住宅街の中にある紅葉の穴場!庭園が美しい京都「等持院」

「等持院」は京都市北区に位置する寺院。住宅街に囲まれたエリアにあり、紅葉の時期も比較的空いていることが多いそう。美しい庭園が東西に2つあり、それぞれ池が中心となった造りになっています。どちらも天龍寺などの庭園を手掛けた夢窓疎石が造った庭園。東側の庭園にある心字池の真ん中には蓬莱島があり、晩秋の季節には真っ赤な紅葉で素晴らしい色彩に。

西側の庭園は東側とは雰囲気が異なり、紅葉の数はそれほど多くないといいます。しかしメインとなる芙蓉池の周囲にはたくさんの庭石が置かれ、和の雰囲気が色濃くでているのだとか。また西側の庭園は、方丈から眺めることもできるそう。方丈では500円でお抹茶を注文することができ、笹屋昌園の「芙蓉の月」を楽しむことができます。

青空×気球の幻想的な景色を堪能♪ 佐賀の"バルーンフェスタ"

10.14 07:00 じゃらんnews

毎年、全国から多くの人が集まる「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」が今年も11月1日~5日、佐賀・嘉瀬川河川敷で開催されます。世界中から100機以上のバルーンが参加し、青空に気球が浮かぶ幻想的なシーンを見られます。

見所は、朝と午後の1日2回行われる「バルーン競技」。風が安定して中止の可能性が少ない朝が狙い目で、運がよければバルーンの一斉離陸シーンが見られるとのこと。澄んだ空気にバルーンが映えた、美しい景色が楽しめます。

また、4日と5日の夜には河川敷一面に広がったバルーンが、生演奏に合わせてバーナーの赤い炎でライトアップ。昼間とは違った表情を見せるバルーンの姿は感動的だそうです。

地下82m!群馬県にある日本一のモグラ駅「土合駅」

10.13 19:00 じゃらんnews

群馬県にあるJR東日本・上越線の土合駅は、地下82mの場所にホームがあり「日本一のモグラ駅」と呼ばれています。

地上まで462段もの階段を登るため、駅から出るのに約10分かかります。このホームは下り列車専用で、かつて駅員がいた時代には、発車10分前に改札を閉じていたといいます。

電車は3時間に1本ぐらいのペースで来るので、行く場合は時刻表をよく確認しておくと◎です。

幻想的な"光るサンゴ"も… ニューカレドニアの水族館がすごい

ニューカレドニアで唯一の水族館である「ニューカレドニア・ラグーン水族館」には、熱帯魚やウミガメなど約1000種類以上の海洋生物が展示されています。中でも、見どころなのが"光るサンゴ"!

世界で初めて光るサンゴの展示を開始した水族館だといい、真っ暗な部屋内には、通常の光とブラックライトが交互に切り替わる水槽が。鮮やかなサンゴが暗闇で光りだすという演出は、非常に幻想的だといいます。

このほか、世界でここにしかいないといわれている光るクラゲなど、珍しい生物も見ることができるそうです。

海の透明度も抜群!ニューカレドニアの無人島「カナール島」

ニューカレドニアに数ある離島の中でも、「イロ・カナール(カナール島)」は一番気軽に行ける無人島。タクシーボートで約5分の位置にあり、ピクニック感覚で海水浴を満喫できます。

この島にはビーチチェアとレストランがあるだけで、開放感も抜群。またカナール島の海水は透明度が高く、魚もいっぱい泳いでいるため、シュノーケリングを楽しむのにピッタリだとか。カヌーなどのマリンスポーツも体験できます。

ニューカレドニア本島のヌメアから飛行機で30分の場所にあるのが「ウベア島」。真っ白な砂浜とエメラルドブルーのビーチが広がり、"天国に一番近い島"とも言われています。

ポップで可愛い♡ カナダの"トゥーンタウン"みたいな街

10.12 15:00 ねとらぼ

あるTwitterユーザーが投稿したカナダの"トゥーンタウン"のような街が話題に。その場所は「クリフトンヒル」通りで、たくさんのお店や娯楽施設が立ち並ぶスポットです。

街には、逆さまの家「アップサイド・ダウン・ハウス」や、ゴリラが立っている博物館「ビリーブ・イット・オア・ノット!」など、2次元の世界を思わせるポップな建物がズラリ。入り口でファラオが出迎えてくれるお土産屋さんや、"お化け屋敷"などもあります。

ちなみに、クリフトンヒルの近くにあるのが、アメリカとカナダの国境をまたぐ「レインボーブリッジ」。橋からはナイアガラの滝を眺めることができます。

絶景紅葉スポットで話題の那須塩原温泉「紅の吊り橋」

栃木県の那須塩原温泉郷にある「紅の吊り橋」は、数ある紅葉スポットの中でも注目を集めている場所。その年の気温によって違いがありますが、10月中旬~11月中旬が見頃だといいます。

吊り橋から見える紅葉はまさに"絶景"で、初めて訪れたほとんどの人が「こんな見事な紅葉狩りができるなんて」と驚くそう。吊り橋を渡った対岸には、露天風呂「もみじの湯」があり、紅葉を眺めながら温泉を楽しめます。

インスタ映え確実♪ ホーチミンにある"ピンク色の教会"

10.11 19:00 TRIPPING!

ベトナムのホーチミンにある「タンディン教会」は、鮮やかなピンク色で彩られた教会。美しい外観だけでなく、中のステンドグラスや細かな装飾もフォトジェニックだそうです。

この教会は観光地が集まる中心地から少し離れていることもあり、人が少ない穴場スポット。ホーチミンの中では2番目に大きい教会だそうで、1880年頃に建てられたといいます。

また、ベトナムのダナンにある「ダナン大聖堂」も、パステルピンクの色が印象的な教会。日曜日を中心に行われるミサの時間は内部も開放されるので、その時間を狙って訪れると◎。

高さ55メートル!吊橋から眺める"九州最後の秘境"の紅葉

"九州最後の秘境"と言われる、熊本県八代市東部の「五家荘(ごかのしょう)」。標高1300~1700メートルの山々に囲まれた場所にあり、秋には美しい紅葉を望めます。

五家荘の紅葉の"名所"の一つが、高さ55メートル、長さ116メートルの「梅の木轟公園の吊橋」。空中に浮かんでいるような気分で紅葉を眺められるとか。また、近くには3つの滝があり、紅葉と滝のコラボも楽しめます。

五家荘は、壇ノ浦の戦いに敗れた平清盛の孫・清経が逃げ延びて里を作ったという"平家落人伝説"が残る地。平清経の子孫が代々暮らしたという屋敷は「緒方家」として公開されています。

歴史あふれる紅葉名所!名古屋の「徳川園」の美しい景色

10.09 15:00 トリドリ

名古屋市・東区にある紅葉の名所「徳川園」。園内に造られた滝や山、湖などは近隣の木曽川や濃尾平野をイメージしたもので、心安らぐ自然の情景が楽しめます。国宝の「源氏物語絵巻」を展示することで有名な徳川美術館などが隣接しており、自然だけでなく、日本の歴史や文化まで触れられる場所です。

園内には約300本のもみじの木があり、秋は庭園の緑と、紅葉の赤やオレンジの色のコントラストが絶妙なのだとか。夜はライトアップされ、とても幻想的な雰囲気になるそう。毎年、3〜4万人がこの美しい景色を見に足を運んでいるといいます。

続きはアプリで、快適に LINENEWS