそうですね。
とはいえ、なかなか夫の理解を得られるのも難しいもの。ワーママは疲れを溜める一方にならないように、上手に疲労解消する方法も身につけておくといいでしょう。

ちなみに筆者の場合、同じワーママという立場にいる友達と会っておしゃべりすることで解消に努めています! 話すだけでもすっきりしますし、共感してもらえると「自分だけじゃない」と気持ちも前向きになれます。

日常生活で疲れてしまうのは、ある程度仕方のないこと。それをいかに溜めないようにするかがポイントなのではないでしょうか。
参照:ワーキングママの冷えと疲れに関する調査2017 - 養命酒製造株式会社調べ

文・沖田かへ イラスト・んぎまむ

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_8ee63ac4a25c_育児書通りがベストなのか?義姉とのやりとりで思ったこと 8ee63ac4a25c

育児書通りがベストなのか?義姉とのやりとりで思ったこと

2019年9月17日 21:00 ママスタ


育児書やネットの情報は便利だけど、必ずしもそれが自分の子にとっての「正解」ではないですよね。情報に頼り過ぎることなく、悩みや疑問を誰かと共有すれば、もっと楽しくゆとりある子育てがしていけるはずと義姉とのやりとりで再確認しました。「子育てを一人で抱え込まない」、やはり大切なことですね。

脚本・編集部 イラスト・よしはな

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_0149429a070d_10歳以上年の差のあるきょうだいは育てやすい?どんなところが大変? 0149429a070d

10歳以上年の差のあるきょうだいは育てやすい?どんなところが大変?

2019年9月17日 13:00 ママスタ


子どもにきょうだいがほしいけれど、上の子がすこし大きくなり手がかからなくなってから……とママが考えていたら年月は過ぎて、気付けば上の子と下の子の間に年の差が開くこともあるかもしれません。ママスタBBSには、わが子に年の差のある下の子がいたらどのような生活になるのか疑問に思うママがいました。

『年の差きょうだいはけっこういるけど、11歳差って大きいよね……。どんな感じなのかな。一人っ子の育児を2回やるみたいな感じかな。一人っ子時代が長かったら、普通のきょうだいとは違う感じになるのかな』

10歳以上離れた年の差きょうだいは、どんな関係になり、どんな生活を送ることになるのでしょうか? すでに10歳以上離れた子どもを持つ先輩ママたちが教えてくれました。

年の差きょうだいのいいところはやっぱりココ!


年の差があるきょうだいはどんなところがいいのでしょうか? ママたちが年の差きょうだいを育てていて感じることや、ママ自身が年の差きょうだいだからこそわかる気持ちを教えてくれました。

上の子が下の子のお世話をしてくれる

10歳以上の年の差というと、下の子が生まれるころには上の子は小4以上。やはり下の子がかわいくてたまらないという子が多いようですよ。女の子の方が男の子よりもお世話するのではと思いきや、下の子をかわいがる気持ちは性別関係なくあるようです!

『10歳だけど。小さいお母さんだよ。なーんでもやってくれる』

『うちは10歳離れた姉妹だけど、仲がいいよ。上の子も相手してくれるし、下の子がお姉ちゃん大好き』

『新鮮な気持ちになるよ。上の子の赤ちゃん時代に戻ってやり直したいと思った。上の子が遊んでくれたりするよ』

『男女男で、上と下が10歳離れてる。末っ子はお兄ちゃん大好きだし、長男も末っ子を可愛がってるよ!』

『私と弟が12歳差。私が半分育てたようなもんだと思ってる。そりゃあもう可愛い弟だよ! オムツ換えもミルクもあげたし、学校が早く終わる日は私が幼稚園のお迎えも行ったよ! お小遣いでオモチャ買ってあげたり。
年が離れてるから喧嘩とかはしたことない』

『私妹と14歳離れた2人姉妹だけど、生まれた日から今まで可愛くてたまらない。まだ妹14歳なんだけど反抗期なのに私にはお姉ちゃんお姉ちゃんってくるし仲良しだよ』

ママも気持ちに余裕を持って育てられる

『ウチは兄妹で10歳差。余裕を持って子育てできるし楽しいよ! 上の子の行事とか部活とか習い事はちょっと大変だけど毎日ではないから何とかなる。上の子の反抗期も下が中和してくれるし、下の子の愚図も上の子がなだめてくれるし本当に幸せ~って実感できるよ』

『15歳差。子育て2回というより孫をみてる感じかも。
余裕も出て何してても可愛いし、子育てが楽しい。上の子男の子だけど、一緒に遊んだり散歩したりしてくれてます』

きょうだい喧嘩が少ない?

すべての家庭ではないと思いますが、年が離れているせいか、子ども同士の喧嘩も少ないという声もありました。

『まさに私が妹と11歳差。2人共、ひとりっ子みたいに育ったよ。良さと言えば、それぞれ世界が違うから喧嘩はしなかったかな。小さい頃はお世話もしてたけど、大きくなってからはお互いに干渉せずのびのび育ってきたから姉妹って感じがしないかも。妹の青春真っ最中の頃は子育て真っ最中だったし』

『私と弟が10歳離れてます。お互い一人っ子みたいに育てられた。ケンカもしないし、私が小さいお母さんみたいな感じだったみたいで親はラクだったって言いますよ(笑)』

金銭面でも余裕がある

育児する上で必要な物も、下の子のときには切り詰めすぎずに買えるそうです。

『すっごく余裕あるよ、うちはね。旦那だって若いときより収入上がるからね』

『我が家も上の子のときより生活に余裕がある。上の子のときは、夫婦若かったし育児グッズも必要最低限を揃えて、あまり余裕ない生活だったなぁ。下の子が産まれて、また育児グッズをイチから揃えなおしたけど、あまり値段気にせず、便利そうだとか、可愛いとかで選んで買ってた』

『オムツは昔は安いところを探して買ってたけど、下の子の時はあまり値段気にせずに近くの買いやすいスーパーでいつも買ってた』

年の差きょうだいの大変だと感じるところは?


いいところがたくさんある年の差きょうだいですが、逆に大変だと感じるところはどんなところなのでしょうか?

ひとりっ子を2人育てているよう……

年の差があってもよく遊ぶきょうだいもいますが、年齢差が大きければ大きいほどお互い生活時間も合わずあまり一緒に遊ばないというきょうだいもいるようです。ひとりっ子を2回育てているように感じるママも……

『6歳差でも、一人っ子みたいになる』

『一人っ子とかわらない感じ。年の近い方が良かった』

『ママ友の家がそうだけど一人っ子育児が2回と言ってた。それだけ違うときょうだいで遊ばないしね』

遊ぶ場所が異なる

年齢差があると遊ぶ場所を探すときに苦労するかもしれません。

『遊びに行くところが合わないよね』

年の差があると同じところで遊べないとのこと。一番上の子が下の子にとってハードルの高い遊具やアスレチックをやりたがると、下の子は同じところでは遊べないかもしれません。遊び場に年齢制限がある場合はきょうだい揃って同じ場所で遊べないことも多いでしょう。子どもたちの年齢に合った場所にそれぞれ連れて行こうとすれば人手が必要になることもあります。しかし特に年齢制限がないときは、上の子に合わせて下の子を連れていき、下の子は上の子に必死でついていくなんてことになるのかもしれませんね。

上の子の行事や習い事に連れていくことが大変

授業参観や習い事などに、下の子を連れていくときは大変だったと感じるママもいるようです。

『上の子のスポ少に連れて行ったり授業参観に連れて行ったり大変だった。やっと末っ子が幼稚園に入園したから少し楽になってきた』

『うち一番上と11歳差です。上に合わせて連れていく行事とスポ少は大変だね。あとは経験あるし大変なのはない。可愛いですよ。上は本当に可愛がるよ』

授業参観で、自由に動き回りたがる下の子を制しながら上の子の授業をじっくり見ることは至難の技……。習い事の送迎も下の子のお昼寝などに重なることもあり、眠い下の子のご機嫌を損ねることもあるかもしれませんね。

生活の時間帯がずれるため、親は下の子と行動することも?

上の子と下の子で、生活時間がずれているため、親が上の子に付き合えないことも出てくるようです。

『うちは10歳離れた姉妹だけどこの前、祭りにいったけど上の子はまだ帰りたくなくて、下の子は眠くなってて、結局下の子と私が先に帰った』

年の差きょうだいのいいところ、大変なところをご紹介しました。大変なこともあるようですが、下の子がある程度大きくなるまでの期間限定のこと。大変なことよりも、下の子がいることで上の子の反抗期がそこまでひどくなかったり、下の子のイヤイヤを上の子がなだめてくれたりと、家族にとっていいことをたくさん挙げてくれたママが多かった印象です。子どもにきょうだいがほしいと考えているママがいたら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

文・山内ウェンディ 編集・しらたまよ

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_439c7d3bb11a_作ってあげたいママと受け入れてくれない娘。落ち込むママを救ってくれた存在とは…… 439c7d3bb11a

作ってあげたいママと受け入れてくれない娘。落ち込むママを救ってくれた存在とは……

2019年9月17日 12:00 ママスタ

私は昔から物作りが大好きです!
なかでも手芸が好きで、ちょっとした小物や雑貨を作っては友人にプレゼントしたり、委託販売もしていました。
洋服こそ作れませんが、簡単な裾あげや修理などの洋服リメイクならお手の物。

娘が2歳のころ、生後11ヶ月頃に使っていた夏用ロンパースをブラウスにリメイクしました。


それを見た旦那は

私は子どもに過剰な期待をしていたのかもしれません。
子育てへの理想像を高くしてしまったり、それで思い通りにならないから傷ついて……というのはただの独りよがりだったと思います。
子育てでは想像していない壁にたくさんぶつかり、ネガティブになってしまうことがありますが、旦那は私の気持ちをうまくポジティブへ軌道修正してくれました。
それからは「もう食べれるものだけでいいよー! 好きなもの着ればいいよー!」と娘へ伝えています。

文、イラスト 猫田カヨ

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_2c7309ed2741_新居の壁の色、どうする?寝室は?お風呂は?実体験や失敗からの役立つアドバイスとは 2c7309ed2741

新居の壁の色、どうする?寝室は?お風呂は?実体験や失敗からの役立つアドバイスとは

2019年9月17日 11:00 ママスタ


自分の城であるマイホームを作るときは壁紙にもこだわりたいものですね。この度めでたくマイホームを建てることになったママが壁の色について相談しています。

『マイホームについて。今は一階を白を基調とした家で打ち合わせ中で白、白、白! ってかんじです。主寝室も白系にするか黒系? 大人っぽくするかで迷っています。皆さんどんなかんじですか? トイレやお風呂は高級感を出したくて黒系にするつもりです』

このお悩みにママたちからは実体験に基づいたアドバイスが寄せられました。

お風呂の壁は水垢が目立つ!?ママたちが避けたいお風呂の壁の色とは


『お風呂が黒いと水垢がすごく目立つのでオススメしません』

『お風呂の黒はやめた方がいい。水垢目立つよ』

『実家のお風呂はグレーの浴槽だけど水垢とかすごく気になるよ。水回りは白いとかがいいと思う』

『お風呂は水垢や傷が目立つから後悔すると思う』

ママたちからはお風呂の壁は水垢が目立つため、”黒”はおすすめしない、というコメントが寄せられました。筆者の家の浴室の壁紙は白ですが、それでもところどころ水垢がみえてしまいます(決して掃除をしていないわけではありません)。黒となるともっと目立つのかもしれませんね。

毎日拭き上げするならお風呂の壁は何色でも良い?

ママたちからの寄せられたコメントでお風呂の壁に”黒はおすすめしない”というアドバイスがありました。一方で”毎日拭き上げるのなら問題ない”という考え方もあるようです。

『風呂が黒でも毎日、風呂上りに水滴を拭くのを厭わないなら、大丈夫。メンテナンスの人が言うには、風呂は水滴を残さず拭き取るか否かで、数年後に雲泥の差が出るとのこと。毎日拭き上げて、10年建っても新品みたいにピカピカの家もあるそうです。あとは好みだね』

あるママからは経験に基づいた実用的なアドバイスが寄せられました。メンテナンスの人に、風呂は水滴を拭き取ると長持ちすると言われたとのこと。マイホームを作るときは「毎日やろう!」と決意してもいざ住んでみると続かないこともあるかもしれません。お風呂の水滴を残さず拭き取る習慣が既にあるのなら習慣を変えずに済むので、負担は少ないでしょう。お風呂の壁はメンテナンスの手間を取るか、好きな色を取るか、両者を天秤にかけて決めるのがよさそうです。

一色で物足りないならアクセントクロスを取り入れてみたら?ママたちからのアドバイス


『うちは真っ白な壁紙にオーク系の家具だよ。床は樺桜の無垢。たまにアクセントで青とかの壁紙入れている』

『私は赤が好きなのでトイレのアクセントクロスを赤にした』

『我が家は白基調で黒は各ポイントで入れています』

『寝室のアクセントクロスはブルーグレーにしたけれど、メインがブルーグレーでアクセントにもっと濃いめの色でも良かったなと思っている』

『うちの寝室は深緑のアクセントクロスにしました! 落ち着いた感じでいいですよ~』

お風呂以外の場所で、白一色の壁紙はちょっと……、ということであれば、壁の一面や柱部分といった壁に色が違う壁紙を施す”アクセントクロス”を取り入れてはどうか、というコメントがありました。リビングや寝室、トイレにもアクセントクロスを取り入れれば見映えしそうですね。

マイホームのことはなにかと迷うけれど気に入った色に囲まれて過ごすのもいいのでは

壁紙は決して安い買い物ではないだけに「コレ!」といったものに決めるのは難しいのかもしれません。ですが何色にしたとしても気に入って決めた色なら、何があっても一番後悔が少ないのではないでしょうか。大切なのは気に入ったものに囲まれて過ごす”家族の暮らし”ですから。

文・しのむ 編集・しらたまよ

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_105b10a939b1_ママ友0人。「さびしくない!」と胸を張るママたちが教える秘訣とは 105b10a939b1

ママ友0人。「さびしくない!」と胸を張るママたちが教える秘訣とは

2019年9月17日 10:00 ママスタ


社交的なママがいれば、人づきあいが苦手なママもいます。新しい環境になったとたんあっという間にママ友が増える前者に対して、後者は親しくなれそうな相手さえなかなか見つけられないかもしれません。
ママスタBBSには、どうやら社交的ではないタイプのママからの質問があがりました。幼稚園に入るのを控えたお子さんがいるようですが、ちょっぴり不安なのがママ友のこと……。

『ママ友なしで、幼稚園の3年間を過ごした方はいますか? さびしかったですか? 案外なんとかなりましたか? 行事のときとか、どうしていましたか?』

とくにママ友がほしいというわけではなさそうですが、それでも気になるようです。

「私もママ友なし」。じつは多かった”おひとりさま”


登園時やお迎えどきの幼稚園周辺を見ていると、あちらこちらにママたちのおしゃべりの輪ができていることがありますよね。楽しそうにわいわいしている様子を見ていると、ママ友がいない人はごく少数派にも思えてきませんか?
ところがこの投稿に寄せられたコメントは、そろいもそろって「私もママ友0人」という声ばかり。ママ友のいない人が、逆に主流派なのではと感じられる勢いです。

『年長と年少の子どもがいます。特定のママ友はいない、行事のときは近くにいる顔見知りのママたちと、ちょっと話す程度。知らないことは先生に聞く。困ることありません』

『あいさつはするけど、親しいママ友なんてずっといない。作る気もない。困ったことは先生に聞けばいいし。全然さびしくない』

『ママ友はいないまま、上の子は高校卒業した。全然平気だったけど。昔と今のお母さんたちは違うのかな? きょうだい下のふたりも、それぞれいまだにママ友いない』

どうやらみなさん、まったく困っていない様子。「よくも悪くも、園の中のことがまったくわらかないけど」というママもいましたが、そんなときは先生に聞けば問題なさそうです。

ママ友作りをがんばるのは、最初だけ。しだいにめんどうに……

きょうだいを次々入園させるたび、スタンスが変化していったというママたちもいました。やはり長子のときは「さびしいかな?」という不安から、ママ友作りをがんばる人もいるようです。

『長男のときははじめての幼稚園だったから、必死に「友達を作らなきゃ」とがんばった。次男のときはめんどうになり、必死さはなくなった。でもどこかの輪には所属。3番めの長女のときはすべてがめんどうになり、輪にも所属しなくなった。あいさつはする。クラスの集まりには参加するが、個人的な約束はしない。本当にラク』

『あいさつだけしてたら、だいじょうぶ。わからないことがあれば、先生に聞けばいい。私もひとりめのときは必死だったけど、距離感がとても大事だなと気づいた。下の子たちの今は、ママたちとはつかずは離れずの距離。話しかけられたら、その場だけの会話をしてる』

『さびしくない。全然だいじょうぶだった。長女のときはまわりは兄弟関係とかで、入園前からの知り合い同士の親子が多かった。あいさつだけして、深くは関わらないようにしていた。長男が同じ園に通っている今は自分がその立場になったけど、相変わらずあいさつと世間話程度のつきあい。「上の子のとき園ママと仲よくしてたけど、じつはいろいろトラブルもあったんだよ」って暴露してくるママがチラホラ』

ママ友なしでも平気になってくるのは、すでにひととおりを経験して園のことがわかっているからというのが大きいのかも。加えてママ友同士の揉めごとなど、「トラブルに巻き込まれたくない」という思いがあるようです。

ママたちとはなるべく接触を避ける。でも、あいさつだけは忘れずに


「ママ友0人」でも、問題ない。そのうえで「こんなふうにするといいよ」という、アドバイスも寄せられました。

『送迎は幼稚園バスにするといいよ。ほかのママと関わらなくてすむから。うちの幼稚園は1軒ずつ家の前まで来てくれる』

『うちの子の幼稚園もそうだったから、バス通園おすすめ。たまに園までお迎えに行くと、徒歩通園のママたちが子どもを遊ばせながら、ずっと井戸端会議している。これが3年間毎日続くなら、精神的に持たないと思ったわ』

『ママ友いなかったよ。なぜか昔から子どもに好かれるから、子どもたちによく話しかけられる。そのぶんママさんと話す機会がまったくなかった』

投稿主さんが心配していた行事についても、こんな対処法があるそうです。

『全然平気だよ。運動会やお遊戯会なんかは夫やじいばあ、ほかの兄弟も行くから話す人はいるし。参観などでは特定のママさんだけじゃなく、みんなと同じように接する。終わったら「それではさようなら~」とにこやかに去れば、それで問題ないよ』

『人づきあいが苦手だから、親子遠足とか親の出番が少ない幼稚園を選んだよ。あいさつ程度で深くは関わらないけど、仲よくしてるママさんたちを見ると子どものためにはもう少しがんばってママ友作ればよかったかなと思うけど……』

多くのママたちの意見に共通していたのが、「あいさつだけは笑顔でする」でした。これは幼稚園ライフをスムーズに送るために欠かせない、秘訣のようです。
寄せられたコメントから出た結論は、「ママ友なしでも、まったく問題なし」。とはいえもしも気の合うママ友と出会えたとしたら、それはそれでステキですよね。期待はしないまでもゆるいスタンスで、おだやかな3年間を過ごせるとよいですね。

文・鈴木麻子 編集・山内ウェンディ

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_20b06e9acc85_家に遊びに来た小4の子どもの友達が「門限の19時まで居るから」と……早く帰らせても大丈夫? 20b06e9acc85

家に遊びに来た小4の子どもの友達が「門限の19時まで居るから」と……早く帰らせても大丈夫?

2019年9月17日 09:00 ママスタ


年齢が同じでも各家庭で子どもに指定している門限は変わってきますよね。子どもが小学生の場合、みなさんは門限を何時に定めていますか? ある投稿者のママは、子どもの友達が家に来て遅い時間まで居座ろうとすることに図々しさを感じたと相談しています。

『遊びに来た小4の子どもの友達が「19時まで居るから!」と言う……。何でお前が勝手に時間を決めているのかな? と思う。図々しくない? 鍵っ子だか何だか知らないけど、17時に帰ってもらった。子どもに「お母さんひどいよ」と言われたけど、普通だよね?!』

19時まで居たいという子どもの友達に17時に帰ってもらったという投稿者のママ。しかし子どもに非難されてしまい、自分の選択は正しかったのかどうか不安になっているようです。さっそく、この投稿に寄せられたコメントを見ていきましょう。

門限の感覚がルーズだったり自分と友達の門限を同じに考えているのでは?


『小4で夜19時まで遊ぶの? 勘弁してよ。子どもにも何がひどいのか聞くわ!』

『寂しいから長居したいってより、なんかもう門限の感覚みたいかのからおかしいんだろうなって子いない? 私は普段は17時きっかりとも思ってないしお互い親とも知り合いならわりと延長ありな方だけど、門限が厳しい家の子には時計通りに接している!』

『19時までって呆れる。うち夕飯とお風呂が終わってくつろいでいる時間だよ!』

もしかしたら門限の感覚が違ったり、自分の門限と友達の家の門限を同様に捉えているのではないかと推測するコメントがありました。「門限はもっと遅いのになぜ帰らないといけないのか」「自分の親が了承しているのだからもっと遊びたい」と感じる子もいるのかもしれません。

お邪魔しているおうちのルールに従うことを覚えてもらおう

『いるいる(笑)。「◯時までね~」と言っても「うちは◯時まで大丈夫です!」みたいな子。うちも「うちは無理だよ~」で終了です!』

『普通、というか当たり前。それぞれの家のルールがあるってことわからないと。それにしても小4で19時までって、19時になっても親が帰ってこないのかな?!』

『いるいる! 「親が働いているから19時まで大丈夫です!」とか言い切る子。「うちは18時までなの!」と言ったら不満な顔で帰って行った!』

『普通です。「うちは17時までだから!」でいいと思います!』

門限が違う子どもには、「お邪魔しているおうちの門限が早ければそのルールに従うことを覚えてもらう」ことが大切だというコメントが相次ぎました。自分の家の門限まで時間があってまだ遊べたとしても、他の家庭ではご飯を食べたりお風呂の時間だったりします。それぞれの家庭で門限は違うため、今回投稿者が子どもの友達を、投稿者の家庭の門限に合わせて家に帰したことは何も間違っていないと感じる方がほとんどでした。

遅い時間まで帰らない子の対応は?


「門限はお邪魔しているおうちのルールに従うこと」と教えても子どもの友達が帰らない場合や、理解してくれないときはみなさんこんな対応をしているそうです。

『勝手に時間を決められてもうちは17時だからとつっぱねる。小学生で19時までとか、働いているからといって常識を教えない親も問題だし学校の先生に言うわ!』

『うちの地域ではそういうことがあったからか最近では家で遊ぶこと自体禁止している家が多いです。みんな児童館とか、公園とかで遊んでいますね!』

学校の先生に相談して、相手の親に告げてもらったり、帰らない事態を防ぐためにも家で遊ぶことを禁止にしたりといった対策をとっているようですね。投稿者の子どもは友達が帰されることを「ひどい」といったようですが、子どもには友達が帰らないとご飯やお風呂、就寝時間が遅くなることや各家庭で従うべきルールがあるということを教えると良いのかもしれませんね。

文・物江窓香 編集・木村亜希

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_f853045fdd9b_子どもの便秘を防ぐ!便秘解消に効く3つの対策 f853045fdd9b

子どもの便秘を防ぐ!便秘解消に効く3つの対策

2019年9月17日 09:00 ママスタ


「最近便秘に悩む子どもの患者さんが増えています」とおっしゃるのは、便秘外来のある松生クリニックの院長であり、30年で4万人以上の腸を診てきた腸の専門医 松生恒夫先生。子どもの便秘は、生活習慣が大きな要因となるそうです。便秘になりにくい生活習慣とは一体どのようなものなのでしょうか?

こんな生活していませんか?便秘の原因となる生活習慣


便秘は毎日の食事や日々の生活習慣が大きく関係してきます。お子さんが便秘で困っている場合、こんな生活をしていないかチェックしてみてください。

いつも睡眠不足である

遅く寝ると次の日に早起きが難しく生活リズムが崩れますが、生活リズムが崩れると自律神経が乱れます。この自律神経は排泄機能と大きく関係があり、バランスが崩れると腸が活動するリズムも狂ってしまいます。不規則な生活は便秘になりやすいのです。早寝早起きの規則正しい生活習慣を身につけることは便秘改善にも効果的です。

野菜や果物をあまり食べない

野菜や果物、海藻類、穀物などに含まれる食物繊維は、腸を元気にするために必要な栄養素です。食物繊維は便を柔らかくしてくれたり、水に溶けるとゲル状になり有害な成分を吸着して便の中に排泄してくれたりと大事な働きをしますが、厚生労働省の資料によると、今は大人も子どもも食物繊維不足であることがわかっています。手軽に食べられて子どもも大好きなファストフードには食物繊維が圧倒的に少ないことが問題です。毎日の食事の際には野菜や果物などをしっかり食べるように気をつけてあげてください。

朝食を食べない

朝食は体のエネルギーになるだけではなく、腸を元気に動かす役割もあるため、朝食を食べないことは便秘になる大きな原因となります。睡眠時は胃腸も休んでいますが、朝食を食べると腸が刺激を受け、その刺激で腸のぜん動運動が強まります。朝食を抜くと、この働きが起こらず排便ができないため、朝食をとることはとても大切なのです。

環境の変化などのストレスがある

腸はリラックスしているときに活発に動きますが、イライラや不安、緊張状態が続くと交感神経が活発になり腸の動きが鈍くなります。子どもが便秘の場合、実はストレスを抱えていることも考えられます。年齢の低い子どもだとトイレトレーニングが負担になっていたり、小学生などは友達関係や家族などのトラブルなどがストレスになっていたりすることもあります。家庭ではくつろぐ時間を増やすなど、子どもがリラックスできる環境を整えることも必要です。

体が冷えている

夏と冬は特に便秘外来に患者さんが増えますが、クーラーや気温の低下による冷えが影響していると思います。室温と外の気温が10度以上になると、急激な寒暖差に内臓がついていけず体調不良になる方も多いでしょう。毎日の入浴でシャワーを浴びるだけよりも、しっかり湯船に浸かって腸を温めることは便秘解消につながります。なるべくお子さんには、湯船に浸かるように声をかけてください。

これなら毎日取り入れやすい!便秘解消に効く3つの対策


毎日のちょっとした心がけが便秘解消につながります。子どもでも日常に取り入れやすい3つの対策をお伝えします。

寝起きにコップ一杯の水を飲む

朝起きた直後はリラックスしていて、胃も空になっています。水を一杯飲んで胃を刺激してから朝食をとると、腸で強い収縮が始まり、排便がスムーズになります。また、規則的な食事をとることで腸の動きも規則的になり、決まった時間に排便できるようになります。

寝る前の3時間は食べない

寝る前に食事をすると、腸が活発に動く朝の大ぜん動が起こりにくくなります。また、夜は腸を動かし消化器をキレイにするホルモン「モチリン」が分泌されますが、胃腸に食べ物が残っているいと十分に働きません。寝る3時間前には食べ終えるようにお母さんが気をつけてあげてください。

便意をガマンしない

便意をガマンしてしまうお子さんも多いかもしれません。よく便意をガマンしていると、“うんちが溜まった”ということを直腸が認識しづらくなり、便意が起こりにくくなります。また、子どもだと固くて出しづらいうんちを出すのが怖くて、ガマンしてしまうこともあります。便を長い間ガマンしていると、水分が失われて固く出づらい便になってしまうため、便意があったらすぐにトイレに行くことが大切です。朝は必ずトイレに座って出す習慣をつけると、園や学校などでガマンする状況を減らすことができます。毎朝子どもをトイレに座るように声かけをしてあげてください。

お子さんの毎日の食事や生活習慣について気をつけてあげると、お子さんの便秘を予防することができます。参考にしてみてください。

取材、文・山内ウェンディ イラスト・松本うち

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_7c910ed5db8b_残されたトイレットペーパーの芯、冷蔵庫に入っている空のペットボトル……。協力的ではない家族にイラっとしない方法は? 7c910ed5db8b

残されたトイレットペーパーの芯、冷蔵庫に入っている空のペットボトル……。協力的ではない家族にイラっとしない方法は?

2019年9月17日 08:00 ママスタ


みなさんは家事について家族にイラっとすることはありますか? 掃除をしない、ゴミを散らかすなどの家事はもちろんのことですが、ある投稿者は細かい点にイラっとすると登校しています。

家事について家族にイラっとするポイント、分かる?


『こういうの本当イラッとしない?

・冷蔵庫に空の麦茶ボトル
・炊飯器に一口分くらいの米(しかも保温状態)
・冷凍庫にアイスの空箱
・ペーパーホルダーにトイレットペーパーの芯

細かいことかもしれないけれど、本当イラっとくる』

捨てないトイレットペーパーの芯、中身がないのに冷蔵庫に入っているペットボトルなど、次の日と人のことを考えない家族にいら立ちを感じるようですね。ママスタBBSでは「イラ立ちのポイントが分かる!」のコメントが多々ありました。

『わかるー。ほんとにわかる』

『わかるよ、子どもと旦那がよくする』

『ウチの旦那。「お前がやれば良い、俺の仕事じゃねぇ」と思っているんだろうなーと思うと本当イラつく』

家事に協力的ではない家族にイラっとしない方法は?

この投稿に、イラ立ちを感じなくなる方法がアドバイスされているのでご紹介します。

最初から一工夫する

『アイスなら買ってきたときに箱から出す。だらしない家族がいると大変だよね』

『アイスは買ってきたときに箱から出して冷凍庫にしまっている』

『アイスは箱から出して入れた方が良いんだよ。そしたら一つイライラが減るし』

アイスの箱に関しては、最初から箱から取り出して冷蔵庫にしまう方が多いようです。こうすれば、イラ立ちポイントが一つ減りますね。

自分の仕事だと思って“無”になる

『もう当たり前になって、無で片づけをしているわ』

『もう諦めている。無になろう。そしたらイライラもしない』

『残り物のご飯を食べて片付けるのが私の仕事だと思っているから、炊飯器のやつにイラッとすることはない。トイレットペーパーの芯は諦めている。実際1番使っているのは私だろうとも思うし』

他の項目に関しては「無になって自分がやる」と投稿してくれた方も。家族がやってくれないだろうと期待しないことでイラっとしなくなるという諦めにも似たコメントが複数ありました。

「ママがやらずに放置したら改善した」のコメントも


ただ中には、こんなことをしたら何も言わなくても家族が小さな家事をやるようになってくれたというコメントも! 一体どんなことをしたのでしょうか?

『500mlのペットボトルを台所には持ってくるけど、ラベルを剥がして蓋を取ってボトルを洗うまではやらないの。袋がいくらあっても足りなくなるから、旦那のお弁当バッグに洗って乾かしたのを入れといたら車にある程度ためてからスーパーのリサイクルに持ってくようになった。毎日「家事が減るの助かるわ~」とオーバーに言って、旦那の寝室に溜まっているゴミもノータッチにしたら区分けして入れて自分で出すようになって今ではお風呂のカビ取りまでやるように』

『麦茶ボトルは、前はイラッとしていたけれど私も空のボトルを放置するようにしたら、ちゃんと最後の人がお茶を作るようになった』

「ママもやらない」という選択をすることで、旦那さんや子どもたちに「自分がやらないと」という気持ちを持たせることができるようです。家族に何かをしてほしいと思ったら先回りしてママがやらず、ノータッチにするという手段をとることもできるようですね。

「自分がやってしまったほうが早い」と思うか「すすんでやってもらいたい」と思うか、ママの性格によって対処も異なるのではないでしょうか。どちらにしてもママがイライラしない方法をとってストレスを少しでも減らしてくださいね。

文・物江窓香 編集・しのむ

外部リンク

cat_oa-mamasta_issue_2447bf6f355a oa-mamasta_0_120a7b3f15e1_【2人目育児日記】2周目は超スピーディー #4コマ母道場 120a7b3f15e1

【2人目育児日記】2周目は超スピーディー #4コマ母道場

2019年9月17日 07:00 ママスタ

第32話 分かってても焦る


長女は吐き戻しや漏れで汚すことが劇的に少なかったので、予備の肌着の枚数に怯えながら過ごしました。(もちろん買い足した!)

第33話 とても誇らしげな顔をしていた



気づかぬうちに特訓を重ね、進めるようになってたなんて……長女とふたりして「すごいねー!」とほめちぎりました。

漫画・わたなべこ

外部リンク