cat_oa-flash_issue_4b8ddde4c2a5 oa-flash_0_4b8ddde4c2a5_“暴走水上バイク”が1日で消えた! 刑事告発した泉房穂・明石市長が怒り吐露「国は人が死なんと動かんから…」 4b8ddde4c2a5 4b8ddde4c2a5 “暴走水上バイク”が1日で消えた! 刑事告発した泉房穂・明石市長が怒り吐露「国は人が死なんと動かんから…」 oa-flash

“暴走水上バイク”が1日で消えた! 刑事告発した泉房穂・明石市長が怒り吐露「国は人が死なんと動かんから…」

 海水浴場でもしばしば見かけるようになった水上バイク。真夏の海を颯爽と駆け抜ける姿は楽しそうに見える反面、近くで人が泳いでいたらどうなるのかと恐怖も感じる。

 その起こってほしくない危険な事態が、兵庫県明石市の海岸で7月から8月にかけて頻発していた。シュノーケリングで潜っている人やパドリングしている人のすぐそばを暴走する水上バイク。その様子を撮影した映像がニュースで流れ、波紋を呼んだのだ。

 これを看過できないと捉えた明石市の泉房穂市長は、8月10日、海上保安庁に対し、危険運転をおこなった複数人を兵庫県の条例違反と殺人未遂の容疑で刑事告発した。

 事故は起きていないものの、「人が死んでからでは遅い」と憤る泉市長は、本誌に思いをぶちまけた。

「海の上は完全に無法地帯でやりたい放題。スピード違反はないし、ちょっと飲んで酔っても運転できる。かつての飲酒運転、あおり運転と一緒の状況です。条例で一部規制はありますが、たかだか罰金5万、10万の世界。

 問題点は3つ。まずはこの法の未整備。

 次に、取り締まり体制がないこと。海は白バイもないから捕まえられないんです。実際、一般人が通報して、海上保安庁が来たときにはもう逃げられていた。海上保安庁の船なんてとろくて、水上バイクのほうが速いから。最初、私も警察に行くか、海上保安庁に行くか迷ってたんです。両者ともどうしていいかわからないから当事者意識がない。結局、海上保安庁で対処することになり、告発に行ったんです。

 3つめは業界の問題。水上バイクの製造は、カワサキ、ヤマハ、ボンバルディアの寡占状態なんです。とにかくメーカーは売りまくりたい。GPSやドライブレコーダーをつければ、あとから犯人を特定できるので危険運転抑止になりますが、メーカーはそんなことをしようとはしない。免許だって誰でもすぐに取れるんです。

 結局、抑止力が重要なんです。私が告訴してから、危険運転はピタッと見られなくなりました。明石の海で危険なことをしたら、また市長のあいつが何するかわからんとビビってるんです。

 私は水上バイクで走るなと言っているんじゃなくて、安全に楽しんで乗ってもらえればいいんです。一部の心なき無法者の危険行為だけが悪く、それでみんなが迷惑をこうむっているだけ。国は人が死んでセンセーショナルにならんと動かん、ワシが死ぬ前にやれよと。マスコミもちゃんと書かなあかんよ!」

 明石から日本が動き出すか。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_4b8ddde4c2a5 oa-flash_0_jmvhsvewbwyc_ROLAND、実は恋愛経験ゼロ「観てない映画を予告編だけでレビューしてる」 jmvhsvewbwyc jmvhsvewbwyc ROLAND、実は恋愛経験ゼロ「観てない映画を予告編だけでレビューしてる」 oa-flash

ROLAND、実は恋愛経験ゼロ「観てない映画を予告編だけでレビューしてる」

 ROLANDが、5月15日放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)で、恋愛経験について語った。

 田中みな実から「ROLANDさんって意外と恋愛経験が少ない」と暴露されると、ROLANDは「そうなんですよ」と認めた。続けて、恋愛について「観てない映画を予告編だけでレビューしてる感覚」とコメント。

 さらに「彼女ができたこと1回もない。男子校でサッカーばっかりやって、ちゃんと恋愛したことって、29歳ですけど1回もない」と苦笑。「20代後半になると、男でそういう人ってあんまりいなくて、言うのもけっこう恥ずかしい」と明かす。

 彼女に求める条件を聞かれると、「条件つきの “好き” は “好き” じゃない。条件があることは本当に好きなのかな?」と条件自体を否定する「ROLAND語録」を披露していた。

 ROLANDの話にSNSではさまざまな意見が書き込まれた。

《「好きな人の条件付きの好きは本当の好きじゃない」だって! なるほどね 可愛い子がいいとかギャルがいいとかそうゆうのは本当の好きじゃないって事ね》

《条件付きの「好き」は「好き」じゃないは名言》

《ROLAND彼女1回もできたことないらしい 実質おれROLAND》

「同番組ではROLANDさんは、失恋した女性に『忘れようと思うと忘れられなくなるから自然体でいい』とアドバイス。その話に田中さんは『気づいたら時間が解決してくれました。私も2年かかりました』とうなずいていました。

 またROLANDさんは『去る者は追わずじゃなく、追い越すの気持ちで行きましょう』と名言を繰り出していました」(芸能ライター)

 実体験としての恋はなくとも、ROLANDにはホストクラブで身につけた数多の恋愛テクニックがあるのだ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_4b8ddde4c2a5 oa-flash_0_kq4bcgwc72gd_菅野美穂 長男のライバルは石田純一の息子・理汰郎くん!“文武両道”目指して球団主催の野球教室へ kq4bcgwc72gd kq4bcgwc72gd 菅野美穂 長男のライバルは石田純一の息子・理汰郎くん!“文武両道”目指して球団主催の野球教室へ oa-flash

菅野美穂 長男のライバルは石田純一の息子・理汰郎くん!“文武両道”目指して球団主催の野球教室へ

「よろしくお願いしますぅー」

 誰よりも大きな声でコーチに挨拶し、愛息子をグラウンドへ送り出すのは、菅野美穂(44)だ。夫・堺雅人(48)との間にもうけた長男は、今年から小学生。新生活を迎え、新たな挑戦を始めた。

「プロ野球の球団が主催する野球教室に通いだしたんです。菅野さんはどの保護者よりも腰が低く、毎週コーチ陣への挨拶も欠かさない気配り上手です。いつも仲よしのママ友と観戦がてらおしゃべりしていて、いい息抜きになっているのでは」(保護者)

 この課外活動は、教育熱心な両親の“文武両道”という方針を反映したものだ。

「体を動かしながら英語を学ぶ幼児教室に通わせていたこともあるほど、教育方針は一貫しています」(芸能記者)

 じつはこの野球教室には、菅野の息子にとって“ライバル”となる大物芸能人の子息がいる。石田純一(68)の息子、理汰郎くん(9)だ。

「祖父はあの東尾修さんですからね。理汰郎くんは野球センスがあります。学年は違いますが、菅野さんの息子さんもいつか肩を並べられるほど上達してほしいですね」(別の保護者)

 演技力対決なら負けなさそうだけど……。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_4b8ddde4c2a5 oa-flash_0_yk0ni5fc4e48_「奴隷のような毎日」美女TikTokerが怒りの告発!事務所社長から届いた“セクハラLINE”と“恐怖の違約金発言” yk0ni5fc4e48 yk0ni5fc4e48 「奴隷のような毎日」美女TikTokerが怒りの告発!事務所社長から届いた“セクハラLINE”と“恐怖の違約金発言” oa-flash

「奴隷のような毎日」美女TikTokerが怒りの告発!事務所社長から届いた“セクハラLINE”と“恐怖の違約金発言”

「たとえば、何百万円か払ったら(記事を)取り消すことはできるものなんですか」

 本誌の直撃に対して、落ち着いた様子でこう持ちかけたのは、RPGエンターテイメント(以下、RPG社)社長の杉浦希介氏(37)だ。

 RPG社は、大道芸人「ロボットのぞみ」としても活動する杉浦氏が2014年に設立した「TikTok」に特化した芸能事務所だ。フォロワー数850万人のダンスパフォーマー「内山さん」を筆頭に、所属タレントの合計フォロワー数は3400万人に上る。

 RPG社は、全国の学校へのパフォーマー派遣事業やTikToker養成学校も手がける。入学金は10万円、授業料は年90万円と高額だ。わずか10年足らずで、同社を国内に5カ所の支社を展開するまでに成長させた杉浦氏は、何を“何百万円か”でもみ消そうとしたのかーー。

「4月に事務所を退社したいと杉浦さんに申し出たら、密室で『多額の負債を負うことになるよ』と、違約金の請求や、訴訟をちらつかされました。とても怖くて、辞めることができませんでした」

 そう訴えるのは、楽器を演奏する動画を投稿するTikTokerのA子さん(20代)。音楽大学卒で、新聞社主催のコンクールで金賞を受賞したこともあるA子さんが、RPG社に所属したのは2021年9月だ。

「友人から紹介されたのがきっかけです。杉浦さんは『演奏の仕事をたくさん取ってくるので、安定した収入が得られるよ』と言い、継続的にフォロワーを増やすサポートをすることも約束してくれました」(A子さん)

 契約書で定められた専属期間は5年間。ギャラの取り分はA子さんが6割でRPG社が4割だった。だがA子さんは、所属してすぐに、杉浦氏の勧誘文句が“嘘”だったことを知る。

「所属するTikTokerは数十人もいるのに、マネージャーは一人だけ。仕事はほとんどありませんでした。仕方なく自分で取ってきた仕事のギャラも、RPG社が4割も持っていきました」

 フォロワーを増やすサポートもなかった。

「TikTokでは、配信者が客集めを目的に、視聴者へ“投げ銭”ギフトを送ることができます。“投げ銭”は自腹で、金銭的に負担が大きいと事務所に相談しても何もしてくれませんでした。アドバイスといえば、もっと動画の配信回数を増やすこと、動画編集の時間を短縮すること、別の楽器に替えるよう言われたくらいです」

 RPG社に所属したものの、思うようにフォロワー数が伸びないA子さんに、杉浦氏は驚くべき提案をおこなった。

〈A子をエッチな目線では おれは、全くみないけど〉

〈水着のみで写真だけ送ってもらえたら判断はできる〉

 杉浦氏は、楽器奏者であるA子さんに対し、水着の写真を送るよう要求したのだ。

「本当にイヤでしたが、社長には逆らえませんでした」とA子さん

「私は演奏を配信したくてTikTokerをしています。これが杉浦さんの言う“サポート”なのかと、ショックで頭が真っ白になりました。

 本当にイヤでしたが、RPG社に所属したばかりで逆らうことができず、水着写真を送りました。ほかにも、私とたまたま同じ名前のアカウントでツイッターに投稿されていたエッチな画像を、『これはA子?』と送りつけられたこともあります」

 そして、A子さんにとって、RPG社と杉浦氏への不信感が決定的となる出来事があった。2022年3月に杉浦氏から届いたLINEだ。

「〈こーいうのやろうと思ってるんだけどさ〉と軽い調子で、〈観覧車で二人きりで夜景を見よう!(20万円)〉〈ディナーを個室で二人で食べよう!(10万円)〉などを“報酬”に設定した、『パパ活』のようなクラウドファンディングをやらせようとしたのです。

 あまりに高額で、購入者から“性的な見返り”を要求されると思いました。そんな奴隷のような毎日がつらく、事務所を辞める決意をしました」

「多額の負債を負うことになる」という杉浦氏の発言は、退所を申し出たA子さんに対し、杉浦氏が浴びせたものだ。杉浦氏は、知人に送ったLINEで、これが「脅迫」であることを自ら明かし、知人から諌められている。

〈弁護士立てて、訴えるというのはだめですかね?脅し文句だとしても。〉

〈脅迫になっちゃいますかね〉

 ハラスメントの問題に詳しい橋本智子弁護士(あおば法律事務所)が解説する。

「事務所社長という圧倒的に優位な立場にある人間が、新人タレントに水着の写真を送らせることは、力関係を利用した悪質な性暴力というべきです。『パパ活』に関しては、断わることができたとはいえ、そのような勧誘をすること自体がセクハラです。辞めようとするタレントに対して『多額の負債を負うことになる』と告げることは、『脅迫罪』にあたる可能性があります」

 4月末、知人男性も立ち会って、A子さんは杉浦氏と話し合いの場を持った。杉浦氏は一転して、A子さんに違約金を請求しないことを約束し、契約は終了した。

 5月10日、本誌は杉浦社長を直撃した。冒頭の「何百万円か払ったら」という発言はこのときのものだ。杉浦氏からは後日、電話や文書で回答があった。

 水着写真を送らせたことについては、「TikTokはさまざまな衣装で動画を撮ることがバズりを生みます。実際に、今まで平均1万再生もいかなかった方が、私のアドバイスで露出の高い服を着たことで、平均50万再生になった実績もありまして、水着の提案をしました」。

“パパ活”への勧誘は、「勧誘ではなく、提案です。もともと、クラウドファンディングとファンクラブが合わさったようなものを企画しておりました。実際には、企画は立ち上げてはいません」と、どちらも善意からの提案で、強制はしていないとした。

 退所の際に違約金を要求したことについては、「A子さんには、機密保持契約違反がありました。それにより、もし収益が減った場合、その部分はどうしても裁判などになる可能性があるということをお伝えしました。この言葉もけっして『脅迫』ではなく、『そういうこともあるよ』という話です」。

 華やかに見え、若者が押し寄せるネット配信者たちの世界は、カネと欲望にまみれる無法地帯だ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_4b8ddde4c2a5 oa-flash_0_s345qyzjiq9e_脱毛サロン「キレイモ」内部で起きていた“給料遅配”地獄…千鳥や渡辺直美ら起用で広告費は月3億円にも s345qyzjiq9e s345qyzjiq9e 脱毛サロン「キレイモ」内部で起きていた“給料遅配”地獄…千鳥や渡辺直美ら起用で広告費は月3億円にも oa-flash

脱毛サロン「キレイモ」内部で起きていた“給料遅配”地獄…千鳥や渡辺直美ら起用で広告費は月3億円にも

「私が返金をお願いしたのは半年前。いまだに21万円が返ってきません」

 と憤るのは、20代女性・Aさんだ。美容業界の巨星が、蜂の巣をつついた騒ぎに見舞われている。その舞台となっているのは、株式会社ヴィエリスが運営する脱毛サロン・キレイモ(KIREIMO)だ。

「2014年に一号店をオープンしてから、怒涛の勢いで成長してきました。現在、全国で60店舗を展開しています。最大の売りは、全身脱毛の『無制限プラン』。約40万円支払うと、以後納得できるまで何度でも施術を受けることができます」(美容ライター)

 本誌読者には馴染みの薄い美容業界だが、キレイモは別だ。千鳥の2人や、渡辺直美など今をときめく人気芸能人を広告塔に据え、街頭はもちろんテレビやウェブCM、電車広告などを利用してド派手な宣伝を繰り返しており、「キレイモ」の文字を目にしたことのある読者は多いはずだ。

 だが、このキレイモの利用客から不満の声が噴出している。利用規約に記されている「返金」がなされないというのだ。冒頭のAさんが続ける。

「私も『無制限プラン』を利用していました。このプランは18回施術するまでは、返金を保証しています。何度か施術を受けた後、突然次の予約が取れなくなってしまったので、昨年11月に解約と返金を求めました。メールや電話で問い合わせてもまともに対応してくれず、消費生活センターにも相談しましたが埒が明かず……。

 結局、5月13日にやっとコールセンターと繋がって『順次返金に応じているが、返金できる時期はわからない』と言われました。こんなの詐欺ですよね」(Aさん)

 現在も「返金されない」という利用者の怒りの声がSNSに次々と投稿されている。だが、社内は、さらに深刻な事態に陥っている。キレイモ従業員のBさんが語る。

「給料の振り込みが遅れたんです。確かに資金難で、お客様に配る無料の駐車券が廃止されたり、1回につき100円もらえる『施術手当』が50円になったりと、昨年末から怪しい兆候はあったんですよ。

 3月は、新入社員の給料が最大5日間遅れました。その後、社内アプリを通じて、水沼智博社長名で『コロナ禍で資金繰りが悪化している』と、給料遅配を詫びる文書が公表されました。さらに、社内で不安が広がるのを払拭するためか、4月24日に翌日予定されている給与支払いについては『確実に行われますのでご安心ください』という文書が発表されました」

 ところが、この約束は破られた。その後、3日間も給料が振り込まれなかったのだ。

「関東圏の4つの店舗では、従業員がストライキを起こしました。私が勤める店舗には10人の従業員がいたのですが、会社を見限って、3人の従業員が自主退職しています」

 少ない人数で店舗を運営するBさんも愛想をつかした。

「誠意ある説明や謝罪がありませんからね。私も5月末に退職する予定で、転職活動しています。私と同じ考えの従業員がほとんどなので、店舗は閉めざるを得ないでしょう」

 キレイモ躍進の原動力となった広告戦略にも、赤信号が点灯している。

「キレイモさんとはもう何年も一緒にお仕事させてもらっていたのに……」

 と嘆くのは、キレイモと取引している広告代理店関係者だ。

「うちだけで、月に3000万円近い広告費をいただいていました。広告費全体で月に2~3億円かけていたようです。これまで支払いが遅れることは一度もなかったんですが、3月に初めて3日遅れました。たまたまだろうと信じていたのですが、4月の入金はいまだにありません。支払うまでは倒産しないでほしいですけどね……」(同前)

 どうやら、キレイモの“躓き”は、この過剰な広告費にあるようだ。別の大手広告代理店関係者が分析する。

「あの会社の広告は、サイバーエージェント社が多くを担当していました。大手ナショナルクライアントでも、広告予算は10億円程度。年間で数十億円の予算は高すぎです」

 社内アプリを通じて社員への弁明を繰り返す社長だが、今後の金策はうまくいくのだろうか。質問状を送ったところ、期日までに返答がなかったため、水沼社長の自宅を訪ねた。すると、親族の女性が応対し「最近忙しくてあんまり戻ってこないんです。子供もいるので何かあれば会社に言ってください」と答えた。

 自宅に帰れないほど社長が奔走したところで、客は戻るだろうか……。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_4b8ddde4c2a5 oa-flash_0_lwg7an9zujgr_今度は「顔で選べば1番」発言に批判殺到…参院選を前に「維新の会」で相次ぐ不祥事・失言・疑惑の数々 lwg7an9zujgr lwg7an9zujgr 今度は「顔で選べば1番」発言に批判殺到…参院選を前に「維新の会」で相次ぐ不祥事・失言・疑惑の数々 oa-flash

今度は「顔で選べば1番」発言に批判殺到…参院選を前に「維新の会」で相次ぐ不祥事・失言・疑惑の数々

 日本維新の会(以下「維新」)北関東ブロック長・石井章参議院議員が5月15日、参院選栃木選挙区に立候補を予定している同党新人の事務所開きのあいさつに出席。その席で「女性5人が出るが年齢は1番若く、顔で選んでくれれば1番を取るのは決まっている」という衝撃発言が飛び出した。

 石井氏は後に発言を撤回し、「若さを前面に出す意図での発言だった。自民現職を除くほかの候補者の顔は知らず、誹謗中傷するつもりはまったくない」と釈明。しかし、候補予定者の“容姿”をいじるかのようなこの発言に、批判がネット上で殺到している。

《発言内容自体もそうだが、世の中の動きを見るという政治家としての資質の一つが欠けているのではないか》

《テレビどころか新聞にも目を向けないのか知らないが、あらゆる未解決の社会問題の矛先が主に自分達に向けられているという自覚が足りない》

《この人は選挙で人を選ぶ基準が分かっていない。人気投票とか美人コンテストとかイケメンとかが選考基準と思っている様》

 今回の失言自体も大きな波紋を呼んでいるが、維新の関係者がこうした“悪目立ち”で取り上げられるのは、2022年に入ってからだけでも5回を数える。

 3月22日には、2021年の衆院選の公示前に、自らへの投票を呼びかける文書を35通、有権者に送ったとして、前川清成(きよしげ)衆議院議員が公職選挙法違反の罪で在宅起訴されている。前川議員は4月25日の初公判で、「選挙はがきの作成をお願いしただけであり、投票依頼はしていない。公選法が禁止するような行為は何もしていない」と、無罪を主張した。

 ついで4月22日、維新が7月10日に投開票を控える参院選に公認候補として擁立した、大阪市議の海老沢由紀氏の“疑惑の経歴”が『FRIDAY』に報じられた。2019年4月に大阪市議に出馬した際、選挙区での居住実態がなかったのではないか、というものだ。さらに、自分のホームページなどのプロフィールに記載されている「1997年スノーボードクロスで日本チャンピオン」という記述も、日本スノーボード協会に公認されていたものではなかったことが判明した。

 また4月27日、維新の奈良県総支部幹事長だった原山大亮(だいすけ)市議が、奈良県橿原(かしはら)市議会議長であった2021年に、議長室で市長を恫喝していたことが『現代ビジネス』で報じられた。同日、原山氏は「市政運営に対する思いが強いとはいえ、言葉がすぎた」「不快な思いをさせたのも事実」とコメントを発表し、市議を辞職している。

 さらに5月6日には、岬麻紀衆議院議員が2019年の参院選(結果は落選)当時、選挙公報に記載していた経歴が虚偽であった疑惑を『AERA dot.』が報じた。その6日後には、岬氏の新たな経歴詐称疑惑も判明している。5月12日、維新とともに岬氏を「共同公認」した地域政党「減税日本」の河村たかし代表は調査結果を発表し、「虚偽だったと思う」と指摘した。

「短期間にこれだけの不祥事、失言、疑惑が続出するのは、非常にまれです。ネット上のコメントには、問題の根本は維新の体制自体にあるという声も多い。参院選までに、支持者からの信頼を回復させるのが党としての課題でしょうね」(政治部記者)

 参院選までに信頼を回復するどころか、さらなるトラブルを抱えないといいが……。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_4b8ddde4c2a5 oa-flash_0_7nirdb2k0c7a_知られざる「YOSHIKI伝説」チョコ食べすぎて救急搬送、教師に丸刈りにされ「目に見えるもの全部が敵」 7nirdb2k0c7a 7nirdb2k0c7a 知られざる「YOSHIKI伝説」チョコ食べすぎて救急搬送、教師に丸刈りにされ「目に見えるもの全部が敵」 oa-flash

知られざる「YOSHIKI伝説」チョコ食べすぎて救急搬送、教師に丸刈りにされ「目に見えるもの全部が敵」

 X JAPANのYOSHIKIが、5月14日放送の『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレビ系)で「YOSHIKI伝説」について語った。

 幼少期について「体が弱かった」と、小児ぜんそくで年間の3分の1ほど入院していたと明かす。祖母がハワイ旅行で買ってきたマカダミアナッツ入りのチョコレートを大量に食べ、「夜中にチョコまみれで倒れてたらしい。食べ過ぎて気絶したみたいで、そのまま救急車で運ばれました」と告白する。

 小学生のとき、母に頼んで、洋楽バンド・KISSの日本武道館のライブに連れて行ってもらったが、火を噴いたりするKISSのパフォーマンスを見て、母から「なんてところに連れてきたの!」と激怒された。しかし、そこからロックの魅力にのめり込んでいったという。

 YOSHIKIのエピソードにSNSでは大きな反響が寄せられた。

《YOSHIKI伝説面白かったぁ。さすがYOSHIKIさんだわ》

《私のなかではYOSHIKIさんっていつも穏やかなイメージしかないから「YOSHIKI伝説」おもしろかった》

《YOSHIKI伝説どれもが強烈で面白かった~》

「同番組でYOSHIKIさんは、中学時代に髪を伸ばし、先生に押さえつけられて丸刈りにされて泣いたことを回想。『頭が宇宙人(のイメージ)のようにとがっていて、先輩に “宇宙人” って言われて、また泣いて。そのあたりから敵がい心むき出しになって、先輩ともけんかを始めた』と荒れた時期もあったそう。

 そんなこともあり、『目に見えるもの全部が敵に見える』と反抗期に突入。高校時代には、『文句があるヤツは俺にかかってこい』と、全クラスに言って回ったとのエピソードまで披露しました。

 それでも音楽の才能は特出していて、文化祭でバンドの演奏を披露すると、3年の先輩に『そんな上手いんだったら俺たちの立場がない』と呼び出されことも。放課後の校門には、ケンカを売りにきた不良とバンドファンの他校の女子が揃って待つような状況だったとのことです」(芸能ライター)

 YOSHIKIはまさに「生きる伝説」なのだ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_4b8ddde4c2a5 oa-flash_0_pc4yv8wpwgmt_年内復帰発表のGACKT、休養中は「仮想通貨トラブル」で謝罪行脚…表舞台で待ち受ける “事態説明” の宿題 pc4yv8wpwgmt pc4yv8wpwgmt 年内復帰発表のGACKT、休養中は「仮想通貨トラブル」で謝罪行脚…表舞台で待ち受ける “事態説明” の宿題 oa-flash

年内復帰発表のGACKT、休養中は「仮想通貨トラブル」で謝罪行脚…表舞台で待ち受ける “事態説明” の宿題

 2021年9月、体調不良を理由に無期限活動休止を発表していたGACKT。そんなGACKTの日本エージェント所属事務所「グラブエンターテイメント」が5月16日、公式サイトで活動再開を報告した。

 ホームページには、《ファンの皆様ならびに関係者の皆様には大変ご心配をお掛けしましたが、これまでの海外での療養に加えて日本でも治療を開始している事もありGACKTは順調に回復し体力も戻ってきており、エージェント事務所としましては当該医療機関の主治医ならびにGACKT本人と協議を行った上で病状の回復状況に合わせて年内に芸能活動を徐々に再開させて参ります》とある。

「この発表には、復帰を喜ぶファンの声であふれました。しかし、GACKTさんは活動休止の裏で、たびたびトラブルが報じられています。2021年11月に『週刊文春』が報じた既婚女性との不倫をはじめ、表舞台に戻ったときに説明すべきことは多いでしょう」(芸能記者)

 本誌がGACKTにまつわるトラブルを報じたのは2021年9月。自身が広告塔を務めた仮想通貨「SPINDLE(スピンドル)」の大暴落に苦情が殺到したのだ。当時、GACKTの仕事仲間であるX氏からは “怒りの声” が聞かれた。

「活動休止発表当日、私の知人はGACKT本人と電話で会話できたそうですよ。これで『仮想通貨』の件がうやむやになるとすれば許せません」

 スピンドルは、ブラックスターという運営会社が2017年にスタートさせた仮想通貨。X氏は、スピンドルの代理店関係者だ。X氏は当時こうも語っていた。

「GACKTやブラックスター社の元社長と、代理店や顧客らが参加するグループLINEがあるのですが、顧客が『どうなっているのか』と運営側を問い詰めるメッセージを書くと、元社長により強制的にグループから退会させられてしまうんです。

 60人の参加者がいたのに次々退会させられ、今は48人だけ。そして今回の休業発表です。復帰したらこの問題に正面から向き合ってほしいです」

 既婚女性との不倫はその後に報じられ、休養中も“踏んだり蹴ったり” 状態だったGACKT。2021年末、本人について関係者に取材すると、こう教えてくれていた。

「電話口ではいつもと変わらない様子でした。友人と食事の約束をするなど、活発に動きまわっていますよ。今もスピンドルの購入者への謝罪行脚は続いているそうです。贖罪のためなのか、自分の知っている儲け話をして『これで補填してくれ』と話しているみたいです」

 2022年は出演できなかった『芸能人格付けチェック』(テレビ朝日系)への復帰を望む声も多い。しかし、これらの報道への説明なしに “一流芸能人” として振る舞えるのだろうか――。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_4b8ddde4c2a5 oa-flash_0_ftzu0aqxte8z_「粗品の呪い」がヴィクトリアマイルでも! 本命馬が惨敗続きで「逆張りファン」からは感謝の声が ftzu0aqxte8z ftzu0aqxte8z 「粗品の呪い」がヴィクトリアマイルでも! 本命馬が惨敗続きで「逆張りファン」からは感謝の声が oa-flash

「粗品の呪い」がヴィクトリアマイルでも! 本命馬が惨敗続きで「逆張りファン」からは感謝の声が

「お前かい、ソダシかい……。こんなに名前が似ているのに……」

 5月15日に行われた競馬のG1・ヴィクトリアマイルを、自身のユーチューブチャンネルでこう振り返ったのは霜降り明星・粗品。

 レースは、4番人気のソダシが最後の直線を力強く抜け出して、2着に2馬身差をつける圧勝劇となった。一方で、粗品も本命に推していた1番人気のレイパパレは、なんと12着という惨敗に終わった。

 レイパパレを1着に固定し、3連単を84点買っていたという粗品は、

「競馬ってな、1着目指すゲームやねん! 12着ってなんやねん。干支やったら最下位やぞ! お前、イノシシか!」

と、絶叫した。

 自らを「生涯収支マイナス1億円君」と称し、本命にした馬がことごとく惨敗してしまう「粗品の呪い」は、いまや競馬ファンの間ではすっかり有名になってしまった。2022年のGIを振り返ってみても、

・フェブラリーS ◎エアスピネル(8番人気/9着)

・高松宮記念 ◎ダイアトニック(6番人気/14着)

・大阪杯 ◎エフフォーリア(1番人気/9着)

・桜花賞 ◎ラブリイユアアイズ(8番人気/18着)

・皐月賞 ◎デシエルト(7番人気/16着)

・天皇賞・春 ◎マカオンドール(6番人気/11着)

・NHKマイルC ◎キングエルメス(9番人気/6着)

 と、二ケタ着順も目立つ。人気馬を狙っても、馬券圏内どころか大惨敗。たしかに「呪い」というのも頷ける結果なのである。

 この呪いのパワーには、元騎手の「アンカツ」こと安藤勝己氏も反応。関西テレビ・岡安譲アナの《レイパパレの敗因はやはり…》というツイートに《それしかないでしょ。スタート多少遅れたけど、しっかりリカバリーして展開的に前も残っとるからね。4角からもう手応えが怪しかった。ちょっと考えられん負け方。》と返答し、「呪い」が敗因であることを匂わせた。

 しかし、最近ではこのあまりの“逆神”ぶりを逆手に取るファンも増加しているようだ。

《あなたは素晴らしい人です。私にレイパパレを切る勇気を与えてくれました。本当にありがとうございました。》

《粗品さん信じてレイパパレ諦めてよかったです、ありがとうございました。》

《レイパパレとファインルージュどっち軸にするか悩んでたけどありがとう粗品。ありがとう。》

 と、粗品の予想に逆張りしたおかげで馬券を的中できたと、感謝する声がSNS上にあふれているのだ。

 これからも、オークス、日本ダービー、安田記念とG1レースが続く。“逆神”予想を参考にするのも、ひとつの手かもしれない。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_4b8ddde4c2a5 oa-flash_0_drl62r8s49ts_白井球審、レアード退場で再び注目浴びるも「今日は何も悪くない」と擁護する声…報道陣への対応で “変化” 見せる drl62r8s49ts drl62r8s49ts 白井球審、レアード退場で再び注目浴びるも「今日は何も悪くない」と擁護する声…報道陣への対応で “変化” 見せる oa-flash

白井球審、レアード退場で再び注目浴びるも「今日は何も悪くない」と擁護する声…報道陣への対応で “変化” 見せる

 5月15日のオリックス戦で、ロッテのレアード内野手が判定に不服を示し、暴言を吐いたとして、白井一行球審から退場を命じられた。白井球審は、4月の佐々木朗希への “詰め寄り” 騒動も記憶に新しく、再び注目の的となっている。

「レアードは、ストライクの判定が出ると険しい顔で何やら言葉を投げかけました。このとき、白井球審は一度、手のひらを向けて制止するポーズも見せましたが、レアードはベンチに下がりながら言葉を発し続け、退場処分に。野球規則では、選手や監督が判定に異議を唱えることは禁じられています」(野球ライター)

 ロッテと審判団の間には、ここ最近不穏な空気が漂っている。

 前述のとおり、4月には、判定に不服な態度を見せた佐々木に白井球審が威嚇するような様子で詰め寄った。今回のレアード退場の前日である14日にも、井口資仁監督が審判員への侮辱行為で退場処分を受けたばかりだ。

 ただ、白井球審にも変化があった。佐々木との騒動では、報道陣に「コメントなしです」と強硬な姿勢を見せていたが、今回は試合後に事の経緯を説明。「暴言を吐いたので退場です。暴言の内容は言えません」とした。

 去り際に退場宣言を出したことについては、「英語で言われているので、何を言われているのかを理解してから『これは暴言だな』と退場を出しました。僕も英語が堪能じゃないので」と語っている。

 レアード退場が報じられると、ネット上には白井球審を叩く声も出たが、今回見せた冷静な対応に、擁護の声も数多くあがっている。

《レアード退場に関しては白井球審なんも悪くない》

《しかし白井球審叩かれまくっとるな 特に今日は何も悪くないのに、、むしろ優しく諭してる感あったのにねぇ、、》

《今日の白井球審の退場は普通に妥当だと思ったし、ボールも際どいけどストライクと言われて当然のところだと思いました》

 短期間に、立て続けに起きた騒動。今後も、球団と審判団の関係性に注目が集まりそうだ。

外部リンク