内田、ミッキーと豪華2ショット 米ディズニーを訪問

2016年1月9日 15:15 Qoly

カップ戦のため、米フロリダ州のオーランドを訪れているシャルケの内田篤人。ディズニー・ワールド・リゾートにも足を運んでおり、ミッキーとの2ショットをシャルケ公式Twitterなどが9日に公開しました。

内田は、同カップに参加するレヴァークーゼンのハビエル・エルナンデスとも対面。夢の豪華ショットが実現しました。

なおシャルケは、10日にNASL(アメリカ実質2部)のフォートローダーデール・ストライカーズと、13日にアトレチコ・ミネイロと対戦します。

高校サッカー、東福岡が17年ぶりの決勝へ 星稜は連覇ならず

2016年1月9日 14:29 デイリースポーツ

全国高校サッカー選手権の準決勝で9日、東福岡が星稜を相手に2-0で勝利し、17年ぶりとなる決勝進出を果たしました。

前半の終了間際、2年生のMF藤川虎太朗が左足で豪快シュートを決めて先制。後半12分にも2年生のMF鍬先祐弥が右足で追加点を決め快勝しました。

東福岡はインテルのDF長友佑都、星稜はACミランのFW本田圭佑と、欧州のビッグクラブでプレーするOBがいる両校。名門対決は"代理ミラノダービー"として過熱していました。

UEFAベスト11発表、バルサ勢5人選出 プレミア勢は全滅

2016年1月9日 13:43 ZONE WEB

欧州サッカー連盟(UEFA)はファン投票によるベストイレブンを発表。レアル・マドリードのFWクリスティアーノ・ロナウドが歴代最多となる10度目の選出となったのをはじめ、バルセロナからは最多の5人が選出されました。

その一方で、世界各国のスター選手を買い集めるイングランドのプレミアリーグからの選出はゼロという結果に。発表されたベストイレブンはこちらから。

全選手のうち最も高い投票数を獲得したのはバルセロナのFWリオネル・メッシで、70%ものユーザーから支持されました。

スアレスが試合後に暴言「お前らはクソ」 2試合の出場停止

2016年1月9日 10:46 gettyimages

バルセロナは6日、エスパニョール戦を4-1で勝利。しかしその終了後、試合中に母を侮辱されたというバルサのFWルイス・スアレスは、更衣室に向かうトンネル内で待ち伏せし、相手選手を挑発しました。

スアレスは「ここで待っているからこっちへ来い。お前らはクソだ」と罵り、これきっかけに両軍のコーチ陣を含めて険悪な雰囲気になったということです。

この行為により、スアレスは2試合の出場停止処分に。バルサ側は処分の撤回、あるいは軽減を求める訴えを起こすことを発表しています。

GK権田、ホルン期限付き移籍発表 「一度は引退も考えた」

2016年1月9日 10:34 スポニチ

FC東京は9日、GK権田修一がオーストリア3部ホルンへ期限付き移籍すると発表。期間は2016年12月31日までとなっています。

権田は、「一度は引退する事も考えましたが、サッカーから離れてみたことで今はプレーしたい意欲が今まで以上に沸いています」と語り、「欧州で一からサッカー人生を始めたいと思っています」と決意を表明。

権田は2015年7月の仙台戦後に体調を崩し、オーバートレーニング症候群と診断され、現在もリハビリ中。12月にはチームを離れ、イタリアでトレーニングをしていました。

闘莉王、名古屋を退団 実業家に転身する可能性も

2016年1月9日 07:10 スポニチ

名古屋の元日本代表DF田中マルクス闘莉王が今季限りで退団することが8日、分かりました。複数の関係者によればこの日、6年間在籍した名古屋に感謝の意とともに退団意思を伝えたということです。

今後については現役引退か、もう1年選手生活を続けるか、熟考中とのこと。闘莉王には母国ブラジルで挑戦したいプロジェクトもあり、このままピッチを去る可能性もあるということです。

闘莉王は引退後、ブラジル人医師の婚約者と結婚する予定とのこと。すでに故郷では、一族が不動産や弁護士事務所などの会社を経営しており、実業家に転身する準備もできているということです。

川島、新天地デビューを振り返る 「DFの名前を覚えるのに必死」

2016年1月8日 22:30 ロイター/アフロ

2日に行われたスコットランドリーグ第22節でデビューを飾った、ダンディー・ユナイテッドのGK川島永嗣が8日、ブログを更新。パンチングミスが失点につながるなど、ほろ苦い新天地でのスタートを振り返りました。

「とにかく試合前はディフェンダーの名前を覚えるのに必死でした」と連携面で不安があったことを告白。「残念な結果になってしまいましたが、(中略)ここからようやくスタートです!」と切り替えを強調しています。

また、「ダンディーに初めて着いた時のタクシードライバーの言っている事が全く分からなかった」とスコティッシュ英語に苦戦したこともつづっています。

アデミウソン、G大阪移籍に不満? 「どうしようもなかった」

2016年1月8日 18:59 YUTAKA/アフロスポーツ

ガンバ大阪は8日、昨年横浜F・マリノスで33試合に出場し、8得点を記録したサンパウロのFWアデミウソンを期限付きで獲得したと発表しました。

しかし、アデミウソンは「個人的には日本に戻るときのチームはF・マリノスしかないと考えていました」と、今回の移籍への不満とも取れるコメントを発表。

続けて「いろいろなしがらみがありF・マリノスや私だけでどうにかできる問題ではなく、私もF・マリノスもどうしようもありませんでした」と告白。最後は「F・マリノスは私の心にあるクラブです」と締めくくっています。

本田がブーイング浴びた理由…パス成功率は"スタメン最低"を記録

2016年1月8日 16:46 ZONE WEB

ミランのFW本田圭佑は、6日に行われた2016年初戦のボローニャ戦にスタメン出場するも、後半20分に交代。サポーターから激しいブーイングを受け、地元メディアからは「役立たず」「足より舌に毒がある」と酷評されました。

「ガゼッタ・デロ・スポルト」紙の番記者は、ブーイングの理由を「シンプルなパスミス」と分析。同試合の本田のパス成功率は、スタメンで最低の70%。同じ攻撃的MFを務めたMFボナベントゥーラは87%という高い数値を記録しました。

また、昨年10月にも獲得の噂を報じられたバレンシアが再び本田への関心を強めており、約6億5000万円のオファーを準備。ミランのガッリアーニ副会長も放出準備を進めているとの報道も出ています。

ガンバ大阪のパトリック、日本帰化を希望 W杯への思いも語る

2016年1月8日 15:02 gettyimages

来日4年目を迎えるガンバ大阪のブラジル人FWパトリックが、「あと2年で帰化を申請する」と日本への帰化を希望していることを7日、ブラジルメディア「ディアリオ」が報じました。

また、日本代表の印象について「非常に速い。これは日本人の大きな特長」と語り、「私のようなキャラクターの選手は少ないので、日本代表にとって良い選択肢となると思う」と代表入りや、W杯出場への思いも語っています。

1日に行われた天皇杯決勝・浦和レッズ戦では、2ゴールを挙げて2連覇に貢献。

昨季はJ1リーグで12ゴールを記録しています。

続きはアプリで、快適に LINENEWS