岩政大樹、東京ユナイテッドFC加入 プロ契約はクラブ史上初

01.07 08:55 スポニチ

昨季限りでJ2岡山を退団したDF岩政大樹(34)が、関東1部の東京ユナイテッドFCに加入することが6日、分かりました。

2004~13年に在籍した鹿島では、Jリーグ3連覇を経験するなど、7度の国内主要タイトルに貢献した岩政。選手兼任コーチとして、クラブ史上初のプロ契約を結ぶとのことで、既に大筋合意に達しており、近日中に発表される見通しだといいます。

東京ユナイテッドFCは15年1月にJリーグ加盟を目指し、設立。同年に都リーグ2位となり、関東2部に昇格。16年に優勝し、今季から1部で戦うことが決まりました。

レアル・マドリー、「C・ロナウドなし」の勝率がすごい

01.07 08:01 Qoly

絶対的エース、クリスティアーノ・ロナウド擁するレアル・マドリー。しかし、「Opta」が紹介した同クラブに関するデータを見ると、ロナウドが出場しなかったときの試合は11戦10勝1分で"勝率90.9%"だといいます。

なかには4部クルトゥラル・レオネサとの試合も含まれていますが、マンチェスター・シティとのCLや、セビージャとのUEFAスーパーカップも対象となっており、対戦相手の格は関係ないようです。

セレッソ大阪の岸本武流が接触事故 けが人なし

サッカーJ1のセレッソ大阪は6日、所属する岸本武流(19)が同日午後、神戸市内で乗用車同士の接触事故を起こしたと発表。岸本や相手の運転手を含め、けが人はいないといいます。

同クラブによると、岸本は6日午後7時ごろ、同市北区有馬町付近で車を運転中、道に迷ってバス停でいったん停車。再び車道に戻る際、後ろから来た別の車と接触したとのこと。岸本は「不注意からこのような事故を起こし、運転をされていた方に心よりお詫び申し上げます」とのコメントを出しています。

中田英寿氏、FIFA要職に就任 オファー受け快諾

01.07 06:49 サンスポ

元サッカー日本代表MF中田英寿氏(39)が、国際サッカー連盟(FIFA)の諮問機関で競技規則などを決める「国際サッカー評議会(IFAB)」の諮問委員にアジア代表として任命され、既に活動していることが6日、分かりました。

FIFAからオファーを受けて快諾したもの。また、10日のFIFA理事会で討議される2026年大会(場所は未定)のW杯出場国枠拡大について、中田氏が賛成の立場であることも判明。世界が熱狂するW杯に影響力を及ぼしそうです。

全日本高校女子サッカー、決勝は十文字vs大商学園に

全日本高校女子サッカー選手権大会は1月6日、ノエビアスタジアム神戸で準決勝2試合が行なわれ、十文字と大商学園が決勝進出を決めました。

第1試合は、今夏インターハイ4強の十文字と前回選手権4強の修徳が対戦。前半8分に十文字の松本茉奈加が先制点を挙げると、修徳も同10分、杉下夏菜が同点ゴール。その後は両者譲らず、勝負はPK戦に委ねられ、これを9-8で制した十文字が初の決勝進出を決めました。

第2試合では、2大会連続でベスト4に名を連ねた大商学園と、2年連続の決勝進出を目指す神村学園が対戦。互いに無得点のまま90分の戦いを終え、PK戦へ突入すると、3-2で大商学園が勝利を収めました。決勝戦は8日に開催されます。

長友佑都、インテルでの"食事会"写真に反響「日本の誇り」

サッカー日本代表でインテル・ミラノの長友佑都が、チームのメンバーと食事している様子をインスタグラムで伝えました。

「チームの食事会。今はスペインで合宿しています」とコメントを添え、リラックスした雰囲気の中、食事を満喫している写真を公開。今年の1月で在籍丸6年を迎えるだけに、兄貴分としてチームメートから慕われている様子が伝わってくる1枚となっています。

フォロワーからは、「長友さん、日本の誇りです!」「めっちゃカッコええなあ」「チーム力 高めてください!」「馴染みすぎてて最初 探せなかったです(笑)」「今年は奥さんの為に頑張って」など、様々な反響が寄せられました。

中国の"爆買い"に歯止めか…政府が補強を制限する可能性

大型投資で有名サッカー選手を続々と引き抜いている中国スーパーリーグですが、今後補強に対して制限をかけられる可能性が浮上しました。英「BBC」が5日に報じています。

中国・国家体育総局のスポークスパーソンが、「お金を燃やしている」と非難しているとのこと。「クラブの財務状況を審査・管理し、第1チームに集まっている経費をコントロール。良好な財政状況を確保する」と語り、巨額資金投入に制限をかける可能性を示唆したといいます。

今冬も、ブラジル代表MFオスカルらビッグネームが中国クラブに加入。2016年12月には、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドに対し、中国クラブから移籍金2億5000万ポンド(約360億円)、年俸8500万ポンド(約122億円)にも昇るオファーがあったことが明らかになっていました。

ナスリがドーピング違反で出場停止か 清武の去就にも影響

01.06 22:10 gettyimages

セビージャに所属する元フランス代表MFのサミア・ナスリに、長期の出場停止処分が下されるかもしれないと、英国紙「インデペンデント」など複数の現地メディアが伝えています。

ナスリは先月27日、静脈に1リットルの水分補給を行うなど免疫力を高める治療を行ったものの、これがWADA(世界アンチ・ドーピング機関)のルールに抵触している可能性があるそう。同団体は外科手術や入院などの場合を除き、6時間以内に50ml以上の静脈注射を行うことは禁止としています。

仮にドーピング違反が認められ出場停止処分が下された場合、セビージャのみならず、保有権を持つマンチェスター・Cへの影響も甚大。また、ナスリにポジションをふさがれる形で出場機会を失い、退団が囁かれる清武弘嗣の去就にも大きな影響を及ぼしうるといいます。

FC東京、15歳久保建英の"なりすましアカウント"に注意喚起

01.06 20:54 スポニチ

FC東京は6日、FC東京U-18に所属するFW久保建英について、同選手はツイッターやフェイスブックなどのSNSを行っていないと公表。なりすましアカウントへの注意喚起を行いました。

クラブ広報部の公式ツイッターアカウントが、「FC東京U-18所属の久保建英選手につきまして、本人はtwitter、FacebookなどのSNSを行っておりません」と発表。「本人を語る悪質な『なりすましアカウント』等にはくれぐれもご注意ください」と呼びかけました。

バルセロナの下部組織でもプレーしていたことで知られる久保は、Jリーグの最年少出場記録を15歳5カ月1日に更新し、一躍脚光を浴びる存在に。その注目度ゆえに、思わぬところで被害を受けることとなってしまったようです。

鹿島MFファブリシオの退団が決定 天皇杯決勝では決勝点

01.06 17:46 ゲキサカ

鹿島アントラーズは6日、MFファブリシオの移籍期間満了を発表しました。同選手は2016年8月に加入し、J1リーグ戦では8試合出場1得点。元日に行った天皇杯決勝では決勝点を挙げ、タイトルをもたらしていました。

ファブリシオは鹿島の公式サイトを通じ、「クラブへの敬意と謙虚さを胸に、どんな時も努力を怠らず鹿島のユニフォームに袖を通しました。このファミリーの一員として、タイトル獲得とともに友人や仲間を得られたことを誇りに思います」 とコメントを寄せています。

続きはアプリで、快適に LINENEWS