cat_oa-bouncynews_issue_2cd4692620f2 oa-bouncynews_0_2cd4692620f2_いよいよ開催! 落合陽一×日本フィル 第2弾「変態する音楽会」の魅力とは? 2cd4692620f2 2cd4692620f2 いよいよ開催! 落合陽一×日本フィル 第2弾「変態する音楽会」の魅力とは? oa-bouncynews

いよいよ開催! 落合陽一×日本フィル 第2弾「変態する音楽会」の魅力とは?

2018年8月25日 18:30 bouncy / バウンシー

「オーケストラを心から楽しむという本質にもっと向き合う。そして、今までの伝統にとらわれず、あまねく人たちがオーケストラに没頭できる世界をつくりたい」。

取材陣に向けて落合陽一氏が放った言葉は、シンプルだが核心をつく一言だった。


長い音楽の歴史で培われてきた既存のオーケストラの概念にとらわれず、もっと素直に、そして感覚的に音楽を楽しんでほしい。オーケストラの新しい未来の扉を開きたい、という落合氏の強い意思を感じた。

8月27日に開催予定の「変態する音楽会」では、落合陽一×日本フィルに新たなアーティストを加えて、この壮大かつ革新的なテーマに挑む。今回は、新たな聴覚システムでオーケストラをアップデートした「耳で聴かない音楽会」に続く第2弾となる。

開催に当たり、クラウドファンディングサービスReadyforでプロジェクトを実施。目標金額の2倍を上回る約500万円の支援が集まり、注目を集めた。

bouncy編集部は、「変態する音楽会」の公開リハーサルの様子をいち早く取材。その様子を一部紹介したい。


視覚で演奏「変態する音楽会」とは?
前回、4月22日に行われた「耳で聴かない音楽会」では、聴覚に障害がある人でもオーケストラを楽しめるよう、聴覚支援システムのテクノロジーが活用された。

第2弾となる今回の「変態する音楽会」では、“視覚”に注目。オーケストラの中に、楽器奏者として「映像装置」を加え、オーケストラをトランスフォーム(変態)させるのが狙いだ。

今回、新たにタッグを組んだのは、ビジュアルデザインスタジオWOWと、指揮者の海老原光氏。

フルオーケストラの日本フィルが奏でるクラシックの音楽に合わせて、日本でもトップクラスのクリエイティブ集団WOWが、様々な装置を使って音に映像をシンクロさせていく仕組み。


落合氏とタッグを組んで目指すのは、オーケストラという大きな楽器に、映像装置も取り入れてさらに大きな楽器を作ることだ。

指揮者のダイナミックな動きに合わせて映像が「楽器」として視覚化
リハーサル会場でまず目を引いたのがパイプオルガンの前に垂れ下がった巨大スクリーン。音の波長に合わせて色が変化したり、模様が変わったりする仕組みになっている。



オーケストラ奏者の上を大きな光の粒が駆け巡るような映像が流れる様子は、広い会場に不思議な高揚感をもたらしていた。

音に合わせて光り、振動する「サウンドハグ」も活躍
もちろん「耳で聴かない音楽会」で、その存在感を放ったサウンドハグやオンテナは、今回の音楽会でも活躍する。

前回よりも精度を増した装置で、オーケストラの演奏とサウンドハグから発せられる光のリズムがシンクロし、会場の一体感をより高めているような印象を受けた。


マルチモーダル化したオーケストラを追求する
落合陽一氏にあらためて「変態する音楽会」に込めた思いを聞いた。


落合:オーケストラには耳で聴くだけでなく、触覚で感じ、視覚で楽しむ複雑性があると感じている。その複雑性をどうやって拡張するか。音の延長線にある映像装置を用いてもっと表現できると思っている。

映像を楽器として取り入れることで、よりマルチモーダル化した、すなわち、聴覚・視覚をはじめとした複数の感覚の情報が組み合わさったオーケストラが生まれる。それって本当にバリアフリーで、音だけに集中しなくても、触覚でも語られるし、視覚でも語られる、非常におもしろいと思う。

・ ・ ・

「変態する音楽会」は8月27日に東京オペラシティコンサートホールで開催。当日券もあるのでぜひ会場に足を運んでほしい。bouncy編集部では当日の様子を取材し、詳細にレポートする予定。落合陽一氏の手によってオーケストラにどんな革新がもたらされるのか。映像で拡張するオーケストラの世界をあなたも体験してみては?








変態する音楽会

外部リンク

cat_oa-bouncynews_issue_2cd4692620f2 oa-bouncynews_0_fe7ca6c5c309_仕事も旅行もこれ1つ! 整頓が苦手なでも扱いやすい多機能バックパック「BANGE-65」 fe7ca6c5c309 fe7ca6c5c309 仕事も旅行もこれ1つ! 整頓が苦手なでも扱いやすい多機能バックパック「BANGE-65」 oa-bouncynews

仕事も旅行もこれ1つ! 整頓が苦手なでも扱いやすい多機能バックパック「BANGE-65」

2021年6月23日 21:00 bouncy / バウンシー

通勤や通学などで、ほとんどの人がカバンを使うはずだ。でも、きちんとカバンの中身を整理できているだろうか?
今回は整理整頓が苦手が人でも扱いやすい、そんな優れもののバックパックを紹介したい。

「BANGE-65」は、通勤や通学、ちょっとした旅行などにも活用できる収納力を備えたシンプルなバックパック。日常での使い勝手を意識した割り切ったデザインで、「使うかもしれない」といった機能はあえてそぎ落としたという。耐久性に優れ、毎日ガシガシ使っても安心な頼れるバックパックだ。

「BANGE-65」はGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング中。10,800円(税込)から入手可能。

収納しやすい機能満載

本体容量は24L。バックパック上部はロール状の作りで、展開すれば最大30Lまで収納を拡張できる。ある程度重い荷物を運んでも荷重を分散しやすい、U字型のショルダーストラップを採用している。

リュックは一般的な封筒型だが、このロールトップだけでなく、バックパックの側面部も180度開く。側面部のファスナーを開けば、荷物を簡単に出し入れできるので、とりあえず放り込んでおくといった使い方も可能だ。

また、本体は収納性に優れたいくつもの工夫がある。バックパック外側の2つの小物入れはサッと出し入れしやすいようマグネットでフタを留められる。収納の内部は、ノートパソコンやタブレットをいれやすいスリーブが用意され、歯ブラシなどが入るメッシュ時のポケットや鍵をしまえるフックなどもある。

「BANGE-65」の生地は、耐久性に優れたPET繊維を採用する。アウトドアのリュックなどで一般的なナイロン系の素材で、丈夫でありながら柔らかく軽さも特徴。

なお、生地自体にある程度の防水性も期待できるが、バックパック自体もはっ水加工が施されている。防水規格としてはIPX4の生活防水対応となる。

・ ・ ・

荷物を出し入れしやすい多機能バックパック「BANGE-65」。旅行も仕事もこれ1つで、シンプルにバッグを使いこなしては?
BANGE-65
アースリボーン


CREDIT
Videographer :たなかとおる
SNS :にしまり

外部リンク

cat_oa-bouncynews_issue_2cd4692620f2 oa-bouncynews_0_7305e6d6d65d_ノマドワークに、これ1台でスマホからパソコンまで! 超軽量ポータブルマルチPCスタンド 7305e6d6d65d 7305e6d6d65d ノマドワークに、これ1台でスマホからパソコンまで! 超軽量ポータブルマルチPCスタンド oa-bouncynews

ノマドワークに、これ1台でスマホからパソコンまで! 超軽量ポータブルマルチPCスタンド

2021年6月23日 12:00 bouncy / バウンシー

スマホやiPadで動画を楽しむ時、あると便利なのが専用のスタンド。ただデバイスごとに用意するのが少々面倒というのが本音だ。

Office85社の取り扱うポータブルマルチPCスタンドは1台だけでスマホからiPad、さらにはノートパソコン用スタンドとして使える優れもの。

サイズに合わせて折りたためば、なんでも立てかけられる

サイズ調整は折り畳まれたスタンドをデバイスのサイズに合わせて広げるだけ。最大で18インチのノートパソコンまでセット可能だ。

アルミ製のオープン構造でデバイスの熱を効果的に逃してくれるので、長時間の使用による動作の不具合も減らせそうだ。

デバイス以外にも本を立てて、書見台がわりにも使える。シリコンパッドがついているので、立てかけたものを滑って落とす心配がないのも嬉しい。

折り畳めば片手サイズのコンパクトさで、軽いのでカバンに入れて持ち運べる。外出先のカフェなどでノートパソコンを開くことになっても、これがあれば肩や首が疲れることなく作業できそう。

現在、CAMPFIREでクラウドファンディングを実施中。4,115円から購入可能で、プロジェクト終了後2021年9月に発送予定だ。

・ ・ ・


自宅だけではなく外出先でも気軽に使えるサイズ感なので、持ち歩いてノマドワークを捗らせたい。 超軽量ポータブルマルチPCスタンド
Office85


CREDIT
Videographer/Writer :RIN
SNS :にしまり
Curator :Tomohiro Machida

外部リンク

cat_oa-bouncynews_issue_2cd4692620f2 oa-bouncynews_0_51ee55c3494a_歩行訓練をもっと身近にもっと楽しく。歩行トレーニングロボット「Walk training robo」 51ee55c3494a 51ee55c3494a 歩行訓練をもっと身近にもっと楽しく。歩行トレーニングロボット「Walk training robo」 oa-bouncynews

歩行訓練をもっと身近にもっと楽しく。歩行トレーニングロボット「Walk training robo」

2021年6月22日 21:00 bouncy / バウンシー

介護予防の第一歩とも言われる「歩行」。しかし、転倒や体力の不安を抱える高齢者に積極的に歩行訓練に取り組んでもらうのは、なかなか難かしいという声も聞かれる。

そこで開発されたのが、より気軽に楽しく歩行トレーニングができる施設向けサポートロボット「Walk training robo」だ。
簡単な操作とわかりやすい画面

「Walk training robo」の使い方はとても簡単。まずIDカードをかざしてログインすると、そのユーザーが負担なくトレーニングできる最適なハンドルの高さに自動で調整。

あとは時間または距離で目標を設定し、「開始」を押すだけでOK。画面の表示も大きくわかりやすい。
AIが最適な運動負荷を自動で設定

トレーニングを始めると、ロボットに搭載されたAIが1人ひとりの歩行状態を学習し、そのユーザーに最適な運動負荷を設定してくれる。

さらに、歩行速度・歩行距離・左右バランスなどのデータをリアルタイムでデータベースに蓄積。定期測定よりも細やかに状態変化を把握できる。

データはユーザー毎にPDFやCSVでダウンロード可能。機能訓練指導員や介護スタッフ・家族と簡単に共有でき、成果の可視化によってユーザーのモチベーション向上も期待できるという。

ユーザーの安全に徹底的に配慮した設計で、パーソナルケアロボット(生活支援ロボット)の安全性に関する国際規格ISO13482を取得済。

「Walk training robo」は公式Webサイトから導入の問い合わせ・申し込みを受け付けている。
歩行訓練のハードルを下げて、高齢者にも施設スタッフにも大きな助けになってくれそう!
Walk training robo
Panasonic


CREDIT
Videographer :フィリピン下鳥
SNS/Curator :にしまり

cat_oa-bouncynews_issue_2cd4692620f2 oa-bouncynews_0_159223ca96ae_ビジネスマンの必需品!?手の平サイズの電気シェイバー「EvoShaver」 159223ca96ae 159223ca96ae ビジネスマンの必需品!?手の平サイズの電気シェイバー「EvoShaver」 oa-bouncynews

ビジネスマンの必需品!?手の平サイズの電気シェイバー「EvoShaver」

2021年6月22日 12:00 bouncy / バウンシー

「EvoShaver」は手のひらサイズのコンパクトな電気シェイバー。どこにでも持ち運べて、いつでも髭が剃れる、見た目もおしゃれな、デキる男の必須アイテム。
小さいながらもパワフルで滑らかな剃り心地と、ネイビーを基調としたスタイリッシュなデザインも人気だ。

手のひらサイズでどこでも持ち運べる
本体サイズは横40mm、縦60mmのコンパクトな手のひらサイズ。カバンやポケットに入れてどこにでも持ち運べる。
刃が速く回転し、滑らかにカットすることで肌に負担がかかりにくく、わずか0.07mmと極薄のメッシュ層で、肌に近い部分のヒゲも綺麗に剃れる。また、刃とメッシュ層には隙間がほぼ無い構造で、何度使っても剃り心地は安定しているという。
マットな質感のシンプルで洗練されたデザインで、おしゃれアイテムとしても人気。電気シェイバーとは思えないスタイリッシュなデザインなので、洗面台に置いていても雑多な雰囲気にならずにすみそうだ。

いつでもどこでも簡単髭剃り
互換性の高いUSB Type-C充電ポートを採用しているのも嬉しいポイント。
1.5時間のフル充電でおよそ35分間継続して使え、回数にして約20回は連続して使えるので、
数日間の出張や旅行でも充電切れの心配はなし。
電源ボタンを3秒長押しすることで、ロック機能が作動。鞄やポケット内で誤作動することがないので安心だ。再度電源ボタンを3秒長押しすることでロックが解除される。


現在クラウドファンディングサイトMakuakeでプロジェクトを展開中。本体は9,800円(税込)から、替え刃とレザーヘッドのセットは1,480円(税込)から応援購入可能で、8月末までに発送予定だ。

・・・

デキる男は大切なディナーや商談、外出先での身だしなみチェックは当たり前。
マスクで見えない部分だからこそ、しっかり手入れして清潔感を保ってみては?
EvoShaver
株式会社Japan Standard


CREDIT
Videographer/Writer :竹下紘平
Curator :kaho.miyazaki
SNS :にしまり

外部リンク

cat_oa-bouncynews_issue_2cd4692620f2 oa-bouncynews_0_426a0757ea56_梅雨の散歩が楽しくなる! 機能性ペット用コート「ADVENTURER」 426a0757ea56 426a0757ea56 梅雨の散歩が楽しくなる! 機能性ペット用コート「ADVENTURER」 oa-bouncynews

梅雨の散歩が楽しくなる! 機能性ペット用コート「ADVENTURER」

2021年6月21日 12:00 bouncy / バウンシー

梅雨の時期に入り、ワンちゃんも雨に濡れないようにコートを着せてあげたいけど、なかなか洋服を着せるのは大変ですよね。私も2匹犬を飼っていますが、手足を通す洋服が嫌いなのか、暴れて上手く着せられません。

そこで今回ご紹介したいのが「ADVENTURER」。

手足を通さずに簡単着脱できるペット用コートです。さらに機能性に優れているのでワンちゃんも猫ちゃんも安心して着られます。

3ステップ簡単着脱
わずか、3ステップで簡単に着脱できます。
1. ペットの頭に「ADVENTURER」を通す

2. 胸かけを背中で調節し身体をロックする

3. 背中をカバーすれば完成

手足を通すのが嫌いな私のワンちゃんもこれなら着てくれそう!

また、4方向全てに伸縮性を備えており、ペットに負担を与えません。快適に走り回ることだってできます。

機能性に優れている!
撥水性
撥水加工なので、急な雨でも安心!雨を弾いてペットを守ってくれます。

通気性
チェッカーボードポーラーフリース生地という特別な生地を採用し、優れた換気効果でペットの肌を優しく包んでくれます。
夜間光反射デザイン
270°光反射を備えたデザインで、夜の散歩を安全にしてくれる。

現在Makuakeにて、7,840円(税込)からご購入可能。

・・・

ペットが快適に着られるコートでワンランク上のお散歩を!

ADVENTURER
CAMPET

外部リンク

cat_oa-bouncynews_issue_2cd4692620f2 oa-bouncynews_0_4f3a07d465da_フィリピン発のヴィーガンフレンドリーコスメ「Sunnies Face」、使ってわかった世界で人気の理由【動画ライター】 4f3a07d465da 4f3a07d465da フィリピン発のヴィーガンフレンドリーコスメ「Sunnies Face」、使ってわかった世界で人気の理由【動画ライター】 oa-bouncynews

フィリピン発のヴィーガンフレンドリーコスメ「Sunnies Face」、使ってわかった世界で人気の理由【動画ライター】

2021年6月20日 21:00 bouncy / バウンシー

こんにちは、海外ノマドワーカーのフィリピン下鳥です。こちらはフィリピンのコスメブランド「 Sunnies Face(サニーズ フェイス)」の製品です。

この「Sunnies Face」、 2018年に販売を開始してすぐ、フィリピン国内で大ヒット。その人気は海外にも広がり、現在は中国・シンガポール・マレーシアなどにオンライン販売で進出しています。


さらにアメリカやイギリスなどの海外セレブ・美容家もその魅力をSNSで発信するなど、世界的な人気を獲得しつつあります。

今回はそんな「Sunnies Face」のコスメを実際に使ってみて、その人気の理由を探りました!
ムースのように滑らかでとても軽いマットリップ

最初に使ってみるのは、「Sunnies Face」のベストセラーの1つ、「Fluffmatte」シリーズのリップです。フィリピン人のネレッサさんにモデルとして協力してもらいました。

名前の通りマットな質感なんですが、すごく滑らかでムースみたいな感触です。

発色はしっかりしているのに、すごくナチュラルに仕上がります。

ネレッサさんに塗った感想を聞いてみました。

「すごく軽いです! リップを塗ったという感覚がほとんどありません。あと、アジア人の肌にもとてもマッチするカラーだと感じました」

ちなみにこちらの「Fluffmatte」のリップ、お値段は1本あたり395ペソ、約900円とかなりお手頃です。

Sunnies Faceはコンセプトの1つに、「高級ブランドの品質を手頃な価格で提供する」ということが掲げられています。 この価格設定も人気の大きな理由と言えそうです。
パラベンフリー・動物実験なしのコスメ

続いてこちらは「Airblush」。チーク6色のコレクションです。

まずケースがかわいい! ケースでもうテンションが上がります。

色の種類はこんな感じ。色がまたかわいいですよね。

練り状のチークで、アイシャドウにも使いやすそうです。肌にすごく自然に馴染みます。こちらもネレッサさんに、ほほとまぶたに実際に塗ってみてもらいました。

「匂いが全くないです。ほほとまぶたに塗っているのに、ベタつきや重さも一切感じないですね」(ネレッサさん)

実は「Sunnies Face」の製品はすべてパラベンフリー(防腐剤不使用)。さらにアニマルクルエルティーフリー(動物実験なし)のヴィーガンフレンドリーコスメでもあります。

実際に使ってみるとよくわかりますが、コスメ独特の香りや重たさが本当に一切なくて、肌荒れが心配な人や、匂いやベタつきが苦手な人でも、安心して使えると思います。

近年大きな潮流となっているヴィーガンフレンドリーであることも、世界的に支持を集める理由の1つになっているようです。


「Sunnies Face」ではリップやチークの他にも、アイブロウやネイルポリッシュなどのコスメを展開。2021年5月から販売開始になったアイシャドウシリーズ「Eyecrayon」も注目を集めています。

公式Instagramで製品の動画や写真がたくさん紹介されているので、ぜひチェックしてみてください!

残念ながら「Sunnies Face」の製品は日本国内ではまだ入手が難しいようなんですが、近い将来日本にも進出を果たし、大人気のコスメになるかもしれません。
Sunnies Face
Sunnies Face


CREDIT
Videographer :フィリピン下鳥
Support :のだ ゆうた
SNS :にしまり

外部リンク

cat_oa-bouncynews_issue_2cd4692620f2 oa-bouncynews_0_2aa1adb94bef_腰の負担を軽減! さまざまなイスで使える腰のサポートシート「Vpad」 2aa1adb94bef 2aa1adb94bef 腰の負担を軽減! さまざまなイスで使える腰のサポートシート「Vpad」 oa-bouncynews

腰の負担を軽減! さまざまなイスで使える腰のサポートシート「Vpad」

2021年6月20日 21:00 bouncy / バウンシー

リモートワークになったことで、イスに座っている時間が長くなった人も多いのでは?

長時間、座ったままの姿勢だと腰に負担がかかる。負担は自分でも気付かないうちに蓄積し、ある日突然、激痛が走ってぎっくり腰になってしまうことだってあるかもしれない……。

「Vpad」は、そんな腰の負担を軽減してくれるシートクッション。

オフィスチェアからソファまでさまざまなイスに対応しており、今使っているイスにくっつけるだけで腰の負担を軽減してくれる。
好みの角度で腰をサポート

「Vpad」は腰当てクッションのように、イスの背もたれに立てかけて使う。

厚さ3cmとスリムなので気軽に持ち運べて、オフィスチェアやソファ、車や新幹線の座席など、さまざまな場面で腰をサポートする。

自分の腰にフィットするように、40°まで角度を自由に調整できる。

材質はやや固めで折り曲げるには力がいるようだが、そのぶん好みの角度をしっかり保ってくれる。

表面には凹凸があり、指圧されているような気持ち良さも得られるという。通気性も良いので夏でもムレず、快適に使えそうだ。

現在Makuakeにてクラウドファンディング中。5,837円(税込)から手に入る。2021年9月末までにお届け予定。
リモートワークで座ってばかりの腰をいたわってみては。
Vpad
ユニーク商店


CREDIT
Videographer/Writer :わたなべゆう
SNS :にしまり
Curator :kaho.miyazaki

外部リンク

cat_oa-bouncynews_issue_2cd4692620f2 oa-bouncynews_0_4b2f58017f05_無重力体験に姿勢を整えるイス!? 父の日に贈りたいユニークなギフト特集 4b2f58017f05 4b2f58017f05 無重力体験に姿勢を整えるイス!? 父の日に贈りたいユニークなギフト特集 oa-bouncynews

無重力体験に姿勢を整えるイス!? 父の日に贈りたいユニークなギフト特集

2021年6月20日 12:00 bouncy / バウンシー

6月20日は父の日ですね。毎年私も父の日には、何かしらプレゼントをあげてはいるのですが、いつも似たようなものになってしまい面白みがありません。そこで今回は新体験を味わえるユニークなグッズをご紹介します。
ユニークなギフト特集
座るだけで無重力体験ができるハンドジェスチャー対応チェア「Elysium」
家具の中でも、こだわりを持つ人が多いであろう「椅子」。座り心地が悪い椅子は、腰を痛めたり、リラックスできなかったりするので、多少値が張っても座り心地を重視する人も多いはずだ。

そんな中、ロンドンのDavid Hughによって製作されている高級チェア「Elysium」は、「無重力」の座り心地を実現するという。今年1月にはロールス・ロイスとコラボレーションした特別デザインモデル「Elysium-R」が、38,000ユーロ(約500万円)で発表されるなど、話題を振りまいている。

ヒノキの香りを吸うだけでリフレッシュできる 木工デバイス「kitoki」
呼吸によってユーザーをリフレッシュ状態に導く、木工デバイス「kitoki」の体験会に行ってきました。

「kitoki」は、忙しく働く現代のビジネスパーソンのため、手のあいたわずかな時間に「呼吸と所作」によって「簡単にリフレッシュできる商品」を目指し、スタッフ社とJT(日本たばこ産業)により開発されました。
チクチクがクセになる? 心地よい微刺激で快眠を誘う新感覚のまくら「CHIQ CHIQ 刺激まくら」
日本の老舗たわしメーカー「株式会社コーゾー」と、まくらの専門メーカー「まくら株式会社」のコラボにより実現した、心地よい微刺激で快眠を誘う「CHIQ CHIQ 刺激まくら」。寝ている間に刺激を与えるという新感覚の発想で、今までにない眠りが味わえるアイテムだ。
胸まで座るイス?骨格サポートシート「Enyware」
PCやスマホを毎日操作する現代、ついつい姿勢が悪くなっていませんか?
正しい姿勢を維持できれば健康に良いばかりか仕事の効率も上がるはず。そんな正しい姿勢をサポートしてくれる画期的なアイテムが「Enyware」。1対のバーとアームレストが無理なく正しい姿勢へと導いてくれる次世代チェアシートだ。
65歳の父に初体験をプレゼントして、今年は特別な父の日を過ごしてみる!
今年で30歳、思えば父の日にあげるプレゼントはありきたりなものばかり。
社会人になってから多忙になり、結婚して家を出て、父と深い会話をすることも少なくなってきました。

今年で父も65歳、父の偉大さは年を重ねるごとに感じます。

歳をとって新しいことにチャレンジしにくくなった父に、今年の父の日はちょっと工夫して、父との思い出を作ってみよう!

そんな想いから始まった今回の企画でした。
・・・

今まで体験したことのないユニークなギフトでお父さんをビックリさせませんか?

外部リンク

cat_oa-bouncynews_issue_2cd4692620f2 oa-bouncynews_0_5937e07b972c_見たことのない角度から撮れる。 4K画質の最小・軽量ウェアラブルカメラ 『Cleep Pro』 5937e07b972c 5937e07b972c 見たことのない角度から撮れる。 4K画質の最小・軽量ウェアラブルカメラ 『Cleep Pro』 oa-bouncynews

見たことのない角度から撮れる。 4K画質の最小・軽量ウェアラブルカメラ 『Cleep Pro』

2021年6月19日 21:00 bouncy / バウンシー

ウェアラブルカメラは、軽ければ軽いほど良い。
でも、画質も性能も妥協したくないという人は多いのではないだろうか。
Cleep Pro』は、そういった希望を叶えてくれる、ミニサイズで軽量の高機能ウェアラブルカメラ。
いろいろなところに装着して、今まで見たことがなかったような新鮮な映像を、4Kの高画質で撮れる。
重さは卵1つ分程度

Cleep Proは、卵ほどの重さ。
軽くて小さいからこそ、つける場所も選ばず、手首やサングラス、帽子のツバやギターのヘッドなど、固定できる箇所は数えきれない。今まで撮っていた映像に、新鮮なアングルを美しい4K画質で加えることができる。
小さいのに妥協なしの高性能
ウェアラブルカメラを使っていて一番気になるのは、画像のブレだろう。
しかし、このCleep Proならば、画像のブレを残念に感じる経験からも大幅に解放されそうだ。
このカメラには強力な電子手ブレ補正が採用されているだけでなく、補正時に発生するノイズも、自動でキレイにしてくれる。
レンズは、150°のワイドレンズ。人の視野と同等の画角の絵を撮ることができるので、広さとしては十分。あれこれと悩むことなく、撮りたいものを逃さずに撮れそうだ。
Cleep Proの筐体は、ブラックカラーのアルミニウム製。
丈夫でしかも高級感のある仕上がりになっている。

動画と写真のほかに、タイムラプスとスローモーションも撮影可能だ。
Wi-Fi経由でスマホとペアリングして、リモートの撮影や撮った動画・写真の確認、設定を行うことができる。
使い方は、とってもシンプル

使い方は、ボタンをクリックするだけ。
ライトの点灯と振動で撮影の開始を教えてくれる。さらに1クリックで、10秒の動画を撮影可能だ。
長押しすると、最長20分までの動画を撮影することができるほか、動画と写真の撮影モードを切り替えたい時には、パワーボタンをクリックする。
特別な設定も必要ないので、買ってすぐに動画撮影を楽しめる。
バッテリー持ちも十分

「今すぐ撮りたい!」という時に、バッテリーが切れてしまっていたら台無し・・・。
だが、Cleep Proの撮影可能時間は、最大60分まで連続撮影可能(4K 30fpsの場合、35分)。
Wi-Fiを繋がなければ、さらに長時間撮影することができる。
充電は、Type-Cケーブルを使って行う。スマホやタブレットにもType-Cケーブルを使うものが増えているから、旅行や出張時などの荷物も少なくてすみそうだ。

クラファン中

『Cleep Pro』は現在、Indiegogoでクラウドファンディング中。
キャップやメガネへのマウントといったアクセサリー3種がセットになったSuper Early Birdは、定価の43% オフにあたる、129ユーロ(159ドル・約17,918円)プラス日本への送料24ユーロ(約3,200円)から出資可能となっている。(為替:ユーロから執筆時計算にて)
発送は、2021年9月の予定だ。

どこに付けて、何をどう撮ろうか。
Cleep Proを使って撮る映像は、今までよりも斬新で、あっと驚く作品になりそうだ。

Cleep Pro
Cleep


CREDIT
Videographer :Tee
SNS :にしまり
Curator :津田啓夢

外部リンク