cat_3_issue_rio2016 @linenews_0_c1c3e930443d_吉田沙保里、銀メダルを獲得!五輪4連覇はならず c1c3e930443d 0

吉田沙保里、銀メダルを獲得!五輪4連覇はならず

2016年8月19日 05:33 共同通信

日本時間19日、レスリング女子53キロ級の決勝が行われ、4連覇を目指した吉田沙保里はアメリカのヘレン・マルーリスに判定負け。銀メダルに終わりました。

試合直後から吉田は号泣。式後のインタビューでは「最後の最後で、銀メダルで終わると思ってなかったです」と、再び号泣しました。

2年前に亡くなった父・栄勝さん不在で臨む五輪は初。「最後には助けてくれるかな、と思ったのが間違いかな、と思います。本当に私を今まで、育ててくれてありがとうと伝えたいです」と涙ながらに言葉を続けました。

cat_3_issue_rio2016 @linenews_0_76d58f9cffb7_テコンドー浜田真由、準々決勝へ 昨年の世界選手権覇者 76d58f9cffb7 0

テコンドー浜田真由、準々決勝へ 昨年の世界選手権覇者

2016年8月19日 05:06 産経ニュース

18日、テコンドー女子57キロ級の試合が行われ、昨年の世界選手権の覇者・浜田真由が1回戦に出場。チュニジアのラーマ・ベンアリを9-0で制し、準々決勝進出を決めました。

同階級には、2012年ロンドン五輪覇者のジェード・ジョーンズ(英国)や昨年の世界選手権2位のエバ・カルボゴメス(スペイン)ら16選手が出場しています。

cat_3_issue_rio2016 @linenews_0_25ef3220aab9_シンクロ日本、TR終え3位発進 3大会ぶりのメダル目指す 25ef3220aab9 0

シンクロ日本、TR終え3位発進 3大会ぶりのメダル目指す

2016年8月19日 03:05 産経ニュース

18日、シンクロナイズドスイミングチームのテクニカルルーティーン(TR)が行われ、日本(乾友紀子、三井梨紗子、吉田胡桃、箱山愛香、中村麻衣、丸茂圭衣、中牧佳南、小俣夏乃)が出場。93.7723点をマークし、3位につけました。

5連覇を狙うロシアが97.0106点のトップで、中国が95.6174点で2位につけています。メダル争いのライバルとなるウクライナは、93.4413点で4位。

19日に行われるフリールーティーン(FR)との合計得点で最終順位が決まります。日本は2004年アテネ五輪の銀メダル以来、チームでのメダルがなく、今大会で3大会ぶりのメダル獲得を目指します。

cat_3_issue_rio2016 @linenews_0_afc3f14031cc_バド奥原、決勝進出ならず…3位決定戦で初メダル目指す afc3f14031cc 0

バド奥原、決勝進出ならず…3位決定戦で初メダル目指す

2016年8月19日 02:46 東スポ

バドミントン女子シングルス準決勝、世界ランキング6位の奥原希望は18日、同10位でインドのシンドゥ・プサルラと対戦。0-2で敗れ、決勝進出を逃しました。

17日の準々決勝で山口茜との日本人対決を制し、同種目で日本初の4強入りを果たした奥原。プサルラとは過去3勝1敗の成績でしたが、相手の長いリーチと長身から放つ強力なショットに苦戦。

19日の3位決定戦では、中国の李雪芮(リセツゼイ)と対戦し、銅メダル獲得を目指します。「(3位決定戦の相手は)前回の金メダリストなので、全力で倒しにいきたい」とコメントしています。

cat_3_issue_rio2016 @linenews_0_8acc177fbae4_バド高橋・松友ペアが金メダル!日本バド界初の快挙 8acc177fbae4 0

バド高橋・松友ペアが金メダル!日本バド界初の快挙

2016年8月19日 02:23 共同通信

バドミントン女子ダブルス決勝が18日行われ、世界ランキング1位の高橋礼華・松友美佐紀ペアは、同6位でデンマークのリターユヒル・ペデルセンペアと対戦。2-1で激戦を制し、日本バドミントン界初の金メダルを獲得しました。

2人は、宮城の聖ウルスラ学院英智高でペアを結成して10年目。世界的にも珍しい長いコンビ歴で、高橋が後衛、松友が前衛のトップ&バックの攻撃陣形を形成するタイミングと、そこからの攻撃力を磨き上げました。

表彰式後、高橋は「どうやって決めて、ここまで来たか分からない。そのくらい集中していた」「本当に長かった」とコメント。松友も「先輩のおかげ」「『ありがとうございます』と言いたい」と感謝の言葉を述べました。

cat_3_issue_rio2016 @linenews_0_cc15fbe66092_吉田沙保里、川井梨紗子が決勝進出!銀メダル以上が確定 cc15fbe66092 0

吉田沙保里、川井梨紗子が決勝進出!銀メダル以上が確定

2016年8月19日 01:45 産経ニュース

18日、レスリング女子53キロ級の準決勝が行われ、女子個人種目史上初の五輪4連覇を狙う吉田沙保里は、ベネズエラのベツァベス・アルゲリョと対戦。6-0でポイント勝ちし、決勝進出を決めました。

また、五輪初出場となった女子63キロ級の川井梨紗子も、準決勝でロシアのイナ・トラジュコワと対戦。10-0のテクニカルフォール勝ちで相手を圧倒し、吉田に続いて銀メダル以上を確定させました。

一方、75キロ級に出場した渡利璃穏は、地元ブラジルのアリーネ・フェレイラに3-4の判定で敗退。「みんなと金メダルを持って帰りたかったので情けないと思います」と語りました。

cat_3_issue_rio2016 @linenews_0_492b2a83be59_陸上男子400mリレーで日本新!米に次ぐ2位で決勝進出 492b2a83be59 0

陸上男子400mリレーで日本新!米に次ぐ2位で決勝進出

2016年8月19日 00:41 共同通信

18日、陸上男子400メートルリレー予選が行われ、日本は山県亮太・飯塚翔太・桐生祥秀・ケンブリッジ飛鳥で臨み、日本記録を更新する37秒68をマーク。予選2位で決勝に進出しました。1位は米国の37秒65。

日本は予選2組で出場。"最強チーム"とも呼ばれている日本は得意のバトンをうまくつなぎ、ジャマイカの37秒94を上回りました。日本時間20日の決勝では、2008年北京五輪以来のメダルを狙います。

cat_3_issue_rio2016 @linenews_0_f8265cef7e74_のび太が射撃で五輪出場!? 「思った以上に似てる」の声 f8265cef7e74 0

のび太が射撃で五輪出場!? 「思った以上に似てる」の声

2016年8月18日 19:08 R25

リオ五輪の射撃男子25mラピッドファイアピストルに出場した中国代表の張富升が、「ドラえもん」に登場するのび太に似ているとネット上で注目を集めています。

のび太は射撃が得意なことで知られ、映画ではその腕前で大活躍するシーンも多く、ネット上では「思った以上にのび太」「のび太の癖に生意気だ」などの声。「実際のび太は国際大会強そう どこでもねれるし」といった声もあがりました。

張が日本のネット上で話題になったことは、中国のネットメディアでも報じられているといいます。ちなみに、張は4位に終わり、メダル獲得とはなりませんでした。

cat_3_issue_rio2016 @linenews_0_039d0cbd2ac0_ボルト、200mも3連覇なるか ガトリンまさかの準決敗退 039d0cbd2ac0 0

ボルト、200mも3連覇なるか ガトリンまさかの準決敗退

2016年8月18日 17:32 gettyimages

すでに100メートルで五輪3連覇を達成し、200メートルでも3連覇を狙うウサイン・ボルトは、準決勝で19秒78のトップ通過。日本時間19日午前10時30分予定の決勝に進出しました。

打倒ボルトに燃えていたライバルのガトリン(米国)は、まさかの準決勝敗退となっています。

200メートルには、日本からは飯塚翔太、高瀬慧、藤光謙司の3選手が出場。いずれも予選敗退に終わりました。

cat_3_issue_rio2016 @linenews_0_07d8057143a9_男子400mリレー、"史上最速"チームでメダル獲得なるか 07d8057143a9 0

男子400mリレー、"史上最速"チームでメダル獲得なるか

2016年8月18日 17:16 共同通信

20日に決勝を迎えるリオ五輪の男子400メートルリレー。「史上最速」との呼び声も高い日本チームですが、北京五輪以来のメダルを獲得するには、日本記録の38秒03を上回る37秒台が必要とみられています。

男子100メートルでは、決勝進出は逃したものの、山県亮太とケンブリッジ飛鳥が準決勝に出場。日本勢で100メートル準決勝に複数の選手が進むのは史上初で、山県は10秒05の自己記録をマークしています。

日本は速さと技術が求められる第3走者に、桐生祥秀を置く走順が濃厚。しかし、桐生がアンカーを務めるパターンも用意されており、100メートル日本歴代2位のキーマンは"二刀流"でスタンバイします。

続きはアプリで、快適に LINENEWS