cat_oa-dailysports_issue_12aa4aa6612e oa-dailysports_0_12aa4aa6612e_岡田結実 独立から1年「『なにクソ』と思っていた」 12aa4aa6612e 12aa4aa6612e 岡田結実 独立から1年「『なにクソ』と思っていた」 oa-dailysports

岡田結実 独立から1年「『なにクソ』と思っていた」

2021年4月15日 16:41 デイリースポーツ

 タレントの岡田結実が15日、都内でセルフホワイトニングサロン「デンタルラバー2021新商品発表会」に登場した。
 イメージガールに就任した岡田は、男性向けの新色展開にちなんで男装姿を披露。この日、21歳の誕生日を迎え、サプライズでバースデーケーキを贈られると「すご~い!ビックリしました!!うれしい」と大喜びした。
 昨年3月いっぱいで前所属事務所から独立して1年が経過。「当初は『どうせ1年後にはいないだろう』とか『仕事も減っていくだろう』という書き込みもあって『なにくそ』って思ってたんですけど、ありがたいことに仕事量が増えたっていうのは、1年前よりも全然変わったなって実感してます」と笑顔で振り返り「顔が男性に似ているとか言っていただくので、中性的な役をやってみたい」と21歳の抱負を語った。
 父でお笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右(52)と再婚相手との間に昨年誕生した男児とは「まだ会っていないですね」と明かし「会った時には滑り芸の血が流れてないといいなと思いますね」と笑った。

外部リンク

cat_oa-dailysports_issue_12aa4aa6612e oa-dailysports_0_ac076bc93072_阪神・大山 今週中にも2軍で実戦復帰へ 矢野監督「打席に立つことも」 ac076bc93072 ac076bc93072 阪神・大山 今週中にも2軍で実戦復帰へ 矢野監督「打席に立つことも」 oa-dailysports

阪神・大山 今週中にも2軍で実戦復帰へ 矢野監督「打席に立つことも」

2021年5月13日 06:00 デイリースポーツ

 背中の張りで2軍調整中の阪神・大山悠輔内野手(26)が、早ければ14日から始まるウエスタン・広島3連戦(甲子園)中に実戦復帰する見通しであることが12日、分かった。

【写真】6日のヤクルト戦 途中交代でベンチから見つめる大山

 中日戦の雨天中止が決まった後、矢野監督が「体と相談しながらやけど、今週のどこかで打席に立つこともなくはないかなという状況」と明言。「また上がって抹消ではチームも悠輔も困る。段階を踏まないと無理」と、まずは2軍戦でしっかりと状態を見極めていく方針だ。
 6日に出場選手登録を抹消され、7日から鳴尾浜のファーム施設でリハビリを開始。井上ヘッドコーチは「今はティー打撃とかで。フリー打撃でも80パーセント、90パーセントという形ではまだないですけど。5割から6割の力を入れてやれている、というような報告は受けています」と現状を明かした。
 開幕から31試合に出場して打率・291、5本塁打、24打点。代役で4番を務めるドラフト1位・佐藤輝(近大)が存在感を示しているが、チームとして大山の存在は欠かせない。「不安を抱えたまま(試合に)出させるつもりはありません」と井上ヘッド。まずはフルスイングできる万全の状態に戻し、徐々に臨戦態勢を整える。

外部リンク

cat_oa-dailysports_issue_12aa4aa6612e oa-dailysports_0_19fdb0a58ff8_広島・森下、7回0封!無念ドロー4勝目ならずも、自己ワースト6四球も崩れず 19fdb0a58ff8 19fdb0a58ff8 広島・森下、7回0封!無念ドロー4勝目ならずも、自己ワースト6四球も崩れず oa-dailysports

広島・森下、7回0封!無念ドロー4勝目ならずも、自己ワースト6四球も崩れず

2021年5月13日 06:00 デイリースポーツ

 「ヤクルト0-0広島」(12日、神宮球場)
 先発した広島の森下暢仁投手(23)は7回3安打無失点の好投も打線の援護がなく、チームトップタイの4勝目はお預けとなった。ヤクルト先発・田口を攻略できず、今季4度目の引き分け。8日・中日戦(バンテリンドーム)の八回から連続イニング無得点は20となった。きょうこそ打線が奮起し、勝利をつかみ取る。
 粘り強く腕を振るも報われなかった。0-0の七回2死二、三塁。この試合最大のピンチで中村を二飛に抑えると、森下はポンとグラブをたたいた。7回3安打無失点に「とにかく点を取られないようにということを意識した。点を取られたら流れがあっちにいってしまう状況。何とか抑えることができて良かった」と127球の熱投を振り返った。
 序盤から我慢の投球だった。「四球でテンポ悪く入ってしまった」。初回に2四球を与え、いきなり2死一、二塁と走者を背負った。しかし、初対戦のオスナを冷静に三ゴロに仕留めて切り抜けた。
 ストライクゾーンの際どい判定にも苦しみ、一度も三者凡退はなかった。全イニングで走者を許し、四球数は20年7月31日の巨人戦で記録した5個を超えるワーストの6四球。それでも崩れることなく、試合を作れるあたりはさすが昨季の新人王。前回登板した3日の巨人戦はプロ初の3被弾を浴びるもしっかりと修正。きっちりと要所を締め、中8日の登板の影響を感じさせない投球を披露した。
 佐々岡監督は「制球に苦しんでらしくない四球もあったが、粘り強くゼロで抑えてくれた。辛抱強く投げてくれた」とたたえたが…投打は一向にかみ合ってこない。
 打線がヤクルト先発の田口を攻略できず、無念の引き分け。無得点試合は今季8度目となり、8日・中日戦の八回を起点とした連続イニング無得点は20まで伸びた。森下を見殺しにした打線に指揮官は「辛抱強くやらないといけない。一発長打が出ればいいが、それもなかなかね」と頭を抱える。
 森下が今季先発した7試合の援護点は「16」となり、1試合平均でわずか2・2。4月27日・DeNA戦では10点の援護があったものの、その他6試合は援護が2点以下と孤軍奮闘の状況に陥ってしまっている。
 「ゼロでいけたのは良かったが、自分がリズムを作れるようにやっていきたい」と攻撃のリズムを作れなかった点を反省した背番号18。次回は援護を呼び込む投球で、チームを勝利へ導く。

外部リンク

cat_oa-dailysports_issue_12aa4aa6612e oa-dailysports_0_5dbae8413bdb_阪神・佐藤輝 4番合格!矢野監督「“テルが4番でいいんじゃないかな”って」 5dbae8413bdb 5dbae8413bdb 阪神・佐藤輝 4番合格!矢野監督「“テルが4番でいいんじゃないかな”って」 oa-dailysports

阪神・佐藤輝 4番合格!矢野監督「“テルが4番でいいんじゃないかな”って」

2021年5月13日 06:00 デイリースポーツ

 有観客再開となるはずだった中日戦(甲子園)が天候不良により中止となった12日、阪神の矢野燿大監督(52)がドラフト1位・佐藤輝明内野手(22)=近大=の4番での働きに合格点を与えた。背中の張りで2軍調整中の大山に代わり、ここまで5試合で4番に座り、打率・333、2本塁打、8打点と上々の成績。仕切り直しとなる13日の試合でも、ファンの前で躍動してみせる。
 昼過ぎから小雨がぱらつき始めた甲子園。雨量はそれほどでもなかったが、内野に敷かれたシート上は時間の経過とともに水浸しとなっていった。
 16時40分。天候不良により、今季4度目となる中止が決定。矢野監督は、3点差を追いつき同点に持ち込んだ前夜の試合を持ち出しながら、「ウチの方がいい流れであったからね。もちろんやりたかったというのはあるけど…まあ青柳には勝たれへんわな」。登板日が雨にたたられることが多いことで知られる“雨柳”をいじりながら笑ってみせた。
 チームは開幕から4番に座ってきた大山を背中の張りで欠いた後も、2勝1敗1分け。首位快走の勢いが失速していない要因のひとつが、大山に代わって「4番・三塁」を務める佐藤輝の活躍だ。
 大山が休養日に充てた2日の広島戦を含めて、4番を務めた5試合で18打数6安打、打率・333、2本塁打、8打点。7日のDeNA戦ではドラフト制後の新人最速2桁弾となる10号を放つなど、「4番打者」の重圧もなんのその。15試合連続出塁中と、勢いが陰ることはない。
 当初は佐藤輝の4番を「体験入部みたいなもん」と話していた矢野監督。「1年目で真の4番というふうになるには経験も浅いし、乗り越えていかないといけないものがある」と話す一方で、「今のメンバーを見ていく中で“テルが4番でいいんじゃないかな”っていうものをしっかり見せてくれている」とここまでの働きに合格点を与えた。
 13日の中日戦は仕切り直しで甲子園の有観客開催が再開される。実はここまで雨天などによる中止翌日の佐藤輝は、3試合で12打数4安打、打率・333、2本塁打、8打点。広島の森下から4号2ラン、そして甲子園で8号満塁弾を放ったのも中止翌日だ。
 初の4番に座り、その満弾が飛び出した2日の広島戦は甲子園が無観客での開催だった。「見に来て良かったと思ってもらえるようなプレーを見せたい」と誓うゴールデンルーキー。チームとしても雨天中止翌戦はここまで3戦3勝。ファンが待ち望む豪快な一発を放ち、4番としてチームを勝利に導く。

外部リンク

cat_oa-dailysports_issue_12aa4aa6612e oa-dailysports_0_5aea2c69ca81_舘ひろしが独立後初ドラマ主演 かつて石原プロに所属・浅丘ルリ子と初共演 5aea2c69ca81 5aea2c69ca81 舘ひろしが独立後初ドラマ主演 かつて石原プロに所属・浅丘ルリ子と初共演 oa-dailysports

舘ひろしが独立後初ドラマ主演 かつて石原プロに所属・浅丘ルリ子と初共演

2021年5月13日 05:45 デイリースポーツ

 NHKは12日、俳優の舘ひろし(71)が、今秋放送のBSプレミアムドラマ「生きて、ふたたび 保護司・深谷善輔」(日曜、全8回予定)に主演することを発表した。「石原プロモーション」の閉業に伴い4月に個人事務所「舘プロ」を設立した舘にとって、独立後初の主演ドラマ。かつて石原プロに所属した女優・浅丘ルリ子(80)と初共演する。
 舘は、教師から保護司に転身した主人公・深谷善輔役。浅丘は自分の子どもを殺した罪で服役していた女性を演じ、2人は「新米保護司」対「重い罪を負いながらも奔放に生きる女性」として対峙(たいじ)する。
 舘は「罪を背負った人々を通じ、保護司という立場で、世の矛盾や、心の傷や痛みに寄り添うような役柄を演じることができれば」と意気込み、「石原裕次郎さんと数々の名作を共演してこられた、浅丘ルリ子さんと初共演させていただけることが、大変光栄で楽しみにしております」と感慨をにじませた。
 浅丘は「石原裕次郎さんとのご縁で、今回、初めて舘ひろしさんと共演することになりました。8本あるお話の中で、どう展開していくのか楽しみにご覧いただきたいと思います」とコメントした。
 共演は、蓮佛美沙子(30)、真矢ミキ(57)ら。

外部リンク

cat_oa-dailysports_issue_12aa4aa6612e oa-dailysports_0_7a57d655c67f_西郷輝彦が公表した去勢抵抗性前立腺がんとは  7a57d655c67f 7a57d655c67f 西郷輝彦が公表した去勢抵抗性前立腺がんとは  oa-dailysports

西郷輝彦が公表した去勢抵抗性前立腺がんとは 

2021年5月13日 05:45 デイリースポーツ

 俳優で歌手の西郷輝彦(74)が12日、ステージ4の去勢抵抗性前立腺がんであることを自身で立ち上げたYouTubeチャンネルで公表。最先端の治療を受けるため、4月末にオーストラリアに渡航したと所属事務所を通じて発表した。
  ◇  ◇
 西郷が公表した「去勢抵抗性前立腺がん」は、内分泌療法(ホルモン療法)により、男性ホルモンの分泌が抑えられているにもかかわらず悪化する前立腺がんのこと。「CRPC」とも呼ばれる。
 血液中の男性ホルモンの濃度も非常に低いにもかかわらずがんが進行したり、腫瘍マーカーのPSAの値が上昇している状態。内分泌療法が効きにくいがん細胞が生き残り、増殖することで起きると考えられており、主な治療法は抗がん剤治療や放射線治療が選択される場合が多い。
 前立腺がんは、前立腺の細胞が正常な増殖機能を失い、無秩序に自己増殖することにより発生する。芸能人では過去に間寛平、宮本亜門氏らが罹患(りかん)している。

外部リンク

cat_oa-dailysports_issue_12aa4aa6612e oa-dailysports_0_0e425d69236c_西郷輝彦 ステージ4前立腺がん公表 最先端治療受けるため豪州へ「後がないんだ」 0e425d69236c 0e425d69236c 西郷輝彦 ステージ4前立腺がん公表 最先端治療受けるため豪州へ「後がないんだ」 oa-dailysports

西郷輝彦 ステージ4前立腺がん公表 最先端治療受けるため豪州へ「後がないんだ」

2021年5月13日 05:45 デイリースポーツ

 俳優で歌手の西郷輝彦(74)が12日、ステージ4の去勢抵抗性前立腺がんであることを自身で立ち上げたYouTubeチャンネルで公表。最先端の治療を受けるため、4月末にオーストラリアに渡航したと所属事務所を通じて発表した。
 西郷は2011年に前立腺がんを摘出。17年11月に再発し、治療を続けてきた。前立腺がんのマーカーが上昇したため、日本では未承認の治療を受けることを決意し先月23日に豪シドニーに向け出発。合計3回4カ月間の治療を受け8月末に帰国する予定という。関係者は帰国後に体調と相談しながら仕事復帰するとした。
 YouTubeで西郷は「ステージ4というともう横綱。だけど強くはない。後がないんだ」と胸中を吐露。ホルモン治療に始まり、放射線や抗がん剤治療を11回も受けたと公表した上で「願いはただ一つ。もう少しだけ好きな仕事をさせてほしい」と治療を決めた理由を明かした。
 コロナ禍での渡航治療について「感染が止まらない日本を後にするのは心残りではありました」としながらも「愛する皆様お元気で待っていて下さい。同じ病と闘う皆様の希望になれたら大成功です」と、自身の体験で病に苦しむ仲間を力づけることを誓った。
 西郷がシドニーで受ける治療は「PSMA治療」とみられる。前立腺がん細胞表面に存在するたんぱく質(PSMA=前立腺特異的膜抗原)に結合する物質に放射性物質を組み合わせ、がん細胞のみを狙い撃ちする治療法で、進行性前立腺がんや再発転移を起こした前立腺がんに有効だという。
 他の臓器にダメージを与えず、副作用が少ないという安全性と有効性の高さから近年国際的に注目されており、ドイツやオーストラリアでは治療が確立。日本では放射性物質の取り扱いに関する法的制限があり、現在まで承認されていない。

外部リンク

cat_oa-dailysports_issue_12aa4aa6612e oa-dailysports_0_04fdacea58c3_橋本会長 IOC理事会で「全面的支持いただいた」 開催懸念の声も中止論議なし 04fdacea58c3 04fdacea58c3 橋本会長 IOC理事会で「全面的支持いただいた」 開催懸念の声も中止論議なし oa-dailysports

橋本会長 IOC理事会で「全面的支持いただいた」 開催懸念の声も中止論議なし

2021年5月13日 05:45 デイリースポーツ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長(56)と、武藤敏郎事務総長(77)が12日、国際オリンピック委員会(IOC)理事会に出席後に、報道陣に対応した。

【写真】ピリ付いた雰囲気の中、橋本聖子会長がアスリートの声に反応

 橋本会長は「理事からは、それぞれの国のアスリートが日本に行って競技できるか、懸念を持っているという言葉もありました。丁寧な発信を心がけてほしいとの話もありました」と開催を懸念する声があったことを認めた上で「開催に全面的な支持をいただいた」と話した。中止に関する議論は「まったくなかった」(武藤事務総長)という。
 IOCが各国選手団に提供するワクチンについては、接種が遅れる日本国内で「五輪特権」として批判を呼んでいる。橋本会長は「国民の皆さんにより安心安全と思っていただくために、来日する各国選手団はできるだけワクチンを接種してほしいという考えでこの供給は決定した。ホスト国のアスリートも接種させていただくのが、大会成功の鍵になる」と理解を求めた。

外部リンク

cat_oa-dailysports_issue_12aa4aa6612e oa-dailysports_0_c6d2702833a2_井上咲楽 柳沢慎吾の“飛沫トーク”に圧倒された「いくつになっても元気でいたい」 c6d2702833a2 c6d2702833a2 井上咲楽 柳沢慎吾の“飛沫トーク”に圧倒された「いくつになっても元気でいたい」 oa-dailysports

井上咲楽 柳沢慎吾の“飛沫トーク”に圧倒された「いくつになっても元気でいたい」

2021年5月13日 05:45 デイリースポーツ

 俳優の柳沢慎吾(59)とタレントの井上咲楽(21)が12日、都内で、映画「アオラレ」(28日公開)の公開記念トークショーに出席した。「あおり運転」の恐ろしさを描くアクションスリラー。柳沢は、緊迫シーンを一人で再現するなどマシンガントーク全開で大暴れ。MCから注意を受け「俺、飛沫芸能人だから。ごめんなさいね」と苦笑する場面も。
 アクリル板越しに様子を見つめていた井上は「私もいくつになっても元気でいたいな…」と圧倒された様子だった。井上はドライブシミュレーターで、クラクションを鳴らされ続け、幅寄せされる「あおり運転」も体験。「危ない、危ない!」と恐怖に絶叫していた。

外部リンク

cat_oa-dailysports_issue_12aa4aa6612e oa-dailysports_0_a46cd918ba31_五木ひろし ももクロと共演だゼ~ット コロナ感染玉井詩織はぬいぐるみで参加 a46cd918ba31 a46cd918ba31 五木ひろし ももクロと共演だゼ~ット コロナ感染玉井詩織はぬいぐるみで参加 oa-dailysports

五木ひろし ももクロと共演だゼ~ット コロナ感染玉井詩織はぬいぐるみで参加

2021年5月13日 05:45 デイリースポーツ

 歌手・五木ひろし(73)が12日、都内で、音楽イベント「ITSUKIフェス」を行った。ももいろクローバーZ、DA PUMP、岡村隆史(50)ら8組が出演。緊急事態宣言延長により、期間中の有観客開催となったが、「大変な状況の中でもお越しくださり、うれしく思います。大きな声を出さずに心の中で叫んで、素敵な笑顔、大きな拍手で楽しんでください」とファンに呼びかけた。
 ももクロはメンバーの玉井詩織(25)が10日に新型コロナウイルスに感染したため、濃厚接触者に該当しなかった3人で出演。佐々木彩夏(24)は玉井のぬいぐるみをぶら下げて歌い、リーダーの百田夏菜子(26)が「急きょ玉井詩織がお人形さんでの参加となりました。ご迷惑お掛けしてしまい、すみません」と謝罪していた。

外部リンク