cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_ca96f784eeb5_「ポスト百恵」大沢逸美 母の介護で培った経験と度胸 ca96f784eeb5 ca96f784eeb5 「ポスト百恵」大沢逸美 母の介護で培った経験と度胸 oa-jisin

「ポスト百恵」大沢逸美 母の介護で培った経験と度胸

2018年10月14日 11:00 女性自身

小泉今日子や中森明菜など“花の82年組”に対し、“アイドル不毛の年”といわれた83年組。でも、「今が最高!」と話す彼女たちは今年、桑田靖子(50)、松本明子(52)、森尾由美(52)、大沢逸美(52)、小林千絵(54)、木元ゆうこ(51)、徳丸純子(52)の7人で、ユニット「お神セブン」を結成。自虐を笑いに変えて輝く。そんなメンバーに話を聞いた。

 

■大沢逸美(52)/デビュー当時のキャッチフレーズは「グッドガール it’s me」

 

「背が高かったし、中性的なイメージで勝負しようとしていたので、運動神経もいいと思われたんでしょうね。アイドル恒例の『水泳大会』のリレーではつねにアンカーを任されたものの、遅すぎて画面から消えてしまうほどでした(笑)」

 

大沢さんが『ジェームス・ディーンみたいな女の子』で歌手デビューしたのは16歳のとき。当時全盛だった“ぶりっこタイプ”とは正反対の男装の麗人風で、「ポスト百恵」としても注目を集めた。

 

しかし、アイドルは水に合わなかったのか、3年ほどでピリオドを打ち、以降、女優として多くの役を演じてきた。

 

「転機は26歳でした。昼ドラ『約束の夏』でヒロインを演じたとき、相手役を本気で好きになるほど、役にのめり込んで。やっと職業欄に『女優』と記せる、と思えたし、“魅せる喜び”に目覚めていきました」

 

一方で、私生活では25歳で父親が他界、母親を北海道から呼び寄せ、同居を開始していたという。

 

「仕事への充実感は増していきましたけど、'02年に母が他界するまでの2年間は特に、介護に軸を置く日々でした。介護保険もない時代でしょ。私は一人娘だったし、母はほかに頼るところがなかったから」

 

地方ロケなどは断るようになり、徐々に仕事から遠のいた。

 

「母とは昔から折り合いが悪かったんですよ。でも、要介護になるちょっと前に、恋人との別れも重なって。介護が始まってからは『お母さんがいてくれさえすればいい』と腹をくくって向き合うことができました。母の頭を洗ってあげたりしていると、『ああ、自分もこうして育ててもらったんだな』なんて。笑顔を見せてくれれば『やっぱり愛おしいな』と思えたし。介護状態にならなければしてあげられなかった親孝行かもしれませんね」

 

介護経験は本にもつづられ、現在は講演活動も行っている。そして私生活では、このまま独身でいくのか、この先結婚するのか――。

 

「50代は、どこに進むのかまだわからないんですよね。でも、何かあったときにガシッと支え合える仲間たちとつながれたこと、心強く思っている自分がいます」

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_0e7ba2f4349c_政府マスク2枚配布に賛否両論 加藤浩次や紗栄子らは異論を 0e7ba2f4349c 0e7ba2f4349c 政府マスク2枚配布に賛否両論 加藤浩次や紗栄子らは異論を oa-jisin

政府マスク2枚配布に賛否両論 加藤浩次や紗栄子らは異論を

2020年4月2日 19:18 女性自身

安倍晋三首相(65)が4月1日に開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部で、全世帯に布製マスクを2枚配布すると表明した。菅義偉官房長官(71)によると、配布にかかる費用は1枚あたり約200円だという。

 

首相官邸公式サイトよると、安倍首相は「急激に拡大しているマスク需要に対応する上で極めて有効」と説明。また「補正予算成立前にあっても、予備費の活用などにより、再来週以降、感染者数が多い都道府県から、順次、配布を開始する予定です」と呼びかけている。

 

だが世間では「アベノマスク」と揶揄されるほど、この方針に異論が続出している。

 

2日に放送された『スッキリ』(日本テレビ系)でも、この件を特集。司会の加藤浩次(50)は、「前から準備していたかもしれないが、すっとんきょうな感じがする。届くのに1週間位かかるのに、今言われてもさぁ」と疑問視。

 

タレントの紗栄子(33)も同日にインスタグラムを更新。《マスクは自分で作ることができるので、私たち家族にはいらないから、必要としている人のもとにいち早くお届けしてほしい》と綴った。

 

続けて《私のお家に届けるまでにかかる全ての経費を他の補助に当ててほしい。1世帯200円かかるとされる経費が、私と同じ選択をとる人の数が増えれば増えるほど大きな金額になるはずだから…》と訴えている。

 

「世間では現金給付といった経済対策を求める声が噴出しています。そのため優先順位として、国民にマスクの配布が先に行われることに不満が広がっています。ですが政府の財源として、新年度予算案は成立したばかり。緊急経済対策を踏まえた補正予算案は4月中を目指しています。今回のマスク配布には、迅速に使える予備費を充てています」(全国紙記者)

 

そのため、こんな声も上がっている。

 

《正直、マスクを2枚/世帯、郵送するだけだと勘違いしてたし、これで補償は全部なのかとも誤解してた。医療機関や学校にも配るし、経済補償はこれからの補正予算で組まれるらしい。すげぇ遅い! て批判はあるけど、配ってくれるのは有難い》
《感染しているかどうか自覚がないまま行動して感染が拡大しているので有効な手だとは思います。これは19年度の予備費でかき集めたマスクですし。経済対策は補正予算を早期可決して、国民の不安を打ち消す内容にしてもらいたいと思います》

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_e2d4cd612b69_エルトン・ジョン主催の“無料公演”で8億6千万円の寄付集まる e2d4cd612b69 e2d4cd612b69 エルトン・ジョン主催の“無料公演”で8億6千万円の寄付集まる oa-jisin

エルトン・ジョン主催の“無料公演”で8億6千万円の寄付集まる

2020年4月2日 18:35 女性自身

先月29日、エルトン・ジョン(73)の主導で豪華なライブイベントが開催された。その名も「リビング・ルーム・コンサート・フォー・アメリカ」。その名のとおり、ビリー・アイリッシュ(18)、マライア・キャリー(50)、アリシア・キーズ(39)、サム・スミス(27)などそうそうたる顔ぶれの出演者たちが自宅でパフォーマンスを行い、テレビやラジオ、YouTubeで世界中に中継するという試みだ。

 

視聴は無料だが、ジョンは「Feeding America」「First Responders Children's Foundation」の2つの慈善団体への寄付を呼びかけた。いずれも、新型コロナウイルスの影響で難局に立たされている人々の支援を行っている組織だ。米国時間1日までに、800万ドル(約8億6千万円)近くの寄付金が集まったとVariety誌などが報じている。同誌報道によると、個人からはもちろん、P&GやFOXといった大企業からも50万ドルずつの寄付があったという。

 

動画の配信は終了してしまったが、「リビング・ルーム・コンサート・フォー・アメリカ」のTシャツやフーディーがiHeart LIVING ROOM CONCERT(https://shop.1strcf.org/)で販売されており、全ての利益は前述の二団体へ寄付される。コンサートの第二弾の開催を待ちたい。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_c7813023a931_87歳生活評論家「既婚者は離婚しないほうがいい」と訴える理由 c7813023a931 c7813023a931 87歳生活評論家「既婚者は離婚しないほうがいい」と訴える理由 oa-jisin

87歳生活評論家「既婚者は離婚しないほうがいい」と訴える理由

2020年4月2日 15:50 女性自身

生活評論家であり、働く女性の支援活動も行う樋口恵子さん(87)。長らく第一線で仕事を続けてきた樋口さんも、自身の寄る年波をひしひしと感じているのだとか。

 

「みなさんよく『ピンピンコロリといきたい』とおっしゃいますが、私のまわりを見ても、思いどおりの最期を迎えられる人はそうはいません。誰しも、あちこち痛めながら、ヨレヨレになって人生を終えています」

 

樋口さん自身も70歳を過ぎたころから、体のあちこちが思うように動かなくなり、「それまで当たり前にできていたことがそうではなくなるのだ」と自覚するようになった。

 

「80歳を過ぎ、さらにガクンときた感じがします。たとえば『朝起きる→おなかがすく→食事の支度をする→食べる』という一連の流れが当たり前だったのに、目覚めても食欲がわかなくなったのです。調理するのもおっくうになり、今思っても、あれは軽い“老後うつ”でした」

 

人間が生きるうえで持つ、「ごはんを食べたい」「外に出たい」というごく素朴な欲望が、年をとると、低下、枯渇すると樋口さん。

 

「5分歩くのも大変で、肉体的にも精神的にもヨタヨタヘロヘロ。私はこれを“ヨタヘロ期”と名付けました。この時期に大切なのは、自分がヨタヘロ期にいることを自覚し、何事にも『エイヤッ!』とかけ声をして取り組むことです」

 

さらに、樋口さんが中高年世代の女性に訴えたいのが、既婚者は簡単に離婚をしないこと、働ける限りは仕事を続けること、この2つだという。

 

「男女平等がうたわれて久しいですが、日本の労働条件も年金制度も、残念ながら何十年もの間、男性優位に作られていますし、非正規雇用が断然多いのも女性です。また、女性同士でも、安月給で出世もできず、子育てや介護のためこま切れで就労する人より、サラリーマンの専業主婦のほうが、むしろ優遇される仕組みになっています。その専業主婦も、夫を見送った後はガクンと年金が減りますし……」

 

“かくて、女は貧乏に生まれるのではなく、女の生涯を生きることで老いて貧乏に落ち込むのだ”という格言を用いて、樋口さんは「BBB」=「貧乏ばあさん防止策」を呼びかけている。

 

「働ける人は、できる限り仕事を続けてください。介護離職なんてすると、自分の老後が大変なことになってしまいます。これからしばらく、日本は中高年層の雇用促進を目指さざるをえない時代が続くでしょう。50代にとっては、正社員になれるラストチャンスでもあるのです」

 

「女性自身」2020年4月14日号 掲載

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_5ab85706f230_樋口恵子さん87歳に学ぶ 人生100年時代の「3つのショク」 5ab85706f230 5ab85706f230 樋口恵子さん87歳に学ぶ 人生100年時代の「3つのショク」 oa-jisin

樋口恵子さん87歳に学ぶ 人生100年時代の「3つのショク」

2020年4月2日 15:50 女性自身

平均寿命が延びた今、多くの人にとって“ピンピンコロリ”は夢であり目標。けれど実際は、寿命と健康寿命の間に「ヨタヨタ・ヘロヘロ」とした困難な時期がやってくるのです。そこを明るく生き抜くために、私たちができることはーー。

 

生活評論家であり、働く女性の支援活動も行う樋口恵子さん(87)。長らく第一線で仕事を続けてきた樋口さんも、自身の寄る年波をひしひしと感じているのだとか。

 

「みなさんよく『ピンピンコロリといきたい』とおっしゃいますが、私のまわりを見ても、思いどおりの最期を迎えられる人はそうはいません。誰しも、あちこち痛めながら、ヨレヨレになって人生を終えています」

 

樋口さん自身も70歳を過ぎたころから、体のあちこちが思うように動かなくなり、「それまで当り前にできていたことがそうではなくなるのだ」と自覚するようになった。

 

「80歳を過ぎ、さらにガクンときた感じがします。たとえば『朝起きる→おなかがすく→食事の支度をする→食べる』という一連の流れが当り前だったのに、目覚めても食欲がわかなくなったのです。調理するのもおっくうになり、今思っても、あれは軽い“老後うつ”でした」

 

人間が生きるうえで持つ、「ごはんを食べたい」「外に出たい」というごく素朴な欲望が、年をとると、低下、枯渇すると樋口さん。

 

「5分歩くのも大変で、肉体的にも精神的にもヨタヨタヘロヘロ。私はこれを“ヨタヘロ期”と名付けました。この時期に大切なのは、自分がヨタヘロ期にいることを自覚し、何事にも『エイヤッ!』とかけ声をして取り組むことです」

 

そして、樋口さんは「ヨタヘロ期」には3つの「ショク」を持つことが大事だと提案する。

 

まずは“食”。

 

「もちろんこれは食事を指しますが、ただ食べるだけでなく、おいしく楽しく食べるということ。高齢になるほど食欲は落ちるので、私は親しい助手や関係者を“ごはん友達”にして、週に2〜3度は食事をしています」

 

次に“触”。

 

「コミュニケーションです。高齢になると社会と切り離されがちですが、それも自分の発想しだいではないでしょうか。『自分が社会に出られなくなったら、逆に社会を呼び込めばいい』と私は思います。高齢者仲間に、家にあるものを持ち寄って集まってもらい、趣味の会や勉強会をしてもいいし、ただおしゃべりをするだけでもかまいません」

 

3つ目が“職”。

 

「さいわい、私は今でも複数の仕事を持っているので、週の半分は外に出かけています。仕事をするとさまざまな人に出会いますし、新しい情報も入ってきて、刺激が絶えません。一方で、わが家に来てもらう助手の中には、少し前まで私より高齢の方もいました。長年の主婦業の成果に、教えられることがたくさんありました。家事も一芸のうち。今後の収入につながる大事な資源なのです」

 

女性は、社会を活気づける大切な原動力だと樋口さんはいう。

 

「きたるヨタヘロ期に備え、明るく、たくましく生き抜きましょう」

 

「女性自身」2020年4月14日号 掲載

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_47b528100b85_綾小路きみまろ 事務所移転していた…「嫌な予感」で資産整理 47b528100b85 47b528100b85 綾小路きみまろ 事務所移転していた…「嫌な予感」で資産整理 oa-jisin

綾小路きみまろ 事務所移転していた…「嫌な予感」で資産整理

2020年4月2日 15:50 女性自身

東京郊外にある駅から歩いて3分ほど。繁華街に立つビルは、築10年弱とまだ新しく、陽光を受けてガラス張りの外観もキラキラと輝いていた。新築直後から、このビルの2階に漫談家・綾小路きみまろ(69)が事務所を構えていたのだ。しかし3月に入り、引っ越してしまったという。きみまろの知人は言う。

 

「いつかきみまろさんが“家賃は100万円近い”と、言っていました。彼もずいぶん気に入っているようでした。でも最近になって突然『都内に事務所を引っ越したんだ』と。『家賃も高かったしね』と、笑ってはいましたが、仕事のほうがうまくいっていないのかと心配になってしまいました。コロナの影響もいろいろあるみたいで……」

 

本業の漫談に加え、飲食店経営やワインの輸入販売なども手がけているきみまろにとって、新型コロナウイルスの感染拡大はダブルショックだったという。

 

「ライブも次々と延期を発表していますし、飲食店のお客も減っているようなんです」(前出・知人)

 

さらに取材を進めると、新しい事務所は、都内の一軒家にあることがわかった。

 

「以前、きみまろさんがフレンチレストランを開いていたのですが潰れてしまったんです。空いていたスペースを事務所として活用することになったと聞きました」(近所の住人)

 

さすがのきみまろもコロナの猛威にはお手上げで、引っ越さざるをえなかったのだろうか? そこで自宅で本人を直撃取材したところ――。

 

「100万円の家賃が払えなくなったから引っ越した? そういう話になっているの? うーん、まぁ、あそこは100万円まではしなかったけどね。でも少々家賃は高かったけど、しっかりとした建築が気に入ってはいたんです。その前に使っていた事務所は、'11年に東日本大震災が起こったときに、揺れがひどくて大変だったもので。それで震災のすぐ後に、耐震性の高いビルへ引っ越しました」

 

――コロナの影響で収入が減ったからではないかと心配している知人もいますが?

 

「確かに3月に動いたけど、家賃が払えなくなったからじゃないよ。もし100万円だったとして払えるな(笑)。そんなに心配してもらって申し訳ないけど。もともと今年の3月が更新の時期だったし、移転自体は前から準備していたしね。でも言われてみると“コロナの影響”っていうのは、あながち間違っていないかもしれないな……」

 

実は70歳という節目の年を目前に控えた彼は、資産の整理を始めていたのだという。きみまろが続ける。

 

「“身の回りの整理”というのかなぁ。まぁいい年だし、いい区切りだし、少し身軽になろうと思って。もともと借りていた場所も空いていたし、更新時期だったしで、そこへ事務所を移すことにしたの。ただね、実はちょっと前から“予感”はあったんだ」

 

――予感ですか?

 

「そうそう、どうしても2020年の東京五輪がすんなり開催されて、無事に終わるとは思えなかったんだよ。何か大きな災難が起こるような気がして……。そういう嫌な予感もあったから身軽になろうと思ったんだね。それが結果的に新型コロナウイルスの感染拡大だったわけだけど」

 

なんと、新型コロナウイルス襲来や、五輪延期を予見していたというのだ。そういった天性の鋭さが、彼を大人気漫談家にしたのかもしれない。

 

「だけどやっぱりコロナはキツイよ! 3月と4月のライブも(延期して)ゼロになっちゃった。 オレだけじゃない、芸人はみんなツラいし、世の中も厳しい、これからみんなもっと大変になるけど、耐えるしかないよね。でもオレの店で働いてくれている従業員たちは1人もクビにしない。またみんなで笑えるようになるまで頑張りますよ」

 

きみまろのライブが復活して“コロナうつ”を吹き飛ばしてくれる日を待つばかり。

 

「女性自身」2020年4月14日号 掲載

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_5a82f5608cde_TBS全ロケ収録一時中止へ テレビ業界に一石を投じるか 5a82f5608cde 5a82f5608cde TBS全ロケ収録一時中止へ テレビ業界に一石を投じるか oa-jisin

TBS全ロケ収録一時中止へ テレビ業界に一石を投じるか

2020年4月2日 15:40 女性自身

TBSがドラマ・バラエティ番組について、4月4日から4月19日までを目処に全てのロケ・スタジオ収録などを中止することが、先程発表された。

 

関係者によると、バラエティはこれまで収録していたものを通常放送したあと、未公開分や総集編などを順次放送して対応していく予定だという。

 

「半沢直樹」(日曜午後9時)、「私の家政夫ナギサさん」(火曜午後10時)、「MIU404」(金曜午後10時)など、4月から始まる連続ドラマの放送延期を4月1日に発表していた。初回放送日をいつに延期するかはいずれも検討中だという。

 

他局の今後の動向も気になるところだ。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_9ada8cf943b0_中居正広 退所後は何をするのか?飲食店や不動産経営にも意欲 9ada8cf943b0 9ada8cf943b0 中居正広 退所後は何をするのか?飲食店や不動産経営にも意欲 oa-jisin

中居正広 退所後は何をするのか?飲食店や不動産経営にも意欲

2020年4月2日 11:00 女性自身

3月31日にジャニーズ事務所を退所した中居正広(47)。4月以降は自ら社長を務める個人事務所「のんびりな会」で活動していく。3月21日放送のラジオ番組『中居正広ON&ON AIR』(ニッポン放送)では、退所会見の裏話も披露している。

 

《会見の日、パパさんの時計つけたんですよ。僕がパパさんにあげた時計なんですけれども。裏にハッピーバースデイって書いてて。2001年のときだって》

 

5年前の2月、中居の父・正志さん(享年79)は肺がんなどを患って他界。中居が約20年前に贈ったロレックスはずっと仏壇に置かれてあったが、「時間わかんなくなっちゃうとあれだなと思って」会見に持参したという。会見の前日、中居は家電量販店に出向き、ベルトの調整をしてもらったという。実父、そしてMCの才能を見いだしてくれた“芸能界の父”に見守られ、中居は約2時間の退所会見を乗り切ったのだ。

 

今後、中居はテレビ以外にも活動の場を広げていきたいそう。

 

「当面は『本当にのんびりしたいんだよ』と笑って話していましたが、今後は興味のあることを仕事にしていく方針だそうです。中居さんはいくつか不動産を所有していますが、マンション経営など“本格的に資産運用してみたい”とも話しています。あとSMAP解散以降、地元・藤沢の友達と一緒にお店を開こうという話が出ていました。中居さんは出資だけで、個室付きのスポーツバーや焼き肉屋さんという案があったようです。退所を機に、またこの案が浮上していて “今回はありかも”と乗り気なようです」(音楽関係者)

 

新たなスタートを切る中居。ジャニーさんから学んだことを多方面で生かしていくことだろう。

 

「女性自身」2020年4月14日号 掲載

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_eeeeaf27ca7c_「免疫を高めて病気を防ぐ」とは、医療費抑制の切り札になる eeeeaf27ca7c eeeeaf27ca7c 「免疫を高めて病気を防ぐ」とは、医療費抑制の切り札になる oa-jisin

「免疫を高めて病気を防ぐ」とは、医療費抑制の切り札になる

2020年4月2日 11:00 女性自身

依然として猛威をふるい続ける新型コロナウイルスに立ち向かうためには、ぬかりない予防対策だけでは不十分。万一感染してしまったときにウイルスに負けない“免疫力”を、いまからしっかり強化しておきたい。

 

「免疫というのは、ひと言で言えば、私たちの体内に生じるさまざまな異物に反応し、それらを抑え込んでくれる機能のことです。たとえば、体内にがん細胞のような異常な細胞が生じたとしましょう。すると人間の体は、炎症を促進させる伝達物質を分泌し、それらの細胞を破壊するよう命令します。このように、がん細胞やウイルスに感染した細胞やウイルスに感染した細胞を破壊する防御機能を免疫と呼ぶのです」

 

そう話すのは、純真学園大学客員教授の飯沼一茂先生。

 

「講演などでもよくお話しするのですが、免疫力という観点からすると、現代の“清潔すぎる”環境は実は好ましくありません。たとえば、ひと昔前は野菜に寄生虫や泥がついているのは当たり前で、私たちはそれをある程度の量、自然に体内に摂取していました。そのことにより、私たちの体は寄生虫や土壌の雑菌に対する耐性を養っていたのです。Tレグ(制御性T細胞)という細胞があり、無菌状態で飼われたマウスでは、このTレグ細胞が減少するという実験結果も出ています」(飯沼先生・以下同)

 

近年、泥んこ遊びを推奨する幼稚園や保育園が増えているのも、このTレグ細胞を育てるのが狙いだという。

 

「実は免疫細胞の約70%は腸内に存在しているのです。なんといっても、人間の腸のひだをすべて広げるとテニスコート1面分くらいありますから。クロストリジウム属細菌という腸内細菌によってTレグ細胞が増加する、というマウスの実験の結果も出ていますが、腸内環境を整えてTレグ細胞を増やすということは、ほぼそのまま、バランスのよい免疫力のアップに直結するのです」

 

悲しいかな免疫力は加齢によっても衰えていくが、その衰えを食い止めるためには、なにはさておき腸内環境を整えなくてはならないとのこと。それでは、具体的にどんな食べ物がよいのだろう?

 

「腸内環境を整える食材の代表はきのこ類、また、なるべく菜食を心掛け、お肉を食べるなら牛肉よりも豚肉がおすすめです」

 

日本伝統の鍋物は、免疫力の向上にはまさにうってつけのメニューだそう。とはいえ毎日鍋をつつくわけにはいかないし、そもそも鍋の季節はとうに過ぎてしまった……が、もちろん免疫維持に効果的な栄養素を取る手段は食事以外にもある。

 

「それがβグルカンです。βグルカンは多糖類の一種で、Tレグをつくる腸内環境の餌になるだけでなく、それ自身が腸内細菌のバランスを改善し、それによって免疫バランスまで改善してくれるのです。サプリメントも市販されていますので、手軽に試すことができますよ。サプリメントの効果には懐疑的な向きもありますが、必要な栄養素を効率よく摂取するには有効だと思います。βグルカンにはきのこや海藻、大麦やパン酵母、黒酵母由来のものがあります」

 

サプリメントでもまだ、まどろっこしい! というせっかちな人には、こんな驚愕の方法もある。

 

「国内の5つの大学病院で『便移植療法』という方法が実施されています。これは若い人の理想的な腸内細菌を、便を移植することで自分の腸内に取り込むというもの。方法は簡単で、健康な人の便を生理食塩水に溶いてろ過し、内視鏡で移植するだけ。保険の利かない自由診療で、費用は約100万円程度ですが、それでも2年待ちだと聞いています」

 

とっぴな治療法な気もするが、それだけ腸内環境の整備と、それによるバランスのよい免疫力の向上が重要であることの証しか。

 

「免疫を高めて病気を防ぐという東洋医学的な発想を取り入れた、いわゆる統合医療は現在の医療のトレンドとなっています。医療費の増大が問題となっているいま、多くの病気の原因となる慢性炎症を抑えることは急務です。その意味ではバランスのよい免疫力の向上というのは、重要なキーワードになってくるでしょう」

 

この先、子どもや孫の世代にのしかかる医療費負担を軽減するためにも、免疫力の向上は中高年の必須課題なのだ。

 

「女性自身」2020年4月7日号 掲載

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_5cd472d9e593_就寝時、加湿器を「足元」においてはいけない理由とは 5cd472d9e593 5cd472d9e593 就寝時、加湿器を「足元」においてはいけない理由とは oa-jisin

就寝時、加湿器を「足元」においてはいけない理由とは

2020年4月2日 11:00 女性自身

依然として猛威をふるい続ける新型コロナウイルスに立ち向かうためには、ぬかりない予防対策だけでは不十分。万一感染してしまったときにウイルスに負けない“免疫力”を、いまからしっかり強化しておこう。まずは次の免疫力チェックを!

 

□ おなかや手足が冷える。体温が低い
□ 野菜や果物はあまり食べない
□ 日常的に激しい運動をしている
□ 妊娠している
□ 慢性的に寝不足だ
□ 座り仕事が多く、運動不足だ
□ ダイエットで食事制限をしている
□ 甘いものや脂っこいものをよく食べる
□ 喫煙している
□ いつも強いストレスを感じる
□ 生活リズムが乱れがちだ
□ 毎年のように風邪をひく
□ 便秘気味である
□ 口内炎や口唇ヘルペスがよくできる
□ 笑う機会が少ない
□ 口や目の渇きを感じる

 

当てはまる項目が、0〜2=免疫バランス良好。引き続きストレスや生活習慣の乱れに注意して。3〜5=免疫バランスにやや不安あり。日々の「免疫意識」を高めましょう。6〜9=かなり免疫バランスの悪い状態。10以上=いつ病気になってもおかしくない状態。生活習慣全般を見直して!

 

“免疫力”を向上させることは、ふだんの生活のなかでもできるそう。そこで“免疫力”を向上させる生活習慣を2択クイズ形式で出題! 出題してくれたのは、純真学園大学客員教授で、『それでは実際、なにをやれば免疫力が上がるの?』(ワニブックス)の著者・飯沼一茂先生。

 

【Q】眠る前に習慣化させたいのは?

1日の反省をする or 楽しかったことを思い出す

 

正解は楽しかったことを思い出す。入眠前は1日を振り返りあれこれ思い出しがちだが、暗い内容はNG。

 

「努めて楽しかったことを思い出すほうが熟睡もでき、免疫力も保つことができます。また。スマホやPCを眺めていると睡眠ホルモンが正しく分泌されないので気をつけましょう」(飯沼先生・以下同)

 

【Q】就寝時。加湿器を置いておく場所はどっち?

枕元 or 足元

 

正解は枕元。せっかくの加湿器も、足元に置いていては効果が顔まで届きにくい。

 

「加湿器でしっかりと潤したいのは首から上の目、口、鼻、喉の粘膜。ですから加湿器は枕元など、顔の近くに設置してください」

 

ちなみに加湿器のフィルター掃除も、きちんとマメに行うべし!

 

【Q】就寝中。部屋の明かりはどうするのがよい?

電気を消して真っ暗に or 間接照明でほのかに明るく

 

正解は電気を消して真っ暗に。

 

「睡眠中に部屋が明るいと、交感神経が刺激されたままに。休んでいるようでも実はリラックスできず、結果的に免疫機能も低下してしまいます」

 

部屋を真っ暗にすることで副交感神経優位の状態をつくれれば、きちんと熟睡でき体内時計も整うのだ。

 

正しい知識を身につけて睡眠時を免疫力の充電時間に!

 

「女性自身」2020年4月7日号 掲載

外部リンク