cat_oa-jisin_issue_c177032dceb2 oa-jisin_0_c177032dceb2_みちょぱ ゆきぽよと共演NG要請!人気モデルの仁義なき戦い c177032dceb2

みちょぱ ゆきぽよと共演NG要請!人気モデルの仁義なき戦い

2019年5月10日 16:19 女性自身

「頭の回転が速く、無茶ぶりにも対応してくれるので芸人からの信頼も厚い。また、大御所にも物怖じせずストレートに発言をできるところも視聴者から好評です。スタッフにも分け隔てなく接してくれるので、キャスティングの際に真っ先に名前があがる1人ですね」(テレビ局関係者)

 

テレビ業界から絶大な支持を集めるのは“みちょぱ”こと池田美優(20)だ。ギャル系ファッション誌『Popteen』でカリスマモデルとして人気を博し、昨年は300本以上ものテレビ番組に出演するなど引っ張りだこのみちょぱ。

 

そんななか、彼女の背中を追う人物がいる。同じくギャル系ファッション誌『egg』出身の“ゆきぽよ”こと木村有希(22)だ。恋愛リアリティ番組『バチェラージャパン』(Amazon Prime)への出演で一躍注目を集め、最近ではバラエティ番組へと活躍の場を移している。その出自や見た目から一部では「キャラが似ている」とも言われる2人だが、ゆきぽよが激しい追い上げを見せているというのだ。

 

「みちょぱさんにオファーが殺到したことで、最近では仕事を断ることもあるといいます。そこでテレビ局が代わりにオファーを出しているのが、キャラクターの似たゆきぽよさんなんです。実際、みちょぱさんが準レギュラーを務める『サンデー・ジャポン』(TBS系)でも彼女がいないときにゆきぽよさんが出演することが増えています」(前出・テレビ局関係者)

 

思わぬ形でライバルの追い上げを許してしまったみちょぱだが、水面下である争いを繰り広げているというのだ。

 

「断った仕事をことごとくゆきぽよさんが受けている状況を見て、みちょぱさんは『本来私が受ける仕事だったのに……』と愚痴をこぼしているそうです。そこで事務所側が懇意にしているテレビ局のスタッフに『ゆきぽよさんと共演したくない』と要請しているといいます」(前出・テレビ局関係者)

 

みちょぱが叩き付けたゆきぽよへの“共演NG”宣言! みちょぱの所属事務所に確認すると「そのような事実はございません」との回答が寄せられた。

 

ギャル界トップランナー同士の共演が見られる日は果たして来るのだろうか――。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_c177032dceb2 oa-jisin_0_5e75e76930e0_令和時代の“金運アップメソッド”肌に触れるものは赤か緑に! 5e75e76930e0

令和時代の“金運アップメソッド”肌に触れるものは赤か緑に!

2019年5月10日 16:00 女性自身

「令和は、経済的な価値観が大きく変わる時代になるでしょう。経済は活性化しますが、今までのお金の稼ぎ方、守り方にこだわっている人は取り残されていくことになりそうです。ですが、時代の変わり目は自らの運気を上げるチャンスでもあります」

 

こう語るのは、古神道数秘術研究家の中井耀香さん。いよいよ時代は平成から令和へ――。「新しい御代こそ貧乏神とさよならしたい!」というあなたにとって、11月14日から15日にかけて行われる皇室の行事「大嘗祭」までの行動が重要なのだとか。

 

「令和の本格的な始まりは、11月14日から15日にかけて行われる皇室の行事『大嘗祭』以降。この重要な儀式を経て、新たな御代が始まるのです」

 

今、お金で苦労している人は、令和の時代が動きだす前にやっておくべきことがあるという。金運アップメソッドを中井さんが教えてくれた。

 

■肌に触れるものを「赤 or 緑」に一新しよう!

 

タオル、スリッパ、下着、パジャマなど直接肌に触れるものは“邪気”を吸収しやすい。平成の邪気を令和に残さないよう、こうしたものを一新しよう。

 

「邪気は運気の流れを妨げます。身の回りに邪気がたまっていては来るはずのお金もやってきません。買い換えるときは、赤か緑のものを選んでみて。赤はお金や財運を表す火のエネルギー。緑はお金のもとを作る木のエネルギーを表すからです。すべてのものを買い換える余裕がない場合は、タオルとスリッパだけでも新しいものに替えましょう!」

 

■「大嘗祭」前後の土を混ぜ、時代の調和を図ろう!

 

運気の変化に飲まれて急激に財産が減少――。こうした“難”をあらかじめはらう方法として中井さんが勧めるのは、大嘗祭の前と後に自宅で取った土を混ぜること。

 

「庭がある方は庭から、マンション住まいの方は観葉植物やベランダ菜園のプランターの土でも大丈夫です。土の量は一般的な一軒家なら両手いっぱいほどが目安。5月のうちに土を取っておき自宅に保管、大嘗祭後の11月16日以降に取った土と混ぜ合わせて元の場所に戻します。こうすることで2つの時代が調和し変化の波をスムーズに乗り越えられます」

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_c177032dceb2 oa-jisin_0_42fb7478b8dc_「百年は一緒にいたい」Jr.“美 少年”語るジャニーさん 42fb7478b8dc

「百年は一緒にいたい」Jr.“美 少年”語るジャニーさん

2019年5月10日 16:00 女性自身

現在、開催中の『ジャニーズ銀座2019 Tokyo Experience』(日比谷シアタークリエにて6月2日まで)で、トップバッターとして公演を務めるのが「美 少年」。そんな新時代での大ブレークが期待される「美 少年」のメンバーに、ジャニーさんにかけられた言葉から、グループ&個人としての目標、令和の抱負、美の秘訣まで、聞きました!

 

■浮所飛貴(17)

 

――ジャニーさんにどんな言葉をかけてもらっている?

 

「『YOUはしゃべりがうまいからグループをまとめていけばいい』って言ってもらいました。MC担当なので、すごくうれしかったです。あと百年は一緒にいたいです!」

 

――グループとしての目標は?

 

「嵐さんみたいに全員が輝いていて、一人一人がスターであるようなグループを目指しています」

 

――個人としての目標は?

 

「英語が話せる山下(智久)くんみたいになりたい。ジャニーさんからも『英語はしゃべれたほうがいい』と言われているので、今、ちょっとずつ勉強しています」

 

――令和の抱負は?

 

「ジャニーズJr.を引っ張っていく、Jr.の代表みたいなグループになって、僕らの時代をつくりたい」

 

――美少年でいるために、どんなことをしている?

 

「美を保つためにみんなで情報交換しています。一時期、みんなで同じ化粧水を使ってたりしましたね(笑)。金指(一世)はサプリ担当で、薬箱にいろんなサプリを入れて持ち歩いています」

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_c177032dceb2 oa-jisin_0_1e00a0338c62_英BBCの人気ラジオ司会者 アーチー王子への侮蔑的ツイートでクビ 1e00a0338c62

英BBCの人気ラジオ司会者 アーチー王子への侮蔑的ツイートでクビ

2019年5月10日 15:32 女性自身

英BBCラジオでパーソナリティを務めるコメディアンのダニー・ベイカー(61)が9日、クビを宣告された。Twitterに投稿した“侮蔑的”な画像が原因だという。

 

ヘンリー王子とメーガン妃に第一子となるアーチー王子が誕生して英国全土が祝福に沸く中、ベイカーは8日、Twitterに1枚のモノクロ写真を投稿。着飾った男女が、オーバーコートと帽子を身に着けたチンパンジーを連れて建物から出てくる様子が写っており、ベイカーはこの写真にあろうことか「ロイヤルベビーが退院した」とキャプションを付けていた。

 

白人の父と、アフリカ系アメリカ人である母のもとに生まれたメーガン妃をあからさまに揶揄したこのツイートはすぐに削除されたが、BBCには相当数の苦情が寄せられたと見られ、スポークスパーソンは当該ツイートについて「重大な判断ミスであり、ラジオ局として我々が目指している価値観の対極にあるものです」とコメントを発表。

 

ベイカーも「先ほどの愚かで思慮に欠けたジョーク写真について、心から謝罪します。王室と高級服を着たサーカス動物のジョークのつもりでしたが、サルや人種に関するものと思われてしまったため削除しました。王室観察は得意じゃないんですよ」と、差別する意図はなかったと主張しながら謝罪した。

 

続けて、「たぶん他のロイヤルベビーでも、あるいは(元外相の)ボリス・ジョンソンや僕自身の子どもでも同じあのバカバカしい写真を使っただろうね。面白い写真でしょ。でも、甚大なミスを犯したことは事実。グロテスクでした。とにかく、ごめんね、アーチー」と、反省の色が全く見られないツイートを連投し、さらなる反感を買ってしまった。

 

翌9日、ベイカーはBBCをクビになったことをTwitterで報告した。「この上ない見せしめだ。あれは確かに下らないツイートだったしBBCはなんやかんやしないといけなかっただろうけど、僕を生け贄にして(threw me under the bus)収束をはかったんだ。スーツの膝のところが地面にぶつかる音が聞こえたよ」と皮肉たっぷりだ。

 

コメント欄には「当然の報いだ」「被害者ヅラするな」「あなたの番組は好きだったけど、BBCがしたことは正しいよ」「さよならダニー」と冷たい反応があふれ、中にはベイカーが使った「犠牲にする、味方がいない」という意味の慣用句「throw under the bus」を受けて、「文字通りバスの下に身を投げ出してくれ」とやり返されるなど、まさに孤立無援の状態に陥っている。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_c177032dceb2 oa-jisin_0_24d0b0328863_大嘗祭の前に参拝したい「白山神社」が令和にもたらす効果 24d0b0328863

大嘗祭の前に参拝したい「白山神社」が令和にもたらす効果

2019年5月10日 11:00 女性自身

「令和は、経済的な価値観が大きく変わる時代になるでしょう。経済は活性化しますが、今までのお金の稼ぎ方、守り方にこだわっている人は取り残されていくことになりそうです。ですが、時代の変わり目は自らの運気を上げるチャンスでもあります」

 

こう語るのは、古神道数秘術研究家の中井耀香さん。いよいよ時代は平成から令和へ――。「新しい御代こそ貧乏神とさよならしたい!」というあなたにとって、11月14日から15日にかけて行われる皇室の行事「大嘗祭」までの行動が重要なのだとか。そんな興味深い金運アップ術を中井さんが教えてくれた。

 

「令和の本格的な始まりは、11月14日から15日にかけて行われる皇室の行事『大嘗祭』以降。この重要な儀式を経て、新たな御代が始まるのです。今、お金で苦労している人は、令和の時代が動きだす前に、全国にある白山神社を参拝しましょう」

 

全国に数多くある「白山」と名のつく神社には、縁結びの御利益で知られる菊理姫(くくりひめ)という神様が祭られている。菊理姫の『くくり』は『縁をくくる』という意味につながり、古来、縁結びの神様として慕われてきた。まずは令和になって間もない5月早々に白山神社を参拝し、菊理姫に平成に結ばれたお金の悪縁をほどいてもらおう。

 

「その後、絶対に忘れてはいけないのが縁結びの参拝。縁ほどきだけだと、神様のほうで適当な縁を結んでしまううえ、それが良縁とは限りません。ただ、神様が縁ほどきの願を受けて縁をほどくのにも時間がかかるので、縁結びの参拝は約1カ月後の6月に行うのがベストです。7月以降になると、神様が令和の縁結びの準備を始めてしまい、こちらの願いを届けることができなくなるので、その前に参拝を」

 

縁ほどきと縁結びの参拝は、できれば同じ白山神社で行うこと。

 

「参拝時は『お金の情報を運んでくれる若い人とのご縁をお願いします』など、具体的に願うと神様に伝わりやすいですよ」

 

令和の幕開けにお金と良縁を結び、貧乏神には別れを告げよう!

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_c177032dceb2 oa-jisin_0_cf0e3860b026_石井ふく子語るこれからのドラマ「ネット検索で本物作れない」 cf0e3860b026

石井ふく子語るこれからのドラマ「ネット検索で本物作れない」

2019年5月10日 11:00 女性自身

本誌5月7日号にて、人生100年時代を生き抜くために「元気の秘訣を」教えてくれた大正生まれの女性たち。いつまでもエネルギッシュに活躍する彼女らが、「言い残したことがある!」と語り始めたのは、新時代を迎えるにあたっての、社会、そして女性たちへの“激励メッセージ”だった――。

 

「“4時代を生きる”といっても、私は大正15年生まれなので、幼いころの記憶は昭和から始まります。その昭和の体験が基になり、平成の私があり、令和にも続くのだと思っています」

 

TBSのプロデューサー・石井ふく子さん(92)はそう語る。石井さんといえば『渡る世間は鬼ばかり』『ありがとう』(ともにTBS系)など、代表作が多数ある。それらのテーマとなっているのは“家族”。

 

時代をまたいで家庭の持つあたたかさを丁寧に描き続けるのは、いつ家族がバラバラになっても不思議ではない、戦争の体験があったからだという。

 

「いまでも思い出すのは、女学生時代、精密機械の工場に勤労動員されていたときのことです」

 

突然、空襲警報が鳴り響き、非難することになった。本来、石井さんは隊列を先導する役目だったが、工場の作業で遅れてしまい、隊列の最後尾につくことに。

 

「そのとき機銃掃射があって、本来、私がいるべき最前列の学生が撃たれて、亡くなったんです。遺族になんと言って頭を下げていいものか、すごく苦しみました」

 

悲惨な戦時下だったからこそ、それぞれの家族の結びつきは強かったという。

 

「父や母との一緒の時間は、すごく愛おしく、大切なもの。たとえぶつかり合って、怒ったり泣いたりしても、最終的にはみんなで笑い合える。何があっても味方となって愛してくれる存在でした」

 

しかし戦後、生活が豊かになるにつれて、関係が希薄になっていった家族は多い、と指摘する。

 

「平成の世になると、家に帰ってもおのおのが個室で、パソコンやスマホ画面を相手に話しているので、家族間の争い、けんかすら起きなくなりました。せっかく最大の味方でいてくれるにもかかわらず、家でのつながりをないがしろにしていては、人はダメになってしまいます」

 

近年放送されているドラマについては、“個性がない”とバッサリ。新たな時代のドラマ界に託したい思いもあるようだ。

 

「わざわざ派手な殺しのシーンを入れたサスペンスドラマを作る必要はない。家を舞台にすれば、さまざまな“事件”が起きますからね。ドラマを作るときのロケハン(ロケの下見)も、いまの若い人たちはパソコンの画面上で検索できてしまう。でも、みんなが同じ方法で同じ情報を得ているから、同じものができあがる。しっかり現場に足を運んで、自分の目で見て、ドラマを作ってほしいと思います」

 

ますます便利さが追求される時代に突入したからこそ、石井さんは、失われつつある人と人とのつながりの大切さを、ドラマを通して描いていきたいと言う。

 

「私は“人間”と書いて、ヒトと読みます。“人”という文字だけではなく“間”という文字が後に続く。“間”は、人と人をつなげる愛を意味するんですね」

 

人は一人では生きていけない。今こそ、積極的に愛のあるつながりを築くべき時代なのだ。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_c177032dceb2 oa-jisin_0_7e06705e7e79_数秘術研究家・中井耀香さん語る「令和」の金運サイクル 7e06705e7e79

数秘術研究家・中井耀香さん語る「令和」の金運サイクル

2019年5月10日 06:00 女性自身

「令和は、経済的な価値観が大きく変わる時代になるでしょう。経済は活性化しますが、今までのお金の稼ぎ方、守り方にこだわっている人は取り残されていくことになりそうです。ですが、時代の変わり目は自らの運気を上げるチャンスでもあります」

 

こう語るのは、古神道数秘術研究家の中井耀香さん。中井さんによると、令和は平成の延長ではなく、まったく異なる時代になるという。

 

「古神道数秘術を研究してきて、和暦には2つのサイクルがあることがわかりました。令和が属するのは、明治、昭和と同じ『9』のサイクル。いっぽう、平成が属するのは大正と同じ『10』のサイクルです」

 

古神道数秘術には、数霊という考え方がある。数字は人物や物事の本質を表すと考え、たとえば個人の運勢は、名前の画数や生年月日によって決まる「生命数」という数で占うことができる。和暦もまた、この数霊のサイクルによって支配されているという。

 

「奇数の9と陽数の10は、陰と陽であり、これが元号ごとに入れ替わりながら日本の歴史は続いています。9のサイクルのときは、戦争が多いものの経済活動が活発になり、物事の価値観に大きな変化がもたらされる。実際、昭和は第二次世界大戦による敗戦で苦しみましたが、戦後、高度経済成長期に国の経済は大発展しました。10のサイクルの時代は大きな戦争もなく比較的穏やかなときが続くものの、天災に悩まされます。大正と平成に起こった関東大震災、東日本大震災では甚大な被害がでました」

 

9のサイクルに属する令和は、戦争と経済的な変化に翻弄される時代になると考えられる。

 

「令和の戦争はネット上の“情報戦争”になるのでは。また、キャッシュレス化が進むなど、お金の概念そのものが変わる時代になるでしょう。情報を制する者が勝つ、そんな時代にお金を稼ぐのは年輩者よりも情報に敏感な若者。億単位の資産を持つ若者も珍しくなくなると思います。いつまでも古いお金の概念に縛られている人は、時代の急激な運気の変化に巻き込まれ、お金に困ったり、破産に至る恐れも考えられます」

 

そうならないために中井さんが提案するのが「お金と縁結び」だ。

 

「令和の本格的な始まりは、11月14日から15日にかけて行われる皇室の行事『大嘗祭』以降。この重要な儀式を経て、新たな御代が始まるのです。今、お金で苦労している人は、令和の時代が動きだす前に、全国にある白山神社を参拝しましょう。白山神社には、“菊理姫(くくりひめ)”という神様が祭られています。その名の『くくり』は『縁をくくる』という意味につながり、古来、縁結びの神様として慕われてきました。平成に結ばれた“お金の悪縁”をほどき、次の時代に良縁を結んでいただけるよう菊理姫にお願いするのです。参拝時は『お金の情報を運んでくれる若い人とのご縁をお願いします』など、具体的に願うと神様に伝わりやすいですよ」

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_c177032dceb2 oa-jisin_0_3881cb2a5dba_のん『なつぞら』出演NGも「中国で歌手活動を!」の野望 3881cb2a5dba

のん『なつぞら』出演NGも「中国で歌手活動を!」の野望

2019年5月10日 06:00 女性自身

「歴代ヒロインが出演する朝ドラ『なつぞら』。制作側は“独立騒動”でトラブルになった彼女にも水面下で出演の打診をしていました。当時、彼女の言い分や関係者コメントを掲載した『週刊文春』が前事務所との裁判で4月下旬に敗訴。この判決の影響でNHK上層部は彼女の出演にNGを出したと聞いています」(NHK関係者)

 

13年、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』でヒロインを演じた能年玲奈(25)。“じぇじぇじぇ”はその年の流行語大賞にも選ばれた。16年には芸名をのんに改名し、女優そしてアーティストとして活動している。彼女を知る映像関係者は言う。

 

「『あまちゃん』人気は今もアジアで絶大。中国版ツイッター“Weibo”での彼女のフォロワー数は約3万4千人。昨年9月に香港メンソレータム社『肌ラボ』の中国全土のイメージモデルにも抜擢されました。この前は中国語の本を一生懸命読んでいましたね。『またお芝居もしたいです』と話していました」

 

広告代理店関係者も言う。

 

「彼女のピュアな顔立ちは中国でも受けがいいです。一般的に中国のCMギャラ相場は日本に比べ1.5倍~2倍と高額。人気が出たときのギャラの跳ね上がり方も日本の比ではありません」

 

そんな彼女が最近、特に力を入れているのが音楽活動だ。

 

「独立後は中学時代からの趣味だったギターを本格的に始め、17年に歌手デビュー。作詞、作曲も手掛け昨年5月にはアルバムもリリースしました。最近は知人である男性ミュージシャンの影響を受け、より音楽にハマり、音楽関係の人脈も彼の紹介で広げています。中国での歌手活動は、彼女にとって大きな転機になるかもしれません」(音楽関係者)

 

令和の歌手活動で“じぇじぇじぇ”な成果は得られるのか!?

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_c177032dceb2 oa-jisin_0_b8dea66f0398_まめ、お店を開くも商売が強引すぎる『まめ日和』第159回 b8dea66f0398

まめ、お店を開くも商売が強引すぎる『まめ日和』第159回

2019年5月10日 06:00 女性自身

そのほか、私の私物が売られていたり
自分と一緒に遊ぶ権利が売られていたりするまめやさん。

 

笑ったら負け。忙しくても延々一緒に遊ぶしか無くなるのだけれど
笑わないで入られたことは一度もないのです。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_c177032dceb2 oa-jisin_0_885c4c6cb267_「特効薬あれば…」いだてん視聴率嘆くNHKに視聴者の声は 885c4c6cb267

「特効薬あれば…」いだてん視聴率嘆くNHKに視聴者の声は

2019年5月9日 21:17 女性自身

5月9日に開かれたNHKの定例会見で、ドラマ番組部長・藤沢浩一氏が大河ドラマ「いだてん」について言及。「視聴率に特効薬があれば……」と発言し、ネットで話題を呼んでいる。

 

「いだてん」は先月28日に放送された16話で、大河史上ワーストの視聴率・7.1%を記録(関東地区)。これまでのワースト記録は12年11月に放送された「平清盛」(同局)の7.3%だったが、今回約6年ぶりに更新した。

 

各メディアによると藤沢部長は「近代のほぼ無名の主人公を描いており、我々としても挑戦。視聴者のご意見も見ながら、頑張って作っているところ」と明かした。しかし「特効薬的なものがあれば逆にお聞きしたい」と問いかけたという。

 

藤沢部長の発言をキッカケに、ネットでは「いだてん」を見るのをやめてしまった人たちの声が上がっている。

 

多くは《時代があっちこっちに行くから 年配の人たちは 訳がわからないって 電車の中で言っていた》《バタバタしすぎ、土曜ドラマやスペシャルドラマや朝ドラならまだ良かったかも》と時代を行き来する様子に「見づらい!」と感じてしまったようだ。

 

また改善点をあげる声も上がっている。

 

《語りはたけしさんもいいが、軽快なドラマを落ち着かせるプロの噺家でもよかったかもしれない》
《スポーツの黎明期に素人が世界で戦うのは見てて面白かったけど、だんだん話が大きくなってきてやれお国のためだのスポーツは素晴らしいだの言われると》
《口の中の食べ物がしゃべる度に飛び散るシーンが何回かあって、、バナナのときは目をそらしてしまいました》

 

いっぽう《「面白いか」よりも「良い」番組かどうかを気にすればよいのではないでしょうか》《知らなかった時代のことを知るのは楽しいです。演者の皆さんはもちろん、制作側の方々、胸張って頑張ってほしい》《NHKはいつも挑戦的な番組作ってるので、私は評価しています》といったエールも上がっている。

 

こうした視聴者の声は、NHKに届くのだろうか?

外部リンク