cat_oa-davincinews_issue_30fa12b037b7 oa-davincinews_0_30fa12b037b7_「また少年ボイスを聴けるのが嬉しい」アニメ『ブルーピリオド』のキャスト解禁! 注目は鮎川龍二を演じる花守ゆみりの熱演!? 30fa12b037b7 30fa12b037b7 「また少年ボイスを聴けるのが嬉しい」アニメ『ブルーピリオド』のキャスト解禁! 注目は鮎川龍二を演じる花守ゆみりの熱演!? oa-davincinews

「また少年ボイスを聴けるのが嬉しい」アニメ『ブルーピリオド』のキャスト解禁! 注目は鮎川龍二を演じる花守ゆみりの熱演!?

2021年5月9日 21:12 ダ・ヴィンチニュース

『ブルーピリオド』9巻(山口つばさ/講談社)
※この記事はマンガの情報を含みます。ご了承の上お読みください。
「マンガ大賞2020」を受賞し、累計発行部数は300万部を突破した人気マンガ『ブルーピリオド』。10月から始まるアニメのキャスト情報が明らかになり、中でも女装男子・鮎川龍二を声優の花守ゆみりが演じることに注目が集まっている。ネット上では、早くも「花守みゆりが大正解すぎるんだよな」「昨日発表されてからずっと鮎川龍二CV:花守ゆみりを想像してにやけてる」など大反響のようだ。
『ブルーピリオド』は、成績優秀・世渡り上手ながらも日常に虚しさを抱く高校2年生の矢口八虎が、一枚の絵に出会ったことをきっかけに美術の世界へと引き込まれていく物語。美術に関する知識だけでなく、美術大学を目指す高校生たちの受験にまつわるドラマなども描かれた作品である。
 4月28日に公開されたアニメのメインキャラクターのビジュアルとキャストは、多くの人の注目を集めた。中でも花守が演じる鮎川龍二は八虎と同じ高校2年生で、性別は男性だが心は女性というキャラクター。学校でも女装をしており、周囲からは苗字の「あ“ゆか”わ」からユカちゃんと呼ばれている。
 花守は本作以前にも、「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」の主人公・ロイドや「ラディアン」の主人公・セト、「ダーウィンズゲーム」のソータなど、さまざまなアニメで少年役を演じてきた。そのため、「ブルーピリオド」でも多くのファンから花守の熱演が期待されている。
 ネット上では、「花守さんカッコいい声も出せるしユカのキャラ考えるとアリではないか…アリではないか!? 俄然楽しみになってきたぞ!」「ゆかちゃんが花守ゆみりさんなの、めっちゃ楽しみ!! ラディアンのセト役が合ってて良かったから、また少年ボイスを聴けるのが嬉しい」「ブルーピリオドで鮎川ちゃんの声を担当する花守ゆみりさんは、 ゆるキャンのなでしこちゃんみたいなかわいい声もできる一方で、ダーウィンズゲームのソータみたいなイケメンボイスもできちゃうという素晴らしい声優さんです。 振り幅やべえ」といった声が上がっている。
「ブルーピリオド」はキャスト公開と同日に、アニメの第1弾PVも公開された。第1弾PVでは、八虎を演じる峯田大夢の声を聴くことができ、鮎川龍二は映像のみの登場となっている。花守が演じる鮎川龍二の登場は第2弾PV以降となる可能性が高そうだ。
アニメ「ブルーピリオド」
原作:山口つばさ(講談社『アフタヌーン』連載)
総監督:舛成孝二
監督:浅野勝也
シリーズ構成・脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:下谷智之
制作:下谷智之
キャスト:峯田大夢、花守ゆみり、山下大輝、河西健吾、宮本侑芽

外部リンク

cat_oa-davincinews_issue_30fa12b037b7 oa-davincinews_0_s0kt2ezf871m_剣道の団体戦で優勝し、初めて知ったうれし涙。勝ち星を重ねて、“自称”最強のサムライになる!/片岡健太(sumika)『凡者の合奏』 s0kt2ezf871m s0kt2ezf871m 剣道の団体戦で優勝し、初めて知ったうれし涙。勝ち星を重ねて、“自称”最強のサムライになる!/片岡健太(sumika)『凡者の合奏』 oa-davincinews

剣道の団体戦で優勝し、初めて知ったうれし涙。勝ち星を重ねて、“自称”最強のサムライになる!/片岡健太(sumika)『凡者の合奏』

2022年7月1日 19:00 ダ・ヴィンチWeb

 あなたは、身近にいる人との縁や繋がりのきっかけを考えたことはありますか?
 今回ご紹介する書籍は、人気バンドsumikaの片岡健太さんと、彼と関わる人々との記録を綴った人間賛歌エッセイ『凡者の合奏』。
 多くの絶望や数々の挫折を経験してきたなかでも、それ以上に人との関わりに救われた片岡さん。
「さまざまな人にとっての“sumika(住処)"のような場所になって欲しい」バンド名の由来にもあるように、sumikaの音楽はとにかく優しく、人への愛にあふれている。
 彼が織り成す、そっと背中を押してくれるような優しい言葉の源とは――?
「特別な才能があるわけじゃない」「1人では何もできない」「昔も今も常にあがいている」、凡者・片岡健太さんのすべてをさらけ出した一冊。オール本人書き下ろしに加えて、故郷の川崎市や思い出の地を巡った撮り下ろし写真も多数収録。また、『凡者の合奏』未収録写真を、ダ・ヴィンチWebにて特別公開いたします!
 アニメのヒーローに憧れ、小学1年生から剣道の道場に通っていた。小学4年生のときには団体戦に代表として出場し、初めてうれし涙を知った。
※本作品は片岡健太著の書籍『凡者の合奏』から一部抜粋・編集しました

『凡者の合奏』(片岡健太/KADOKAWA)


サムライソウル

 僕は、小学1年生から剣道の道場に通っていた。アニメのヒーローが、伝説の剣から炎を出す姿に憧れて、自ら入門を志願したのだ。しかしながら、小学1年生など、昨日何を考えていたかも忘れてしまうような年頃だったので、物心がついた頃には「ずっと続けてきたから」という理由だけで、毎週末道場に通っていた。
 剣道を通して、〝連帯感〟というものに初めて触れた。小学4年生のときに、団体戦部門で代表に選ばれて、大会に出場した。剣道の団体戦は先鋒・次鋒・中堅・副将・大将の5人で組んだチームで行われる。僕は中堅を任されていた。
 チームはギリギリのところで勝ち進み、僕たちはなんとか決勝へとコマを進めたのだが、決勝で当たる相手チームは地域で有名な強豪だった。そことの試合は、ここ数年僕らの道場が負け続き。例年どおり、先鋒、次鋒と立て続けに2敗した状況で、僕の出番がやってきた。ここまできたら、失うものは何もない。
 試合開始から、気持ちだけは負けてはいけないと、自分よりも大きな身体の相手に何度も立ち向かっていった。そして、攻め疲れた身体など無視してひたすらに竹刀を振り続けた結果、偶然にも相手の面に僕の竹刀が当たった。大声で「メーン!」と力強く発声した瞬間、審判の持っていた赤旗が一斉に上がった。
 結果は、僕の勝利だった。自他ともに認める、大金星である。
 その後、副将、大将も勝ち、僕たちの道場は見事優勝を果たした。仲間や師範、両親、道場に携わる全員が物凄く喜んでいた。「お前が完全に流れを変えたな」と言って、師範は僕の肩を優しく叩いてくれた。負けた訳ではないのに、僕は泣いてしまった。負けて悔しい以外の理由で流れる涙があることも、その日に初めて知った。
 時は流れて、僕は小学6年生になった。高学年になると、それまでの剣道とは、いささか勝手が変わってくる。剣道には元々「心技体」という考え方があって、それらが三位一体にならないと、試合で一本は取れないのだ。
 面のときには、相手の面に竹刀を当てた後に「メーン!」、小手の時には「コテー!」と声を張り上げ、試合が開始されたときには「ヤー!」と声を発しなければいけない。これがいわゆる「気合い」と呼ばれるもので、心技体における、「心」に位置づけられているものだった。この「心」の部分が、年齢を重ねるごとに、重要視されるようになってくる。
 低学年のときには、ほぼ全員、なかやまきんに君のネタ終わりのような「ヤー!」という気合いで統一されていたものが、高学年時には「シェファーーーーー!」と甲高い声を上げたり、ドスの効いた声で「ドゥッ!」と言ってみたり、さまざまな個性ある気合いが見られるようになる。
 この「心」の取り扱いが、僕は苦手だった。他のふたつは明確に理解できる。「体」は、一本を取るために使う足や腕を動かす体力。「技」は、的確に面や小手の位置を竹刀で狙う技術。これは誰が見ても明らかで、きちんと目に見えるものだ。
 しかし「心」だけは、正解が非常に分かりづらい。あまりにも分からないので、「心」に長けていると師範に言われていた、先輩の気合いを真似たことがある。
先輩 「ヅアッツッツ!」
僕 「ヅアッツッツ!」
師範 「おお、片岡いいな」
先輩 「ニョワアッ!」
僕 「ニョワアッ!」
師範 「片岡。真似てばかりいないで、自分の型を見つけろ」
僕 「ゼアーッ!」
師範 「片岡。それに心は宿っていない」
 だめだ。分からないよ。未来永劫、分かる気がしないよ。道場一の諦めの早さを持っていた僕は、実体の見えない「心」について考えるのは早々に諦め、なるべく無駄な動きを減らして一本を狙いにいく「体」と、面や小手に当たった際にとにかく大きな音が出るスポットを探す「技」に、時間を割くことにした。
 すると、驚くほどに、試合で勝てるようになった。昔はあっけなく負けていた相手にも試合で勝てたり、年上の先輩との練習試合でも勝ち星をあげられたりするようになっていった。サムライとして生きてきたこれまでの人生の中で、最も負ける気がしない自分ができあがった。
 恐らく「心」とは、自分の感情の起伏に惑わされず、暑い日も寒い日も、「体」と「技」を磨き上げる精神のことだったのではないかという仮説に辿り着いた。事実、勝負に勝てるようになってから師範に「心」で注意されることもなかったので、勝ち星を重ねる度に、自分の考えは正しいのだと思い込んでいった。
 こうして、〝自称〟最強のサムライとなった僕は、小学生部門としては最後となる団体戦に、大将として出場することになった。

外部リンク

cat_oa-davincinews_issue_30fa12b037b7 oa-davincinews_0_xx121mq46qru_夫とは用件以外で話すことが減った。今の私には高いスイーツを食べる価値もない…/レス妻に夫公認彼氏ができました⑭ xx121mq46qru xx121mq46qru 夫とは用件以外で話すことが減った。今の私には高いスイーツを食べる価値もない…/レス妻に夫公認彼氏ができました⑭ oa-davincinews

夫とは用件以外で話すことが減った。今の私には高いスイーツを食べる価値もない…/レス妻に夫公認彼氏ができました⑭

2022年7月1日 19:00 ダ・ヴィンチWeb

夫と一緒にいると楽しいし落ち着く。夫も私のことが大好きで、子どもも生まれて幸せな結婚生活だったけど彼は私を抱かない…。結婚1年目でセックスレスとなった夫婦が、性のズレに対して真剣に悩んでとことん向き合った末に選んだのは「妻が夫公認の彼氏を作る」ことだった。妻に彼氏がいる状況で夫婦はその後6年の夫婦生活を維持した末に「離婚」に踏み切ったが、その因果関係はいかに——? 婚外恋愛を認め合うことにした2人の初めから終わりまでをすべて描く、衝撃の実話コミックエッセイ。

<第15回に続く>

外部リンク

cat_oa-davincinews_issue_30fa12b037b7 oa-davincinews_0_tk31ru6hl5v4_友人のSNSに対する言動にモヤモヤ…30代女性の悩み/高橋愛のあまくてにがい。⑩ tk31ru6hl5v4 tk31ru6hl5v4 友人のSNSに対する言動にモヤモヤ…30代女性の悩み/高橋愛のあまくてにがい。⑩ oa-davincinews

友人のSNSに対する言動にモヤモヤ…30代女性の悩み/高橋愛のあまくてにがい。⑩

2022年7月1日 19:00 ダ・ヴィンチWeb

 モーニング娘。に5期生として加入し、後にリーダーとしても“プラチナ期”を支えた高橋愛さん。芸能生活20周年を迎え、ますます活動の場を広げる高橋さんだからこその視点や語れる言葉があります。この連載では、恋愛や結婚、人間関係、職場、友人、家族関係etc…高橋さんが読者のみなさんのお悩みに答えます!

交友関係は無理に広げなくてもいい

Q 周りの友人たちが結婚して家庭を持ち、友人と集まる機会が減って寂しく思うことがあります。飲みに行ったり、サークルに入ったりしていますが、大人になると気の合う友人を作るのはなかなか難しいと感じています。どのように交友関係を広げるのがよいでしょうか。(メンタル弱めOL/30代女性)
 わかります! 私の周りの友人も子どもがいる人がとても多いので、集まる機会も減りますし、会うメンバー、話す人、大人になると環境とともに色々と変わってきますよね。
 気の合う友人を見つけるのは確かに至難の業かもしれませんが、私は無理に広げなくてもいいかなって思いますね。気の合う人がひとりでもいてくれたら私はそれでいいと思っています♡
 一方で、友人が多いのは素敵なことだと思いますので、交友関係を広げるならば、趣味や好きなことで広げるのがいいのではないかな?と思います!
 私は宝塚が大好きでよく観劇するのですが、客席で声をかけてもらって、その方と話すこともあります!(もちろん初めましてです)共通のことだと、話も広がりやすいので、おススメです♪


選択肢の中から自分がモヤモヤしない方法を探る

Q 一緒にごはんを食べているとき、遊んでいるときに、なんでも写真に撮って、すぐにSNSにあげる友人がいます。彼女は好きなのですが、こういうところに一人でモヤモヤしてしまいます…。(くねくね/30代女性)
 モヤモヤするのであれば、その方にその事をお伝えするのか、はたまた、自分も好きなことをする時間にするのか。もしくは、自分も乗っかって撮ってみるというのはどうでしょうか? 選択肢はいくつもある気がします!
 自分がモヤモヤしない方法を、ぜひ見つけてみてください。
 それでもモヤモヤが晴れない場合は、その方と写真映えする場所にいかない! とか、そもそも一緒に食事に行くのをやめてみる! というのも、選択肢の一つではないかなと思います。
 私も写真を撮ってその場でアップしたりしているので、そう思わせているかもしれない…と、大変学びになりました(/ _ ; )ありがとうございます!
〈第11回につづく〉
>>高橋愛さんへのお悩み相談募集中!<<
イラスト:Yui Takahashi

外部リンク

cat_oa-davincinews_issue_30fa12b037b7 oa-davincinews_0_93l582hawy1i_「美女ヒーロー」と普通の男子高校生との熱すぎる純愛物語!『地球の子』/マンガPOP横丁(115) 93l582hawy1i 93l582hawy1i 「美女ヒーロー」と普通の男子高校生との熱すぎる純愛物語!『地球の子』/マンガPOP横丁(115) oa-davincinews

「美女ヒーロー」と普通の男子高校生との熱すぎる純愛物語!『地球の子』/マンガPOP横丁(115)

2022年7月1日 19:00 ダ・ヴィンチWeb

 今回紹介する作品のジャンルは、「ヒーローと一般人の恋」。ピンチに陥ったときにすぐに駆けつけ助けてくれるヒーローはカッコイイし、そんなことされたら惚れちゃいますよね? 本作『地球の子』(神海英雄/集英社)は、「美女ヒーロー」と、彼女に命の危機を救われた男子高校生との愛で満たされた熱きラブストーリー……なのだが、これがなかなか壮絶&壮大な展開の物語なのである。
 高校生・佐和田令助に迫る命の危機! そこに現れたのはひとりの美しき女性――。しかし次の瞬間、令助が目を覚ましたのは自分の部屋だった。令助に気づかれないよう、その女性が特殊な道具で彼の記憶を消したからだ。そのことを知らず令助は記憶をたどるが、モヤモヤして思い出せない。だが、なぜか唯一ハッキリと覚えていることがあった。それはマスクをしていてもわかるとても綺麗な女性に会ったということ! 再会したい令助は、想いだけが募る日々が続く。しかしある日、ついに運命の再会が! 彼女の名前は“星降かれり”。かれりは非常に特殊な身の上で、“地球の子”として地球の平和のために極秘活動をしているらしい。素性を知った令助は大興奮! なぜなら令助は「人の役に立つことをする人」に憧れていたからだ。令助はますます彼女の虜になる。かれりは彼を危険に巻き込まないよう距離を置こうとするが、彼の熱意に勝てず何度も会ううちに、心を開いていく。そして令助からのプロポーズを受けついに結婚! さらに息子も授かる。急スピードで幸せが訪れるふたり。しかしそんな幸せは、地球に迫る人類滅亡級の危機で終わりを告げてしまう。かれりは地球の子の“使命”としてこの危機に挑むが……。さらに令助にも、息子が“地球の子”と判定されてしまうという試練が訪れる。果たして、かれりは地球を、そして令助は愛する息子を守ることができるのか!?
 地球の危機に立ち向かいながらの愛と絆を描く、とても壮大なストーリーだ。作者は、相手の心が見える指揮者と天才サックス奏者が紡ぐ吹奏楽青春ドラマ『SOUL CATCHER(S)』(集英社)の神海英雄氏。キャラクターの感情をドラマチックに熱く描き、読者の心を震わせてきた作品だった。今作でもそのDNAは受け継がれ、本作は“愛”を熱く描く。
 かれりのバックには機密組織が存在するが、地球の危機が迫るまで令助は知らない。だがこの危機をきっかけに令助に組織の手が伸び、令助自身の“家族を守る戦い”が繰り広げられる。抗う令助の言葉は愛する人への尊敬や親としての覚悟を見せるのだ。
 これが本気で人を愛する心なんだなぁーと、最近愛が枯渇気味のはりまは、久しぶりに胸が熱くなったのでした。

文・手書きPOP=はりまりょう

外部リンク

cat_oa-davincinews_issue_30fa12b037b7 oa-davincinews_0_putv5fzlv7a4_子犬期のしつけはとても大切。でも、ケージから出たいラルの鳴き声を聞いてしまうと…/ラルとアキ -ドMパグと女王柴犬の愉快な主従関係- putv5fzlv7a4 putv5fzlv7a4 子犬期のしつけはとても大切。でも、ケージから出たいラルの鳴き声を聞いてしまうと…/ラルとアキ -ドMパグと女王柴犬の愉快な主従関係- oa-davincinews

子犬期のしつけはとても大切。でも、ケージから出たいラルの鳴き声を聞いてしまうと…/ラルとアキ -ドMパグと女王柴犬の愉快な主従関係-

2022年7月1日 19:00 ダ・ヴィンチWeb

 人間と同じように、犬もそれぞれ性格や個性に違いがあるもの。SNSで多くのファンをもつ人気犬、パグのラル(♂、5歳)と柴犬のアキ(♀、5歳)も、仲良しなのにタイプは全然違っていて…!?
 今回、犬好きな人や癒やされたい人におすすめしたいのが、原作:きたむら、漫画:ごえたむのコミック『ラルとアキ -ドMパグと女王柴犬の愉快な主従関係-』です。Twitterの総いいね!数が150万を突破! 飼い主のきたむらさんがSNSで発信するラルとアキの日常が、ユーモラスな漫画で楽しめる1冊です。待望の単行本化となる本書には、ウェブマガジンで連載された漫画に加え、描き下ろし漫画やコラムを収録。2匹の仲睦まじい様子を収めた写真も必見です。
 甘えん坊でお笑い担当のラルと、クールキャラでマイペースなアキ。仲良し兄妹が織りなす笑いが絶えない幸せな毎日をお楽しみください。
 ラルが子犬の頃、トイレや遊び時間のしつけのためにケージから出る時間を決めていました。でも、切ない鳴き声を聞いてしまうと、思わず外に出してあげたくなる!?
※本作品は原作:きたむら、漫画:ごえたむのコミック『ラルとアキ -ドMパグと女王柴犬の愉快な主従関係-』から一部抜粋・編集しました

外部リンク

cat_oa-davincinews_issue_30fa12b037b7 oa-davincinews_0_1m1sql4hmzek_僕だけじゃない、先輩の片思いも動き出す……“少し不思議な夏”の物語『忘れさせてよ、後輩くん。』 1m1sql4hmzek 1m1sql4hmzek 僕だけじゃない、先輩の片思いも動き出す……“少し不思議な夏”の物語『忘れさせてよ、後輩くん。』 oa-davincinews

僕だけじゃない、先輩の片思いも動き出す……“少し不思議な夏”の物語『忘れさせてよ、後輩くん。』

2022年7月1日 17:30 ダ・ヴィンチWeb

『忘れさせてよ、後輩くん。』(あまさきみりと/KADOKAWA)
 何かを変える事、前へ進む事が本当に正しいのかどうかは誰にもわからない。大きな人生の決断から、日常のささやかな悩みまで現状維持が優先される事柄は多い。だが人は時に、突きつけられた現実から逃げるために現状維持を選んでしまう。それを自力で破壊するのは困難で、誰かの助けや後押しが必要となる。その「誰か」が少し不思議な超常からの使者であったとしたら――。
 高校3年生の白濱夏梅は片思いをし続けている相手がいる。別の街の大学へと進学してしまったひとつ年上の広瀬春瑠。だが彼女は、既に亡くなっている夏梅の兄(白濱晴太郎)への片思いを忘れられずにいた。“幸運のイルカと出会えたら【止まっている片思い】が動き出す”――心の片隅にある期待からか、ふとそんな噂話を思い浮かべる夏梅。そんな彼の前に唐突に現れたちょっと不思議な少女・海果。イルカの髪飾りをした少女に導かれるように夏梅と春瑠は再会を果たす。凍りついた初恋を溶かす、苦しくも熱い夏がはじまろうとしていた。

 あまさきみりと氏による『忘れさせてよ、後輩くん。』(KADOKAWA)は、兄の死で止まってしまった夏梅と春瑠の片思いが「不可思議な季節」と呼ばれる力で揺さぶられ、弟と兄という家族の愛憎、後輩と先輩という関係性、自己犠牲と自己欺瞞の葛藤など、様々な感情が複雑に絡み合いながら動き出していく青春物語だ。著者は『キミの忘れかたを教えて』(KADOKAWA)で描いた現実から逃げ続けていた主人公と、芸能界という孤独の中で戦い続けるヒロインが青春を取り戻していく運命の物語が高い評価を受け、『このライトノベルがすごい!』(宝島社)でのランクインも果たしている。
 本作を読み始めてすぐに、クラスメイトとの何気ない雑談で出てくる言葉がある。
「お前が片思いしている限り、お前も誰かの片思いを静かにへし折ってるのかもなあ」
「……知るか」
 読者側としてもまあそんなものだよなと軽く読み流す、たわいもない雑談。思春期の学生のありふれた片思いの連鎖。そうであればただの雑談で終わるこの言葉は、読み進めるほどに思い起こされ、じわりじわりとその重みを強めていく。
毎日、毎日、毎日──春瑠先輩は思い出の地を巡っては撮っていたのだ。
「……白濱夏梅では愛されないから、白濱晴太郎の代役に甘んじているんですか?」
たぶん、怖がっているんだ。
春瑠先輩にとって不要な人間になってしまう瞬間を。
 夏梅の平穏な家庭環境を一方的に破壊しておきながらあの世へ旅立ってしまった兄・晴太郎。彼を失い壊れかけた春瑠を救う方法として夏梅が選んだ答えである兄の代替。その現状維持だけで精一杯の夏梅は気付かない。ありのままの夏梅をずっと見つめ続ける後輩・高梨冬莉の想いに。
「……次第に陽炎と現実の区別ができなくなるらしいの……渇望が満たされたと勘違いし
て……『現れた幻は生きている人間』と本気で思い込み……最後は……」
【あの人がいたような気がしたんだけどな】 
 海果との交流から、自分達が〝陽炎の夏〞と呼ばれる超常現象に触れはじめている事を知る夏梅。死んだ晴太郎の〝陽炎〞は、海果と春瑠が「逃げるための現状維持」を続ける事を許さず、破滅か決断かへのカウントダウンがはじまる。
「でも……夏梅くんを見ていると、どうしても晴太郎先輩を思い出してしまうんだ。あの人とキミは、あまりにも似すぎているから……」
「すみません……僕が……僕が偽者に憧れてしまったから……」
「ううん、それで救われた。夏梅くんがいてくれたから、今の広瀬春瑠がいるんだよ」
 ただの初恋、ただの片思いならどうとでもなったかもしれない。逃避や依存もひとつの救済だ。現状維持も貫き通せばそれこそが唯一無二の正解になる日も来るかもしれない。だが〝陽炎の夏〞はそれぞれの心の底に隠していた「認めたくないもの」から逃げることを許さない。
 2人が下した決断とその顛末には、恋愛の結果を見届けるというものに留まらない感慨を呼び起こす。人は誰しも「本物」に憧れる。自分が自分であるという事。その自信を得るのは実に大変だ。そのためには時に外から強制的に背中を蹴っ飛ばされる事も必要なのだろう。そして夏梅と春瑠の物語に欠かせぬ存在である冬莉。彼女もまた「止まっていた片思い」を巡る物語の主人公だ。第2巻は7/1発売。「不可思議な季節」がみせる次の顔が少し恐ろしくも非常に楽しみだ。

文=エノモト

外部リンク

cat_oa-davincinews_issue_30fa12b037b7 oa-davincinews_0_uzws54eb8hf2_ダ・ヴィンチWeb「学生エッセイコンテスト」結果発表! 特別賞『とりあえずで革命を起こせ』 uzws54eb8hf2 uzws54eb8hf2 ダ・ヴィンチWeb「学生エッセイコンテスト」結果発表! 特別賞『とりあえずで革命を起こせ』 oa-davincinews

ダ・ヴィンチWeb「学生エッセイコンテスト」結果発表! 特別賞『とりあえずで革命を起こせ』

2022年7月1日 17:30 ダ・ヴィンチWeb

 2022年4月、ダ・ヴィンチWebと、学生のクリエイティブなアイデアを募るプラットフォーム「FLASPO」がコラボレーションし、学生向けエッセイコンテストを開催しました。テーマは『コロナ禍の学生生活』。想像をはるかに上回る多くの応募が寄せられ、しかもそのどれもが力作揃い。編集部全員で目を通し、入賞作品を決定しました。
 惜しくも入賞はならなかったものの、「これはぜひ掲載したい!」とダ・ヴィンチWeb編集部が考えた「特別賞」の作品をご紹介します。
 今回は、ペンネーム紗央さんの、タイトルは『とりあえずで革命を起こせ』です。

 大学生になってから映画を2本撮った。
 脚本を書いて、友達をかき集め、スマホで撮影して、パソコンで編集した。本当に楽しくて、幸せで、自分で起こした行動に自分が救われた初めての経験だった。
 高校3年生。受験勉強が佳境に入る頃、新型コロナウイルスはじわじわとその悪名を轟かせ始めた。残り少ない登校日はあっけなく削られ、卒業式で流した涙はマスクの中の頬を心地悪くつたった。あの頃は毎日怒っていた。ウイルスの根源がどこだとか豪華客船が大変だとか渦じゃなくて禍だとか、そんなこと正直どうでも良くて、良くないけれど、本当にどうでも良かった。
 大学に入学して、いや、入学式もなかったし、まだギリギリJKだ。なんて思いながら、パソコンの中にいる知らない博識おじさんたちの話を毎日倍速で聞き流し、一生懸命、反抗するのをやめないように、生きていた。
 1年間、私の反抗心は誰にも届かないただの愚痴で終わり、「このまま何もなく終わっていくのか〜」と何が終わるのかどこが終わりなのか分からないが、そんなことを思い始め、行き場のない戦意は一周回ってじわじわ自分へ向き始めていた。
 そんなある夜、私はこの卑屈な思考をひっくり返される経験をした。
「周りが止まっている間に“俺ら”は進むんだ」「追い越すんだ」と息巻く人をみた。
 革命だった。
 世の中がこんなことになってしまった以上、せーので苦しんでせーので元に戻らなくてはいけないのだと馬鹿な私は思っていた。でもそんな無意味な気遣い、誰も望んでいないのだ。
 昔から厄介な完璧主義だった。永遠に辿り着けない不確定な理想を目指し、しかもその過程はなかったことにしたいとさえ思っていた。
 私に革命を起こした “俺ら”はそれと対極のことをしていたが、なぜか妙に輝いていて最高にイケていた。
 それに気づいてからはあっという間だった。何か行動を起こそう。
 とりあえず自分にできることと言ったら映画を撮ることだった。中高時代の部活で映画を撮っていたので最低限必要なことは分かっていた。だから映画を撮った。
 ただ小説よりも音楽よりも絵よりも、自分がやりやすいのが映画だった。それだけの理由。
 驚くことに、それだけの理由に賛同し、力を貸してくれる人たちが沢山いた。
 映画を撮っている間、私は一瞬たりとも完璧な姿ではなかった。
 でも多分、最高にイケていた。
 初めて結果よりも過程に大きく価値を見出す経験をした。
 完成した作品は2作品とも本当に愛おしく大切だ。
 でもそれ以上に、映画を撮ろうと決心したあの夜から今この時までに抱いた感情、新たに得た価値観、みんなに付けてもらった自信の方が、私にとって価値がある。
 また、嬉しいことに、私も誰かにとっての革命になっているらしい。これほど素晴らしいサイクルの中に自分が組み込まれているなんて夢のようだ。
 おそらく私は、落とされなかったら這い上がれなかっただろう。
 こんな時代を生きれて良かった。
******************
 学生の皆さんが書いてくださったエッセイの入賞作品は、今後順次ダ・ヴィンチWebで公開していきます。ぜひご注目ください。

外部リンク

cat_oa-davincinews_issue_30fa12b037b7 oa-davincinews_0_3zcfj4vq6pyi_「宿題やりたくない!」そう言われたら、取り組むまでのハードルを下げてみる/『3時間だけママを代わります!』 3zcfj4vq6pyi 3zcfj4vq6pyi 「宿題やりたくない!」そう言われたら、取り組むまでのハードルを下げてみる/『3時間だけママを代わります!』 oa-davincinews

「宿題やりたくない!」そう言われたら、取り組むまでのハードルを下げてみる/『3時間だけママを代わります!』

2022年7月1日 11:00 ダ・ヴィンチWeb

相次ぐ保育園・小学校の休園により、需要が高まっているベビーシッター。今回ご紹介する、『3時間だけママを代わります! 駆け出しベビーシッターの奮闘記』は、そんなベビーシッターの日常を描くコミックです。
「一人ひとりの子どもともっとじっくり向き合いたい」という思いから、ベビーシッターを始めた元保育園勤務の著者・さいおなおさん。そんな彼女が子どもと向き合う姿には、元保育園の先生ならではの、子どもと向き合うテクニックが満載! 『3時間だけママを代わります! 駆け出しベビーシッターの奮闘記』は、シッターさん目線で子どもたち、そしてママパパたちにもエールを送る一冊です。
小学生の親ほぼみんなが直面する、宿題やらない問題。解決方法をシッター目線で紹介します。
※本作品はさいおなお著のコミック『3時間だけママを代わります! 駆け出しベビーシッターの奮闘記』から一部抜粋・編集しました

《あとは書くだけ》

外部リンク

cat_oa-davincinews_issue_30fa12b037b7 oa-davincinews_0_ouql6xufwjac_愛犬たちは日の出前から元気いっぱい! 起こされた飼い主が、時間潰しにあることをしていると?/パンダと犬V ouql6xufwjac ouql6xufwjac 愛犬たちは日の出前から元気いっぱい! 起こされた飼い主が、時間潰しにあることをしていると?/パンダと犬V oa-davincinews

愛犬たちは日の出前から元気いっぱい! 起こされた飼い主が、時間潰しにあることをしていると?/パンダと犬V

2022年7月1日 11:00 ダ・ヴィンチWeb

『パンダと犬』シリーズ累計12万部超の愛犬コミックエッセイ第5弾が登場!
 ワンパク犬・亀吉&寅吉とパンダ化した著者の日常が、ゆるっとしたタッチの4コマで楽しめます。さらにコミックには、犬の行動学の診察を受けた実体験漫画や、読者と愛犬のエピソードを基にした描き下ろしなども収録。ファンにはたまらない盛りだくさんな内容となっています。
 合言葉は「どんな時でもいつだって犬はかわいい」。犬愛がぎゅっと詰まった、クスッと笑える『パンダと犬V』をお楽しみください。
 日の出前に起こされたのに、愛犬たちは飼い主そっちのけで楽しそう! しょうがないので“エアなわとび”をして時間を潰していると?
※本作品はスティーヴン★スピルハンバーグ著のコミック『パンダと犬V』から一部抜粋・編集しました

外部リンク