cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_ca96f784eeb5_「ポスト百恵」大沢逸美 母の介護で培った経験と度胸 ca96f784eeb5

「ポスト百恵」大沢逸美 母の介護で培った経験と度胸

2018年10月14日 11:00 女性自身

小泉今日子や中森明菜など“花の82年組”に対し、“アイドル不毛の年”といわれた83年組。でも、「今が最高!」と話す彼女たちは今年、桑田靖子(50)、松本明子(52)、森尾由美(52)、大沢逸美(52)、小林千絵(54)、木元ゆうこ(51)、徳丸純子(52)の7人で、ユニット「お神セブン」を結成。自虐を笑いに変えて輝く。そんなメンバーに話を聞いた。

 

■大沢逸美(52)/デビュー当時のキャッチフレーズは「グッドガール it’s me」

 

「背が高かったし、中性的なイメージで勝負しようとしていたので、運動神経もいいと思われたんでしょうね。アイドル恒例の『水泳大会』のリレーではつねにアンカーを任されたものの、遅すぎて画面から消えてしまうほどでした(笑)」

 

大沢さんが『ジェームス・ディーンみたいな女の子』で歌手デビューしたのは16歳のとき。当時全盛だった“ぶりっこタイプ”とは正反対の男装の麗人風で、「ポスト百恵」としても注目を集めた。

 

しかし、アイドルは水に合わなかったのか、3年ほどでピリオドを打ち、以降、女優として多くの役を演じてきた。

 

「転機は26歳でした。昼ドラ『約束の夏』でヒロインを演じたとき、相手役を本気で好きになるほど、役にのめり込んで。やっと職業欄に『女優』と記せる、と思えたし、“魅せる喜び”に目覚めていきました」

 

一方で、私生活では25歳で父親が他界、母親を北海道から呼び寄せ、同居を開始していたという。

 

「仕事への充実感は増していきましたけど、'02年に母が他界するまでの2年間は特に、介護に軸を置く日々でした。介護保険もない時代でしょ。私は一人娘だったし、母はほかに頼るところがなかったから」

 

地方ロケなどは断るようになり、徐々に仕事から遠のいた。

 

「母とは昔から折り合いが悪かったんですよ。でも、要介護になるちょっと前に、恋人との別れも重なって。介護が始まってからは『お母さんがいてくれさえすればいい』と腹をくくって向き合うことができました。母の頭を洗ってあげたりしていると、『ああ、自分もこうして育ててもらったんだな』なんて。笑顔を見せてくれれば『やっぱり愛おしいな』と思えたし。介護状態にならなければしてあげられなかった親孝行かもしれませんね」

 

介護経験は本にもつづられ、現在は講演活動も行っている。そして私生活では、このまま独身でいくのか、この先結婚するのか――。

 

「50代は、どこに進むのかまだわからないんですよね。でも、何かあったときにガシッと支え合える仲間たちとつながれたこと、心強く思っている自分がいます」

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_77049f6c96a8_【ポップな心霊論】「嫌われ芸人が人気者になったワケ」 77049f6c96a8

【ポップな心霊論】「嫌われ芸人が人気者になったワケ」

2019年9月22日 15:50 女性自身

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(28)。『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【嫌われ芸人が人気者になったワケ】

 

何年か前、芸人仲間みんなから、なんとなく嫌われてる人がいたんです。たぶん、長身でイケメンだから、嫉妬もまじってたんですけどね。ただ、表に出る仕事をしてるのに、恨みも好意も、なんの生き霊もついていない人でした。

 

そういう雰囲気に嫌気がさすのか、何度も芸人を辞めてるんですけど、そのたびに戻ってくるんですよ。それで、少し前にも久しぶりに復帰してきたことがあって。ちょっと霊視してみたら、まるで人が変わったように、いいものがたくさんついていました。

 

今では、みんなからめちゃくちゃ愛されてて。体を包む温かい光まで見えます。これがついてると、すごく幸せな人生が歩めるんです。

 

何がそんなに変わったのか、しばらく観察してたんですけど、たぶん人を疑うことをやめたんでしょうね。以前は誰に対しても壁があったのに、今はどんな人のことも信用して、お金まで騙し取られてるんだとか。これじゃ、いいのか悪いのかわかんないですね(笑)。

 

でも、生き霊的には確実によくなっていて。実際、嫌われてたのがウソのように、芸人たちから愛されてますし。きっと、これからいいことが起こるんじゃないかって、僕はそっと見守っています。

 

【お知らせ】
はやともさんへのファンレター・心霊相談は、
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6
光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_48aea5d17675_小栗旬 おばたのお兄さんモノマネ披露、本物は違うと絶賛の声 48aea5d17675

小栗旬 おばたのお兄さんモノマネ披露、本物は違うと絶賛の声

2019年9月22日 14:00 女性自身

俳優の小栗旬(36)が9月20日放送の『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)にゲスト出演。番組内で自身のモノマネをする芸人・おばたのお兄さん(31)のモノマネを逆披露し、ネット上で大きな反響を呼んでいる。

 

番組終盤にMCの有田哲平(48)から自身が主演する映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の告知を振られた小栗。「裏に資料を取ってきてもよろしいでしょうか?」とスタジオ裏にはけた後におばたのお兄さんが小栗を装いスタジオに登場。そのまま小栗旬として映画告知をおこなう展開に。

 

その後、おばたのお兄さんも告知途中で資料を取りにスタジオ裏へ。すると今度は同じく小栗のモノマネをする芸人、土佐兄弟・有輝(24)が小栗旬に扮してスタジオに登場。映画告知を最後までやりきり、偽の小栗旬としてそのまま席に着席し番組が進行。

 

有田から「好きな芸人は?」と振られた偽小栗旬が「おばたのお兄さん」と答えると、最後に本物の小栗がおばたのお兄さんに扮しスタジオに登場。おばたのお兄さんのネタ「いただきまーーーきのっ!」を全力で披露し、スタジオは爆笑に包まれた。

 

本物の小栗旬が偽物のおばたのお兄さんのモノマネをするというありえない展開にネット上でも驚きの声が。

 

《小栗旬の「まーきの!」wwwこれは贅沢すぎるw》

《小栗旬側が寄せてきてるのおもしろい》

《小栗旬のものまねをするおばたのお兄さんのものまねをする小栗旬 なんだこれ最高》

 

また自身の偽物の芸人役を完璧に演じきりながらも、一流俳優のオーラを醸し出す小栗のカッコよさを称賛するツイートも多数上がり“小栗旬”がトレンドにランクイン。「俳優・小栗旬」を絶賛する声が多数あがっていた。

 

《小栗旬が3人!!! やっぱ本物は背が高くてカッコいい~笑》

《待って。小栗旬ほんまにかっこいい(笑)(笑)ノリもええし、おもろいし、脚長いし、イケメンって(笑)完璧かよ(笑)(笑)》

《小栗旬がマーキノっ!やってんの最高やな。カッコつけてないイケメンが好き!もっとバラエティ出て欲しいわ》

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_20c5358b5063_90歳まで宝塚で演技指導も…99歳の元タカラジェンヌ 20c5358b5063

90歳まで宝塚で演技指導も…99歳の元タカラジェンヌ

2019年9月22日 11:00 女性自身

今後、先進国では2人に1人が100歳まで生きるといわれる現代。ひと足先に長寿の楽しみを謳歌している先輩に長生きの秘訣を聞きました!

 

「100歳だなんてとんでもない! 誰が言ったのかしら? 私はまだ80代ですよ(笑)」

 

そうおどける大路三千緒さん(99)は、殿堂入りした元タカラジェンヌの中で最高齢のレジェンド。大正9年生まれ、昭和14年に宝塚少女歌劇団に27期生として入団。同期には越路吹雪、月丘夢路、乙羽信子らがいた。

 

男役から、娘役までさまざまな役をこなし、花組と雪組の組長を歴任。60歳の定年で退団後も、『おしん』など多くのテレビドラマで女優として活躍しながら、90歳まで宝塚歌劇団で演劇指導もしていた。

 

現在は兵庫県宝塚市内の介護付き老人ホームで暮らす大路さん。7年ほど前、自宅前のマンホールの上で足を滑らせ転倒。腰の骨などを複雑骨折したのがきっかけだったという。

 

「ここはとてもいいですよ。ワーワーいう人はいないし、静かだし」

 

新聞は毎日、朝と夕方に目を通し、字幕付きでテレビドラマを見るのが楽しみ。ご飯は1日3食しっかり食べる。

 

「なんでもよく食べますが、お肉が好きですねぇ」

 

宝塚時代の昔話を尋ねると、和やかな笑顔でこう答える。

 

「長いこと宝塚にいたわ。宝塚の舞台は飽きないの。でも、舞台の話はね、どこかに行っちゃった(笑)。ごめんなさいね、忘れんぼなの」

 

介護が必要な生活ではあるが、気持ちはまだまだ若い。これからの夢を聞いてみた。

 

「いい役がくれば、またやりたいわ! 自分に合った好きな役がきたら、またね……」

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_351a8055b0a0_内海桂子97歳が後輩に伝えたいこと「ナイツだってまだまだ」 351a8055b0a0

内海桂子97歳が後輩に伝えたいこと「ナイツだってまだまだ」

2019年9月22日 06:00 女性自身

今後、先進国では2人に1人が100歳まで生きるといわれる現代。ひと足先に長寿の楽しみを謳歌している先輩に長生きの秘訣を聞きました!

 

「ケーキに9と7の数字を飾ってくれて。じつは、うちの亭主の誕生日が9月7日なんですよ。今年は、これで2人の誕生祝いができます」

 

97歳となった現在も現役最高齢芸人として舞台に立ち続ける内海桂子師匠。2カ月ほど前に体調を崩して休養中だが、仕事復帰への思いは強い。

 

「いま、外出はできないんですよ。でも、家の中では手すりを使って自力で立ったり歩いたりして足腰が弱らないように気をつけています。涼しくなったら近所を散歩したいですね」

 

そう語る視線の先には、35年連れ添うご亭主のお顔。「結婚してよかったですか?」とぶしつけに聞くと、「悪くはないね」とほほ笑んだ。

 

9年前から始めたツイッターは、こまめに更新を続け、フォロワー数はなんと48万人。日々の気づきからスポーツ、時事ネタ、と内容はさまざま。その関心の広さには舌を巻く。

 

「テレビはスポーツをよく見ます。最近は、日本人のラグビー選手も外国人と変わらない立派な体形だもの、たいしたもんだ。来年のオリンピックも楽しみですよ」

 

故・好江師匠との思い出を聞くと。

 

「芸術選奨文部大臣賞(昭和57年)を受賞したとき、好江が初めて人前で『姉さん、ありがとう』って言ってくれた。それがいちばんうれしかったですね」

 

そんな師匠が後輩芸人に伝えたいこととは?

 

「ネタがちゃんと完成したものじゃなきゃ漫才に説得力がない。ナイツだってまだまだですよ。私たちがやってきた江戸漫才というものをしっかり受け継いでほしいですね」

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_407ce6452177_Flower解散発表にファン悲鳴「私の青春が」「今月は急すぎる」 407ce6452177

Flower解散発表にファン悲鳴「私の青春が」「今月は急すぎる」

2019年9月21日 20:11 女性自身

Flower・中島美央(25)が9月21日、Jリーグ・FC町田ゼルビアの富樫敬真選手(26)との入籍と妊娠を発表した。それに伴って引退を発表したが、同時にグループは今月末で解散。ネットではファンからの悲しむ声が後を絶たない。

 

サイト・E.G.family mobileで入籍と妊娠をファンに報告した中島は「私らしい女性としての輝きとは何なのか、日々考えるようになり、年内をもってこの世界から離れて新たな道へと進んでいく決断をしました」と芸能界引退も発表。「Flowerとして生きることができた時間に感謝以外の言葉が見つかりません」「まー、れいな、はるみ、のん、本当に本当にありがとう!!!」と感謝の気持ちを表している。

 

加えて同サイトでは、9月をもってFlowerが解散するとも発表された。その理由についてLDH JAPANは「メンバーと協議を重ねた結果、メンバーそれぞれが新しい道へ進むことを決断」したとつづっている。

 

Flowerは11年10月に9人組グループとしてデビュー。のちに4人が脱退したものの、今年3月には4年ぶりのアルバム「F」をリリースしたばかりだった。

 

突然の発表にファンは複雑な気持ちのようだ。Twitterではこんな声が上がっている。

 

《中島未央結婚妊娠Flower9月で解散って、、、私の青春がこんなにも早く、、、、、ショック》
《学生の頃から月の少ない小遣いをコツコツ貯めて新曲出す度にCDショップに駆け込んでランキングに入ったら自分のことのように喜んでFlowerの世界観が大好きでやっとFをリリースしてこれからってときに解散とか受け入れられないよ、みんな帰ってきてよ、時間戻して、無理、、》
《本当に信じられない。今月は急すぎる...》

 

いっぽうで《Flowerのライブに行く夢は叶えられなかったけど、これからもずっとFlowerのファンだからね!》《人生の中でFlowerの素晴らしい曲に出会えて本当に幸せでした》《またいつかFlowerのパフォーマンスが見たいです》と惜別の声も上がっている。

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_c596258d5299_NGT48に今も続く逆風ムード…移籍再出発の山口真帆と明暗 c596258d5299

NGT48に今も続く逆風ムード…移籍再出発の山口真帆と明暗

2019年9月21日 19:57 女性自身

いまだに元メンバー・山口真帆(24)への暴行騒動が収束していないNGT48だが、10月から専用劇場・NGT48劇場で本人確認のために顔認証システムを導入すると公式サイトで発表した。セキュリティー対策や不正転売防止を目的とし、将来的には他劇場やコンサートイベント会場での導入も検討しているという。

 

「導入は48グループで初めてのこと。数年前には地方の握手会でファンの傷害事件が発生していました。メンバーやスタッフの安全を守るために、改善策が検討されていたようです」(芸能記者)

 

しかしネット上では《それは起こったことに対する処置では無い》《劇場で入れても、事件が起きたのは自宅》《目先をそらして話題作っても、本質的な問題はなんも解決してない》など、いまだに騒動が解決していないことに対する批判の声が数多くあがっていた。

 

またNGT48の運営会社・AKSが事件で不起訴になったファン男性2人に対し、3000万円の損害賠償を求め提訴。その進行協議が20日に新潟地裁で行われた。

 

各スポーツ紙によると、報道陣に対応したAKSの弁護士は、2人の被告のうち1人が「山口さんと事件前から関係があり、顔をつかむような暴行はしていない」という趣旨の主張をしていることを告白。これに対しても《被害を訴えた山口さんを陥れるんですね》などと批判が殺到している。

 

「山口さんは事務所を移籍し、先日にはファースト写真集発売イベントを開催。温かい声援や写真集を絶賛する声などが寄せられ、かなりの“追い風”となっています。いっぽうでNGTサイドにはかなり強い“逆風”が吹き荒れたまま。この風向きを変えるのは、現状では容易ではないでしょう」(前出・芸能記者)

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_82723ee9128b_X1東京初上陸でファン殺到!羽田空港が騒然となるほどの人気 82723ee9128b

X1東京初上陸でファン殺到!羽田空港が騒然となるほどの人気

2019年9月21日 19:28 女性自身

9月21日、韓国の人気アイドルグループ・X1が来日した。

 

東京を訪れるのは今回が初。そのため「一目見たい!」と羽田空港には多くのファンが集結。たくさんの人でごった返す状態となり、国際線到着ロビーは一時騒然となった。

 

今回、22日と23日に東京・豊洲PITで行われるイベント「12th KMF2019」出演のため来日したX1。前週に札幌で行われた同イベントのための来日に続き、2度目の来日となる。

 

X1は、今年8月に韓国でデビューしたボーイズグループ。韓国の国民的サバイバルオーディション番組『PRODUCE X 101』で選ばれた11人がメンバーだ。

 

デビューアルバム「飛翔:QUANTUM LEAP」は、50万枚を超える異例のセールスを記録。K-POPグループのデビュー作では史上最多となる売り上げを記録している。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_cf9847d7d612_平原綾香の国歌独唱に胸打つ人続出 「勝利の女神」の呼び声も cf9847d7d612

平原綾香の国歌独唱に胸打つ人続出 「勝利の女神」の呼び声も

2019年9月21日 17:22 女性自身

シンガーソングライターの平原綾香(35)が、9月20日に開催された「ラグビーワールドカップ2019日本大会」開幕戦で日本国歌「君が代」を独唱。力強い歌声に、ネットで称賛の声が上がった。

 

《国歌斉唱において平原綾香さんの右に出る人はいないね。感動の域》

《平原綾香の国歌斉唱うますぎたわ…魂震える…》

 

《なんで女性なのに低いキーで歌われるんですかという問いに対して、サポーターの男性の方も一緒に歌えるキーにしてもらっているんですとあーやさんは言っていました。 その思いちゃんとサポーターさんに届いてます。みんなあーやさんと歌ってた!国歌独唱素晴らしかったです》

 

平原といえば、06年に秩父宮ラグビー場で行われた「リポビタンDチャレンジ2006 日本代表対イタリア代表」で初めて国歌を独唱。その後、14年にも「アジア五カ国対抗(A5N)2014 ラグビー日本代表対香港代表戦」でその歌声を披露していた。

 

また昨年には本大会唯一の新設スタジアムである岩手県「釜石鵜住居復興スタジアム」のオープニングセレモニーで、釜石東中学校生徒とともに「いつかこの海を越えて」を熱唱した。そんなラグビーとも縁が深い平原は、試合終了後にTwitterを更新。

 

《ラグビーワールドカップ開幕戦で国歌斉唱させていただきました! 国歌斉唱の時 歌いながら泣いている選手がいらっしゃったそうです この瞬間のためにどれだけ努力してきたか伝わってくるようでした 「4年に一度じゃない。一生に一度だ。-ONCE IN A LIFETIME-」》と感想をつづった。

 

本試合では、日本代表はロシアに30-10で快勝。その結果に、ファンからは平原にこんな声も上がった。

 

《ノーサイド 日本勝った~ あーや ラガーマンを鼓舞する力強い国歌で勝利の女神》

《日本30-10ロシア あーやの国歌独唱が日本選手勝利の原動力になったのは間違いない》

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_47918500d711_野口聡一さん54歳で宇宙へ「大事なのは継続できる生活リズム」 47918500d711

野口聡一さん54歳で宇宙へ「大事なのは継続できる生活リズム」

2019年9月21日 15:50 女性自身

50歳を超えても宇宙へ行ける人の生活ってどんなだろう――。“野口さん54歳で3度目の宇宙へ”というニュースを聞いて、ふと浮かんだ疑問。本人に直接聞いてみると、意外な答えが返ってきました。

 

「幼いころから僕の『宇宙飛行士』という仕事を理解して育ってきた3人の娘たちは、日ごろから『お父さん、また宇宙に行きたいんでしょ?』と言ってくれていて。3度目が決定したときも『本当によかったねと全員が喜んでくれました』

 

JAXA(宇宙航空研究開発機構)東京事務所の一室で、やわらかな笑顔を浮かべて話すのは、宇宙飛行士の野口聡一さん(54)。'05年にアメリカの「スペースシャトル」。'09年にロシアの「ソユーズ」と2度、宇宙船に乗り、地上から約400キロ離れたISS(国際宇宙ステーション)に滞在して任務を行ってきた。

 

そして'20年に予定されている「3度目」では、日本人として初めてアメリカの民間機に乗り、ISSに向かう。

 

「フライト・エンジニアとして、日本の宇宙実験棟『きぼう』を含む各施設の保全や科学実験など行う予定です。東京オリンピック聖火リレーのスペース・アンバサダーも務めるため、日程が重なれば、宇宙から中継で声援をお届けできるかもしれません」

 

日本人最年長で来年のミッションに挑む野口さん。前回の'09年から約10年間で体の変化も感じているという。

 

「宇宙で45歳の誕生日を迎えた前回は伸び盛りでしたが、54歳になったいま、筋力や動体反射などは劣ってきたかもしれません」

 

それでも宇宙飛行士は「つねにチャレンジの日々」だと語る。

 

「この職業の特徴は、ベテランでもずっと試され続けること。たとえば、ロボットアームの操縦や船外活動の訓練でも、新人と同じテストをさせられます。『若いころは上手だった』ではいけない。つねに『今が全盛』でなければいけないんです」

 

体が衰えていようと、若手と同じ「オーディション」を通過しなければいけないとは、なんとも厳しい世界。

 

しかし、野口さんは、「それがベテランの挑戦」だと力を込めて語る。その「50代の挑戦」は「なにも新しいことを始めなければいけないわけではない」そうだ。

 

「今までできたことを『今日できるのか』と確認することもまた、挑戦だと思うんです。『自分は今、なにができるのか、まだ走れるのか、宇宙船を操縦できるのか……』と、“現在進行形の自分”を確かめる。自分の能力や置かれた環境をある時期に見直して、また構築することは大事だと思う」

 

こうして、今も宇宙飛行のトップランナーでいる野口さん。挑戦し続けるために、日々の生活でもっとも大事なのは、「継続できる生活リズムを作ること」だと、野口さんは、'05年の最初の宇宙飛行での出来事を振り返る。

 

「最初のフライトは直前の'03年にスペースシャトル・コロンビア号の事故が起き、無期限の延期に。僕は最終的に2年半、待つことになりました。今回の3度目も当初は今年中にフライトするといわれていましたが、計画が遅れていて、出発は早くても'20年です。でも、『いつ呼ばれるかわからない』という状況でも、宇宙飛行士はフライトに向けて、準備し続けなければいけません。数カ月しか維持できない無理な生活で、延期になったら燃え尽きてしまうようでは務まらない。モチベーションは数年単位、さらにいえば、いつまでも保ち続ける必要がある。そのためにも、継続できる生活リズムが大切なんです」

 

長年の「準備しながら待ち続ける」という経験が、今の自分の糧にもなっているという野口さん。さらに、私たちにも「継続できる生活リズム」は役立つのではないかという。

 

「旦那さんが不規則な仕事時間だったり、お子さんが受験を控えていたり……そんな場面が、どこかでおとずれるでしょう。そんなとき、夜遅くまでとか、朝早起きしてとか、“今”頑張っている旦那さんやお子さんに合わせることは素晴らしいことですが、家族全員が無理して総崩れになってしまわないように、自分の生活サイクルを守り、息を抜くことも大事だと思います。たとえば。僕の家族もそうでしたが、子どもの受験で大事なのは、『直前の3カ月』だけではないですよね。僕は大学受験で浪人した経験がありますが、受からなかったら、また1年、勉強の日々が続く。3月で燃え尽きてしまうわけにはいかない。そうしたとき、子どもはもちろん、僕たちもサポートし続けるために、無理のない生活サイクルを持ったほうがいい」

 

そして、「それは僕を支えてくれている妻も同じ」だという。

 

「妻は献身的に支えてくれてきていますが、彼女の生活もありますので、『できないことはできない』という割り切りも持っていると思う。夜遅くまで待っていることを、僕も期待しないですし……。きっと妻も『このペースなら乗り切れる』というリズムをしっかり持っているんじゃないかな」

 

野口さんは今、妻と3人の娘の心からの「よかったね」の言葉を胸に、準備を重ねている。

外部リンク