cat_20_issue_soccer @linenews_0_afb69d94d18b_広州恒大が浦和・槙野獲りへ 年俸言い値の破格オファー準備 afb69d94d18b 0

広州恒大が浦和・槙野獲りへ 年俸言い値の破格オファー準備

2016年12月4日 15:27 スポニチ

中国1部でリーグ6連覇中の広州恒大が、浦和の日本代表DF槙野智章の獲得に乗り出していることが3日、分かりました。年俸は言い値という破格の待遇で、獲得オファーの準備を進めています。ブラジル代表監督などを歴任したルイス・フェリペ・スコラーリ監督直々の指名を受けているといいます。

12年にケルンから移籍した槙野。昨季はサウジ1部の強豪アルナスルが年俸約5億円で獲得に乗り出しましたが、「やるべきことはまだまだある。ここには、それ(お金)以外の価値がある」と固辞するなど浦和への思いを見せていました。ハリル監督にも"デュエル"を高評価される日本代表DFの去就に注目が集まっています。

槙野は獲得オファーの件について「選手として評価してもらえるのは嬉しいこと」としながらも「年齢的なこともあるし、自分が何を第一に考えて選択するかということもある」と、慎重な姿勢を見せました。

cat_20_issue_soccer @linenews_0_38972b56b4e0_バルサ「MSN」が"世界初共演" TBS大みそか特番で極限対決 38972b56b4e0 0

バルサ「MSN」が"世界初共演" TBS大みそか特番で極限対決

2016年12月4日 15:16 スポニチ

バルセロナの「MSN」こと、メッシ、スアレス、ネイマールの3人がTBSの大みそか特番「KYOKUGEN2016」(12月31日午後6時~)に参戦することがわかりました。3人が同一のテレビ番組の企画にそろって出演するのは世界初。

メッシとスアレスはタッグを組んで、横浜Mの中村俊輔とG大阪の遠藤保仁と対決。パス&トラップを繰り返しながらボールを地面に落とすことなく、どこまで2人の距離を広げられるかを競います。

ネイマールは、レスターの岡崎慎司とボレーシュート対決。4つの箱からランダムに発射されるボールを落とさずに、ゴール内に設置された7個のターゲットを狙います。

cat_20_issue_soccer @linenews_0_cf29a4aa2c4b_珍事!試合中に味方同士でケンカし2人とも退場 cf29a4aa2c4b 0

珍事!試合中に味方同士でケンカし2人とも退場

2016年12月4日 14:01 Qoly

イングランド2部、シェフィールド・ウェンズデイ対プレストン・ノース・エンド戦の終了間際に、味方選手同士がいさかいを起こし、2人とも退場する珍事がありました。

プレストンFWジャーメイン・ベックフォードとFWオーエン・ドイルが、互いに突き飛ばし合う事態に発展。2人ともにレッドカードが提示されて一発退場に。「BBC」によれば、ベックフォードがドイルのパスにキレたことでケンカに発展したようです。

プレストンのサイモン・グレイスン監督は「選手、監督として30年間ゲームに関わってきたが、こんなことは一度も見たことがない」と話しています。

cat_20_issue_soccer @linenews_0_c312a866ce61_小林祐希が"らしさ"光るプレーで移籍後初ゴール c312a866ce61 0

小林祐希が"らしさ"光るプレーで移籍後初ゴール

2016年12月4日 13:35 getty images/gekisaka.jp

エールディビジは3日、第15節2日目を行い、MF小林祐希の所属するヘーレンフェーンはゴー・アヘッド・イーグルスと対戦。先発フル出場の小林が移籍後初ゴールを記録しました。

前半終了間際、味方選手のシュートがポストに当たり、跳ね返ったボールを落ち着いて押し込み、11試合目にして待望の初ゴールとなりました。チームは3-1で勝利しています。

チーム加入後、小林に与えられたポジションは左のインサイドハーフやボランチ。これまではバランスを取るために攻め上がりを自重して後方に残ることが多く、PA内に進入することも稀でしたが、得点への嗅覚と小林"らしい"ここ一番の大胆さが生んだ得点でした。

同試合でヘーレンフェーンは今季7勝目を挙げ、4位に浮上。小林は初ゴールについて「カッコいいゴールではなかったけど、今まで取ったことのない形でのゴールだったからまた新しい自分を見つけることができました」と振り返りました。

cat_20_issue_soccer @linenews_0_ccb1c40a54ac_ミラン監督、本田を「模範的なプロ」と称賛 起用にも言及 ccb1c40a54ac 0

ミラン監督、本田を「模範的なプロ」と称賛 起用にも言及

2016年12月4日 12:30 gettyimages

ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、出場機会を得られず苦しい状況にある日本代表FW本田圭佑の姿勢に賛辞を送ったと、クラブ公式サイトやイタリア「ミランニュース.it」が伝えています。

試合の前日会見に出席したモンテッラ監督は「本田は、模範的なプロ意識の高い選手。自分のキャリアで知り合った監督、選手の中でも上位5人に入るだろう。称賛するよ」と賛辞の言葉を並べています。

出場機会が得られない理由については、今季好調なプレーを見せているMFスソと同じポジションであることが大きな要因だと述べています。今後の出場については「これからクリスマスまでに出場機会を得られるかもしれない」と可能性を示唆しました。

cat_20_issue_soccer @linenews_0_86c101c8dafc_レアルの選手が試合中に観客へ侮辱行為し物議→謝罪へ 86c101c8dafc 0

レアルの選手が試合中に観客へ侮辱行為し物議→謝罪へ

2016年12月4日 10:19 Qoly

レアル・マドリードとバルセロナの一戦で、試合終了間際にアウェーのレアルが同点に追いついた際、レアルのDFダニ・カルバハルが観客に対して中指を突き立てるようなジェスチャーをし物議を醸しています

この仕草は撮影されており、スペインの各メディアでも伝えられています。そんななか、カルバハルはTwitter上で侮辱に対するものだったとしつつ、自らのジェスチャーについて謝罪したいとしたほか、やってはならないことだったとも綴っています。

cat_20_issue_soccer @linenews_0_e571c8635a4f_レアル、劇的ゴールで伝統の"クラシコ"は引き分けに e571c8635a4f 0

レアル、劇的ゴールで伝統の"クラシコ"は引き分けに

2016年12月4日 08:59 gettyimages

現地時間3日にリーガエスパニョーラ第14節が行われ、レアル・マドリードはバルセロナと対戦。伝統の一戦"クラシコ"は、後半終盤にレアルのDFセルヒオ・ラモスがゴールを決めて1-1の引き分けに終わりました。

前半は得点がなくスコアレスで後半へ突入。後半開始早々の53分、フリーキックからFWスアレスがヘディングで流し込みバルサが先制。レアルは、なかなか得点を奪えずにいましたが、90分、FKからDFセルヒオ・ラモスがヘディングで押し込み同点に追いつき試合終了。

首位のレアルは、これで公式戦33戦無敗となり、2位バルセロナとの勝ち点差6をキープ。 ジダン監督就任後のリーグ・アウェー戦不敗も16(12勝4分け)に伸ばしました。

cat_20_issue_soccer @linenews_0_e77913670f8f_途中出場の岡崎、今シーズン2点目もチームは敗戦 e77913670f8f 0

途中出場の岡崎、今シーズン2点目もチームは敗戦

2016年12月4日 08:42 gettyimages

現地時間3日にプレミアリーグ第14節の試合が行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティはアウェイでサンダーランドと対戦。岡崎がゴールを決めるもチームは1-2で敗れました。

岡崎は69分に途中出場すると、81分、左サイドを突破したグレイの速いクロスに走り込んで合わせ、今シーズン2点目となるゴールを決めます。

敗れたレスターは、これでリーグ戦は5戦連続未勝利。暫定ながら降格圏内の18位まで2ポイント差の勝点13で15位に順位を落としています。

cat_20_issue_soccer @linenews_0_6bc5f12d993d_鹿島・石井監督、選手&監督両方で年間優勝達成はJ史上初 6bc5f12d993d 0

鹿島・石井監督、選手&監督両方で年間優勝達成はJ史上初

2016年12月4日 08:27 スポニチ

明治安田生命JリーグCS決勝第2戦に勝利し年間優勝を決めた、鹿島の石井正忠監督は就任2年目でリーグ戦では初の年間タイトルを獲得。石井監督は選手時代、1996年に鹿島で年間優勝を経験し、史上初の選手と監督両方で年間優勝を達成しました。

Jリーガーが現役引退後に優勝監督となったのはブッフバルト(浦和)ストイコビッチ(名古屋)森保一(広島)長谷川健太(G大阪)の各監督に次いで石井監督が5人目。5人のうち現役時代の優勝経験は森保、長谷川にステージ優勝経験があるのみです。

cat_20_issue_soccer @linenews_0_6d93a3f38a08_鹿島、逆転で"下克上V" 7年ぶり8度目の年間王者に 6d93a3f38a08 0

鹿島、逆転で"下克上V" 7年ぶり8度目の年間王者に

2016年12月3日 21:33 スポニチ

Jリーグの年間王者を決める明治安田生命チャンピオンシップ(CS)決勝は3日、第2戦が行われ、第1戦を0-1で落とした鹿島が2-1で勝利。年間勝ち点15差をひっくり返す大逆転劇で、7年ぶり8度目の年間王者に輝きました。

浦和は7分、右サイドからのクロスを、興梠が右足ボレーで叩き込み先制。対する鹿島は40分、金崎が右からのクロスにダイビングヘッドで合わせ、試合を振り出しに戻しました。77分、DF槙野がPKを与えると、これを金崎がゴール左に決め、逆転に成功しました。

年間勝ち点74の浦和に対し、3位の鹿島は59と"5勝分"にあたる15点もの勝ち点差がありましたが、奇跡の"下克上"。鹿島は3連覇を達成した2009年以来の年間王者。

続きはアプリで、快適に LINENEWS