奨学金破産、過去5年で1万5千人 親子連鎖広がる

■奨学金破産


 国の奨学金を返せず自己破産するケースが、借りた本人だけでなく親族にも広がっている。過去5年間の自己破産は延べ1万5千人で、半分近くが親や親戚ら保証人だった。奨学金制度を担う日本学生支援機構などが初めて朝日新聞に明らかにした。無担保・無審査で借りた奨学金が重荷となり、破産の連鎖を招いている。

国の奨学金の保証制度

 機構は2004年度に日本育英会から改組した独立行政法人で、大学などへの進学時に奨学金を貸与する。担保や審査はなく、卒業から20年以内に分割で返す。借りる人は連帯保証人(父母のどちらか)と保証人(4親等以内)を立てる「人的保証」か、保証機関に保証料を払う「機関保証」を選ぶ。機関保証の場合、保証料が奨学金から差し引かれる。16年度末現在、410万人が返している。

国内全体の自己破産と奨学金関連の自己破産

 機構などによると、奨学金にからむ自己破産は16年度までの5年間で延べ1万5338人。内訳は本人が8108人(うち保証機関分が475人)で、連帯保証人と保証人が計7230人だった。国内の自己破産が減る中、奨学金関連は3千人前後が続いており、16年度は最多の3451人と5年前より13%増えた。

 ただ、機構は、1人で大学と大学院で借りた場合などに「2人」と数えている。機構は「システム上、重複を除いた実人数は出せないが、8割ほどではないか」とみている。破産理由は「立ち入って調査できず分からない」という。

 自己破産は、借金を返せる見込みがないと裁判所に認められれば返済を免れる手続き。その代わりに財産を処分され、住所・氏名が官報に載る。一定期間の借り入れが制限されるなどの不利益もある。

 奨学金にからむ自己破産の背景には、学費の値上がりや非正規雇用の広がりに加え、機構が回収を強めた影響もある。本人らに返還を促すよう裁判所に申し立てた件数は、この5年間で約4万5千件。16年度は9106件と機構が発足した04年度の44倍になった。給与の差し押さえなど強制執行に至ったのは16年度に387件。04年度は1件だった。

 奨学金をめぐっては、返還に苦しむ若者が続出したため、機構は14年度、延滞金の利率を10%から5%に下げる▽年収300万円以下の人に返還を猶予する制度の利用期間を5年から10年に延ばす、などの対策を採った。だが、その後も自己破産は後を絶たない。

 猶予制度の利用者は16年度末で延べ10万人。その期限が切れ始める19年春以降、返還に困る人が続出する可能性がある。(諸永裕司、阿部峻介)

日本学生支援機構が入る建物=東京都新宿区

     ◇

〈国の奨学金制度〉 1943年に始まり、現在は日本学生支援機構が憲法26条「教育の機会均等」の理念の下で運営している。2016年度の利用者は131万人で、大学・短大生では2・6人に1人。貸与額は約1兆円。成績と収入の要件があり、1人あたりの平均は無利子(50万人)が237万円、要件の緩やかな有利子(81万人)が343万円。給付型奨学金は17年度から始まり、新年度以降、毎年2万人規模になる。

 高校生向けの奨学金事業は05年度に都道府県に移管されており、全額が無利子の貸与となっている。大学生向けで給付型を採り入れている自治体もある。

外部リンク

実際に締まる「ネジチョコ」、注文殺到 米国でも販売へ

 14日のバレンタインデーに向け、チョコレート商戦は真っ盛りだ。官営八幡製鉄所の関連施設が世界文化遺産に登録されたのを機に生まれ、国内外で人気を集める「ネジチョコ」の販売元ではロボットを導入し、商品作りに追われている。

詳細はスマートフォンから

オレンジと緑の車体、115系が引退へ JR高崎支社

 オレンジと緑の車体で「かぼちゃ電車」「みかん電車」の愛称で親しまれてきた115系が、3月でJR東日本高崎支社管内での運行を終える。老朽化が理由という。同支社は引退イベントや記念品の販売を企画している。

詳細はスマートフォンから

五輪開会式中継で「日本は韓国の模範」 米NBCが謝罪

 米NBCテレビは11日までに、平昌五輪開会式の中継中に出演者が、植民地支配した日本が韓国の手本になったという発言をしたことについて、「これらの発言に韓国の人々が侮辱されたと理解し、謝罪する」との声明を番組内で読み上げた。ニューヨーク・タイムズ紙などが報じた。

詳細はスマートフォンから

「機体バラバラになって落ちた」ロシア機墜落、全員死亡

 ロシア・モスクワ郊外で11日午後に起きた同国国内線サラトフ航空機の墜落で、ロシア非常事態省は同日、乗客・乗員71人全員が死亡したと発表した。航空当局は原因調査に乗り出した。

詳細はスマートフォンから

フィギュア団体、日本は2大会連続5位 カナダが初の金

平昌冬季五輪のフィギュアスケートの団体最終日は12日、上位5チームで争われるフリーの残り3種目があり、日本は2大会連続の5位だった。カナダが初の金メダル。「ロシアからの五輪選手(OAR)」が2位、米国が3位。

詳細はスマートフォンから

安倍首相の発言は「王様みたい」 希望・玉木氏

■玉木雄一郎・希望の党代表(発言録)

詳細はスマートフォンから

清宮と「イエーイ」 大谷翔平が日本ハムキャンプ訪問

 大リーグ・エンゼルスの大谷翔平が11日(日本時間12日)、米アリゾナ州スコッツデールで行われている古巣・日本ハムのキャンプを訪れた。14日から始まるエンゼルスのキャンプを前に、栗山英樹監督やかつてのチームメートたちに元気な姿を見せた。

詳細はスマートフォンから