cat_17_issue_overseas @linenews_0_e9e6dad6c3fb_運動不足、世界の成人で14億人以上 WHO「疾病リスク高い」 e9e6dad6c3fb 0

運動不足、世界の成人で14億人以上 WHO「疾病リスク高い」

2018年9月5日 08:08 共同通信

世界保健機関(WHO)は5日、2016年に世界の成人(18歳以上)の4人に1人に当たる14億人以上が運動不足とみられ、糖尿病や心臓疾患、認知症などにかかるリスクが高いとの研究結果を発表しました。運動不足の人の割合は米国40%、日本36%など高所得国で高かったということです。性別では男性が23%、女性は32%でした。

WHOの研究者グループが168カ国・地域の統計などを用いて分析しました。WHO当局者は「長時間労働や交通機関の発達、スマートフォン普及などが人々から運動の機会を奪っている」と指摘、各国政府にインフラ整備など運動不足解消の政策実施を求めました。

cat_17_issue_overseas @linenews_0_281e5a0aad8f_校内のスマホ使用禁止、仏で法制化 マクロン大統領の選挙公約 281e5a0aad8f 0

校内のスマホ使用禁止、仏で法制化 マクロン大統領の選挙公約

2018年9月4日 10:15 gettyimages

フランスの全ての幼稚園と小中学校で3日から、園児や生徒による校内での携帯電話使用が法律で全面的に禁止されました。使用が禁じられるのはスマートフォンやタブレットなどインターネットに接続した電子機器で、法制化はマクロン大統領の選挙公約。保護者からは「授業には必要ない」とおおむね歓迎する声が上がっています。

教育省は、学校での携帯電話の使用は「集中力を大幅に阻害し、盗難など友人同士の争いの元になる」と指摘。インターネットが個人の中傷の温床となっていることなども禁止の理由に挙げています。同省は学校側に対し、携帯電話は電源を切った上でロッカーなどに保管するよう推奨。緊急に必要な場合は生徒らが校内の大人に許可を求め、定められた場所でのみ使用できるとしています。

cat_17_issue_overseas @linenews_0_aef553134bff_米で中国大物経営者を逮捕、性犯罪の疑い 「京東集団」創業者 aef553134bff 0

米で中国大物経営者を逮捕、性犯罪の疑い 「京東集団」創業者

2018年9月3日 10:23 共同通信

AP通信は2日、米捜査当局が性犯罪の疑いで、中国の電子商取引(EC)2位の「京東集団」(JDドット・コム)創業者、劉強東容疑者(45)をミネソタ州ミネアポリスで8月31日に逮捕したと報じました。劉容疑者は中国インターネット販売界の大物経営者。当局は翌日釈放しましたが、捜査を継続。事件の詳細は不明です。

京東集団は、警察が違法行為を確認できておらず逮捕は不当だったとする声明を、ソーシャルメディアを通じて発表しました。京東集団は中国のEC最大手、アリババグループのライバル。劉容疑者は米国出張中で、釈放を受け予定通りの日程をこなすということです。

cat_17_issue_overseas @linenews_0_68f4211502e7_ソマリア首都で自爆、6人死亡 過激派が犯行声明 68f4211502e7 0

ソマリア首都で自爆、6人死亡 過激派が犯行声明

2018年9月2日 22:25 共同通信

ソマリアの首都モガディシオにある行政庁舎前で2日、爆弾が仕掛けられた車が爆発し、子供や治安要員ら少なくとも6人が死亡、14人が負傷しました。イスラム過激派アルシャバーブが犯行声明を出しました。AP通信が報じました。

検問を突破しようとした車を治安要員が制止し、乗っていた男が起爆しました。付近の複数の建物が衝撃で崩壊したといいます。アルシャバーブは近年、掃討作戦で弱体化したとみられていましたが、昨年10月にモガディシオ中心部で爆弾テロを起こし500人以上を殺害するなど、攻勢に出ています。

cat_17_issue_overseas @linenews_0_30ef56f37f82_トランプ米大統領、カナダに強硬姿勢を示す NAFTA再交渉で 30ef56f37f82 0

トランプ米大統領、カナダに強硬姿勢を示す NAFTA再交渉で

2018年9月2日 11:57 共同通信

トランプ米大統領は1日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡るカナダとの協議について、公正な合意にならなければ「(NAFTAから)カナダは出て行くことになる」とツイッターに投稿し、改めて強硬姿勢を示しました。

米国とカナダは5日に協議する予定で、米側が市場開放を求める農産物分野などで調整が難航しています。トランプ氏は「カナダをとどめておく政治的な必要性はない」と指摘。ただ、経済への悪影響が大きいため米議会には反対論が根強いといいます。米国商業会議所もカナダとメキシコの3カ国合意でなければ「議会承認は得られず、経済界の支援も失うだろう」と指摘しました。

cat_17_issue_overseas @linenews_0_0db4941ec9cb_オランダで刃物テロか、アムステルダム中央駅 米国人2人重傷 0db4941ec9cb 0

オランダで刃物テロか、アムステルダム中央駅 米国人2人重傷

2018年9月1日 22:02 gettyimages

オランダからの1日の報道などによると、同国首都アムステルダムの中央駅で8月31日、男が近くにいた2人を刃物で刺し、重傷を負わせました。警察は男に発砲し、拘束しました。男はドイツの在留許可証を持つアフガニスタン人(19)で、被害者2人は米国人旅行者。警察はテロの疑いもあるとみて動機などを調べています。

同駅は美しい駅舎で知られ、観光客も多数訪れる首都のシンボルの一つ。事件当時、現場はパニック状態になりました。男も警察に撃たれ負傷しましたが、命に別条はないといいます。

cat_17_issue_overseas @linenews_0_425bd24fe390_アリアナ・グランデさんに不適切行為 アレサさん葬儀の牧師謝罪 425bd24fe390 0

アリアナ・グランデさんに不適切行為 アレサさん葬儀の牧師謝罪

2018年9月1日 19:29 共同通信

米中西部ミシガン州デトロイトの教会で8月31日に開かれた人気歌手アレサ・フランクリンさんの葬儀で、司会を務めた黒人男性の牧師が人気歌手アリアナ・グランデさんの体に触れるなど、不適切な行為があったと批判の声が上がっています。牧師はAP通信に対し「男女全ての出演者とハグしたが、なれなれしすぎた」と述べ、グランデさんや関係者に謝罪しました。

牧師は葬儀でフランクリンさんの代表曲「ナチュラル・ウーマン」を歌い終わったグランデさんに右手を回して、抱きかかえるようにステージ中央に移動。胸の脇に手を回し続け、グランデさんも困惑したような表情を浮かべていました。

cat_17_issue_overseas @linenews_0_e968bd55cf30_収監中の元大統領の立候補認めず、10月に大統領選 ブラジル e968bd55cf30 0

収監中の元大統領の立候補認めず、10月に大統領選 ブラジル

2018年9月1日 12:57 共同通信

10月7日実施のブラジル大統領選に出馬を届け出た、収賄罪で収監中の左派の元大統領ルラ被告(72)について、高等選挙裁判所は8月31日、立候補を認めない決定をしました。各種世論調査で首位を走るルラ氏側は異議申し立てが可能ですが、候補者の変更は9月17日までしか認められず、所属する労働党は時間との闘いを迫られています。

ルラ被告は企業から便宜供与を受けたとして、ことし1月に禁錮12年1月の二審判決を受け、4月に収監されました。ブラジルの法律では二審まで有罪となった場合、公職選挙への出馬が8年間禁じられます。

cat_17_issue_overseas @linenews_0_ca4cbb94488b_米政権、パレスチナ支援拠出を中止 圧力強める狙い ca4cbb94488b 0

米政権、パレスチナ支援拠出を中止 圧力強める狙い

2018年9月1日 10:43 共同通信

米国務省のナウアート報道官は8月31日、国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)への拠出を中止すると発表しました。米国の負担が他国より重い上、対象の難民が増え続けて支援は「持続不可能」と批判。530万人超のパレスチナ難民の人道危機がさらに悪化する恐れがあり、国際社会の反発は必至です。

トランプ政権との対立を深めるパレスチナ自治政府に圧力をかけて、米主導の中東和平交渉の席に着かせる狙いがあるとみられます。

支援拠出の中止について、国連のグテレス事務総長は8月31日、報道官を通じ「残念だ」とする声明を発表しました。

cat_17_issue_overseas @linenews_0_4ca2e98e490b_米加、NAFTA合意せず 溝埋まらず5日に再協議へ 4ca2e98e490b 0

米加、NAFTA合意せず 溝埋まらず5日に再協議へ

2018年9月1日 07:25 共同通信

米国とカナダの両政府は8月31日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡り、合意に至らず協議を終えました。トランプ米大統領は同日、既に基本合意したメキシコとの2国間協定に署名する意向を米議会に通知しました。カナダとは9月5日に再び協議します。

米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表とカナダのフリーランド外相は28日からワシントンで協議を進めていましたが農産物分野で対立。米側が交渉期限のめどとしていた31日までに溝を埋められませんでした。

NAFTA再交渉では米国とメキシコが既に合意に達しており、カナダが除外される可能性も出ていますが、フリーランド外相は記者会見で、「ウィン・ウィン・ウィンの合意は手の届く場所にある」「良い合意に達するまで協議を続ける」と述べました。

続きはアプリで、快適に LINENEWS