cat_16_issue_science-nature @linenews_0_fcb8d287d22a_iPSで筋ジス遺伝子を修復、症状改善に光 京大が発表 fcb8d287d22a 0

iPSで筋ジス遺伝子を修復、症状改善に光 京大が発表

2014年11月27日 09:15 47NEWS

筋肉が衰えていく病気の筋ジストロフィーを引き起こす遺伝子の修復に、京都大の堀田秋津助教(幹細胞遺伝子工学)のチームが人工多能性幹細胞(iPS細胞)を利用して初めて成功し、26日付の米科学誌電子版に発表しました。

チームは同病の病状を示すiPS細胞で遺伝子を修復し、異常なタンパク質が作られないようにすることに成功。この成果は、症状を改善する治療法の開発に繋がる可能性があるということです。

今年9月には初めて手術に用いられるなど、医療への活用が始まったiPS細胞。今後、再生医療にさらなる発展をもたらすことが期待されます。

cat_16_issue_science-nature @linenews_0_6e0089dab737_小児同士、初の脳死肺移植 6歳未満の心臓も男児へ 6e0089dab737 0

小児同士、初の脳死肺移植 6歳未満の心臓も男児へ

2014年11月24日 19:01 47NEWS

日本臓器移植ネットワークによると、順天堂大病院(東京都文京区)で23日に脳死と判定された6歳未満の女児から24日、移植のため心臓や肺などの臓器が摘出されました。

このうち肺移植は、15歳未満の子どもから子どもへの脳死肺移植としては初となります。

移植ネットによると、女児の心臓は大阪大病院で10歳未満の男児に、肺は京都大病院で10歳未満の男児に、肝臓は同病院で10代の女性に移植。

cat_16_issue_science-nature @linenews_0_daa16952b629_6歳未満の女児が脳死と判定 改正法施行後2例目、臓器提供へ daa16952b629 0

6歳未満の女児が脳死と判定 改正法施行後2例目、臓器提供へ

2014年11月23日 21:55 47NEWS

日本臓器移植ネットワークは23日、順天堂大病院(東京都)に低酸素脳症で入院中の6歳未満の女児が、臓器移植法に基づき脳死と判定されたと発表しました。

6歳未満の脳死判定は2010年の改正移植法の施行後、2例目。女児の家族は心臓、肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸の提供を承諾しました。

24日に摘出手術が行われ、心臓は大阪大病院で10歳未満の男児、肺は京都大病院で10歳未満の男児、肝臓は同病院で10代の少女に移植される見通し。

cat_16_issue_science-nature @linenews_0_9912ed64083c_彗星着陸機フィラエが休眠状態に、電池切れでシステム停止 9912ed64083c 0

彗星着陸機フィラエが休眠状態に、電池切れでシステム停止

2014年11月15日 11:57 47NEWS

欧州宇宙機関(ESA)は15日、世界で初めて彗星に着陸した探査機「ロゼッタ」の着陸機「フィラエ」の内蔵電池が切れ、休眠状態になったと発表しました。

これにより観測機器やシステムが停止し、通信も断絶。太陽光発電による充電を試みますが、再稼働できるかは不透明です。

計画では太陽光発電で電力を確保し、来年3月まで観測を続けるはずだった同機。しかし着陸場所は太陽光が乏しく、十分に発電できなかったとみられます。

cat_16_issue_science-nature @linenews_0_a7f178e046b6_彗星着陸「フィラエ」から初画像、ごつごつした表面鮮明に a7f178e046b6 0

彗星着陸「フィラエ」から初画像、ごつごつした表面鮮明に

2014年11月14日 09:03 47NEWS

欧州宇宙機関(ESA)は13日、世界初の彗星への着陸を遂げた無人探査機ロゼッタの着陸機フィラエが到着後に初めて撮影した画像を公開しました。

フィラエは1メートル四方の箱形で、3本の脚を展開。搭載カメラで脚の1本付近を撮影した写真には、ひび割れた岩石のような地面が鮮明に写っています。

ESAのTwitterによると、フィラエから届いた信号から、着陸が3回にわたったことがうかがえるとのことです。

「フィラエ」自身もTwitterの公式アカウントを持っています。詳細はリンク先から。

cat_16_issue_science-nature @linenews_0_35b1ec53d093_彗星着陸「フィラエ」、状態は良好 機体1回バウンドか 35b1ec53d093 0

彗星着陸「フィラエ」、状態は良好 機体1回バウンドか

2014年11月13日 11:20 47NEWS

欧州宇宙機関(ESA)は13日、世界で初めて彗星に着陸した着陸機フィラエの状態は良好で、科学的観測データの取得にも成功したと発表しました。

ただ、着陸時に機体を固定するためのいかりが作動せず、1回バウンドしたとみられていて、詳しい状況や今後の観測に影響がないか分析中。

実は、公式Twitterアカウントを持っている「フィラエ」。多国語で、「自分」の状況や撮影した映像などをつぶやいています。

cat_16_issue_science-nature @linenews_0_f462a75cd513_史上初!彗星の「核」に探査機フィラエが着陸 f462a75cd513 0

史上初!彗星の「核」に探査機フィラエが着陸

2014年11月13日 07:10 gettyimages

欧州宇宙機関(ESA)は日本時間の13日午前1時すぎ、火星と木星の間にある「チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(すいせい)」の核に、探査機「ロゼッタ」の子機「フィラエ」が着陸したと発表しました。探査機の彗星着陸は史上初。

着陸後にドリルで深さ20センチほどの穴を掘り、内部の組成を調べる計画。彗星は、誕生したばかりの地球に衝突して水をもたらしたとする説があり、着陸調査は地球の水の起源に迫ると期待されています。

この史上初の快挙を記念して、Googleのトップページのロゴデザインも「フィラエ」のイラストに変更されています。

cat_16_issue_science-nature @linenews_0_550405531fb6_アルツハイマー病、血液で前兆捉える検査法を発見 550405531fb6 0

アルツハイマー病、血液で前兆捉える検査法を発見

2014年11月11日 09:16 47NEWS

認知症の症状が出る前に血液でアルツハイマー病の前兆を捉える検査法を開発したと、国立長寿医療研究センター(愛知県)と、ノーベル化学賞受賞者で島津製作所(京都市)の田中耕一シニアフェローらのチームが11日付の日本学士院発行の専門誌に発表しました。

研究チームは、今回の検査法で発症前の患者を集められれば、発症を防ぐ薬の開発に役立つとしています。検査法の実用化も目指す方針。

アルツハイマー病とは、認知機能低下、人格の変化を主な症状とする認知症の一種。日本では、認知症のうちでも脳血管性認知症、レビー小体病と並び最も多いタイプ。

cat_16_issue_science-nature @linenews_0_bd6672d999bf_目の動きで統合失調症を判別 大阪大など「8割以上可能」 bd6672d999bf 0

目の動きで統合失調症を判別 大阪大など「8割以上可能」

2014年11月7日 15:47 amanaimages

眼球の動きを調べることで、統合失調症かどうかを88%以上判別できたとの研究結果を、大阪大大学院の橋本亮太准教授らのグループが7日までに精神医学雑誌に掲載しました。

チームは統合失調症患者の目の動きに着目。画像や動画を自由に見てもらった場合、健常者に比べ、視線の動きが極端に少ないことが分かり、モニター上で動く対象を目で追ってもらった場合も異常が見られました。

精神疾患は検査などによる客観的な診断が難しく、医師により診断に違いが出たり、患者や家族に具体的な検査数値を示して説明しにくかったりすることがあります。

cat_16_issue_science-nature @linenews_0_de513b857ed7_ノーベル賞中村氏「非常に残念」 日亜との"仲直り"叶わず de513b857ed7 0

ノーベル賞中村氏「非常に残念」 日亜との"仲直り"叶わず

2014年11月5日 12:06 47NEWS

ノーベル物理学賞の受賞が決まった中村修二米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授は5日、元勤務先の日亜化学工業(徳島県)が関係改善に向けた面会を拒んだことについて「非常に残念だ。これ以上の進展はない」と述べました。

首相との会談後に記者団に答えたもので、「裁判で仲が悪くなったのを何とか改善しようと努力したが」と肩を落としています。

中村氏は過去、世紀の大発明「青色LED」をめぐり日亜と骨肉の裁判闘争を繰り広げましたが、先日に同社との和解と社長面会を申し出。しかし、同社側は丁重に断っています。

続きはアプリで、快適に LINENEWS