cat_oa-businessinsider_issue_d78583987b89 oa-businessinsider_0_d78583987b89_中国の都市への警告か、放置されたシェア自転車の山々 d78583987b89

中国の都市への警告か、放置されたシェア自転車の山々

2018年4月19日 05:45 Getty Images

修理場に積み重ねられた、壊れたofoのシェア自転車。北京、2017年3月29日。
Getty Images

ここ数年、中国ではシェア自転車のスタートアップがいくつも生まれた。スタートアップは「自転車版ウーバー」と呼ばれ、ユーザーはGPSを搭載した自転車のロックをスマートフォンで解錠し、乗り終わったら好きな場所に乗り捨てることができる。

だがスタートアップの数は多すぎ、需要は不足した。英ガーディアンは、2017年11月に第3位の規模のBluegogoが破綻した直後に、中国の都市でシェア自転車が山積みに放置されている様子を伝えた。無数の自転車の山の中には、大手のモバイク、ofo、そして破綻したBleugogoの自転車もあった。

その様子はまるで自転車の墓場。シェア自転車に多額の投資をしようとする中国の都市への警告のようだ。

ここ数年、中国の都市ではシェア自転車が急拡大した。

都市近郊に集められた各社のシェア自転車。浙江省杭州市、2017年9月7日。
Reuters


料金は30分あたり数円、他の国々の同様のサービスに比べると非常に安価。例えば、ニューヨークでは30分あたり3ドル(約320円)。

空き地に集められた自転車のロープをほどく作業員。福建省廈門市、2017年12月13日。
Reuters


いつでも利用できるよう、各社は都市に何千台もの自転車を配置した。

シェア自転車の山の前をシェア自転車に乗って通り過ぎる男性。福建省廈門市、2017年12月13日。
Reuters


だが、主に需要不足により、複数のスタートアップが破綻した。

放置された各社のシェア自転車。上海、2017年11月21日。
Reuters

Bluegogoは破綻後に声明を発表、同社CEOは拡大を急ぎすぎたことを謝罪し、「傲慢だった」と認めた。


放置された自転車が山積みに。中国のシェア自転車ブームと破綻の犠牲者たち。

空き地に山積みにされたシェア自転車。湖北省武漢市、2018年4月7日。
Reuters


業界の失速は、中国のシェア自転車の未来に疑問を投げかけた。

ラッシュアワーにシェア自転車で通勤する人々。北京、2017年3月27日。
Getty Images


最近まで、自転車は中国の一般的な移動手段だった。

文化大革命の頃の広東省、建物の壁一面に壁新聞が貼られている。1966年頃。
Getty Images


1990年代中頃には、中国の自転車保有者は5億2300万人に達した。特に北京では人気が高く、保有率は100人あたり72台となった。

交通渋滞がひどい上海では、自転車は効率的な移動手段だった。1993年10月。
Getty Images

出典:CityLab


だが21世紀を迎えると車がステータスシンボルとなり、反自転車政策が始まった。広州市では自転車レーンが車用に変更され、大連市は「自転車ゼロ都市」を宣言した。

空き地に山積みにされたofoのシェア自転車。福建省廈門市、2017年12月13日。
Reuters


自転車は急激に減った。個人使用の車が増え、二酸化炭素の排出量も増えた。

放置された各社のシェア自転車。2017年11月21日。
Reuters


自転車人気を取り戻そうと、ここ数年で約30社のシェア自転車スタートアップが生まれた。成功の程度には差がある。

ラッシュアワーに新しいシェア自転車をトラックから降ろすofoの作業員。北京、2017年3月28日。
Getty Images


シェア自転車はどこでも乗り捨てできるため、ユーザーは時に住宅地、公園、店舗など便利な場所に乗り捨てる。ショッピングモールの前には乗り捨てられた自転車が約3メートルの山になっている。

ショッピングモールの前の自転車の山。
Getty Images


2017年3月、中国政府はシェア自転車200台に1人のメンテナンス要員を雇うよう義務づけた。つまり、業界全体で1万5000人を新たに雇わなければならない。収益の圧迫につながる。

各社のシェア自転車。上海、2017年11月21日。
Reuters


自転車の山は、急速に成長し、衰退した業界の思い出……。

修理のために路上に並べられた自転車を動かすofoの作業員。北京。2017年3月29日。
Getty Images


[原文:These photos of dockless bike graveyards should serve as omens for Chinese cities]

(翻訳:山口玲子、編集:増田隆幸)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_d78583987b89 oa-businessinsider_0_3b87d964b9cf_なぜ「ベンチャー100人の壁」が生じるのか ── 組織力の強いベンチャーの見分け方 3b87d964b9cf

なぜ「ベンチャー100人の壁」が生じるのか ── 組織力の強いベンチャーの見分け方

Shutterstock

人間には「認知限界」というものがあります。認知限界とは、ハーバート・サイモンが提唱した情報処理能力の限界のことです。電話番号が単なる数字の羅列ではなく、ハイフンで小分けにされているのも、一度にまとめて覚えられる認知限界ゆえのことです。

組織において最も大切な認知限界は、「1人のマネジャーが何人まで部下を把握できるのか」ということ。これには諸説ありますが、おおよそ6人前後と言われています。ちなみに、チームとしてみた場合、多数決で半々に割れてしまい意思決定が不能にならないように、奇数の7人がベストという話もあります。ともあれ、マネジャーが把握できる部下には限界があるのです。

「ベンチャー100人の壁」が発生するロジックはシンプル

Shutterstock

認知限界を超えたら、対象を小分けにすることによってまとめることで、全体を認知できるようにするのが基本です。組織でも同じで、例えば部下が10人いるグループは、5人ずつにわけて2人のマネジャーを置くことによって全体をマネジメントできるようにします。

ベンチャーで言えば、最初は創業者が自分1人で最前線の社員まで細かいところまで日々マネジメントできていたのが、認知限界を超えていくと難しくなり、仕方なく中間管理職を置いて、マネジメント上の権限(仕事のアサインや評価など)を委譲していくことになります。

俗に言う「ベンチャー100人の壁」とは、100人ぐらいになれば、経営者とマネジャーの2階層では10人のマネジャーに10人の部下というようになり、各段階で認知限界を超えてしまうことが多く、組織が機能しにくくなることを指しているのでしょう。

権限委譲したらルールを作らなくてはならない

Shutterstock

ただ、権限を委譲すると言っても「自由にやってよい」とはなりません。そんなことをすれば組織はバラバラになってしまいます。そこで、権限委譲には必ず「ルールの策定」が伴います。ルールを作ることによって、経営者がやろうとしていることをマネジャーが任せていてもきちんと遂行してもらえるようにするわけです。

組織をマネジメントする際のルールは大きく分けると3つあります。

1つ目は「行動ルール」つまり、「こういう行動を取りなさい」と行動自体を規制するルールです。

2つ目は「結果ルール」つまり「こういう結果を出したらこういう報酬を与える」という結果によってコントロールしようとする形式のルールです。

3つ目は「文化ルール」つまり「こういう考え方で取る行動や目指す結果を決めなさい」という考え方や志向・価値観などでコントロールするルールです。

落とし穴:ベンチャー経営者は「行動ルール」が嫌い

Shutterstock

ここで落とし穴があります。上述の3つのルールは、事業特性や会社の成長ステージ、社員の成熟度などによって決めていけばよく、どれが良いとか悪いとかはないのですが、ベンチャーを創業するような経営者が嫌いなルールがあります。

それが1つ目の「行動ルール」です。行動ルールとは、社員個々人がするべき行動を明記して指示することですから、身近な言葉で言えば「マニュアル化」です。ベンチャー経営者はこれが嫌いな人が少なくありません。

自分が自由に行動したいタイプであるということか、自分がやっていることを形式知化=マニュアル化できない(無意識にやっているので)かが、大抵の場合の理由です。このため、多くのベンチャー経営者は「結果ルール」か「文化ルール」を採用しようとします。

「結果ルール」や「文化ルール」は難しい

Shutterstock

ところが、この2つのルールを導入して組織を動かすためには、社員の成熟度が必要です。いくら「結果ルール」で、「これからうちは自由と自己責任です。ゴールはこれ、あとは主体性を発揮して自由にどんどんやってくれたまえ」と言っても、社員に能力や意思が足りなければ単に足が止まるだけです。

また「文化ルール」はゴールさえも自分で設定しなくてはならないので、さらに難しいルールです。経営者が掲げた文化や行動規範を、社員がそれぞれ勝手に解釈してバラバラになるか、「結果ルール」と同じ様に足が止まるかがオチでしょう。大企業出身者ばかりの成熟した優秀な社員ばかりで構成されているベンチャーなら、問題ないかもしれません。

ただ、最近のベンチャーは若者が集まった会社が多く、この2つのルールをいきなり適用するのは難しいケースの方が多いのではないかと思います。

提案:若い会社は「行動ルール」から始めるべき

Shutterstock

ですから、いくら経営者が嫌でも、多くのベンチャーが組織拡大の際に最初に導入すべきルールは「行動ルール」つまり「マニュアル化」なのです。「こういった場合はこうする」という個別具体的な行動まで指示したルールでコントロールすべきなのです。

心理学の熟達化の理論でも、最初は「型にはまる」ことが推奨されています。一般的な「型」を徹底的に身につけてから、徐々に自分らしさを発揮して、最終的にオリジナルなスタイルを発揮するというのが成長=能力獲得のパターンです。

何にも「型」がないところで、我流で物事を進めても、壁にぶち当たります。「型」とは先人が試行錯誤で作り上げたものですから、それをまずは利用する方が早いということです。

組織力の強いベンチャーはマニュアルが揃っている

Shutterstock

結果、本稿のテーマである「組織力の強いベンチャーの見分け方」とは、さまざまな事業や組織の領域において、ちゃんとマニュアルや行動を明文化したルールが揃っているかどうかを見るということです。

なんとなく、「自由になんでもやっていいよ」という会社が1人ひとりの能力を最大限発揮させる強い会社ではないかと思ってしまいがちですが、社員全員が自立している「プロフェッショナルファーム」のような会社を除けば、それは間違いです。

むしろ普通の人にとっては、何か明文化されたルールがあるからこそ、とりあえず動けるし、動くことで何かを発見し、それを元にルールを再設計していくという創造のループが可能となるのです。

今、ベンチャーで働いている方、経営をしている方、これからベンチャーを目指そうとしている方にとって、ご参考になりましたら幸いです。



詳しくはこちらから
(文・曽和利光)


外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_d78583987b89 oa-businessinsider_0_a0cd4b9a4a4b_ミツバチがいなくなると世界はこうなる a0cd4b9a4a4b

ミツバチがいなくなると世界はこうなる

2019年8月22日 15:30 REUTERS/Lisi Niesner

オーストリア、ウィーンの連邦首相府の屋上でハチの巣をチェック。2012年7月6日。
REUTERS/Lisi Niesner

・2018年、アメリカにおけるミツバチのコロニーの40%が死滅あるいは消滅した。冬期のハチの減少では、史上最も深刻な状況だ。
・世界中のハチの数は、何年も前から減り続けている。地球上のすべての昆虫は、100年以内に絶滅する危機に瀕している。
・ハチがいなければ、世界中の農業は苦境に陥るだろう。ナッツ、果物、野菜の生産が困難になり、より高価になる。
世界中のハチの数が減り、貴重な存在になっている。カリフォルニアのアーモンド農場からハチの巣箱を盗み、法外な値段で販売する輩がいるほどだ。

こうした事態になったのは、飼育されているミツバチと野生のハチが過去数十年にわたって減り続けているためだ。国際連合食糧農業機関(FAO)によると、花粉を媒介する動物が絶滅する速さは100~1000倍になっている。花粉を媒介する無脊椎動物の約40%、特にハチとチョウは世界中で絶滅の危機に瀕しているという。

今日、アメリカにはミツバチのコロニーが250万しかない。これは1940年代の半分にも満たない数だ。

ハチは果物、野菜、ナッツの生産にとても重要な役割を果たしている。ハチによる受粉が行われなければ、ベリー、リンゴ、アーモンド、キュウリ、コショウ、いろいろな種子などの栄養価の高い食物が、食べられなくなる(あるいは非常に高価になる)かもしれない。

ハチがいなくなると世界はどう変わるのか、見てみよう。

養蜂家4700人を対象としたメリーランド大学による年次調査では、アメリカの養蜂家が管理するハチのコロニーは、2010年から毎年平均37.8%ずつ消滅している。特に昨年はそれよりも悪化した。

バイエルの株主総会を前に、農薬大手のモンサントとの合併に抗議し、死んだハチを抱える養蜂家。2019年4月26日、ドイツ、ボン。
Wolfgang Rattay/Reuters


昨年、アメリカの養蜂家が管理するハチのコロニーの40.7%が消滅した。これは13年前に調査が開始されて以来、最大の損失だ。

容器の中には女王バチが入っている。
Eric Risberg/AP


科学者はハチを殺しているものが何か、まだ解明したわけではないが、有力な原因は病原体、害虫、ストレス、農薬の4つに分類されると考えている。

ハチの巣箱をチェックするアマチュア養蜂家。フランス西部、サンテニャン=グランリュー、2013年4月。
Stephane Mahe/Reuters


野生のハチも減少している。いくつかの研究で、野生のハチは飼育されているハチよりも効果的に受粉を行うことが示されている。

アドリア海に浮かぶクロアチアのブラチ島で、ヒマワリから花粉を集める野生のマルハナバチ。
Reuters


このままいくと、地球上のすべて昆虫は2119年までに絶滅するかもしれない。

Hillary Kladke/Getty Images


受粉を担うハチがいなければ、世界の農地の35%で収穫量が低下し、世界の主要な農作物の87品種が影響を受けるだろう。

John Moore/Getty Images


あなたの好きな食べ物も入手困難になり、値段が上がるかもしれないし、あるいはなくなってしまうかもしれない。ベリー、チョコレート、リンゴ、ナシ、カボチャ、タマネギ、キュウリ、キャベツ、これらはすべてハチによる受粉に大きく依存している。

Sandy Schulze/AP


アーモンドの受粉は、完全にハチに依存している。カリフォルニアは世界のアーモンドの80%を生産していて、毎年130万の蜂のコロニーが必要だ。

AP


ハチがいなければ、朝のコーヒーも飲めなくなるだろう。あるいは非常に高価なものになる。

Bryan Thomas/Getty Images


世界で消費される油脂の半分以上は植物から得られていて、ハチがいなければ生産が困難になる。すべての油糧種子は、少なくとも部分的にはハチによる受粉に依存しているからだ。

イギリス、ウォリックシャーの菜種畑。2005年5月。
Darren Staples/Reuters


ハチによる受粉は農作物の品質も向上させる。ブルキナファソで行われた研究では、ハチによって受粉した綿花と胡麻は、自家受粉のものよりも、品質と生産量が平均62%高いことがわかった。

ブルキナ・ァソ、ボボ・ディウラッソ近郊のコットンマーケット。2017年3月。
Luc Gnago/Reuters

出典 : Nature


欧州委員会による研究でも、ハチにより受粉されたイチゴは、風媒あるいは自家受粉のものよりも、重く、赤く、身も詰まっており、変形したものも少ないことが明らかになった。

Gerry Broome/AP


牛や羊も、アルファルファやクローバーといったハチによる受粉に依存した作物を食べる。ハチがいなくなれば、乳製品もより高価になるだろう。

ウィスコンシン州チルトンの牧場。2012年5月。
Carrie Antlfinger/AP


ハチを失うことは、あなたの着たいコットンの服を失うことを意味するかもしれない。綿には1ヘクタールあたり8つのミツバチのコロニーが必要。

Amit Dave/Reuters


もちろんハチ以外にも花粉媒介者は存在するが、ハチが最も優れている。ミツバチの1つのコロニーには2万から8万匹のハチがいて、数キロ先の花へと一斉に飛び立つ。

Wikimedia Commons


ミツバチはしばしば、特定の花の蜜を集める。1種類の花粉をその花に運ぶことになるので適切に受粉できる。

マリーゴールドの蜜を集めるミツバチ。ベラルーシ、2011年7月。
Vasily Fedosenko/Reuters


つまり、ハチを失えば極度の食糧不足につながる可能性がある。

トウモロコシ、麦、米といった穀類は受粉をハチに依存していない。
Kim Kyung Hoon/Reuters


FAOによると、受粉を要する農作物はそうでないものの5倍の価値がある。ミツバチはアメリカ経済に150億ドルの貢献をしていると推定されている。

バージニア州マークハムのリンゴ農園に設置されたミツバチの巣箱。2014年9月。
J. Scott Applewhite/AP


ミツバチの仕事を人間やドローンなどのテクノロジーで行うこともできるが、コストがとても高くなる。

中国、河北省のナシ農園。ドローンで受粉作業が行われている。2018年9月。
China Out via Reuters


[原文:40% of US honeybee colonies disappeared last year. This is what the world would look like without any bees at all.]

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_d78583987b89 oa-businessinsider_0_a9f0b4495f5a_銀河系中心部で何かが起こっている a9f0b4495f5a

銀河系中心部で何かが起こっている

2019年8月22日 10:45 NASA

超大質量ブラックホールと落下する物質が渦巻く降着円盤の想像図。
NASA

・我々の銀河系の中央にある超大質量ブラックホールが、突然2回輝いた。科学者たちがこれまで20年にわたって観測してきた中で、見たことのないほどの明るさだった。
・原因は分かっていないが、2014年と2018年にブラックホールの近くを通過した2つの物体が関係していると見られる。
・あまりにも明るく輝いたことから、研究者らは時間とともにブラックホールがどのように変化するのかを示すモデルを新しくしたいと考えている。
天の川銀河の中心にある超大質量ブラックホールは普段は静かだが、5月にこれまで前例がないほどの赤外線放射があり、天文学者を驚かせた。

地球に最も近い超大質量ブラックホールは、いて座A*(エー・スター)と呼ばれる。これが5月13日に突然、電磁スペクトルの近赤外線領域で2時間にわたって通常の75倍の明るさで輝いたことを、ある研究者チームが発見した。

このチームによる新たな論文が8月5日、コーネル大学の科学論文リポジトリサイト、arXiv(アーカイブ)に公開された。まだ査読は行われていないが、この論文によると、今回観測された現象は、このブラックホールの過去20年にわたる観測史上、最も明るいもので、これまでのどの記録よりも2倍は明るい。

「ブラックホールがあまりにも明るかったので、はじめは恒星S0-2と見間違えてしまった。いて座A*がこれほど明るいのは見たことがなかったから」と天文学者で論文の筆頭著者、トゥアン・ドゥ (Tuan Do)氏はサイエンス・アラート(ScienceAlert)に語った。

「私はすぐに、何か興味深いことがブラックホールで起きているのかもしれないと感じた」

現在の統計モデルでは、赤外線の光束がこれほど高いことの説明ができず、銀河系の中心にあるブラックホールについての科学者の理解が追いついていないことを示唆している。そのため今回の新たな発見は「現在の統計モデルの限界を押し上げるものだ」と研究者チームは論文で述べた。

我々の銀河系の中心には、超大質量ブラックホールがある。科学者はすべての銀河の中心にブラックホールがあると考えている。
NASA/JPL-Caltech

すべての銀河の中心には非常に高密度の「超大質量」のブラックホールがある、と科学者は考えている。いて座A*は地球に近いことから、最も観測しやすいブラックホールだ。今回、爆発的な増光を発見した研究者チームは、ハワイ島マウナケアにあるケック天文台で赤外線カメラを用い、いて座A*を4日間にわたって観測していた。

チームはブラックホールが近くの星の光をどのように歪ませるのかを観測することで、アインシュタインの一般相対性理論をテストしたいと考えていた。彼らはその目的を達成し、前例のない赤外線フレアの観測にもつながった。

ドゥ氏は8月11日、タイムラプス動画をツイッターで公開した。

これは、5月にケック天文台で超大質量ブラックホール、いて座A*を2.5時間かけて観測した画像をタイムラプス動画にしたもの。ブラックホールは絶えず変化しているが、これまでの観測で最も明るい赤外線だった。夜に観測を始める前には、もっと明るかっただろう!
観測した4日のうち3日は、ブラックホールは「はっきりと明るさが高まった状態だった」とドゥ氏のチームは論文で述べた。

「今年は何か普通でないことが起こっていると我々は考えている。ブラックホールの明るさが一段と変化に富み、これまで見たことのないレベルの明るさに達しているからだ」とドゥ氏はインターネットメディアのVICEに語った。

だが、実際に何が起こっているのか、研究者もまだよく分かっていない。

ブラックホールでは、物質が小さな空間に押し込まれ、非常に強い重力を持つようになる。例えば、いて座A*は太陽400万個分の質量を持つ。ブラックホールの引力はあまりにも強大なので、光さえ逃れることはできない。そのため研究者はブラックホールから放出され、近くのガスや星と相互作用する赤外線やX線を観測する必要がある。

研究者は、このような相互作用が明るい輝きの原因となったのではないかと考えている。特に2018年にいて座A*の近くを通過した星との相互作用によって、ブラックホールの周縁部でガスの流れが乱れた可能性があるという。

また彼らは、2014年にいて座A*の近くを通過した星間塵についても注目しているが、天文学者が考えていたほど劇的な影響はなかった。あの明るい輝きは、反応が遅れた可能性もあると、彼らは論文で述べた。

2013年、NASAのチャンドラX線観測衛星は、いて座A*からの前例のないX線フレアを捉えた。これは通常のX線放射の400倍の明るさだった。
NASA/CXC/Northwestern Univ/D.Haggard et al.

2013年にも、今回と同様に不可解なX線の激しい閃光が、いて座A*から放出されるのが観測された。これは通常のX線放射の400倍の明るさだった。

いて座A*が重大な変化を迎えているのかどうかを知るために、観測を続ける必要がある、とドゥ氏のチームは論文で述べた。

さらなる調査は、ブラックホールからの放射線レベルに関する規則的なフラックスのモデルのアップデートにも活用されるだろう。

「今年の夏は、多くの天文学者がいて座A*を観測している」とドゥ氏はVICEに語った。

「いて座A*のある空の領域が太陽の後ろに隠れてしまうと来年まで観測することができなくなるので、その前にできるだけ多くのデータを集めたい」

[原文:The supermassive black hole at the center of our galaxy suddenly lit up brighter than scientists had ever seen, and nobody knows why]

(翻訳:仲田文子)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_d78583987b89 oa-businessinsider_0_cc550df49636_二大政党制に不満も…… アメリカの大学生の80%は、2020年の大統領選で「投票に行く」 cc550df49636

二大政党制に不満も…… アメリカの大学生の80%は、2020年の大統領選で「投票に行く」

メリーランド州ボルチモアにあるジョンズ・ホプキンス大学の学生たち。
JHU Sheridan Libraries/Gado/Getty Images

・アメリカでは、これまでにないほど大学生が政治や選挙に積極的だ。
・学習サービスを手掛ける「Chegg」の最新調査によると、大学生の80%が2020年の大統領選で投票に行く見込みだ。2016年に行われた前回の大統領選では、大学生の投票率は48.3%だった。
・また、大学生は二大政党制に不満を抱いていることも分かった。3人に1人は共和党にも民主党にも共感しないと答えている。
アメリカでは2020年の大統領選を目指す戦いが本格化する中、候補者は大学生など若い有権者を取り込もうと必死だ。

学習サービスを手掛ける「Chegg」の最新調査によると、大学生の80%が2020年の大統領選で投票に行くつもりだという。これは、2016年の大統領選で実際に大学生が投票した割合よりもかなり多い。タフツ大学が行った調査「The National Study of Learning, Voting, and Engagement(NSLVE)」によると、その投票率は48.3%だった。だが、学生の3人に1人は共和党も民主党も自身の政治的な考えを反映していないと考えていることが、Cheggの調査で分かった。

Cheggの調査は、2年制もしくは4年制の大学に通う1001人の学生を対象に行われた。8%が「投票に行くつもりはない」、12%が「分からない」と答えた。

また、多くの大学生がアメリカの二大政党制には問題があると考えていることも分かった。40%が「機能していない」、31%が「機能している」、29%が「分からない」と回答した。学生の79%が「共和党にも民主党にも属していない」と答えた一方で、38%は「民主党が自身の考えを反映している」といい、「共和党が自身の考えを反映している」と答えたのは17%だった。18%は「無党派(インデペンデント)」だと回答している。

同調査では、自身にとって何が一番重要な問題かも尋ねていて、学生の79%は、大学においては教育費が最大の問題だと答えた。日々の生活における最大の問題としては、「生活費(71%)」や「経済的に安定した仕事を見つける(67%)」、「充実したキャリアを築く(63%)」が挙がった。

大学生の中には、政治家は彼らの懸念に対応していないと感じている者もいる。Cheggによると、ニューヨーク市立大学バルーク校のマーティンさん(4年生)は、「学生の大部分は、自分たちが環境や人種、政府の介入といったテーマに対して、これまでの世代とは異なる社会的、政治的考えや経験を持っていることで意見が合致している。これは今の政治家には反映されていない」と話している。

マウント・ホリヨーク大学のアナイドさん(2年生)は、「わたしたちの世代は力を与えられている」と言い、「政治に対する熱も高まっていて、大学生は自分たちの声を届けることが義務だと感じている」と語っている。

[原文:80% of Gen Z college students say they're voting in 2020 — and they've singled out student debt as their biggest concern]

(翻訳、編集:山口佳美)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_d78583987b89 oa-businessinsider_0_d1662cf6c8bb_仮想通貨を直接電子マネーに。「ディーカレット」が狙う第2の“メインバンク” d1662cf6c8bb

仮想通貨を直接電子マネーに。「ディーカレット」が狙う第2の“メインバンク”

デジタル通貨でチャージしたau PAYでビックカメラでの買い物を行うディーカレット代表取締役社長の時田一広氏。
撮影:鈴木淳也

デジタル通貨取引サービスを提供するディーカレットは8月21日、手持ちのデジタル通貨を電子マネーに交換して決済に利用できる新サービスを提供開始した。

従来、ビットコインなどの暗号資産と呼ばれるデジタル通貨を店舗決済に利用する場合、日本国内ではビックカメラなど対応店舗が限定されており、非常に使いにくかった。

新サービスでは、「手持ちの仮想通貨をダイレクトに電子マネーに転換できる」ため、使い勝手が大幅に向上する。

現状で対応するのはau WALLET(au PAY)、楽天Edy、nanacoの3つのサービス。楽天EdyとnanacoについてはNTTカードソリューションのサービス「ギフトID」経由でのチャージとなる。

普段使いの電子マネーに手軽にチャージ

今回発表された新サービスの一覧。

新サービス発表会場は、東京・有楽町のビックカメラだった。

ビックカメラは中国系決済サービスやQRコード決済、さらにビットコインを支払い方法に選択できるなど、さまざまな決済手段の取り組みで先進的な企業として知られる。

au WALLETへのチャージの場合、DeCurretのアプリ上からダイレクトに実行可能。

ディーカレット代表取締役社長の時田一広氏自身がデモンストレーションを披露した。ビットコインを受け入れるビックカメラにとっても、仮想通貨から電子マネーへのチャージ機能は顧客の利用機会拡大につながるわけで、新サービスへの協力を通じて対外的に先進性をアピールする狙いがあるとみられる。

今回発表された新サービスは以下の4つだ。

・電子マネーチャージへの対応
・デジタル通貨で最大4倍までのレバレッジ取引
・ワンクリックでのスピード注文
・取引画面でのナイトモード対応

au PAYの場合、au WALLETにチャージしてすぐに決済に利用できる。

電子マネーチャージでは3つのサービスに対応するが、au WALLETへのチャージがディーカレットのアプリからダイレクトに行えるのに対し、楽天Edyとnanacoではいったん「ギフトID」への変換が必要になる。

具体的には、ギフトIDを入手した後、おサイフケータイが利用できる機種でそれぞれのサービスのモバイルアプリを通じてチャージしたり、PC経由でのチャージ(楽天EdyのみでFeliCa対応リーダーが必要)、コンビニ店頭でのチャージが可能。

au WALLETの場合、au WALLETプリペイドの「物理カード」を使っての支払いや、Apple Payなどのサービス活用のほか、au PAYを使ってアプリ上でのダイレクトな支払いができる。

複数のデジタル通貨(仮想通貨)を組み合わせて電子マネーチャージが可能に。

なお、今回の発表タイミングでディーカレットが対応する仮想通貨に新たにイーサリアム(ETH)が加わっている。

これに「ビットコイン(BTC)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」「リップル(XRP)」「ライトコイン(LTC)」を合わせた計5つの仮想通貨を自由に組み合わせて最低1000円単位からの電子マネーチャージができる。

1回あたりのチャージ上限は各電子マネーの仕様に準拠し、3000円未満のチャージの場合は108円の手数料が請求される。交換可能な時間帯は365日ほぼ終日。事前に規定されたメンテナンス時間を除くすべての時間でチャージできる。

仮想通貨は決済手段として定着するか

ディーカレットではサービス立ち上げ当初から「デジタル通貨のメインバンク」としてあらゆるデジタル資産の双方向の交換機能を提供していくことを目指している

ディーカレットは3月に開催されたサービス説明会の中で「DeCurret」を仮想通貨を中心とした金融プラットフォームと定義している。

単純な投機目的の仮想通貨取り引きだけでなく、ステーブルコインやICOを含む仮想通貨(暗号資産)を日本円などリアルマネーと等価に扱い、双方向で交換可能な仕組みとして拡大していく方針だ。

今回の電子マネー交換サービスもその一環であり、利用者の利便性を向上させ、プラットフォームの活性化を図ることが狙いだ。

最近、bitFlyerがTポイントカードとの連携で、Tポイントをデジタル通貨に交換するサービスを表明しているが、DeCurretもまたさまざまな事業者との連携で双方向交換なサービスを目指していくという。

今回の発表会で登壇したメンバー。左からビックカメラ取締役執行役員の中川景樹氏、ディーカレットの時田氏、KDDIライフデザイン事業本部金融決済ビジネス推進部長の長野敦史氏。

「電子マネー決済」という出口を得た仮想通貨は、果たして従来の投機目的中心の取引を越えて、さらに活用が進むのだろうか。

価格変動が激しいことから、決済業界からは「安定した決済プラットフォームとは言い難い」(米Visa幹部)との評価もある仮想通貨。だが、こうした問題を軽減して決済手段として広く受け入れられるかはディーカレットのような中間サービス事業者次第だ。

これら事業者は交換時のスプレッド(売値と買値の差額)が手数料として収入となるが、大きいスプレッドは利用者に敬遠される。一方、スプレッドを縮小すれば事業者のリスクが増える。

現状、決済手段としての仮想通貨はスタートしたばかりだが、今後参入事業者が増えサービスが洗練されていくことで、使い勝手もより向上していくだろう。

(文、撮影・鈴木淳也)


外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_d78583987b89 oa-businessinsider_0_08f430d5d957_「嫌韓の資金源断つ」「正直バカみたい」日本製品の不買運動に対する韓国10代、20代のホンネ 08f430d5d957

「嫌韓の資金源断つ」「正直バカみたい」日本製品の不買運動に対する韓国10代、20代のホンネ

韓国で日本製品の不買運動を牽引するのは、10・20代の若者たちだ。
写真:Kim Hong-Ji / Reuters

慰安婦問題や徴用工問題の訴訟などから経済制裁にまで発展し、解決の糸口が見えない日韓関係。

7月頃から、韓国のSNS上では「#BOYCOTTJAPAN」「#NOJAPAN」のハッシュタグで日本製品の不買運動を呼びかける声が増えて来た。このムーブメントを牽引するのは10代・20代の若者たちだ。

彼らは日本製品の不買運動に対して、どのような想いを抱いているのか。韓国人の10・20代に、「#BOYCOTTJAPAN」についてたずねた。

「日本の文房具は使わない」(16歳・男性・高校生・不買運動◯)

日本製のペンは一本も入っていない、と見せてくれた筆箱の中身。こうした画像のSNSへのアップロード活動も広まっている。
写真提供:取材協力者

昔から韓国は日本に対して良いイメージをもっていなかった。

「韓国人ならもちろん不買運動をしなくちゃいけない」という意識が全体的にあって、それで僕も不買運動を始めた。

日本に対する不買運動は今回が初めてではないし、すでにトレンド化していると思う。

日本製品かどうかを区別できるサイトがあって、それを参考にどれが日本製品なのかを調べている。できる限り、文房具や食品、衣類などすべての日本製品を購入しないようにしている。

学校の友達と買い物をしているときにも「それ日本製品じゃない?なんで買うの?」という会話をすることも。

日本人にはなんの罪もないから、日本人に対する悪意は全くない。けれど、日本政府の韓国に対する態度、例えば安倍総理の大日本帝国領朝鮮時代に対する発言や、ずっと問題となっている竹島問題に対しては良いイメージがあるとは言えない。

自分の友だちには、日本製の文房具を使っていたのに、新しく韓国製のペンに買い替えた子もいた。僕はもともと日本製品を使っていなかったのでそのまま。もし日本製品を使っていたとしてもそこまではしなかったと思うけれど。



「売国奴と言われて……」(16歳・男性・高校生・不買運動×)

「反日」は文在寅大統領の支持率上昇に利用されている?
写真:POOL New / Reuters

不買運動は扇動された人たちがやっているだけで、まちがっていると思う。

でも「親日派」(韓国では『親日』という単語は日本の帝国主義を擁護するという意味)や「売国奴」と言われたり、周りからの批判はとても多い。

不買運動をしない理由として、日本が歴史的に韓国を苦しめたという、韓国で常識とされている事実の中にウソがとても多いこと。

韓国は日本と関係が悪くなると経済に大きく打撃が出るし、品質が優れている日本製品を使いたい気持ちもある。

40代以上の韓国人が熱狂する主題として「反日」は政治的に利用されていると思う。

2020年4月に韓国総選挙があるのだが、文在寅大統領が反日体制を強化してから支持率が上がった。マスコミもすべて反日や不買運動について肯定的な報道をしている。



「小学生も日本製ペンの不買運動」(28歳・男性・小学校教師・不買運動×)

8月14日、ソウル・新村で行われた「#NOJAPAN」運動の様子。
写真提供:春日井萌

小学校教師をしているが、小学生たちも日本製のペンを買わないようにしようという話をしているのを小耳にはさんだ。若い世代は半数ほどが不買運動をしているように感じる。

不買運動をしていないことをとやかく言われることはないが、(もともと予定していた)8月末の日本旅行を取りやめなかったことに、両親はいい顔をしなかった。

DHC、ユニクロ、三菱などの“戦犯企業”に認定されている企業や、嫌韓発言をした企業の製品が不買運動の対象になっている。文房具、車、ビール、服、旅行が、主な不買運動の対象になっていると感じる。

今の日韓関係は最悪だけど、(歴史に関する)合意ができれば関係は回復できると思う。また、日本人や日本文化を嫌いというよりは、日本の領土問題関連の挑発的態度や歴史問題に関しての安倍政権が好きじゃない。



「日本政府は図々しい」(20歳・大学生・女・不買運動〇)

8月14日、ソウル・新村で行われた「#NOJAPAN」運動の様子。
写真提供:春日井萌

もともと、キヤノン、ソニー、ジェットストリームのペンなど、日本の文房具やカメラ、電化製品は韓国の学生たちの間でもとても人気だった。

けれど、それを韓国人が使うことで、生産側の企業や政府が儲かるシステムなわけで、そのお金が、企業や政府が韓国に対して正しくない発言をしたり、行動をとったりする資金源となってはいけない。だから私は不買運動を始めた。

両親も不買運動をしているし、学校の友達もみんなしている。

そもそも、日本が歴史的に韓国に対して賠償や謝罪をしなければいけないのに、それをしなかったことが原因。周りに流され、雰囲気で始めたというよりは、歴史と現在の状況を理解して不買運動を始めた人たちが多いと思う。

日本政府の韓国に対する言動が、韓国人としてとても腹立たしく、図々しいと感じる。なぜ自分が犯した間違いを認めないのか疑問でならない。

ただ、日本政府と歴史上の蛮行が悪いだけで、日本人や日本自体は悪くないと思う。それは不買運動をしている今も同じ考えで変わらない。



「正直バカみたい」(22歳・美容師・男性・不買運動×)

日韓関係が悪化する一方で、10・20代の間では韓国ブームが起こっている。
写真:Kim Kyung Hoon

不買運動をすることで韓国に被害が来るのは明らかなのに、感情的な判断しかできないのだなと思う。正直バカみたい。

自分の周りでは、 不買運動をしている人はあまりいない。しなきゃいけない!という空気感も全く感じないし、日本製品を使っていても何か言われることはない。

日本に3回旅行に行ったことがあって、そのときすごく日本はマナーが良くてきれいだと感じた。幼いころは洗脳的な教育のせいか日本に対して良くないイメージがあったけど、大人になってからは考えが変わって、日本が好きになった。

政治的にみると、日本も韓国も政権ごとに考えが変わるから、もちろん一概には言えないけれど。



「不買運動は効果ある」(26歳・飲食店勤務・男性・不買運動✕)

8月14日、ソウル・新村で行われた「#NOJAPAN」運動の様子。
写真提供:春日井萌

不買運動は効果があると思う。

ユニクロ(ファーストリテイリング)の役員が「仮に韓国事業が奮わなくてもその影響は大きくない」と発言したことで売れ行きが悪くなって、3店舗が閉店する事態になった(編集部注=ファーストリテイリング側は発言の影響ではないとしている)し、DHCの化粧品も韓国のドラッグストアや通販から姿を消した。

物自体が撤去されはじめているから、自然に不買運動も進むことになる。

今、日本に住んでいる。家族にも友だちにも特に反対はされていないが、本屋で嫌韓本が売れていたりするのを見ると「日本人は韓国人のことを嫌いなんだな」と認識する。

日本人は嫌いじゃないけど、安倍首相は嫌い。韓国は貿易でも観光でも良いお客さんだったのに、突然安倍がケンカを吹っかけてきてイメージが最低になったし、正直ショックだった。



(取材・文、稲葉結衣、西山里緒)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_d78583987b89 oa-businessinsider_0_c79f602ca3cc_規制をすり抜け武器を転売? フェイスブック・マーケットプレイスを利用する銃の所有者たち c79f602ca3cc

規制をすり抜け武器を転売? フェイスブック・マーケットプレイスを利用する銃の所有者たち

2019年8月22日 04:45 Joel7687/Wikimedia Commons

シグザウエルのハンドガンとケースは、フェイスブック・マーケットプレイスで出回っている銃器の1つだ。
Joel7687/Wikimedia Commons

・ウォール・ストリート・ジャーナルの報道によると、アメリカではフェイスブック(Facebook)のプラットフォーム上で商品の売買ができる「マーケットプレイス(Marketplace)」を使って銃を売る人がいる。
・フェイスブックはそのポリシーで、銃の販売を禁止しているが、売り主は銃のケースだなどと偽って武器を売っている。
・2016年にサービスを開始したフェイスブック・マーケットプレイスは、薬物やその他の違法な商品の販売を手助けしていると批判されてきた。
アメリカでは、フェイスブックのプラットフォーム上で商品の売買ができる「マーケットプレイス」が銃の転売に使われている。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。フェイスブックはそのポリシーで、銃器やBB銃、ペイントボール銃といった武器の販売を禁止しているが、売り主はある"ベーシックな方法"を使って規制をすり抜けている。

シンプルに銃を売りに出す代わりに、銃のケースだなどとして高額で売りに出し、詳しくは個別にメッセージをと書き添えているのだ。例えば、同紙が見つけたノースカロライナ州のあるユーザーは、950ドル(約10万円)で銃のケースを販売していた。同じようなケースは、店舗で約30ドルで手に入る。

同紙がこのユーザーにメッセージを送ったところ、相手は商品がセミオートマチック・ライフル「AR-15」であることを明かしたという。AR-15は近年、アメリカで発生した銃乱射事件でしばしば使われているものだ。このユーザーはライフルと670個以上の実弾の写真をシェアし、投稿から2時間以内に30人以上から反応があったと語った。

フェイスブック・マーケットプレイスで銃を買おうとする人間は、銃器を買う前のバックグラウンド・チェックを回避することができる。アメリカでは銃の個人間の売買について、国としてこうしたチェックを求めてはいないが、複数の州では法的に義務付けられている。

2016年10月にサービスを開始したフェイスブック・マーケットプレイスでは、サービスが始まったその日から薬物やその他の違法な商品が売りに出されていた。Business Insiderでは2018年、フェイスブック・マーケットプレイスで偽のジュエリーやその他の偽造品がいかに簡単に買えるかを報じた。

Business Insiderはフェイスブックにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

[原文:Gun owners are reportedly using Facebook Marketplace to sell second-hand weapons without background checks (FB)]

(翻訳、編集:山口佳美)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_d78583987b89 oa-businessinsider_0_44d137a66e9d_これからのインスタは「家」で稼ぐ 44d137a66e9d

これからのインスタは「家」で稼ぐ

2019年8月22日 04:30 Artazum/Shutterstock

家がSNSでお金を稼いでいる。
Artazum/Shutterstock

・ホーム・デコ・インフルエンサーという新たなインフルエンサーが登場した。彼らは自宅を集金装置に変えた、とニューヨーク・タイムズのロンダ・ケイセンが伝えている。
・これらのインフルエンサーは、自宅を案内するツアーのような選び抜かれた写真をインスタグラムに投稿し、数十万人のフォロワーを獲得している。
・スポンサー広告などで収入を得るインフルエンサーがいる一方、同世代には家を買うのに苦労している人もいる。
インスタグラマーは、もう #OOTD (outfit of the day:今日のコーディネート)というハッシュタグを忘れてもいい。もはやファッションだけがインスタグラムでフォロワーを獲得してお金を稼ぐ方法ではなくなった。

ホーム・デコ・インフルエンサーの世界をのぞいてみよう。彼らは自宅を「お金を生み出すSNSのスター」にする方法を発見した、とニューヨーク・タイムズのロンダ・ケイセン(Ronda Kaysen)が伝えている。

これらのインフルエンサーは、自宅を案内しているかのような写真を投稿することで、多くのフォロワーを惹きつけてきたとケイセンは述べている。例として、フォロワー数44万9000人の@mytexashouseと、同24万1000人の@erin_sunnysideupを紹介している。

出典: Instagram

「古い家の修復や新しい家の建築の記録で人気を集めている人がいる」とケイセンは言う。

「ファッション、子育て、料理、メイクといった分野と組み合わせる人もいる。だが、彼らが主に売り込むのは、無限の市場性がある家の内装であり、それにはすべての装飾品が含まれる」

このコンセプトは、新しいものではない。1980年代の「Lifestyles of the Rich and Famous」から現代のHGTV(ホームリフォームと不動産情報の有料チャンネル)の番組まで、テレビ番組は長い間、他人の家の中を見たいという人々の欲求を満たしてきた、とケイセンは言う。インスタグラムは、それをよりアクセスしやすくしたものだ。

投稿はバランスが重要だ。家族写真から汚れのない整然とした生活空間まで、生活が垣間見えるような、厳選された写真でなくてはならないし、あまり赤裸々に公開しすぎてもよくない。

ケイセンによると、フォロワーを獲得してアクセスを増やす方法を確立すると、アフィリエイト、スポンサー広告、商品のプロモーションを通して報酬が得られるようになる。収益は不明だが、インスタグラムのマーケティング・プラットフォーム、Laterによると10万人のフォロワーを持つインフルエンサーは、投稿ごとに1000ドルを稼ぐことができる、と彼女は言う。

出典: Instagram

皮肉なことに、多くのホーム・デコ・インフルエンサーと同世代の人の多くは、長年に渡って賃貸で暮らす傾向にある。

住宅市場はますます高騰しているため、ミレニアル世代は賃貸で長く暮らし、住宅購入は先延ばしになっている。

Student Loan Heroによると、今の時代に初めて家を買う人は、約40年前に比べて39%も多く支払わなくてはならない。SmartAssetの調査によると、いくつかの都市では、住宅価格の中央値が、収入の中央値を大幅に上回り、20%の頭金を貯めるのに10年近くかかることがある。

ミレニアル世代の中には、大きな家に住んで利益を生み出している人がいる一方で、初めての家を買うゆとりもない人もいる。

[原文:Houses are the new Instagram influencers — so it's a shame most millennials in the US will likely be renters for years]

(翻訳:仲田文子、編集:Toshihiko Inoue)

外部リンク

cat_oa-businessinsider_issue_d78583987b89 oa-businessinsider_0_43560ae4a34f_参院選の投票行動からわかったのは、「希望分断社会」日本の姿だった 43560ae4a34f

参院選の投票行動からわかったのは、「希望分断社会」日本の姿だった

7月21日に投開票された参議院選挙。50%を下回った投票率が象徴するように、選挙前・開票後も盛り上がりに欠けると感じた人も多いのではないでしょうか。

7月の参院選の投票行動を分析して見えてきたものは……。
REUTERS/Kim Kyung-Hoon

一方で、国外を見るとアメリカなどを中心に大型選挙の際には有権者が詳しく政治情勢を理解するための材料として、さまざまな世論調査・出口調査が公開され、議論のきっかけになります。

投票前から「どんな人が、どんな不満を抱えているのか」といった分析がなされ、投票後には「どんな人が、どの政党に投票したのか」が詳細に公表され、その国の政治が目指す方向性が議論の対象になります。最近ではこうした分析から人種や所得による「社会の分断」も明らかにされています。

今回の参院選を通して日本国内でも、同様の調査ができないか。

選挙への理解促進やディスカッションを促すことを目指し、政治や選挙のアップデートを目指す株式会社やNPO法人に所属する有志メンバー(NEWPEACE や選挙ドットコム 、JAPAN CHOICE など)で、「#リアル選挙分析 参院選2019プロジェクト」を立ち上げ、投票日の7月21日に全国5000サンプルでネット調査をし、投票行動の分析を行いました。

これまでテレビや新聞などの既存メディアを中心に公表された投票結果の分析は、性別や年代・地域などの限られたデモグラ属性によるものが中心でした。例えば同じ「東京に住む30代の男性」でも、そのライフスタイルは大きく異なります。そこで今回は、それぞれの仕事の状況や社会観などを軸に調査と分析をしてみました。

その結果が以下です。

編集部注:タップするとフルサイズの画像が開きます。

プロジェクト実施者
「#リアル選挙分析 参院選2019プロジェクト」※株式会社やNPO法人に所属する有志メンバーによる非営利のプロジェクト
※メンバーは NEWPEACE /  選挙ドットコム / JAPAN CHOICE powerd by Mielka / 瀬尾傑(スローニュース代表取締役)/ 坂田宏 (NEWS合同会社ほか)/ 成田悠輔(イェール大学助教授、スタンフォード大学客員助教授)/ 渋谷壮紀(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科研究員)

調査概要
調査方法:インターネット調査
調査期間:7月21日8-20時
調査対象者:投票を済ませた有権者
有効サンプル数:5000
実施機関:株式会社クロス・マーケティングなお、5000サンプルの回収にあたってはできるだけサンプル分布が前回2016年参院選の際の投票率と近くなるように設計し、年代・性別・居住地域での誤差1%以内で回収しました。

noteより引用

外部リンク