ビーチサッカー日本代表、4月にドイツとの親善試合が決定

日本サッカー協会(JFA)は14日、沖縄県の西原きらきらビーチにて行われるビーチサッカー日本代表の国際親善試合の対戦相手が、ビーチサッカードイツ代表に決定したことを発表しました。

第1戦は4月15日の14時、第2戦は翌16日の14時に行われる予定。両日ともに入場は無料となっています。

なお日本代表は、マレーシアで行われたアジア予選で3位に入り、4月に開幕するW杯(バハマ)への出場権を獲得しています。

G大阪・東口が骨折で全治1か月…代表選出は絶望的

03.14 21:41 gettyimages

G大阪は14日、日本代表GK東口順昭(30)が左頬骨(きょうこつ)骨折で全治約1か月の見込みと発表した。

東口は11日のF東京戦で、FW大久保嘉人と交錯し負傷。16日に発表される2018年ロシアW杯アジア最終予選の選出は絶望的となっています。

なお自身のブログで、東口は「調子が良かっただけに今回のケガは悔しいけど、また戦える体に戻すのがベストだと思いました」とコメントしています。

U-20代表に久保建英や堂安律ら選出 19日からドイツ遠征へ

日本サッカー協会(JFA)は14日、ドイツ遠征に参加するU-20日本代表メンバーを発表しました。

メンバーには、15歳の久保建英(FC東京U-18)が2016年12月のアルゼンチン遠征、3月の6〜8日の国内合宿に続き、招集されています。

また、同キャンプへの招集が見送られていたMF堂安律(G大阪)も選出。ドイツ遠征は19日から29日にかけて実施され、現地のクラブチームやU-20ドイツ代表と対戦する予定となっています。

わずか"30秒"で3人退場…GKいなくなって急遽FWが代役に

03.14 21:08 Qoly

メキシコのカップ戦、コパ・メヒコで驚きの退場劇が発生。トルーカ対モレリア戦の後半40分に、まずはトルーカのMFヘスス・メンデスが2枚目のイエローで退場させられてしまいます。

それに抗議したGKアルフレド・タラベラにも2枚目のイエロー、さらにFWエンリケ・トリベリオには一発レッドで、わずか30秒の間に3人が退場。急遽FWカルロス・エスキベルが代役GKをやるはめになり、トルーカはPK戦の末、敗退となりました。

レアルのセルヒオ・ラモス、"DFなのに"達成したこととは?

03.14 21:08 Qoly

DFでありながら、驚異的な得点力を誇るレアルマドリーのセルヒオ・ラモス。12日に行われたベティス戦でのゴールにより、今季の公式戦での得点数を「10」にし、DFでありながら二桁ゴールを達成しました。

公式戦での二桁得点は初めてとのこと。また、今季のリーグ戦でもキャリアハイの7ゴールをあげており、リーグでの通算ゴール数を「49」としています。

特殊警棒を持った覆面男が!伊野波の古巣で「恐怖の乱入」

03.14 20:40 Qoly

元日本代表DF伊野波雅彦もかつてプレーしたクロアチアのハイドゥク・スプリトとリエカの試合で、ハプニングが発生。試合中、覆面姿の男が乱入し、特殊警棒のようなものを持って審判を追い回しました。

乱入したのは、ハイドゥクのサポーターグループ「Torcida」の一員なのだそう。すぐに警察に拘束されたものの、現地では「ハイドゥクにとっても、そしてファンたちにとっても非常に恥ずかしい出来事」と伝えられたそうです。

「サッカーと恋愛どっちとる?」なでしこ選手の答えとは

03.14 16:20 スポーツ報知

なでしこリーグの公式ガイドブック発売記念トークイベントが14日、都内で開催。浦和のMF柴田華絵、MF猶本光、ノジマステラのDF高木ひかりとMF田中陽子の4人が参加しました。

イベントでは6つのお題が書かれたサイコロトークも開催。「サッカーと恋愛をどっちをとるか」というお題を引いた猶本は、「別ものだと思うので、その時に考えたい。26歳には結婚したいので、あと3年。頑張ります」と宣言しました。

また、今季の目標として優勝を設定。「みんな楽しんでサッカーをしている。雰囲気が優勝した2014年に似ていると思う」と語っています。

川崎・登里、ジャスティスの「のけぞり」が本気すぎる

03.14 14:30 Qoly

「やべっちFC」の人気コーナーで、お笑い芸人のサンシャイン池崎の持ちネタ「ジャスティス」を新シーズンのゴールパフォーマンスとして発表した川崎フロンターレ。10日の柏レイソル戦、中村憲剛がゴールを決めたシーンでも披露されていました。

手を挙げて喜ぶ中村の隣で"豪快にのけぞっている"のは、MF登里享平。登里は川崎きってのムードメーカーで、「デジっちが行く」で演出も務めました。過去には、中村がTwitterで登里の"のけぞり姿"を写した写真も公開。

ヘルタ原口、カズの快挙に刺激「誰もやったことがない」

03.14 10:40 スポーツ報知

日本代表FW原口元気(25)が、横浜CのFW三浦知良が50歳14日のJ最年長ゴールを決めた快挙に刺激され、ステップアップを誓いました。

この快挙はヘルタでも話題になったといい、「(同僚が)50歳でやっている選手がいるんだろ?カズだろ?って言ってくる」と原口。また「僕らのように(若くて)フィジカル的にフィットしている選手が、上を目指さなくてどうするんだ!?という気持ちになった」と語りました。

ガンバ・GK東口、至近距離からのシュートを"神セーブ"

03.14 10:33 Qoly

今季はここまで全公式戦に出場しているガンバ大阪の守護神、東口順昭。先週末に行われたJ1第3節のFC東京戦では"神がかり的"なセーブを見せました。

3-0とリードして迎えた88分、東口は至近距離からのヘディングシュートに反応。ボールを弾きだし、絶望的なピンチを救いました。さらにこの試合、相手のPKを止めるなど目を見張る活躍で、長谷川健太監督は「ああいうビッグプレーがあると周りの選手に勇気というか力を与える」と称賛しています。

好調な東口でしたが、試合後には左頬を骨折していることが判明。代表では浦和GK西川周作に次ぐ第2GKとして存在感を見せていましたが、ロシアW杯アジア最終予選の選出は絶望的となりました。

続きはアプリで、快適に LINENEWS