cat_16_issue_social @linenews_0_2b8bc85d7aa0_警視庁、東北大と広島大の構内を家宅捜索 全学連関係先 2b8bc85d7aa0 2b8bc85d7aa0 警視庁、東北大と広島大の構内を家宅捜索 全学連関係先 @linenews 0

警視庁、東北大と広島大の構内を家宅捜索 全学連関係先

2015年10月1日 08:52 47NEWS

中核派系全学連の活動家の男4人が、仲間だった男性を監禁してけがをさせたとして逮捕された事件に絡み、警視庁公安部は1日、東北大川内北キャンパス(仙台市青葉区)と広島大東広島キャンパス(広島県東広島市)にある全学連の関係先を家宅捜索しました。

公安部は、東京都江戸川区にある中核派の活動拠点「前進社」ビルで5月3~7日、元活動家の20代男性を監禁した上、5階屋上から転落させてけがを負わせたとして、監禁致傷の疑いで全学連活動家の男4人を逮捕しています。

捜査関係者によると、4人の中に東北大の元学生が含まれていました。

cat_16_issue_social @linenews_0_bab9f56454f6_「能力不足」で大阪市職員を"解雇" 職員条例で初めて bab9f56454f6 bab9f56454f6 「能力不足」で大阪市職員を"解雇" 職員条例で初めて @linenews 0

「能力不足」で大阪市職員を"解雇" 職員条例で初めて

2015年9月30日 22:58 gettyimages

人事評価が2年連続で最低ランクとなった上、研修を受けても改善が見込めなかったとして、大阪市は30日付で、職員基本条例に基づき、職員2人を民間の解雇に相当する分限免職処分としました。

同条例は、橋下市長率いる大阪維新の会の主導により、2012年の市議会で成立。勤務実績の不良を理由に、分限免職が適用されたのは初めてです。

橋下氏は不祥事が相次いだ職員の管理強化を図る狙いから、条例制定を主導。市内部や労働組合側からは「公正な評価ができるのか」などと懸念の声が出ていました。

cat_16_issue_social @linenews_0_1fe5ef1483eb_「育休退園」訴訟、地裁が判決でるまで復園認める決定 1fe5ef1483eb 1fe5ef1483eb 「育休退園」訴訟、地裁が判決でるまで復園認める決定 @linenews 0

「育休退園」訴訟、地裁が判決でるまで復園認める決定

2015年9月30日 21:53 amanaimages

第2子の育児休業の取得を理由に、埼玉県所沢市が長女を保育園から退園させたのは違法などとして保護者が退園の取り消しを求めた訴訟で、さいたま地裁は、判決が出るまで復園を認める決定をしたことが30日、分かりました。

決定は29日付。原告側弁護士は「決定は市の手続きの違法性を指摘しており、同じ境遇の保護者にも大きな影響がある」としています。

所沢市は、育児休業中の保護者は家庭で保育が可能と判断。退園で空いた受け入れ枠を他の子どもに回すことにより、待機児童の問題解消にもつながるとして「育休退園」を導入しています。

cat_16_issue_social @linenews_0_81bfe527e11b_1日から電車内の携帯マナー変更 ステッカーは「混雑時オフ」に 81bfe527e11b 81bfe527e11b 1日から電車内の携帯マナー変更 ステッカーは「混雑時オフ」に @linenews 0

1日から電車内の携帯マナー変更 ステッカーは「混雑時オフ」に

2015年9月30日 20:43 47NEWS

JR東日本など関東甲信越・東北の計37の鉄道事業者は、優先席付近では携帯電話の電源を切るよう求めてきたマナーの呼び掛けを10月1日から緩和し「混雑時」に限定します。

JR東は30日、山手線車内のステッカーを「優先席付近では、混雑時には携帯電話の電源をお切りください」と呼び掛けるものに貼り替えました。

従来は、車内での携帯電話マナーについて、「優先席付近では、電源オフ」「それ以外の場所では、マナーモード」「通話は控える」という方針を打ち出していました。

cat_16_issue_social @linenews_0_34511c56b652_ 「上司の評価高く、困らせよう」 同僚の警察手帳捨て減給 34511c56b652 34511c56b652 「上司の評価高く、困らせよう」 同僚の警察手帳捨て減給 @linenews 0

「上司の評価高く、困らせよう」 同僚の警察手帳捨て減給

2015年9月30日 19:55 産経ニュース

ごみ集積場に同僚の警察手帳を捨てたなどとして、大阪府警は30日、寝屋川署の男性巡査長を減給の懲戒処分としたと発表しました。

巡査長は「生理的に合わなかった。(同僚は)上司の評価が高く、手帳をなくせば処分されて困ると思った」と説明。ほかにも取り調べ中の女性を食事に誘うなどの不適切行為があり、同日付で依願退職しました。

女性から「食事にしつこく誘われる」と同署に苦情があり、府警が巡査長の携帯電話を調査。署員とやりとりしたメールの内容から手帳の紛失騒ぎがあったことが判明しました。

cat_16_issue_social @linenews_0_57c30be27d4e_大田区、空き部屋で「民泊」可能に 東京五輪に向け 57c30be27d4e 57c30be27d4e 大田区、空き部屋で「民泊」可能に 東京五輪に向け @linenews 0

大田区、空き部屋で「民泊」可能に 東京五輪に向け

2015年9月30日 18:36 47NEWS

2020年東京五輪・パラリンピックに向け、東京都大田区が、マンションなどの空き部屋を宿泊施設として活用する「民泊」を認める条例案を12月議会に提案することが30日、同区への取材で分かりました。

外国人旅行客の増加による宿泊施設不足の解消を狙います。同様の条例は大阪府と大阪市も制定を目指しており、成立すれば全国で初めて。

大田区は政府の国家戦略特区に含まれており、特区の規制緩和を活用。特区ではトイレや浴室があるなどの条件を満たせば、空き部屋を貸すことが可能となります。

cat_16_issue_social @linenews_0_c7f196d2050c_6年前のコンビニ強盗容疑、DNA型一致で57歳男を逮捕 c7f196d2050c c7f196d2050c 6年前のコンビニ強盗容疑、DNA型一致で57歳男を逮捕 @linenews 0

6年前のコンビニ強盗容疑、DNA型一致で57歳男を逮捕

2015年9月30日 15:53 amanaimages

6年前に東京・上野のコンビニ店に侵入し、現金11万円を奪ったとして、警視庁上野署は30日までに、強盗致傷容疑で無職の男(57)を逮捕。遺留品から採取したDNA型が、埼玉県で別の事件で逮捕された容疑者のものと一致しました。

逮捕容疑は2009年7月31日、同コンビニ店で男性店員にナイフを突き付けて脅迫し、現金を奪って逃走。店外まで追い掛けてきた店員に、右手骨折などの傷害を負わせた疑い。現場周辺で見つかった野球帽などに残されたDNA型が一致し、逮捕に至りました。

cat_16_issue_social @linenews_0_7500d877b75a_高校内で大麻を譲り渡した疑い 少年2人を逮捕 7500d877b75a 7500d877b75a 高校内で大麻を譲り渡した疑い 少年2人を逮捕 @linenews 0

高校内で大麻を譲り渡した疑い 少年2人を逮捕

2015年9月30日 15:37 amanaimages

通学する都内の高校で、大麻を同級生に売ったなどとして、警視庁少年事件課は30日までに、大麻取締法違反容疑でいずれも私立高校3年の17歳と18歳の少年2人を逮捕しました。

逮捕容疑は6月29日、目黒区内にある私立高校の校舎内で、少年(18)が同級生(17)に乾燥大麻0.516グラムを7000円で譲り渡すなどした疑い。少年らは「小遣いが欲しくて売った」などと容疑を認めています。

同級生から大麻とみられる薬物を見せられた別の男子生徒が、教諭に相談し発覚。少年は、兄(21)から約10回大麻を譲り受けており、他にも売買した疑いがあるとみられます。

cat_16_issue_social @linenews_0_35a1f524b180_大分の女性殺害、次女の元夫を住居侵入容疑で逮捕 35a1f524b180 35a1f524b180 大分の女性殺害、次女の元夫を住居侵入容疑で逮捕 @linenews 0

大分の女性殺害、次女の元夫を住居侵入容疑で逮捕

2015年9月30日 11:43 gettyimages

大分県別府市のマンション一室で28日に60代女性の遺体が見つかった事件で30日、住居侵入の疑いで、指名手配されていた次女の元夫(31)が、宇都宮市内の路上で逮捕されました。

逮捕容疑は27日午後7時17分ごろ、別府市の次女のマンションに侵入した疑い。警察は、容疑者を指名手配し、行方を追っていました。

容疑者はこの部屋に最近まで出入りし、事件発覚後から連絡が取れておらず、警察が行方を捜していました。

cat_16_issue_social @linenews_0_90e22a2b2b45_AV出演拒否の女性勝訴 「意思に反し許されない」 90e22a2b2b45 90e22a2b2b45 AV出演拒否の女性勝訴 「意思に反し許されない」 @linenews 0

AV出演拒否の女性勝訴 「意思に反し許されない」

2015年9月29日 22:24 47NEWS

アダルトビデオへの出演を拒否した20代の女性が、所属プロダクションに違約金約2400万円を請求された訴訟の判決で、東京地裁が「本人の意思に反した出演は許されない」として、請求を棄却していたことが29日、分かりました。

プロダクション側は控訴せず確定しました。女性の代理人を務める弁護士は29日、「アダルトビデオへの出演強要は人権侵害で、被害は後を絶たない。これまで同種の判決はなかったが、裁判所は実態を正しく評価してくれた」と話しました。