cat_1328_issue_ee5067a8 @linenews_ee5067a8_2de3b95ee5d8_豆電球でもダメ?睡眠に最適な照明の明るさ 2de3b95ee5d8 2de3b95ee5d8 豆電球でもダメ?睡眠に最適な照明の明るさ @linenews 0

豆電球でもダメ?睡眠に最適な照明の明るさ

2016年4月6日 07:00 amanaimages

質の高い睡眠を得るためにすべき努力はいくつかありますが、寝るときの"明るさ"を調節することも大切。専門家によると熟睡できる最適な明るさは0.3ルクスだそう。

豆電球による明るさは、9ルクス。月明かりで0.1〜0.3ルクスです。奈良県立医大の研究によると、真っ暗の中で寝ている人と、豆電球をつけて寝ている人とでは、肥満になる可能性が約2倍という結果も。

ちなみに、寝る前にスマホやテレビを見ない方が良いのは、ブルーライトよって睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が抑制されてしまうからだそう。

cat_1328_issue_ee5067a8 @linenews_ee5067a8_71deebfbac15_腸内環境が良くないと無気力に?甲状腺と腸内細菌の関係 71deebfbac15 71deebfbac15 腸内環境が良くないと無気力に?甲状腺と腸内細菌の関係 @linenews 0

腸内環境が良くないと無気力に?甲状腺と腸内細菌の関係

2016年4月4日 17:00 amanaimages

疲れが取れにくかったり、何のやる気も起きなくなったりする体調には、腸内細菌が関係しているといいます。腸内細菌が死んでしまうと、甲状腺の働きが阻害されてしまうそう。

全身のエネルギー代謝に関わる重要なホルモン「T3」を分泌している甲状腺。腸内細菌が死んでしまうと、甲状腺の働きに必要なセレニウムやイオディンの吸収がブロックされてしまうのだとか。

精神状態に大きな影響を及ぼしている腸内環境。整えるには、ビフィズス菌が豊富に含まれたヨーグルトを摂ると良いそうです。

cat_1328_issue_ee5067a8 @linenews_ee5067a8_373a8e8dcb24_若者も油断大敵、「朝食抜き」で脳出血のリスク上昇 373a8e8dcb24 373a8e8dcb24 若者も油断大敵、「朝食抜き」で脳出血のリスク上昇 @linenews 0

若者も油断大敵、「朝食抜き」で脳出血のリスク上昇

2016年4月5日 14:41 amanaimages

朝食抜きの生活による、新たな健康リスクが判明しました。研究結果では、普段朝食をあまり食べない人は、食べる人に比べて脳出血の危険が36%高まるそうです。

気温の低い朝は、血管が収縮傾向にあり脳出血のリスクが高くなるとされていますが、この状況下で朝食を取らないと空腹でストレスを感じ、脳が交感神経を刺激します。その結果血管が収縮し、血圧が上がるのだとか。

cat_1328_issue_ee5067a8 @linenews_ee5067a8_70689ba7f5df_指を交差させるとスッキリする?"嫌な気分"の切り替え方 70689ba7f5df 70689ba7f5df 指を交差させるとスッキリする?"嫌な気分"の切り替え方 @linenews 0

指を交差させるとスッキリする?"嫌な気分"の切り替え方

2016年3月31日 15:17 gettyimages

気持ちが落ち込んだりイライラしたりする時、できるだけ早く嫌な気分を切り替える方法をご紹介。たとえば「ピンクを生活に取り入れる」ことで、ネガティブ思考が回復し、やさしい気分になれるそうです。

また、「手のひらを上にして深呼吸」をすることで、気分が上向きになりやすい傾向があるとか。

かけ算の「九九を唱える」と、今考えていることを断ち切るきっかけになるそう。フランスでは、幸運を呼ぶおまじないとして「人差し指と中指を交差」することで、気持ちをスッキリさせているといいます。

cat_1328_issue_ee5067a8 @linenews_ee5067a8_77b5dc314561_敏感なおかげ!? 花粉症の人はがんになりにくいらしい 77b5dc314561 77b5dc314561 敏感なおかげ!? 花粉症の人はがんになりにくいらしい @linenews 0

敏感なおかげ!? 花粉症の人はがんになりにくいらしい

2016年4月4日 07:00 gettyimages

花粉症をはじめ、ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー体質の人は、がんになりにくいという研究報告がされているといいます。

東京大学医学部研究チームによると、花粉症のある患者の8,800人を追跡調査したところ、花粉症の患者はそうでない人とくらべると、がんによる死亡率が52パーセントも低かったそう。

詳しい理由はまだ解明されていませんが、アレルギー疾患の場合は免疫システムが過敏に働くため、がん細胞をマメに見つけて攻撃してくれるからではと考えられています。

cat_1328_issue_ee5067a8 @linenews_ee5067a8_715080cb38f2_太陽を避けるのは、タバコと同じぐらいカラダに悪い? 715080cb38f2 715080cb38f2 太陽を避けるのは、タバコと同じぐらいカラダに悪い? @linenews 0

太陽を避けるのは、タバコと同じぐらいカラダに悪い?

2016年4月4日 10:00 パレオな男

「太陽の光」を浴びるのは、健康を保つために重要なこと。スウェーデンのある大学の研究によると、「太陽を避けると死亡率が激増する」という結果が出ているそう。

さらに研究では「喫煙者だが太陽の光をよく浴びる人」と「非喫煙者だが太陽の光を避けている人」の死亡率は、ほぼ同じ。つまり、太陽の光を避けるのは、タバコと同じぐらいカラダに悪いという結果に。

別の研究では、太陽光を浴びると「血圧が下がる」効果があることや、「免疫力がアップする」とも言われています。

cat_1328_issue_ee5067a8 @linenews_ee5067a8_3ff01244afcf_目がかすむ時は"耳を引っ張る"とスッキリするらしい 3ff01244afcf 3ff01244afcf 目がかすむ時は"耳を引っ張る"とスッキリするらしい @linenews 0

目がかすむ時は"耳を引っ張る"とスッキリするらしい

2016年4月2日 10:00 gettyimages

パソコンやスマホで目が疲れると、視界がぼやけてしまうもの。そんな時は、耳を引っ張る「耳ヨガ」をすると視界がクリアになるそうです。

深呼吸しながら耳を引っ張り、3~5秒くらいかけて息を吐ききるだけでOK。こうすることで目の周りの血流が改善し、視神経の緊張がほぐれ、目がすっきりしたり視力が回復したりするのだとか。

さらに、「耳ヨガ」はカラダの代謝をアップさせたり、むくみや冷え性を改善させたりする効果も期待できるそうです。

ページが見つかりませんでした

この記事は削除されたか
一時的にアクセスができません。

cat_1328_issue_ee5067a8 @linenews_ee5067a8_46afc618319d_会議にはフォーマルな格好が合う?服装と思考の関係性 46afc618319d 46afc618319d 会議にはフォーマルな格好が合う?服装と思考の関係性 @linenews 0

会議にはフォーマルな格好が合う?服装と思考の関係性

2016年4月5日 07:00 ライフハッカー

カリフォルニア州立大学の研究によると、人はスーツなどのフォーマルな服装をした場合に、「抽象的に考える」傾向があるそう。抽象的な思考が必要とされる会議などでは、フォーマルな格好の方が向いているといいます。

一方で、正確さが要求される、分析的な作業に取り組む際には、カジュアルな服装の方が良いとのこと。職人やスポーツ選手など、実際に手を動かし、形のあるものを生み出す人も、カジュアルな格好の方が向いているのだとか。

服の「色」も、着ている人自身の気分に影響を与えるよう。黒は強い意志を感じさせる色のため、交渉の場面等で有効なのだそう。親しみやすさを感じさせるオレンジは、社交的な場面に合うようです。