cat_oa-flash_issue_3916ad3b3914 oa-flash_0_3916ad3b3914_あいみょん、クリープハイプ尾崎世界観と自宅愛 3916ad3b3914 3916ad3b3914 あいみょん、クリープハイプ尾崎世界観と自宅愛 oa-flash

あいみょん、クリープハイプ尾崎世界観と自宅愛

2019年6月24日 07:10 Smart FLASH[光文社週刊誌]


 

 6月中旬の深夜3時。傘を叩く冷たい雨が、酒で火照った2人の耳に、ポンポンと心地いいリズムを刻んだ。その2人とは、紅白歌手のあいみょん(24)とロックバンド「クリープハイプ」のフロントマン・尾崎世界観(34)である。

 

 いま、若い世代にもっとも支持されている女性アーティスト「あいみょん」。2018年、スター街道を驀進する裏側で、彼女はひとりの男性との愛を、人知れず育んでいた。

 

 

 羽田空港第1ターミナル。6月10日午後0時35分、高松空港を出発したJAL便は、定刻より早く到着した。香川県でのライブを終えて帰京した「クリープハイプ」のメンバーのなかで、尾崎は気もそぞろに、電光掲示板を見上げていた。

 

 空港でメンバーと別れ、尾崎は一路都心へ。事務所で仕事をこなすが、心はもはやここにあらず。午後6時、やっと仕事を終わらせて駆けつけた先は、あいみょん(24)が住む、都内のマンションだった。

 

「あいみょんと尾崎は現在、真剣交際中。2人は昨春、尾崎が作詞・作曲したラジオのキャンペーンソングに、あいみょんが参加したことがきっかけで知り合った。以前から尾崎は、あいみょんの音楽性に注目していたようだ」

 

 そう音楽関係者が話す2人の交際は、ファンならずとも驚く大物カップルである。

 

 あいみょんの所属事務所は本誌の取材に、「プライベートは本人にまかせています」と、交際を否定しなかった。

 

 詳しくは、6月25日発売の『FLASH』2019年7月9日号にて。

 

(週刊FLASH 2019年7月9日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_3916ad3b3914 oa-flash_0_3d79d68f2115_でんぱ組.inc 根本凪×鹿目凛『名探偵コナン』のキャラに夢中 3d79d68f2115 3d79d68f2115 でんぱ組.inc 根本凪×鹿目凛『名探偵コナン』のキャラに夢中 oa-flash

でんぱ組.inc 根本凪×鹿目凛『名探偵コナン』のキャラに夢中

2020年8月9日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 3月にデビュー曲をリリースした「ねもぺろ from でんぱ組.inc」の根本凪と鹿目凛。ルックスだけでなく、オタっぽさも魅力の2人だ。

根本凪(以下、ねも)「最近は『名探偵コナン』の(小嶋)元太に注目してて、『今日は、こんな服だったよ』とか報告し合ってます。元太はいろんな服着てるから、見ててアガるよね」

鹿目凛(以下、ぺろ)「あとは、『この回の元太のお尻の作画がきれいだよ』とか。妙にリアルで、なまめかしいんです」

--独特な着眼点ですね(笑)。元太に夢中なんですか?

ねも「ヤバい、好みがバレた」

ぺろ「やだー(笑)。わたしは二次元のキャラだと、金髪キャラが好きです」

ねも「元太じゃないんだ」

ぺろ「クールそうに見えて、じつはスケベってキャラが」

--ねもさんはどうですか?

ねも「私は、はかなげな雰囲気のキャラですね。でも最近は、分厚い男もいいなって」

ぺろ「それって元太じゃん!」

ねも「ほんとだ(笑)。元太に洗脳されてる。でも、あいつは、はかなげじゃないから……」

ぺろ「元太は子供っぽいもんね。子供だから仕方ないけど」

ねも「あ、でも10円はげがあるよね。意外と気を遣って生きている、苦労人の可能性」

ぺろ「がさつに見せてるけど、本編以外の部分では……。そう考えるとはかなげな男だね」

--現実で好きなタイプは?

ぺろ「守ってくれる人です。ボケーっとしている部分をフォローしてほしくて。ねもちゃんみたいな人がタイプです」

--ねもさんは、ぺろさんみたいな男性はどうですか?

ねも「うーん、でも、ぺろりんは私が落ち込んでるとき、不器用ながらも精いっぱい励ましてくれるんですよ。そういうところは優しいなって」

 相思相愛の2人。これからも独特な感性のままで、グラビア界をかき回してほしい。

【「ねもぺろ from でんぱ組.inc」とは】
2019年に「でんぱ組.inc」のコンサートで、ユニットを初披露。2020年3月には、1stシングル『しゅきしゅきしゅきぴ♪がとまらないっ……!』で念願のデビューを飾った。そして現在、2ndシングル『にゃんにゃん♪ちゅちゅちゅ♪』も発売中。MVは、「でんぱ組.inc」の公式YouTubeチャンネルにて公開中

ねもとなぎ
3月15日生まれ 茨城県出身 T150・B90(G)W58H83 愛称は「ねも」で、キャッチフレーズは「歌って描けるポンコツカワウソ」。「虹のコンキスタドール」のメンバーとしても、活動している。そのほか最新情報は、公式ツイッター(@nemoto_nagi)にて

かなめりん
9月21日生まれ 埼玉県出身 T160・B85(E)W60H85 愛称は「ぺろりん」で、キャッチフレーズは「イラストも描けちゃうあなたの彼女」。漫画家、イラストレータツイッターTwitter(@peroperorinko01)にて

写真・峠雄三
スタイリスト・めろん
ヘアメイク・北原果(KiKi inc.)

(週刊FLASH 2020年8月11日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_3916ad3b3914 oa-flash_0_127b26f21350_ダウンタウンの対照的な子育て…叱らない松本にスパルタ浜田 127b26f21350 127b26f21350 ダウンタウンの対照的な子育て…叱らない松本にスパルタ浜田 oa-flash

ダウンタウンの対照的な子育て…叱らない松本にスパルタ浜田

2020年8月9日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 ダウンタウンが、8月6日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で子育て事情を語った。

 一人娘がいる松本人志は、「あまり叱ったことはないですよね。そんなに子供を叱ることってあります?」とデレデレ。浜田雅功が「何か悪いことをしたら叱るってことはないの?」と聞くと、松本は「悪いことってします? 何か爆弾作ってたら『コラッ』って言いますよ」と返して笑いを誘った。

 続けて、浜田が「『おもちゃを片付けとけよ』って言ってんのに、全然聞かなかったらどうする?」と質問。松本は「おもちゃって、夜、大人が寝た後に勝手に片付くんで。僕はそう思っている」とファンタジックなボケで笑わせた。

 一方、浜田は自身の子育てについて、息子に対して「おもちゃの話でも、戻って来て片付けてなかったら、バーン! って殴ってましたよ。『おい、聞いとんのか』って」とスパルタ教育だったことを回想。「男だからできたのかな。女の子だったら僕も無理かなとは思うけど、(松本が)ここまで(怒ったことがないの)はわからへんわ」と小首を傾げた。

 娘を叱らない理由について、ゲストの高橋真麻から「娘さんに嫌われたくないからでは?」と指摘されると、松本は「別に、俺は何でもええと思ってるし……」としどろもどろになっていた。

 対照的なダウンタウンの教育法。家族それぞれにルールがあるのだ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_3916ad3b3914 oa-flash_0_a8e1d059c07b_待ってろ東京五輪/カヌー「足立和也」伸びしろを埋める1年 a8e1d059c07b a8e1d059c07b 待ってろ東京五輪/カヌー「足立和也」伸びしろを埋める1年 oa-flash

待ってろ東京五輪/カヌー「足立和也」伸びしろを埋める1年

2020年8月9日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 東京五輪開催を信じて……日の丸戦士たちの、ブレないメダルへの思いとは--。アスリートたちが、「1年後への金言」を寄せてくれた。今回は、カヌーの足立和也(29)だ。

「小学生のころから、『カヌーで五輪に出て、勝ちたい』というのが夢で、卒業文集にも書いたぐらいです(笑)。目標は、五輪でメダルを獲得することですね」

 延期決定後も足立は、あえて山口県で、市場大樹コーチとともに五輪でのメダル獲得を目指し、黙々とトレーニングを続けている。

「東京の五輪施設でトレーニングができないのは残念です。どの競技のどの選手も、海外のレースなどで短期的な目標に向けてトレーニングをしている時期なんですが、自分が今どういう状態なのか測ることができない。そういう精神的なことで、苦労しています」

 そういった苦境のなかでも常に前を向き、ポジティブにとらえる。 

「キャリアの後半という年齢ではありませんので、1年延びたことで、伸びしろを埋めることができます。成績面だけを考えると、今年よりも来年のほうが、可能性は伸ばせると思います。

 世の中が大変な時期なので、頑張っている姿を見てもらえるような五輪にしたい。もちろん優勝を目指します。カヌーでは、ゲートと選手の距離は5mmぐらい。そういう距離感も見てほしいですね」

あだちかずや 
1990年10月23日生まれ 神奈川県出身 175cm70kg アウトドア活動が盛んな幼稚園で、3歳時にカヌーを初めて経験。2018年NHK杯1位、アジア大会2位、2019年W杯5位。五輪は初出場。山口県体協所属

写真・津高良和

(増刊FLASH DIAMOND 2020年8月20日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_3916ad3b3914 oa-flash_0_765f0b4ae3c2_渡部建「アジアを回ってる格闘家みたいなヒゲもじゃ」と後輩芸人 765f0b4ae3c2 765f0b4ae3c2 渡部建「アジアを回ってる格闘家みたいなヒゲもじゃ」と後輩芸人 oa-flash

渡部建「アジアを回ってる格闘家みたいなヒゲもじゃ」と後輩芸人

2020年8月9日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 高校野球大好き芸人として知られる、いけだてつやが、8月6日放送の『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)で、活動自粛中のアンジャッシュ・渡部建の近況を語った。

 おぎやはぎ・矢作兼が、いけだについて「唯一、渡部さんと会ってるのはいけちゃん。世間は誰も知らないんですよ、渡部さんのことを」と紹介。いけだは、現在の渡部について「精神的にはちょっと落ち着いてはきてるけど、見た目はアジアを回っている格闘家みたいな。ひげモジャモジャのだらしない顔になってます」と明かす。

 矢作が「奥さん(佐々木希)と一緒にいるんでしょ? 土下座してる?」とイジると、いけだは「土下座はしてないですけど、もともと腰がよくないのもあるけど、若干、頭(こうべ)は垂れてますね」と渡部の変化を報告。「『垂れ方の渡部さん家ランキング』で言うと、渡部さんが1番垂れてて、2番目が一番年上のイヌです」としつつ、「本当に改心なさって。改心、改心の日々だと思う」とコメントしていた。

 いけだは、渡部が佐々木と一緒にいる姿も目撃しており、「人生の大半をすれ違うことにささげてきた人が、今はすれ違わない生活をしている」とアンジャッシュの「すれ違いコント」に掛けて語っていた。

 いけだは、矢作が紹介した中華料理店でバイトしている。その店で教わったレシピを持っていくと、渡部は「これはどういう味付けなんだ? 何分ゆでたらこうなるんだ?」と貪欲に聞いてくるという。そのため「ひょっとしたら『中華屋建ちゃん』が出る可能性もありますね」と笑った。矢作も「渡部さんがオープンした店、行きたいもんね」と期待を寄せた。

 自粛中でもグルメなのは変わらない渡部。「中華屋建ちゃん」の可能性はあるのだろうか。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_3916ad3b3914 oa-flash_0_f4b6ab383cbb_EXIT兼近大樹が重大発表、仕事を抑え「本を執筆ヒュイゴー」 f4b6ab383cbb f4b6ab383cbb EXIT兼近大樹が重大発表、仕事を抑え「本を執筆ヒュイゴー」 oa-flash

EXIT兼近大樹が重大発表、仕事を抑え「本を執筆ヒュイゴー」

2020年8月9日 19:57 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 EXITの兼近大樹が、8月8日、YouTubeチャンネル『兼近が自身の今後について語っています。』で重大発表をおこなった。

 インスタライブでおこなった生配信をYouTubeに投稿したもので、兼近は「8月からスケジュールを緩くしてもらってるんですよね。8月の収録が少なくなって、9月、10月は露出は減っていくんです」と発表。

「俺のわがまま」として「本を書いてるんです、今。ずっと書きたいと思ってた本を執筆ヒュイゴーしてまして」と明かす。

 内容については「過去の兼近がやってしまった話とかを全部事細かく俺の口から書きます。そのための取材も8月中に入れてて、当時そういうことに関わってしまった人たちに話を聞きに行く」と半生を語るものになるという。

 自分の言葉だけでなく、周囲の人々の思いも組み込み、「俺だけの持論になっちゃう場合もあるじゃん、それはイヤだから。ちゃんと当事者と話をして、全部書きたいなと思ってて」と他者の視点も入れるよう配慮。

「濁さなきゃいけないことも濁さないで書く」としつつ、あくまで「自伝的小説」で、「何か言われても『小説ですやん』って言える」との形式になる模様。

 半生の中でも「幼少期の部分を厚くする」と、家庭環境、学歴格差の問題にも踏み込み、中学校から不良になった自身の経験から「今、お母さんだったら自分の子供がその道に行かないようにするには、どういった愛情を注いで、どういった教育をしていくのかも、俺は伝えられたりするんだよね」と子育てにも役立つ本にしたい意向を示した。

「自分のため、自分の利益、自分の言い訳のために出す本じゃないから、俺が出すのは何か誰かのためになる本。退屈な日常からのEXIT、脱出になる本」と気炎を上げる。

 発売日は、スケジュールの関係で難しいかもしれないとしつつ、2021年5月11日の30歳の誕生日を希望。

「明るく前向きになれる本」を求める声に、兼近は「暗い部分もある。それ含めて俺だから。俺は闇の世界を生きてきて、突然光に来た。暗いところからいきなり電気つけたほうが明るい気がする。暗い話ももちろんあるかもしれないけど、それは今ある明るい部分の兼近へのフリだと思って読んで」とメッセージ。

 ファンに向けて「露出の方は減ってるかもしれないけど、別になんかあったわけではないので。ただ俺がやりたいことに走り出した、それだけなんで気にしないでください」と笑顔。

「本が書き上がるまではガチガチと頑張っていきたいです」と新たな挑戦への意欲を見せた。

 過去の自分と向き合い、書籍出版を決めた兼近。ビッグウエーブを巻き起こすことになりそうだ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_3916ad3b3914 oa-flash_0_abee29daa870_名曲散歩/細川たかし『北酒場』不運な療養からつかんだヒット abee29daa870 abee29daa870 名曲散歩/細川たかし『北酒場』不運な療養からつかんだヒット oa-flash

名曲散歩/細川たかし『北酒場』不運な療養からつかんだヒット

2020年8月9日 16:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 東京・神田の古いビルの2階。そこには夜な夜な紳士淑女が集まり、うんちくを披露しあう歌謡曲バーがあるという。今宵も有線から、あの名曲が流れてきた。

お客さん:お、このイントロは、細川たかしの『北酒場』。突き抜ける伸びやかな高音、しみじみ上手いよねえ!

マスター:この歌は、『欽ちゃんのどこまでやるの!』(テレビ朝日系)から生まれたヒット曲だ。

お客さん:細川たかしは、なんで『欽どこ』に出ることになったの?

マスター:実は1981年、『8時だョ!全員集合』(TBS系)の本番中、坂道をかけ上がるゲームで転んでアキレス腱を切ってしまい、半年ほど療養生活を余儀なくされた。だいぶよくなってきた頃、『欽どこ』に民謡の先生役として呼ばれたんだ。

お客さん:そうだ。『欽どこ』には、いろんなジャンルの人が出ていたよね!

マスター:細川たかしにとっては久々の表舞台だったから、番組が終わったあと、しみじみ「テレビに出るのって、いいなあ~」とつぶやいたという。

お客さん:それを萩本欽一が聞いていたんだね。

マスター:そう。それで「細川君、来週ヒマ?」と聞くと「ヒマ!」、「再来週は?」「ヒマ!」、「じゃあ、毎週ここに来れば?」って感じでとんとん拍子にレギュラー出演が決まったんだって。

お客さん:それから、番組内で『北酒場』を歌うようになったんだよね。歌い出すと途中で欽ちゃんに止められる演出が楽しかったなあ。

マスター:もともとシングルにするつもりはなかった曲なんだけど、『心のこり』以来7年ぶりの大ヒットとなり、1982年のレコード大賞を受賞した。しかも翌年は『矢切の渡し』で2年連続レコード大賞という離れ業!

お客さん:すべては『欽どこ』から始まったんだね。

マスター:欽ちゃんは「不運が大きければ大きいほど、そのあとにやってくる幸運も大きい」という考えの持ち主だからね。

お客さん:細川たかしはケガで最悪な状態のときに、運がたまっていたんだろうね。

 おっ、次の曲は……。

文/安野智彦
『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)などを担当する放送作家。神田で「80年代酒場 部室」を開業中

参考:『昭和40年男 Vol.25』(クレタパブリッシング)/萩本欽一『続ダメなときほど運はたまる』(廣済堂新書)/BS朝日『人生、歌がある』(2020年8月1日)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_3916ad3b3914 oa-flash_0_a1f623bf8bb2_鶴瓶、さかなクンから大量の魚届き「ええかげんにして」 a1f623bf8bb2 a1f623bf8bb2 鶴瓶、さかなクンから大量の魚届き「ええかげんにして」 oa-flash

鶴瓶、さかなクンから大量の魚届き「ええかげんにして」

2020年8月9日 16:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 8月6日放送の『きらきらアフロTM』(テレビ東京系)で、笑福亭鶴瓶がLINEについて語った。

 鶴瓶は携帯電話の電話帳に登録している2500人分の電話番号を、誤ってLINEの友達登録してしまい、大変なことに。

『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK総合)で知り合った一般人などからLINEに「友達登録したんですね!」などのメッセージが送られてきて、鶴瓶は「してない! 変なとこ押したんや!」と話す。メッセージの数を「30人ぐらいから一気にボーンって来た」と明かした。

 鶴瓶は、ふだんLINEを使わないというが、松嶋尚美は「LINEをやってない人の方が迷惑」と訴えていた。

 LINEはしないが、メールは使う鶴瓶は、さかなクンとのエピソードを披露。
 さかなクンから数kgの魚が頻繁に送られてくるのだが、食べきれずに困ったため「ええかげんにしてくれ」とメールをしたところ、「(さかなクンから)『ギョめんなさい』と返ってきた」と話して、スタジオを笑わせた。

 鶴瓶にはメールの距離感のほうがいいようだ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_3916ad3b3914 oa-flash_0_4bc0ee8ddb2d_人工知能がカラー化した「戦前モノクロ写真」凍った日常が蘇る 4bc0ee8ddb2d 4bc0ee8ddb2d 人工知能がカラー化した「戦前モノクロ写真」凍った日常が蘇る oa-flash

人工知能がカラー化した「戦前モノクロ写真」凍った日常が蘇る

2020年8月9日 16:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 戦前から戦後にかけての写真は、もっぱらモノクロです。カラーの写真に眼が慣れた私たちは、無機質で静止した「凍りついた」印象を、白黒の写真から受けます。このことが、戦争と私たちの距離を遠ざけ、自分ごととして考えるきっかけを奪っていないでしょうか?

 この「問い」から、カラー化の取り組みがはじまりました。私たちはいま、AI(人工知能)とヒトのコラボレーションによって写真をカラー化し、対話の場を生み出す「記憶の解凍」プロジェクトに取り組んでいます。

 カラー化によって、白黒の世界で「凍りついて」いた過去の時が「流れ」はじめ、遠いむかしの戦争が、いまの日常と地続きになります。

 そして、たとえば当時の世相・文化・生活のようすなど、写し込まれたできごとにまつわる、ゆたかな対話が生みだされます。

「記憶の解凍」プロジェクトは、2017年、広島の高校生だった共著者、庭田杏珠さんとの出会いから始まりました。平和活動に積極的に取り組んでいた庭田さんに、自動カラー化の技術を教えたのです。

 庭田さんは、現在は広島平和記念公園となっている「中島地区」に着目しました。かつてそこにお住まいで、原爆投下によりすべての家族をうしなった濱井徳三さんとの交歓とカラー化技術が庭田さんのなかで結びつきました。

 いまは「公園」となった場所は、かつての「繁華街」だったこと。そこにあった平和な暮らしが一発の原子爆弾によって永遠に失われてしまったこと。こうした事実から、平和の大切さを多くの人に感じてもらいたい。

 この庭田さんの想い、そしてカラー化写真から生まれた「対話」でよみがえった、濱井さんの記憶。そのようすを目の当たりにしたとき、「記憶の解凍」ということばが降りてきました。現在、私たちは共同で、この活動に取り組んでいます。

「記憶の解凍」は、AIとヒトとのコラボレーションです。
 まず、AI技術でモノクロ写真を「自動色つけ」します。AIは、人肌・空・海・山など、自然物のカラー化が得意です。一方、衣服・乗り物などの人工物は苦手で、不自然さが残ります。

「自動色付け」は、あくまで「下色付け」です。次に、戦争体験者との対話・SNSで寄せられたコメント資料などをもとに、手作業で色を補正していきます。この「色補正」は、とても手間のかかる地道な作業です。

 たとえば、「戦前の広島・本通り」の完成までには、数ヶ月かかっています。

「戦前の広島・本通り」着色前

「戦前の広島・本通り」着色後

 AIが判断できない人工物の色は、対話の内容や資料をもとに修正します。SNSで寄せられた情報をもとに、色補正することもあります。たとえば、映画『この世界の片隅に』の片渕須直監督からは「きのこ雲」の色合いなど、さまざまなご指摘をツイッターでいただき、大いに参考になりました。

 カラー化された写真の色彩は「実際の」色彩とは異なります。できる限りの「再現」を目指していますが、まだまだ不完全です。私たちは「過去の色彩の記憶をたどる旅」を、日々続けています。おそらく、永遠に終わらない旅です。



 以上、庭田杏珠氏・渡邉英徳氏の共著である『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社新書)をもとに再構成しました。戦前から戦後の貴重な白黒写真約350枚を最新のAI技術と、当事者への取材や資料をもとに人の手で彩色。カラー化により当時の暮らしがふたたび息づきます。

●『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』詳細はこちら

外部リンク

cat_oa-flash_issue_3916ad3b3914 oa-flash_0_a8e35be38c70_『乗りものニュース』名物記者の戦艦スクープ「幻の日本海軍艦」 a8e35be38c70 a8e35be38c70 『乗りものニュース』名物記者の戦艦スクープ「幻の日本海軍艦」 oa-flash

『乗りものニュース』名物記者の戦艦スクープ「幻の日本海軍艦」

2020年8月9日 16:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 乗りものに関する、気になる情報や最新ニュースが満載のウェブサイト『乗りものニュース』。各乗り物担当の名物記者たちが、心に残る記事を語った。今回は、戦艦だ。

●該当記事/
《戦艦「ヒラヌマ」空母「リュウカク」重巡「チチブ」…何者? 米軍記録に残る旧海軍艦》

「これは、米海軍の書類にのみ存在した、架空の旧・日本海軍艦について取り上げた記事です。実在していないのに、米軍の記録には登場する大型艦3種について、なぜそのような記録が残されたのか、リポートしました」(ミリタリー担当・柘植優介氏)

 実際には存在しない旧・日本軍の戦艦「ヒラヌマ」、空母「リュウカク」、重巡洋艦「チチブ」を、当時の米軍の資料・報道写真では、実在する艦として扱っていたという内容だ。

 米国内で戦意高揚の宣伝活動に利用するために、この誤った情報を使っていたことが原因だと考えられる。また、日本に対抗するための軍備増強の理由づけに用いられた側面もあったようだ。

 実在しない艦の記録がしっかりあるという、なんとも不可解な話だが、1/700スケールで模型化されたら、ちょっと嬉しいかもしれない。

画像提供・乗りものニュース編集部

(増刊FLASH DIAMOND 2020年8月20日号)

外部リンク