cat_oa-footballzoneweb_issue_5be3764217f3 oa-footballzoneweb_0_5be3764217f3_仏代表FWグリーズマン、奇妙なゴールパフォーマンスが話題「冗談だろ?」「道化師」 5be3764217f3 5be3764217f3 仏代表FWグリーズマン、奇妙なゴールパフォーマンスが話題「冗談だろ?」「道化師」 oa-footballzoneweb

仏代表FWグリーズマン、奇妙なゴールパフォーマンスが話題「冗談だろ?」「道化師」

2018年4月27日 11:55 Football ZONE WEB

EL準決勝第1戦のアーセナル戦でグリーズマンが同点弾、独特のダンスを披露

 アトレチコ・マドリードは26日のUEFAヨーロッパリーグ(El)準決勝第1戦の敵地アーセナル戦で1-1と引き分けた。アトレチコのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが終盤に貴重な同点弾を叩き込んだが、その際に披露した謎のパフォーマンスが話題を呼んでいる。

 試合は前半2分と10分に続けて警告を受けたアトレチコのDFシメ・ヴルサリコが退場。早々に数的不利となったアトレチコは、後半16分にアーセナルのFWアレクサンドル・ラカゼットに先制点を決められてしまう。0-1と劣勢のなかでエースが輝きを放った。

 後半37分、自陣からのロングボールに抜け出したグリーズマンは相手と競り合いながらもボールをキープすると、飛び出した相手GKを華麗に抜き去って左足でニアサイド上に同点ゴールを叩き込んだ。

「グリーズマンはここ数週間、人気を博している独特のダンスを披露。右手を額にかけ、指でL字を描き、脚を伸ばして左右に飛んだ」

 そう伝えたのはペルーメディア「デポル・コム」だ。人気ゲーム「Fortnite」(フォートナイト)のダンスが由来で「珍ダンスをフランス人ストライカーが模倣」と伝えている。グリーズマンが最近披露し始めたゴールパフォーマンスで、ELの公式ツイッターも動画付きでその様子を公開した。返信欄では「道化師のように見える。エンターテイナーだ」「なんて祝い方だ!」「冗談だろ?」などの声が上がり、その反響は世界中に広がり始めている。

 試合は1-1ドローに終わり、第2戦は5月3日に行われる。果たして、本拠地で再びグリーズマンの奇妙なダンスが見られるだろうか。


(Football ZONE web編集部)

外部リンク

cat_oa-footballzoneweb_issue_5be3764217f3 oa-footballzoneweb_0_9d1fd9d45906_「日本はとても良いチーム」 メキシコ五輪監督が「規律」と「流動性」を警戒 9d1fd9d45906 9d1fd9d45906 「日本はとても良いチーム」 メキシコ五輪監督が「規律」と「流動性」を警戒 oa-footballzoneweb

「日本はとても良いチーム」 メキシコ五輪監督が「規律」と「流動性」を警戒

2021年4月22日 09:40 Football ZONE WEB

ロサーノ監督が東京五輪で同組となった日本、フランス、南アフリカについて言及


 メキシコ五輪代表のハイメ・ロサーノ監督が現地時間21日、日本、フランス、南アフリカと同組になった東京五輪の組み合わせについて、「厳しいグループになった」と見解を示した。メキシコサッカー協会公式サイトがコメントを伝えている。

 現メキシコ五輪代表は日本五輪代表と過去2回対戦。2019年6月のトゥーロン国際大会(フランス)の準決勝では2-2の同点からPK戦の末に敗退。同年9月にメキシコで行われた親善試合では0-0で引き分けている。

 ロサーノ監督は日本について、「何度か対戦しているが、とても良いチーム。ポゼッションのコンセプトもしっかりしていて、非常に規律がある。前線の選手たちは流動的に動く。戦術的にも秩序がある。開催国でもあり、間違いなくライバルチームの一つになるだろう」と、印象を語った。

 メキシコはグループリーグではフランス、日本、南アフリカの順に対戦予定で、ロサーノ監督は日本以外の国についても言及。フランスについては、「個人的には、今大会の中で最も良いチームになり得ると思う。世界のトップチームで活躍してる若い選手たちがたくさんいる」と分析。また、南アフリカについても「ほとんど情報はないが、今日からしっかり分析して長所と短所を探し、最高の準備をして臨みたい」と話した。

 今後は5月16日から合宿を行い、トゥーロン国際大会に参加する予定。大会が開催されない場合も欧州遠征を計画しているといい、「対戦国と似た戦い方をする国と試合を組みたい」とプランを明かした。

 直前合宿は五輪開幕約1カ月前の6月21日にスタートする。優勝を果たした北中米カリブ予選は国内組のみで臨んだが、本大会では、すでにA代表でもプレーしているDFエドソン・アルバレス(アヤックス)、MFディエゴ・ライネス(ベティス)ら海外組の招集も目指す。

 ロサーノ監督は「A代表のスタッフらとは常にコミュニケーションを取ってきている」と、オーバーエイジ枠の使用についても積極的な姿勢を示しており、12年のロンドン五輪以来となる2度目の優勝を狙う。(Football ZONE web編集部)

外部リンク

cat_oa-footballzoneweb_issue_5be3764217f3 oa-footballzoneweb_0_59857b1ad780_欧州スーパーリーグ、空中分解の“ドタバタ劇”に元英代表DF皮肉 「150億円の罰金を」 59857b1ad780 59857b1ad780 欧州スーパーリーグ、空中分解の“ドタバタ劇”に元英代表DF皮肉 「150億円の罰金を」 oa-footballzoneweb

欧州スーパーリーグ、空中分解の“ドタバタ劇”に元英代表DF皮肉 「150億円の罰金を」

2021年4月22日 08:50 Football ZONE WEB

ユナイテッドOBネビル氏は、脱退に際して契約解除金を請求すべきと独自の見解


 欧州の強豪12クラブが現地時間4月18日に創設合意を発表した欧州スーパーリーグ構想は、イングランドのプレミアリーグから参加していた全6クラブがわずか48時間で撤退の意向を示し、瞬く間に空中分解する形となった。この状況に、かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元イングランド代表DFギャリー・ネビル氏は、脱退するクラブに“制裁”が科せられることを願うと苦言を呈した。英紙「デイリー・スター」が伝えている。

 発表された構想は、スペインの強豪レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長が初代会長を務め、イングランドからはマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、アーセナル、リバプール、チェルシー、トッテナムの6クラブが参加。スペインからはレアルのほかにバルセロナとアトレティコ・マドリード、イタリアからはユベントス、ACミラン、インテルと参加を表明した合計12クラブに加え、ドイツなどから3クラブを入れた15クラブを固定メンバーとし、さらに5クラブを加えた20クラブでのリーグ戦というものだ。

 しかし、FIFA(国際サッカー連盟)とUEFA(欧州サッカー連盟)も断固として認めない姿勢を示し、監督や選手、ファンからも反対の声が上がるなど、サッカー界から大きな批判が相次いだ。

 すると、現地時間20日にシティ、チェルシーが脱退の意思を示し、その後プレミアリーグ勢の他4クラブも撤退を表明。さらにインテルやミランも脱退が報じられ、スーパーリーグは正式に「プロジェクトを再構築するための最も適切な手順を再検討する」と、事実上の崩壊を認めたのだった。

 ネビル氏は英衛星放送「スカイ・スポーツ」で、「信じられない。昨日(19日)の朝に起きた時は、ユナイテッドファンの1人として、(共同オーナーの)ジョエル・グレーザーは署名をしてしまったのだろうかと、とても不安になった」と語った。

 そして、2日も経たないうちに空中分解となった“ドタバタ劇“に関しては、「ペレス会長は彼ら(参加を表明したクラブ)に1億ポンド(約150億円)の罰金を科すかもしれないね。むしろ、そうであってほしい。脱退にあたり、巨額(の契約解除金)を請求して、共食いすればいい」と、皮肉を込めて苦言を呈した。

 サッカー界のトピックを独占した欧州スーパーリーグ構想は、崩壊のまま終わりを迎えるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

外部リンク

cat_oa-footballzoneweb_issue_5be3764217f3 oa-footballzoneweb_0_cd8f473798f1_「負けると後がなくなると…」 浦和FW杉本健勇、逆転勝利を導く2ゴールに安堵 cd8f473798f1 cd8f473798f1 「負けると後がなくなると…」 浦和FW杉本健勇、逆転勝利を導く2ゴールに安堵 oa-footballzoneweb

「負けると後がなくなると…」 浦和FW杉本健勇、逆転勝利を導く2ゴールに安堵

2021年4月22日 08:20 Football ZONE WEB

ルヴァン杯の横浜FC戦、2-1の逆転勝利に貢献


 浦和レッズのFW杉本健勇が、21日のルヴァン杯グループステージ第3節の横浜FC戦で2ゴールの活躍を見せ、2-1での逆転勝利を呼び込んだ。ゴールがなかなか決まらずに苦しんでいたストライカーは「今日、負けると後がなくなると思っていた。そのなかで勝つことができ、点も取れて良かった」と安堵した表情を見せた。

 杉本は浦和加入3シーズン目になるが、期待を受けて加入して以来の2シーズンは公式戦でのゴール数が2点、4点と苦しんだ。今季もここまでリーグ戦で2点を奪っているものの、1点はPKであり、出場時間数に対してのゴール数やプレー内容の部分では苦しい面があった。直近のリーグ戦4試合では、FW武藤雄樹をゼロトップ気味に起用して3勝1敗と結果も出ており、ベンチスタートが続いた。

 そうしたなかで、ここまで1分1敗と勝利がなかったルヴァン杯にFW興梠慎三と2トップを組んで出場。しかし、「普段、出ていない選手や若手が出ていたし、上手くいかなくてもサポートしたいと思っていた。ただ、20分くらいまで上手くいかず、失点もしてしまった」と話したように、ユース所属のDF工藤孝太をセンターバックの一角に起用し、GK鈴木彩艶、DF福島竜弥を含め10代の選手3人が入った守備陣は前半14分、横浜FCのFWクレーベに先制点を許してしまった。

 それでもハーフタイム直前、杉本は福島からのクロスを打点の高いヘディングでゴールし、「練習でいつもクロスが前に引っかかることが多かったけど、今日はすごく良いボールだった。彼も初アシストだと思う。決められて良かった」と、今季ユースから昇格したレフティーを気遣った。

 さらに後半12分には、福島の低いクロスを逆サイドからMF田中達也がワンタッチで速いクロスを中央に返すと、「ワンタッチで来ると思っていなかったけど」と話した杉本だが枠内にヘディングで抑え込んで貴重な逆転ゴールになった。

 今季は開幕前、沖縄県でのトレーニングキャンプ中に規律違反があり、厳重注意と罰金処分も受けた。開幕後もリカルド・ロドリゲス監督が献身的なプレーを高く評価する一方で、ゴールの少なさや決定機を逃す場面が批判もされてきた。そうした思いもあったのか、試合後に受けた中継局のインタビューを終えると、1人で向かった約1000人が詰めかけたサポーター席の前で、深々と一礼していた。

 これでルヴァン杯は3試合を終えて1勝1分1敗と、混戦グループの中で突破の可能性も残った。殊勲のストライカーは「アップの時からすごくたくさんのサポーターがゴール裏にもメインスタンドにも来てくれた。今日、負けると後がなくなると思っていた。そのなかで勝つことができ、点も取れて良かった」と話した。

 ロドリゲス監督の就任から、攻撃的なサッカーでボール支配率も高まっている浦和だけに、最後の仕上げが課題になっていた。このゴールで杉本が波に乗るなら、浦和には大きなプラス材料になりそうだ。(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

外部リンク

cat_oa-footballzoneweb_issue_5be3764217f3 oa-footballzoneweb_0_489d5c082227_射撃に釣りに盛りだくさん 日本代表MF、ロストフのリゾート“満喫”ショットを公開 489d5c082227 489d5c082227 射撃に釣りに盛りだくさん 日本代表MF、ロストフのリゾート“満喫”ショットを公開 oa-footballzoneweb

射撃に釣りに盛りだくさん 日本代表MF、ロストフのリゾート“満喫”ショットを公開

2021年4月22日 07:50 Football ZONE WEB

橋本拳人が所属するロストフが公式インスタグラムで貴重なオフの様子を公開


 日本代表MF橋本拳人が所属するロシア1部ロストフが公式インスタグラムを更新した。地元のリゾートホテルでリラックスする橋本の姿を公開。射撃や釣りを楽しむ様子が投稿されている。

 橋本はFC東京の下部組織出身で、2012年にトップチームへ昇格。J2ロアッソ熊本へのレンタル移籍を経て15年にJ1初出場を果たすと、その後はチームに不可欠な戦力としてレギュラーに定着した。昨シーズンはチーム史上最高位となる2位躍進の原動力となり、Jリーグベストイレブンも受賞。日本代表としても9試合でプレーするなど、さらなる飛躍を期すなか、今夏にキャリア初の海外移籍を決意した。

 ロストフでは昨年8月23日の第4節ウファ戦(1-0)で初先発を果たし、ダイビングヘッドで決勝点を記録。続く第5節ウラル戦ではベンチスタートとなったものの、負傷したMFマティアス・ノルマンに代わり、後半3分から途中出場を果たした。0-0で迎えた同14分には右サイドからのCKのこぼれ球に反応し、DFに囲まれた状態から右足を振り抜くと、豪快な一撃がゴールネットに突き刺さり、2試合連続得点をマーク。だが昨年11月末に負傷し、今年3月まで長期離脱を強いられた。4月4日の第24節スパルタク・モスクワ戦で復帰。17日の第26節ロコモティフ・モスクワ戦ではフル出場を果たした。

 そんななか、ロストフは公式インスタグラム日本語版を更新。橋本が地元のリゾートホテルでリラックスし、射撃や釣りを楽しむ様子を公開した。

「ロストフにあるリゾートホテルでリラックスする拳人! 明日からまた練習スタート!!! みなさんもぜひロストフにお越しくださいませ!!」

 ロストフは2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント第1戦で日本代表がベルギー代表に敗れた地でもある。日本にとって縁のある場所で、負傷に苦しみながらも橋本は充実のシーズンを過ごしているようだ。(Football ZONE web編集部)

外部リンク

cat_oa-footballzoneweb_issue_5be3764217f3 oa-footballzoneweb_0_44562c45143e_日本を「倒すのは難しいが…」 南アフリカメディア、五輪A組は「タフだが突破可能」 44562c45143e 44562c45143e 日本を「倒すのは難しいが…」 南アフリカメディア、五輪A組は「タフだが突破可能」 oa-footballzoneweb

日本を「倒すのは難しいが…」 南アフリカメディア、五輪A組は「タフだが突破可能」

2021年4月22日 07:30 Football ZONE WEB

五輪の組分け決定、日本と同組の南アフリカメディア「全3試合で不利な立場だが…」


 国際サッカー連盟(FIFA)は21日に東京五輪サッカー競技の組み合わせ抽選会をスイスのチューリヒで実施した。男子の日本代表は、メキシコ、南アフリカ、フランスと同じグループAに入ったが、南アフリカメディア「タイムズライブ」は、「タフだが突破可能な組み合わせ」と報じた。

 2大会連続3度目の五輪出場となる南アフリカだが、これまでグループリーグを突破したことはない。今回はアフリカ予選の3位決定戦でPK戦の末にガーナを破って3位となり、東京五輪の出場権を獲得している。

「タイムズライブ」は、「異論の余地なく最も困難と思われる2つのグループを回避。ブラジル、ドイツ、コートジボワール、サウジアラビアのいるグループD、そして、スペイン、アルゼンチン、アフリカ王者エジプト、オーストラリアのグループCだ」としつつ、「最も簡単なグループは、おそらくBであり、韓国、ホンジュラス、ルーマニア、ニュージーランドが準々決勝進出を争う」と紹介した。

 さらに対戦国について「フランスは2019年のU-21欧州選手権を4位で終えたが、欧州のサッカーの強さを考えれば、彼らがグループの最有力だ」「ホスト国である日本を倒すのは難しいだろう。ただし、2020年のU-23アジア選手権ではグループ最下位となり、決勝トーナメントに勝ち進めなかった」「メキシコはワールドカップや五輪の常連だ。2020年の北中米予選でも首位に立った難敵だ」と紹介している。

 そして、「南アフリカは全3試合で不利な立場ではあるが、特に日本、メキシコとの試合には勝利するチャンスがあると信じながら戦うことができるだろう」と分析している。

 日本は初戦で南アフリカと対戦することになるが、シドニー五輪での対戦時には2-1の勝利を収めている。自国開催となる五輪でも再び彼らを破り、2大会連続の決勝トーナメント進出を果たせるだろうか。(Football ZONE web編集部)

外部リンク

cat_oa-footballzoneweb_issue_5be3764217f3 oa-footballzoneweb_0_730aa54ebab5_韓国エース、総額“2.3億円”の愛車コレクション 限定車「ラ・フェラーリ」に英紙注目 730aa54ebab5 730aa54ebab5 韓国エース、総額“2.3億円”の愛車コレクション 限定車「ラ・フェラーリ」に英紙注目 oa-footballzoneweb

韓国エース、総額“2.3億円”の愛車コレクション 限定車「ラ・フェラーリ」に英紙注目

2021年4月22日 07:10 Football ZONE WEB

トッテナムFWソン・フンミンが所有する高級車コレクションを英紙が紹介


 サッカー界の高級車コレクターと言えば、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが有名だが、英紙「ザ・サン」によるとトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンも総額150万ポンド(約2億3000万円)相当の高級車を所有。さらにその中の一つは、フェラーリの中でも超貴重なスーパーカー「ラ・フェラーリ」だという。

 ソン・フンミンは2015年8月にブンデスリーガのレバークーゼンからトッテナムに加入。昨季までにプレミアリーグで53ゴールを挙げるなどし、2020年にはFIFA(国際サッカー連盟)が選ぶ年間ベストゴール「プスカシュ賞」も受賞。プレミアリーグのアジア人最多得点記録保持者で、今季もここまでリーグ戦で14ゴールを記録している。

 イングランド代表FWハリー・ケインと並び、トッテナム攻撃陣のスター選手として活躍するソン・フンミンだが、あまり高級車に大金を費やすような選手という印象はない。「ザ・サン」も、「控えめな性格で、普段はピッチでのプレーで話をするタイプ」と表現しているが、例によって同選手のガレージには一般人には到底手の届かない高級車が並んでいるようだ。

 記事で紹介されたのは、計5台。その中でも目を引くのが全世界で限定499台のみ販売されたという「ラ・フェラーリ」だ。この車は、2013年に発表されたフェラーリ初の市販ハイブリット車で、公式サイトでも「フェラーリの市販車としては史上最高のパフォーマンスを誇る」と謳っている。価格はおよそ115万ポンド(約1億7000万円)で、プレミアリーグのトップクラスの選手でさえ簡単には手が出ない額。しかも、一部の報道では、過去に5台のフェラーリを所有したことがなければ購入できないとも伝えられている。

 ちなみに、アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンも所有しているそうだが、ソン・フンミンの「ラ・フェラーリ」で注目したいのは、そのカラー。フェラーリと言えば鮮やかな赤をイメージするが、同選手の「ラ・フェラーリ」は黒で、記事によると「クラブからライバルであるアーセナルの赤は所有できないと言われたため」だという。

 ほかにも、ガレージにはアウディ「R8クーペ」、マセラティ「レヴァンテ」、レンジローバー、ベントレー「コンチネンタルGT」も並ぶというソン・フンミン。プレーもさることながら、所有している車も超一流だった。(Football ZONE web編集部)

外部リンク

cat_oa-footballzoneweb_issue_5be3764217f3 oa-footballzoneweb_0_7afceff77f5c_「日本人スターから…」 リハビリ中の香川真司、ジムからクラブ95周年“祝福”動画に反響 7afceff77f5c 7afceff77f5c 「日本人スターから…」 リハビリ中の香川真司、ジムからクラブ95周年“祝福”動画に反響 oa-footballzoneweb

「日本人スターから…」 リハビリ中の香川真司、ジムからクラブ95周年“祝福”動画に反響

2021年4月22日 06:50 Football ZONE WEB

PAOKの香川真司は右太ももの負傷で約2週間の離脱中


 ギリシャ1部PAOKは20日、クラブ創立95周年を迎えた。MF香川真司は公式YouTubeチャンネルを通して祝福コメントを送っている。

 香川は2019年夏にサラゴサに加入して念願のスペイン初上陸。開幕当初は先発出場を重ねていたものの、中盤戦以降は出場機会が減少してチームも昇格を逃してしまう。戦力刷新の必要性が指摘されたなか、香川はEU圏外枠であることに加え、高給に見合うパフォーマンスを発揮できなかったため、両者合意のうえでの退団が昨年10月に正式決定した。本人はスペインでのキャリア続行の意向を表明し、古巣セレッソ大阪からのオファーも固辞していたが、最終的には昨季からラブコールが届いていたPAOKへの加入を決断した。

 ここまで香川はリーグ戦5試合に出場。現在は右太ももの負傷で約2週間の離脱が強いられている。

 そんななか、クラブは20日に創立95周年を迎えた。公式YouTubeチャンネルでは選手が“自撮り”で祝福コメントを投稿。「日本人スターからのメッセージ」と題して、香川の動画を公開した。

「今日はクラブの誕生日ということでおめでとうございます。これからも1年1年時を刻んで素晴らしい未来につながっていくように、その一員として自分も早く力になれるようにまた頑張っていきたいと思います」

 日本語でのメッセージにファンからは「次に未来に繋がる準備を待ってます」「怪我治して真司も試合に出てねー!!」「もう一回トップでやってるところを見たいよ」などエールが送られた。

 リハビリ中と思われるトレーニング室から元気な姿を見せた香川。負傷から復帰し、再びピッチで披露する香川らしいプレーをファンは待ち望んでいる。(Football ZONE web編集部)

外部リンク

cat_oa-footballzoneweb_issue_5be3764217f3 oa-footballzoneweb_0_be567e4ace18_日本、東京五輪“死の組”に「泣き顔」と韓国報道 8強で「日韓戦の可能性」にも注目 be567e4ace18 be567e4ace18 日本、東京五輪“死の組”に「泣き顔」と韓国報道 8強で「日韓戦の可能性」にも注目 oa-footballzoneweb

日本、東京五輪“死の組”に「泣き顔」と韓国報道 8強で「日韓戦の可能性」にも注目

2021年4月22日 06:30 Football ZONE WEB

東京五輪本大会の組分け決定、日本はグループAでメキシコ、南アフリカ、フランスと対戦


 東京五輪男子サッカーの組み合わせ抽選会が21日にスイス・チューリヒにあるFIFA(国際サッカー連盟)本部で行われ、日本はメキシコ、南アフリカ、フランスと同じグループAに入った。強豪国が属する厳しいグループとなったことを受け、韓国メディアは「“いばらの道”死の組が当たった開催国の日本は“泣き顔”」と伝えている。

 16チームが出場する男子サッカーは、過去5大会の成績を基にポット1からポット4までに振り分けられて抽選会を実施。開催国の日本はグループAに入り、ポット2からメキシコ、ポット3から南アフリカ、ポット4からフランスが同居することになった。

 一方、同じポット1に入っていた韓国はグループBとなり、ポット2のホンジュラス、ポット3のニュージーランド、ポット4のルーマニアと同居。同大陸連盟のチームが同組にならないように抽選が進められたなか、日本に比べて比較的楽な相手を引き当てた。

 この結果を受けて、韓国メディアでは母国が「最高の組み合わせ」を手にしたとの論調が展開されており、韓国紙「スポーツ韓国」も「幸いなことに死の組を避けた」と安堵した様子を伝えている。さらに同紙は、組み合わせ抽選会を受けた日本の反応にも注目。フランス、メキシコという強豪国と同居したことについて、「“いばらの道”死の組が当たった開催国の日本は“泣き顔”」と見出しを打って報じている。

 また韓国の総合ニュースサイト「ニューシス」は、「9回連続でオリンピック本大会に出場する韓国が準々決勝に勝ち上がったら、グループAの国と対戦することになる。宿命の韓日戦が実現するかもしれない」と、両国がグループリーグを突破した場合、ベスト8で顔を合わせる可能性についても言及している。

 ホスト国として東京五輪での躍進が期待される日本だが、グループリーグから厳しい戦いの連続となりそうだ。(Football ZONE web編集部)

外部リンク

cat_oa-footballzoneweb_issue_5be3764217f3 oa-footballzoneweb_0_778877a84dc2_「モデルさんよりモデル」 神戸DF、愛息との絵になる “モノクロショット”に賛辞 778877a84dc2 778877a84dc2 「モデルさんよりモデル」 神戸DF、愛息との絵になる “モノクロショット”に賛辞 oa-footballzoneweb

「モデルさんよりモデル」 神戸DF、愛息との絵になる “モノクロショット”に賛辞

2021年4月22日 06:10 Football ZONE WEB

神戸DF大崎玲央が公式インスタグラムで愛息との一枚を公開


 ヴィッセル神戸に所属するDF大崎玲央が公式インスタグラムを更新した。愛息とともにたたずんでいるモノクロ写真を公開。ファンからは「モデルさんよりモデル」「ファッション雑誌の表紙みたい」と大きな反響を呼んでいる。

 大崎は横浜F・マリノスの下部組織から横浜FCのユースに進み、桐蔭横浜大を経て2015年に北米サッカーリーグのカロライナ・レイルホークスでプロキャリアをスタート。翌16年にJ2横浜FCに加入し、17年には徳島ヴォルティスへ移籍。18年夏に神戸へ新天地を移した。昨季は24試合に出場。今季はここまでベンチを温めることが増えているが、2試合に出場している。

 そんななか、大崎は公式インスタグラムを更新。愛息とともに私服姿でたたずんでいる一枚のモノクロ写真を公開した。この写真にファンから大きな反響が寄せられている。

「ファッション雑誌の表紙みたい」
「モデルさんよりモデル」
「すごくかっこいい写真」
「親子コーデカッコイイ」
「長瀬かと思た」

 決まっているショットに元男性アイドルの長瀬智也のようだと指摘する声もあった。チームは現在6戦負けなし、ここまで1敗のみと好調で、J1リーグ5位につけている。今季も最終ラインから大崎が熱いプレーを見せてくれることだろう。(Football ZONE web編集部)

外部リンク