cat_oa-flash_issue_6193e8ea5ba9 oa-flash_0_6193e8ea5ba9_紅白『ひょっこりひょうたん島』から「米津玄師」への流れに注目 6193e8ea5ba9

紅白『ひょっこりひょうたん島』から「米津玄師」への流れに注目

写真中央がFooryn

 

 12月30日、東京・渋谷のNHKホールで、『第69回NHK紅白歌合戦』の2日めリハーサルがおこなわれた。前日の各アーティスト別の音合わせを経たこの日は、コーナーごと、そして全体を通した進行確認がされた。

 

 同局の好視聴率コント番組『LIFE!~人生に捧げるコント』の人気キャラで、総合司会の内村光良が扮するNHKの「ゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクター」三津谷寛治がプロデュースする、キッズショーの通し稽古では、男女・チームが入り混じったアイドルたちが登場した。

 

 

 三津谷Dがみずから出演者交渉に各地へ足を運ぶという設定で、代わりに進行司会を「オーノ」こと嵐の大野智と、「ムーロ」こと俳優のムロツヨシが務める。

 

 ショーのはじめは、NHKの名作人形劇『ひょっこりひょうたん島』を舞台にした、AKB48、乃木坂46、欅坂46のメンバーからなるドリームチームの演目。

 

 AKB48からは指原莉乃と柏木由紀、乃木坂46からは、白石麻衣と生田絵梨花、そして欅坂46からは、12月半ばよりケガで休止中の絶対的エース・平手友梨奈の代わりに紅白でセンターを務める小林由依と、キャプテンの菅井友香が、『ひょうたん島』キャラのコスプレで登場し、テーマソングを歌った。

 

 続いて、人気教育番組『おかあさんといっしょ』『いないいないばあ』の出演メンバーが勢揃い。さらに、Sexy ZoneとKing&Princeの面々が合流し、チューリップの財津和夫が作詞した『切手のないおくりもの』を合唱する。リードボーカルはなんと、松田聖子が務める。

 

 ステージ途中で前列に加入した三津谷Dが、歌い終わったあとこうセリフを放った。

 

「こういう歌を、これからもたくさん作りたいですね。NHKなんで! さあ、いまこそ、『みんなのうた』を未来に届けるんです」

 

 そして流れ始めた曲は、シンガーソングライター・米津玄師が東京五輪のために作詞作曲し、2018年8月に発売された『パプリカ』。映画監督・新海誠氏の娘が加入していることで話題になった、男女5人組の小学生ダンスボーカルユニット「Fooryn(フーリン)」が登場し、歌とパフォーマンスを披露した。

 

 米津といえば、2018年、世間でもっとも注目を集めたアーティストのひとり。紅白出場を望む声も多かったが、11月の出場歌手発表会見では「参加未定」だった。

 

 ところが12月も半ばになって、突然、亡き祖父が住んでいた徳島から生中継で紅白出場、という発表がされた。ここにきて発覚した『パプリカ』の演目採用の裏には、NHKの粘り強い交渉が垣間見える。

 

 米津は同曲について、オフィシャルにこう語っている。

 

「子どものころを思い返すことがここ最近の音楽活動に於いて、重要なテーマになっていたところに、ダイレクトに子どもへ向けた音楽を作ることになりました。

 

 子どもたちが素直に楽しめるものを作るためには、子どもの目線で生活を省みつつ、まず子どもを舐めないところから始めるべきだと思いました。この曲を聴いた子どもたちが、小さな世界を元気に生きていく為の糧になりますように」

 

 そんな「パプリカ」の歌詞には、こういう一節がある。

 

《夢を描いたなら 心遊ばせあなたに届け》

 

 大晦日の夜、2018年を代表する歌手の米津は、徳島とNHKホールの両方から、空で見守る祖父に夢を届ける。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_6193e8ea5ba9 oa-flash_0_c139e2f9d2cb_吉沢亮が明かした闇の高校時代「リア充の悪口をずっと言ってた」 c139e2f9d2cb

吉沢亮が明かした闇の高校時代「リア充の悪口をずっと言ってた」

2019年9月17日 22:23 Smart FLASH[光文社週刊誌]


 

 9月17日、アニメ映画『空の青さを知る人よ』のプレミア試写会がおこなわれ、俳優の吉沢亮が出席した。

 

 アニメ『あの花』『ここさけ』に続き、同じチームでつくりあげた3作目。吉沢は、声優初挑戦となった今作について、「作品の邪魔をしない形になっていればいいな、と。物語は100%面白いので、そこは安心して観ていただければと思います」と語った。

 

 同作の主題歌はあいみょんが担当しているが、作中でも、吉沢がこの曲を歌うシーンがある。そこで小さなハプニングがあった。

 

「音源をいただいてそのまま歌ったんですが、まさかそれが主題歌だなんて知らなくて。そのときは普通にやって、しばらくたったら予告編であいみょんさんが歌っていて。『あれ、これ主題歌!? 先に言って!』みたいな(笑)。びっくりしましたね。

 

 

 でも、知っていたらプレッシャーで歌えなかったかもしれないので、そのゆるさがちょうどよかったのかも」

 

 会見の終盤では、タイトルにちなみ、「あの頃の自分はまだまだ青かったな」というエピソードを披露することに。吉沢は、意外な過去をこう語る。

 

「高校時代、ほんとに友達も少なくて、何人か固定の友達が2~3人いたんですけど、その人たち以外とほぼしゃべらない根暗なグループで。

 カーストでいうと一番下にいたんです。その頃、いわゆるリア充みたいな人たちの悪口をずーっと言ってた」

 

 吉沢は続けて「しんの(吉沢演じるキャラ)みたいな、高校時代を楽しんで、キラキラしたモテる男について『別にかっこよくねーから!』みたいな悪口を裏で言ってて。青いというか、黒かったですね、ちょっと。どす黒めの青、みたいな」と笑い交じりに語り、劇場内をざわつかせていた。

 

 思わぬ過去の闇を見せた吉沢だが、2021年には大河ドラマ『青天を衝け』の主演も決まっている。もはや「キラキラしたモテ男」の頂点に立っているのは間違いない。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_6193e8ea5ba9 oa-flash_0_56e7cc15527a_1000万の借金があった六角精児、3度の離婚で「精神が溶ける」 56e7cc15527a

1000万の借金があった六角精児、3度の離婚で「精神が溶ける」

2019年9月17日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]


 

 六角精児が、9月14日放送の『人生最高レストラン』(TBS系)で、3度の離婚を経てたどり着いた心境を語った。

 

 若い頃はギャンブルにハマり、消費者金融で借金までしたが、そのマックス額を聞かれると、「1000万ぐらいですかね」と明かした。

 

 

 そんな時期に3度の離婚も経験して、「精神が溶けていくような感じ」とコメント。続けて「何事もあんまり気にしなくなる。誰かに何か言われても『ああ、そうですか』と(受け入れる)」と告白。勝俣州和から「悟りですよ!」とツッコまれていた。

 

 ある日、突然いなくなった元妻もいたが、六角は「泣かない」という。だが「パチンコで負けて泣いたことはある」と語った。

 

 2018年4月20日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)では、離婚の原因について「全部、一緒ですよ」と明かし、相手の女性が「私が(あなたを)なんとかしてあげたい」と思って結婚に踏み切るが、最終的には「これは無理だ……」とあきらめ、離婚するのだという。

 

 自らの「クズ」ぶりについて、「ギャンブルやって家に(お金を)入れないとか、街で知り合った知らないおっさんを家に連れてくるとか」と苦笑い。4人目である今の妻との関係は「うまくいってますよ、すごく仲よく」と話した。

 

 名バイプレイヤーとなった六角。仕事も安定して、現在は放蕩することもなくなったようだ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_6193e8ea5ba9 oa-flash_0_d7442aaf6b81_坂上忍自腹の100万円出店企画、内山信二が暴言を吐きピンチに d7442aaf6b81

坂上忍自腹の100万円出店企画、内山信二が暴言を吐きピンチに

2019年9月17日 16:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

写真はイメージ

 

 9月15日放送の『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系)で、坂上忍が自腹で内山信二に店を任せるプロジェクトの結果が発表された。

 

 坂上から100万円を手渡された内山は、コストなどを考慮して、キッチンカーで店を出すことに。浅草のショッピングセンター「浅草ROX」の入口を1カ月18万円で借り、45万円でキッチンカーをレンタルし、「ポークライスボール」と名付けた肉巻きおにぎりを売った。

 

 

 初日の売り上げは芳しくなく、内山は自ら客を呼び込み。番組では事前告知など一切行わず、「芸能人パワー」を使わないルールだったが、写真撮影にも応じることで客が増えていった。その結果、最初の1週間は予想以上の売り上げを記録した。

 

 だが、徐々に売り上げは下がっていき、次第に内山は「やるんじゃなかった」など愚痴をこぼし始める。マネージャーが注意すると「うるせーな、コノヤロー。ぶっ飛ばすぞテメー」と罵声を浴びせるまでに。

 

 反省会で、酒に酔った内山はバイトとして働く後輩に八つ当たりするが、最後は「もう1回チャンスをくれ!」と心を入れ替えて再起を誓った。

 

 車の一角にシートを敷いてイートインスペースを作り、チラシに自ら手書きでメッセージを添えるなど地道な努力を重ねて、最終的に3万4150円の黒字を出した。

 

 だが、後輩のバイト代に34万6720円かかっており、坂上には65万3280円が戻ることに。坂上は「イヤっていうほど芸能人パワー使ってる」と指摘しつつ、「可能性を感じました」とコメント。ヒロミは「第2弾をぜひ」とエールを送った。

 

 第2弾があれば、内山はどんな店を出してくれるのだろうか。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_6193e8ea5ba9 oa-flash_0_1fc36222560c_川崎あや、引退後の予定を独占告白「結婚を考えようかな(笑)」 1fc36222560c

川崎あや、引退後の予定を独占告白「結婚を考えようかな(笑)」

2019年9月17日 16:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]


 

「グランプリを受賞して、ほっとしました。今後は、いろんな雑誌の巻頭グラビアを飾りたいです!」

 

 7月末、「2020年3月に芸能界を引退する」と電撃表明した、川崎あや。彼女がミスFLASH2016のグランプリを受賞した際に、冒頭のように目標を語っていた。そして有言実行、次々に週刊誌やマンガ誌の表紙を制覇していった。

 

 

 彼女が引退を発表した際に、SNSでは悲鳴が。ネットニュースでも、多数取り上げられた。

 

「引退を考え始めたのは、1年くらい前からですね。私自身、テレビに出たいとか、女優になりたいとか、そういう目標があるわけではありません。むしろ、ファンの皆さんに支えてもらってきた私は、密な交流を続けたかった。活動の幅をこれ以上、広げたくなかったんです。

 

 いろいろな雑誌のグラビアを飾ることができたいま、残された道は現状維持か下降線の2択。下がるのは寂しいし、『ファンのみんなや後輩たちに、そんな姿を見せたくない』という気持ちがあって、引退を決意しました」

 

 引退後の予定は考えているのか。

 

「本当に、なにも決めていないんですよ。時間ができても、特別やりたいこともありませんし。しいて言うなら、『孫の顔はいつ見られるの?』と親に言われるので、結婚を考えようかな。

 

 私、すごい恋愛下手なんですよ(笑)。好きな人には、わがままを言えないんです。素直に甘えられる人に出会えたらなって思います」

 

 残り約半年間でやりたいことを聞くと……。

 

「毎年、ファンのみんなとバスツアーをしているのですが、今年はまだ。年内に1泊2日で、温泉旅行に行きたい。夜は宴会をして、みんなで楽しみたいですね」

 

 いつでも、まず口にするのはファンへの思い。川崎あやの本当の魅力は、くびれやハイレグ以上に、“おもてなし精神” にあるように思う。

 

かわさきあや
28歳 1991年1月3日生まれ 神奈川県出身 T167・B80W52H88 ミスFLASH2016グランプリ。ウエスト52cmという驚異的なくびれで、グラビア界の「くびれスト」と呼ばれており、マンガ誌、週刊誌など、数々の誌面と表紙を飾る。「ハイレグ天使」の異名を持ち、いまもっとも活躍しているグラビアアイドルのひとり。2020年3月をもって芸能界を引退すると発表した。そのほか最新情報は、公式ツイッター(@kawasaki__aya)にて

 

写真・木村哲夫
スタイリスト・野田陽子(ミタケイショウ)
ヘアメイク・鈴木智枝(JULLY)

 

(週刊FLASH 2019年9月24日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_6193e8ea5ba9 oa-flash_0_2663135d2222_中居正広、1週間ダイエットしても「200gしか減らなかった…」 2663135d2222

中居正広、1週間ダイエットしても「200gしか減らなかった…」

2019年9月17日 11:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]


 

 中居正広が、9月14日放送の『中居正広 ON&ON AIR』(ニッポン放送)で、1週間だけダイエットに挑んだことを明かした。

 

 お盆にテレビの収録が1週間ない時期があり、「この1週間だけ、完全にダイエットしよう」と決め、「じゃあ炭水化物をぜんぶ抜いてみよう」と実行した。

 

 

 だが「1週間で(体重は)200gぐらいしか減ってなかった。なんで? なんで痩せないの、俺?」と悔しがった。

 

 カレーのルーだけ、あるいは魚か肉しか食べていないが、体重が減らないことに「痩せないんだよな~」としみじみと語っていた。

 

 だがその後は、知人と酒を飲みに行った。店では酒とおかずだけで空腹だったため、吉野家に行って牛丼を食べて「おいしかったぁ~。抜群だね!」と感激していた。それでも空腹で、そば店で冷やしたぬきそばを食べ、炭水化物を堪能したと話していた。

 

 中居は映画『私は貝になりたい』出演に際して、過酷なダイエットに挑んでいる。「とにかく食べる量を減らす」方式で減量し、2018年2月の製作発表では「7キロ落とした」と明かした。

 

 ところが、クライマックスシーンを迎える1週間前になり、監督からさらに「食を断ってほしい」と言われ、水分しか取らないダイエットで体重は50キロ台後半から51キロにまで激減。体脂肪率は6.2%まで落ちたという。

 47歳の中居。周りからは変わらない体型を維持しているように見えるが、本人は気になる部分があるようだ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_6193e8ea5ba9 oa-flash_0_9dd3b9936111_藤森慎吾、「チャラ男」の名付け親がタモリだったと明かす 9dd3b9936111

藤森慎吾、「チャラ男」の名付け親がタモリだったと明かす

2019年9月17日 11:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]


 

 オリエンタルラジオ・藤森慎吾が、9月15日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)で、タモリとの関係を語った。

 

 ブレイク後、人気は低迷したが、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のレギュラーは続いており、藤森は「もう後がない」と、本番前にとにかくタモリに話しかけていたという。

 

 

 タモリが好きそうな電車の話などをしていたが、タモリから「毎週俺に話しかけてくれるけど、中身ないよな~。お前ペラッペラだよ」と指摘されたという。

 

 藤森はショックを受けたが、タモリは「ヘコむんじゃなくて、それがお前の面白さだから、それをもっと生かしていきなさい」とアドバイスをくれた。その後の『いいとも』の生放送で、タモリは藤森に「こいつ、こんなことやってますけどね。すごい中身なくて、ただのチャラ男なんですよ」と言い始めた。

 

 藤森は「そこで初めてチャラ男っていうフレーズが出た」と明かし、そこからほかの共演者からも「チャラ男、お前ちゃんとしろよ」とイジられるようになったことを話した。

 

 オリエンタルラジオは2006年から2011年に『いいとも』に出演。その後、2016年3月11日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にダンス&ボーカルユニットRADIO FISHとして出演した。

 

 5年ぶりの再会となったタモリから「すごいね」と声をかけられ、藤森は「ありがとうございます」と笑顔。中田敦彦は「なぜかこうなっております。戸惑っております」と恐縮して笑わせた。

 

 放送後、ツイッターで中田は「放送終わりの楽屋でタモリさんが『これからも歌うんだろ?』と言ってくれて『はい、また会いに来ます』と言えたのが実は今日のハイライト。僕にとってPERFECT HUMANはあなたです」と感激。

 

 藤森も「タモリさんに久しぶりにお会いできて本当に嬉しかったです! 素敵な体験をさせていただきました!」とつづっていた。

 

 藤森はタモリならではのワードセンスに思わぬ恩恵を受けていたのだ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_6193e8ea5ba9 oa-flash_0_f46dafbe8de0_【ナンバーズ4】柊子クンの女王さま予想(9月17日~9月23日) f46dafbe8de0

【ナンバーズ4】柊子クンの女王さま予想(9月17日~9月23日)

2019年9月17日 11:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]


 

 今回紹介するのは、ナンバーズ4の直近50回の当せん数字を、各位ごとに集計したデータ。たとえば、当せん数字が「0123」なら、千の位に0が1回、百の位に1が1回……ということ。平均出現回数は各5回、合計は20回。

 

「2」「5」の出現が多く、特に「5」の百の位、一の位が目立つ。これらを好調数字とみて積極的に狙うもよし、逆に嫌うもよし。データを予想に生かしてください。

 

 

 さて今週の予想は……。まずは柊子クン。

 

「今回は『54』を固定、ここから流します。バラナンバーが多めの予想です」

 

 続いて達人の遠藤秀さん。

 

「先週は『567』の連続数字が二度出現。そこで今回は、『789』を入れた『1』『2』『7』『8』『9』のバラナンバーが本命。ゾロ目は『00』『11』で勝負します」

 


 

【直近7回の当せん数字】
9月4日 第5257回 2076
9月5日 第5258回 1528
9月6日 第5259回 8216
9月9日 第5260回 7567
9月10日 第5261回 9304
9月11日 第5262回 4765
9月12日 第5263回 0411

 

【9月17日~9月23日】
●柊子クンのクイーン予想
5401 5477
5432 5460
5451 5489
5428 5437
5466 5439

 

●遠藤さんの達人予想
1278 2003
1279 4003
1289 2009
1789 2113
2789 2114

外部リンク

cat_oa-flash_issue_6193e8ea5ba9 oa-flash_0_995a0418be95_小泉進次郎、環境大臣は針のむしろ「成果なければ飼い殺し」 995a0418be95

小泉進次郎、環境大臣は針のむしろ「成果なければ飼い殺し」

2019年9月17日 06:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

9月12日夕方、内堀雅雄・福島県知事と懇談する進次郎氏

 

「この発言によって、お怒りになった方、またたいへん苦しい思いをされた方にまず会って、自分なりの気持ちをお伝えしたいと思った」

 

 初出張は、前任者の “お詫び行脚” だった。

 

 9月12日、小泉進次郎・環境相兼原子力防災担当相(38)は、就任翌日に福島県を訪問。前任の原田義昭衆院議員(74)が、福島第一原発の汚染水について、「海洋放出しかない」と発言したことを謝罪したのだ。福島県の漁協関係者はこう憤る。

 

「言語道断の発言です。われわれは、ずっと海洋放出に反対してきました。処理できずに『トリチウム』が残る汚染水をそのまま海洋放出すれば、必ず風評被害が広がってしまう」

 

 

 原田氏の発言には、「進次郎氏の父・純一郎元首相(77)との因縁があった」というのは、あるベテラン秘書だ。

 

「9日に進次郎氏が環境相を打診された翌日、原田氏の発言が飛び出した。原田氏は、中選挙区時代に、純一郎氏と衆院選を戦って2回落選し、福岡に選挙区替えをしている。息子の進次郎氏の “門出” に、意趣返しをしたんだ」

 

 原田氏の発言で、汚染水問題を多くの欧米メディアが報道したほか、韓国は16日、国際原子力機関(IAEA)総会にこの問題を提起。「これで、悪化する日韓関係とも、進次郎氏は無関係ではいられなくなった」と、全国紙政治部記者は解説する。

 

 就任早々、進次郎氏は、「経済産業省の小委員会で議論が進められている。(環境省は)所管外」と、逃げを打った。

 

「環境相は、いまや発信力だけではなく、調整力や結果も問われる難しいポストになってしまった。大臣になって “逃げ” の発言が多くなれば、失望が広がりかねません」(政治ジャーナリストの角谷浩一氏)

 

 進次郎氏を長年取材する政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏も、こう指摘する。

 

「安倍(晋三)首相が、進次郎氏に環境相を打診したのには、“嫁いびり” というか、試練を与え、政権批判を封じ込めるという意図がある。父・純一郎氏は原発に反対。その整合性は取れるのでしょうか」

 

 さらに10月上旬には、G20の海洋プラごみに関する国際会議が東京で開催される。

 

「進次郎が閣僚として音頭を取るが、欧州と日米で主張に差があるだけでなく、中国など新興国とのへだたりが大きい。各国の主張をまとめるのは簡単ではない」(自民党中堅議員)

 

 環境相ポストは、安倍首相(64)が仕掛けた “罠” にほかならなかった。この状況を心配する声も聞こえてくる。

 

「進次郎氏は、“売れっ子の子役” みたいな存在。党の部会長は歴任してきましたが、『政策面での実績は乏しい』という評価になりつつある。国会で野党の追及を受ける大臣は、得意の発信力だけでは勤まりませんからね」(自民党関係者)

 

 改造直後の世論調査で、内閣支持率は5.1ポイント上がり、55.%になった。

 

「進次郎の入閣で、まずは支持率テコ入れを考えた総理にとっては、狙いどおり。次は、環境相として成果が上がらなければ、閣内で “飼い殺し” にするだけ」(前出・中堅議員)

 

 首相候補はおろか、このままでは安倍首相の身代わりに、“サンドバッグ” としてボコボコに−−。

 

(週刊FLASH 2019年10月1日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_6193e8ea5ba9 oa-flash_0_9ce1253a05ec_前澤友作、ZOZO社長退任で隠す「潜水艦」購入計画 9ce1253a05ec

前澤友作、ZOZO社長退任で隠す「潜水艦」購入計画

2019年9月17日 06:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

辞任会見で目に涙をうかべる前澤氏

 

「前澤さんの野望は『宇宙旅行』だけじゃない。『海底』への野望もある」(ZОZО幹部社員)

 

 9月12日、ZОZОのヤフー傘下入りに合わせ、前澤友作社長(43)が辞任を発表した。理由のひとつを、「宇宙旅行の準備期間を確保するため」と話したが、この幹部社員は、別の計画もあると証言する。

 

「発端は、昨年6月。タイの少年たちが洞窟に閉じ込められる事件がありました。あのとき、前澤さんが尊敬する、テスラCEОのイーロン・マスク氏が、救出用に『ミニ潜水艦』を急遽開発したんです。これに刺激を受けた前澤さんは、潜水艦を注文。手付金も支払いました」

 

 

 富裕層向けの自家用潜水艦の価格は数億円程度だが……。

 

「その後、資金繰りに苦しんだのか、残代金を支払えず、手付金が没収されたという噂が、今年の6月に社内で広まりました」(同前)

 

 潜水艦購入計画についてZОZОの広報部に確認すると、「個人の活動に関することなので、回答は控えさせていただきます」と答えた。

 

 今回、前澤氏が得るZОZО株の売却益は約2400億円といわれている。これを使って、宇宙より難度の低い “海底デート” に剛力彩芽を誘うつもりか!?

 

(週刊FLASH 2019年10月1日号)

外部リンク