cat_oa-flash_issue_de9c217d12de oa-flash_0_de9c217d12de_巨人を支える「岡本和真」わざと凡打連発のあまのじゃく伝説 de9c217d12de de9c217d12de 巨人を支える「岡本和真」わざと凡打連発のあまのじゃく伝説 oa-flash

巨人を支える「岡本和真」わざと凡打連発のあまのじゃく伝説

『小学校の運動会で』

 

「そろそろ(囲み)取材はいいですか? このあと、彼との練習がありますから」と、嬉しそうに、その場を後にした松井秀喜氏(44)。

 

 2018年2月、臨時コーチとして参加した巨人の一軍キャンプでの一幕だ。松井氏が「彼」と呼んだのは岡本和真(21)。まだ、 “ブレイク前夜” のことだった。

 

 

 21歳というと、「就活」真っ最中の大学4年生と同世代。にもかかわらず、今季の岡本は大活躍。王貞治氏に次ぐ年少記録で、第89代巨人軍4番に座り、前半戦82試合を終えてチーム最多の16本塁打、リーグ4位タイの50打点。

 

 この若武者を松井氏が気に入っているのには理由がある。松井氏は臨時コーチとしてキャンプに参加すると、「どんなことでもいいから、気軽に声をかけてきてください」と呼びかける。

 

 だが、「指示待ち」「打たれ弱い」などと揶揄される世代とあってか、進んで指導を受ける若手選手はいない。しかし、岡本は違った。唯一、自ら指導を乞うたのだ。

 

「多くのコーチ、OBがなにかとアドバイスしてきたが、納得しないと岡本は受け入れなかった。だが、松井氏からの、軸足に重心を残すという打撃論と精神面のアドバイスにはうなずいた。それが今季のブレイクに繋がった」(担当記者)

 

 高校野球の強豪・智辯学園からドラフト1位で入団したとあって、期待は大きかった。

 

「岡本は物怖じしない性格だが、周囲からは『期待が大きいのに、危機感がないのか?』と思われていた。しかし、本当は人の見ていないところで黙々と練習する選手」(同前)

 

『巨人ファンはどこへ行ったのか?』の著者で、長年岡本を取材している菊地高弘氏も、あるエピソードを語る。

 

「わかりやすく言うと、あまのじゃくな性格です。中学時代、強いチームにいたので、高校の監督が見に来る。アピールしたいのが普通の選手だと思うのですが、岡本の場合は誰かに見られて張り切るというのは違うと感じて、わざとずっとセカンドゴロを打っていたそうです(笑)」

 

 そんな “大物感” を醸し出す岡本には、ほかにもいまどきの若者らしからぬ逸話がある。

 

「開幕からのスタメンを勝ち取った大きな要因は、オープン戦で打点が12球団トップだったから。だが、この成績をコーチや坂本勇人、長野久義らが『どうせオープン戦だけの打上げ花火だろ』と茶化した。言われたときは笑ってごまかしていた岡本だが、じつは相当悔しく、負けじ魂に火がついた」(巨人軍関係者)

 

 オジサンたちが新入社員を、「どうせすぐダメになるだろ」と茶化したら、“パワハラ案件” になりそうなものだが、岡本はこれを発奮材料に変えた。交流戦終了時点で、打率.322、12本塁打、43打点と文句なしの成績だ。

 

 最後に、小学校時代に所属していた「軟式野球カインド子供会」の監督だった藤井利夫さんが “怪物伝説” を語る。

 

「選手が少なかったこともありますが、小学校2年生で岡本に投手をやらせてみようと。それで先発させると、全国大会出場経験のある強豪チームを完封したんです。そんなことがあって、岡本を警戒し、偵察しようと、急に多くのチームから練習試合の申し込みがあったんです」

 

 怒りをバネにした若武者に、巨人唯一の光明がある。

 

(週刊FLASH 2018年7月10日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_de9c217d12de oa-flash_0_13ec84aa0a74_浜田ブリトニーの「自宅でプチ結婚式」予定日に家族で記念撮影 13ec84aa0a74 13ec84aa0a74 浜田ブリトニーの「自宅でプチ結婚式」予定日に家族で記念撮影 oa-flash

浜田ブリトニーの「自宅でプチ結婚式」予定日に家族で記念撮影

2020年6月3日 11:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

「ジューンブライド」の季節がやってくる。だが、2020年は、晴れない思いのカップルも多数いるだろう。それは、芸能界も同じ。式やハネムーンを見送らざるを得なかった新婚さん、浜田ブリトニー(41/自称ハタチ)・いわみん(岩見透、35)夫妻に、未来への思いを聞いた!

 マンガ家でタレントの浜田は一時期、シングルマザーだった。2018年4月19日に第一子の雫ちゃんを出産したが、娘の父親である芸人・いわみんとは破局状態。だが、2019年3月13日に復縁し、入籍を果たした。

「それで、娘の2歳の誕生日に旦那の郷里の熊本で、10月には東京で式を挙げる予定でした。でも4月1日に、熊本のほうの延期を決めたんです」

 そう語る浜田。いわみんが、式場に連絡したが……。

「そのころはまだ、東京とのギャップを感じました。でもその後、イベントがみんなキャンセルになったんでしょうね……。しばらく連絡待ちでしたが、5月17日に手製のマスク入りの手紙が届いて、『いつまでもお待ちします』って」

 いまは、雫ちゃんの成長を見守る毎日。「夫婦の絆も強まってます!」と浜田は前向きだ。だが、本業のマンガ家活動は順調でも、浜田がオーナーを務める多目的スペース「オカオカハウス」(東京・西新宿)は、休業が続く。

「このままじゃ、東京の式も規模を縮小しなきゃ」

 そう言いながらも、待ち遠しげな浜田だった。末永くお幸せに!

取材&文・鈴木隆祐

(週刊FLASH 2020年6月9日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_de9c217d12de oa-flash_0_32c06b58860b_堀未央奈、南仏の撮影でお気に入りの1枚は「不意打なので…」 32c06b58860b 32c06b58860b 堀未央奈、南仏の撮影でお気に入りの1枚は「不意打なので…」 oa-flash

堀未央奈、南仏の撮影でお気に入りの1枚は「不意打なので…」

2020年6月3日 11:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

「とにかく食べ物が美味しくて、ずっと食べていました。魚、肉、パン、フルーツ、どれも絶品で幸せでした。写真集には、食べている写真がたくさんあるのも、見どころのひとつです」

 乃木坂46の堀未央奈は、南フランスでの撮影を、こう振り返った。自身、2冊めとなる写真集。1冊めとの違いについては「大人っぽさがあるところ」だという。

「衣装やメイクや表情で、ドキッとしてもらえるんじゃないかなと思います。19歳の私と23歳の私で、けっこう雰囲気も変わったので、成長を楽しんでいただきたいです」

 23歳となった “大人の堀ちゃん” と、いつも変わらぬ “可愛い堀ちゃん”。そのすべてが詰まった作品に仕上がっているが、「大人っぽさ」を表現するために、心がけたことがある。

「ふだんのボーッとしている私のキャラ的に、あまり、色気というか大人っぽさを感じる方は少ないと思うのですが、攻めた服や表情で皆さんをびっくりさせたくて、自由に大胆に、撮影に挑ませていただきました。ヘルシーな色気を出せていたら、嬉しいです」

 さて、冒頭の写真は、写真集には載っていない貴重なカットだが、彼女がとても気に入っている1枚だ。なぜ、お気に入り?

「下からのアングルの写真が、なかなかなくて珍しいし、不意打ちなので、目線が合っていない点も好きです。『階段にいる彼女を、下から見ている彼氏目線』な1枚かな、と思います」

 まさに写真集の裏テーマである、「付き合って1年の彼女と南フランス旅行」を、堪能できるわけだ。

ほりみおな
23歳 1996年10月15日生まれ 岐阜県出身 T160 2013年、「乃木坂46」の2期生オーディションに合格して加入。同年11月発売の7thシングル『バレッタ』で、センターに抜擢される。2019年公開の映画『ホットギミックガールミーツボーイ』で映画初出演にして初主演を果たし、「第22回上海国際映画祭」のアジア新人部門・優秀女優賞にノミネートされた。そのほか最新情報は、公式ブログにて

写真・Takeo Dec.

※写真集『いつかの待ち合わせ場所』が、ワニブックスより5月27日発売

(週刊FLASH 2020年6月9日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_de9c217d12de oa-flash_0_70cabb47d768_女子バレーの妖精「白岩蘭奈」美しすぎてブロックできない! 70cabb47d768 70cabb47d768 女子バレーの妖精「白岩蘭奈」美しすぎてブロックできない! oa-flash

女子バレーの妖精「白岩蘭奈」美しすぎてブロックできない!

2020年6月3日 06:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 女子バレーボール界には、注目される美人選手が多い。ちょっと前なら、栗原恵(35)・木村沙織(33)・狩野舞子(31)など。その系譜を受け継ぐ “逸材” を、本誌は富山で発見した。Vリーグディビジョン1の「KUROBEアクアフェアリーズ」に所属する白岩蘭奈選手(23)である。

 なぜ、これほどの美貌を持つ彼女が、これまで脚光を浴びることがなかったのか?

 じつは彼女、宮城県立利府高時代は春高バレー出場がかなわず、無名に近い存在だった。その後、新潟医療福祉大に進むが、その理由も「大学でたくさんの資格と知識を取得し、将来スポーツ関係の仕事に就きたい」というもの。

 大学でもバレーを続けたが、「苦しいことのほうが多く、やめたい気持ちのほうが強かった」と振り返っている。ところが、事態は一変する。

「同大学は、インカレに出場するものの1回戦負けが多く、強豪とはいえませんでした。でも白岩選手は、チームのなかで図抜けた存在で、その活躍ぶりがVリーグのスカウトの目に留まったんです。

 結果、在学中の2018年11月に『アクアフェアリーズ』に入団。同大学からVリーグのチームへの入団は、初めてのことでした」(スポーツライター)

 2019年のサマーリーグでは、「フレッシュスター賞」を受賞するなど、その成長ぶりは著しい。

「170cmと、バレー界では小柄ですが、非常にスピードがあって、シャープなスパイクを打てる。サイズがなくても、ワンタッチ狙いのスパイクもうまい。

 また、スレンダーなスタイルもあって、熱心なファンもついています。彼女は実力とともに、客を呼べる選手に成長しましたね」(同前)

 Vリーグの今後の日程はまだ不透明だが、溌剌プレーで、“黒部の妖精” が全国区になる日は近い。

しらいわらんな
1996年9月21日生まれ 宮城県出身 ポジションはアウトサイドヒッター。注目してほしいプレーはジャンプサーブ。自分自身の性格について、「熱しやすく冷めやすい」

写真・月刊バレーボール

(週刊FLASH 2020年6月16日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_de9c217d12de oa-flash_0_ce21977faafe_習近平、コロナ禍のドサクサに禁じ手で「香港併合」推進 ce21977faafe ce21977faafe 習近平、コロナ禍のドサクサに禁じ手で「香港併合」推進 oa-flash

習近平、コロナ禍のドサクサに禁じ手で「香港併合」推進

2020年6月3日 06:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

《天滅中共(天が中国共産党を滅ぼしますように)》
 5月24日、香港島のショッピング街・銅鑼湾でおこなわれたデモ。参加した数千人の市民が掲げるビラには、こんな文字が躍っていた。

 デモを取材した香港在住のジャーナリスト・角脇久志氏が解説する。

「2019年10月、デモ参加者のマスクや覆面を禁止する『覆面禁止法』を香港政府が施行したころから、中国共産党が、あからさまにデモに介入する事案が増えました。それに合わせて、香港のいたるところで目にするようになったのが、この標語です」

 中国の全国人民代表大会(国会に相当)で5月28日、香港版「国家安全法」が成立した。これは、

(1)香港における国家への反逆・分裂煽動
(2)中国共産党政権の転覆
(3)外国勢力による内政干渉
(4)テロ行為と活動等の禁止

 が明記され、罰則が設けられるというもの。この方針は “一国二制度” のもと、高度な自治と言論の自由を保ってきた香港が、中国に組み込まれることを意味する。

 この国家安全法制の導入が、いかに異例の禁じ手だったか。

「これまでは『香港基本法』(憲法に相当)で、国家への反逆行為を禁じる23条を法律として具体化することの是非が議論されていた。

 ところが、2019年の大規模な反中デモに業を煮やした習近平指導部が、香港基本法を拡大解釈し、香港政府の頭越しに、国家安全法制の強制導入を図ったわけです。衝撃は大きい」(香港大手紙論説委員)

 つまり、国家安全法制が香港に導入されれば、中央政府による「直接統治」が可能となり、香港の自治が脅かされることとなるわけだ。強権発動に中国が踏み切った背景を、ニュース系週刊誌の元編集長、レックス・ウォン氏が語る。

「2019年6月から激しくなった逃亡犯条例改正に反対するデモに加え、同年11月の区議会選挙で、民主派が452議席中388議席を獲得。親中派は大敗を喫した。

 中国政府は驚き、香港は “反共産党の一大拠点” になってしまったと判断した。そのため、香港を管轄する出先機関である、香港マカオ事務弁公室と中央連絡弁公室に、習氏側近の大物を据え、直接管理を目論んでいるんです」

 このような動きを、香港市民も静観していたわけではない。この方針が明らかになると、コロナ禍のなかでも、5月から各地で抗議デモが勃発。武装した警察官と衝突し、連日数百人が逮捕されている。日本在住の香港の活動家がこう明かす。

「香港警察は、市民への暴力を躊躇しなくなった。数人で集まっているだけで、背後から警告なしに警棒で殴りつけてくる。ただの暴力行為だ」

 2014年の雨傘革命から始まった、香港の熱い政治の季節は、弾圧によって終わるのか。

「今回の国家安全法導入で、来年にも、国際金融中心都市としての役割は消失する可能性がある。

 香港は2017年より中国が推し進める香港・マカオ・広東省を統合し、発展させる『グレーターベイエリア構想』に組み込まれ、深セン市のように、中国南部の一都市として併合されるだろう」(ウォン氏)

 6月4日には、天安門事件の追悼集会がある。激しいデモが予想されるが、中国は強硬姿勢を崩さない。一国二制度は、すでに危機に瀕している。

(週刊FLASH 2020年6月16日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_de9c217d12de oa-flash_0_86eb9cdc2470_利重剛の「今こそ行きたい店」神奈川・横浜の象の鼻テラス 86eb9cdc2470 86eb9cdc2470 利重剛の「今こそ行きたい店」神奈川・横浜の象の鼻テラス oa-flash

利重剛の「今こそ行きたい店」神奈川・横浜の象の鼻テラス

2020年6月2日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

「特別な店」で、オトナの男に聞く、仕事と人生。本誌連載「名優たちの『寄港めし』」に登場した役者たちから、愛してやまない “いきつけ店” へ寄せた応援メッセージを紹介する!

 今回は、利重剛が通う、神奈川・横浜(日本大通り)の「象の鼻テラス」だ。

「カミさんと娘と一緒に、庭に生えたドクダミを抜きまくったり映画を観たりしています。このところ観た作品は、『天空の城ラピュタ』と『ローマの休日』とか。早くまた、海を眺めながら、象の鼻テラスのソフトクリームを食べたいです」

「横浜って空が広くて海も近いでしょ。この場所に来てアイスクリームを舐めてコーヒーを飲んでいると、『どうにかなるか』って気分になるんです」

 横浜を愛する利重が、家族と通うカフェ。ここのソフトクリーム(420円、税込み)が利重の好物。店は5月中は臨時休業。

りじゅうごう
1962年生まれ 神奈川県出身 ドラマ『行列の女神~らーめん才遊記~』(テレビ東京系)に出演中

【SHOP DATA/象の鼻テラス】
・住所/神奈川県横浜市中区海岸通1

※営業時間などは緊急事態宣言下のものです。現在の状況については、店舗までご確認ください

(週刊FLASH 2020年6月2日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_de9c217d12de oa-flash_0_fa137ef57e29_森三中・大島美幸、コロナ自宅待機後の「花束」に感激 fa137ef57e29 fa137ef57e29 森三中・大島美幸、コロナ自宅待機後の「花束」に感激 oa-flash

森三中・大島美幸、コロナ自宅待機後の「花束」に感激

2020年6月2日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 森三中の大島美幸が、5月30日放送の『サワコの朝』(TBS系)で、相方・黒沢かずこが新型コロナウイルスに感染した当時について語った。

 黒沢は4月3日に陽性だと判明。すぐに連絡をもらった大島は、「『周りにはそういう人いないし……』と思っていたら(黒沢が)『陽性』と。えーっ!? って」と驚いたことを告白。

 大島は感染者の「濃厚接触者」となったと知り、「仕事場で会った方もいらっしゃるし、どうしようって。もうパニックです」と回想した。

 その後、大島は家でもマスクをして、外に一歩も出ずに2週間の自宅待機。

 ようやく外に出てポストを見ると、「小さな花束が入っていて。住人の方が『おめでとうございます。自宅待機の2週間、何もなくてよかったです』って(手紙が添えてあった)。安心したというか、うれしかったです」と周囲の気遣いに感激したことを話していた。

 黒沢は自宅療養を経て、5月18日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で、3月25日以来、54日ぶりに仕事復帰を果たした。

 キレキレダンスを披露して登場し、「(新型)コロナウイルス陰性が2回出てから4週間の自宅療養(を終えました)!」とあいさつ。療養中「気をつけていたことは、野菜をよく食べること。食欲はずっとありました」と語っていた。

 無事に復帰した黒沢。大島も胸をなでおろしていることだろう。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_de9c217d12de oa-flash_0_075f6ed28dd6_ダチョウ倶楽部、社会的距離を配慮してキス芸も「投げキッス」に 075f6ed28dd6 075f6ed28dd6 ダチョウ倶楽部、社会的距離を配慮してキス芸も「投げキッス」に oa-flash

ダチョウ倶楽部、社会的距離を配慮してキス芸も「投げキッス」に

2020年6月2日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 5月30日放送の『第7キングダム』(日本テレビ系)で、EXITがダチョウ倶楽部から新型コロナウイルス対策をした上でのリアクション芸を学んだ。

 上島竜兵とりんたろー。が口論になり、近づこうとするが、竜兵は投げキッス。「キス芸」も社会的距離を配慮したものとなった。

 上島は「ソーシャルディスタンス熱々おでん」に挑戦。長いパイプでおでんを流すと、具材がパイプにくっついてしまい、ゆっくりしか流れず、冷めてしまった。上島は「いい(食べやすい)温度になってる」と苦笑いだった。

 また、兼近大樹は「熱々タピオカ」を提案。りんたろー。が飲むが、熱すぎて持つこともできず、何とか一口飲むが、吐き出して、笑いを誘っていた。

 さらに、距離を近づかない罰ゲームの方法として、暴露話で気分を下げることに。
 肥後克広は上島について「お尻のほっぺたにブツブツができている」と明かす。上島は「お尻が汚いと言われるのが何よりもイヤ。だから風呂上がりと朝にアロエの乳液を塗っている」と意外な一面を明かしていた。

 「新しい生活様式」で今後バラエティはどうなっていくのだろうか。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_de9c217d12de oa-flash_0_f93d2323b86a_松本人志『すべらない話』当初の反応は「番組にならない」 f93d2323b86a f93d2323b86a 松本人志『すべらない話』当初の反応は「番組にならない」 oa-flash

松本人志『すべらない話』当初の反応は「番組にならない」

2020年6月2日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 5月30日放送の『人志松本のすべらない話 ザ・ベスト』(フジテレビ系)で、ダウンタウンの松本人志が番組への思いを語った。

 松本は同番組の立ち上げについて、「後輩芸人とバカ話をしていて、全然売れてない子のなかにも面白い話を持っている子がいっぱいいて、何か一つの形にならないかなと思って」と、芸人愛から始まったことを説明。

 スタッフに話を持っていくと「松本さん、番組にならないっすよ」と言われてしまう。別のスタッフの元で番組が始まると、最初に話をしたスタッフから「よかったですね」と言われ、松本は「どついたろかと思った」と笑っていた。

 人気の特番として定着し、「若い子たちの発掘番組で(宮川)大輔、小籔(千豊)も出ていきましたから、よかったなって」と振り返っていた。

 同回では、芸人だけでなく、過去に放送された中居正広、香取慎吾、稲垣吾郎らの「すべらない話」も公開。

 松本は「改めていま見ていただいたら何か発見があるかもしれない。『何回聞いても面白い話』がコンセプト」と語っていた。

 過去には、芸人だけでなく古舘伊知郎、GACKTらも出演した『すべらない話』。新作の放送も楽しみだ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_de9c217d12de oa-flash_0_4ef0c6df5b84_桃月なしこ、酔ったらどうなるの?「声量がバグるらしい(笑)」 4ef0c6df5b84 4ef0c6df5b84 桃月なしこ、酔ったらどうなるの?「声量がバグるらしい(笑)」 oa-flash

桃月なしこ、酔ったらどうなるの?「声量がバグるらしい(笑)」

2020年6月2日 16:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

「憧れのタレントを、1日だけ独り占めできるとしたら、何をしようか?」
 そんな夢を、桃月なしこが、“おうちデート” という形でかなえてくれた。

 約28万人のフォロワーを誇る桃月。過去に、“理想のデート” をファンに問いかけた際には、《お家でポケモンカードゲーム》《ディズニーランドに行きたい》《一緒にアイドルの握手会に参加する》などの声が寄せられたという。なかでも、《酒を飲む》《馬肉を食べる》という声が多かった。

「いまはできないけど、友達と外食に行くと、よく飲んでいました。多いときで、週3くらいかな(笑)。お酒は日本酒が好き。馬肉によく合うんです!」

 飲むと、どんなふうになっちゃうの?

「『声量がバグる』と言われます。『ありえんほどデカい』らしいです。そして、飲みすぎると記憶をなくします。友達いわく、しっかり支払って、ひとりでちゃんと帰るから、泥酔しているようには見えないらしいんですけどね」

 実際の桃月は、どんな “おうち時間” を過ごしているのか。

「電話もLINEもこない、静かな時間を過ごすのが好きで、わざと夜ふかししています。やることといえば、もっぱらツイッターでエゴサーチです。でも、大好きな夜ふかしには欠点が。翌日、眠たいんです。えっ、当たり前?(笑)」

ももつきなしこ
24歳 1995年11月8日生まれ 愛知県出身 T160・B84W60H87 人気コスプレイヤーとして注目され、現在は、ドラマ『GARO-VERSUS ROAD-』(TOKYO MX)に出演するなど、女優としても活躍中。やよい軒、サカイ引越センターなど、CMにも多数出演する。そのほか最新情報は、公式ツイッター(@nashiko_cos)にて

写真・矢西誠二
スタイリスト・野田陽子(ミタケイショウ)
ヘアメイク・敷島清香(JULLY)

(週刊FLASH 2020年6月9日号)

外部リンク