cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_ca96f784eeb5_「ポスト百恵」大沢逸美 母の介護で培った経験と度胸 ca96f784eeb5 ca96f784eeb5 「ポスト百恵」大沢逸美 母の介護で培った経験と度胸 oa-jisin

「ポスト百恵」大沢逸美 母の介護で培った経験と度胸

2018年10月14日 11:00 女性自身

小泉今日子や中森明菜など“花の82年組”に対し、“アイドル不毛の年”といわれた83年組。でも、「今が最高!」と話す彼女たちは今年、桑田靖子(50)、松本明子(52)、森尾由美(52)、大沢逸美(52)、小林千絵(54)、木元ゆうこ(51)、徳丸純子(52)の7人で、ユニット「お神セブン」を結成。自虐を笑いに変えて輝く。そんなメンバーに話を聞いた。

 

■大沢逸美(52)/デビュー当時のキャッチフレーズは「グッドガール it’s me」

 

「背が高かったし、中性的なイメージで勝負しようとしていたので、運動神経もいいと思われたんでしょうね。アイドル恒例の『水泳大会』のリレーではつねにアンカーを任されたものの、遅すぎて画面から消えてしまうほどでした(笑)」

 

大沢さんが『ジェームス・ディーンみたいな女の子』で歌手デビューしたのは16歳のとき。当時全盛だった“ぶりっこタイプ”とは正反対の男装の麗人風で、「ポスト百恵」としても注目を集めた。

 

しかし、アイドルは水に合わなかったのか、3年ほどでピリオドを打ち、以降、女優として多くの役を演じてきた。

 

「転機は26歳でした。昼ドラ『約束の夏』でヒロインを演じたとき、相手役を本気で好きになるほど、役にのめり込んで。やっと職業欄に『女優』と記せる、と思えたし、“魅せる喜び”に目覚めていきました」

 

一方で、私生活では25歳で父親が他界、母親を北海道から呼び寄せ、同居を開始していたという。

 

「仕事への充実感は増していきましたけど、'02年に母が他界するまでの2年間は特に、介護に軸を置く日々でした。介護保険もない時代でしょ。私は一人娘だったし、母はほかに頼るところがなかったから」

 

地方ロケなどは断るようになり、徐々に仕事から遠のいた。

 

「母とは昔から折り合いが悪かったんですよ。でも、要介護になるちょっと前に、恋人との別れも重なって。介護が始まってからは『お母さんがいてくれさえすればいい』と腹をくくって向き合うことができました。母の頭を洗ってあげたりしていると、『ああ、自分もこうして育ててもらったんだな』なんて。笑顔を見せてくれれば『やっぱり愛おしいな』と思えたし。介護状態にならなければしてあげられなかった親孝行かもしれませんね」

 

介護経験は本にもつづられ、現在は講演活動も行っている。そして私生活では、このまま独身でいくのか、この先結婚するのか――。

 

「50代は、どこに進むのかまだわからないんですよね。でも、何かあったときにガシッと支え合える仲間たちとつながれたこと、心強く思っている自分がいます」

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_a02e467d6ca5_前田敦子 堅実ママ生活の喜び…自宅から離れた100均まで遠征へ a02e467d6ca5 a02e467d6ca5 前田敦子 堅実ママ生活の喜び…自宅から離れた100均まで遠征へ oa-jisin

前田敦子 堅実ママ生活の喜び…自宅から離れた100均まで遠征へ

2020年2月22日 22:31 女性自身

「前田さんは同年代らしき女性と一緒で、お子さんと旦那さんはいませんでした。生活雑貨や育児グッズコーナーで足を止めて、離乳食を入れるケースやシールブックなどを買い込んでいましたよ。“あっちゃんも100円ショップで買い物するんだ!”と驚きましたね」(目撃した女性)

 

2月上旬、東京都・墨田区にあるショッピングモールを訪れていたのは前田敦子(28)。13年にAKB48を卒業し、18年に俳優の勝地涼(33)と結婚。昨年3月には第一子となる男児を出産した。

 

前田は、放送中のドラマ『伝説のお母さん』(NHK)では、ワンオペ育児と冒険の両立に悪戦苦闘するお母さん・メイを好演。出産後初となるドラマに精力的に取り組むなか、この日、前田が自宅から離れた下町のショッピングモールまで出向いたのには理由があった。

 

「ここの100円ショップは都内最大級の売り場面積を誇り、ママたちの間では“なんでも揃う!”と評判なんです。また別の階には超大型のベビー用品店も入っていて、“ママの聖地”と有名なショッピングスポットなんです」(地元住民)

 

育児のために“遠征”をするなど、工夫を見せる前田。夫の勝地と二人三脚で、育児との仕事の両立に奮闘しているようだ。

 

「前田さんは産後にかなり太ってしまったそうですが、復帰に向けて10キロのダイエットに成功したそうです。昨年9月に出演したバラエティ番組では、『1日2時間は歩くのを徹底している』とストイックな生活ぶりを明かしていました。そんな前田さんを勝地さんも応援していて、前田さんが忙しいときには積極的に育児や家事に参加しているそうです。前田さんも今回のドラマの会見で、勝地さんへの感謝を語っていました」(芸能関係者)

 

前田は子どもとの日々について、昨年9月『Ray』のインタビューでこう明かしている。

 

《子育ては実際にやってみると楽しいことばかりです。外でいい子にしているとその反動で、その日の夜はグズグズして寝ないこともあるんです。それが可愛くて! 最近は寝返りを打てるようになって、起きたときにウッウ~って訴えかけてくるとキュンとします(中略)やっぱり息子のうれしそうな顔を見ると幸せですから》

 

多忙でも、前向きに子育てと向き合う前田。“伝説のママタレ”になる日も近いかも!?

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_7f8721f4bedf_「麒麟がくる」視聴率が早くも下落…原因は明智光秀にありか 7f8721f4bedf 7f8721f4bedf 「麒麟がくる」視聴率が早くも下落…原因は明智光秀にありか oa-jisin

「麒麟がくる」視聴率が早くも下落…原因は明智光秀にありか

2020年2月22日 21:10 女性自身

1月19日にスタートしたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。初回は平均視聴率19.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)の好スタートを切ったものの、回を重ねるごとに数字がダウンしている。

 

「当初は沢尻エリカさん(33)がキャスティングされていましたが、薬物事件で逮捕されたことで川口春奈(25)を代役に立てて撮り直し。スタートが2週間遅れたことで世間の関心も高まり、初回は高視聴率を記録しました。しかし今月16日放送の第5話は13.2%で、初回からすでに約6ポイントダウン。近年の大河に比べても下がるペースが速すぎるとして、心配の声が上がっています」(放送担当記者)

 

長谷川博己(42)が演じる主人公・明智光秀は「本能寺の変」で、主君・織田信長を自害に追い込んだことで知られている。

 

もともとそれ以外についてはあまり知られていなかったこともあってか、放送後の盛り上がりはいまいちだという。

 

「大河に関してはいつも関連書籍が出て、それなりに売れます。しかしもともと資料がなかったせいもあってか、今回はあまり出版物が出ていません。売り上げも好調とは言えない状態です。世間の人々は、光秀自体にあまり関心がないようです」(書店関係者)

 

現時点ですでに主要キャストは発表済み。今後も新キャストが発表されることになりそうだが、そこまでPR効果があるかは微妙なところだ。

 

「NHKの大河は、主人公の人生を描くのが“お決まり”です。しかし光秀に関しては『本能寺の変』の直前からスタートし、『山崎の戦い』で豊臣秀吉に敗れて自害するまでを描いたほうが視聴者の関心も高かったはず。視聴率が完全に下がり切る前に、山場を持ってきたいところですが……」(民放キー局のドラマスタッフ)

 

スタート前から苦難の連続だった「麒麟がくる」。今後、巻き返すことができるのだろうか。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_2c8a60d8d04e_都はるみに大竹しのぶがエール 72歳誕生日に「歌い続けて」 2c8a60d8d04e 2c8a60d8d04e 都はるみに大竹しのぶがエール 72歳誕生日に「歌い続けて」 oa-jisin

都はるみに大竹しのぶがエール 72歳誕生日に「歌い続けて」

2020年2月22日 11:00 女性自身

2月22日に72歳の誕生日を迎える都はるみ。都といえば、15年11月の全国ツアーの最終公演で「来年、コンサートを休ませてもらいます。一生懸命、充電します」と休業を宣言した。

 

当初はテレビ番組やイベントに出演予定だったというが、16年2月、TBSラジオの番組「大沢悠里のゆうゆうワイド」にゲスト出演した際、「自分のジャンルじゃないCDを買ったり、他人の歌を聴いたりしています。家で時々、他人の歌を歌ったり」する生活を送っていると告白。

 

また14年に発売した『冬の海峡』の曲紹介では「この歌でもういいかなと思うこともある。いい詞に出会えばいいけど、なかなか巡り会わない」とコメントを出しているが、3年以上、公の舞台に出ることはなかった。

 

彼女は今、どうしているのか――。

 

「今は友達とゴルフをしたり、悠々自適な毎日を送っているそうです」(知人)

 

実は72歳の誕生日当日に都はるみをリスペクトするアーティスト9組が集まり、ミリオンセラー6曲の代表曲を含むトリビュートアルバム『都はるみを好きになった人~Tribute to Harumi Miyako!~』が発売される。一青窈(43)が『好きになった人』、UA(47)が『北の宿から』、高橋洋子(53)は『アンコ椿は恋の花』、水谷千重子&Chage(62)は『浪花恋しぐれ』を歌っている。

 

そのなかで、『千年の古都』を歌う大竹しのぶ(62)は、こんなコメントを寄せている。

 

「オファーを頂いた時は、まさか都はるみさんの作品を私が歌えるとは思っていなかったので、すごく驚きました。そしてはるみさんがあらゆる分野の曲を歌ってらっしゃるんだなということを知り、改めてすごい方だと思いました。一度引退され、また復帰なさいましたが、いつまでも歌い続けて欲しいと思います」

 

日本歌謡界のレジェンド・都はるみ。その歌声をまた聴きたいのは、ファンだけではないのだ。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_eaa1e9d5ac90_洗濯愛してる会CMで話題の俳優 抜擢理由は“強烈な個性” eaa1e9d5ac90 eaa1e9d5ac90 洗濯愛してる会CMで話題の俳優 抜擢理由は“強烈な個性” oa-jisin

洗濯愛してる会CMで話題の俳優 抜擢理由は“強烈な個性”

2020年2月22日 11:00 女性自身

「あのCMに僕が出演しているの、なんでだって感じですよね(笑)」

 

そう話すのは、イケメン俳優ぞろいの「アタックZERO」“#洗濯愛してる会”のシリーズCMに入会希望者として登場し、お茶の間をざわつかせた坂口涼太郎。映画やドラマで独自の存在感を放っている29歳だ。出演はオーディションで決まったそう。

 

「オーディションに白い服で行ったんですが、シミがついていたのに後で気が付いて。“洗剤のCMなのに! 落ちた”と思ったんですけど(笑)」

 

CMの制作担当者によると“イケメンたちのなかに入っても負けない強烈な個性”が抜擢理由だったよう。

 

「松坂桃李さん(31)とは初共演でしたが、ほかの皆さんとは過去に共演させていただいたことがあって。すんなりと現場に入れましたね」

 

本誌取材時には特技のダンスを生かして、瞬時にポーズを。ピアノの弾き語りも動画配信しており、作詞作曲は自分で手掛けているなど、多才。

 

「できないこと? たくさんあります。ダンスはできますけどスポーツはできません。球技が全然ダメで、ボールをキャッチできないんですよ」

 

ドラマに映画に、今後この姿を目にする機会は多くなりそうな予感。

 

「映画でも音楽でも演劇でもなんでもいいんですけど、自分の体を使うことでお役に立てるなら! 世界中の素敵だなと思える方たちと、面白いものをつくり続けられたらいいなって思っています!」

 

「女性自身」2020年3月3日号 掲載

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_017f033011b5_中居正広 SMAPの質問にも誠実回答続ける姿に称賛の声 017f033011b5 017f033011b5 中居正広 SMAPの質問にも誠実回答続ける姿に称賛の声 oa-jisin

中居正広 SMAPの質問にも誠実回答続ける姿に称賛の声

2020年2月22日 08:30 女性自身

ジャニーズ事務所を3月いっぱいで退所すると発表した中居正広(47)。SMAP解散から約3年2カ月。会見で中居は多くの時間を過ごしたグループについてもしっかりと語った。

 

会見序盤で、退所を考え始めた時期やきっかけについて語った中居。立ち上げた新会社の名前が「のんびりな会」であることを明かし、会場は笑いに包まれるなど会見は終始穏やかなムードで進んでいく。そんななか、次第に質問はSMAPの話題へ。

 

入所から今までで一番印象に残っていることを聞かれると、「もう選べないですよ。SMAP一色だったのは間違いないですから」と回答。会見前日の20日に元メンバーへ退所報告をしていたことを、こう明かしていた。

 

「昨日4人にはメールでお伝えしました。返事が遅くてまだ来ていないメンバーもいれば、のんきな感じの返事もあって。それぞれでした」

 

そして、SMAPの再結成について尋ねられると、真剣な眼差しで「1%から99%の中にあると思いますよ」と答えた中居。「ゼロではないし、100%ないとは言えないと思いますよ」と続け、決して可能性を否定しなかった。

 

この他にも、代表曲「世界に一つだけの花」について「恐れ多くて一人で歌えない」と語るなど、最後までSMAP関連の質問に誠実に答え続けた中居。会見直後から、Twitterでは「#SMAP」がたちまちトレンド入り。中居の“SMAP愛”を称賛する声が溢れている。

 

《中居くんの独立会見、SMAP愛に溢れてるしジャニーズ愛も溢れてるしで素敵な会見!》
《会見を見て改めて中居くん、本当に素晴らしい方だと思いました。 小さい頃からSMAPが当たり前にいてくれた世代の自分には 今回の中居くんの独立ではマイナスなイメージの退社ではなくむしろSMAP再結成するんじゃないかなって気がしました》
《やっぱ中居正広ってカッコイイ… あれだけの年数リーダーとして皆を引っ張って来ただけの事はあると今回の会見で更に感じた。やっぱりSMAPってカッコイイわ》

 

「SMAPは今でも好きですか?」という質問に対して、中居はこう答えていた。

 

「昨日も家電量販店にいたんですけど、『SMAPの中居くんですか』って今でも言われます。まだしばらくSMAPの中居くんなのかなと思います」

 

果たして、また“SMAPの中居くん”が見られる日はくるのだろうかーー。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_8f6df7bbba31_新しい地図が中居正広にエール 今も続く絆に共演望む声も 8f6df7bbba31 8f6df7bbba31 新しい地図が中居正広にエール 今も続く絆に共演望む声も oa-jisin

新しい地図が中居正広にエール 今も続く絆に共演望む声も

2020年2月22日 08:00 女性自身

34年にわたり所属していたジャニーズ事務所からの退所を発表していた中居正広(47)。そしてSMAP時代の仲間であり、現在は「新しい地図」として活動する稲垣吾郎(46)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(43)の3人が中居にエールを送った。その交流にネットが湧いている。

 

中居は2月21日、会見を開き「3月いっぱいをもって、退社・退所することになりました」と発表。そして「4月以降も、これまで通り、できる限りやりたいなと思っております」と芸能活動を続けることを明かしていた。

 

そんななか、中居にエールを送ったのが「新しい地図」の3人だ。各メディアによると会見の直後、3人は連名で「一緒に頑張ってきた中居くんの新しいスタートにエールを送りたいと思います」とのコメントを発表したという。

 

会見で「新しい地図」との共演について、中居は「可能性は0と100の間ではなく、1%と99%の間にあるのは間違いないと思います」と言及。昨年11月放送の『中居くん決めて!』(TBS系)では「俺、“古い地図”じゃないんだよ!」と発言するなど“絆”を感じさせていた中居だけに、ネットでは「新しい地図」との交流を喜ぶ声が上がっている。

 

《嬉しいね、こういうコメントは。何十年も一緒にいたもんね》
《こんな日が来るとは。ずっと繋がっているんだなと、熱く込み上げるものがありました》
《3人に刺激されて、中居くんのモチベーション、新しいことへの挑戦意欲が上がると良いですね》
《ぜひ四人が共演している姿を見たいです》

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_74f732e3e14c_松坂桃李「毎晩お風呂上がりに柔軟をやってます」 74f732e3e14c 74f732e3e14c 松坂桃李「毎晩お風呂上がりに柔軟をやってます」 oa-jisin

松坂桃李「毎晩お風呂上がりに柔軟をやってます」

2020年2月22日 06:00 女性自身

「彼にとって、その動機は普通のことなんです。だから妻子を殺してしまう瞬間にも、感情の爆発がなかったりする。自分が演じるうえでも、変な理由づけはせず、フラットでいることを心がけていました」

 

妻子を殺した動機は「本の置き場所が欲しかったから」。松坂桃李(31)がドラマスペシャル『微笑む人』(テレビ朝日系にて3月1日21時〜)で演じるのは、そんな美しくも恐ろしい殺人犯だ。

 

一見、異常な殺人鬼のように思える今回の役柄だが、松坂は「あまり嫌な感じは抱かなかった」と語る。

 

「この人は異常なんだ、自分とはかけ離れているんだって思うのは簡単なんですよ。でも実は、自分もそうなってしまう可能性があるというか。自分にとって普通のことが、他者にとってはそうじゃない、ときには危ないところまで行ってしまうこともある。人って本当に多面的だから、自分の抱く印象だけにとらわれずに、いろんな考え方や解釈を持たないといけないなと、改めて感じました」

 

たしかに、他者から抱かれているイメージと、自分の本質がかけ離れているように感じることはある。とくに芸能人となると、世間に勘違いされていると思うことも多そうだが、松坂自身はどうなのだろうか。

 

「勘違いされていることですか? そんなのたくさんありますよ! 僕の本性が知りたかったら、事務所の携帯サイトに登録してください(笑)。そうしたら1割くらいはわかってもらえるかも。月額330円です(笑)」

 

そんな松坂は以前、本誌取材に「いちばんの関心事は健康」と答えていたが、最近もそれは変わらないそう。

 

「健康診断もしっかり受けてます。あと、毎晩お風呂上りに柔軟をやってます。背中と腰がこりやすくなってきたのでそこを重点的に。疲れにくい体になるかなって。あ、『女性自身』さんにもそういう情報載ってるんですか? それはチェックさせてもらいます(笑)」

 

「女性自身」2020年3月3日号 掲載

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_de94ec911a16_中居正広 退所も中居節讃える声「名言だらけ」「尊敬する」 de94ec911a16 de94ec911a16 中居正広 退所も中居節讃える声「名言だらけ」「尊敬する」 oa-jisin

中居正広 退所も中居節讃える声「名言だらけ」「尊敬する」

2020年2月21日 22:00 女性自身

中居正広(47)が2月21日、ジャニーズ事務所を退所すると発表した。会見は始終和やかなムードで行われたが、そこで見せた“中居節”にネットが湧いている。

 

自ら「フラッシュの点滅にご注意ください」と書かれたプラカードを持って登場するなど、会見は中居らしいユーモア溢れる内容だった。しかし「退所を後悔しないのか?」との質問に対し、中居はこう答えた。

 

「間違った判断をしてしまうことはあると思いますし……。でも後悔する決断があってもいいんじゃないかな。時として、後悔とわかっていても飛び込まなくてはいけない瞬間っていうのは人生において一度や二度あってもいいんじゃないかなって」

 

さらに「新しい地図と共演の可能性は?」と問われると、こう話した。

 

「30年間、エンターテインメントの恵まれたど真ん中でやらせてもらいましたが、1%から99%の中で模索している。99%ダメかもしれないけど1%やったら何かがあるんじゃないか。1%あるかもしれないから、そこにかけてみようと」

 

またSMAPメンバーとの不仲報道について訊ねられると、笑いながらもこう返した。

 

「不仲でいいんじゃないですか(笑)。別にいいんですよ。本人たちが分かっていれば。恋人、家族でもそうでしょ?自分たちが分かっていればいいことであって」

 

「後悔する決断があってもいいんじゃないか」と力強く語った中居。さらにエンターテイメントや人間関係への考えも、会見ではうかがえた。ネットではそんな含蓄に富んだ“中居節”を讃える声が上がっている。

 

《中居くん、毎度毎度の…名言です》
《中居くんはすごいなぁ 名言たくさん……やっぱり尊敬する人》
《中居正広には、「歩く名言集」、いや、「超踊れる名言集」という別名をつけていいと思う》
《名言だらけの会見やー。さすが中居正広。好き!》

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_ca96f784eeb5 oa-jisin_0_b4035d1240a8_喜寿のアントニオ猪木YouTuberに!守り続ける亡き妻の遺志 b4035d1240a8 b4035d1240a8 喜寿のアントニオ猪木YouTuberに!守り続ける亡き妻の遺志 oa-jisin

喜寿のアントニオ猪木YouTuberに!守り続ける亡き妻の遺志

2020年2月21日 21:28 女性自身

元プロレスラーのアントニオ猪木が、2月20日に喜寿の77歳を迎えた。同日に都内で猪木の祝賀会が開催され、長州力(68)や藤波辰爾(66)、天龍源一郎(70)らが駆け付けた。各スポーツ紙によると、猪木は昨年8月に他界した妻・田鶴子さん(享年62)に黙とうを捧げ、「今日からまた新しいスタート」と心機一転を表明したという。

 

98年4月に現役レスラーを引退した猪木。その後も格闘技界を盛り上げ、政治家としても活躍した。17年10月には「生前葬」と銘打ったイベントを実施するも、「葬式なんかオレには似合わない」と一蹴したという。

 

いっぽうで、18年に腰を手術した猪木。同年9月には、北朝鮮の建国70周年式典に出席した。手術直後だったため、車いすで移動する姿は世間に衝撃を与えた。

 

それでも、「元気ですか!」と人々に元気を与え続ける猪木。そんな猪木を現在も支えているのは、田鶴子さんの存在だろう。

 

「田鶴子さんは、公私ともに猪木さんのパートナーでした。猪木さんを元気に見せるため、スーツにマフラーというコーディネートを発案。田鶴子さんは生前、『私に万が一のことがあっても、仕事の予定は変更しないで』とお願いしていたと聞きました。田鶴子さんが亡くなった翌日も、猪木さんはテレビ番組の収録に挑みました。猪木さんは田鶴子さんが『自分の命を縮めて、私の寿命を延ばしてくれたのかもしれない』と感謝していました」(プロレス関係者)

 

祝賀会同日にはYouTubeに公式チャンネル『最後の闘魂』を開設し、YouTuberデビューも果たした猪木。ファンからは歓喜の声が寄せられている。

 

《いや、びっくり。待ってました! 元気があれば何でも出来る! 元気貰います!》
《やばい 涙が… 速攻登録! ダー!!》
《猪木さんお誕生日おめでとうございます!! チャンネル登録しました!》

 

猪木の“闘魂”はまだまだ燃えている――。

外部リンク