cat_oa-mainichigahakken_issue_ffe58e94b5e5 oa-mainichigahakken_0_ffe58e94b5e5_体温42.5℃を超えると突然死も!? 長湯は要注意「入浴中の熱中症」 ffe58e94b5e5 ffe58e94b5e5 体温42.5℃を超えると突然死も!? 長湯は要注意「入浴中の熱中症」 oa-mainichigahakken

体温42.5℃を超えると突然死も!? 長湯は要注意「入浴中の熱中症」

2019年10月26日 19:25 毎日が発見

入浴中に浴槽で体調を崩した高齢者のうち、8割以上が熱中症かその疑いがあることが、7月、千葉科学大学の黒木尚長教授の調査で分かりました。従来、入浴の際は、ヒートショックの危険性が指摘されてきましたが、定説が覆る可能性が出てきて注目を集めています。
そこで、調査を行った黒木尚長教授にお話をお伺いしました。


入浴中の体温上昇は危険! 42℃以上の長湯は要注意
厚生労働省の人口動態統計によると、2016年の家庭での浴槽での溺死者数は、5138人。なかでも、65歳以上の高齢者数は4756人と、全体の約9割を占めています。

黒木尚長先生は、65歳以上の男女3000人を対象に入浴に関するアンケートを実施。入浴中に具合が悪くなったことがある人は10.8%に上り、その内訳は熱中症が62.2%、熱中症の疑いが22%。ヒートショックの疑いは、入浴前後を合わせても7.1%でした。

「体温37℃の人が全身浴をした場合、湯温が41℃だと33分、42℃だと26 分で体温が40℃に達します。この結果、入浴中であっても重度の熱中症の症状が出て、意識障害を生じるリスクが高まることが分かります。そのまま入浴を続け、体温が42.5℃を超えれば突然死することもあり得ます」と、黒木先生。

熱中症というと夏というイメージがありますが、入浴中に熱中症を起こすのは、冬場が圧倒的に多いそうです。「夏に比べて冬は、湯温を2℃ぐらい高くして長めに湯につかる人が多くなります。特に、70歳以上になると、神経の老化によって熱さを感じにくくなり、長時間湯船につかる傾向が高くなります。すると、めまいや頭痛、倦怠(けんたい)感など熱中症の初期症状に気付かないまま、意識障害に陥ることもあります」(黒木先生)。

予防のためには、湯温は41℃以下、入浴時間は10分以内を目安にするのが有効です。長湯を好む人は、耳式(鼓膜)体温計でこまめに体温を測るのもおすすめです。体温の上がり方には個人差がありますので、日頃の自分の平熱を知り、入浴中の体温の上がり過ぎを防ぎましょう。

湯温によって深部体温の上昇ペースは異なります!


42℃以上の湯に全身浴でつかると、30分未満で体温は40℃まで上昇!

※参考:杉本有梨、伊香賀俊治、堀 進悟、鈴木 昌、高柳絵里: 入浴時の体温予測モデルの開発と熱中症による死亡・入院リスクの予測。日本建築学会大会(富山)学術講演梗概集 D-2 環境工学Ⅱ、591-592, 2010

上の図は、体温37℃の人が全身浴をした場合の湯温と入浴時間による、体温の上昇を予測したものです。一般的に、湯温42℃での全身浴では、10分間で体温が1℃上昇するといわれます。

こんな症状は熱中症かも!
入浴中や入浴後に下記の症状が起こったら、熱中症の可能性があります。涼しい場所へ移動し、体を冷やしましょう。

●めまい、立ちくらみ
●生あくびが出る
●大量の汗が出る
●筋肉痛、こむら返りがする
●頭痛
●嘔吐
●倦怠感や虚脱感がある

予防には!
湯温は41℃以下、つかる時間は10分までを目安にする
耳式(鼓膜)体温計で深部体温を測る

取材・文=笑(寳田真由美)






<教えてくれた人>

黒木尚長(くろき・ひさなが)先生

千葉科学大学危機管理学部 保健医療学科 教授、医師。入浴事故や熱中症の研究に取り組むこと約30年。主な研究分野は、危機管理学、救急救命学、法医学、賠償科学。

外部リンク

cat_oa-mainichigahakken_issue_ffe58e94b5e5 oa-mainichigahakken_0_6b7b0c011338_「会話」どうすればうまくなる?話すのがラクになる「否定しない空間」の作り方 6b7b0c011338 6b7b0c011338 「会話」どうすればうまくなる?話すのがラクになる「否定しない空間」の作り方 oa-mainichigahakken

「会話」どうすればうまくなる?話すのがラクになる「否定しない空間」の作り方

2020年10月1日 21:25 毎日が発見

「どんな風に話すかで人生は変わる」と言うのは、全国で多数の講演を行う人材育成のプロ・永松茂久さん。そんな永松さんが会話のノウハウをまとめた著書『人は話し方が9割』(すばる舎)から、「好印象を与える会話のコツ」を抜粋してお届けします。


自己肯定感が上がると、話すのはこんなにラクになる
「人前で話した時、急に頭が真っ白になってしまった」

「何を言っているのかわからない、と言われて自信をなくした」

「声が小さい、と言われてどうしていいのかわからなくなった」

こうした苦い経験が元となって、「自分は話すのが苦手」と思い込んでしまっている人は少なくないでしょう。

これは、話し方における自己肯定感が失われてしまっている状態。

あまり知られていませんが、自己肯定感をなくしてしまったメンタルの状態を「自己否定感」と言います。

健全な自己肯定感を持つことは、自信の源になります。

裏を返せば「うまく話せない」「いい人間関係を築けない」は、自己否定感の元にもなりうるのです。

みなさんもおわかりの通り、本来は一度や二度の失敗で「話すことが苦手」という強迫観念を持つ必要は全くありません。

しかし「話すことが苦手」と思い込んでいる人の多くは、数少ない失敗や心ない誰かの指摘が原因となって、話すことに苦手意識を持ってしまっています。

そんな人も、自分をラクに楽しく肯定できれば、確実に話し方はうまくなっていきます。

また、人間関係も今よりずっとラクに、良好になっていきます。

相手の言葉を、必要以上に重く受け止めない
先日、こんな相談を受けました。

「知り合いに住んでいるところを聞いたら、『そういうことを聞かれて嫌な気持ちになる人もいるんだから、安易に聞いちゃダメだよ』と言われました。それ以来、誰にも住んでいるところを聞けなくなってしまいました」

人によって感じ方はそれぞれですから、相手の言い分にも一理あるでしょう。

見方を変えれば、「プライベートの境界線は人によって違うから、何を言うにも慎重に」と、苦言を呈してくれたとも取れます。

しかし、一方で、私はこうも思うのです。

今まで、おそらく何百人と出会ってきた中で、たった1人から言われたことを気にして萎縮してしまうなんて、もったいないな、と。

ひょっとすると、あなたも一度や二度の言葉の行き違いや感覚のズレによって傷つき、自信を失い、それが元で話すことへの苦手意識が芽生えてしまったのではないでしょうか。

ここで、私は断言します。

一度や二度の注意や失敗くらいで、会話を怖がる必要は全くないのです。

「あ、この人はこういう話題は嫌な人なんだな」と受け止め、その人に同じ質問をしなければいいだけの話なのです。

話している相手を否定しなければ、相手もあなたを否定しなくなる
では、過去の苦い経験で失ってしまった自己肯定感を取り戻すには、どうしたらいいのでしょうか。

話すことを通じて失った自己肯定感は、やはり話すことを通じて取り戻すのが一番です。

そこでキーワードになるのが、「全肯定」です。

「話している相手を決して否定しない、そしてあなた自身も否定させない」ということです。

つまり、相手との間に「否定のない空間」を作るのです。

人は、自分を肯定してくれる人を肯定するようにできています。

そこであなたが相手を否定しなければ、相手もあなたを否定しなくなっていきます。

「相互全肯定」の状態です。

その体験の中で、自然と自己否定感が薄れ、自己肯定感が高まっていくのです。

相手を肯定すると同時に、あなた自身が「否定のない空間」に身を置くことが大切なのです。



人を動かす、会いたいと思わせる、嫌われないなど37の会話のコツを全4章で解説しています




永松茂久(ながまつ・しげひさ)
大分県中津市生まれ。株式会社人財育成JAPAN代表取締役、永松塾主宰。全国で数多くの講演、セミナーを実施。2019年4月、東京に自社のセミナールームである「麻布『翔』ルーム」をオープン。著書には、『20代を無難に生きるな』『30代を無駄に生きるな』(きずな出版)、『感動の条件』(KKロングセラーズ)など多数あり、累計発行部数は140万部を突破している 。

外部リンク

cat_oa-mainichigahakken_issue_ffe58e94b5e5 oa-mainichigahakken_0_58d3785e517f_社会人になった息子が「我が家」を巣立つ日。ガランとした部屋を見た途端、涙があふれて... 58d3785e517f 58d3785e517f 社会人になった息子が「我が家」を巣立つ日。ガランとした部屋を見た途端、涙があふれて... oa-mainichigahakken

社会人になった息子が「我が家」を巣立つ日。ガランとした部屋を見た途端、涙があふれて...

2020年10月1日 20:25 毎日が発見

この記事を書いた人

ペンネーム:そらまめ
性別:女
年齢:51
プロフィール:コロナで自粛中パートの仕事がなくなったので、一時期ハマったアクセサリー作りに再度ハマりました。


社会人の息子が一人暮らしを始めました。

これは「子供がある程度の年齢になったら自立のためにも一人立ちさせる」という我が家の教育方針によるもの。

うちの夫は高校卒業後に会社の寮に入り、また夫の兄は大学入学と同時にアパートで一人暮らし...と、夫の実家がそのようにしてきたようです。

ただ、就職してすぐに一人暮らし、というわけにはいきませんでした。

社会人になったものの、当時の息子の給料では一人暮らしが出来るほどの余裕がなく、「お金が貯まったら一人暮らしをする」と決めていました。

うちには息子以外にも中学生の娘がおり、子供部屋に出来る部屋が一つしかありません。

子供達の年齢が離れているため、子供部屋はまずは息子の部屋、息子が自立した後に娘の部屋にする約束なので「自分の部屋が欲しいのに〜! お兄ちゃんが社会人になったら一人暮らしをして部屋を譲るって言ってたのに」と中学生になった娘は不満そうでしたが、先立つものがなければ一人暮らしは出来ません。

娘をなだめながら1年、ようやくお金の目処が立った息子が会社の近くに部屋を見つけ、一人暮らしをすることになったのです。

引っ越し当日。

荷造りを終え段ボールだらけになった息子の部屋から段ボールを運び、息子のものがすっかり無くなりガランとした部屋を見たら、なんだか寂しくて涙が止まらなくなりました。

息子が小学校低学年の頃、1人でベッドで寝られなくてずっと横についていたなとか、この部屋で一緒に宿題をやっていたなとか。

大きくなっても朝が弱く、なかなか起きなくて何度もこの部屋に息子を起こしに来たよなとか、いろいろな思い出が蘇ってきて涙が止まりませんでした。

息子の一人暮らしは、家庭の教育方針と子供部屋の関係で、以前から決まっていたこと。

しかも中学生や高校生で親元を離れるお子さんもいる中、うちは社会人のもう立派な大人の息子、しかも一人暮らしスタートする時期が1年遅れたんだから寂しくない! 

そう自分に言い聞かせるのですが、涙は溢れてくるのです。

「うちの親は、俺が寮に入る時に実家から300キロも離れていて、簡単には会えなくなるのに泣かなかったぞ。息子の家は車で40分の距離じゃないか。なんでそんなに泣いてるんだ」

夫はそう言ってあきれていましたが、寂しいものは寂しいのです。

自分でも夫があきれる気持ちが理解できます。

子離れできない自分もなんだか恥ずかしいし、子供の自立は本来喜ぶべきことでしょう。

それなのに、この寂しい気持ちをどうしても抑えきれません。

ガランとした部屋を見ると寂しくなるかもしれない。

この部屋がすっかり娘の部屋になり、息子がいない生活を何日か続けたらもう寂しくなくなるかもしれない。

そう思いながら数日が経ちましたが、未だに寂しい気持ちが拭えません。

これが「空の巣症候群」なのでしょうか?

あとは時間だけが頼りです。

時間が過ぎ、寂しい気持ちが薄れていき、息子の自立を心から喜べる日が来るのを待つばかりです。






※健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
※記事に使用している画像はイメージです。

外部リンク

cat_oa-mainichigahakken_issue_ffe58e94b5e5 oa-mainichigahakken_0_36ae0ff78968_家庭内別居中に不倫した夫に慰謝料請求できる? 知っておきたい法的な「別居」の考え方/おとめ六法(19) 36ae0ff78968 36ae0ff78968 家庭内別居中に不倫した夫に慰謝料請求できる? 知っておきたい法的な「別居」の考え方/おとめ六法(19) oa-mainichigahakken

家庭内別居中に不倫した夫に慰謝料請求できる? 知っておきたい法的な「別居」の考え方/おとめ六法(19)

2020年10月1日 20:25 毎日が発見

DVやハラスメント、性犯罪に娘のいじめ...「女性が巻き込まれやすいトラブル」は数多くあります。でも、そうした悩みを解決したくても、「誰かに相談したら逆に悪化するかも...」とどうしていいかわからない人も多いと言います。そこで、弁護士の上谷さくらさんと岸本学さんの著書『おとめ六法』(KADOKAWA)より、女性の味方になってくれる「法律」についてご紹介。ぜひ、ご自身やお子さんがトラブルの参考にしてください。






夫婦といえない間柄
別居は、夫婦が別々に住んでいることを指します。

離婚で争いになる場合、裁判所が離婚を認める基準の一つに「別居期間の長さ」がありますが、家庭内別居では別々に住んでいないので、別居とみなされないのが原則です。

そのため、「長年、家庭内別居の状態」といくら主張しても、それだけで「夫婦関係が破綻している」という判断はされません。

「まったく会話がない」「お互い顔を合わせないように、生活の時間帯をズラしている」などの事情があれば、夫婦関係が悪化していたこと自体は認定される可能性があります。


©Caho





単身赴任は別居扱いになる?
単身赴任は基本的に別居ではありません。

状況によっては頻繁に自宅に帰るのが難しいこともあるからです。

別居と認定することは困難な場合がほとんどだと考えられます。


【事例1】
家庭内別居中に相手が不倫をした。慰謝料請求は行いたい。

【ANSWER】
家庭内別居は、「夫婦関係の破綻」とみなされない可能性が高いため、慰謝料請求が可能です。


【事例2】
配偶者の不倫。関係を見直すために別居することに。離婚も見据えて準備しておくべきことは?

【ANSWER】
夫婦の共有財産の確認をすることが大事です。

名義にかかわらず、預貯金の口座を把握する、生命保険の有無、生命保険のタイプ(学資保険は忘れがちなので注意!)、会社で財形貯蓄がないか、有価証券の有無、車両の有無、などを確認しましょう。

子どもがいる場合は、転校するのか、生活費はどうするのか、働いている間に預ける場所はあるかどうかを確認します。

別居した親と子どもの関わり方についても、約束事を決めておきましょう。

浮気が原因で別居する場合は、浮気の証拠も確保しておきましょう。

浮気について相手が認めてそれで別居する、ということがわかる証拠(会話の録音、録画など)を作っておくのがよいでしょう。


【事例3】
専業主婦だった自分にはすぐ十分な収入が見込めない。別居中は夫に生活費を頼める?

【ANSWER】
「婚姻費用」を支払うべき法律上の義務があります。

任意で渡してくれないようであれば、家裁に調停を申し立てるべきです。

支払義務者が拒否しても、裁判所が「いくら払うように」と決めてくれます。

支払われない場合、給与の差し押さえができます。


ほかにも書籍では、恋愛・くらし・しごと・結婚など6つの章だてで、女性に起こりうる様々なトラブルに「どう法的に対処すべきか」が解説されていますので、興味がある方はチェックしてみてくださいね。



六法やDV防止法、ストーカー規制法...。女性の一生に寄り添う大切な法律が、6章にわたって解説されています。




上谷さくら(かみたに・さくら)
弁護士(第一東京弁護士会所属)。犯罪被害者支援弁護士フォーラム事務次長。第一東京弁護士会犯罪被害者に関する委員会委員。毎日新聞記者を経て、2007年弁護士登録。保護司。

岸本学(きしもと・まなぶ)
弁護士(第一東京弁護士会所属)。第一東京弁護士会犯罪被害者に関する委員会委員。人権擁護委員会第5特別部会(両性の平等)委員。民間企業のコンプライアンス統括部門を経て、2008年横浜国立大学法科大学院を卒業。同年司法試験合格。金融庁証券調査官を経て、2010年弁護士登録。

外部リンク

cat_oa-mainichigahakken_issue_ffe58e94b5e5 oa-mainichigahakken_0_071bc9b23017_身体の中の大掃除か...。「プチ・断食」による新鮮な経験/続・僕は、死なない。(28) 071bc9b23017 071bc9b23017 身体の中の大掃除か...。「プチ・断食」による新鮮な経験/続・僕は、死なない。(28) oa-mainichigahakken

身体の中の大掃除か...。「プチ・断食」による新鮮な経験/続・僕は、死なない。(28)

2020年10月1日 20:25 毎日が発見

「50歳での末期がん宣告」から奇跡の生還を遂げた、刀根健さん。その壮絶な体験がつづられた『僕は、死なない。』(SBクリエイティブ)の連載配信が大きな反響を呼んだため、その続編の配信が決定しました! 末期がんから回復を果たす一方、治療で貯金を使い果たした刀根さんに、今度は「会社からの突然の退職勧告」などの厳しい試練が...。人生を巡る新たな「魂の物語」をお届けします。


プチ断食リトリート
10月初旬、6月末に書き上げた原稿の修正が終わった、と出版社から連絡が入った。

著者である僕に全体を通して読み直し、確認してもらいたいとのことだった。

僕はさっそく出版社に出かけた。

原稿に目を通すと、僕が書いたところと、後から編集者が筆を入れて修正したところが分かった。

僕が書いた原文から、そこそこの分量が修正されていた。

僕も頑張ったけれど、出版社や編集の人も相当に力を入れていることが感じられる力作になっていた。

ま、いいか。

全体的におかしくもなかったし。

僕は原稿にオッケーを出すと、出版社の人と話をした。

そこでちょっとした方針の違いが明らかになった。

それに対して僕は自分の意見を伝え、出版社を後にした。

やっと出来あがったな...

出版は2月くらいって言ってたっけ...。

それから数日後、僕は長野県は菅平高原にある『時空の杜』という場所にいた。

僕がお世話になったビーイング・タッチの河野さんが3日間の日程で「プチ断食リトリート」を行うことになり、そのリトリートのゲスト講師として僕を呼んでくれたのだった。

僕の「がんからの生還体験」を話してほしいとのことだった。

僕は尊敬している河野さんと一緒にリトリートが出来る嬉しさもあり、即答で行くことを決めていた。

10月になると少し肌寒い菅平高原リゾートの中、さらに最も高い場所である標高1500メートルの場所に「時空の杜」は"凜"と建っていた。

ほどよく手入れされ、白樺が群生する森林の中に、静かに、しかし地に足をつけてしっかりと建っている建物、そんなふうに、僕は感じた。

「こんにちは、よくいらっしゃいました」

『時空の杜』のオーナー中澤さんと奥様の恵子さんが気持ちよく出迎えてくれた。

中澤さんはここのオーナーであるとともに、"建築家"という顔と仕事も持っている多才な人だった。

「今回のプチ・断食リトリートの先生をしていただける、岡部先生です」

「こんにちは、岡部です」

そこにはもう一人の講師、マクロビオテックの岡部賢一先生がいた。

岡部先生は低くつやのある声と、子供のようにキラキラと輝く目を持った不思議な人たっだ。

「今回は河野さんと、岡部さん、そして刀根さんの三人の講師の先生で行こうと思っています」

中澤さんが言った。

「はい、こちらこそ、ありがとうございます。僕でお役に立つのであれば、嬉しい限りです。よろしくお願い致します」

このリトリートは「プチ・断食」と名前がついているように、土曜日の午後から月曜日の午後まで、約2日半ほどの断食を行う。

「断食、したことがありますか?」

久々に会った河野さんが僕に聞いた。

「いえ、初めてです」

河野さんはニコッと笑うと、「気持ちいいですよ。身体が清浄になるのが分かります。体調も良くなりますよ」と言った。

「そうなんですか?お腹すかないですかね?」

「それがね、全然大丈夫なんですよ」

河野さんはいたずらっぽく笑った。

二日半もなにも食べずにいて、お腹が減らないわけがない、と僕は思った。

ボクサーたちの減量だって、絶食するのは厳禁になっている。

「あしたのジョー」の時代じゃないんだから。

荷物を置いて、さっそく岡部先生の講義からリトリートが始まった。

このプチ断食では、全くの絶食ということはしない。

岡部先生が特製のドリンクを調合して作ってくれて、それを飲んだり、お茶を飲みながら3日間過ごす。

岡部先生は言った。

「身体の調子が悪かったり、病気のとき、食べるのは人間だけなんです。動物は食べません。なぜなら、そのほうが身体にとっていいからなんです」

そういえば、そうだな。

僕はうなずいた。

「病気だから、食べろ、食べろ、と言って病人に無理矢理食べさせると、本来は身体を修復したり回復したり、細菌をやっつけたりするときに使うエネルギーが、消化のほうに回ってしまって、逆に良くないんですよ」

なるほど、そうか...。

そういえば、がんの治療でも『断食』を推奨している医師やクリニックがあった。

僕も興味があって調べたことがある。

実行はしなかったけれど。

「身体の外から得る栄養分が枯渇すると、身体自体が食べ物ではなくて、自分の身体の材料を使って再生を始めます。自分の身体の中の材料を使って、自分でタンパク質を作り出すんです。これをオートファジー、自食細胞と言いまして、細胞内の浄化とリサイクルの働きのことです。これで東工大の大隅先生がノーベル賞をとりました」

おお、そうなのか。

「その再生に使われる材料は、細胞内にたまった不要なタンパク質などの不要物質、つまり、ゴミですね。そして有用なところは細胞質に戻して再利用に使われるわけです。つまり、身体の中の大掃除が始まるわけですね」

「オートファジーは細胞質内に侵入したウイルスや細菌を取り除く防衛機能の働きも持っていて、細胞内のミトコンドリアに損傷が見つかると、それを壊す機能もあります。ミトコンドリアが傷つくと、通常の10倍以上の活性酸素が体内に放出されますので、腎臓や肝臓といった既存の解毒システムでは対応できなくなるのです。こうした致命的な欠陥を防ぐための安全装置がオートファジーとも言えます」

「マウスの実験では、えさを与えるのを止めてから6時間で肝細胞のオートファジーが働きだし、24時間もすれば全身の細胞でオートファジーが活性化することが確認されています」

「人間の場合、24時間の断食で肝臓のオートファジーが活発化し、3日間の断食で全身のオートファジーが活性化されるといってもいいでしょう」

「オートファジー機能を活性化できれば、アルツハイマーやパーキンソン病と言った神経細胞のダメージによる疾患の改善につながるだけでなく、がん細胞による遺伝子の傷を修復したり、腫瘍の発生を抑えたり、細胞を常に新鮮な状態に保てるので、老化も防ぐことが出来ます」

岡部先生の話は目からうろこが落ちるように、新鮮で斬新だった。

※もちろん、これは僕が聞いた講義の内容なので、読者の皆さんで興味がある人は、きちんと調べてみてくださいね

僕はがんが身体中にあったとき、食事のことは妻に任せっきりにしていたので、こういったことは何も知らなかった。

妻ならある程度知っていただろう。

僕はこういうことに興味のある妻にも聞いてほしいな、と思った。

岡部先生の講義が終わると、次は河野さんのワークだった。

河野さんは僕も南伊勢で教えてもらった「ビーイング・タッチ」の初めの部分、「自分のエネルギーを感じながら動いてみる」をみんなに教えてくれた。

目をつぶって自分の中に流れているエネルギーに意識を向けてみる。

すると不思議、確かにそれは流れている。

その流れが右に流れていれば、身体ごと右に動いてみる。

上に動いていれば、少し反り返る。

そうやって身体の流を感じながら、その流れに逆らわずに一緒に流れていく。

「"快"方向を感じてください」

気持ちがいい、という方向へ抵抗なく流されていく。

それはとっても気持ちが良かった。

みんなで気持ちよくフラフラと漂っていると、あっという間に時間が経っていた。

そして夜になった。

『時空の杜』の食堂兼ワークルームに、見慣れない石やガラスで出来た様々な大きさの器がたくさん並んでいた。

「これは、何ですか」

中澤さんに聞いてみた。

「これはね、クリスタルボウルですよ」

「クリスタルボウル?えっと、楽器ですよね」

「そう、僕、演奏できるんですよ」

中澤さんはいたずらっぽく目を輝かせた。

「叩くんですか?」

「叩きもしますが、こうするんです」

中澤さんは皮が巻いてある木の棒を手に取ると、器の縁をゆっくりとなぞりはじめた。

すると...。

コ~ンという澄んだ音が響き始めた。

「おお、すごいですね」

「大きさによって音が違うんです。周波数が変わるんですね」

中澤さんはさっきよりも小さなクリスタルボウルを、ゆっくりとなぞりはじめた。

キ~ン

確かにさっきよりも高い音だった。

「おおお、面白いですね。僕もやっていいですか?」

「もちろんです、お好きなものでやってください」

僕は棒を受け取ると器の縁をなぞってみた。

中澤さんみたいに澄んだ音は出なかったけれど、それは面白い体験だった。

「明日の午前中、刀根さんのお話の時間ですからよろしくお願いしますね。それじゃ、おやすみなさい」

中澤さんはにこやかに事務所に帰っていった。

そうか、明日は僕が話す番なんだな。

僕は仕事で人前で話すことは慣れていたけれど、がんの話をするのは初めてだった。

何を話すのかは全く考えていなかった。

こういうときは、考えたり準備をしないほうがいい。

そのとき、その場で感じ、浮かんできたものを正直に話すほうが、よりいいものになるだろう。

【次回予告】

「がんになって良かった」僕の体験を「言葉」にして感じたこと。

※第29回は2020年10月2日(金)20:30に配信予定です





50歳で突然「肺がん、ステージ4」を宣告された著者。1年生存率は約30%という状況から、ひたすらポジティブに、時にくじけそうになりながらも、もがき続ける姿をつづった実話。がんが教えてくれたこととして当時を振り返る第2部も必読です。




刀根 健(とね・たけし)

1966年、千葉県出身。OFFICE LEELA(オフィスリーラ)代表。東京電機大学理工学部卒業後、大手商社を経て、教育系企業に。その後、人気講師として活躍。ボクシングジムのトレーナーとしてもプロボクサーの指導・育成を行ない、3名の日本ランカーを育てる。2016年9月1日に肺がん(ステージ4)が発覚。翌年6月に新たに脳転移が見つかり、さらに両眼、左右の肺、肺から首のリンパ、肝臓、左右の腎臓、脾臓、全身の骨に転移が見つかるが、1カ月の入院を経て奇跡的に回復。現在は、講演や執筆など活動を行なっている。

外部リンク

cat_oa-mainichigahakken_issue_ffe58e94b5e5 oa-mainichigahakken_0_21a229b1669f_皮肉ばっかり言う人だったな...。「なんとなく」離婚した元夫との思い出 21a229b1669f 21a229b1669f 皮肉ばっかり言う人だったな...。「なんとなく」離婚した元夫との思い出 oa-mainichigahakken

皮肉ばっかり言う人だったな...。「なんとなく」離婚した元夫との思い出

2020年10月1日 20:25 毎日が発見

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:みぃや
性別:女
年齢:47
プロフィール:23歳で授かり婚をして、4人の子供に恵まれるも12年ほどで離婚。親権を初めは男の子2人を元主人が、女の子2人を私がという形で分けることに。現在は子供もみな独立し、孫も2人います。


かつてのパートナー、元主人の話です。

私は23歳の頃、元主人と授かり婚をしました。

結婚する前、まだお付き合いをしたての結婚半年前、元主人はどこからお金を工面したのか、私を立派な中華レストランに連れて行ってくれました。

初めて食べる本物の中華料理は絶品でした。

エビチリや、点心に舌鼓を打ちながら食べていると、ふかひれのスープが運ばれてきました。

ふかひれなんて食べたことがなかった私は、「これがふかひれ?」と言いながら、箸でつまんでパクリ。

すると「今のは春雨だ」と元主人。

「じゃあ、これが春雨ね」と箸でつまんで口に運ぼうとすると、「それがふかひれだ」と元主人。

「えーどっちがどっちかわかんないけど、ふかひれおいしい」

「お前には春雨で十分だ、お前に食わせるふかひれは価値がねえ」

そんなお言葉をいただきました。

それからしばらくして新婚の頃、回転ずしを食べに行ったところ、17皿食べた私の食べっぷりに元主人がびっくり。

「5枚以上食べるなんて、女じゃねえ」

そして帰って家事をしようとしたものの睡魔が襲いごろ寝をしていると、さらに皮肉が飛んできました。

「お前は食っても食っても走らねえ、アメ車みたいな女だ」

はいはい、悪かったですね...とスルーしました。

しかし結婚してから12年が経つ頃、いろいろありましたが、これという原因があるわけでもなく離婚することになりました。

子供たちは女の子2人を私が、男の子2人を元主人がという形で、親権を分けました。

離婚してしばらく、養育費を入金してくれる以外は、なんの音沙汰もなかった元主人ですが、娘たちにとっては大切な父親です。

娘ふたりでお泊りで会いに行ったことがありました。

とっても喜んで帰ってきた娘たちに「お父さんなんか言ってた?」と聞くと「お前の母さんはぺちゃぽにょぼんだ、って言っていたよ」とのこと。

ぺちゃぽにょぼん? どうやら、私のスリーサイズのことで、胸はぺちゃんこ、お腹はぽにょっと、お尻はボンと出てるとのことらしいです。

そんなこと娘に言うなんて...と、あきれつつ、当時のことを思い出しました。

思い返せば、元主人とは、彼が浮気をした時くらいしか喧嘩した記憶がありません。

その喧嘩だって、尾を引くようなねっとりとした喧嘩ではなく、あっさりしたものです。

主人が浮気した時でさえ、修羅場になることもなかったくらいの私たち。

ならなぜ離婚したの? と聞かれると、「なんとなく」と答えるしかないんです。

珍しい関係だったのかもしれませんね。

しかし、冷静になって当時を振り返ると、よくあんなこと言われて、喧嘩にならなかったなと思います。

そして、今でも元主人は、なにかと訳の分からない皮肉を言い続けているのではないか...と、現在の奥さんが気の毒にもなるのです。







※健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
※記事に使用している画像はイメージです。

外部リンク

cat_oa-mainichigahakken_issue_ffe58e94b5e5 oa-mainichigahakken_0_54f051738cc7_「和気あいあい」の社風とはいえ...。63歳「おばあちゃん社員」の私が奮闘する「我が社のコロナ対策」 54f051738cc7 54f051738cc7 「和気あいあい」の社風とはいえ...。63歳「おばあちゃん社員」の私が奮闘する「我が社のコロナ対策」 oa-mainichigahakken

「和気あいあい」の社風とはいえ...。63歳「おばあちゃん社員」の私が奮闘する「我が社のコロナ対策」

2020年10月1日 19:25 毎日が発見

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:くもりのち晴れ
性別:女
年齢:63
プロフィール:中小企業の事務をしているおばあちゃん社員です。


現在63歳の私。

時代に乗れない社員ばかりの会社で、事務をしています。

2020年、新型コロナウイルスが日本にやってきて、我が社も少なからず感染予防対策が必要となりました。

しかし、我が社ではなかなか対策が進みません。

とある49歳男性社員は社内ではマスクもしないし、対面のデスクで平気でおしゃべりや咳をします。

何度注意しても一向に埒があきません。

コロナによる咳ではないとわかっていても歓迎できませんので、考えあぐねてデスクをお手製パーテーションで区切り、話しかけてきても生返事で仕事をするようになりました。

するとようやく何か感じてくれたようで、ノーマスクながらも翌日からは離れた席に移り、おしゃべりも少なめに仕事をしてくれるようになりました。

もともと手洗い場やトイレに共有タオルを置いていたのですが、コロナ騒動で中止にしたところ「ブーイングの嵐」が四方八方から襲ってきました。

私はマイタオルを使用しているのですが、うっかり置き忘れた時に取りに行くと、40歳の男性社員が使っていて、ぞっとしたこともあります。

もちろん小さいお子さんのいる社員達は、出来るだけ感染予防対策を心がけているようですが、我が社の男性独身社員は、あまり気にしていないよう。

皆にマイタオルを持参するよう、気長に促している日々です。

また、感染予防の観点からいえば、紙より電子ファイルの方が自分的には好ましいのですが、他部署では紙ベースでないと安心できない様子。

仕様書、図面、申請書控などすべて出力して、ファイリングしています。

PCやタブレットが使えない社員も結構いますので、もちろんテレワークなど無縁です。

書類は常に目線より高く積み上げられていて、揺らすと崩れそうですが、下手に片付けると怒鳴られるので、明らかに不要と分かっていても誰も触れられないまま...。

それらの書類の一部が日々まわってきますが、私がいる部署では全て電子化して利用するようになり、進歩が見られて喜ばしいです。

そして一番心配になるのは、社内の除菌に関してです。

「半潔癖症」とでもいうべき私は、ウイルスに色が付いていたらありがたいと思いながら、隅々まで徹底して消毒、清掃しています。

それを見て35歳の女性社員がそこまでするのかと嫌な顔でクレームをつけてきました。

以前「感染源がタブレットだったかもしれない」というネットニュースを見たことを伝え、嫌なら私が1人でするから気にしないで欲しいというと、それ以来彼女は何も言わなくなりました。

そしてたまに手伝ってくれるようにもなったのです。

話せば分かってくれる、と嬉しく思いました。

ここまで話していて、なんとなく察している方もいるかもしれませんが、当社では古いタイプの人物が大きな顔をしています。

68歳の役員は、「行動のすべてが思いつき?」と疑うほど、なんでも突然行います。

先日は、月次決算の終わった後になって全員の昇給を月初めまで遡るよう命令してきました。

この役員はかなり気分屋さんで、ご機嫌の悪い日は些細なことに文句を言い、来客中であろうが八つ当たりしてきます。

頻繁にお見えになる方は性格をよくご存じなのですが、初めての方は呆気にとられます。

最初の頃、私も一々気分を害していまたのですが、自分が「水」のようになれば、矛先がこちらを向いていようが刺されようが、痛くないことに気がつきました。

暫くすると当の役員は、何事もなかったかのように振る舞うのだから、あきれてしまいますよね。

普段はゆったりと働けて、始業前のミーティングなど和気あいあいとしている我が社。

いつもギクシャクしている訳ではありません。

突然人目も憚らずブチ切れたり、我を通したりする人がいなければ、とても心地よい職場です。

他人から見ると、私自身も戒めなければならないことがおそらく沢山あるのだと思います。

できればずっと笑顔で働いていたいから、古株の人達にもコロナ対策は受け入れてほしいと思う、今日この頃です。






※健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
※記事に使用している画像はイメージです。

外部リンク

cat_oa-mainichigahakken_issue_ffe58e94b5e5 oa-mainichigahakken_0_cee5d33a52b1_「まさか心筋梗塞!?」パートの工場のラインを止め、うずくまる52歳の私を襲った「胸の痛み」の原因は...⁉ cee5d33a52b1 cee5d33a52b1 「まさか心筋梗塞!?」パートの工場のラインを止め、うずくまる52歳の私を襲った「胸の痛み」の原因は...⁉ oa-mainichigahakken

「まさか心筋梗塞!?」パートの工場のラインを止め、うずくまる52歳の私を襲った「胸の痛み」の原因は...⁉

2020年10月1日 17:25 毎日が発見

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:向日葵
性別:女
年齢:52
プロフィール:脳梗塞の夫と二人の子供と暮らす、働くお母さんです。


私は52歳のパート主婦です。

食品関係の製造の仕事をしており、立ち仕事の上前傾姿勢で長時間いるため、慢性的な腰痛もちです。

ここ3年ほどは、ネットで探した近場の腕のいい接骨院に定期的に通って、どうにか腰痛の悪化を防いでいます。

ところがこの前、仕事中にとても痛い思いをしました。

腰痛ではなく胸の下、あばらのあたりの痛みです。

いつものように、いつもの作業を前傾姿勢で淡々とこなしていました。

一つの製品が作り終わり、次の製品に切り替わる間に準備をしつつ腰を伸ばして、次の作業に入って数分後。

食材を取るために、斜め後ろに右手を伸ばした次の瞬間。

「ぴきっ!」 っと左胸の下あたりに痛みが走りました。

痛みで身動きもできず、「うううっ!」と唸りながら、数分間その場で1人悶絶しておりました。

痛い場所が左胸の下だったため、「もしかして心筋梗塞!?」と半ばパニックになりかけましたが、じっとしているとほどなく痛みは引き、ほっと一安心。

もちろん、申し訳ないことにラインは一旦停止。

駆けつけた来た社員や同僚たちが心配してくれる中、「す、すみません、大丈夫です」と詫びを言って作業を再開。

しかし、すぐにまた今度は右胸の下が同じ状態に。

連続でラインを止めるわけにもいかず、歯を食いしばりつつ「ここが痛いの」と涙目で隣りの同僚に訴えると、「それ、もしかして、こむら返りじゃないの?」と一言。

そう言われれば、足がつった時のように、筋肉が固くなって盛り上がっていたような...。

そうこうしているうちに、痛みの波は引き、ほっと一安心。

後日、接骨院の先生に聞いてみると、やはりこむら返りだったようで、姿勢が悪いことが大きな原因ではないかということで、ストレッチの方法を教えていただきました。

運動不足や、筋力の衰え、肥満など様々な要因があるそうですが、私の場合はちょっと体重が増加気味だったことも原因のようです。

そこでダイエットにもなるかと思い、毎日ストレッチに励むことにしました。

ストレッチ方法は自己流で、名付けて、「背筋のびのび運動」。

まずは、立った時の姿勢が大切だそうです。

肩幅よりもやや広いくらいに足を開き、つま先と膝をまっすぐ前に向けます。

この段階で、私は軽い違和感を感じました。

知らず知らずのうちに歪んだ立ち方が身についてしまっていたようです。

まっすぐ立ったあと、両手を胸の前で合わせて、そのまま頭上高くゆっくりと上げていき、上げ切ったところで30数える。

でも私は、最初、腕が真上にあがらす、前に傾いた状態で10数えるのがやっとでした。

次に、頭上で合わせた両手を真横に開いていき、腿の横まで下げます。

この時、手の甲は腿側を向いていますが、その手の甲を背中側、背骨の中心に向かってペンギンのように90度くらいくいッと曲げます。

ここで、又、30数えてキープ。

ポイントは、限界点でキープすることです。

猫背になっていた胸をピーンと張った感じで、胸の筋肉が伸びるのを感じました。

呼吸の方法やタイミングは特に気にせず、自然な呼吸でOKです。

これを10回1セットで1日2回、お風呂上がりと、朝、起きたときにやってみたところ、2カ月後には自分でも分かるくらい姿勢が良くなり、職場の同僚に「え? やせたね! どうしたの!?」と驚かれました。

体重自体はそれほど変化はありませんが、猫背気味だった背筋が伸びたことで、たるんでいたお腹がひっこみ、胸を張る姿勢でバストアップして見えるためだと思います。

肝心のアバラのこむら返りは、今のところ起こっていません。

仕事の他にも、スマホやパソコン作業などで、今でもふと油断すると猫背気味になってしまうので、あの時のアバラの痛みを思いだして、背筋のびのび体操を続けています。

姿勢って、本当に大事ですね。

しみじみと実感した体験でした。






※健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
※記事に使用している画像はイメージです。

外部リンク

cat_oa-mainichigahakken_issue_ffe58e94b5e5 oa-mainichigahakken_0_06366ec1acbf_どちらが「分かりやすい」ですか? 「親切心がない」分かりにくい表現とは 06366ec1acbf 06366ec1acbf どちらが「分かりやすい」ですか? 「親切心がない」分かりにくい表現とは oa-mainichigahakken

どちらが「分かりやすい」ですか? 「親切心がない」分かりにくい表現とは

2020年10月1日 11:25 毎日が発見

仕事や家庭で、自分の言いたいことがうまく伝えられない。それは、「正しい伝え方」ができていないからかもしれません。そんな悩みが解決できるテクニックがまとめられた書籍『新装版「分かりやすい表現」の技術 意図を正しく伝えるための16のルール』(藤沢浩治/文響社)から、「正しく伝わる表現方法」を一部抜粋してご紹介します。


改札口のとまどい
東京のJRの駅で見かけた光景です。

ある駅の自動改札機のところで、地方から上京されたと思われる老婦人が駅職員に叱られていました。

「なんでも入れちゃ、困るよ~」と職員が言っています。

どうやら、その老婦人が自動改札機に入れてはいけない切符もいっしょに入れたため、機械が異常作動したらしいのです。

老婦人は「そんなこと言われたって、初めてだもの、分からないわよ」とぼやいていました。

そもそも、改札口に差込口があれば、どんな切符でも入れてしまうのが人情でしょう。

まして日本中から人が集まる首都圏の駅に設置する以上、行き届いた配慮がなくてはなりません。

その対策が不十分なことを棚に上げて、間違ってしまう人を責めるのは、親切心が足りないと言わざるをえません。

親切心あるいはサービス精神は、テクニックの問題ではなく、心構えの問題です。

「分かりやすい表現」のテクニックを早く手に入れたい読者にとっては、心構えや精神論などは読み飛ばしたいところでしょう。

しかし親切心は、すべてのテクニックの土台です。

この「親切心の欠如」という犯人はいたるところに出没しています。

クイズのようですが、例3―1の違反例と改善例とは、どこが違うのでしょう?


改善例では、「例―8」が何ページにあるかを明示しています。

見るべきものがその見開きページにないのなら、必ずその所在ページを示す。

それが読者に対する親切です。

親切な一覧表になっているか

私は秋葉原の電気街をうろつくのが好きで、雑誌などで新製品情報をみかけるとすぐに足を運んでしまいます。

ところが評判になっている新製品などの場合、まだ発売前で、しかもメーカー発行のカタログもお店にないことがよくあります。

こんなとき、お客様からの質問攻めを解消するためでしょうか、よく、次の例3―2(違反例)のような貼り紙を見かけます。


これが、実に分かりにくいのです。

ところが、親切でセンスのよいお店などでは、製品の価格と機能の関係を知りたいお客様に対し、改善例のようなビラを貼っています。

どちらが分かりやすいかは明らかですね。

例3―3は表を見やすくするための手法です。


住宅売買のための情報誌などでもおなじみだと思いますが、雑誌に限らず広く採用されています。

これらの工夫が、情報の受け手に対する親切で、こうした配慮がどれだけできているかが、分かりやすいかどうかの、決め手の一つになります。

分かりやすい表現のルール「おもてなしの心を持て。」





ベストセラーの新装版。分かりにくい表現16の原因と解決方法を全4章で紹介しています




藤沢浩治(ふじさわ・こうじ)
慶應義塾大学卒業。「分かりやすく伝える技術」をテーマに企業向けの研修や講演などで活躍中。『「分かりやすい説明」の技術』、『「分かりやすい文章」の技術』、『「分かりやすい表現」の技術』など、講談社・ブルーバックスのシリーズが合計65万部を超える。3部作のほかに『頭のいい段取り・すぐできるコツ』(三笠書房)、など著書多数。

外部リンク

cat_oa-mainichigahakken_issue_ffe58e94b5e5 oa-mainichigahakken_0_0571e97d5291_「病院の方が医療の質が高い」は誤解です。医師が教える「クリニックと病院の上手な使い分け」 0571e97d5291 0571e97d5291 「病院の方が医療の質が高い」は誤解です。医師が教える「クリニックと病院の上手な使い分け」 oa-mainichigahakken

「病院の方が医療の質が高い」は誤解です。医師が教える「クリニックと病院の上手な使い分け」

2020年10月1日 07:25 毎日が発見

「自分が望んだ検査」や「ほしい薬」の処方をしてもらえず、お医者さんに満足できない...実はそれ、あなたの「病院のかかり方」に問題があるのかもしれません。そこで、多彩な情報発信をしている現役医師・山本健人さんの著書『医者と病院をうまく使い倒す34の心得』(KADOKAWA)より、「知っておくと、もっと上手に病院を利用できる知識」をご紹介。医師&病院の「正しい活用術」を、ぜひ手に入れてください。


クリニックと病院を上手に使い分ければ質の高い医療を受けられます
① クリニックには、病院にない利点があります
② クリニックと病院の役割分担を知っておきましょう


クリニックと病院に上下関係はない
病院では、しばしば患者さんにクリニックで診てもらうことをすすめる機会があります。

クリニックのかかりつけ医と病院の医者を上手に使い分けられると、患者さんにとってメリットが非常に大きいからです。

ところが、病院の医者が「かかりつけの先生に診てもらってください」と言うと、「もうこの病院では診てもらえないのですか?」と、不安そうに聞く人によく出会います。

「病院の方がクリニックより質の高い医療を提供してもらえる」と誤解している人が実に多いのです。

医療の質において、病院とクリニックに上下関係はありません。

地域で役割分担をしている、と考えるのが正確です。

ここでいう「病院」とは、制度上は病床数が20床以上の大きな医療機関で、大学病院や市民病院、医療センターなどと呼ばれる病院のことです。

もし、すべての患者さんが最初から病院に行くと、外来の待ち時間が長くなり、一人当たりの診察時間は短くなり、病院で診療すべき重症の患者さんに適切にリソースを割くのが難しくなります。

一方クリニックでは、病院に行く前の段階で、病院に行くべき状態なのか、クリニックで診るべき状態なのかを判断します。

もし、クリニックで治療できる状態であれば、そのままクリニックに通った方が患者さんの負担は小さくなります。

クリニックの方が比較的待ち時間は短く、初診料は安くつきますし、遠くの病院に行くほどの手間もかからず、体への負担も少なくて済みます。

病状によっては、一度の受診で済まないことの方が多いでしょう。

何度も定期的に通うことになると、一回一回の通院の際にかかる負担が小さい方が、身体の状態を維持するには圧倒的に有利です。

クリニックでかかりつけ医が診察した結果、病院での精密検査が必要だと判断されれば、紹介状を書いてもらえます。

かかりつけ医は、その地域の病院と頻繁にやりとりしているため、それぞれの病院の特性をよく知っています。

患者さんの病状に応じて、最適な病院を選び、スムーズに紹介してくれるでしょう。

「病院選び」という難しい選択を自力でせずに済み、専門家に任せられるのは大きなメリットです。

もちろん、患者さんから「○○病院の△△先生に紹介状を書いてください」とお願いすることもできますが、地域医療のプロに病院を選んでもらう方が、よりよい選択になりやすいはずです。

また、「病院に行きたいけれど、いったい何科に行けばいいかわからない」ということもあるはずです。

そんなときは、まずかかりつけ医に相談し、その上で適切な病院・診療科を紹介してもらう方がスムーズに治療を受けられます。

かかりつけ医は内科で選ぶ
生活習慣病の患者さんのように、長い間飲み続けなければならない薬をもらいに行く場合は、クリニックを利用するのが間違いなくよいでしょう。

病院で長い間待たされたのに診察はものの数分で終わり、その後もまた薬局で待たされる、という苦痛に耐えるのは割に合いません。

むしろ、薬の定期処方を口実にかかりつけ医を頼れると、患者さんにとっては有利です。

毎回ちょっとした疑問について相談したり、不安を聞いてもらったりと上手にかかりつけ医を利用することが大切です。

また、かかりつけ医を利用することには、もう一つ重要なメリットがあります。

「いつ行っても必ず同じ医者が診てくれること」です。

大きな病院では、曜日によって、あるいはかかる科によって毎回違う医者が診察することになります。

私自身も、勤務先の病院では外来担当は週に1日です。

あるいは、午前と午後で外来担当医が替わるところもあります。

同じ医者の外来に定期通院するケースでも、医者が転勤して担当がかわることはしばしばあります。

確かに、カルテ記録を見れば患者さんの経過はきちんとわかります。

しかし、同じ患者さんと何度も顔を合わせていると、カルテには明文化しにくい微妙な変化を察知できることもあります。

普段診ているからこそ、初めて診る医者がキャッチするのが難しい情報を得ることができた、と感じる場面もあるのです。

かかりつけ医を持っていると、いつも同じ医者が患者さんを診ることになるため、普段と違う様子に鋭敏に気づくことができます。

それは、患者さん自身も気づかないようなわずかな異変かもしれません。

ここに、かかりつけ医を頼ることの大きなメリットがあります。

なお、かかりつけ医は内科を選ぶとよいでしょう。

各科の専門領域によらず、全身を一通り診ることができるからです。

選び方としては、近所の評判なども気になると思いますが、まずは通いやすいところをおすすめします。

「熱があるけど遠すぎて行くのがつらい」という場所ではクリニックの良さが生かされません。

定期的に通う際に負担が少ないことを重視してください。

眼科や耳鼻科、整形外科や歯科などは、専門性が高い分、全身のどんな病気でも診療する、というわけにはいきません。

全般的な相談ができる内科医をかかりつけ医として持っておくのがおすすめです。






医師や医療行為への「よくある疑問や不安」を、Q&A方式でわかりやすく解説! 「医学のスペシャリスト」を上手に利用するための「34のエッセンス」が詰まっています




山本健人(やまもと・たけひと)
京都大学大学院医学研究科博士課程、消化管外科。「外科医けいゆう」のペンネームで運営する医療情報サイトが好評で、Twitterのフォロワー数は約7万人を数える。著書に『医者が教える正しい病院のかかり方』(幻冬舎新書)、『もう迷わない! 外科医けいゆう先生が贈る初期研修の知恵』(シービーアール)、『もったいない患者対応』(じほう)がある。

外部リンク