cat_oa-jisin_issue_a438ae83adec oa-jisin_0_a438ae83adec_米倉涼子『ドクターX』が“さらに遠のきそう”と囁かれる理由 a438ae83adec a438ae83adec 米倉涼子『ドクターX』が“さらに遠のきそう”と囁かれる理由 oa-jisin

米倉涼子『ドクターX』が“さらに遠のきそう”と囁かれる理由

2020年9月16日 20:32 女性自身

女優の米倉涼子(45)が2021年配信予定のNetflixオリジナルシリーズ『新聞記者』で主演を務めると、9月15日に発表された。

 

『新聞記者』は東京新聞・望月衣塑子記者の著書を原案として製作され、昨年6月に映画版が公開された。

 

近年の政治事件やスキャンダルに正面から切り込んだ内容が話題を呼び、「第43回日本アカデミー賞」では最優秀作品賞など主要3部門の最優秀賞を獲得。ほかにも多くの映画賞を受賞した。

 

今回、米倉は“業界の異端児”と呼ばれる東都新聞の社会部記者・松田杏奈を演じる。映画版と同じ藤井道人監督が手掛けるものの、違ったアプローチだという。

 

「映画版はシム・ウンギョンさんと松坂桃李さんがW主演。2人でコンビを組んでいましたが、米倉は単独主演なので原案に近い作品になりそうです。

 

また菅義偉新首相が誕生したタイミングもあり、より現状の政界を反映させた忖度ない衝撃的ストーリーが描かれるのではないでしょうか。政界関係者からも期待が高まっています」(政治部記者)

 

米倉といえば、今年3月31日付で27年間所属した前所属事務所「オスカープロモーション」を退社。4月に個人事務所を立ち上げた。

 

そして独立後の初ドラマとして、今秋放送のテレビ朝日系スペシャルドラマ『ドクターY~外科医・加地秀樹~』に出演することが発表されていた。

 

同作は『ドクターX~外科医・大門未知子~』スピンオフシリーズの第5弾。

 

ドラマ出演発表の際、米倉は各スポーツ紙に「気がついたら『ドクターY』も5回目。そろそろ『ドクターX』が追い抜かされそう。『ドクターX』もやりたいね」とコメントを寄せていたというが……。

 

「以前から米倉さんは『ドクターX』のキャラが固まるのを良しとせず、新作への挑戦へ意欲をみせていました。

 

18年10月期にはテレ朝で『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』に主演をつとめ、こちらも人気を博しています。

 

そして、次回作は『新聞記者』。設定的にも米倉さんのキャラと見事にハマっているため、ヒットが予想されるでしょう。

 

そのため、“このままだと『ドクターX』の続編はさらに遠のくことになりそうだ”といった声も上がっています……」(テレ朝関係者)

 

米倉が敏腕記者役をどう演じるのか、各方面から注目が集まりそうだ。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_a438ae83adec oa-jisin_0_877f0e19ba52_前澤友作氏のお金配りに広がる混乱…偽アカでの詐欺被害も 877f0e19ba52 877f0e19ba52 前澤友作氏のお金配りに広がる混乱…偽アカでの詐欺被害も oa-jisin

前澤友作氏のお金配りに広がる混乱…偽アカでの詐欺被害も

2020年9月16日 19:30 女性自身

「お金配りおじさん」として、Twitterで現金配布の抽選を続けている前澤友作氏(44)。企画が人気となるいっぽうで“なりすまし“も続出しており、混乱が広がっているという。

 

前澤氏は9月14日にTwitterを更新し、4件のなりすましアカウントの画像とともに注意を促した。

 

《これらのアカウントは全て僕ではありません。すでに合わせて30万人以上のフォロワーがいます。皆さんお気をつけください》

 

さらに《何の目的か分かりませんが、こうした行為は権利侵害や名誉毀損の可能性があり、法的処置を検討開始します。他にも同様のアカウントがありましたら情報お寄せください》と呼びかけている。

 

同日に前澤氏の“偽アカ”が「#前澤砲」を添えて、《フォローとリツートで全員配布》とギフトカードの配布を告知。「#前澤砲」がトレンド入りする事態となり、《参加しなきゃもったいない》《ください》といったツイートが散見された。そのため、《この方には公式マークがついてないです》《偽物です》といった指摘も相次いだ。

 



7月24日から「新型コロナウィルスが落ち着くまで」を期間とし、毎日10名に10万円を配布する抽選を続けている前澤氏。8月29日にはフォロワー数が1,000万に達し、国内ランキング1位を記録した。

 

これまでもフォロワー数が切りの良い数字に達した節目や、様々な条件で「お金配り」の抽選を実施。LINEアカウントも開設するなど企画を拡大させており、毎日の楽しみにするユーザーも増えているという。

 

このように前澤氏の存在感が増すいっぽう、本人を騙る複数の“偽アカ”が確認されている。その多くは前澤氏と同じアイコンを使用し、アカウント名のスペルも酷似したものだ。

 

これを受けて前澤氏は、8月28日にも「詐欺撲滅にご協力ください」と呼びかけていた。そして「Twitter公式マークがついているか」「アカウント名のスペル(@yousuck2020)が正しいか」を、本物と判断する指標として促した。

 

ITmedia NEWSによると、抽選制であれば現金配布はTwitterのポリシーに抵触しないという。だが6月下旬には前澤氏になりすまし“暗号通貨を送り返すとして、現金を振り込ませる”という「ギブアウェイ詐欺」が発生。認証済みアカウントとドメインを用いて、前澤氏のツイートにリプライする形でサイトに誘導していたという。

 

さらに思わぬところにも影響が及んでいたようだ。前澤氏は8月28日、《僕そもそもFacebookやってないので、僕を語るアカウントは全て偽物です》とツイート。

 

だが9月15日、歴史家の松澤裕作氏が《おかねをくばるゆうさくとそのなりすましたちの巻き添えを食いました》とツイート。「公人や著名人になりすました」として、Facebookのアカウントを停止されたことを報告した。

 

「巧妙に前澤さんを装ったアカウントはTwitterだけでなく、LINEやFacebookでも確認されています。抽選に参加するユーザーは、いっそう慎重な判断が求められています。

 

ダイレクトメールや友達申請はもちろん、“フォローやリツイートするだけ”などハードルの低い条件も要注意でしょう。前澤さんに非がなくとも、偽アカによる被害が続くようであれば抽選方法を変える必要性も出てくるのではないでしょうか」(社会部記者)

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_a438ae83adec oa-jisin_0_cdfc92e18918_「きちんと蓄えとけば…」岸部四郎さん語り続けた妻への懺悔 cdfc92e18918 cdfc92e18918 「きちんと蓄えとけば…」岸部四郎さん語り続けた妻への懺悔 oa-jisin

「きちんと蓄えとけば…」岸部四郎さん語り続けた妻への懺悔

2020年9月16日 17:04 女性自身

タレントで俳優の岸部四郎さんが亡くなっていたと9月15日に発表された。71歳だった。各メディアによると、死因は拡張型心筋症による急性心不全だという。

 

岸部さんは沢田研二(72)がボーカルを務めるバンド「ザ・タイガース」にギタリストとして参加。78年のドラマ「西遊記」(日本テレビ系)での沙悟浄役など俳優としても活躍し、84年からは朝のワイドショー「ルックルックこんにちは」(同局系)の司会になった。

 

しかし活躍が続くなか、一転する。

 

「『ルックルック』に出演していたころの岸部さんは日本で一番高い家賃として話題になった高層マンションに住み、愛車はベンツ。年収2億円ともいわれていました。しかし、98年に借金が膨らんで自己破産。負債額は4億2000万。一時は電気やガス、水道も止められたそうです」(スポーツ紙記者)

 

13年も続いた「ルックルック」を降板し、所属事務所も解雇された岸部さん。のちに仕事面では挽回し始めたが、その矢先の03年に脳溢血に。そして後遺症の残る身体となった。

 

そんな岸部さんのことを支えたのは、94年に結婚した14歳年下の妻・小緒理さんだった。

 

岸部さんのマネジメントも引き受け、まさに公私ともにパートナーだった小緒理さん。しかし07年4月、43回目の誕生日を目前に心不全で急死した。

 

07年6月、本誌で13年間の夫婦生活を回想した岸部さん。小緒理さんはマネージャーでありスタイリスト、運転手でもあったと告白。その苦労についてこう語っている。

 

「食事の管理から栄養、糖尿にならないようにとか、彼女は熱心でしたね。特別のおにぎりを作って楽屋弁当とかいっさい食べさせない」

 

「本番中は、ずっとスタジオのかたわらで僕の様子を見ているんです。僕が、具合が悪くなったら、ちょっと手を挙げることになっていたんです」

 

「彼女はずっと休まらない。『あなたに付くというのは大変なのよ。普通の人ではできない』って、言ってました」

 

そのため「僕が幸せにできなかったというのは、ものすごく悪い気がしてきてね。そういう思いばっかりなんですよ。嫌な思いをさんざんさせて……」と悔やんだ。

 

08年2月にも再び本誌に登場した岸部さんだったが、傷心のさなかだった。小緒理さんの笑っている写真に話しかける日々だといい、「情けない話だけど、いまのぼくには仏壇を買うお金がないんですよ」と話してくれた。

 

そして、こんな懺悔の言葉を口にしていた。

 

「(「ルックルック」の司会を務めていたころに)きちんと蓄えとけば、こんなことにはならなかった。女房に苦労をかけることもなかったと、いまさら後悔しても遅いんだけど……」

 

08年4月、小緒理さんの一周忌を迎えた。当時の岸部さんは仕事の激減ぶりをつづるなど、その自虐的なブログが話題に。そうしてバラエティ番組を中心に声がかかるようになっていた。

 

その1カ月後。岸部さんは本誌インタビューで仕事が忙しくなってきた半面、小緒理さんの遺影に向かって「逝くのが早すぎたよ」と“文句”を言っていると語った。さらに、こんな展望も明かしていた。

 

「僕がやらなきゃいけないのは、女房のお墓を建てることですよ。岸部家のお墓の敷地内に、僕が死んだら、女房と並んで入れてもらえるようなお墓をなんとか今年中に建てたいと思っています。早くお墓を建ててあげないと、女房がかわいそうやからね」

 

13年12月に行われたザ・タイガースの再結成ライブが最後の公の場となった岸部さん。15年8月には「週刊女性」で、老人ホーム生活を送りリハビリに励んでいるとも報じていた。

 

71年にわたる波乱万丈な生涯を終えたいま、天国で小緒理さんとの再会を喜んでいることだろう。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_a438ae83adec oa-jisin_0_2c0fedbeec20_ノエル・ギャラガーがマスク拒否宣言「罹患したら俺の責任」 2c0fedbeec20 2c0fedbeec20 ノエル・ギャラガーがマスク拒否宣言「罹患したら俺の責任」 oa-jisin

ノエル・ギャラガーがマスク拒否宣言「罹患したら俺の責任」

2020年9月16日 16:01 女性自身

元オアシスのノエル・ギャラガー(53)がコメディアンでDJのマット・モーガンのポッドキャストに出演した。

 

英国では現在、公共の場におけるマスク着用が義務づけられている。この政府の対策に憤懣やる方ない様子のギャラガーは、Fワードをふんだんにちりばめながら、マスクに関する持論を披露した。

 

「まあ聞け。これは法律じゃない。今、俺たちは多くの自由を奪われている。今日、店に行ったら『マスクをお持ちですか』って訊かれたんだよ。『持ってない』『着けてください』『誰が言ってるんだ?』『店長です』『よし、店長を出せ』って調子だ。俺はそんなものは着けない。もしウイルスをもらったとしても、それは俺の責任だ」

 

マスクは自衛のためではなく、人に感染させないために着ける、という今では広く知られた“常識”を、ホストのモーガンが説明しようとしてもギャラガーは聞く耳を持たなかった。

 

Twitterでは「無知にもほどがある」「あまりにも利己的」と、ギャラガーへの批判が多数書き込まれ、該当のポッドキャストが削除される事態となった。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_a438ae83adec oa-jisin_0_9fd1d4b44f8e_「満足することない」芦名星さん語っていた女優業の原動力 9fd1d4b44f8e 9fd1d4b44f8e 「満足することない」芦名星さん語っていた女優業の原動力 oa-jisin

「満足することない」芦名星さん語っていた女優業の原動力

2020年9月16日 11:47 女性自身

女優の芦名星さんが亡くなったと9月14日に発表された。36歳だった。

 

各メディアによると芦名さんは同日、新宿区内の自宅マンションで亡くなっているところを親族に発見されたとのこと。死因については現在調査中だが、警視庁は自殺とみて調べていると報じられている。

 

02年にモデルとしてデビューし、同年6月にドラマ「しあわせのシッポ」(TBS系)で女優業に進出した芦名さん。生前は本誌にも登場し、女優業の魅力や原動力について語ってくれた。

 

初めて登場したのは、08年1月。日本、カナダ、イタリアの合作映画「シルク」で主要キャストに大抜擢されたときのことだった。芦名さんは「撮影はホントに楽しくて、監督や共演の方々と過ごした時間や話した一言一言のすべてが夢のようでしたね」と撮影を振り返り、「仕上がった映画を見たときも、『私、ホントに海外の作品に出てる!』という感じでした」と無邪気に笑っていた。

 

また「私自身を賭けてこの役に臨んでいたように思います」「それまでは、お芝居に限らずあれもこれもやりたいと思っていたのが、『シルク』をキッカケに、私は女優をやっていくんだと強く心の中で思うようになりました」と決意も語った芦名さん。女優業の魅力について、こう話している。

 

「役を演じるってホントに不思議なんです。カメラが回っている間は、私だけど私じゃなくて、私が思っていないことでも口走ってしまったり、私じゃない役の感性が感動して泣いたり。それは女優という職業にしかないとても感覚的な快感で、私はそれにとりつかれちゃってますね」

 

芦名さんは10年10月にも本誌に登場している。筒井康隆氏(85)の作家生活50周年を記念した映画「七瀬ふたたび」の主演を務め、筒井氏から「芦名星はもっとも七瀬らしい七瀬である」とも言わしめた芦名さん。「歴史があり、代々継がれている作品で、自分がいちばん新しいところにいる。素晴らしいものに携わったという実感があります」とコメント。さらに“女優業の原動力”について教えてくれていた。

 

「いつも『あのときはああ演じればよかった』と思う点があって満足することがない。それが次の仕事への原動力になっています」

 

それから10年後となる今年5月、芦名さんは「yomiDr.」にアップされたインタビューで女優業について「今でも変わらずに不安定な部分はありますし、『もうダメかも。次はないかも』と思うこともあります」と語っていた。

 

驕ることなく女優業への意欲が尽きなかった芦名さん。しかし36歳という若さで、生涯の幕を下ろすことになった。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_a438ae83adec oa-jisin_0_9b2182b331c0_「昔の出来事を思い出す」医師が教える認知症の予防習慣 9b2182b331c0 9b2182b331c0 「昔の出来事を思い出す」医師が教える認知症の予防習慣 oa-jisin

「昔の出来事を思い出す」医師が教える認知症の予防習慣

2020年9月16日 11:00 女性自身

人生100年時代、大きな社会問題の一つである認知症患者の増加。その予防法の研究に当たる専門のドクター自身は、認知症リスクを下げるために、いったいどんなことに気をつけて生活しているのだろうーー。

 

医療技術の進歩や生活環境が向上していることで、日本人の平均寿命は延び続けている。厚生労働省が7月末に発表した最新の日本人の平均寿命は男性が81.41歳、女性で87.45歳と過去最高を更新。“人生100年時代”にまた一歩近づいた。

 

「いっぽうで、認知症患者の増加も深刻な問題となっています。20年後には高齢者のじつに4人に1人が認知症、または予備群の軽度認知障害(MCI)になっているという予測もあります。健康寿命を延ばすためにも、認知症の予防がとても重要になってきます」

 

そう語るのは、『医師が認知症予防のためにやっていること。』(日経BP)の著者で、聖路加国際大学臨床教授の遠藤英俊先生だ。遠藤先生は35年にわたって認知症研究に携わり、今年3月に長年勤めた国立長寿医療研究センターを退職、定年後から“チャレンジ”していることがあるという。

 

「それまで忙しく働いていたのが、急に暇になるとガクンと老け込み、将来的に認知症になるリスクが高まってしまいます。私は定年後に仕事のペースを見直して、日曜日から火曜日は休み、水曜日から土曜日まではいくつかの病院で診察をしています。仕事を減らすことでできた時間を活用して、これまでできなかったゴルフなど趣味の時間に充てています。さらに私は『1年以内にゴルフのスコアで100を切る』といったように具体的な目標を設定しています。また、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響で休んだ時期もありましたが、料理教室に通い始め、ティラミスやローストビーフが作れるようになったんですよ」(遠藤先生・以下同)

 

認知症のスペシャリストである遠藤先生自身が、趣味などを満喫することを通じて、同時に認知症予防の効果が期待できる習慣を取り入れているという。そこで今回、遠藤先生自身が認知症予防のために実践している効果的なリラックスの仕方を詳しく解説してもらった。

 

■「面倒くさい」「飽きた」はタブーに

ネガティブな口グセは危険なサイン。

 

「認知機能が低下してくると、体が動かない、ゴルフのスコアが計算できない、などといったことから周囲に引け目を感じてしまい運動をやめてしまう傾向があります。家族でもこうした口グセが出てきたら注意が必要です」

 

■昔の出来事を思い出す

過去の出来事を思い出すのはネガティブなことではない。

 

「私は’02年に愛知県名古屋市の昭和日常博物館と共同で『地域回想法』を開発しました。懐かしい話題を語り合う回想法スクールへの参加によって、認知機能の低下が抑えられたという結果が得られています」

 

■ぬるめのお風呂に30分つかる

就寝前にぬるめのお風呂につかってリラックスを心がけよう。

 

「1日の疲れをとるだけではなく、お風呂から出て体温が下がってきたころに眠れる効果があります。寝る前はスマホは見ないで十分な睡眠を取るように」

 

コロナ禍で在宅時間が増えるなか、生活が不規則になり、不調を訴える人が増えている。

 

「つい夜遅くまでテレビやスマホを見ていませんか? じつは睡眠不足は脳にとって大敵です」

 

30〜50代はお弁当作りなどで早起きの女性が多い。認知症の中でも約7割と最も多くの患者数を占める「アルツハイマー型認知症」は、脳内アミロイドβと呼ばれるタンパク質がたまり、神経細胞の破壊につながることで起こる。睡眠不足はアミロイドβがたまってしまう原因になる可能性もあるという。

 

「6〜8時間の睡眠を確保し、規則正しい生活を心がけましょう。就寝前にはぬるめのお風呂につかると体温が下がってきたところで入眠することができます」

 

「女性自身」2020年9月8日 掲載

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_a438ae83adec oa-jisin_0_4602d72ce8c0_医師が教える認知症予防の食習慣「毎日2〜3杯の赤ワインを」 4602d72ce8c0 4602d72ce8c0 医師が教える認知症予防の食習慣「毎日2〜3杯の赤ワインを」 oa-jisin

医師が教える認知症予防の食習慣「毎日2〜3杯の赤ワインを」

2020年9月16日 11:00 女性自身

人生100年時代、大きな社会問題の一つである認知症患者の増加。その予防法の研究に当たる専門のドクター自身は、認知症リスクを下げるために、いったいどんなことに気をつけて生活しているのだろうーー。

 

医療技術の進歩や生活環境が向上していることで、日本人の平均寿命は延び続けている。厚生労働省が7月末に発表した最新の日本人の平均寿命は男性が81.41歳、女性で87.45歳と過去最高を更新。“人生100年時代”にまた一歩近づいた。

 

「いっぽうで、認知症患者の増加も深刻な問題となっています。20年後には高齢者のじつに4人に1人が認知症、または予備群の軽度認知障害(MCI)になっているという予測もあります。健康寿命を延ばすためにも、認知症の予防がとても重要になってきます」

 

そう語るのは、『医師が認知症予防のためにやっていること。』(日経BP)の著者で、聖路加国際大学臨床教授の遠藤英俊先生だ。遠藤先生は35年にわたって認知症研究に携わり、今年3月に長年勤めた国立長寿医療研究センターを退職、定年後から“チャレンジ”していることがあるという。

 

「それまで忙しく働いていたのが、急に暇になるとガクンと老け込み、将来的に認知症になるリスクが高まってしまいます。私は定年後に仕事のペースを見直して、日曜日から火曜日は休み、水曜日から土曜日まではいくつかの病院で診察をしています。仕事を減らすことでできた時間を活用して、これまでできなかったゴルフなど趣味の時間に充てています。さらに私は『1年以内にゴルフのスコアで100を切る』といったように具体的な目標を設定しています。また、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響で休んだ時期もありましたが、料理教室に通い始め、ティラミスやローストビーフが作れるようになったんですよ」(遠藤先生・以下同)

 

認知症のスペシャリストである遠藤先生自身が、趣味などを満喫することを通じて、同時に認知症予防の効果が期待できる習慣を取り入れているという。そこで今回、遠藤先生自身が認知症予防のために実践している効果的な食事方法を詳しく解説してもらった。

 

■週2〜3回はカレーを食べる

香辛料の一つであるターメリックに含まれる「クルクミン」というポリフェノールの認知症予防効果の注目度が高まっている。

 

「ただし、カレーは高カロリー食なので、食べすぎるとメタボになってしまう危険性もあります。週2〜3回を目安に食べましょう」

 

■フルーツ、魚、いも類、卵は毎日食べる

福岡県久山町の町民約1,000人を15年間追跡した九州大学の調査では、認知症リスクが低い人が多めに食べていた食材は、大豆製品、牛乳、乳製品、緑黄色・淡色野菜、海藻類など。

 

「果物、魚、いも類、卵もプラスして、多様な食材をまんべんなく食べましょう」

 

■シークヮーサーのドリンクを飲む

かんきつ類に含まれる「ノビレチン」には高い抗酸化作用が期待できる。

 

「東北大学の研究では、毎日かんきつ類を食べる人は、週2回の人と比べ認知症リスクが14%低下していました。ノビレチンが豊富なかんきつ類はシークヮーサー。私はジュースで飲んでいます」

 

■米と酒の取りすぎに注意する

ごはんを食べすぎるとほかの食品が食べられなくなるので控えめに。

 

「久山町の研究では、減らすとよい食事に米と酒が挙げられました。適量のお酒は会話の潤滑油になりますが、飲みすぎには気をつけて」

 

遠藤先生も年齢とともに食事の量を減らしているそうだ。

 

■週2回は肉類を食べる

年齢とともに筋肉の量は減り、筋力が衰えてくる。サルコペニアの状態のままでいると、足腰が弱って転倒しやすくなる。

 

「下肢の筋トレを行い60代半ばからはタンパク質を意識して取るように心がけましょう。私は週2回は肉を食べるようにしています」

 

■赤ワインを毎日2〜3杯楽しむ

「フランスのボルドー大学の研究で、赤ワインに含まれるポリフェノールには高い抗酸化作用があり、動脈硬化や高血圧を予防するほか、認知症の発症を抑えるという報告があります」

 

ただし飲みすぎには注意。1日にグラス2〜3杯を目安にしよう。

 

「ポリフェノールには抗酸化作用、抗炎症作用が認められていて、これが認知症予防に効果があるのではないかと考えられています。クルクミンはカレーに使われる香辛料のターメリックに含まれています。40〜50代のうちからクルクミンを含む食事、カレーを食べると認知症の発症を防ぐ可能性があるということです」

 

ポリフェノールを含む赤ワインも適量を楽しむならOK。ジュースなら、ノビレチンが含まれるかんきつ類がいいそうだ。複数の調査から、多様な食材をまんべんなく食べている人は認知症リスクが低くなることがわかってきている。

 

「女性自身」2020年9月8日 掲載

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_a438ae83adec oa-jisin_0_20ce960818cc_世界が注目する対コロナ紫外線照射装置 記者も浴びてみた 20ce960818cc 20ce960818cc 世界が注目する対コロナ紫外線照射装置 記者も浴びてみた oa-jisin

世界が注目する対コロナ紫外線照射装置 記者も浴びてみた

2020年9月16日 11:00 女性自身

「私どもは以前から紫外線除去に取り組んでまいりましたが、問い合わせは年間100件程度でした。しかし今年3月以来、半年で2千を超える、国内外の施設や団体、企業から問い合わせをいただいております」

 

8月26日に開催された記者会見で、そう語ったのは、ウシオ電機の内藤宏治社長。

 

いま日本の“中堅企業”であるウシオ電機が、世界から注目を集めている。最初のきっかけは、今年4月にコロンビア大学が新型コロナウイルスに対しての紫外線照射実験に関する発表を行ったことだった。

 

経済ジャーナリストが解説する。

 

「その実験に使用されていたのが、ウシオ電機が開発した光源だったのです。ウシオ電機は数年前から、紫外線によりウイルスを除去する装置の開発を進めていましたが、今年になって、それが新型コロナウイルスにも有効であることが判明しました」

 

これまで“紫外線照射によるウイルス除去”でネックとされてきたのは、人体への影響だった。紫外線には殺菌したりウイルスのDNAを破壊したりする力があるが、同時に人間の皮膚や眼球などを傷つけてしまう可能性もあるのだ。

 

「しかし、ウシオ電機が開発した『Care(ケア)222』は、波長222ナノメートル(ナノは10億分の1)付近の紫外線を使用するため、人体へは悪影響を及ぼさないそうです。同社はさらに、特殊光源と光学フィルターを独自に開発し、安全性を高めたと発表しています」(前出・経済ジャーナリスト)

 

照明のように天井から照射したとき、50センチの距離では約20秒後にウイルスや細菌の99%が不活化(※病原体を死滅させること)。また2メートル50センチ離れていても、6~7分の照射で、99%を除去できるという。

 

さらに会見から9日後の9月4日には、広島大学病院の研究グループも、Care222の照射により、新型コロナウイルスの“不活化効果”が確認されたことを発表している。

 

「現在の生産数は、月に数百台ほどです。9月1日から販売が開始され、価格は1台30万円となっています。まずは代理店を通して、医療機関や公共施設に販売・設置されます」(前出・経済ジャーナリスト)

 

本誌記者もさっそく「Care222」を体験してみた。

 



箱型で大きさは、縦15×横20×幅5センチほど。いつも愛用しているiPadよりも小さく、自宅に設置してあっても、さほど気にならないだろう。重さは1キロほどなので、片手でも持てる。プラグをコンセントにさせば、すぐに使用できるという。

 

実は記者は40代になってから、強い日差しにあたると、肌がかゆくなるようになっていた。天井に備え付けてある装置から照射されている光を、おそるおそる浴びてみると……。

 

意外に思えるほど、何も感じない! 光源からの熱も感じなければ、肌への違和感もまったくない。光源部分は紫色に光っているが、肌に届く光は、特にまぶしくもなく、自宅にある蛍光灯の光とほとんど変わらない印象だ。

 

ただこうしている間にも、体にまとわりついているウイルスや細菌がどんどん死滅していることを想像すると、不思議な気持ちになる……。

 

記者会見で、内藤社長は今後の利用法についてはこう語っていた。

 

「まずは空間インフラに、そして自動車や船舶などの乗り物に、最終的には治療や予防といった医療機器への展開を目指します」

 

さらに、一定の場所に設置する以外にも、ドローンに搭載しての使用なども検討されているという。

 

「新型コロナウイルスの感染拡大以降、持病の治療のためでも病院への足が遠のいたという人も多いのですが、病院に設置されれば、安心して通院もできるのではないでしょうか。

 

会見では、記者から、東京五輪会場で使用される可能性についても質問がありました。担当者は『オリンピックでの使用については、お話ししにくい』と、語っていましたが、ある程度の数を設置すれば、競技会場内の除菌も可能になるようです」(前出・経済ジャーナリスト)

 

記者会見後、“家庭への普及時期”などについて、経営企画部コーポレートコミュニケーション課の山田宏一氏に聞いた。

 

――Care222は現在、一般販売されていませんが、今後、一般家庭向けの商品は販売しないのでしょうか?

 

「いますぐということではないのですが、製造を委託することになった東芝ライテック(東芝グループの照明器具・管球および電気設備資材を製造するメーカー)のようなメーカーさんから、そういった家庭向けの商品が販売される可能性もあると思います」

 

ウシオ電機はすでにアメリカでは最大手の照明メーカーであるアキュイティ社とも契約しているという。

 

――製品開発でいちばん苦労した点は?

 

「特定の光(波長222ナノメートルの紫外線)を照射する技術は、弊社はずっと持っていました。実は問題は技術面ではなく、紫外線に対するマイナスのイメージをどう払拭していくかという点でした。“体に悪くない紫外線もある”ということを、理解していただくのが、いちばん難しかったですね」

 

日本のメーカーが開発した装置が、世界から新型コロナ感染への恐怖を消し去っていく……、そんな未来が早く訪れることに期待したい。

 

「女性自身」2020年9月15日号 掲載

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_a438ae83adec oa-jisin_0_7675adadf8d4_医師が実践!認知症防ぐ運動習慣「足踏みしながら計算する」 7675adadf8d4 7675adadf8d4 医師が実践!認知症防ぐ運動習慣「足踏みしながら計算する」 oa-jisin

医師が実践!認知症防ぐ運動習慣「足踏みしながら計算する」

2020年9月16日 06:00 女性自身

人生100年時代、大きな社会問題の一つである認知症患者の増加。その予防法の研究に当たる専門のドクター自身は、認知症リスクを下げるために、いったいどんなことに気をつけて生活しているのだろうーー。

 

医療技術の進歩や生活環境が向上していることで、日本人の平均寿命は延び続けている。厚生労働省が7月末に発表した最新の日本人の平均寿命は男性が81.41歳、女性で87.45歳と過去最高を更新。“人生100年時代”にまた一歩近づいた。

 

「いっぽうで、認知症患者の増加も深刻な問題となっています。20年後には高齢者のじつに4人に1人が認知症、または予備群の軽度認知障害(MCI)になっているという予測もあります。健康寿命を延ばすためにも、認知症の予防がとても重要になってきます」

 

そう語るのは、『医師が認知症予防のためにやっていること。』(日経BP)の著者で、聖路加国際大学臨床教授の遠藤英俊先生だ。遠藤先生は35年にわたって認知症研究に携わり、今年3月に長年勤めた国立長寿医療研究センターを退職、定年後から“チャレンジ”していることがあるという。

 

「それまで忙しく働いていたのが、急に暇になるとガクンと老け込み、将来的に認知症になるリスクが高まってしまいます。私は定年後に仕事のペースを見直して、日曜日から火曜日は休み、水曜日から土曜日まではいくつかの病院で診察をしています。仕事を減らすことでできた時間を活用して、これまでできなかったゴルフなど趣味の時間に充てています。さらに私は『1年以内にゴルフのスコアで100を切る』といったように具体的な目標を設定しています。また、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響で休んだ時期もありましたが、料理教室に通い始め、ティラミスやローストビーフが作れるようになったんですよ」(遠藤先生・以下同)

 

認知症のスペシャリストである遠藤先生自身が、趣味などを満喫することを通じて、同時に認知症予防の効果が期待できる習慣を取り入れているという。そこで今回、遠藤先生自身が認知症予防のために実践している効果的な運動方法を詳しく解説してもらった。

 

認知症予防につながる効果が論文で明確に報告されているのは、ウオーキング、ジョギング、エアロビクスなどの有酸素運動だ。

 

「海外の論文で認知症を発症していない高齢者4615人を5年間追跡調査したところ、歩行よりも強い有酸素運動を週3回行っていた人たちは、行っていない人たちに比べてMCI、アルツハイマー型認知症、すべての認知症を発症するリスクがいずれも低いことがわかりました」

 

■週3回、30分間の早歩きをする

運動習慣がなかった人は、夕方以降の涼しい時間帯に、30分の早歩きを週3回トライしてみよう。

 

「足踏みしながら計算する『コグニサイズ』は家の中でできるので夏場はお勧めです。足踏みしながら数を数え、ももはできるだけ高く上げるのがポイントです」

 

■ダンスとゴルフで適度な運動

仲間と一緒にコースを歩き、スコアや距離を計算しながら打つゴルフは頭も使えて一石二鳥。

 

「また、社交ダンスは音楽に合わせて体を動かす有酸素運動。異性と接触することで、ときめきが生まれて若々しさを保つこともできますよ」

 

■自宅での“座りすぎ”に気をつける

新型コロナや熱中症を避けるために巣ごもり生活が続くが、屋内で座ってばかりいると運動不足に。

 

「家の中で、踏み台を上り下りするだけでも効果があります。私は、ジムに通えない時期は家の中にランニングマシンを置き、走りました」

 

認知症の中でも約7割と最も多くの患者数を占める「アルツハイマー型認知症」は、脳内アミロイドβと呼ばれるタンパク質がたまり、神経細胞の破壊につながることで起こる。筋肉を動かすことで心拍数が増加。脳の酸素摂取量や血流が増すことで、アミロイドβの蓄積を防げるといわれている。

 

「これまで運動習慣がなかった人はまず週3回、30分の早歩きを目標にすることをお勧めします」

 

「女性自身」2020年9月8日 掲載

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_a438ae83adec oa-jisin_0_eb77ae317346_伊勢谷容疑者「一緒に一服する?」知人が明かした奇行現場 eb77ae317346 eb77ae317346 伊勢谷容疑者「一緒に一服する?」知人が明かした奇行現場 oa-jisin

伊勢谷容疑者「一緒に一服する?」知人が明かした奇行現場

2020年9月16日 06:00 女性自身

7月下旬、『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)の撮影現場では、伊勢谷友介容疑者(44)のこんな“奇行”も目撃されていたという。

 

「屋内で、伊勢谷さんがスケートボードを乗り回していたのです。控室からスタジオに向かうときに、スケボーで移動していて、警備員に止められたのだとか」(制作会社関係者)

 

伊勢谷容疑者の“薬物使用疑惑”は20年以上前からささやかれていたと報じられている。容疑者と17年にわたり交流があるファッション関係者・A氏は本誌に次のように語った。

 

「私が伊勢谷と知り合ったのは、'03年ごろ。彼が映画監督デビューして、話題になったころです」

 

ちなみに'03年に公開されたその映画『カクト』は、街の若者にドラッグを密売している大学生が主人公である。A氏が続ける。

 

「当時から伊勢谷が薬物を使用しているという話は、よく聞きました。そして実際に吸引現場を目撃したのは'10年のこと。彼に誘われて、友人といっしょに自宅を訪れたのです」

 

当時、伊勢谷容疑者は目黒区内にあるマンションで生活していたという。

 

「食事の後に、伊勢谷が『いっしょに一服しようか?』と、誘ってきたのです。大麻のことだとわかりましたが、まさか誘われると思わなかったので驚きました。私たちが断ると、彼は1人で吸い始めました」

 

今回の逮捕時にはたばこの巻紙も大量に押収されており、乾燥大麻を巻いてたばこ状にする「ジョイント」という方法で使用していたことが疑われている。

 

「私が目撃した当時はジョイントではなく、水パイプで吸引していました。私のことを信用していたのでしょうが、人気俳優のあけすけな行為の印象は強烈で、いまも鮮明に覚えています。

 

ただ、私が目撃したのは大麻だけですが、大麻はリラックスした気分になるそうです。逆に彼が妙にハイテンションだったときもあります。おそらく違う系統のクスリを使用していたのではないでしょうか」

 



長い交際のなかで、A氏が伊勢谷容疑者に謝罪を要求したこともあったという。

 

「これも'10年ごろのことです。当時、テレビドラマなどに出演している女優・Bさん(38)をパーティで、伊勢谷に紹介したことがありました。彼女はスタイルもよく、特に美脚に定評がありました。私は以前から、彼女と知り合いだったのです。

 

その後、2人が付き合い始めたことを知りました。実はBさんから『DVを受けている』と、相談を受けたからです」

 

かつて伊勢谷容疑者は交際していた女性をエアガンで撃っていたとも報じられている。

 

「Bさんも同じような扱いを受けていたそうです。『暴力を受けているのもつらいし、とても恋人としての扱いをされているとは思えない』と……。彼女の話を聞いてすぐに私は伊勢谷に抗議したのですが、彼は『すみません』と、口で謝るだけで、彼女に対する態度を改めようとはせず、結局Bさんは身を引くことになりました。

 

女性とすぐに破局してしまうのは、伊勢谷の感情の起伏が激しいのも理由の1つだと考えています。それは大麻などの薬物の使用の影響もあるのではと思います」

 

予想される量刑や公判時期について、弁護士法人・響の坂口香澄弁護士に聞いた。

 

「大麻所持は、初犯なら懲役6カ月、執行猶予2~3年となることが多いです。しかし伊勢谷容疑者の場合、所持していた量が非常に多いです。常習性が認められた場合、懲役10カ月、執行猶予3年ほどになるのではと思います」

 

「女性自身」2020年9月29日・10月6日合併号 掲載

外部リンク