cat_oa-dailysports_issue_a6b8be128c03 oa-dailysports_0_a6b8be128c03_カズレーザー「びっくり」 本名が「和令」、新元号と同じ字で… a6b8be128c03

カズレーザー「びっくり」 本名が「和令」、新元号と同じ字で…

2019年4月1日 12:20 デイリースポーツ

 メイプル超合金のカズレーザーが1日、新元号が「令和」に決定直後、「びっくりしました」とツイートした。
 カズレーザーは本名が「金子和令(かずのり)」で「令和」の逆だったため、新元号に驚いたものとみられる。カズレーザーのつぶやきには「でしょうね」「新時代をひっくり返した男ですね」などというコメントが相次いだ。

外部リンク

cat_oa-dailysports_issue_a6b8be128c03 oa-dailysports_0_d720a87a5595_ソフトバンク・甲斐野がプロ新記録!初登板から11試合連続無失点 d720a87a5595

ソフトバンク・甲斐野がプロ新記録!初登板から11試合連続無失点

2019年4月25日 21:40 デイリースポーツ

 「ソフトバンク3-0オリックス」(25日、ヤフオクドーム)
 ソフトバンクのドラフト1位の甲斐野央投手(東洋大)が2/3回を無失点。これで初登板から11戦連続無失点で、ドラフト制後の新人投手のプロ野球新記録を樹立した。
 甲斐野は0-0の九回1死一、二塁の場面で先発の大竹からバトンを引き継いだ。緊迫のマウンドだったが、4番メネセスをフォークで空振り三振、続く途中出場の後藤を153キロで右飛に打ち取ってピンチをしのいだ。
 試合は0-0のまま延長戦に突入。甲斐野は十回のマウンドに上がらず、前日敗戦投手となった守護神の森が3番手で登板した。その裏に明石がサヨナラ3ランを放ち、劇的な勝利をおさめた。

外部リンク

cat_oa-dailysports_issue_a6b8be128c03 oa-dailysports_0_1394eb1f3690_ゴクミ長女・エレナ 夢は母と同じ女優「いつか素敵な女優になりたい」 1394eb1f3690

ゴクミ長女・エレナ 夢は母と同じ女優「いつか素敵な女優になりたい」

2019年4月25日 21:40 デイリースポーツ

 女優の後藤久美子(45)とフランスの元F1レーサーのジャン・アレジ(54)夫妻の長女でモデルのエレナ アレジ 後藤(22)が25日、東京・在日スイス大使館で行われた「スイス グランドツアー in Japan」に出席した。
 17年9月にファッション誌「Richesse」で芸能界デビューし、同10月に母と同じオスカープロモーションに所属。18年にスイスから日本に拠点を移し、活動している。
 この日は、単独初イベント。緊張しながらも「東京での暮らしは慣れてきてとても楽しい」と充実していることを明かして、はじける笑顔を見せた。
 大女優と元F1レーサーの元に生まれたエレナ。両親について「母は真面目で、父は真面目ではないので、昔から母に怒られたら、は『大丈夫だよ』と言ってくれる」と家庭内の様子を告白。現在、母と同じ女優を目指し、演技やアクションレッスンに励んでおり「いつか素敵な女優になりたい」と目を輝かせた。

cat_oa-dailysports_issue_a6b8be128c03 oa-dailysports_0_c320eda6e003_紺野ぶるま 会社員との結婚を報告「平成婚」「平成最後の大安に」 c320eda6e003

紺野ぶるま 会社員との結婚を報告「平成婚」「平成最後の大安に」

2019年4月25日 21:37 デイリースポーツ

 お笑いタレントの紺野ぶるま(32)が25日、ブログで同い年の会社員男性との結婚を報告した。22日にSNSで婚約を報告し、「平成のうちに入籍する予定です」と予告していた。
 25日、「平成婚」のタイトルでブログを更新し、「本日平成最後の大安である4月25日に、会社員の方と結婚を致しました」と婚姻届を提出したことを報告。「たくさんの方に支えられこの日を迎えられたこと感謝申し上げます。れからより一層、身を引き締め、一つ一つのお仕事に精進して参ります。」と決意を記し、「今後とも何卒よろしくお願い致します」とつづった。

外部リンク

cat_oa-dailysports_issue_a6b8be128c03 oa-dailysports_0_7dc233ad56a4_ソフトバンク・今宮、超美技でチームを救う 7dc233ad56a4

ソフトバンク・今宮、超美技でチームを救う

2019年4月25日 21:33 デイリースポーツ

 「ソフトバンク-オリックス」(25日、ヤフオクドーム)
 ソフトバンクの今宮健太内野手が超美技でチームを救った。
 十回2死一、二塁。オリックス福田の放った打球は二遊間を抜けそうな打球だった。遊撃手の今宮は二塁ベース後方に回り込んで捕球。ボールを捕りに行った勢いのまま体勢が崩れたが、倒れ込みながらも二塁ベースカバーの牧原に正確な送球をした。
 間一髪のタイミングだったが、二塁塁審はアウトの判定。オリックス福良監督はリクエストを要求したが、検証をしても覆らなかった。

外部リンク

cat_oa-dailysports_issue_a6b8be128c03 oa-dailysports_0_2eb5a0ec6767_近本“田淵超え”の球団新人記録 4月中に4本塁打 山崎康からV3ラン 2eb5a0ec6767

近本“田淵超え”の球団新人記録 4月中に4本塁打 山崎康からV3ラン

2019年4月25日 21:30 デイリースポーツ

 「DeNA3-5阪神」(25日、横浜スタジアム)
 阪神が九回2死からドラフト1位の近本(大阪ガス)が、DeNAの抑え・山崎康から決勝逆転4号3ランを放ち、チームを3連勝に導いた。4月中の新人の4本塁打は、2リーグ分立後では球団初。69年の田淵幸一が記録した3本がこれまでの最多だった。
 2-3と1点を追う阪神は、先頭の梅野が四球で出塁。続く代打の北條が送りバントを転がしたところ、相手のエラーを誘い、無死一、二塁となった。
 木浪はスリーバント失敗で送れず、代打・鳥谷が左飛に打ち取られ、2死一、三塁で近本に打順がまわってきた。
 初球はファウル。2球目を左方向に飛ばし、スタンドに突き刺した。阪神ベンチはお祭り騒ぎで、矢野監督らスタッフ、チームメートに迎え入れられた。近本の本塁打は18日のヤクルト戦以来の6試合ぶり(27打席ぶり)。左方向へは自身初。決勝打も自身初で、ヒーローインタビューも初体験した。また、この本塁打で2度目の猛打賞を記録した。
 チームはDeNAに同一カード3連勝で、最下位を脱出。一方、DeNAは悪夢の8連敗となった。

外部リンク

cat_oa-dailysports_issue_a6b8be128c03 oa-dailysports_0_6f916e97667a_日本ハム・大田がまたも大爆発 2打席連発で2戦連続の猛打賞 6f916e97667a

日本ハム・大田がまたも大爆発 2打席連発で2戦連続の猛打賞

2019年4月25日 21:29 デイリースポーツ

 「日本ハム-楽天」(25日、札幌ドーム)
 絶好調の日本ハム・大田が同点の3号ソロを放った。
 1点ビハインドの六回2死。ここまで1安打に抑えられていた古川の140キロ直球を豪快に振り抜き、左中間席に運んだ。17日・オリックス戦(京セラドーム大阪)以来、6試合ぶりの一発だった。
 さらに4-5の八回1死の場面でハーマンの内角ボール球の直球を強引に引っ張り込み、白球は左翼席に飛び込んだ。2打席連発の4号同点ソロ。「真っすぐ一本狙い。がむしゃらにいきました」と振り返った。
 前夜はプロ初の5安打5打点。“恐怖の2番”が2戦連続の猛打賞でチームをけん引している。

外部リンク

cat_oa-dailysports_issue_a6b8be128c03 oa-dailysports_0_f4a645b885ed_ロッテ・井上、待望の今季1号は価値ある同点ソロ「感触は今季一番」 f4a645b885ed

ロッテ・井上、待望の今季1号は価値ある同点ソロ「感触は今季一番」

2019年4月25日 21:23 デイリースポーツ

 「ロッテ-西武」(25日、ZOZOマリンスタジアム)
 ロッテ・井上が価値ある同点弾をバックスクリーンへ運んだ。
 1点を追った六回1死無走者。相内のフォークをフルスイングすると、打球はグングン伸びて秋山の頭上を軽く越えた。今季1号。力強いアジャが戻って来た。
 「感触としては今季一番だった。引き続き結果を出せるようにやっていくだけです」。謙虚に昨年10月11日の日本ハム戦(札幌D)以来のアーチを振り返った。
 昨季は4番で実績を残したが、今季は開幕から絶不調。6日に出場選手登録を抹消されていたが、23日に1軍へ復帰していた。
 さらに七回には1点差に迫る左翼への適時打を佐野から放った。

外部リンク

cat_oa-dailysports_issue_a6b8be128c03 oa-dailysports_0_14a3c10f63a4_巨人、11失点大敗に原監督も苦笑い 菅野が自身初3者連続被弾 連勝5で止まる 14a3c10f63a4

巨人、11失点大敗に原監督も苦笑い 菅野が自身初3者連続被弾 連勝5で止まる

2019年4月25日 21:22 デイリースポーツ

 「ヤクルト11-1巨人」(25日、神宮球場)
 巨人の連勝が5でストップ。18安打、5被弾で今季ワーストタイとなる11失点で惨敗した。エース・菅野智之投手が今季ワーストとなる四回途中7失点でKOされ、2敗目を喫した。
 菅野は今季初の中5日のマウンドとなったが三回、青木、山田哲、バレンティンに自身初となる3者連続アーチを被弾。全て完璧に仕留められ、菅野はショックを隠せず。結局、昨季のCSでノーヒットノーランを達成した神宮で、まさかのKO負けとなった。
 その後も投手陣が打ち込まれ、七回は桜井が山田哲、バレンティンに連続アーチを被弾。一方的な展開に、三塁ベンチの原監督は苦笑いを浮かべるしかなかった。

外部リンク

cat_oa-dailysports_issue_a6b8be128c03 oa-dailysports_0_87b08fc9ae85_DeNA悪夢8連敗…山崎康が打たれた ラミレス監督「これも野球の1つ」と淡々 87b08fc9ae85

DeNA悪夢8連敗…山崎康が打たれた ラミレス監督「これも野球の1つ」と淡々

2019年4月25日 21:21 デイリースポーツ

 「DeNA3-5阪神」(25日、横浜スタジアム)
 DeNAが守護神・山崎が打たれる悪夢の逆転負けで8連敗を喫した。
 初回に2点を失ったが、筒香、ソト、伊藤のソロ3本で勝ち越しに成功。1点リードの最終回に満を持して山崎が登場した。
 だが、先頭・梅野に四球を与え、続く北條のバントを一塁に悪送球し無死一、二塁。その後2死までこぎ着けたが、新人の近本に左翼席へ逆転3ランを運ばれた。
 あと1人から暗転し、単独最下位に転落。ラミレス監督は「これも野球の1つ。一番いいピッチャーで負けたので、仕方ない」と淡々と敗戦を受け入れた。27日からは敵地で首位・巨人との3連戦。トンネルの出口は依然として見えない。

外部リンク