cat_oa-cinematoday_issue_20ad9f97d927 oa-cinematoday_0_20ad9f97d927_金ロー『千と千尋の神隠し』声優は?神木隆之介や大泉洋も 20ad9f97d927

金ロー『千と千尋の神隠し』声優は?神木隆之介や大泉洋も

2019年8月16日 06:01 シネマトゥデイ

 宮崎駿監督の人気アニメーション映画『千と千尋の神隠し』が16日よる7時56分~、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」でノーカット地上波放送される。今夜のオンエアを前に、あらためて声優キャストを振り返りたい。

 米アカデミー賞長編アニメ映画賞を受賞し、いまも日本歴代映画興行収入第1位に輝く本作。引っ越しの途中で不思議な世界に迷い込んだ少女・千尋は、豚に姿を変えられてしまった両親を助けるために、神々の訪れる湯屋で働くことになる。

 主人公・千尋役は、NHK連続テレビ小説「すずらん」(1999)でヒロインの少女時代を演じた女優の柊瑠美(ひいらぎるみ)。千尋が出会う少年ハクを人気声優の入野自由(みゆ)、湯婆婆を夏木マリ、釜爺を故・菅原文太さん、青蛙を我修院達也、坊を神木隆之介、番台蛙を大泉洋、千尋の父を内藤剛志、母を沢口靖子が演じる。

 なお、23日よる9時~は『崖の上のポニョ』、30日よる9時~は『天空の城ラピュタ』が放送される。(編集部・中山雄一朗)

外部リンク

cat_oa-cinematoday_issue_20ad9f97d927 oa-cinematoday_0_596e9ebd5c12_菅田将暉×小松菜奈『糸』に榮倉奈々、斎藤工!追加キャスト発表 596e9ebd5c12

菅田将暉×小松菜奈『糸』に榮倉奈々、斎藤工!追加キャスト発表

2019年8月16日 05:00 シネマトゥデイ

 菅田将暉と小松菜奈がダブル主演を務める、中島みゆきの名曲「糸」をもとにした映画『糸』(2020年4月24日公開)の追加キャストが発表され、榮倉奈々、斎藤工らの同作への出演が明らかになった。

 本作は平成元年に生まれた高橋漣(菅田)と園田葵(小松)の二人が出逢い、強く想い合いながらもすれ違い、平成の終わりに再びめぐり逢うまでの18年間を描く愛の物語。漣はチーズ工房で働く青年で、彼と運命的に出逢いながらも中学生の時に離れ離れになってしまうのが葵だ。北海道をはじめ、東京・沖縄・シンガポールが舞台となっており、『64-ロクヨン-』シリーズなどの瀬々敬久監督がメガホンを取った。

 チーズ工房の先輩で漣と恋愛関係になる桐野香を演じる榮倉は「幅広い年代の人々に長い間愛されている、中島みゆきさんの『糸』。カテゴリーは恋愛映画でありながら、人生の複雑さが描かれているこの作品で『糸』の歌詞を改めて考えさせられると思います」と今作についてコメントしている。

 一方、葵と恋愛関係になるファンドマネージャーの水島大介役を務める斎藤は「“平成”をぐるりと生きた人間として、この平成の足跡を辿る物語は、令和と言う時代の未来を照らす糸になると強く思いました」と語っている。

 葵の同僚・親友でありやがてシンガポールで一緒に事業を始める高木玲子役で山本美月、子どもに温かい食事を無償で提供する「子ども食堂」の女主人・村田節子役で倍賞美津子、漣の幼なじみの親友で良き理解者である竹原直樹役で成田凌、竹原直樹の二番目の妻・山田利子役で二階堂ふみ、葵・玲子と共にシンガポールで一緒に事業を始める冴島亮太役で高杉真宙が出演。

 葵・漣と幼なじみで直樹の最初の妻になる後藤弓役で馬場ふみか、香の父・桐野昭三役で永島敏行、葵の叔父・矢野清役で竹原ピストル、チーズ工房の工房長で漣のチーズ作りの師匠・富田幸太郎役で松重豊、香の母・桐野春子役で田中美佐子、葵の母親・園田真由美役で山口紗弥加といったキャストが集結している。(編集部・海江田宗)

外部リンク

cat_oa-cinematoday_issue_20ad9f97d927 oa-cinematoday_0_1498e8446536_ロボコップ続編から『第9地区』監督が降板 本人が報告 1498e8446536

ロボコップ続編から『第9地区』監督が降板 本人が報告

2019年8月15日 23:15 シネマトゥデイ

 映画『ロボコップ』の続編『ロボコップ・リターンズ(原題)/ RoboCop Returns』を準備していた『第9地区』のニール・ブロムカンプ監督が、プロジェクトから離脱したようだ。本人がTwitterで明かしている。

 ブロムカンプ監督はTwitterで「ロボコップから離れた。僕は新しいホラー/スリラー作品を撮っているんだけど、MGMは待つことができず、今ロボコップを撮る必要があるんだ」と報告。同作を製作するMGMと、スケジュールの関係で折り合いがつかなくなったことを示唆した。Entertainment Weekly では、この件についてMGMとブロムカンプ監督にコメントを求めたが、まだ返答は得られていないとしている。

  The Hollywood Reporter によると、『ロボコップ・リターンズ(原題)』は、1987年に公開された1作目の続編になる予定で、『ターミネーター:ニュー・フェイト』のジャスティン・ローズが脚本を執筆。オリジナル版の脚本を手掛けたエドワード・ニューマイヤーとマイケル・マイナーもプロデューサーに名を連ねる。

 『ロボコップ』は2014年に現代的なデザインでリブートされているが、ブロムカンプ監督はTwitterで、新作のロボコップはオリジナル版のデザインで登場すると明かしていた。降板を明かしたブロムカンプ監督のツイートによると、MGMはほかの監督で製作を進める意向のようで、「他のファンと一緒に劇場で観るのを楽しみにしてるよ」とつぶやいている。

 ブロムカンプ監督はかつて、自ら描いたコンセプトアートをきっかけに『エイリアン』シリーズの新作を手掛けることが決まったものの、後に企画倒れとなり実現しなかった。2015年の『チャッピー』以来、長編は発表していない。(編集部・入倉功一)

外部リンク

cat_oa-cinematoday_issue_20ad9f97d927 oa-cinematoday_0_709a67aa0ca8_タロン・エガートン、日本の歓迎に感謝!エルトン・ジョンを演じ「魔法のよう」 709a67aa0ca8

タロン・エガートン、日本の歓迎に感謝!エルトン・ジョンを演じ「魔法のよう」

2019年8月15日 22:41 シネマトゥデイ

 15日、英歌手エルトン・ジョンの半生を追った映画『ロケットマン』のジャパンプレミアイベントが都内で行われ、エルトンを演じた主演のタロン・エガートンとデクスター・フレッチャー監督が出席。タロンは日本のファンの歓迎に感謝しながら、エルトンを演じた経験を「魔法のようだった」と振り返った。

 主演映画『キングスマン』シリーズなどで知られるタロンは、今回が初来日。「東京はずっと来たい街でした。今回はPR活動が忙しくて、ほとんどホテルですごしていたけれど、出会った皆さんが温かく歓迎してくれてうれしかった」と日本のファンへの感謝を述べる。

 エルトンとは、昨年公開された『キングスマン:ゴールデン・サークル』で共演し、自身が声優として参加した『SING/シング』でエルトンの楽曲を歌うなど、深い縁があったタロン。本作を通じてその絆はさらに深まったようだ。「存命中の、しかもあれだけ有名な人を演じる機会はなかなかない。しかもエルトンが製作にも関わっているから、この映画を通して、深い絆、そして友情が生まれたんだ。その友情は今も続いていて、数週間前に南仏で彼とすごしたりもした」

 そしてタロンは「この作品に出演できたことは魔法のような経験だった」と語ると、「日本で『キングスマン』がすごくヒットしたということは聞いていたけど、この映画もデクスター・フレッチャー(の演出)を含め、本当に素晴らしい作品なので、ぜひ楽しんでもらいたいです」と付け加えた。

ブルーカーペットイベントでファンサービスするタロン・エガートン

 そのフレッチャー監督は、今回が4度目の来日となり「毎回、美味しいものをたらふく食べて、思い切りショッピングをして。温かく迎えてもらって興奮します」と日本を楽しんでいる様子。また、日本でも記録的なヒットとなった『ボヘミアン・ラプソディ』も手がけており(クレジットはブライアン・シンガー監督のみ)「日本でのクイーン人気は知っていたから、『ボヘミアン・ラプソディ』がこれだけヒットしたということは不思議なことではないよ」と分析する。

 そのうえでフレッチャー監督は「今回は純粋なミュージカルなんだ。タロンが全曲をアフレコなしで歌っている。それが見どころだと思う。彼は演技ばかりでなく、歌唱力も並外れている」と『ロケットマン』の魅力を熱弁。「エルトンが好きで、タロンが好きなら、今日は最高にハッピーな気持ちで帰れると思うのでお楽しみに!」と会場に呼びかけた。

 またこの日は、エルトンのヒット曲「土曜の夜は僕の生きがい」に合わせて、観客がケミカルライトを振ってみせるサプライズ演出も。その光景を目の当たりにした2人は大興奮で、タロンは「本当に素晴らしい! みんなには是非とも『ロケットマン2』に出演してもらいたいね!」と満面の笑みで語っていた。

 なお、ジャパンプレミアイベントに先駆けて、東京ミッドタウン日比谷ではブルーカーペットイベントが開催され、およそ300人のファンが集合。タロンとフレッチャー監督も、ファンとつかの間の交流を果たした。イベントには、ふかわりょうと、ハリセンボンの近藤春菜、相方の箕輪はるかも来場した。(取材・文:壬生智裕)

映画『ロケットマン』は8月23日より全国公開

外部リンク

cat_oa-cinematoday_issue_20ad9f97d927 oa-cinematoday_0_7e1b0da8425d_「三大テノール」ドミンゴ氏がセクハラ疑惑、女性歌手ら告発 7e1b0da8425d

「三大テノール」ドミンゴ氏がセクハラ疑惑、女性歌手ら告発

2019年8月15日 22:18 シネマトゥデイ

[ロサンゼルス 13日 ロイター] - 米ロサンゼルス・オペラは13日、総監督を務めるスペインの世界的テノール歌手プラシド・ドミンゴ氏(78)への性的不正行為の告発を調査することを明らかにした。同氏は、告発は不正確だと反論している。

 サンフランシスコ・オペラとフィラデルフィア管弦楽団は、9月と10月に予定されていたドミンゴ氏の出演を取りやめたと発表した。

 AP通信によると、ドミンゴ氏はクラシック音楽界の歌手8人やダンサー1人などから告発を受けているという。

 AP通信は告発を行った女性らに取材。ほかにも音楽家、声楽教師、舞台裏スタッフら30人近くに話を聞いたところ、30年前からさまざまな都市で行われたドミンゴ氏の「性的な意味合いのある」行為を目撃したと証言したという。

 LAオペラは声明で「ドミンゴ氏に関する申し立てを調査するため、外部弁護士と契約する」と説明。「すべての従業員とアーティストが等しく快適で、評価され、尊敬されていると感じるようなプロフェッショナルで協力的な環境を醸成するために、あらゆる措置を取ることにコミットする」とした。

 ドミンゴ氏は声明で、この告発について「非常に厄介で、提示されている通り、不正確」だと反論した。ただ、「いかにそれが昔のことで、私の最善の意図によるものであったとしても、自分が誰かを怒らせたり、不快にさせていたと聞くのはつらい」とコメント。「すべての交流と関係が常に歓迎され、合意に達していると信じていた」と弁明した。

 さらに、故意に誰かを傷つけたり、不快感を与えたり、当惑させたりすることはないものの「私たちが現在判断され、判断されるべき規則や基準が、昔とは大きく異なっていることは認識している」と付け加えた。

 ドミンゴ氏はホセ・カレーラス氏、故ルチアーノ・パバロッティ氏とともに「3大テノール」と呼ばれている。

外部リンク

cat_oa-cinematoday_issue_20ad9f97d927 oa-cinematoday_0_ffa6873d5600_関西ジャニーズJr.のAぇ! group初の冠番組が放送決定! ffa6873d5600

関西ジャニーズJr.のAぇ! group初の冠番組が放送決定!

2019年8月15日 21:00 シネマトゥデイ

 関西ジャニーズJr.内のユニット、Aぇ! Groupによる初の冠番組「Aぇ! groupのえぇ関西! プロジェクト(仮)」(カンテレ、関西ローカル)が9月8日深夜1時から放送されることが決定した。

 今年2月に結成された同グループは、関西ジャニーズJr.の正門良規、末澤誠也、草間リチャード敬太、小島健、福本大晴、佐野晶哉の6人からなるユニット。彼らの公演を関ジャニ∞の横山裕が手掛けていることでも話題で、先日、東京ドームで行われたジャニーズJr.出演のコンサート「ジャニーズJr. 8・8祭り」で、初の単独コンサートが実施されることが発表されるなど勢いに乗っているグループだ。

 番組では、メンバーの6人が二手にわかれて、地元・関西を世界に誇る“えぇ!街”にするべく奮闘。悩んでいる人々を救うために、体を張ってチャレンジしていくという。

 メンバーの正門は、「グループ結成から半年たたずして、こういうお話をいただいて、冠番組ができるというのはすごく幸せです! 特番の1回きりで終わらせずに、次に繋げていけるように頑張ります」と意気込みを語っている。(編集部・梅山富美子)

「Aぇ! groupのえぇ関西! プロジェクト(仮)」はカンテレ、関西ローカルにて9月8日深夜1時~1時59分に放送

コメント全文

■正門良規
グループ結成から半年たたずして、こういうお話をいただいて、冠番組ができるというのはすごく幸せです! 特番の1回きりで終わらせずに、次に繋げていけるように頑張ります。僕たちならではの“グループの濃さ”をアピールして、皆さんに見ていただきたいです。ファンの方にも僕らの意外な部分を楽しんでいただけると思います。

■末澤誠也
気合いも入っていますが、すごく緊張しています。冠番組は夢だったんですが、決まるとプレッシャーもありますね。「しっかり爪痕残さなアカンな」って。僕はグループの最年長ですが、良い意味でも悪い意味でも最年長らしくない部分を見てもらえたらうれしいです。それぞれが自分の良い味を出して、“Aぇ! group”らしい番組にできたら良いなと思います。

■草間リチャード敬太
冠番組は、別番組の打ち合わせのときにマネージャーさんからポロッと聞いたんですけど、「えっ!?」ってなった後に、ワールドカップで優勝したときぐらい、みんなで喜びましたね。もちろんすごくうれしいですけど、この番組次第で次がどうなるかも決まると思うので、不安も大きいです。個人でバラエティー番組に出るときとはまた違った部分を見せられるように、頑張りたいです。

■小島健
冠番組を聞いたときは、「えっ!?」って頭が追い付かなかったんですが、いまはすごくうれしいです! ファンの方はもちろんですが、僕のおじいちゃんおばあちゃんにも観てもらえるじゃないですか。僕はリーダーなんですが、空回りしてしまうので最近はあまり“気ばらない”ようにしていて、頑張り方は試行錯誤中です(苦笑)。チャンスだと思うので、どんな番組になるかわかりませんが、楽しんでもらえるように全力で頑張ります。

■福本大晴
冠番組の話を聞いて、「めっちゃ芸能人やなぁ~」って思いましたね。自分たちの名前が付いた番組ってすごいなと(笑)。バラエティー番組で活躍するのが僕の目標でもあるので、やりたいことができて、本当に幸せだと思います。めちゃめちゃ“緊張しい”で、頭で考えたらうまくいかないことが多いので、“楽しむ”ことだけを考えて頑張ろうと思います。

■佐野晶哉
初めての冠番組は1回きりなので、自分としてもグループとしても「結果を残さないといけない!」と不安が大きいです。グループ最年少なので、フレッシュ感と言いますか、とりあえず元気に、若さを出して頑張ります! 僕らは、ある意味ジャニーズっぽくないグループだと思うので、自分たちのカラーをしっかり出していきたいと思います。

外部リンク

cat_oa-cinematoday_issue_20ad9f97d927 oa-cinematoday_0_7f59e0a38160_イドリス・エルバ『エンドゲーム』まだ観てないけど…ヘイムダル再演に意欲 7f59e0a38160

イドリス・エルバ『エンドゲーム』まだ観てないけど…ヘイムダル再演に意欲

2019年8月15日 20:12 シネマトゥデイ

 マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でヘイムダルを演じるイドリス・エルバだが、ABC News Radio によると、全世界興行収入歴代ナンバーワンとなった、MCUの総決算ともいえる映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』はまだ観ていないとのこと。同時に、再びヘイムダルを演じたいと意欲を見せているという。(記事は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『エンドゲーム』の内容にふれています)

 ヘイムダルは、ソーの故郷アスガルドと地球をつなぐ架け橋ビフレストの番人。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』において、ソーたちの船を襲ったサノスによって殺されてしまったが、死の直前にハルクを地球に転送し、その行動が結果的に『エンドゲーム』の勝利につながった。

 その結果をまだ観られていないイドリスだが、「ヘイムダルは神の家族の一員でもある。だから、生きていたっておかしくない。ただ、そうとだけ言っておくよ!」とヘイムダルの再登場に期待。そのうえで、「ソーやロキと同じく北欧神話からきているよね。それを生かすことができると思うんだ。もちろん、(また演じたいかといえば)イエスだよ」と語ったという。

 『マイティ・ソー』シリーズは、4作目となる『ソー:ラブ・アンド・サンダー(原題) / Thor: Love and Thunder』が、2021年11月5日に全米公開予定。さらに、2021年春の配信を予定しているロキが主人公のドラマシリーズは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』で登場した、過去のロキを描いた作品になるとされており、ヘイムダルが再登場する余地はありそうだ。

 イドリスは、現在公開中の『ワイルド・スピード/スーパーコンボ 』に敵役のブリクストンを演じているほか、名作ミュージカルを実写化する『キャッツ』(2020年1月24日公開)にも出演している。(編集部・入倉功一)

映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』予告編

外部リンク

cat_oa-cinematoday_issue_20ad9f97d927 oa-cinematoday_0_5845cd510e91_「偽装不倫」宮沢氷魚の直球告白に視聴者興奮!修羅場の予感も 5845cd510e91

「偽装不倫」宮沢氷魚の直球告白に視聴者興奮!修羅場の予感も

2019年8月15日 19:05 シネマトゥデイ

 ドラマ「偽装不倫」(日本テレビ系)の第6話が14日に放送され、宮沢氷魚演じる丈が鐘子(杏)に指輪を渡すシーンで披露したストレートな告白が視聴者のあいだで話題を呼んでいる(以下、6話のストーリーに触れています)。

 「海月姫」「東京タラレバ娘」などのヒット作を持つ人気漫画家・東村アキコの同名コミックをドラマ化した本作は、本当は独身の鐘子が一人旅で出会った年下のイケメンカメラマンの丈に、つい「既婚者である」と嘘をついたことから始まるラブストーリー。

 第6話で、鐘子は結婚していることが嘘であると打ち明けようとするも、突然倒れてしまう丈。病院で目を覚ました丈は、医師の一之瀬(眞島秀和)に病気のことを秘密にするよう頼むが、翌日「次に倒れたら危険な状態になる」と聞かされる。そして、胸に秘めていた本当の思いを明かした丈は、その週末にスペイン料理屋で“銀河鉄道の指輪”を鐘子に手渡し、「大好きだよ」とストレートに告白。さらに「今だけは僕のものになって」と鐘子を優しく抱きしめた。

 この胸キュン展開にSNSでは続々と反響があり、「カッコよすぎる」「綺麗な目に吸い込まれる」「三度見した」などのコメントが寄せられた。その一方で、なかなか本当のことを打ち明けられない鐘子の言動にヤキモキする声も上がり、2人の関係の行方をめぐってさらなる盛り上がりを見せている様子。

 また、鐘子の姉の葉子(仲間由紀恵)と夫の賢治(谷原章介)の2人にも熱い視線が注がれた。葉子の不倫相手である風太(瀬戸利樹)のボクシングの試合がある週末に、賢治から「結婚記念日のリベンジ」と熱海旅行に誘われた葉子だったが、断る言い訳を見つけられない。そんな葉子は旅行出発前に急な仕事を装って風太の試合へ向かうことに。これを不審に思った賢治の“逆襲”に、多くの視聴者が目を離せない模様。今後の攻防も注目を浴びそうだ。

 第7話では、賢治に呼び出された鐘子は、葉子について探りを入れられて焦ってしまう。なんとか誤魔化すものの、そこにバイト中の風太が偶然通りかかり、姉の夫と不倫相手が鉢合わせする窮地に陥ってしまう……。(編集部・大内啓輔)

ドラマ「偽装不倫」は毎週水曜よる10時~日本テレビ系にて放送中

鐘子が窮地に…!「偽装不倫」第7話の予告【動画】

外部リンク

cat_oa-cinematoday_issue_20ad9f97d927 oa-cinematoday_0_88b028ec43eb_次期朝ドラ「スカーレット」主題歌はSuperfly!戸田恵梨香「恐れ入った」 88b028ec43eb

次期朝ドラ「スカーレット」主題歌はSuperfly!戸田恵梨香「恐れ入った」

2019年8月15日 17:57 シネマトゥデイ

 9月30日からスタートするNHK連続テレビ小説「スカーレット」の主題歌が、Superflyの描き下ろした「フレア」に決定した。

 「スカーレット」は、焼き物の里・信楽(しがらき)を舞台に、戸田恵梨香が演じる女性陶芸家・川原喜美子の人生を追うオリジナルストーリー。主題歌のタイトル「フレア」には、炎(flare)と自己表現・才能(flair)のダブルミーニングが込められており、喜美子が陶芸家として向き合う“炎”をモチーフに、日々の出来事にも前向きになれるよう、「凛としていたいこころもち」を歌いあげる。

 作詞・作曲を手掛けた越智志帆は「幅広い世代の方々に聴いていただけること、物語のオープニングとして毎朝聞いていただくことを意識して、ドラマのお話にスッとバトンをつなげられるような曲にしたいと思い制作しました」とコメント。「この曲を聴いてみなさんの中にもある“炎”を絶やさぬよう、ポジティブな炎を燃やし続けられるよう前向きな気持ちになっていただけたらうれしいです」と呼び掛ける。

 また、ヒロインを務める戸田は「喜美子と同じく、Superflyの越智志帆さん自身もとてもパワフルで、元気をもらえる方です。喜美子の情熱やエネルギーは、志帆さんに通ずるところが大きいと思います。喜美子という女性を、音楽で表現するのに、最もふさわしいアーティストだと感じています」といい、楽曲についても「恐れ入った」と感服。「みなさまにも聴いていただくのが楽しみです」と語っている。

 本作には戸田のほか、北村一輝、富田靖子らが出演。脚本を水橋文美江が担当する。(編集部・入倉功一)

連続テレビ小説「スカーレット」は2019年9月30日~2020年3月28日にNHK総合で放送(全150回)

Superfly『プロメア』で初の劇場アニメ主題歌

外部リンク

cat_oa-cinematoday_issue_20ad9f97d927 oa-cinematoday_0_6bb939266ea1_2019年上半期洋画1位は『アラジン』 - 上半期洋画ランキング 6bb939266ea1

2019年上半期洋画1位は『アラジン』 - 上半期洋画ランキング

2019年8月15日 17:22 シネマトゥデイ

 2019年上半期(2018年11月末~2019年6月上旬公開作品)の「上半期外国映画作品別興収ベストテン」が文化通信社より発表され、ディズニーの名作アニメーションを実写映画化した『アラジン』が興行収入120億円超え(文中の数字は一部推定)で上半期1位を獲得した。最終興収が約75億円だった『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が上半期1位だった昨年と比べると、今年の上半期は洋画が全体的に好調だったといえそうだ。

 6月7日に初日を迎えた『アラジン』は金曜初日を含めた3日間で動員数約96万人、週末興収約13億9,600万円で興行通信社調べの全国映画動員ランキングは初登場1位。以降、5週連続ナンバーワンを達成した。客層は女性層が中心ながらも、ファミリー、シニアなど幅広い層に訴求。さらに本作を高音質・高画質で鑑賞したいというニーズからIMAX上映などのプレミア上映が好調だった。マジックカーペットのシーンを4Dで体験したいというニーズも多く、4D上映も高稼働だった。ハイペースな興行を続けた同作は、公開41日間で興収100億円を突破。この数値はディズニー史上では『アナと雪の女王』『アリス・イン・ワンダーランド』の37日間に次ぐ早さとなった。8月12日時点で累計の興収は116億7,000万円を超え、120億円突破も間近となっている。

 2位には65億7,000万円の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が入った。最終興収が73億円を超えた前作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』には及ばなかったものの、それでも前作に準ずる成績で見事2位にランクインした。2018年11月23日に初日を迎えた同作は、全国359館、1,008スクリーンで上映。3週連続でナンバーワンを獲得した。劇場には10~20代の女性を中心に、子連れのファミリーやカップル、映画ファンなど幅広い層が来場。字幕や吹替版、4DやIMAXなど多様なフォーマットで上映されていたことから、複数回鑑賞するリピーターも数多くいた。

 3位には『アベンジャーズ/エンドゲーム』が61億1,000万円でランクイン。4月26日に初日を迎えた同作の週末3日間の動員は96万人、興収14億円を突破するなど、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)史上ナンバーワンの記録を打ち出した。MCUの歴代興収のトップは2018年の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(最終興収37億4,000万円)であり、これまで興収40億円の壁はなかなか打ち破ることができなかった。しかし同作は2008年の『アイアンマン』から連なるMCUの一つの大きな区切りをつける集大成的作品ということで、イベントムービーとして浸透。多くの観客が劇場に押し寄せ、この好成績につながった。

 今年もディズニー作品の強さは際立っており、昨年と同じ4本(『アラジン』『アベンジャーズ/エンドゲーム』『シュガー・ラッシュ:オンライン』『キャプテン・マーベル』)がベストテンにランクイン。その他ワーナーが3本(『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』『アクアマン』『アリー/スター誕生』)、そして東宝が2本(『名探偵ピカチュウ』『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』)、ギャガ1本(『グリーンブック』)という内訳となっている。

 下半期は、現在大ヒット公開中の『ライオン・キング』『トイ・ストーリー4』『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』『ペット2』などのランクインが予想される。年間を通じて洋画全体の底上げとなるか注目される。(取材・文:壬生智裕)

【2019年の上半期外国映画作品別興収ランキングトップ10】(最終興収の数字は一部推定)
1『アラジン』120億円~
2『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』65億7,000万円
3『アベンジャーズ/エンドゲーム』61億1,000万円
4『シュガー・ラッシュ:オンライン』38億6,000万円
5『名探偵ピカチュウ』30億~31億円
6『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』29億~30億円
7『グリーンブック』21億2,000円
8『キャプテン・マーベル』20億3,000万円
9『アクアマン』16億4,000万円
10『アリー/スター誕生』14億8,000万円

【動画】ウィル・スミス&山寺宏一『アラジン』名曲を即興パフォーマンス!

外部リンク