女装し女湯50分、裏声で「女性です」 50歳の男逮捕

01.12 08:15 gettyimages

女装して公衆浴場の女湯に侵入したとして、札幌西署は10日、札幌市白石区、パート従業員の男(50)を建造物侵入の疑いで現行犯逮捕しました。

同署の発表と施設側の説明によると、男は10日午後9時頃、同市中央区北5西24の公衆浴場の女湯に侵入した疑い。調べに対し、「男湯は汚く、女湯の方が安らぐから」と供述しているといいます。

男は身長約1メートル80で太っており、当時、黒いボブカットのカツラ姿で化粧をしていました。約50分間入浴しており、居合わせた常連客が、不自然に下半身を隠していることを不審に思って施設側に連絡。男は当初、施設側や駆けつけた署員に対し、裏声で何度も「女性です」と言っていたといいます。

政府専用機、金属パネルがなくなる 総理外遊の予備機

01.12 07:48 テレ朝news

12日に安倍総理大臣がヨーロッパ外遊に出発する予定のなか、11日政府専用機の右の主翼とエンジンをつなぐ部分から、パネルが1枚なくなっているのが見つかりました。パネルは金属製で、縦38センチ横20センチ、重さは約500グラムとみられています。

飛行中に落下したとみられていますが、航空自衛隊によると、今のところ被害の情報はないということです。政府専用機は緊急時に備えて2機態勢で運用されており、パネルが紛失したのは、12日からの安倍総理の外遊で予備機として使われる機体でした。航空自衛隊は、点検と補修を急ぎ、12日の外遊に間に合わせたいとしています。

スタバの偽スマホケース 400個で70万円売り上げか

01.12 07:00 テレ朝news

千葉県鎌ケ谷市の磨田昌人容疑者(31)と石塚美智子容疑者(32)は、スターバックスのロゴが入った偽物のスマートフォンケース342個を販売目的で所持していたとして逮捕されました。

警察によると、磨田容疑者らは去年3月から6月にかけて400個を販売し、約70万円を売り上げていたとみられています。磨田容疑者は容疑を認めていますが、石塚容疑者は「彼氏がやったことなので私は分かりません」と容疑を否認しています。

香川県が鳥インフルと断定、四国の農場で初 9万羽を殺処分

01.12 00:50 読売新聞

香川県さぬき市の養鶏場の肉用鶏から簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出た問題で、県は11日、遺伝子の再検査の結果、毒性の強い高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表しました。

家畜伝染病予防法に基づき、近くの系列養鶏場も合わせた2か所で全約9万1000羽の殺処分を始めました。

家禽農場での鳥インフルエンザ感染が確認されたのはこの冬初めて。四国の農場での発生は過去に例がないということです。

県によると、検出されたのは「H5亜型」。養鶏場の半径3キロ圏内を鶏や卵の移動を禁じる移動制限区域に、半径3~10キロ圏内を域外への運び出しを規制する搬出制限区域に設定しました。

積雪で信越線電車が立ち往生、乗客600人 新潟・三条市

01.12 00:44 gettyimages

11日午後6時55分ごろ、新潟県三条市のJR信越線の踏切近くで新潟発長岡行きの普通電車(4両編成)が約600人の乗客を乗せたまま、大雪のため動けなくなりました。JR東日本新潟支社によると、除雪作業を進めているものの同10時半現在、運転再開のめどは立っていません。

電車が立ち往生しているのは同市の東光寺駅と帯織駅の間。車両の下に雪を抱え込んだ状態になったもよう。車内は暖房が機能しているほか、トイレも備えており、これまで体調を崩した乗客はいないということです。現場周辺で乗客を電車から外に誘導するのは安全上の懸念があるといい、同支社は「車内で待っていただき、除雪が済み次第、運転を再開する」としています。

政府専用機からパネル落下 羽田から千歳に飛行中

01.11 21:20 共同通信

航空自衛隊は11日、定期整備を終えた政府専用機ボーイング747が羽田空港から新千歳空港に飛行した際、右の主翼とエンジンとをつなぐ部分の金属製のパネル1枚(縦38センチ、横20センチ、厚さ2ミリ、重さ約0.5キロ)が落下したと明らかにしました。飛行の安全に影響はなく、山形県や青森県上空を通過しましたが、けが人の情報はないといいます。

空自によると、日航での定期整備を終えた後、所属する空自千歳基地で機体の整備状況を確認するため、11日正午ごろに羽田を離陸し、午後1時10分ごろ新千歳に着陸。飛行前の目視点検ではあったパネルがなくなっていることに気付いたとのことです。

「自爆する」爆破予告で始業式中止、東京・国学院久我山中高

01.11 21:08 amanaimages

国学院久我山中学高校(東京都杉並区)に「始業式で自爆する」などと書いたはがきが届き、同校が始業式を中止していたことが11日、同校関係者への取材で分かりました。警視庁高井戸署が威力業務妨害などの容疑も視野に、詳しい経緯を調べています。

同校や同署などによると、はがきは今月3日、同校に2通届き、そのうちの1通に「始業式の最中に自爆してやる 皆の者余の為に殉死するのだ」などと書かれていました。同校は9日の始業式を中止して校内を探しましたが、不審物などは見つかりませんでした。

バス運転手、会社間で融通 国交省が実証実験へ

01.11 21:01 読売新聞

大型バスの運転手不足を解消するため、国土交通省は2018年度、バス会社の間で運転手をやり繰りする実証実験に乗り出します。

観光シーズンのピークが地域ごとにずれることに着目し、閑散期を迎え仕事が少なくなったバス会社の運転手を、人手が足りないバス会社で雇う仕組みで、人手不足解消と運転手の働き方改革を同時に進める狙いがあります。

国交省は18年春にも全国のバス会社を対象に需要調査を行い、モデル会社を複数選定。秋にも実証実験を始めたい考えです。バス会社間のマッチングの仕組みを整え、将来的にはバス業界に融通制度の導入を促します。

バス会社のマッチングは、観光シーズンが重ならないことが前提となります。このため、実証実験では東北と九州など、地理的に離れた地域の会社間での運転手の融通を想定しています。

"麻薬密輸"で東北電力の社員を起訴、福島地検支部

01.11 20:52 gettyimages

米国から麻薬を密輸したとして、福島地検郡山支部が昨年12月、麻薬取締法違反と関税法違反の罪で東北電力社員の男を起訴していたことが11日、分かりました。同支部は被告の男の氏名や認否などを明らかにしていません。

東北電によると、男は福島県内で勤務する管理職で「起訴事実を確認し、今後の処分を検討する」としています。起訴状によると、男は2016年3月ごろから17年5月ごろの間、13回にわたり「α-PVP」と呼ばれる麻薬を含む粉末計約23グラムを国際郵便で密輸したとされます。川崎市内の郵便局にある検査場で税関職員が発見しました。

「領土主権守る」 中国軍艦が尖閣沖の接続水域に

01.11 20:38 テレ朝news

11日午前、2年ぶりに中国軍の艦艇が尖閣諸島の接続水域に入りました。菅官房長官は「中国が日中関係改善の流れを阻害することのないように強く求めていきたい」と話しました。接続水域に入ったのは潜水艦1隻と中国海軍のフリゲート艦1隻です。日本政府は、潜水艦の国籍についてはコメントしていません。

中国軍の艦艇が尖閣諸島の接続水域に入るのは、おととしの6月以来2度目です。外務省の杉山事務次官は、中国の程永華駐日大使を呼び出し、重大な懸念を表明して抗議しました。一方、中国外務省は海軍の行動を正当化したうえで、「中国の領土主権を断固として守る」と牽制しました。

続きはアプリで、快適に LINENEWS