cat_oa-flash_issue_1324d155f815 oa-flash_0_1324d155f815_木村拓哉 芸能界デビューのきっかけは映画『トップガン』 1324d155f815 1324d155f815 木村拓哉 芸能界デビューのきっかけは映画『トップガン』 oa-flash

木村拓哉 芸能界デビューのきっかけは映画『トップガン』


 

 木村拓哉が6月15日放送の『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』で芸能界デビューのきっかけを明かした。

 

 リスナーから「人生を変えた映画」を聞かれた木村は、「なかなか選びづらいですけど」としつつ、『トップガン』をあげた。

 

「うわぁって興奮して、劇中に出てくるフライトジャケットを購入して浮かれていた自分が、親戚に名前を呼ばれて、振り返ったときに撮られた1枚が履歴書に貼られ……ジャニーズ事務所に送られたっていう」

 

 同作がジャニーズ入りのきっかけになるほど、大きな影響を及ぼしたという。さらにフランシス・フォード・コッポラ監督の『アウトサイダー』などをあげていた。

 

 木村は2011年7月29日放送の同番組では、おすすめの映画サントラ・べスト3を発表している。

 

 第3位は映画『フラッシュダンス』のサントラ。なかでも主題歌の『フラッシュダンス~ホワット・ア・フィーリング』に感銘を受けたことを熱弁。

 

 第2位は映画『ボディガード』のサントラ。主題歌のホイットニー・ヒューストン『オールウェイズ・ラブ・ユー』のホイットニーの息遣いが好きだという。

 

 そして、第1位は映画『アルマゲドン』のサントラ。木村が大好きなバンド・エアロスミスの『I Don’t Want To Miss A Thing』が起用されている。

 

 さまざまな作品に影響を受けてきた木村。今後、映画『検察側の罪人』『マスカレード・ホテル』と出演作が2作控えており、さらにファンを楽しませてくれそうだ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_1324d155f815 oa-flash_0_8208176f0e28_待ってろ東京五輪/自転車「梶原悠未」栄光の虹色ジャージ 8208176f0e28 8208176f0e28 待ってろ東京五輪/自転車「梶原悠未」栄光の虹色ジャージ oa-flash

待ってろ東京五輪/自転車「梶原悠未」栄光の虹色ジャージ

2020年8月6日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 東京五輪開催を信じて……日の丸戦士たちの、ブレないメダルへの思いとは--。アスリートたちが、「1年後への金言」を寄せてくれた。今回は、自転車の梶原悠未(23)だ。

 2019-2020シーズンは、W杯3戦で2勝。2月の世界選手権(ドイツ・ベルリン)の女子オムニアムで、落車するアクシデントもありながら、日本女子史上初の金メダルを獲得した梶原。延期となった東京五輪でも、有力なメダル候補として期待される。

「できれば、世界選手権に優勝した勢いのまま、今夏に開催してほしいという思いはありましたし、延期が決まったときは戸惑いもありました。ただ、ひと晩で切り替えました。

 いまは、『延びたぶんだけ準備の時間ができた』とプラスにとらえています。金メダルを獲るという目標は変わりませんし、そこに向けて集中するだけかなと思います」

 新型コロナウイルスの影響で、今後の大会の見通しは立っておらず、モチベーションを保つ難しさはあるが、「下を向いている暇はない」とも言う。

 1周250mのバンクを舞台におこなわれる、自転車トラック種目。なかでもオムニアムは、約3時間のうちに4レースをおこない、総合成績で争う、過酷な競技として知られる。

 本場はヨーロッパだが、155cmと小柄な梶原は、欧米の大柄な選手を向こうに、爆発的な加速力と緻密な戦略を武器に対抗する。世界選手権を制したことで、東京五輪では、世界王者だけが着用できる虹色のジャージ「マイヨ・アルカンシェル」を着られることも決まった。

「東京五輪で着られたらカッコいいと思っていたので、2021年10月の世界選手権まで “アルカンシェル” を着られるのは、すごく嬉しい。

 競技の魅力? 五輪競技最速のスポーツなので、スピード感ですね。絶対金メダルを獲って本を書いてみたいし、パレードもやってみたいです」

かじはらゆうみ 
1997年4月10日生まれ 埼玉県出身 155cm56kg 高校入学後に自転車競技を始め、筑波大、同大学院へと進学。トラック種目のオムニアム(複合)で、全日本選手権4度の優勝。W杯通算4勝。今冬の世界選手権で、日本女子として初優勝の快挙

取材&文・栗原正夫

(増刊FLASH DIAMOND 2020年8月20日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_1324d155f815 oa-flash_0_d08d79036ec6_鈴木保奈美、3人の娘がファッションにアドバイス「今っぽくない…」 d08d79036ec6 d08d79036ec6 鈴木保奈美、3人の娘がファッションにアドバイス「今っぽくない…」 oa-flash

鈴木保奈美、3人の娘がファッションにアドバイス「今っぽくない…」

2020年8月6日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 鈴木保奈美が、8月3日放送の『ノンストップ』(フジテレビ系)で秘話を語った。

 ドラマ『SUITS2/スーツ2』(フジテレビ系)では、ハイブランドのファッションを着こなす役柄のため、「人生で一番(ハイ)ヒールを履いています」というが、プライベートは「パンツスタイルとスニーカーが多い」と明かす。

 ふだんはスニーカーを履くなどカジュアルで「UT着ます。UTは優秀! エリの形も素材も」とユニクロのTシャツを絶賛。

 プライベートのファッションについては、3人の娘から「自分が思うほど似合ってない」「それは『今っぽくない』」などとアドバイスを受けるという。

「今の若い人はもう本当にYouTubeとかでいろんなものを見ているので、『今はこの眉毛おしゃれっぽい』とか、『ちょっと前と違う』とか教わります」

 母親としての自身については「すごい怒る。とてもここでは言えないぐらい怒ります」と告白。

「家族っていつもいいことばかりではないですから、ぶつかることもあるし。言わなくちゃいけないときもあるし」と、母親らしい面を見せた。

「それこそ私も完璧ではないので、正しい子供の教育がちゃんとできるわけではないので、怒った後に『やってしまった』と思うこともたくさんある」と振り返った。

 いまは中国語を勉強中で、「友達から『ひとりじゃできないから一緒にやろう』と言われて始めました。新しいことを習うのは面白い」とコメント。当面の目標は「中華街で中国人の店員さんに注文したい」と意欲を見せていた。

 娘からも刺激を受けつつ、新たな趣味に挑戦しているようだ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_1324d155f815 oa-flash_0_c908ac782a36_霜降りせいや、初デートの気まずい思い出「一人で観覧車に…」 c908ac782a36 c908ac782a36 霜降りせいや、初デートの気まずい思い出「一人で観覧車に…」 oa-flash

霜降りせいや、初デートの気まずい思い出「一人で観覧車に…」

2020年8月6日 20:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 霜降り明星のせいやが、8月3日放送の『霜降りミキXIT』(TBS系)で初めてのデートについて語った。

 せいやは、デート相手がエリという名前だったと告白。その名はサザンオールスターズ『いとしのエリー』から付けられていたので、同曲をデート先の大阪・海遊館で一緒に聞こうとして、事前に曲をダウンロードしていた。

 それを流して2人で聴いたところ、「オルゴールバージョンでものすごい変な空気になった」と回想する。

 デートでは、海遊館への入口で「好きやねん」と告白したが、「友達の弟にしか見えない」と言われてしまう。そのため、気まずくなり、それぞれが魚を見始めてしまった。結局、せいやは観覧車にひとりで乗って帰ったという。

 この残念な思い出を、広瀬香美が『告白のタイミングを間違えたったら間違えた』のタイトルで、その場でピアノを弾いて曲にしたところ、せいやは「青春時代が報われた」と感謝していた。

 一方、せいやは『いとしのエリー』を感情を込めて歌い、共演芸人から絶賛されるが、広瀬から「鼻につく。歌は誠実じゃないと」とダメ出しされていた。

 悲惨な思い出を語ったせいや。次こそは、ぜひいい恋をしてもらいたい。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_1324d155f815 oa-flash_0_33dd3ed9ef68_かまいたち濱家、Mr.マリックからマジックの腕前を絶賛される 33dd3ed9ef68 33dd3ed9ef68 かまいたち濱家、Mr.マリックからマジックの腕前を絶賛される oa-flash

かまいたち濱家、Mr.マリックからマジックの腕前を絶賛される

2020年8月6日 16:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 8月3日放送の『有田プレビュールーム』(TBS系)で、かまいたち・濱家隆一がカードマジックの腕前を見せた。

 マジック好きの濱家は、Mr.マリックに手品を見てもらい、「芸能人のなかでは1番じゃないか」と言われたという。

 真相をMr.マリックに聞くと、「タレントのなかで一番うまい。Mr.ハマックって名乗っていいよって言った」と証言した。

 濱家は、5年前にマジックにハマり、知り合いのマジックバーで客に見せたりしてきたという。「マジックブームの火付け役として、種火だけでも起こせるように頑張りたい」と宣言。

 さらに難易度の高いマジック「シンメトリーフォース」を練習し、スタジオで披露。有田哲平らを驚かせ、同番組でマジック企画を継続することになった。

 濱家は8月2日放送の『有吉ぃぃeeeee!~そうだ!今からお前んチでゲームしない?』(テレビ東京系)でもマジックを披露しようとするが、有吉弘行から「俺、トランプマジック一番嫌い」とバッサリ。それでもマジックを見せ、カードを口から出すふじいあきらのマネもして絶賛されていた。

 濱家が、自身の言葉どおり、マジック界をけん引する存在となれるのか注目だ。

外部リンク

cat_oa-flash_issue_1324d155f815 oa-flash_0_65a2fb784707_女子アナ日下千帆の「美女は友達」世界の海をめぐる水中リポーター 65a2fb784707 65a2fb784707 女子アナ日下千帆の「美女は友達」世界の海をめぐる水中リポーター oa-flash

女子アナ日下千帆の「美女は友達」世界の海をめぐる水中リポーター

2020年8月6日 16:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 夏らしい小麦色の肌で登場してくれた今回の美女は、水中リポーターの稲生薫子さんです。

「今は海に行けないので、これでも白い方なのですよ。いつもはもっと日焼けしています。ただもともとは色白だったので、昔の写真は別人のようです」

 成蹊大学在学中は、アナウンサーを目指して就職活動を続けていましたが、地方局の最終面接で惜しくも内定を逃し、SUBARUのスバルスターズメンバーとして、ショールームやモーターショーなどで活躍されていました。

東京モーターショーにて

 その頃、趣味で始めたダイビングにすっかりハマってしまい、スバルスターズ卒業後は、「好き」と「できる」を掛け合わせたことを仕事にしようと、自ら水中リポーターと名乗るようになりました。

「費用をかけずに世界中の海に潜れる人がうらやましいと思い、水中モデルやリポーターの募集を探してみたのですが、そのような職種が存在しなかったため、自分で作ってしまいました」

 素晴らしいですね。仕事をつくり出せる人こそが、仕事ができる人の頂点です。

「ダイビングでは、これまでに使用したボンベの本数で経験の程度を表すのですが、『ようやく一人前』とされる100本目のダイビングは、ミクロネシアにあるジープ島に行くと決めていました。

 友人8人で3日間、島を貸し切り、夜は浜辺にビーチチェアを置いて、波の音をBGMに眠りました。頭上には数えきれないほどの星が広がっていて、ありえない美しさでした」

 1年のうち300日ほどは国内外で潜り、昨年も沖縄、トンガ、バハマ、メキシコ、スリランカと世界の海を泳ぎ回っていたそうです。

「誰かに何かのきっかけをつくれる仕事がしたいと考え、海のツアーを企画しています。たとえば、クジラを見て、夢が叶ったと泣いていらっしゃったゲストが、翌年以降もツアーに参加しつづけてくださったことがありました。

 また、今年の1月からは、環境について考えるきっかけを子供たちに持ってほしいと考え、オンラインコミニュティ『HERE』の活動を始めました。海に捨てられたプラスチックがどれだけ海の生物を苦しめているのかなど、サロンメンバーとともに、わかりやすく伝えていきたいと思っております」

御蔵島にて

 海の生物との一期一会が好きだという稲生さんですが、次に会ってみたいのはシャチだそうです。

「海外に出られるようになったら、メキシコにリサーチに行く予定です。シャチのショーを見て感動して泣くほどシャチが好きなのです。クジラの子供を食べてしまうシャチが、人間を乗せてショーをするなんて、よほどの信頼関係がないとできないことなのですよ」

 シャチと泳ぐ旅は、将来ツアー化も考えているそうですが、大きなシャチと一緒に泳ぐのは、少々、勇気が必要かと思います。

 稲生さんが海の生物と戯れている様子は、8月8日放送の『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)で取り上げられる予定です。海水浴も自粛モードなこの夏は、美しい海を映像で楽しみたいと思います。

●日下千帆(くさかちほ)
 1968年、東京都生まれ。1991年、テレビ朝日に入社。アナウンサーとして『ANNニュース』『OH!エルくらぶ』『邦子がタッチ』など報道からバラエティまで全ジャンルの番組を担当。1997年退社し、フリーアナウンサーのほか、企業・大学の研修講師として活躍。東京タクシーセンターで外国人旅客英語接遇研修を担当するほか、supercareer.jpで個人向け講座も

撮影協力/プリンスアンドプリンセス

外部リンク

cat_oa-flash_issue_1324d155f815 oa-flash_0_9c254066322a_【ロト7】ロト探偵・工藤のイメージング推理(8/7・8/14) 9c254066322a 9c254066322a 【ロト7】ロト探偵・工藤のイメージング推理(8/7・8/14) oa-flash

【ロト7】ロト探偵・工藤のイメージング推理(8/7・8/14)

2020年8月6日 16:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

「空白域(※1)は、(19)(20)(21)と(28)(29)(30)。ケチャップ数字(※2)は、13回ぶりに出た(24)と、前回に引き続きの(37)。

 1月17日に出たのが最後になっている(28)が最有力。それ以外では、直近30回で出現3回以下の(02)(12)(21)(37)も有力。特に今年出現1回の(12)が狙い目です」(ロト探偵・工藤氏)

 キャリーオーバーが13億円超。チャンスです!

※1空白域/3つ以上の続き数字での本数字出現が直近10回で、ロト7は2回以下の領域
※2ケチャップ数字/久々に出現した数字。続けて出るケースが多い

【ロト7 第380回:8/7(金)& 第381回:8/14(金)予想数字】
・(01)(06)(17)(24)(28)(31)(37)
・(02)(06)(16)(19)(24)(25)(37)
・(02)(12)(22)(25)(29)(30)(36)
・(02)(13)(18)(20)(28)(29)(35)
・(03)(07)(14)(21)(28)(30)(36)
・(03)(11)(12)(24)(27)(29)(34)
・(04)(15)(20)(21)(26)(31)(37)
・(05)(18)(19)(21)(26)(28)(32)
・(08)(12)(19)(20)(27)(28)(32)
・(09)(12)(16)(23)(28)(30)(33)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_1324d155f815 oa-flash_0_6465e4d72ee7_いま熱い「駅そば」の独立経営系/JR東日本・信州そば本陣 6465e4d72ee7 6465e4d72ee7 いま熱い「駅そば」の独立経営系/JR東日本・信州そば本陣 oa-flash

いま熱い「駅そば」の独立経営系/JR東日本・信州そば本陣

2020年8月6日 11:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 駅ナカの発達、ファストフード店やコンビニエンスストアの増加……旧態依然では、運営が難しくなっている駅そば。情熱と創意工夫に満ちた「個性派店舗」を、ご紹介! チェーン展開をしていない、独立系駅そばからも目が離せない。

●信州そば本陣(JR東日本)
・実食店舗/JR山手線ほか新宿駅改札外
・店データ/
 新宿駅のJR東口改札近くにある「信州そば本陣」は、便利な立地とメニューの豊富さが特徴。
・これが美味い!/辛味肉そば(560円)
 辛味肉そばは、豚バラ肉とラー油のコンビネーションでほどよい辛さに仕上げるとともに、丼全体に一体感をもたらす名作で、納得のロングセラー化を果たしている。

取材&文・鈴木弘毅
道の駅、日帰り温泉なども研究。最新刊は『台湾 “駅弁&駅麺” 食べつくし紀行』(イカロス出版)

※価格は取材店舗のもので、すべて税込みです

(週刊FLASH 2020年7月14日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_1324d155f815 oa-flash_0_850c50538a18_『ラブライブ』で人気「小宮有紗」素の自分を初出し 850c50538a18 850c50538a18 『ラブライブ』で人気「小宮有紗」素の自分を初出し oa-flash

『ラブライブ』で人気「小宮有紗」素の自分を初出し

2020年8月6日 11:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

「私のことを、たくさん知ってもらえる一冊にしたかったんです」
 女優業に加え、『ラブライブ!サンシャイン!!』から生まれた声優ユニット「Aqours」のメンバーとしても活動する小宮有紗が、デビュー10周年を機にフォトスタイルブック『io(イオ)』を発売する。

「もともと自分のことを、SNSにもあまり上げたことがなかったんですね。女優業もしているので、『前もってイメージがついちゃうより、まっさらな状態で見てもらったほうがいいのかな』って思っていたこともあって。

 でも今回は、ふだんやライブのときに、どういうメイクをしているかとか。あと、自作の料理のレシピを載せたり、どういう生活スタイルをしているかとか。素に近い部分を、初出ししています」

 撮り下ろしページも、これまでやってきたグラビアとは「全然違うもの」になった。

「私的にいちばんのお気に入りは、泡風呂の写真ですね。ずっと憧れていて、『ぜひやりたい』ってお願いしました。だから、楽しんでいるのがわかると思います(笑)。

 ランジェリーの写真は挑戦でもあるんですけど、かわいらしさを出しつつ同時に大人っぽさも出せるのって、いまの年齢、26歳になったからでしょうし。そういう変化を見てもらえたらと思います」

こみやありさ
26歳 1994年2月5日生まれ 栃木県出身 T164 2012年特撮ドラマ『特命戦隊ゴーバスターズ 』のイエローバスター役で人気に。2015年、アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』の黒澤ダイヤ役で声優としても活躍。同作のスクールアイドルユニット「Aqours」として、2018年には『紅白歌合戦』の舞台に立つ。主演映画『13月の女の子』が、2020年8月15日より東京・池袋シネマロサほかで公開。そのほか最新情報は公式ツイッター(@box_komiyaarisa)、公式インスタグラム(@arisakomiya_official)にて

写真・山越翔太郎
スタイリング・武田亜利紗
ヘアメイク・村上綾

※小宮有紗1stフォトスタイルブック『io(イオ)』が光文社より8月5日に発売

(週刊FLASH 2020年8月11日号)

外部リンク

cat_oa-flash_issue_1324d155f815 oa-flash_0_8bc3c0c1a472_はあちゅう&しみけん「家族会議」好かれる努力は必須だけど… 8bc3c0c1a472 8bc3c0c1a472 はあちゅう&しみけん「家族会議」好かれる努力は必須だけど… oa-flash

はあちゅう&しみけん「家族会議」好かれる努力は必須だけど…

2020年8月6日 11:00 Smart FLASH[光文社週刊誌]

 2018年7月に事実婚を発表し、2019年9月に長男が誕生した、はあちゅうとしみけん。活躍する業界もファン層も違う異色夫婦が、「これ、どうする?」「あれ、どう思ってる?」と赤裸々に語り合う本誌連載「家族会議 議事録」の第46回。

 今回のテーマは、大きく意見が分かれそう……。はあちゅうの日ごろの疑問を、しみけんにぶつけます。



はあちゅう「つねづね聞きたいと思ってたんだけど、どうしてけんちゃんは、うんちの状態を、いちいち私に報告してくるの?」

しみけん「(笑)」

はあちゅう「『今日はびちびちだった』とか、『今日は1本気持ちいいのが出て、ティッシュにつかなかった』とか。ティッシュが必要なかったことに対する、こだわりが強すぎ」

しみけん「男は報告するでしょ」

はあちゅう「そんなことないよ(笑)」

しみけん「2つ理由があると思う。ひとつは、幼少期に『上手にできたね』って親に褒められた記憶が残ってて、嬉しさで報告するというもの。性教育の本に載ってた」

はあちゅう「もうひとつは?」

しみけん「ライオンもそうなんだけど、『ニオイの強いクソをするのは強いオス』なんだよね」

はあちゅう「どういう意味?」

しみけん「動物って糞をしてるときが、いちばん無防備で弱い状態だけど、強い動物ほどニオイが強い。だから、強さの象徴なの」

はあちゅう「それ報告するのって私だけ? 友達とかにも言うの?」

しみけん「トイレから出て目の前にいた人には、だいたいするよ。現場でも、もちろん。とくにスタッフさんは、よく聞かされてるね」

はあちゅう「びちびちのときも?」

しみけん「うん、必ず。便器まで連れてったこともあるよ。『ギャー』って言ってた」

はあちゅう「状態のいいときだけじゃなくて、悪いときも報告するんだ……」

しみけん「聞いてもらって、『ああよかった』と思うまでが、うんこ。『家に着くまでが遠足』みたいな感じ」

はあちゅう「けんちゃんが、すっごい堂々とおならするのも、同じこと?」

しみけん「そうだね。『くさいものを出しても平気でいられる、俺の精神の強さを見よ』みたいな。それで相手が『くさい!』って言ったら、喜んじゃう」

はあちゅう「……これって、うちの旦那だけ!? 読者の方にも聞いてみたい。あともうひとついい? けんちゃん、いま医療脱毛に通ってるよね」

しみけん「うん」

はあちゅう「その下処理の剃毛を私がやってるよね。股間の穴周りも、玉周りも、私が全部毛を剃って……」

しみけん「自分だとできないし、エステだと断わられるか、追加料金とられるからね」

はあちゅう「嫌ってわけじゃないんだけど、これも世の夫婦はどうしてるのかなって」

しみけん「読者さんの声、聞きたいね」

はあちゅう「だって私、今までの人生で人のお尻の穴を、あんなまじまじと見たことなかったから……。あんなに、かき分けないといけないんだって……」

しみけん「彼女や妻の脇毛を抜いてあげてる男もいるよね」

はあちゅう「そうなんだ!」

しみけん「『ケツ毛の処理をしてください』と頼める男と、『いいよ』って言ってくれる女がマッチングする。もし、そこで嫌だと感じてしまうようなら、2人はずいぶん手前で意見がかち合ってるってことだから、そもそもカップルにならないんじゃないかな。

 僕だって、もし女性にケツ毛を剃ってとお願いして『自分でやって』と言われたら、つき合わないもん」

はあちゅう「関連する話でいえば、旦那さんは奥さんに脇を脱毛してほしいんだけど、奥さんとしては『毛を生やすかどうかは私の自由だから、干渉しないでくれ』と。

 旦那さんとして、正直きれいになってほしいけど、あんまり強く言うと奥さんが嫌がるから言えないーーみたいな」

しみけん「なるほど」

はあちゅう「もうひとつ。前にツイッターで話題になってたのが、奥さんがロングヘアをショートに切ろうとしたとき、美容師さんが奥さんに『旦那さんの許可得てる?』って聞いてきたと。

『なんで旦那の許可がないと、自分の髪の毛も切れないんだ』っていう違和感ね。こうなってくると、女性の言い分が正しいかなと思う」

しみけん「『水曜日のダウンタウン』のドッキリ企画で、パンサーの尾形さんの奥さんが、『坊主にしたい』って言い出すってやつがあったよね。そしたら尾形さんが、『絶対に嫌だ』と必死で止めてた。

『女で坊主って超やべーぞ』『やばくないよ』『やばいから世の中にいないんだ』ってやり取りからの、『抱けなくなるから嫌だ』と言った尾形さんに、フェミニズム的な見地から異議を唱えた声があったってね。夫の性のために髪型を決めてるわけじゃないぞ、と」

はあちゅう「最終的には、ネットの人の意見は関係なくて、夫婦間の問題だよね。もちろん奥さんの髪型は奥さんの自由だけど、それで旦那が性的に興奮できなくなる、ってことだろうから。

 カップルとか夫婦って、お互いが好意を向けられるように努力する、契約みたいなもの。そこには努力義務が発生するんじゃないかな」

しみけん「ところではあちゅう、僕のケツ毛剃ってるとき、動画撮ってたよね」

はあちゅう「ネタにでも、しないとさ……」

しみけん「喜んでたじゃん」

はあちゅう「喜んでないよ! 『今日も帰ったら剃らなきゃいけないのかー』って、動物園の飼育員みたいな気持ちだよ、私は……」

はあちゅう
1986年、神奈川県生まれ 慶應大学在学中より、ブロガー活動を開始。2014年フリーに。近著に『わくわくする未来をつくるためのお守り言葉』『子供がずっと欲しかった』がある

しみけん
1979年、千葉県生まれ 1998年にデビューし、出演本数は約1万本の現役AV男優。近著に『AV男優しみけん仕事論0.01 極薄!』(扶桑社)がある

写真・木村哲夫
取材/構成・稲田豊史

(週刊FLASH 2020年8月18・25日号)

外部リンク