高橋大輔さん、平昌五輪の聖火リレー参加に「楽しみ」

01.10 07:39 gettyimages

フィギュアスケート男子で2010年バンクーバー冬季五輪銅メダルの高橋大輔さんが9日、東京都内で行われたイベントに出席し、平昌五輪(2月9日開幕)の聖火リレーの走者になることについて「やりたくてもできるものではない。素直に喜んでいる。楽しみ」と喜びを口にしました。

12日に韓国・仁川で約300メートル走るといいます。14年に現役を引退していますが「300メートルならまだ走れます」と笑顔を見せました。平昌五輪では2連覇を狙う羽生結弦や宇野昌磨らの活躍が期待され「(フィギュアでは)今までで1番メダルが多く取れる五輪になると思う。ぜひ実現してもらえたら」とエールを送りました。

春高バレー 女子は金蘭会が3年ぶりV、男子は鎮西が21大会ぶり優勝

01.08 20:10 サンスポ

バレーボール・全日本高校選手権、女子の決勝が8日に行われ、金蘭会(大阪第1)が高校総体覇者の東九州龍谷(大分)に3-0(25-20、25-18、25-23)でストレート勝ち。2015年以来3年ぶりの2度目の優勝を決めました。

金蘭会の林主将は「先輩方の思いをつなぐって意味でやってきて、日本一になれてよかったです」コメント。金蘭会は1回戦で文京学院大女(東京)に圧勝。2回戦で西原(沖縄)、3回戦で福井工大福井(福井)を下し、準々決勝で由利(秋田)、準決勝では3連覇を狙う下北沢成徳(東京第1)を撃破しました。

同日に行われた同大会の男子決勝では鎮西(熊本)が洛南(京都)を3-0で下し、21大会ぶり3度目の優勝。鍬田、水町の強打が効果的に決まって快勝し、高校総体との2冠を達成しました。

北朝鮮の"五輪参加"が現実味 韓国で合同チーム結成を求める声

01.08 19:18 共同通信

平昌冬季五輪は9日で開幕まで1カ月。同日には韓国と北朝鮮による南北閣僚級会談が開かれ、北朝鮮の五輪参加が主な議題となります。出場が現実味を帯びてきた中、韓国では五輪での合同チーム結成を求める声が上がるなど、期待が高まっています。

韓国メディアによると、平昌などがある江原道の崔文洵知事は北朝鮮側に「フィギュアスケートの団体で単一チームをつくってはどうか」と提案。団体は男子、女子、ペア、アイスダンスの順位に応じて与えられる得点の合計で争われ、韓国は出場が決まっています。

葛西紀明、日本人最多8度目五輪が確実 冬は既に世界最多

01.08 10:33 スポーツ報知

スキージャンプ男子で14年ソチ五輪個人ラージヒル銀メダルの葛西紀明(45)が平昌五輪代表に選ばれることが確実になりました。日本勢単独最多8度目の五輪出場で、冬季大会では自身の持つ世界最多記録を更新します。

19歳で初出場した92年アルベールビル大会から8大会連続8回目の五輪。出場すれば、スピードスケートと自転車で7回の橋本聖子氏(現・日本スケート連盟会長)を抜き、夏冬通じて日本勢の単独最多に。冬季に限れば世界最多です。

葛西は「選ばれればうれしい。(五輪までに)しっかり成績を出さないと」とし、さらに以前から「ここまできたら世界で一人の凄い記録を目指したい」と9、10という数字にも意欲を示してきました。

吉田沙保里、五輪4連覇を逃したリオの決勝を語る

01.07 21:56 スポーツ報知

女子レスリング・吉田沙保里(35)が、7日放送のテレビ朝日系「ビートたけしのスポーツ大将 特別編」(後6時半)でリオ五輪決勝について語りました。吉田はアテネ、北京、ロンドンで金メダルを獲得し、リオ五輪で4連覇がかかっていたが決勝で敗れ銀メダルに終わりました。

吉田は「試合中に初めて監督の声が聞こえなくなった」と明かしました。そして「決勝戦は自分も(頭の中が)真っ白で相手も強くて圧倒された。相手のペースにはまった」と分析。いつも聞こえる母親や監督の声も聞こえず、栄監督を見ても口パクをしているように声が聞こえなかったといいます。

帝京大、逆転で明大破り9連覇 全国大学ラグビー

01.07 16:47 サンスポ

ラグビーの全国大学選手権は7日、東京・秩父宮ラグビー場で決勝が行われ、9連覇を狙う帝京大と21季ぶり13度目の優勝を目指す明大が決勝初対決。帝京大が21-20で勝ち、9季連続9度目の優勝を果たしました。

一時7-20と引き離された帝京大は、後半15分にLO秋山大地がトライ。WTB竹山晃暉がゴールを成功し、14-20と迫ると、同20分にCTB岡田優輝がゴールポスト中央にトライ。WTB竹山のゴールが成功し、ついに21-20と逆転に成功しました。

資金調達に「空中権」が浮上 秩父宮、神宮球場建て替えで

01.07 08:54 共同通信

2020年東京五輪・パラリンピックを契機とした東京・明治神宮外苑地区の再開発で、秩父宮ラグビー場と神宮球場の建て替え資金を、競技場上空の使わない空間を周辺に移して利用できる「空中権」を売却して調達する案が浮上していることが6日、分かりました。

秩父宮は日本スポーツ振興センター(JSC)、神宮球場は宗教法人明治神宮が所有し、周辺の地権者を含めて協議を進めています。実現には東京都による都市計画の変更が必要とみられます。都は15年4月に同地区の街づくりで連携・協力する覚書をJSC、明治神宮、民間企業などと締結しました。

北朝鮮が五輪出場か フィギュアスケートのペアで

01.06 15:45 共同通信

北朝鮮の張雄国際オリンピック委員会(IOC)委員は6日、平昌冬季五輪への代表団派遣を巡り、出場枠を獲得しながら出場意思を示していなかったフィギュアスケートのペアで北朝鮮選手が「参加するだろう」との見通しを示しました。北京国際空港で記者らに語りました。

張氏は同日、平壌を出発し、北京に到着。消息筋によるとスイスへ向かうとみられ、五輪参加を巡りIOC側と協議する可能性があります。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は1日、五輪に代表団を派遣する用意があると表明、派遣のための準備などを話し合う南北の高官級会談が9日に開かれます。

シンクロの木村真野がレーサーと結婚 紗野との双子コンビで活躍

シンクロナイズドスイミングの木村真野が5日に入籍したことが分かりました。所属事務所が発表しました。お相手は会社員兼レーシングドライバーの黒澤翼氏。

所属事務所によれば、2人は富士スピードウェイで出会い、その後交際に発展。約2年の交際を経て結婚しました。木村は「彼のいつも明るく前向きな性格に惹かれ、彼と出会い、笑う時間が増えました。何があっても笑い飛ばせる2人でいられる気がします。これからもお仕事、シンクロは続けていきたいのでよろしくお願いします」とコメントしています。

双子の紗野とともにシンクロ選手、タレントとして活躍する木村。自身のInstagramでは、結婚指輪をはめて手を握り合う写真を掲載し、「どんな時も2人の人生を私達らしく歩んでいきます」と報告しています。

卓球の若宮三紗子が3月引退へ 16年世界選手権団体で銀

01.05 08:35 共同通信

卓球で2016年の世界選手権団体戦で銀メダルを獲得した若宮三紗子(日本生命)が4日、自身のツイッターで3月末に現役を引退し、所属先を退社することを明らかにしました。4月からはパーソナルトレーナーとして活動するといいます。

若宮は2010~13年の全日本選手権女子ダブルスで藤井寛子と組み4連覇を達成。ツイッターで「楽しいことばかりではなかったかもしれないけど、卓球に出会うことができて心から幸せでした」としています。

続きはアプリで、快適に LINENEWS