cat_oa-lmagajpnews_issue_7d88367cba48 oa-lmagajpnews_0_7d88367cba48_納豆をかけて食べるポテチ、好評で再発売 7d88367cba48

納豆をかけて食べるポテチ、好評で再発売

2019年6月20日 07:00 Lmaga.jpニュース

2018年の発売時は1週間で売り切れたという「ポテトチップス 納豆好きのための納豆味」(カルビー)が、6月25日から全国のローソン店舗にて数量限定で発売される。
同商品は、別添の納豆フレークをかけて食べるポテトチップス。「食べた瞬間に納豆の味がしっかりと感じられ、ネバネバがやみつきになる」「おいしくて、食べだすととまらない」といった再発売を求める顧客の声が多数寄せられるほど、反響が大きかったため、再発売が決定した。
からし醤油をイメージした醤油味のポテトチップスに、納豆フレークをかければ、パリパリのチップスとネバネバの納豆が組み合わさった驚きの食感が楽しめる。パッケージの裏面に食べ方指南が掲載されている。価格は198円。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_7d88367cba48 oa-lmagajpnews_0_50ce7bbfe670_くっきー、梅田お化け屋敷をプロデュース 50ce7bbfe670

くっきー、梅田お化け屋敷をプロデュース

2019年6月20日 06:00 Lmaga.jpニュース

今や大阪・キタの夏の風物詩となっている、MBS本社「ちゃやまちプラザ」(大阪市北区)でのお化け屋敷。今年はお笑いコンビ・野性爆弾のくっきーをプロデューサーに迎え、恐怖と笑いを融合したVRお化け屋敷が誕生する。
常人離れした発想と、どこかアートを思わせるアヴァンギャルドな芸風で老若男女問わず人気を集め、自身の展覧会『くっきーランド』は国内外で大盛況。アメリカでの世界最大の美術市場『Artexpo New York』でもひときわ注目を集めるなど、独特の世界観が支持されているくっきー。
そんな彼が、企画からストーリー構成、さまざまな仕掛け、美術セット、衣装、BGMなどすべてを手がけたVRお化け屋敷。参加者はVR(バーチャルリアリティー)ゴーグルとヘッドホンをつけて着席し、180度見渡しながらおどろおどろしい「くっきーワールド」全開の映像を臨場感たっぷりに楽しむことができる。
そのテーマは「マンホール」。薄暗い路地裏のマンホール、左右にある窓や扉から、くっきー扮するさまざまなキャラクターが登場するほか、矢野・兵動の兵動や、宮川大助・花子ら芸人も出演するという。「兵動さんは師匠と呼んでええくらいのランクの方なんですけど、ものすごく雑に扱ってるのでそこに注目してほしいですね」と明かし、「ただただ怖いだけでなく、唯一無二感を出さなアカンから」と、前代未聞のお化け屋敷になっていることを匂わせた。
期間は7月13日から9月16日まで(営業時間は日によって異なる)。入場料は1200円で、チケットは6月20日から発売される。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_7d88367cba48 oa-lmagajpnews_0_1060d4b41c88_香取慎吾「人生の大勝負、まだしてない」 1060d4b41c88

香取慎吾「人生の大勝負、まだしてない」

2019年6月19日 22:15 Lmaga.jpニュース

映画『孤狼の血』など数々の話題作を世に送り出した白石和彌監督が、香取慎吾と初タッグを組んだ映画『凪待ち』。その舞台挨拶が19日、大阪市内でおこなわれ、主演の香取と白石監督が登場した。
新しい地図のファンミーティングで稲垣、草彅と今年3月に来阪した香取は、「何日間か大阪にいたんですけど、粉モノを食べられなかったんですよね。でも今日楽屋にたこ焼きが用意されていて。8個あったんですけど、2秒でいただきました!」と、満面の笑み。白石監督が「目を離したスキだったので見てないです(笑)」と驚いた表情を見せるなど、和気あいあいとした雰囲気で舞台挨拶はスタートした。
本作は、人生のどん底まで墜ちた男の再出発を描いたヒューマンサスペンス。ギャンブル狂の木野本郁男を演じた香取は、「辛くて苦しい思いで下を向くことが多い役だったので、撮影期間はその気持ちに引っ張られる部分がありました」と、撮影現場は一切和やかな雰囲気ではなかったと話し、「自分ではそんな風に思ってないんですけど、結構役に入り込む感じらしいんですよね。『こち亀』の両さんも『孫悟空』の猿のときもそうだった。それぞれの作品の監督たちが、違う僕を見てくれてるんだと思いますね」と、自身を分析した。
劇中には郁男が人生を変えようと大勝負に出るシーンが登場するが、香取は「う〜ん、僕はまだしてないですかね。こんなにいろ〜んなことがあったのに(笑)、30年以上の芸能生活、まだ勝負してません。まだまだこれから、いつか大勝負したいなと思います」と笑顔で宣言。会場からは拍手が送られた。同映画は6月28日公開。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_7d88367cba48 oa-lmagajpnews_0_95ddd996f02e_AKB岡田「連絡先知るの5年かかった」 95ddd996f02e

AKB岡田「連絡先知るの5年かかった」

2019年6月19日 22:00 Lmaga.jpニュース

岡田奈々(AKB48・STU48)と矢作萌夏(AKB48)が、6月20日放送の『ダウンタウンDX』(読売テレビ)にゲストで登場。ギャラ事情や先輩・後輩の掟について語る。
岡田はAKBグループのギャラについて、「年俸制になっています。人によってバラバラです。(ギャラは)誰にも言わないですね」と語ると、それを聞いたMCの松本人志も「俺も浜田のギャラ知らんからね」と告白。また、グループではキャプテン、総監督は役職手当アリという噂もあるという。
そして、先輩・後輩の掟について岡田は、「先輩メンバーに、直接連絡先を聞いちゃいけない風潮」というAKB独特のルールを告白。「私は指原(莉乃)さんの連絡先を知るのに5年かかったんですけど、この子は1カ月。タメ口でLINEしているんですよ。異次元の存在です」と、矢作のぶっ飛んだキャラを暴露した。この模様は6月20日・夜10時から放送される。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_7d88367cba48 oa-lmagajpnews_0_b0ea46569743_南海電車で謎解きゲーム、好評で第3弾 b0ea46569743

南海電車で謎解きゲーム、好評で第3弾

2019年6月19日 21:00 Lmaga.jpニュース

南海電車の沿線をめぐる周遊型謎解きゲーム「名探偵へのきっぷ」の第3弾が、7月7日より発売。今回は、都市伝説をテーマにしたもので、用意される謎解きゲームのきっぷは2種類となる。
「オカルト電車編」では、世間をにぎわせている都市伝説を取材するため、南海線へと乗り込んだルポライターになりきって謎解き。「乗ると正気を失う電車」があるらしく、その真相を明らかにする。
もうひとつの「現実になる双六編」は、噂のボードゲーム「ゲーム内の出来事が現実になる双六」を手に入れ、ルールブックの指示にしたがって高野線へと向かい、噂の真相を見届けるというもの。
2017年の第1弾、2018年の第2弾ともに6000部以上を売り上げ、好評だったため第3弾も実現。今回は、関西の菓子メーカー6社の駄菓子が謎解きに使われ、きっぷの先行販売会も7月6日に難波駅などで実施される。料金は大人2300円、子ども500円、期間は12月22日まで。購入は南海電鉄の各駅窓口で。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_7d88367cba48 oa-lmagajpnews_0_45954794e0cd_岡崎体育「日本一格好いいデブ」に大喜び 45954794e0cd

岡崎体育「日本一格好いいデブ」に大喜び

2019年6月19日 20:00 Lmaga.jpニュース

京都・α-STATIONでレギュラーDJをつとめるミュージシャン・岡崎体育とマネージャー・松下さんが、商業施設「京都タワーサンド」(京都市下京区)でコラボイベントを1カ月間にわたって開催。その最終日である18日、同施設で番組の公開収録がおこなわれた。
6月9日、デビュー前から7年間ずっと目標としてきた「さいたまスーパーアリーナ」ワンマンをおこなった岡崎体育。「さいたまスーパーアリーナに対する思いがものすごく強かったので、ライブが終わった今、ほんまにマンガしか読んでない」とやりきった表情を見せ、「ライブの間はみなさんにずっと楽しんでもらおうと思って、長い年月をかけていろんな演出を考えて・・・すーごいお金かかりました!(笑)。でもミュージシャンとして、本当に幸せな時間をみなさんと過ごせました」と感謝を伝えると、集まったファンからは大きな拍手が送られた。
その後、特別ゲストとして1組目は岡崎の幼馴染であるイラストレーターのよっしーさんと、美容師のゆうまさんが登場。ファンの間ではおなじみの2人に、「よっしー!」「ゆうまー!」と大歓声が飛び交うなど会場は独特の雰囲気に。岡崎は「3歳の頃から一緒の3人がしゃべってるのをみなさんが見てくれてるって、わけわからん感じ(笑)」と、お互いに照れながらも、幼馴染ならではのテンポでイベントを盛り上げた。
2組目には、サッカーのオンラインゲーム仲間だという夜の本気ダンスのドラム・鈴鹿と、シンガーソングライターのビッケブランカが登場。2人とも「さいたまスーパーアリーナ」でのライブを観に行ったといい、ビッケブランカは「同じソロミュージシャンとして尊敬している仲間が、1万8千人の前に立っているのを見て感慨深いのもあり、大好きなゲームを断ってまでライブの準備をする心意気を、僕は愛した!」と絶賛。
鈴鹿も、「最初『BASIN TECHNO』の文字が出たとき、めちゃくちゃ泣きました。日本一かっこいいデブやと思う!」と称えると、岡崎は「こういうのが聞きたかってん!」と大喜び。終始アットホームな雰囲気でおこなわれたイベントに、集まったファンは大満足の様子だった。この模様は6月28日・21時から2時間SPで放送される。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_7d88367cba48 oa-lmagajpnews_0_bcb9aef0092e_天童よしみ「歌いたかったラブソング」 bcb9aef0092e

天童よしみ「歌いたかったラブソング」

2019年6月19日 19:30 Lmaga.jpニュース

演歌歌手・天童よしみが18日、FM OH! 『LOVE FLAP』に出演。6月19日発売のシングル『大阪恋時雨』について語った。
今年で芸歴47年、通算80枚のシングルを発表してきたが、ラブソングは初めてだという天童。「これまでは人生とか応援歌とか、元気印の歌が多かった。(この歌は)チャレンジの意味を込めて、本当に歌いたかったラブソングです」と語り、「大阪にはたくさんの名曲が生まれている。最近ちょっとないから、ここらで(また名曲を)・・・」と意気込んだ。
そんな楽曲との出会いについて、「笑福亭鶴瓶さんが『この歌をよしみちゃんが歌ったらどうなんのかなあ』って。元々は北海道出身の半崎美子さんという方の歌なんです」と明かした天童。歌の生みの親・半崎から「仕事で大阪に来たとき、天童よしみをイメージすると浮かんできた歌詞とメロディ」だったと聞き、「胸にドーンときまして・・・。半崎さんはショッピングモールの女王と呼ばれている方ですが、私はショッピングモールのおかんとしてがんばります」と、歌い継ぐ決意を固めたという。
そんな天童は、最新曲『大阪恋時雨』を引っ提げたライブを開催。7月6日・昼2時から「あべのキューズモール」(大阪市阿倍野区)にてミニライブをおこなうほか、7月3日には地元「八尾市文化会館プリズムホール」で、4日には「神戸国際会館」(神戸市中央区)にてコンサートが開催される。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_7d88367cba48 oa-lmagajpnews_0_5d6740a7af3c_ひらパーお化け屋敷、寝ながらVRを体験 5d6740a7af3c

ひらパーお化け屋敷、寝ながらVRを体験

2019年6月19日 19:00 Lmaga.jpニュース

昼と夜で異なる恐怖体験を味わえるホラーイベントが、「ひらかたパーク」(大阪府枚方市)で開催。昼の部では、最新のVR技術とリアルな体験が融合したお化け屋敷「怨霊の金縛り屋敷」が、7月6日から登場する。
本企画は、大阪・梅田を中心に過去57万人以上を動員してきた人気イベントで、同園での開催は今年で3年目。今回初めてVRを導入し、映像と連動した振動や音響でよりリアルな怖さが参加者たちへ襲いかかることとなった。
その内容は、参加者が観光に訪れた村で、秘蔵されていたある人形を見てしまったことから始まる。目にした者は死ぬという呪いを祓うため、村で一夜を明かそうとするも、丑三つ時に差し掛かると金縛りに襲われてしまうというもの。参加者は実際に寝ころんだ体勢でVRを体験するため、身動きの取れない「金縛り」状態のなか、至近距離で迫り来る悪霊への恐怖を、臨場感たっぷりに味わえるという。
期間は9月1日までで、時間は同園の営業時間に準ずる。料金はひとり800円(7歳以上、別途入園料あり)。夜の部では、閉園後の遊園地を貸し切ったミッション型イベント『闇遊園地でかくれんぼ』が、8月26日から9月1日、7・8日の開催予定。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_7d88367cba48 oa-lmagajpnews_0_6dccfb0330e1_絵本の発売記念、似顔絵付きのサイン会 6dccfb0330e1

絵本の発売記念、似顔絵付きのサイン会

2019年6月19日 18:00 Lmaga.jpニュース

小さな人や生きものたちが描かれた絵本『さがしえほん ちび ストーリー ワールド』の発売を記念し、イラストレーター・いといゆき氏のサイン会が、「AIUEO NU茶屋町プラス店」(大阪市北区)で開催される。
やさしいタッチで描かれた「ちび」は、京都の雑貨ブランド・AIUEOが手掛けるアクセサリーや手帳にデザインされた人気キャラクターのひとつ。今回、シャボン玉の世界や海の底を描いた人魚の秘密基地など、13の「ちび」の世界が書き下ろされ、探し遊びができる絵本として登場した。
いとい氏は、「キャラクターやアイテムを探すだけではなく、『ちび』の世界とそこにちりばめられた物語を堪能できます。1年以上かけ、こだわりぬいて描きあげました。平和で楽しい『ちび』の世界に、あなたも遊びにきてください」とコメント。
今回の会場には同絵本の原画が展示され、サインには「ちび」のキャラクターと来訪者の似顔絵が添えられるという。日程は6月22日・23日(各日11時半〜)で、当日11時から絵本購入者などを対象に整理券(1日限定50枚)が配布される。

外部リンク

cat_oa-lmagajpnews_issue_7d88367cba48 oa-lmagajpnews_0_4e88b26cbbcc_神戸の人気カフェ、手ぶらBBQスタート 4e88b26cbbcc

神戸の人気カフェ、手ぶらBBQスタート

2019年6月19日 17:00 Lmaga.jpニュース

神戸のカフェ「ニューラフレア」(神戸市中央区)の2階テラス席が、手ぶらで楽しめる「BBQフィールド」として6月28日からオープンする。
バーベキューメニューは、レモン塩麹漬け豚カルビのサムギョプサルやビーフケバブとパイナップルのBBQ串、ダッカルビ風BBQローストチキンなど、どれも趣向を凝らしたものばかり。サラダやデザート、ソースにいたるまで、仲間うちではなかなか実現できない手の込んだ料理が楽しめる。
旧居留地に開店して16年になる同店は、ビル1棟がカフェという大型店で、パーティーなどにもよく利用されている。2017年に全フロアを刷新し、1階にギャラリー、2階にテラス席がオープンした。ゆったりとしたソファが並ぶメインフロアはくつろげる空間だと地元の若い世代に人気だ。料金は、ドリンク持ち込みプランが2800円(税別)、飲み放題プランが3800円(税別)から、3部制で4人以上での利用、期間は9月30日まで。

外部リンク