cat_oa-jisin_issue_8ee8b8edf915 oa-jisin_0_8ee8b8edf915_検察庁法改正 きゃりーが《歌手は知らないは失礼》と抗議 8ee8b8edf915 8ee8b8edf915 検察庁法改正 きゃりーが《歌手は知らないは失礼》と抗議 oa-jisin

検察庁法改正 きゃりーが《歌手は知らないは失礼》と抗議

2020年5月10日 20:56 女性自身

《歌手やってて知らないかもしれないけどって相当失礼ですよ、、、、》

 

ツイッター上で、そう憤ったのは歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(27)だ。内閣の判断で検察幹部の「役職定年」を延長できるようにする検察庁法改正案。内閣による恣意的な人事が可能になることで、検察官の政治的な独立性や中立性が脅かされるのではないかと批判の声が高まっている。

 

5月10日、ツイッター上では《#検察庁法改正案に抗議します》というハッシュタグがトレンド入りした。芸能人もこのハッシュタグを使って改正案に反対を表明。浅野忠信、井浦新、秋元才加、オアシズの大久保佳代子、城田優、高田延彦、綾小路翔、小泉今日子(ツイッターは事務所名義だがツイートは本人)などなど、多数が声をあげていて、きゃりーもその1人だ。

 

10日午前11時ごろ、きゃりーは《#検察庁法改正案に抗議します》というハッシュタグとともに、検察庁法改正案の問題点を相関図形式でまとめた画像をツイートする。だが、これに噛みついたのが、政治評論家の加藤清隆氏(67)だ。過去に「安倍総理の手で憲法改正を」と訴えたことがあるなど、安倍政権に好意的なスタンスで知られている加藤氏は、きゃりーのツイートにこんなコメントをつけてリツイートした。

 

《歌手やってて、知らないかも知れないけど、検察庁法改正案は国家公務員の定年を65歳で揃えるため。安倍政権の言いなりになるみたいな陰謀論が幅をきかせているけど、内閣が検察庁を直接指揮することなどできません。デタラメな噂に騙されないようにね。歌、頑張って下さい。》

 

あたかも歌手という職業についている人間は無知であるかのような物言いにきゃりーは抗議。《歌手やってて知らないかもしれないけどって相当失礼ですよ、、、、》とリプライで反論した。

 

現行の検察庁法では、検察官の定年は、職務の特殊性を鑑み、ほかの国家公務員と異なる63歳(検事総長のみ65歳)と定められている。だが、これまでの法解釈を捻じ曲げ、安倍政権は政権に近しいとされる黒川弘務・東京高検検事長(63)の定年延長を強行した。

 

検察庁法が改正されれば、検察官の定年が65歳になるだけではなく、内閣の判断で検察幹部の「役職定年」を延長することができるようになる。そうすれば、黒川氏の例のように、内閣にとって都合のいい幹部の定年だけを延長して、逆に気に入らない幹部は定年通りに役職を解くという運用も法的に可能になってしまう。内閣が検察幹部の生殺与奪権を握ることで、検察が内閣の不正の追及をできない構造になってしまうのではないかと懸念されているのだ。

 

新型コロナウイルスで国中が混乱する中、自国の司法制度を歪めかねない法改正が強行されつつあるのに抗議せずにはいられなかったきゃりー。職業はまったく関係ない話だ。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_8ee8b8edf915 oa-jisin_0_a86bef7447c0_【ポップな心霊論】「塩ひとつまみでできる生き霊チェック」 a86bef7447c0 a86bef7447c0 【ポップな心霊論】「塩ひとつまみでできる生き霊チェック」 oa-jisin

【ポップな心霊論】「塩ひとつまみでできる生き霊チェック」

2020年5月10日 15:50 女性自身

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(28)。『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【自宅でできる生き霊チェック教えます】

 

心霊相談のなかで「自分に生き霊がついているかどうか知りたい」と聞かれることがよくあります。そこで今回は、自宅でできる生き霊チェック方法をお教えします!

 

やり方はとても簡単で、湯船にひとつまみの塩を入れてつかるだけ。お湯に入った瞬間、全身の毛穴がぶわっと開くような感覚がしたら、何か悪いものがついている可能性が高いです。

 

その場合は、近所のお寺や神社を定期的にお参りしてください。みなさん外出自粛中だと思いますが、散歩やジョギングの機会に立ち寄るといいんじゃないでしょうか。たまの運動は健康にもいいですしね。

 

毎回、おさい銭を用意する必要はないと思いますが、欲を出しすぎないことが大切です。とにかく悪いものだけ取り除いてほしいとお願いすれば、徐々に生き霊は離れていくはずです。

 

ところで、このチェック方法には注意点があって。ひとつは、お湯に入るとき、平常心を保つこと。「何かついてたらどうしよう」と怖がりすぎると、その恐怖心で毛穴が開いてしまうので。それから、入れる塩は必ずひとつまみにすること。入れすぎると、排水管がさびちゃいますからね(笑)。

 

【お知らせ】

はやともさんへのファンレター・心霊相談は、
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6
光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!

 

「女性自身」2020年5月12・19日合併号 掲載

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_8ee8b8edf915 oa-jisin_0_db15038033ba_まずは資産の棚卸し 失敗防ぐ5ステップ有料老人ホーム選び db15038033ba db15038033ba まずは資産の棚卸し 失敗防ぐ5ステップ有料老人ホーム選び oa-jisin

まずは資産の棚卸し 失敗防ぐ5ステップ有料老人ホーム選び

2020年5月10日 11:00 女性自身

「30代で自宅を購入したとしても、建物が老朽化する40年後、つまり70歳ぐらいのころには建て替えをどうするのかといった問題が出てきます。同時に、近い将来、介護が必要になって“終のすみか”はどうするのかも考えなければならない時期が訪れます。たとえば、介護施設に入りたいと思っていても、その前に自宅の建て替えやリフォームでお金を使いすぎてしまい、前払い金(入居一時金)が足りなかった、ということもあるのです。まだ元気なうちから“終のすみか”についてきちんと考えておき、予算を確保しておくと、そうした事態を回避できます」

 

そう話すのは、ファイナンシャルプランナーの岡本典子さん。高齢者施設・住宅を230カ所以上訪問し、シニア期の住まい探しのアドバイスを行っている岡本さんは、いわば“終のすみか選び”のスペシャリストだ。

 

岡本さんによれば、高齢期になっても「住み慣れた家で最期まで暮らしたい」と考える人が多い。それでもやがて介護が必要になると、「子どもたちに迷惑をかけたくない」という思いから、高齢者施設・住宅の住み替えも視野に入れざるをえないという人も出てくるという。

 

慣れ親しんだ地域でそのまま暮らし続けたいのか、交通の便など生活環境を優先したいのか、まだ元気なうちに“終のすみか”へ住み替えるのか……。施設に入って安心したいという人は、次のケースを参考に考えておこう。

 

C子さん(70)は、いずれは自宅を売却したお金で、介護付き有料老人ホーム・入居時自立型(自立型ホーム)に入居したいと考えている。

 

「ひとりで介護や看取りの段取りをつけるのは大変なので、元気なうちに、一度の引っ越しで済むように、今から“終のすみか”を探しています」(C子さん)

 

有料老人ホームに入居するには、入居時に一括で支払う「入居一時金」が必要となる。金額は0円から数億円まで、施設の設備や規模によって大きく異なる。

 

「自立型ホームへの入居一時金は、1,500万円〜数億円と高額です。入居一時金のほか、管理費、水道光熱費、食費などの費用が毎月かかります。それとは別に、日用品や通信費、被服代などの生活費と、介護が必要になったら介護費用がプラスされます」(岡本さん)

 

【「一度の住み替えで安心したい」の施設選びのチェックポイント 】

 

高齢者施設・住宅の選択プロセス

 

〈ステップ1〉保有資産の棚卸し

月々の収入(公的年金)、預貯金、生命保険、有価証券、不動産などを洗い出し、入居施設・住宅の金額の目安を決める。

 

〈ステップ2〉優先順位を決める

100%満足できる施設・住宅はないため、求める条件に優先順位をつける。

 

〈ステップ3〉情報を収集する

施設・住宅からパンフレットや重要事項説明書などを取り寄せて、施設・住宅の健全性などの詳細を確認する。

 

〈ステップ4〉候補を絞り込む

なるべく多く残す。10カ所以上が目安。

 

〈ステップ5〉見学(体験入居)する

自分の目で見て、○×で絞り込む。有料老人ホームの場合、見学したときに○が多かった施設に体験入居し、自分に合っているかどうか見極める。

 

〈最終確認〉

施設・住宅の健全性を考え、最終的に1つに絞り込む。有料老人ホームの場合は季節を変えてもう一度、体験入居したうえで決めたい。OKなら契約。NGなら少し時間をおきステップ2から再検討を。

 

持っている資産の棚卸しをする一方で、入居時にかかる費用を計算し、どれくらいなら負担できるのか実際に検討してみよう。

 

【有料老人ホーム入居でかかる費用】

 

■前払い金(入居一時金)

 

■月額費用(必須なもの)

・居住費(管理費、家賃、一時金方式ではかからないこともある)
・食費
・水道光熱費

 

■介護が必要になったら必要なもの

・介護保険1〜3割自己負担分
・オムツ代など

 

■個別に必要となるもの

・介護、医療費
・そのほかの生活費(日用品代、通信費、衣服費、交通費など)

 

「入居一時金2,500万円、月額費用は25万円の施設への入居を希望したとします。居住費は1年間で300万円かかります。入居する期間を仮に75歳から95歳までの20年を最長に、15年、10年とそれぞれ計算すると、施設に支払うお金は10年で5,500万円、15年で7,000万円、20年間で8,500万円となります。これに、入院費用、オムツ代、葬儀費用などの予備費として500万円を足したうえで、手持ちの資産を比較してみるとよいでしょう」(岡本さん)

 

C子さんの場合、月々の収入は遺族年金と老齢基礎年金が合計で14万円。自宅を売却するお金と夫の遺産を合わせて5,500万円ぐらいの資産が見込めることがわかった。

 

年金収入は1年間で168万円、10年間で1,680万円になり、資産を合わせて7,180万円、15年では8,020万円。10年間、15年間入居するプランでは、予備費と医療費を合わせても予算が確保できる見通しが立った。

 

ところが、20年と入居期間が長くなると、8,860万円となり、手持ちの資産では足りないことになる。

 

「80歳過ぎまで入居を先延ばしして、それまでは介護にお世話にならなくても元気で過ごしたいと思いました」(C子さん)

 

有料老人ホームの契約形態の多くは利用権方式で、入居時にまとまった額を支払うことで住まいやサービスを利用する権利を得る。契約は死亡をもって終了とするので、子どもが部屋を利用するといった相続の対象にはならない。内容を検討してから契約しよう。

 

「女性自身」2020年5月5日号 掲載

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_8ee8b8edf915 oa-jisin_0_6c50190747a7_キャスト全員爆笑!「浦安」MEGUMIのアドリブ合戦が大反響 6c50190747a7 6c50190747a7 キャスト全員爆笑!「浦安」MEGUMIのアドリブ合戦が大反響 oa-jisin

キャスト全員爆笑!「浦安」MEGUMIのアドリブ合戦が大反響

2020年5月10日 11:00 女性自身

タレントで女優のMEGUMI(38)が5月8日深夜放送の『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系)の第5話に出演。関西人のドケチ家族・西川家の母役として登場し、当たりの強い関西弁でマシンガントークを展開。ネット上で大きな反響を呼んでいる。

 

話題となったのはスーパーのレジでのシーン。水野美紀(45)演じる大沢木順子が並ぶ列に、上下ピンクのジャージにヒョウ柄のカバンを持った西川母がいきなり割り込み。コテコテの関西弁で、店員に無茶な値引きを迫る。割り込みを注意した順子に対しては、関西弁を捲し立て無茶苦茶な理屈で自分を正当化。最後は「はい、論破~!」と強引に口論を終わらせ、順子らまわりの主婦を圧倒させていた。

 

このMEGUMI演じる個性の強い関西の主婦「西川母」がネット上で大きな反響を呼び、“MEGUMI”がリアルタイムトレンドにランクイン。

 

《MEGUMIちゃんの関西弁、巻き戻して何回も見ちゃった。ジワジワくる…笑》

《MEGUMI姐さんと呼びたいですw》

 

それに加えて視聴者からはかつてMEGUMIが演じて好評だった『スカッとジャパン』(フジテレビ系)内での「嫌われて当然のイヤなママ」役の“ふてぶてしさ”と似ているとして、その再来を喜ぶ声も。さらには個性の強いキャラクターを怪演するMEGUMIの演技力の高さについて、評価する声も多くあがっていた。

 

《今回のブッとんだ役も、まさにMEGUMIショーだった。この感じスカッとジャパンでよく見たな~ノリにノッてるヤツ~。MEGUMI様、ほんっと最高~!!》

《MEGUMIがかつて時代を築いたグラビアイドルであったことも、良い意味で忘れられかけているよな、、もう完全に女優になっている》

 

そして番組後半の大沢木家と西川家の野球ゲーム対決のシーンでは、試合中に西川母が父役のバッファロー吾郎A(49)に「好きやで」とアドリブと思われるセリフを投入。水野演じる順子をはじめとしたキャスト全員が思わず笑い出してしまうNGのような場面がそのまま放送され、ここでも大きな反響が。

 

《アドリブとNGシーンそのまま流してるから面白い!もうドラマというよりコントww》

《やばい!水野美紀とMEGUMIが演じながらこらえ切れずガチ笑いしちゃってるし!大丈夫か?笑》

 

また主演の大沢木大鉄役の佐藤二朗(51)はリアルタイムでツイッターを更新。「てか、俺をアドリブアドリブ言う方々、今のシーン見た?ホント俺だけ、俺だけ台詞通りよ。バァファロー吾郎Aさん、MEGUMIちゃん、水野美紀ちゃん、感性と技術ある方々が存分にアドリブ合戦。俺は何もしてない。彼らのこういうのを、アドリブと言うのです」とコメントし、アドリブ合戦の裏側を解説していた。

 

原作漫画に引けを取らない自由奔放な演出がネット上で更なる反響を呼び、“浦安鉄筋家族”もトレンドにランクイン。自粛モードで滅入る気持ちを晴れ晴れとさせてくれる笑いあふれる「家族ドラマ」を絶賛する声があがっていた。

 

《浦安はとことん馬鹿でぶっ飛んでて面白い(アドリブだったり、素で笑ってるのも面白い)でも家族愛だったり友情だったりが臭くない程度に盛り込まれててジーンときちゃう》

《浦安のアドリブ的なのがいい(笑)浦安みてると、気分晴れる。というか、平和感!!ラストは泣き笑い出来るし!こんな家族ならステイホームでも楽しいだろうなぁ…》

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_8ee8b8edf915 oa-jisin_0_90b2c626b934_定年後は駅近物件で快適に 後悔しない住み替えチェックリスト 90b2c626b934 90b2c626b934 定年後は駅近物件で快適に 後悔しない住み替えチェックリスト oa-jisin

定年後は駅近物件で快適に 後悔しない住み替えチェックリスト

2020年5月10日 06:00 女性自身

「30代で自宅を購入したとしても、建物が老朽化する40年後、つまり70歳ぐらいのころには建て替えをどうするのかといった問題が出てきます。同時に、近い将来、介護が必要になって“終のすみか”はどうするのかも考えなければならない時期が訪れます。たとえば、介護施設に入りたいと思っていても、その前に自宅の建て替えやリフォームでお金を使いすぎてしまい、前払い金(入居一時金)が足りなかった、ということもあるのです。まだ元気なうちから“終のすみか”についてきちんと考えておき、予算を確保しておくと、そうした事態を回避できます」

 

そう話すのは、ファイナンシャルプランナーの岡本典子さん。高齢者施設・住宅を230カ所以上訪問し、シニア期の住まい探しのアドバイスを行っている岡本さんは、いわば“終のすみか選び”のスペシャリストだ。

 

岡本さんによれば、高齢期になっても「住み慣れた家で最期まで暮らしたい」と考える人が多い。それでもやがて介護が必要になると、「子どもたちに迷惑をかけたくない」という思いから、高齢者施設・住宅の住み替えも視野に入れざるをえないという人も出てくるという。

 

慣れ親しんだ地域でそのまま暮らし続けたいのか、交通の便など生活環境を優先したいのか、まだ元気なうちに“終のすみか”へ住み替えるのか……。利便性のよい住居に引っ越したいという人は、次のケースを参考に考えておこう。

 

おひとりさまのB子さん(60)は、定年退職後は悠々自適に暮らし、退職金をもとに駅近マンションで暮らすのが夢だった。

 

「しかし、私には子どもがいないので、介護が必要になったときのことを考えると、見守りや安否確認などのサービスがないのは少し不安です」(B子さん)

 

まず、駅近の分譲マンションはエリアのほか、居室の面積や方角、階数などの条件によって価格差が生じる。

 

「通勤がなければ都心でなくても十分ですが、首都圏で1LDKなら価格は2,000万円くらいから、エリアによっては1億円近いところも。住宅ローンは組まず、持ち家を処分したお金で捻出できる範囲の額を目安にしましょう。このとき、管理費のほか修繕積立金、固定資産税など、月々支払う費用も計算していきます」(岡本さん・以下同)

 

全国的に物件数は少ないが、関西圏に多数ある「シニア向け分譲マンション」も人気。居住者向けの大浴場や娯楽施設が併設されていることもあり、フロントにスタッフが常駐し、緊急時の備えもある。提供されるサービスに応じて管理費は3.5万〜15万円と幅があり、購入価格は周辺の分譲マンションよりも割高で1,500万円〜1億円超。

 

「介護が必要になったら、介護サービスを自ら契約して利用します。要介護度が軽度なら問題ありませんが、ひとりで食事や入浴が困難になる中等度〜重度の介護になると、売却して介護付き有料老人ホームなどへの住み替えが必要になってくることになります」

 

【シニア向け分譲マンションを選ぶチェックポイント】

□ 駅から近いか
□ 目指すシニアライフが送れそうな立地か
□ 入居できる年齢は何歳からか
□ 身の回りのことができれば要介護認定を受けていても入居はOKか
□ 開発事業者の経営基盤が安定しているか
□ 販売価格は妥当か
□ 介護サービス事業者や医療機関が敷地内、または近隣にあるか
□ 売却するとき、管理事業者は熱心に売却先をあっせんしてくれるか

 

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、賃貸マンションと同様に賃貸借契約をして、家賃の2カ月分程度の敷金を支払う。

 

「礼金や更新料は不要ですが、入居時に数千万円かかるところもあります。月額費用の目安は家賃と管理費込みで10万〜25万円程度。オプションで3食の食事代がかかります。駅から離れた場所や地方では安い傾向が見られます。見守りや生活相談サービスのほかオプションサービスの内容や、病気や介護が必要になったときの対応などをチェックしておきましょう」

 

【サービス付き高齢者向け住宅を選ぶポイント】

□ サービスを考慮して、家賃は妥当か
□ 付帯するサービスの内容
□ 見守りサービスの詳細
□ 食事は3食付いているか
□ 介護が必要になったときにどうなるのか
□ 建物に介護サービス事業所は入っているか
□ 提携している医療機関はあるか
□ 夜間はスタッフが常駐しているか

 

B子さんは、ひとまず元気なうちは今の自宅に住み、70歳近くになったらサ高住に引っ越し、そこで在宅介護を受けることを決めた。資料を集めて、見学するところから始めているという。

 

「女性自身」2020年5月5日号 掲載

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_8ee8b8edf915 oa-jisin_0_cff091fe9d33_信頼できる主治医を…最期まで自宅で過ごすための4つの備え cff091fe9d33 cff091fe9d33 信頼できる主治医を…最期まで自宅で過ごすための4つの備え oa-jisin

信頼できる主治医を…最期まで自宅で過ごすための4つの備え

2020年5月10日 06:00 女性自身

「30代で自宅を購入したとしても、建物が老朽化する40年後、つまり70歳ぐらいのころには建て替えをどうするのかといった問題が出てきます。同時に、近い将来、介護が必要になって“終のすみか”はどうするのかも考えなければならない時期が訪れます。たとえば、介護施設に入りたいと思っていても、その前に自宅の建て替えやリフォームでお金を使いすぎてしまい、前払い金(入居一時金)が足りなかった、ということもあるのです。まだ元気なうちから“終のすみか”についてきちんと考えておき、予算を確保しておくと、そうした事態を回避できます」

 

そう話すのは、ファイナンシャルプランナーの岡本典子さん。高齢者施設・住宅を230カ所以上訪問し、シニア期の住まい探しのアドバイスを行っている岡本さんは、いわば“終のすみか選び”のスペシャリストだ。

 

岡本さんによれば、高齢期になっても「住み慣れた家で最期まで暮らしたい」と考える人が多い。それでもやがて介護が必要になると、「子どもたちに迷惑をかけたくない」という思いから、高齢者施設・住宅の住み替えも視野に入れざるをえないという人も出てくるという。

 

慣れ親しんだ地域でそのまま暮らし続けたいのか、交通の便など生活環境を優先したいのか、まだ元気なうちに“終のすみか”へ住み替えるのか……。最期まで自宅で過ごしたいという人は、次のケースを参考に考えておこう。

 

A子さん(55)は、子どもが独立後、一戸建てに夫(58)と2人暮らし。夫と定年後の生活について話すうちに自宅の話題になった。住宅ローンは完済したが、駅から遠く、車がないと不便。

 

「最期までこの家に住みたいと思っていましたが、夫に先立たれた場合、私ひとりで要介護になったら、どうなってしまうのか心配になってきました」(A子さん)

 

自宅は、夫が70歳を迎えるころに、建て替えか大規模なリフォームをしなければならない。

 

自宅に住み続けたい人が備えておきたいチェックポイントは次の4つ。

 

【1】介護保険を使った福祉用具のレンタル・住宅改修

 

手すりの取り付けや段差の解消といった住宅改修工事は、介護保険を利用すると、自己負担額が費用(合計20万円まで)の1〜3割程度で済む。また、車いすや介護用ベッドは要介護2の人からレンタルでき、利用料は1カ月数百円〜とかなり安価なので活用したい。

 

【2】住み慣れた地域で受けられる介護サービスを知っておく

 

デイサービスを中心に3つのサービスを組み合わせて利用する「小規模多機能型居宅介護」は、1カ月の利用額は要介護度ごとに決まっていて、要介護5でも月3万円程度(1割負担、食事代などが別途かかる)、「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」同額程度の負担に。

 

【3】信頼できる主治医(かかりつけ医)を探しておく

 

最期まで自宅で過ごしたいと思うのなら“看取り”まで想定すること。訪問診療と看取りを行う「在宅療養支援診療所」の医師に、かかりつけ医になってもらう。

 

「定期的な訪問診療のほかに往診してくれる、気の合う医師を見つけることです」(岡本さん・以下同)

 

【4】特別養護老人ホーム(特養)/介護老人保健施設(老健)に入る選択肢も想定しておく

 

特養は人気の施設だが、原則として要介護3以上の人しか利用できないうえ待機者が多い。3カ月以上入院すると退去になることがある。老健は、病状が安定している人が一定期間入所して、介護や機能訓練を受けて、自宅に戻ることを目指す施設。終のすみかにはならない。

 

「最期まで自宅に住み続けたいと思うのなら、在宅介護を受けられる体制を整える必要があります。介護保険を使ったリフォームや、月1〜3割の自己負担で利用できる福祉用具のレンタルもあります」

 

介護保険の介護サービスには、訪問介護、デイサービス、ショートステイなどがある。利用限度額の目安は要介護1で月約2万円、要介護5では約4万円(1割負担の場合)。ただし、利用回数などが限られているため注意が必要だ。

 

「在宅介護を選択すると、かかりつけの医師の訪問診療を受けることになります。介護のキーパーソンはお子さんに頼るケースが多いので、よく話し合いましょう」

 

また、住み慣れた地域で受けられる介護サービス「小規模多機能型居宅介護」は、1カ月の利用額が要介護度ごとに決まっている。

 

「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」は、1日3〜5回、15分程度、定期的に訪問してもらえるほか、緊急時にも対応してくれる。料金は要介護5で月3万円程度。

 

「最終的に特養や老健への入所を検討する方も多いのですが、ご自身の所得に合わせて一度計算してみましょう。費用は施設サービス費の自己負担分(1〜3割)以外に居住費、食費、日常生活費がかかります」

 

都内のある特養の例では、要介護5の人がユニット型個室を1カ月(30日)利用した場合、自己負担金は月額14万円程度になる。

 

A子さんは在宅介護を希望していたが、高齢者施設・住宅も視野に入れて、夫の退職金をそのまま残しておくことにしたという。

 

「女性自身」2020年5月5日号 掲載

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_8ee8b8edf915 oa-jisin_0_a35b460ad6b3_安倍首相の主張「アベノマスクで在庫放出に成果」が怪しい訳 a35b460ad6b3 a35b460ad6b3 安倍首相の主張「アベノマスクで在庫放出に成果」が怪しい訳 oa-jisin

安倍首相の主張「アベノマスクで在庫放出に成果」が怪しい訳

2020年5月9日 12:30 女性自身

「こういうものを出すと、今まで溜められていた在庫もずいぶん出てまいりました。価格も下がってきたという成果もありますので、そういう成果はあったのかなぁと思います」

 

5月6日、ニコニコ生放送「安倍首相に質問!みんなが聞きたい新型コロナ対応に答える生放送」に出演した安倍晋三首相(65)は、いわゆる“アベマスク”の成果についてこう力説した。

 

安倍首相の肝いりで始まった全世帯に向けた布製マスクの配布政策。一住所あたり2枚ずつマスクが届く予定なのだが、配られたマスクに大量の不良品が含まれていることが発覚。未配分を回収して検品を強化した結果、配布は遅れに遅れているのだ。

 

厚生労働省の公式サイト「布製マスクの都道府県別全戸配布状況」によると、5月9日時点で「配布中」となっているのは東京都のみ。「5月11日(月)の週から配布開始予定」となっているのが14道府県で、ほかはすべて「準備中」となっている。一方、ツイッターなどでは、4月下旬ごろから市中で不織布マスクを買えるようになったという声が目立つように。その声は日に日に増えてきている。

 

《近所のスーパーで2日連続でマスク売ってたからマスク不足はかなり解消されてきてる》
《マスクが普通に、スーパーに売ってました。。。値段も298円、マスク不足の時代は終わりですかね?》
《地元のピカソ(ドンキの小型店)でも不織布マスク売ってた もうアベノマスク配る理由ないよな…》

 

布マスクは不織布マスクと比べてフィルター効果が低いこともあって、466億円もの予算がつけられた“アベノマスク”は無駄だという批判は強い。一方、主に政権支持層を中心にされてきたのがこんな主張だ。

 

《アベノマスクが 国民に配付されることが決まり これ以上の高値はつかないと ブローカーが、在庫を放出して 不織布マスクの価格が下がり 市場に出回りだしたので大成功》
《マスクを出し惜しみして価格を吊り上げていた業者や悪徳転売屋にダメージを与えてくれたのでアベノマスク効果は絶大であったといえるでしょう》

 

要は“アベノマスク”配布が決定したことで、価格高騰を狙ってマスクをため込んでいた業者があわてて在庫を放出。そのためマスクの流通量が増え、値段も下がったという理屈だ。最初は主に政権支持層がネットなどで主張してきたものだったが、冒頭のように安倍首相も口にするように。4月28日の衆院予算委員会でも「マスク市場にたいしても、それなりのインパクトがあったのは事実でございまして、業者のなかにおいてはですね、ある種の値崩れを起こす効果にはなっているということを評価する人もいる」と同様の主張をしている。

 

そもそもマスクを求める長蛇の列ができ、店頭に置けば飛ぶように売れていた時期があったのにも関わらず、在庫を出し惜しみする業者がいたとは考えづらいが……。はたして安倍首相の主張は本当なのだろうか。

 

日本のマスク不足は新型コロナウイルスのために国内でのマスク需要が高まるとともに、海外からのマスクの流入が減ったことにあった。もともと国内で流通するマスクの約8割は輸入品。さらに財務省貿易統計によると、昨年に輸入された不織布マスクは12万7300トン。そのうち中国産は10万8724トンと、およそ85パーセントを占めていた。

 

今年1月の不織布マスクの総輸入量は1万5157トンと、昨年同月(1万3010トン)と比べて大きな変化はなかった。だが。これが今年2月になると4732トンにまで落ち込む。これは新型コロナウイルスのまん延でマスク輸出国を含む各国でマスク需要が高まり、日本への流入が減ったためだと考えられる。特に中国からの輸入量の落ち込みは顕著で、中国産が占める割合はおよそ72パーセント(3439トン)にまで低下している。

 

しかし3月になると、不織布マスクの総輸入量は8697トンに回復。中国産のものが占める割合も80パーセントほど(7001トン)まで回復した。これは中国内でマスクの増産が行われたためだとみられている。新華社3月2日の報道によると、中国共産党の号令で中国内のマスク生産量は急増。2月29日時点で1日当たりの生産能力は1億1千万枚に達したと報じられた。また人民網日本語版3月13日の報道によると中国内のマスク不足は緩和され、この時点で使い捨てマスクの価格は半額程度まで下がったと伝えられている。

 

5月9日時点では公表されていないが、これまでの経緯をみると、今年4月の不織布マスク輸入量はさらに増えているとみて間違いない。加えてシャープなど複数のメーカーが国産マスクの生産に踏み切っており、日本国内のマスクの流通量は大幅に改善されている。マスクが店頭で見られるようになったのも、これが主要因と考えられる。

 

実際に複数の報道機関がマスク販売している小売店を取材したところ、マスクは中国から輸入したもので、“アベノマスク”との因果関係を証言した例はなかったという(アエラドット「品薄のマスクが東京・新宿区の雑貨店に山積みされている理由」、ビジネスジャーナル「マスク価格が突然急落した謎に迫る 安倍首相は“アベノマスクの成果”と自画自賛だが…」など)。

 

“アベノマスク”のために在庫が放出され、価格が下がったと主張する安倍首相。だがこの主張には、今のところ何の裏付けも証言も示されていない。少なくとも配布を止めれば、送料がかかることはない。いま一度、立ち止まって“アベノマスク”について検証してみるべきではないだろうか。

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_8ee8b8edf915 oa-jisin_0_b4061e047691_ポイントは予算と家族の介護力 ケース別“終の住処”の選び方 b4061e047691 b4061e047691 ポイントは予算と家族の介護力 ケース別“終の住処”の選び方 oa-jisin

ポイントは予算と家族の介護力 ケース別“終の住処”の選び方

2020年5月9日 11:00 女性自身

念願のマイホームを手に入れても、やがてもう一度“住み替え”を考えなければならない時期は訪れる。

 

「30代で自宅を購入したとしても、建物が老朽化する40年後、つまり70歳ぐらいのころには建て替えをどうするのかといった問題が出てきます。同時に、近い将来、介護が必要になって“終のすみか”はどうするのかも考えなければならない時期が訪れます。たとえば、介護施設に入りたいと思っていても、その前に自宅の建て替えやリフォームでお金を使いすぎてしまい、前払い金(入居一時金)が足りなかった、ということもあるのです。まだ元気なうちから“終のすみか”についてきちんと考えておき、予算を確保しておくと、そうした事態を回避できます」

 

そう話すのは、ファイナンシャルプランナーの岡本典子さん。高齢者施設・住宅を230カ所以上訪問し、シニア期の住まい探しのアドバイスを行っている岡本さんは、いわば“終のすみか選び”のスペシャリストだ。

 

岡本さんによれば、高齢期になっても「住み慣れた家で最期まで暮らしたい」と考える人が多い。それでもやがて介護が必要になると、「子どもたちに迷惑をかけたくない」という思いから、高齢者施設・住宅の住み替えも視野に入れざるをえないという人も出てくるという。

 

次のケースを参考に、慣れ親しんだ地域でそのまま暮らし続けたいのか、交通の便など生活環境を優先したいのか、まだ元気なうちに“終のすみか”へ住み替えるのか考えておこう。

 

【ケース1】最期まで自宅で過ごしたい

 

在宅介護の費用は高齢者施設・住宅に入居するプランに比べると安く済むが、住宅の老朽化が進めば建て替えやリフォームの費用が、介護が必要になれば在宅介護の費用がかかる。

 

【ケース2】利便性がよく安心・安全な生活をしたい

 

「買い物や通院に便利な駅近のマンションや、サービス付き高齢者住宅(サ高住)への住み替えはアクティブに過ごしたい人におすすめです。ただし、介護が必要になったときのことを検討するのを忘れずに。在宅介護を受けるか、高齢者施設への再住み替え資金も用意しておく必要があります」(岡本さん・以下同)

 

【ケース3】元気なうちに有料老人ホームに入居する

 

自立できているうちに入居して、常時介護が必要になると、介護居室に移れるコース。希望どおりの施設に入るためには「予算」と「家族の介護力」がポイントとなってくる。

 

「予算の考え方は、預貯金と所有する不動産の価値、保険の解約返戻金などの資産と、月々受け取る年金がいくらかによって選択肢が決まってきます。まず、ご自身の資産を書き出してみることから始めましょう」

 

“終のすみか”選びで困らないためには、早いうちからの備えが肝心。

 

「女性自身」2020年5月5日号 掲載

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_8ee8b8edf915 oa-jisin_0_19f4c7fd6313_野口五郎デビュー50周年 ステージは“戦友”西城秀樹さんと共に 19f4c7fd6313 19f4c7fd6313 野口五郎デビュー50周年 ステージは“戦友”西城秀樹さんと共に oa-jisin

野口五郎デビュー50周年 ステージは“戦友”西城秀樹さんと共に

2020年5月9日 06:00 女性自身

真っ暗なステージにスポットライトが当たると、ギターを抱えた歌手・野口五郎(64)の姿が浮かび上がった。野口が特別な思いを寄せる場所、Bunkamuraオーチャードホールで2月22日、『Goro Noguchi 50TH ANNIVERSARY CONCERT TOUR 2020 I can sing here~今ここで歌える奇跡~』が開かれた。

 

今年は、デビュー50年目に突入する大きな節目の年でもある。野口は、10代の頃から共に走ってきた“戦友”、『新御三家』について語ってくれた。

 

「3人は仲間だったけど、いいライバルでしたね」

 

その仲間とは、郷ひろみであり、西城秀樹さんだ。『新御三家』と呼ばれ、3人でスターダムに上りつめた。中でも、西城さんとは家族ぐるみの付き合いになった。妻同士、子ども同士も仲がよく、西城さんの子どもたちからは「五郎パパ」と呼ばれている。

 

「当時は近所に住んでいて、ふらっと秀樹が遊びに来たり、僕が行ったり。何でも話し合える仲。彼は何でも話してくれました」

 

15年、西城さんは還暦コンサートを開催。11年に脳梗塞を再発し、右半身マヒと言語障害の後遺症で苦しんだが、リハビリを重ね、復活した祝いのステージでもあった。『Happy Birthday』を観客全員が歌うなか、舞台袖からケーキを乗せたワゴンを押して出てきたのは、サプライズ・ゲストの野口だ。

 

西城さんは心底、驚いて、「なんだよ」と、照れた。握手をした野口は思わず言った。

 

「恥ずかしいけど、いままでやったことないけど、やっていい?……抱いていいか?」

 

一瞬、戸惑ったが、西城さんも笑みを浮かべた。ファンが歓声をあげるなか、抱き合った、そのときの感触を思い出したのか、野口の目に涙が光る。

 

「何であんなこと言ったのか。抱いた感触は……。つらいから思い出したくないけれど。彼がどんな思いであのステージに立っていたのか、僕は自分の体で感じていました。そこまでして、このステージに立ちたかったのか、と。あいつの男として、アーティストとして、父親としての生きざま、すべてを感じ取った一瞬でした」

 

ふたりの交流は、西城さんが亡くなる直前まで続いた。

 

「おーい。体調はどう?」
「寒いときはちょっとね」

 

そんな短いやりとりの電話がしばらく続いた。

 

訃報は突然、やってきた。2年前の5月16日だった。すぐには現実を受け止め切れない。しばらく心にぽっかり穴があいた感覚だった。葬儀後初めての仕事で西城さんの故郷の広島へ行った。瀬戸内に臨むホテルから見上げた空が雲ひとつない青空だった。

 

「ふと、秀樹の『ブルースカイブルー』を思い出した。それをきっかけに、そういえば、あいつ、うちで歌っている曲があったよなぁって思い出して」

 

探してみると、段ボール箱に、西城さんが歌ったオープンリールの古いテープ音源が残っていた。野口のスタジオで録った西城さんの歌声だ。その未発表音源に、自分の歌を加えて録音した“時を超えたデュエット”を、テレビ番組で発表。さらに、野口が特許を持つ「テイクアウトライブ」というスマホアプリで「HIDEKI&GORO」として配信した『LOVE SONGを永遠に』は、野口と西城さんの子どもたちからも、一緒に歌いたいと声が上がり、みんなで歌った。

 

「秀樹の若い声を聞くと、泣けてくるから、僕は少し鼻声になっちゃった。顔は映さなかったけれど、子どもたちの後ろ姿が未来を象徴していてね。この姿を見たら、秀樹もきっと喜ぶかなって……」

 

冒頭のコンサートのMCで野口は、思い出話でこの50年を振り返った。

 

「あるとき、雑誌から新御三家の鼎談(ていだん)企画がきて。こういうとき、僕も秀樹も『ひろみがOKなら受けます』と答える(笑)。でも、このときは、ひろみがOKしたんです。秀樹から電話がきて『どうしようか』と話したくらい(笑)」

 

西城秀樹さん、郷ひろみ(64)と3人で『新御三家』と呼ばれた時代のエピソードは、同世代のファンにとって宝物だ。2年前、63歳で逝去した「秀樹」の名前を聞き、涙するファンの姿もあった――。

 

「女性自身」2020年5月12・19日合併号 掲載

外部リンク

cat_oa-jisin_issue_8ee8b8edf915 oa-jisin_0_4a6d8c6dfa77_パニック症候群とがん手術乗り越え… 野口五郎語る家族の支え 4a6d8c6dfa77 4a6d8c6dfa77 パニック症候群とがん手術乗り越え… 野口五郎語る家族の支え oa-jisin

パニック症候群とがん手術乗り越え… 野口五郎語る家族の支え

2020年5月9日 06:00 女性自身

真っ暗なステージにスポットライトが当たると、ギターを抱えた歌手・野口五郎(64)の姿が浮かび上がった。野口が特別な思いを寄せる場所、Bunkamuraオーチャードホールで2月22日、『Goro Noguchi 50TH ANNIVERSARY CONCERT TOUR 2020 I can sing here~今ここで歌える奇跡~』が開かれた。

 

今年は、デビュー50年目に突入する大きな節目の年でもある。会場が揺れるほどの「ゴロー」コールを巻き起こしたかと思うと、しっとり聴かせる。その緩急織りまぜた演出に圧倒された。そんな、ファンを魅了し続ける彼が、知られざる苦悩を語ってくれた――。

 

野口のブレイクのきっかけはデビューの3カ月後。演歌からポップスに転向した野口の2枚目のシングル『青いリンゴ』がスマッシュヒットを飛ばす。売れることは夢だったが、想像を超えたアイドルブームに、別の葛藤も芽生えていた。

 

緞帳が上がった途端、観客が一斉にステージに駆け上がろうとしたため、すぐさま緞帳が下りて、歌えないまま終わったことも。公演中は何百、何千人もの歓喜の声に包まれ、ホテルへ戻ると一転、誰の声もない孤独な空間だ。

 

「歌を聴いてほしいのに、聴いてもらえない。アイドルの自分に違和感があった。どうしたら大人のプロ歌手に成長できるんだろうと、いつも考えていました」

 

人気におごることなく、歌手としての成長をひたすら目指した野口。海外レコーディング、コンサート録音、ディナーショーなど他より先駆けて取り組んできたのが野口だ。20代後半からは、ミュージカルも。野口五郎は常に挑戦してきた。

 

しかし、ハードスケジュールと突き詰めすぎる性格がたたったか、『レ・ミゼラブル』の初演で突然、パニック症候群に襲われた。その後も何度も再発を繰り返す。

 

「でも、35~36歳くらいで病気のコントロール法を習得したんです。あるとき、芝居中、自らパニック症状を起こしてみた。観客には芝居に見えるけど、実はリアル。医師に安定剤の注射を打ってもらいながら、繰り返しやっているうちに、病気との距離感がわかるようになった」

 

パニック症状に苦しみながらも、音楽活動を一度も休まなかった。

 

「かなりの音楽オタクですよね」

 

そんな野口に、別の世界を開いてくれたのが、タレントの三井ゆりだ。コンサートを見に来てくれた歌手仲間と一緒に、彼女が来ていた。それが初対面。その後、共通の知人に呼ばれて少し、話した。

 

「そしたら雑誌か新聞に“交際”って出た。参ったなぁと思っていたら、彼女から電話がきて。『ご迷惑をおかけして』って」

 

それがきっかけで、本当の交際が始まった。縁は異なものだ。野口は01年2月に結婚。父親になると、野口の“音楽オタク”生活は一変する。

 

「初めてプライベートでデパートに行きました。デパートなんて売れない時代に営業に行ったくらい。買い物するのは初めてで、前日、下見に行って、駐車場から売場までの行き方を調査した(苦笑)。僕が世間のことをあまりにも知らないっていうことが恥ずかしくて」

 

ディズニーランドへ行ったときは、まだ小さかった子どもから「お父さん、子どもよりはしゃいでる」と、言われてしまった。

 

結婚して19年たつが、いまも仲よし夫婦だ。

 

「(妻は)スポンジみたい。音楽オタクの僕が、変なことをしても、わがままを言っても吸収してくれる。だから、けんかにならない。芸能活動からも少し離れて、家族のために頑張ってくれています」

 

家族の温かさを感じながら活躍を続ける野口だが、実は18年、食道がんが見つかって手術を受けている。支えたのは、やはり家族だった。

 

「奥さんは強いですね。僕には動揺する姿も見せず、『大丈夫だから』と安心感を与えてくれました。それでもなかなか寝られない。そんな夜、子供2人に病気を告白したんです。2人を両脇に抱えて、ギュッと強く抱きしめて」

 

その時、ある種の“覚悟”ができた。そう語った野口は、それ以来、ステージに立つたびに『これが最後だ』という気持ちで歌うようになった。強い気持ちのこもった曲は、変わらぬ少年のような歌声とともに、私たちを魅了し続ける――。

 

「女性自身」2020年5月12・19日合併号 掲載

外部リンク