cat_oa-dognews_issue_ca4d0a248e30 oa-dognews_0_ca4d0a248e30_寒い時期になると……フワフワ犬がパパさんのお布団に大変身♡ ca4d0a248e30 ca4d0a248e30 寒い時期になると……フワフワ犬がパパさんのお布団に大変身♡ oa-dognews

寒い時期になると……フワフワ犬がパパさんのお布団に大変身♡

2021年1月23日 19:00 いぬのきもちNEWS

パパさんの上に乗っかっているポメラニアンのモチちゃん♪
冬の寒い時期になると、体温が38度もあるモチちゃんはまるでお布団のように暖かいのだそう。

パパさんとじゃれあいながらお布団の役割を果たすモチちゃん♡
最後はパパさんにパンチをしちゃう、おちゃめな一面もあるのでした!

参照/YouTube(寒い日はポメラニアン布団でおやすみなさい【モチ】)

文/木村ジョンソン千鶴

外部リンク

cat_oa-dognews_issue_ca4d0a248e30 oa-dognews_0_6ad0828d2c4d_コロナ禍以降、精神的につらい時期が…「愛犬に救われた」と感じた飼い主さんの実話 6ad0828d2c4d 6ad0828d2c4d コロナ禍以降、精神的につらい時期が…「愛犬に救われた」と感じた飼い主さんの実話 oa-dognews

コロナ禍以降、精神的につらい時期が…「愛犬に救われた」と感じた飼い主さんの実話

2021年1月23日 19:00 いぬのきもちNEWS

新型コロナウイルスは、私たちの生活にさまざまな影響を与えていますよね。なかなか終わりが見えずに、不安な日々を過ごしている人も少なくないでしょう。


Q1.コロナ禍以降、精神的につらくなったことがある?

引用元:いぬのきもちWEB MAGAZINE 犬の飼い主さんへ「コロナ禍以降の気持ちの変化」に関するアンケートvol.02 200件の回答
今回いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、飼い主さん200名に「コロナ禍以降の気持ちの変化」に関するアンケート調査を実施。まず、「コロナ禍以降、精神的につらくなったことがあるか」という質問をしてみたところ、飼い主さんの約3割が該当しました。


Q2.愛犬の存在によって支えられたと感じる出来事はある?

引用元:いぬのきもちWEB MAGAZINE 犬の飼い主さんへ「コロナ禍以降の気持ちの変化」に関するアンケートvol.02 200件の回答
さらに、上記で「つらくなったことがある」と回答した人たちに、「愛犬の存在によって支えられたと感じる出来事などはあったか」を尋ねてみると、88%の人が該当する結果になりました。


コロナ禍以降、飼い主さんが「愛犬の存在に救われた」と感じた出来事とは

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
では、コロナ禍以降に飼い主さんはどのような場面で「愛犬の存在に救われた」と感じたのかを聞いてみると、さまざまなエピソードが寄せられました。


気持ちがまぎれる

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
外出自粛期間が続いた時期に不安を感じたり、この先のことがわからずに心配が募ってしまったり…そんなときに、愛犬がそばにいてくれたことで気持ちがまぎれたという声が寄せられています。


・「職場が感染予防で休業になり、この先の事が心配でしたが、愛犬の世話をしている時は気がまぎれ気持ちが塞ぎっぱなしにならずに救われました」

・「色々と考えて病んでしまった時にそばに居てくれたり、夜に寂しくなった際に引っ付いてくれるから」

・「毎日ただ側にいてくれるおかげで嫌な事を忘れられる」

・「辛いときに一緒にそばに居て、いびきをかきながら寝てたりする」

・「どうしても気持ちが沈んでしまいマイナス思考になっても、どんな天気の時でも楽しそうにお尻を振り振り歩く姿を見て、このコがこうして私と一緒に歩いてくれるならあとはどうでもいいやと思わせてくれました。散歩大好きな我が子のおかげで外に出られました」

・「外出が制限されていても、愛犬と過ごす事で、憂うつな気持ちが和らぎます。愛犬に毎日癒されています」

・「家に引きこもりがちだったが、思いきってドッグランにいったら、嬉しそうに走り回り、こちらまで楽しい気分になった」

・「外出は、常に愛犬の散歩のみなので救われましたよ」



毎日癒される

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
コロナ禍で大変なこともたくさんあるけれど、愛犬がいてくれて毎日癒されているという声も。


・「コロナ禍の少し前に人生初めて子犬を迎えて、毎日が本当に癒されて愛犬に感謝しております」

・「愛犬の姿で癒されています」

・「2頭が無邪気にじゃれあっている姿に笑えて救われています」

・「特別なことではありませんが、遊んでいる姿、眠っている姿、おいしそうにごはんを食べる姿、全てが癒しになっています。ワンコを飼っていなかったらコロナ禍の自粛生活はもっと厳しかったと思います」

・「いつも以上にスキンシップや構う事が増えているようで、2頭とも満足そうにしている姿に癒されます」

・「くっついている温もりで緊張が和らぎ癒された」

・「医療従事者ではないが、病院勤めなので、色々気を使うしプレッシャーや怖さも感じて精神的に疲れて帰宅すると、愛犬の嬉しそうな顔やら喜びの舞いに癒されます。甘えて来る愛犬の姿を見るとホッとします」

・「自粛中、子どもが2人騒ぎまくっているなか、イライラしている私をペロペロしてなだめてくれる」



愛犬の存在の大きさを改めて実感

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
家で過ごす時間が多くなって、愛犬の存在の大きさを改めて実感している人もいるようです。


・「家で過ごす時間が以前より多くなり、精神的に支えられてる事を改めて感じた」

・「あまり外食や飲み会など出かけられなくなったので、憂さ晴らし出来なくストレスが溜まりますが、家に居る機会が増えて、わんこと遊んでるとこのコに本当に支えられてるなぁと改めて思いました」

・「飲みに行くのが好きだったけど、自宅で過ごす時間が増えて、愛犬といられれば幸せだと思えた」

・「いつも救われている! 嫌な思いになったときに、愛犬の視線を感じて気分が変わったり
撫でて癒されたり、いつも」

・「いつでも寄り添ってくれるから。自分が必要な存在だと気付かさせてくれる」

・「くーんと鳴いて甘えてきたり元気に走り回ったり、存在そのものがほっこりします」



愛犬のために頑張ろうと思える

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
つらいこともあるけれど、愛犬のために頑張ろうと思えるといった声も寄せられています。


・「どんなに疲れて帰ってきても、愛犬が大好きーって出迎えてくれるから、明日も頑張ろうと思えた」

・「愛犬のためにしっかりしなければと思った」

・「お迎えして数カ月でコロナ騒ぎになってしまい、家族が在宅勤務になったりと環境の変化についていけず無気力になったこともありましたが、そんな隙も与えないくらいヤンチャな子犬パワーであっという間に今に至ります(笑)」



人との繋がりができた

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
コロナ禍で新しく人との繋がりを作ることは難しいことも多いですが、愛犬と散歩に行くことで人との繋がりを感じられるようになった人もいるようです。


・「春に主人の転勤で生まれ育った場所から遠く離れた場所に引っ越しました。その直後からコロナの感染が拡大し、新しい土地で友達作りや職探しもできず、帰省もできないので、主人以外の誰とも会えずにずっと家に引きこもる生活が続き、マイナス思考に陥っていました。

その時に新しい家族として愛犬を迎え入れ、日々しつけやお世話に追われて、いつの間にか塞ぎ込んでいた気持ちが前向きになりました。今ではお散歩ですれ違う人達と挨拶したり言葉を交わしたりできるようになりました」

・「コロナ禍直前で我が家の家族になったので、春になった頃、予防注射も終えて散歩開始時期に。近所のワンコと共に散歩が出来て、身も心も愛犬の存在に救われました」



引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
愛犬がただそばにいてくれたり、元気に過ごしている姿を見るだけで救われている人もいるようです。新型コロナウイルスの影響はいつまで続くかわかりませんが、愛犬と一緒に過ごせる日々に感謝しながら、共に乗り越えていきたいですね。


『いぬのきもちWEB MAGAZINEアンケート 犬の飼い主さんへ「コロナ禍以降の気持ちの変化」に関するアンケートvol.02』
※アンケートコメントはあくまで個人の感想です。
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/雨宮カイ

外部リンク

cat_oa-dognews_issue_ca4d0a248e30 oa-dognews_0_917d970e1ba0_急成長中のハスキーの子犬 「生後2カ月→7カ月」のビフォー・アフターに感動 917d970e1ba0 917d970e1ba0 急成長中のハスキーの子犬 「生後2カ月→7カ月」のビフォー・アフターに感動 oa-dognews

急成長中のハスキーの子犬 「生後2カ月→7カ月」のビフォー・アフターに感動

2021年1月23日 17:00 いぬのきもちNEWS

犬の成長はあっという間ですよね。日々撮りためていた写真を見てみると、「いつの間にこんなに大きくなったの!?」と驚くこともあるでしょう。

Twitterユーザー@husky_jonsnowさんの愛犬・じょんすのーくん(♂・0才/シベリアン・ハスキー)の「生後2カ月→7カ月」の成長ビフォー・アフターの様子に、思わず感動してしまうんです。


生後2カ月のじょんすのーくん

引用元:@husky_jonsnow
こちらが、生後2カ月頃のじょんすのーくん。凛々しさもあるけれど、顔つきはまだまだ幼いですね! ちょこんと座る姿もなんとも愛らしいです。

子犬感がすごいじょんすのーくんですが、その4カ月後には…


生後6カ月のじょんすのーくん

引用元:@husky_jonsnow
まだ生後6カ月ですが、こんなにたくましい体つきに! たった数カ月ではありますが、その成長ぶりに驚きです。凛々しさがさらに増して、キリッとした大人な顔つきになっています。

こうやって写真で見比べてみると、じょんすのーくんの成長をしっかりと感じることができますね。


生後2カ月のじょんすのーくん

引用元:@husky_jonsnow
別の写真でも成長を比較してみましょう。こちらは、生後2カ月頃のじょんすのーくん。大きなケージの中に入っていますが、まだだいぶ余裕があります。それが4カ月経つと…


生後6カ月のじょんすのーくん

引用元:@husky_jonsnow
天井に耳がつきそうな勢いです! じょんすのーくんの成長に合わせてケージもさらに大きくなりましたが、じょんすのーくんの体が大きくなっていることがよくわかります。


さらに1カ月経過、生後7カ月のじょんすのーくん

引用元:@husky_jonsnow
そしてさらにその1カ月後、生後約7カ月のじょんすのーくんがこちら! たった1カ月ではありますが、お顔がひょこっと出るまで大きくなったようです。もう少ししたら、ケージを飛び越えてしまうかも…? 成長スピードに驚くばかりです。


現在もすくすくと成長中! じょんすのーくんについて、飼い主さんに話を聞いた

引用元:@husky_jonsnow
すくすくと成長しているじょんすのーくん。短期間での見事な成長ぶりには、思わず感動してしまいますよね。いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、じょんすのーくんについてもっと知るべく、飼い主さんにインタビューを行いました。


引用元:@husky_jonsnow
ーー2カ月の頃と比較するとだいぶ大きく成長しましたね! 飼い主さんから見て、じょんすのーくんの「こんなところが成長した」と思う部分はどんなところですか?


飼い主さん:
「もう完全に見た目の急成長ぶりですね! みるみるうちに体格がよくなり凛々しくなりました!」


ーー本当に急成長ですよね。ここまでたくましく育ってくれると嬉しいですよね!


じょんすのーくんはどんなコ?

引用元:@husky_jonsnow
ーー現在、じょんすのーくんは生後約7カ月ですが、どんなコに成長しましたか?


飼い主さん:
「見た目はかわいい&かっこよくて、もの覚えがよく頭もいいのに、少し天然くんですね。基本は甘えん坊で、人間も犬も鳥も葉っぱも大好きなやんちゃ坊主です。顔はオオカミ系なのに、少し天然だったり甘えん坊だったり…ギャップ萌えがすごくて、毎日キュンキュンさせられてます!」


引用元:@husky_jonsnow
ーーたしかに、キュンキュンせずにはいられないです♪


飼い主さん:
「私には、じょんすのーのおでこがハートマークに見えるのですが…そこがチャームポイントですね。あとは親バカですが、ただひたすらにイケワンです(笑)」


今までで印象に残っている出来事は?

引用元:@husky_jonsnow
ーーじょんすのーくんをお迎えしてから今までで、印象に残っている出来事はありますか?


飼い主さん:
「血統書が届いて、瓜二つな同胞の兄弟や、美男美女揃いな異母兄弟やいとこを見つけられたのは嬉しかったです。ほぼみんな遠くにいて、まだ出会えてはいませんが…」


ーーいつか会えるといいですね♪


シベリアン・ハスキーの魅力は?

引用元:@husky_jonsnow
ーー最後に、飼い主さんが思う「シベリアン・ハスキーの魅力」について教えてください。


飼い主さん:
「個人的な思いですが、シベリアン・ハスキーは、そこにいるだけでパワースポットになるような犬だと思います。そして、パピー期が大大大天使です!」


引用元:@husky_jonsnow
今後の成長もとっても楽しみなじょんすのーくん。飼い主さんのTwitterには、日常の様子などがたくさん綴られているので、ぜひ覗いてみてくださいね!


参照/Twitter(@husky_jonsnow)
取材・文/雨宮カイ

外部リンク

cat_oa-dognews_issue_ca4d0a248e30 oa-dognews_0_d4e616070117_犬の多頭飼いで一緒に散歩…安全なの? 起こりがちな「リードトラブル」 d4e616070117 d4e616070117 犬の多頭飼いで一緒に散歩…安全なの? 起こりがちな「リードトラブル」 oa-dognews

犬の多頭飼いで一緒に散歩…安全なの? 起こりがちな「リードトラブル」

2021年1月23日 17:00 いぬのきもちNEWS

犬の多頭飼いをしていると、飼い犬みんなで一緒にお散歩することもあるかと思います。多頭飼いの飼い主さんから聞く話で多いのが、「リードが絡まってしまう」というもの。ありがちなトラブルですが、安全面について気になりますよね。

この記事では、犬の多頭飼いの散歩で起こりがちなリードトラブルについて、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。


複数頭の犬を一緒に散歩させることで起こりうるトラブル

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
ーー犬の多頭飼いでは、飼い犬みんな一緒にお散歩に行く人もいますよね。そのときに、犬同士のリードが絡まってしまう…という話をよく聞きます。散歩時にリードが絡まる危険性について教えてください。


いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「犬同士のリードが絡むと、リードの動きが制限されるために愛犬が歩きづらくなります。そして絡んだリードが飼い主さんの足元にきて、転ぶことが最も危険で心配です。飼い主さんが転ぶと愛犬も巻き込まれる可能性があるので、十分に注意が必要です」


ーー人通り、車通りの多いところなどで転倒してしまったらと考えると、とても恐ろしいですね。


犬の多頭飼いで安全に散歩するためのポイント

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
ーー犬の多頭飼いで安全に散歩するためのポイントはなんでしょうか?


獣医師:
「犬の大きさにもよりますが、飼い主さんひとりであれば安全に散歩できるのは2頭までではないでしょうか。2頭であればリードが絡んでもすぐに解消できるかと思います。

2頭以上となると、愛犬たちを車などの危険から守り、誤食がないように注意し、排便・排尿による健康状態の確認をすることなども含めると、目が行き届かないと思います」


ーーとっさの出来事に対応するときにも、頭数が多いのは大変ですよね。


獣医師:
「そうですね。愛犬が倒れたときやケガをしたとき、見知らぬ犬に飛びかかられたなどで急に抱き上げたりが必要なときは、多くの犬を連れていると対応ができなくなる恐れがあります。

複数同時に散歩することで、飼い主さん自身の足回りも歩きづらく、転んでしまうこともあり危険でしょう」


大きさの異なる犬同士の散歩は危険なことも

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
ーー小型犬、大型犬など、大きさの異なる犬を同時に散歩させている飼い主さんを見かけることがありますが、安全性についていかがでしょうか?


獣医師:
「大きさの異なる犬同士の散歩もおすすめできません。小型犬と大型犬ではリードの長さも違いますし、歩幅や散歩に必要な時間もまったく違います。途中から小型犬を抱いている方もよく見られますが、手がふさがってしまうことで愛犬たちを守るための危険回避行動ができなくなることもあります」


ーー小型犬と大型犬だと引っ張る力の強さも大きく違うので、コントロールもしづらそうですね。


獣医師:
「できれば同じ体格の2頭を散歩するほうが安全に散歩できると思います。複数飼育している方で、2頭ずつのグループに分けて散歩している方もいます。

もし複数での散歩をする事情があるのであれば、愛犬たちのリードをコントロールできるか、いざというときに愛犬たちを守れるか、安全に散歩ができるかを考えてみてほしいと思います」



(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください
取材・文/sorami

外部リンク

cat_oa-dognews_issue_ca4d0a248e30 oa-dognews_0_b4eedbaec723_イタズラを怒られた大型犬、「納得いっていない」風な表情を見せる(笑) b4eedbaec723 b4eedbaec723 イタズラを怒られた大型犬、「納得いっていない」風な表情を見せる(笑) oa-dognews

イタズラを怒られた大型犬、「納得いっていない」風な表情を見せる(笑)

2021年1月23日 11:00 いぬのきもちNEWS

ちょっとイタズラをしてしまった、グレート・ピレニーズのアランくん。
お兄さんに注意されます。

その後、おりこうさんにイタズラをやめたアランくんですが、
アランくんのなかでは「自分より下」だと思っているお兄さんに怒られて、
この表情……
納得していないように見えます(笑)

それでも、最後はお兄さんにたくさんなでられて、笑顔のアランくんでした♪

参照/YouTube(息子(格下)に怒られて腑に落ちたような落ちないような顔をするアラン Great Pyrenees グレートピレニーズ)

文/kate

外部リンク

cat_oa-dognews_issue_ca4d0a248e30 oa-dognews_0_a83bd74733ef_大好きなパパさんが帰ってきた!キラキラした目で駆け寄る♡可愛すぎる豆柴 a83bd74733ef a83bd74733ef 大好きなパパさんが帰ってきた!キラキラした目で駆け寄る♡可愛すぎる豆柴 oa-dognews

大好きなパパさんが帰ってきた!キラキラした目で駆け寄る♡可愛すぎる豆柴

2021年1月23日 11:00 いぬのきもちNEWS

パパさんが大好きな豆柴の福ちゃん。

思わぬタイミングでパパに会えると……
全身で喜びを表現!

「パパが帰ってくる」という言葉にも、ワクワクとしたリアクションを返してくれます。
キラキラした目でパパにかけよる姿、かわいすぎです!

参照/YouTube(豆柴福 お散歩中にパパが突然帰って来た時の反応が可愛いすぎる!)

文/kagio

外部リンク

cat_oa-dognews_issue_ca4d0a248e30 oa-dognews_0_fd4e4ae75ddf_愛犬が「ヘソ天」「仰向け寝」を目撃した飼い主さんは何割?その時の犬のキモチは? fd4e4ae75ddf fd4e4ae75ddf 愛犬が「ヘソ天」「仰向け寝」を目撃した飼い主さんは何割?その時の犬のキモチは? oa-dognews

愛犬が「ヘソ天」「仰向け寝」を目撃した飼い主さんは何割?その時の犬のキモチは?

2021年1月23日 11:00 いぬのきもちNEWS

犬がおなかを出してゴロンと寝転がるしぐさは、犬好きさんの間で「ヘソ天」「仰向け寝」などと呼ばれていますが、このとき犬はどのような気持ちなのでしょうか?
今回は、犬が「ヘソ天」「仰向け寝」するときの気持ちについて解説します。

まずは、いぬ・ねこのきもち公式Twitterで実施した、「ヘソ天」「仰向け寝」に関するアンケート結果から見ていきましょう!

愛犬は「ヘソ天」「仰向け寝」をする?

引用元:いぬ・ねこのきもち公式ツイッターでのアンケート 2020年11月26日実施 回答数143
いぬ・ねこのきもち公式Twitterで、「愛犬は『ヘソ天』『仰向け寝』をしますか?」というアンケートを実施したところ、76.2%の飼い主さんが「する」と回答。「する」と回答したかたからは、以下のようなコメントがよせられました。

愛犬が「ヘソ天」「仰向け寝」をすると回答したかたのコメント(一部)

  • 「たまに。熟睡すると開いてくる」(@Orl_Dachsunさん)
  • 「パピーのときから、仰向けが得意です」(@yuzu_chihuahuaさん)

犬が「ヘソ天」「仰向け寝」するのはなぜ?

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
犬が「ヘソ天」「仰向け寝」をするのは、飼い主さんにかまってもらいたいときや、完全にリラックスしているときなどが多いようです。

もともと、犬が「ヘソ天」「仰向け寝」をするのは、子犬時代に母犬におなかをなめてもらっていたときの名残と考えられています。また、犬にとって急所ともいえるおなかをさらけだして寝転がるのは、とても無防備な状態ですから、信頼している相手にしか見せない特別なポーズともいえるでしょう。

「ヘソ天」「仰向け寝」するかわいい犬たち♡

ここからは、いぬのきもち公式アプリに投稿された、「ヘソ天」「仰向け寝」をするかわいい犬たちの画像をご紹介します!

熟睡中……?

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
気持ちよさそうに眠っているのは、柴のまるちゃん。飼い主さんいわく「いつも動線上に寝転がっている」のだとか……(笑)

リラックス中♡

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
ボストン・テリアのgharちゃんは、飼い主さんの足の上でリラックス中♡ 甘えたような表情がとてもかわいらしいですね。

なでて~♡

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
ミニチュア・ダックスフンドのアンちゃんは、ゴロンとおなかを出して「なでて~」と甘えているようです。飼い主さんからは「しっぽだけメトロノームみたいにピコピコ動かしているのがかわいい」とコメントが♡

おなかと舌を出して……

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
お人形と一緒におなかを出して眠っているのは、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのこやあどちゃんです。眠っているときは、ついチャームポイントの舌が出てしまうのだとか!

気持ちいい~♪

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
ゴールデン・レトリーバーのレオちゃんは、アルミプレートの上で仰向けゴロン。「冷たくて気持ちいい~」なんて声が聞こえてきそう♪

愛犬からの「愛情表現」と思って、やさしくなでてあげても◎

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
愛犬が「ヘソ天」「仰向け寝」をしているときは、愛犬からの愛情表現だと思って、やさしくおなかをなでてあげてもいいでしょう。

ただし、「ヘソ天」「仰向け寝」をするかどうかは、犬の性格にもよりますので、愛犬がしないからといって気にする必要はありませんよ♪


参考/「いぬのきもち」2018年6月号『犬のオモシロ習性図鑑 VOL.13 あおむけゴロ~ン♡』(監修:獣医師 獣医学博士 東京農業大学農学部動物科学科(動物行動学研究室)教授 増田宏司先生)
参照/Twitter
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク

cat_oa-dognews_issue_ca4d0a248e30 oa-dognews_0_b8cee44d9752_雪が大好きな柴犬マロたん、予想以上の積雪に表情が冴えない!? b8cee44d9752 b8cee44d9752 雪が大好きな柴犬マロたん、予想以上の積雪に表情が冴えない!? oa-dognews

雪が大好きな柴犬マロたん、予想以上の積雪に表情が冴えない!?

2021年1月23日 07:00 いぬのきもちNEWS

年越し寒波を上回る七草大寒波がやってくる!という天気予報にも、「そんなこと言ったって実際は大したことないんでしょう?」と、甘く見ていたらとんでもない寒波がやってきました。

雪国のみなさん、お元気ですか

細かい雪がどんどん降り積もって周りの景色がどんどん真っ白になって行く様子に、最初は「すごーい!」とテンションが上がりましたが、予想以上の積雪量に「この先どうなってしまうんだろう」と不安に。

車埋まってます

でも、雪が大好きなマロたんはふわふわの雪に大喜びするはず。いっぱい積もってよかったね!と、外に出たのですが、マロたんもこんなに積もった雪を見たのが初めてだったせいか、表情が冴えません。

マロたんも滑ります

除雪機が入った後の路面は圧雪状態。車がスリップしたりスタックするのも仕方なし。歩道の除雪にまで手が回らない状況なので歩く場所がなく、お散歩するのも一苦労。仕方なく車道を歩きます。車の往来もほとんどないのだけど。

除雪業者さんありがとう

歩道の除雪が済んでいるのを見た時は、本当にうれしくなりました。安全にお散歩できるようになって一安心です。でも、寒がりなマロたんは気温が上がらないせいか、テンションも上がりません。

低気圧よ、さようなら

天候が落ち着いてからは、雪大好きなマロたんに戻り、顔を突っ込んだりホリホリしたり楽しんでいます。今年はあと何回雪遊びできるかな。でも、ほどほどに降ってほしいな。

外部リンク

cat_oa-dognews_issue_ca4d0a248e30 oa-dognews_0_877610e07019_生後1カ月の頃に保護された野犬の子犬と家族に→飼い主が「嬉しい変化」を実感 877610e07019 877610e07019 生後1カ月の頃に保護された野犬の子犬と家族に→飼い主が「嬉しい変化」を実感 oa-dognews

生後1カ月の頃に保護された野犬の子犬と家族に→飼い主が「嬉しい変化」を実感

2021年1月22日 19:00 いぬのきもちNEWS

「ルルちゃんだけでなく、これまで暮らしてきたワンコたちとの生活で、ワンコたちから教えられること、与えられるものは数えきれないほどあり、このコたちとの暮らしに感謝しかありません」


引用元:@hime_lulu
こう話すのは、元保護犬・ルルちゃん(♀・推定4才)の飼い主さん。ルルちゃんは元野犬で、生後1カ月くらいの頃に兄弟犬と一緒に保護されたのだそうです。いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、ルルちゃんとの出会いや今の暮らしについて、飼い主さんに2回に分けて(2019年9月/2021年1月に取材)お話を伺いました。


ルルちゃんとの出会い

引用元:@hime_lulu
これまでずっと犬と暮らしてきた飼い主さん。先代犬のひめちゃんが亡くなり、「また犬と暮らしたい」という思いを抱くようになったといいます。

ひめちゃんが元保護犬だったこともあり、飼い主さんはインターネットで里親募集サイトをのぞいてみることに。そこで、ルルちゃんと出会います。


引用元:@hime_lulu
飼い主さん:
「小さくて白い、フワフワなルルちゃんの写真を見て、なぜだか『すごくこのコに会ってみたい!』と思い、神戸から岡山に会いに行きました。小さな小さなルルちゃんを抱っこしたとき、『このコと暮らしていきたい』と、強く思ったんです」


引用元:@hime_lulu
ルルちゃんと触れ合い、家族になりたいと思った飼い主さん。その後、ルルちゃんを正式に迎え入れることが決まり、ルルちゃんと飼い主さんご家族の新たな生活が始まりました。


おっとりかと思いきや…元気いっぱいの甘えん坊!

引用元:@hime_lulu
ルルちゃんの第一印象は「おっとりマイペースなコ」だったそうですが、お家に迎えてからルルちゃんの印象が大きく変わったと飼い主さんはいいます。


飼い主さん:
元気いっぱい、イタズラ大好き、甘えん坊のかまってちゃんでした(笑) くるくる表情が変わるコで、ある意味すごくわかりやすいですね。物覚えも早く、トイレもすぐにできたし、家具を噛むこともほとんどありませんでした。

ただ、娘が小さいときに使っていた木のイスだけは、噛んでも『NO』と言わなかったので、それだけはガジガジ噛まれちゃいました(笑)」


引用元:@hime_lulu
また、ちょっぴり臆病な一面もあるというルルちゃん。散歩に行き始めた頃は、道にあるいろんな物にビックリしてしまってなかなか進まず、大変なこともあったそう。家族以外の人に慣れるまでに、少し時間がかかってしまうこともあったのだとか。


引用元:@hime_lulu
飼い主さん:
「ルルちゃんは私の両親や姉家族、仲の良い友達などは大好きです。何度か会えば大好きになります。なので『少し時間が必要なんだな』と、気長に仲良くなるのを待つことにしています」


ルルちゃんなりのペースで、少しずつ外の世界にも慣れていくことができたようです。


ルルちゃんはかけがえのない存在に

引用元:@hime_lulu
「ルルちゃんがいてくれるだけで幸せ」と話す飼い主さん。ごはんをおいしそうに食べること、楽しくお散歩に行けること。そんな当たり前のことができている日常に、幸せを感じているのだそうです。

飼い主さんに「犬との生活」について尋ねてみると、次のように語ってくれました。


引用元:@hime_lulu
飼い主さん:
「夫はこれまで犬と深く関わった生活をしてきませんでしたが、当時5才だった先代犬のひめちゃんを連れた私と結婚したことで、犬との生活が始まりました。

旅行もお出かけも一緒に行けるところを選び、病気になったときには2人で悩み、泣き、最期のときまで大切に大切に想ってくれていました。私のひめちゃんだったけれど、いつのまにか2人のひめちゃんになっていました」


引用元:@hime_lulu
飼い主さん:
「娘も生まれたときから犬のいる暮らしです。お出かけは、ひめちゃんやルルちゃんと一緒に行けるところを選ぶことがほとんど。娘にとっても、それが普通の生活になりつつあります。ひとりっ子の娘にとって、ひめちゃんは優しいお姉ちゃん、ルルちゃんは可愛い妹のような存在なんです」


ルルちゃんや先代犬・ひめちゃんから影響をたくさん受けているという飼い主さんご家族。犬と暮らせる喜びを、ルルちゃんやひめちゃんを通じて感じているようですね。


【ルルちゃんのその後に迫る】前回の取材から約1年が経過した今、どんな日常を送っているのかを聞いた

引用元:@hime_lulu
前回の取材から約1年が経過しますが、現在のルルちゃんとの暮らしなどについて飼い主さんにお話を伺ってみると、ルルちゃんのおかげで毎日優しくて幸せな時間を過ごせているといいます。


引用元:@hime_lulu
ーー現在のルルちゃんは、どんな様子ですか?


飼い主さん:
「4才になったルルちゃんですが、相変わらずベッタリ甘えん坊さんでイタズラっ子です。とーさんの持ち物ばかり探し出してくわえて遊んだり、障子に穴を開けて外を覗いたり…(笑)  いつも体のどこかを私にくっつけてきて『なでて』とおなかを出して待ってますね」


ーー毎日賑やかで楽しそうですね!


飼い主さん:
「ルルちゃんは少し出かけただけで、数日会ってなかったかのような喜び方をします。 家事をしていると、じっとりと見つめられたりして、監視されてる気分です(笑)」


「大人になったなぁ」と感じる瞬間も

引用元:@hime_lulu
ーー前回の取材のときから、ルルちゃんになにか変化はありましたか?


飼い主さん:
「甘えん坊なルルちゃんですが、最近はときどき2階の寝室でひとりでお昼寝もするようになりました。『あぁ、大人になったなぁ』って、ちょっぴり寂しいかーさんです(笑) 私のほうが気になってしまって、起こさないようにこっそり様子を見に行ってしまっています」


ーールルちゃんの成長が感じられるのは嬉しいことですよね。ほかになにか印象的だった出来事はありますか?


飼い主さん:
「最近嬉しく思うことは、『お互いにわかり合えることが増えてきたなぁ』と感じる瞬間です。同じように育てても、先代犬ひめちゃんとは性格もまるで違うので手探り状態でやってきましたが、私とルルちゃんの関係にも少し自信が持てるようになってきました。ルルちゃんも私たちのことをよく見ていて、自ら考えて動けたりもします」


引用元:@hime_lulu
ーー取材後も、ルルちゃんと素敵な時間を過ごされていたということがよく伝わってきます。


飼い主さん:
「ルルちゃんとお散歩していると、ときどき私の手にお鼻をチョンと当ててジッと顔を見てくることがあります。その度に、私が笑って『どうしたの?』ってナデナデすると、ルルちゃんのお顔はパッと嬉しそうな表情になって…そしてまた楽しそうに歩き出します。

その優しい時間は心がぽかぽかになって、なんとも言えないほど幸せな気分にさせてくれます」


ーーとても素敵な関係ですね。


飼い主さん:
「先代犬ひめちゃんとの関係のように、揺るぎないものになるまでにはまだまだ時間がかかるのかもしれません。でも、ルルちゃんともいつかそうなれるよう、これからもしっかりと向き合って、1日1日を大切に過ごしたいです」


ルルちゃんたちには「ありがとう」の気持ちでいっぱい

引用元:@hime_lulu
ーー改めてになりますが、ルルちゃんと過ごせる日々をどのように感じていますか?


飼い主さん:
「先代犬ひめちゃんやルルちゃんとの暮らしは、あたたかくて幸せな時間の積み重ねで、私たち家族は素敵な気持ちをたくさんたくさんもらっています。いつもこのコたちには『ありがとう』でいっぱいです。

私たち家族がルルちゃんをとてもとても大切に想っていることがルルちゃんにも伝わっているといいなと思いますし、これからも元気に楽しく、ルルちゃんらしく過ごしていってほしいですね」


引用元:@hime_lulu
飼い主さんご家族の愛情をたくさん感じながら、幸せな日々を過ごしているルルちゃん。素敵な日常の様子は、ぜひInstagramでもご覧ください。


参照/Instagram(@hime_lulu)
取材・文・構成/雨宮カイ

外部リンク

cat_oa-dognews_issue_ca4d0a248e30 oa-dognews_0_56c63fce1081_犬が前足で「ちょんちょん」してくる可愛い理由  56c63fce1081 56c63fce1081 犬が前足で「ちょんちょん」してくる可愛い理由  oa-dognews

犬が前足で「ちょんちょん」してくる可愛い理由 

2021年1月22日 19:00 いぬのきもちNEWS

愛犬が前足で触れてくる・前足を乗せてくるようなしぐさをすることはありませんか? でも、これは愛犬だけがする行動なのか気になるところ。その疑問を「いぬのきもち作り隊」の読者199名にアンケート(※2018年11月実施)をとりました! 犬が前足で触れてくる理由をかわいい画像とご紹介します♡

犬が前足で「ちょんちょん」と触れてくる理由とは?

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
犬が前足で触れてくるという行動は、子犬がしがちなしぐさだそう。
「ねぇ、ねぇ、相手してよ」と相手に働きかけるときにする行動だといいます。「ちょっと退屈だな」と思っている場合も。

この、前足を「ちょんちょん」や「ちょこん」とするしぐさをよくすることから、犬が「オテ」を覚えやすいともいわれています。

また、前足で飼い主さんに触れることで、飼い主さんが「どうしたの?」「オテしたの。イイコね」と反応してくれたことから、「このしぐさをすると相手をしてもらえる」と覚えるようです。

多くの犬が飼い主さんに前足で触れている?

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
犬が前足で触れてくるという行動は、実に多くの飼い主さんが経験していることが判明! 2018年11月に実施した、「いぬのきもち作り隊」の読者199名のアンケート結果では、なんと74.9%の飼い主さんが、愛犬が前足で触れてくると回答しています。

この数字から、積極的に飼い主さんにアピールする犬が多数いるということがわかりました。愛犬が前足でちょんちょんと触れてくるという行動は、飼い主さん「あるある」の1つといえそうです。

前足をちょこん、ちょんちょん♡ かわいい画像をご紹介

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
愛犬のかわいい前足で触れられたら、飼い主さんとしてはたまらないですよね♡
ここでは、飼い主さんに前足を乗せてきた、または前足で触れてきたという、かわいらしい画像を紹介します!

ママの膝に前足でタッチ

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
飼い主のママさんの膝に前足をちょこんとしているのは、トイ・プードルのノエルちゃん。
このつぶらな瞳で見つめられたら、なんでもしてあげたくなっちゃいますよね♪

立ち上がって必死のかまってアピール

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
チワワの仔太郎くんは、立ち上がって飼い主さんにちょこんと前足でタッチ。
かまってほしいという必死のアピールが伝わってきますね♡

満面の笑みで「ねぇねぇ」

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
かわいい笑顔で飼い主さんに前足をちょこんと乗せてきたのは、Mixの茶々ちゃん。
この笑顔に勝てる飼い主さんもメロメロになってしまうのではないでしょうか。

テレワーク中にかまってアピール

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
飼い主さんのテレワーク中、机の下から前足でちょんちょんとかまってアピールをしているのは、日本スピッツの秋桜ちゃん。仕事をする手を止めたくなっちゃいますね♡

愛犬が前足でタッチするのは、「かまってー!」のサインでした

引用元:いぬのきもち投稿写真ギャラリー
犬が前足で「ちょんちょん」や「ちょこん」と触れてくるしぐさは、飼い主さんへ「かまってほしい」「退屈だよ」という気持ちをアピールするためのものでした。

忙しくてかまってあげられないときもあると思いますが、手が空いたときには遊んであげたいものですね!
参考/「いぬのきもち」2019年3月号『寝る前にホリホリする!? そんなことをするのってうちのコだけ!? 愛犬のいろんなしぐさ「する」「しない」を大調査!』(監修:東京大学附属動物医療センター 行動診療科 獣医師 菊池亜都子先生、しつけスクール「Can!Do!Pet Dog School」代表 西川文二先生)
文/Yumi
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

外部リンク