cat_11_issue_oa-zuuonline oa-zuuonline_0_1iuvipl6us0u1_ビジネスで役立つ「ゲーム理論」どの様な戦略を取るべきか 1iuvipl6us0u1 1iuvipl6us0u1 ビジネスで役立つ「ゲーム理論」どの様な戦略を取るべきか oa-zuuonline 0

ビジネスで役立つ「ゲーム理論」どの様な戦略を取るべきか

2016年1月24日 15:07 ZUU online

合理的な意思決定を行う者同士がお互いに影響されながら意思決定をする中で、どの様な戦略・戦術を取るべきかを数理モデル化した「ゲーム理論」。

小難しく聞こえるかもしれないが、要するに「こっちがこうしたら、あっちがこう動いてくる、だからこう動こう」というやり取りを研究した極めて現実に即した理論だ。

商談の場や入札などで起きる現象について、ゲーム理論で説明ができることが多い。ここでは3つのシチュエーションを挙げながらゲーム理論について解説する。

「価格競争を仕掛けると双方損をする」−−囚人のジレンマ

自社と同等の製品を持つライバル企業と、ある案件についてコンペ合戦となった。性能やデザインでは大差が無い時、おそらくは価格が最重要となるであろう。

もし価格も同等であったらどうするか。どうしても案件を取りに行きたい場合、ライバル企業が出すと想定される価格よりも低い価格を提示するだろう。

しかし、ライバル企業も価格を下げて来た場合、さらなる低価格を掲示しなければならない。そして、もしライバル企業がそれも見て更に価格を下げて来たらどうするか。

このように価格競争はおうおうにして起きてしまう。これはゲーム理論における「囚人のジレンマ」をあてはめれば理解できる。

「自分だけが抜け駆けをして価格を下げれば得をする」と両社が考えた場合、両社共に抜け駆けをする。最終的には原価の近い部分でお互いに落ち着き、同額となり価格競争は止まるが、当初よりも価格が下落して均衡してしまい双方が損をしてしまう。

数年前の牛丼の価格競争は記憶に新しいが、価格競争の結果、牛丼の価格は下がったが、どの企業も収益性が低下し市場規模も拡大せずに、喜んだのは消費者のみであった。価格競争を仕掛ける際には囚人のジレンマに陥らないか十分に検討しないといけない。

「売り手と買い手が公平な立場になるには」——オークション理論

公開型の入札、例えばオークションの場合や株式の板や国債の入札の際、どの様な状況が生まれるだろうか。

多くのオークション、入札の場合、一定の金額まで上がった以降は少額の金額で少しずつ底値を探っていくような形になり、売り手が一方的に弱い立場になってしまう。それを防ぐために効率的で優れた市場を作るのがオークション理論だ。

現在、多くの入札方式で利用されている方式が「第二価格オークション」。一番高い入札額の者が2番目に高い入札額で購入できるルールで、広告業界などでも利用されている。

通常のオークションでは入札した金額購入することになるので、購入できた際にも、もっと低い金額で購入できた可能性が起こりえる。

しかし第二価格オークションでは、自分の入札額を下げても、2番目の価格で購入するので購入価格は変わらない。誰にとっても、他人を気にすることなく自分の買いたい価格を入札することが支配戦略、一番強い戦略となる。

「正直が最善の策」となるので、参加者は意思通りの価格を入札することができるため、安定し、また信頼性がある市場が形成される。この様な市場においては、色々と複雑な事を考え、他社を出し抜こうとすると支配戦略ではなくなり、むしろ一人弱い立場となってしまう。

新しいマーケットに参入する際に、その市場はどの様な構成がされているのか、どの様な仕組みになっているのかを見る事で最適な戦略を選択していかなければならない事を示唆する理論である。

「なぜ談合は無くならないのか」——ナッシュ均衡と協調行動

あってはならないことだが、「談合」はいまでも問題にはなっている。前述の囚人のジレンマに照らし合わせれば、抜け駆けをするべきであって、談合を行う事は合理的では無いようにも見える。なぜ談合はなくならないのだろうか。

最大の理由は協調行動ができるか否かだ。囚人のジレンマの例ではライバル会社と自社は協調行動は行わないことが前提だ。

しかし入札、例えば公官庁における土木工事入札であれば事前審査を通過した企業のみとなる為、毎回ほぼ同じメンバーでの入札となる。「入札」というゲームが同じメンバーで繰り返され事となる為、協調行動を取って恩の貸し借りをすれば「次回は御社にお渡ししますので、今回は当社がもらいます」といったふうに談合が可能となる。皆均等な回数で、しかも高値での落札も可能となる為に談合が魅力的になるのだ。

現在公官庁では談合を防ぐために、価格だけでなく、地元業者なのか、環境対策を行っているかも含め、価格だけではないところを含めて総合的に評価する「総合評価落札方式」と言う物を導入している。

だが談合は完全にはなくならない。今後も官公庁と業者間における対策のいたちごっこは続くだろう。

「ゲーム理論」は市場参入の戦略や交渉の際のフレームワークとして、またもっと身近な、日常業務でもできる考え方だ。ビジネス以外の行動でも——たとえば消費者として——何気なく考え取っている行動が、ゲーム理論で説明できることも少なくない。いくつかの基本的な考え方に触れておくだけで、いろいろな場で役立つだろう。 (ZUU online 編集部)

外部リンク

cat_11_issue_oa-zuuonline oa-zuuonline_0_qxi842lo6maq_若手ビジネスパーソンが落語に親しんだほうがいい5つの訳 qxi842lo6maq qxi842lo6maq 若手ビジネスパーソンが落語に親しんだほうがいい5つの訳 oa-zuuonline 0

若手ビジネスパーソンが落語に親しんだほうがいい5つの訳

2016年1月24日 11:12 ZUU online

知らない人からしてみれば、とっつきにくいイメージの「落語」だが、年収の高いビジネスパーソンなどにはファンが多いという。雑誌『プレジデント』が調査した結果では年収1000万以上のビジネスパーソンの実に44%が落語好きと回答している。

渋沢栄一、高橋是清らもファンだった。

古くは夏目漱石や正岡子規、志賀直哉、谷崎潤一郎、芥川龍之介などの文人から、渋沢栄一や吉田茂、高橋是清といった歴史に名を残す実業家や政治家が大の落語ファンだったことも知られる。

落語好きとされる偉人の名前をみると、「落語がビジネスに役立つ」という一面があってもおかしくなさそうだ。「ビジネスパーソンは落語に親しんだほうがいい」と考える5つの理由について考えてみよう。

その1 トーク力が磨かれ笑いが取れる

話ベタで悩んでいるビジネスパーソンには、ぜひ落語をオススメしたい。落語では、話の展開や登場人物の心情を説明するために会話文が用いられる。熊さん・八っつぁんの軽妙な掛け合いからは、日常的な会話の進め方やかけ引きの手法などが学べる。取引先とのトークや職場でのスピーチの場で大いに活用することができそうだ。

特に重要なのは、「笑いをとること」のビジネス上の効用だ。会話に笑いのネタをうまく入れ込むことにより相手との関係をより近いものにしていることが分かる。

その2 プレゼン能力がつく

落語では感情の表現や行動・言動についての補足など、多くの場面で「仕草」が効果的に使われている。使うのは扇子と手ぬぐいだけで、あとは表情や身振り手振り、声の大きさやトーンで話を盛り上げる。これらを参考にすればコミュニケーション能力もアップするはずだ。

名人たちの話術を参考にすることで、オーディエンスの心をつかむコミュニケーションの技法も身につく。自然とプレゼンの説得力も増すだろう。

その3 論理的な構成力もつく

聞き流しているだけでは気づかないものだが、落語は「マクラ、本題、オチ」という組み立てから成り立っており、話の構成はきわめて論理的。

一見無駄にみえるような話の展開もすべてはオチにむけてつながる重要な役割を果たす。単なる雑談をして何の意味もない時間を過ごすということがないところにその秀逸さが存在する。

一流のビジネスパーソンはこうした落語の論理性をベースにした文章力の高さにも注目し、そのエッセンスを自らのビジネスに取り込もうとしていることが分かる。

その4 年長者との会話が盛り上げられる

落語に親しんでいる人は若年層より中高年のほうが多く、話題にできる可能性は高い。他の若手が知らない話題で盛り上がることもできる。

たとえ話し相手が落語について詳しくなくても、「目黒のサンマ」「時そば」「子別れ」くらいのあらすじは誰でも教養として知っているもの。ふとした瞬間にそうした話題に触れることで、「こいつはモノを知っているな」と気に入られる可能性は高まるはずだ。

その5 知識と教養、生きる知恵を吸収できる

日本の伝統的な話芸である落語には、今はもう忘れられそうな古き良き文化や慣習がちりばめられている。落語に親しめば親しむほど、知識の広がりを感じ取ることができるだろう。自分に自信がもてるようになれば、仕事もプライベートも前向きに取り組むことができる。

様々な古典落語を聴いてみると、人間の悩みの本質は古今東西変わらないことが分かるし、学校では教えてくれない“世渡り力”を身につけることができる。

その6 ストレス解消して楽しく過ごせる

ただただ「面白くて笑える」ということが落語の魅力の1ついっていい。自然と笑みがこぼれ、誰もが笑顔になれる。「笑い」は人の心を安らかしてくれる。

最近では、「笑い」は免疫力をアップさせる、ストレスに強くなる、といった研究報告がされるなど、その健康効果が大きく期待されている。落語には、毎日を楽しくしてくれるパワーがあるのだ。 (ZUU online 編集部)

外部リンク

cat_11_issue_oa-zuuonline oa-zuuonline_0_s1jehbnao8ys_「世界MBAランキング」日本1位は驚き!偏差値35の大学から s1jehbnao8ys s1jehbnao8ys 「世界MBAランキング」日本1位は驚き!偏差値35の大学から oa-zuuonline 0

「世界MBAランキング」日本1位は驚き!偏差値35の大学から

2016年1月23日 10:54 ZUU online

世界MBAランキング「Eduniversal Best Masters Ranking 2015-2016」が発表された。日本国内にも京都大学や一橋など高偏差値の大学がMBAのコースを持っているが、フランスに拠点を持つSMBG社が実施した調査によるこのランキングでは、日本の1位は名古屋商科大学ビジネススクールだった。

「社会人MBA」「企業家養成」などを含む5つのカテゴリーで国内1位となった名古屋商科大学ビジネススクールとはどのような機関なのだろうか。

意外なことに名古屋商科大学は、大手予備校河合塾によれば偏差値35。

エリートが取得するイメージを持ちがちなMBAとは程遠い存在に感じるかもしれない。そのビジネススクールが名門大学を抑えMBAランキングで国内1位を取ったとは驚きだ。その魅力を今回は探ってみよう。

MBAとは何か 経営学研究科の違い

エリートビジネスマンが取得するイメージのMBA。普通の大学院と何が違うのだろうか。MBAは日本語では経営学修士、英語では「Master of Business Administration」と言われ英字の頭文字を取り「MBA」と呼ばれる。多くの場合はビジネススクールと呼ばれる専門職大学院にて授与される学位だ。

大半の大学では経営学を学術的に研究する経営学研究科とは別のコースとして設置されており、経営学研究科では経営を研究し、ビジネススクールは勤務経験があるビジネスマンに対して科学的経営アプローチを教える機関として設置されている。

このMBA・ビジネススクールは19世紀末にアメリカのペンシルベニア大学ウォートンスクールから始まり、ハーバード大学ビジネススクールがケースメソッドを行うコースの仕組みを作り上げ、多くの大学においてMBAコースが作られた。

日本で2校しか認められていない教育機関

MBAが注目されビジネススクールが増殖することで、教育機関としての品質に疑問符がつく大学が出てきた。これに対抗すべく、MBAの品質を担保するためにハーバード大学やウォートン大学等の教育機関が集まり、構築したのが「AACSB(Association to Advance Collegiate Schools of Business)International」である。

これはMBA教育を認証する認証機関だ。AASCB認証は、本場であるアメリカの一流ビジネススクール達がお互いに審査し合い、MBAを名乗ることを認められた大学の証だ。

この認証を持つ大学は日本には名古屋商科大学と慶應義塾大学のみとなっている。名古屋商科大学のMBAは世界のビジネススクールに品質を認められ、保証されていると言うことだ。世界品質であるからこそ国内一位の座を確保できたのである。

初の文部科学省「職業実践力育成プログラム」に認定

名古屋商科大学のMBAは国外だけで評価されているのではない。日本の教育再生に政府が着手した中で、まずは社会人の職業に必要な能力の向上を図る機会を拡大すべきと、大学等で社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを「職業実践力育成プログラム」(BP)として文部科学省が認定を始めた。

名古屋商科大学のMBAはこのプログラムに認定された。これは.社会人の学び直す選択肢が増え、また企業からも評価される魅力的なプログラムであり、また厚生労働省の教育訓練給付制度とも連携することで社会人の学び直しを推進するプログラムを認証するものだ。

名古屋商科大学は大学名には名古屋を冠するものの、名古屋だけではなく大阪や東京にもキャンパスがあり、週末だけのMBAコースがある事も魅力的だ。社会人が勤務先を辞める事無くMBAを取得することが出来る事が文部科学省にも評価された形だ。

幅広いバックグラウンドによる学生間での切磋琢磨

名古屋商科大学の学生の年齢分布は、30代が約5割、40代が約4割となっており、ビジネスの最前線で活躍している世代が大半を占めている。

またその職業も様々だ。製造・卸売りが23%、医療・薬が21%、卸・小売が17%、サービスが9%と様々な職種の学生達が一堂に集い、議論を白熱させる。

自らの業界・会社での「当たり前」が他業種では「当たり前では無い」等の気づきから、新しいビジネスモデルや考え方が生まれてくる、学生間での切磋琢磨が行いやすい学生のバックグラウンドになっている。

また学生間の議論をさせる教員も9割以上が実務家である為、現実離れした学術に特化した話ではなく、実際に次の日から業務に活用できる講義が行われている事も魅力だ。同窓生が学友であると同時に相談相手にもなっている事が教育の質向上につながり、MBAとしての評価の高さに影響している。

繰り返しになるが、名古屋商科大学は学部の偏差値は35。難関大学とは言い難い偏差値だ。しかし大学院、MBAは世界では慶應義塾大学のMBAと並び評価・認定されている。国内でも文部科学省から職業実践力がつくと認証されている。国内外双方からお墨付きがあるMBAだ。

アメリカのMBAトップのハーバード大学のビジネススクールは“資本主義の士官学校”と言われ、OBがアメリカ経済をけん引していると言われている。これからの日本経済をけん引するリーダーの中に、名古屋商科大学MBA修了生がいても決しておかしくない。

岸 泰裕 (きし やすひろ)元外資系金融機関勤務 現在、大学非常勤講師

外部リンク

cat_11_issue_oa-zuuonline oa-zuuonline_0_qe6l5lmp86lh_「熟成肉」がユッケの二の舞い?ブームの裏側で規制の声 qe6l5lmp86lh qe6l5lmp86lh 「熟成肉」がユッケの二の舞い?ブームの裏側で規制の声 oa-zuuonline 0

「熟成肉」がユッケの二の舞い?ブームの裏側で規制の声

2016年1月23日 10:51 ZUU online

東京・六本木にウルフギャング・ステーキハウスがアメリカから進出して話題になるなど、「熟成肉」がブームになって久しい。あちこちで熟成肉を出すレストランが出ているが、すべての店でしっかりとした管理態勢がとれているのか疑問の声が聞かれる。行政による規制の必要性を指摘する意見も出始めている。

熟成肉の魅力と歴史

熟成とは何かといえば、要は「寝かせる」ということだ。料理には「一晩ねかせるとおいしくなる」ものがあるが、牛肉も寝かせることで美味しくできる。肉の中の酵素が凝縮されたタンパク質をうまみ成分のアミノ酸に変えることが美味しさの秘訣らしく、このアミノ酸のうまみこそが熟成肉の魅力なのだ。冷蔵庫がなかった時代、欧州で食品を涼しい洞窟などに吊るして保存したことが熟成肉の始まりだと言われている。

熟成の仕方にはドライエイジングとウエットエイジングの2種類ある。エイジングとは歳をとらせるという意味がある。

ドライエイジングは、温度1〜4度、湿度60〜80%の空間で20日〜60日寝かせて肉が含む余計な水分(自由水)を飛ばして乾燥させる。乾燥が進むと特定の微生物が酵素をつくり、凝縮されたタンパク質をアミノ酸に変える。要は干物と同じだ。常に肉のまわりの空気が動くように扇風機を使用することもある。表面が黒ずみ綿毛状のカビが生えるため、見た目はまるで腐っているようだ。

これに対してウエットエイジングは乾燥させない。肉を布で巻いた状態や真空状態で、温度0〜2度で30日程度寝かせる。北米やオセアニアから輸入されるチルドビーフは、輸送から流通にかかる時間が3〜5週間、この間にウエットエイジングされる。家庭用の冷蔵庫でも試せるのがこの製法だ。

数十日も寝かせるため肉が腐くのではないかと考えるかもしれないが、ただ寝かせただけの「腐敗」では「熟成」と比べて有害な微生物が付着するため、臭いも悪くなる。管理下で熟成された肉は“腐って”はいないので、臭くない。

ブームで店増加、衛生面の危険性を指摘する声

最近ではデニーズや吉野家などの外食チェーンや、熟成肉を取り扱っていなかった店が熟成肉を取り扱う流れが出てきている。このブームの中で、衛生面の危険性を指摘する声も上がっている。

熟成肉は、表面についたカビを取り除いてから料理として提供されるが、万が一このカビの処理が適切にされてない場合、カビも一緒に食べてしまうことになる。カビは感染症、アレルギー、夏型過敏症肺臓炎などを引き起こす原因ともなる。

大手チェーンはしっかりとした体制をとるだろうが、果たしてすべての店がカビの処理・調理できる環境・料理人をコストをかけて整えるのだろうか。

熟成肉には明確な定義や規制がなく、熟成の仕方や熟成にかける時間も店によって異なる。品質管理や安全管理も店それぞれの基準。消費者はもちろん、提供者、特産関係者の熟成肉に対する知識も多くない。

行政による規制でユッケの二の舞い?

農水省は熟成肉の製造方法など一定のルールを設ける検討をしている。早ければ2016年度中にルールが決まるようだ。消費者の安全を損なうような事例が起きれば厚労省が規制しないとも限らない。つまり熟成肉が、行政による過剰な規制の犠牲となり、これまで楽しめた美味しいお肉を味わえなくなる可能性もあるのだ。

熟成肉に対する知識が乏しいままブームに乗り、熟成肉を提供している店で食中毒者が出たら、すべての熟成肉店に影響を与えることになる。一方で衛生面でも安全で良質な熟成肉を提供している店も多く存在している。第二のユッケにならないためにも、提供者はもちろん、消費者もそれなりの知識をつけておきたい。 (ZUU online 編集部)

外部リンク

cat_11_issue_oa-zuuonline oa-zuuonline_0_s4ru97pftv1f_パフォーマンスを最大化する「質の高い睡眠」に必要なこと s4ru97pftv1f s4ru97pftv1f パフォーマンスを最大化する「質の高い睡眠」に必要なこと oa-zuuonline 0

パフォーマンスを最大化する「質の高い睡眠」に必要なこと

2016年1月23日 10:45 ZUU online

米国シカゴ大学が38〜50歳までの669人の被験者を対象に行った研究によると、収入が多い人ほど睡眠時間が長く、収入が少ない人ほど睡眠時間が短いことが分かった。またベッドにいる平均時間は7.5時間で、実際に睡眠しているのはわずか6.1時間であることも判明している。睡眠と収入との因果関係について結論は出ていないが、関連がありそうなのは確かだ。

最低6時間は寝る 睡眠時間取れないのは時間管理がなってない証拠

古くは「24時間働けますか?」というドリンク剤のキャッチコピーもあったが、できるビジネスパーソンは睡眠時間を十分にとれないほど多忙というイメージは根強い。しかし、今の時代、休息も十分にとれないというのは、単にタイムマネジメントがなっていないとみなされる。また睡眠時間が足りないと、仕事への集中力を欠き、結果的に時間をムダにしてしまうことになる。

では睡眠時間はどれくらいあればいいのだろうか。個人差はあるが基本は7時間前後と考えればいい。6時間で十分な人もいるが5時間では短すぎる。

そこでどんなに忙しくても、最低6時間は眠れるように、起きている間の行動を調整すべきだ。ベッドにいる時間が6時間でも、実際の睡眠が5時間では意味がない。寝つきがスムーズで質の良い睡眠を実現することが重要だ。

夜は灯りを遠ざける

寝つきがスムーズで質の良い睡眠を実現するにはいくつかのコツがある。静かな環境、心地よい寝具を整えるのは当然だ。そして「夜の時間帯は灯りを遠ざける」ということも重要。明るい光は脳を興奮させ、眠りを安定させるホルモン(メラトニン)が分泌されにくくなるからだ。

具体的には、部屋の照明は間接照明にして、寝る前にはテレビやスマホはなるべく見ないよう心掛ける。夜でも屋外の光はそれなりに明るいので、厚手のカーテンを使うと良いだろう。

就寝前の温かい飲み物は気持ちのリラックスに有効

食事は就寝の2時間前までに済ませておきたい。食事の後は体温が上がり、体が覚醒状態となるからだ。また食べた後すぐに寝ると、内臓の働きが眠りの質を低下させるというのも理由の1つ。

もし就寝前の時間に小腹がすいてきたら、温かいお茶やミルクなどでお腹を満たすといい。温かい飲み物には気持ちをリラックスさせる効果があり、質の良い睡眠に有効だ。無理に眠ろうとするとかえって眠れなくなるので、就寝前にくつろいだ時間をとり、自然に眠くなったら床につくというのが良い。

効果的な「仮眠」により睡眠を補う

理想の睡眠時間は7時間としても、そううまく時間を作れない人もいるはず。その場合、短時間睡眠でも脳のパフォーマンスが低下しないよう工夫する必要がある。

そこでおすすめしたいのが「仮眠」だ。

オフィスで仮眠をとる場合、眠気を覚えやすい昼食後がいいだろう。できれば、アイマスクや耳栓を装着して感覚刺激を遮断したい。デスクに伏せて寝るなら小さなピローがあるとさらにいい。もし眠れなくても気にしない。しばし仕事を忘れ、感覚刺激をなくしてくつろぐことが脳の休息になるからだ。

睡魔に襲われた時やそのうち眠くなりそうな時には、2〜3分ほど目を閉じて休憩するだけでも違いが出る。周囲には「3分だけ眠らせて!」と伝えてもいいだろう。3分経ったら水で顔を洗ってシャキッと目を覚まさせる。

「短眠者=ショートスリーパー」になるには

短時間睡眠でも健康と頭脳の明晰さを保つことのできる人を「ショートスリーパー」という。発明家の故エジソンやビル・ゲイツ氏はショートスリーパーだったというが、これは体質によるところが大きいが。生活管理次第ではショートスリーパーになることが可能であるそうだ。

まず大切なのは、毎日、同じ時間に起きるということと、食事量を適切にコントロールして胃に負担をかけない食物を中心にすることだ。逆に言えば、それくらいの生活管理もできない人はとてもショートスリーパーにはなれない。

眠りの浅いレム睡眠と、眠りの深いノンレム睡眠は交互に訪れ、90分周期がワンセットになっている。そこで、90分の倍数となる時間が適切な睡眠時間ということになり、短眠を目指す場合、4時間半というのが一つの区切りとなる。

この方法の大事な点は、眠りが浅いときに起床するということ。起床のタイミングがいいと、目覚めも爽やかで、その後の脳のパフォーマンスを十分高い状態に維持できる。睡眠時間が足りない感じがするときは、週末に7時間ほどの十分な睡眠をとればいいといわれている。

無理せずいろんな方法を試してみる

睡眠の工夫をいくつか紹介してきたが、基本は十分な睡眠をとることだ。ショートスリーパーを目指すのもいいが、うまくいかないと体を壊したり、仕事のパフォーマンスに悪影響が出たりする。仕事で高いパフォーマンス発揮したいのなら、自分の体と相談しながらいろいろと試してみてはどうだろうか。 (ZUU online 編集部)

外部リンク

cat_11_issue_oa-zuuonline oa-zuuonline_0_socbmw5c8d9u_Bloomberg、JPモルガン・チェースに続きバンカメも失う? socbmw5c8d9u socbmw5c8d9u Bloomberg、JPモルガン・チェースに続きバンカメも失う? oa-zuuonline 0

Bloomberg、JPモルガン・チェースに続きバンカメも失う?

2016年1月23日 10:42 ZUU online

JPモルガン・チェースをトムソン・ロイターに奪われたばかりのブルームバーグについて、今度はバンク・オブ・アメリカが7月の契約終了を機に、より好条件の提携先への乗り換えを検討している——との情報が関係者の話から明らかになった。

1981年に独立系債券取引データ会社としてマイケル・ブルームバーグ氏が立ち上げた同社は、1996年から2008年にかけてすべての株を買い戻すまで、設立のきっかけとなったメリルリンチ(現バンクオブアメリカ・メリルリンチ)が30%の株を所有していた。

ブルームバーグへの株売却完了と同時期に事実上破たんしたメリルリンチは、その後バンク・オブ・アメリカに総額500億ドル(約5兆8840億円)で買収されることになったが、2016年まではブルームバーグのターミナル(独自のマーケット情報収集と分析用端末)レンタルの契約を継続することで合意に達していた。

ニューヨークポスト紙に掲載された関係者の証言によれば、その8年間契約があと半年で失効となった今、低料金で同様のサービスを提供できるプロバイダーへの乗り換えで年間21億〜42億円の節約を狙うJPモルガン同様、ブライアン・モイニハンCEOも5000台あるいは25%相当の端末をブルームバーグに返却することを視野に入れているという。

「殿様商売」スタイルに反感?

こうした疑惑を打ち消すように、バンク・オブ・アメリカのスポークスマン、ラリー・リタ氏は「ブルームバーグとの提携関係は良好であり、7月以降も両社の関係が崩れることはない」との声明を発表。

しかしニューヨークポスト紙のインタビューに応じたバートン・テイラー・インターナショナル・コンサルティングの設立者、ダグラス・テイラー氏は、「90年代ピークにあったロイターをほうふつとさせる」現在のブルームバーグの殿様商売スタイルに反感を持つ業界関係者は多く、企業が軒並み経費削減の手段を模索している中、「ブルームバーグの顧客の多くが何らかの変化を求めている」との見解を示している。

現在37万台の端末レンタルで77億ドル(約8241億8000万円)の収益をあげているブルームバーグにとって、激動の1年となりそうだ。(ZUU online 編集部)

外部リンク

cat_11_issue_oa-zuuonline oa-zuuonline_0_t4ccfov3ae01_事故の責任は誰に?「自動走行車保険組合」結成英大手11社 t4ccfov3ae01 t4ccfov3ae01 事故の責任は誰に?「自動走行車保険組合」結成英大手11社 oa-zuuonline 0

事故の責任は誰に?「自動走行車保険組合」結成英大手11社

2016年1月23日 10:37 ZUU online

Apple CarやGoogle Carといった自動運転機能搭載の「自動走行車(ロボットカ―)」の開発が進む中、来るべきロボットカーラッシュに備え、英大手自動車保険11社が「自動走行車保険組合(The Automated Driving Insurer Group)」を結成。販売開始後に起こりうる主要問題についての協議を開始したことが、英テレグラフ紙など複数のメディアにによって報じられた。

ロボットカーでの事故は誰の責任に?

AvivaやAXA、チューリッヒなどの大手保険会社が名を連ねる「自動走行車保険組合」は、英国保険業協会(ABI)と自動車研究会社ザットチャーム・リサーチの主導のもと、「保険と賠償責任」という観点に重点を置いて問題を特定し、政府との提携も通して英国におけるロボットカ―の利用実現に向けて取り組んでいくという。

現時点で焦点になっている問題として、「ロボットカ―による事故の責任は誰が負うのか(運転手、自動車会社、製造メーカー、ディーラー、プログラム・デベロッパーなど)」「搭載された自動運転機能の差(例えばGoogle Carは全自動だといわれているがApple Carは一部自動――というような、車種によって異なる機能レベル)にはどのように対応するのか」など保険保障に関する懸念から、「安全向上や責任特定に役立てるために、どのように個々の車からデータを収集するか」「ロボットカ―の利用に合わせてどのような道路法の変更が必要か」など、実質的な検討案などが挙げられている。

ABIの取締役ジェームス・ダルトン氏は、ロボットカ―の登場を「交通事故の減少が期待できる」と大いに歓迎する様子だ。「将来的に自動車保険会社は現在とは違った形で、自動車の未来を担う役割を果たすことになるだろう」と歓迎している。

英政府はロボットカ―の普及を視野に入れた道路法の見直しを、2018年までに完了する予定である。(ZUU online 編集部)

外部リンク

cat_11_issue_oa-zuuonline oa-zuuonline_0_t4ygm3fyj9km_"一人で子育て"軽んじられる「シングルファーザー」の悩み t4ygm3fyj9km t4ygm3fyj9km "一人で子育て"軽んじられる「シングルファーザー」の悩み oa-zuuonline 0

"一人で子育て"軽んじられる「シングルファーザー」の悩み

2016年1月23日 10:32 ZUU online

現在、日本国内にシングルファーザーがどれくらいいるかご存じだろうか。総務省統計研修所が発表した「シングル・ファーザーの最近の状況」によると、シングルファーザー総数は20万4192人とされている(2010年データ)。一方で、シングルマザーは約108万2000人。シングルファーザーの約5倍。ちなみに離婚後に妻が子どもの親権者となる件数は、夫が親権を持つケースの約6倍だ。「一人で子育て」といえばまずいわゆる「シンママ」、シングルマザーを思い浮かべてしまうのには、こういった背景があるのだろう。

ひとり親家庭には、各種手当や育児・医療に対する助成金など、国や地方自治体からの支援制度があるが、「シングルマザーはシングルファーザーに比べて経済的に苦境にあることが多い」として、これらの制度は母子世帯を中心に構成されている。思うような支援を受けられずに困窮している父子世帯は多い。

公的支援制度に明確な格差が存在

たとえば、ひとり親家庭の福祉について定められた「母子及び寡婦福祉法」では、未成年(20歳未満)の子どもがいるひとり親家庭を「母子家庭等」としている。子どもが20歳を超えると「母子家庭」「父子家庭」ではなくなるが、シングルマザーは「寡婦」として引き続き支援を受けられる。ところがシングルファーザーだった男性は支援の対象から外されてしまう。

そもそも同法は、母子家庭の定義に「等」を付け加えて父子家庭を含ませているが、「シングルマザーのために制定された法に便宜上シングルファーザーの項目を付け加えた」とも受け取れる表現だ。母子家庭支援という目線からしか見ていない制度では、父子家庭だからこそ起こりうる問題点を明確にとらえることができないのではないか。

また児童扶養手当は2010年7月までは母子家庭にのみ支給されていた。それまでは「父子世帯は経済的に困窮していない」とされ、父子家庭は支給対象から排除されていたのだ。しかし、「男性差別ではないか」という批判の声も高まり、ようやく父子家庭の排除の問題を解消した改正児童扶養手当法が成立、2010年8月よりシングルファーザーの家庭にも児童扶養手当が支給されている。

シンママ家庭より厳しい環境が多いシングルファーザー家庭

独立行政法人労働政策研究・研修機構の調査によると、母子世帯の母親の就業所得平均額は236万1000円、父子世帯の父親は376万5000円となっている(「第3回(2014)子育て世帯全国調査」のよる)

この数字からは、たしかに父子世帯のほうが経済的に余裕があるように見えるが、果たしてその生活の実態はどうなのだろうか。シングルファーザーが抱える悩みや問題は、シングルマザーとどのような違いがあるのだろうか。

同調査の父子世帯の父親の有業率をみると、2011年には94.5%、2012年には96.8%だったものが、2014年調査では88.2%に下がっている。これはシングルファーザーは長時間勤務の仕事を続けにくいという実情と関係があるのかもしれない。

「離婚後も仕事を続けたいが、子育てとの両立がままならない」から、「会社を辞めて時間的に余裕のある仕事を探すが見つからない」となって、挙句の果てに「無職の状態が続く」という悪い流れが透けて見える。

実際、父子世帯の就業所得平均額が低下した原因の1つには、無業のシングルファーザーの増加がある。

シングルファーザーは子どもと一緒に過ごす時間が短いという調査結果も出ている。「平日に2時間以上一緒に過ごしている」と答えた母子世帯が81.9%であるのに対し、父子世帯では65.5%となっている。経済的な事情から長時間勤務を続けてしまうことによって、子どもとのコミュニケーションの時間が奪われてしまっているのだ。

さらに気になる結果がある。小学生以上の子どもがいる世帯のうち、いずれかの子が不登校の経験がある世帯の割合は、ふたり親世帯では4.3%、母子世帯では9.1%であるのに対し、父子世帯では19.0%だ。親子のコミュニケーション不足と子どもの不登校との関連性は薄くないのではないだろうか。

ステレオタイプからの脱却

シングルファーザーが家庭の悩みを抱えていても、相談する場所や相手がなかなか見つからないのが現状だ。そのためストレスを溜め込んでしまい、結果的に身体や心に影響が出てしまうケースも見られる。できるだけ早い時期にメンタルのケアも含めた環境整備が必要だ。

最近では、シングルファーザーたちがグループ・団体を立ち上げてお互いの親睦を深めたり、彼らを支援するための団体が設立されるといった動きが見られている。特定非営利活動法人(NPO法人)ファザーリング・ジャパンでは、講演会やセミナー、父子家庭支援のフレンチトースト基金などの事業を通し、父子家庭を応援している。そういったつながりをもつことで、悩みの解決につながることもあるだろう。

「子育ては女性がするもの」という固定観念は明確に存在し、さらに「シンママは可哀想」という発想から、「男性は稼げる(から子育てはできる)」という思い込みがあるのではないだろうか。いや、そもそも「シングルファーザー」という存在すら念頭にないという人もいるかもしれない。

そういった先入観や偏見が彼らの生活を不便なものにしてきたのかもしれない。身近にいるシングルファーザーの相談に乗ってみるなど、誰にでもできそうな小さな支援はあるはずだ。周りの人間が少しずつ意識を変えることが、事態の好転へとつながるのではないだろうか。 (ZUU online 編集部)

外部リンク

cat_11_issue_oa-zuuonline oa-zuuonline_0_u82w0k8a7sjd_論理学をビジネスで駆使—覚えていますか?"逆・裏・対偶" u82w0k8a7sjd u82w0k8a7sjd 論理学をビジネスで駆使—覚えていますか?"逆・裏・対偶" oa-zuuonline 0

論理学をビジネスで駆使—覚えていますか?"逆・裏・対偶"

2016年1月23日 01:38 ZUU online

企業では様々なルールやマニュアル、行動指針が定められている。「こういう場合はこうすればいい」と言われたとおり、決まっているとおりにすれば解決できる問題ばかりではない。またビジネスの交渉では、時に相手の主張に論理的に反ばくすることが求められる。

そうした問題に直面したときに必要なのが論理的な思考。対策や反対意見を論理的に導き出すのに役立つのが「論理学」だ。具体的には「逆、裏、対偶」の考え方だが、数学で習ったことを覚えているだろうか。

まず命題として、「自社のシェアが拡大している市場なら資金をより投入する」という投資ルールを想定する。「逆、裏、対偶」それぞれの考え方で、どういったロジックが導き出せるのかを検証してみよう。

逆:前提と結果が入れ替わっても成り立つ

「資金をより投入する」なら「シェアが拡大している市場」
 論理学上の「逆」とは、前提と結果が入れ替わっても成立していることを指す。この場合、「当社シェアが拡大している市場である」と「資金をより投入する」を入れ替えてみて成立するかどうかだ。

「資金をより投入する」市場ははたして、常に「当社シェアが拡大している市場である」だろうか? シェアが縮小しているからこそ、資金投入が必要となる市場もあるだろうから、これは成り立たない。それにシェアが拡大していても、売り上げによっては資金投入を削減する可能性もある。

この場合、論理学上は必ずしも「真」とは言えないということになる。

裏:前提と結果を否定しても成り立つか

「当社シェアが拡大している市場でない」ならば「資金をより投入しない」
 論理学上の「裏」では、前提と結果を否定しても成立するかどうかを見る。こ「当社シェアが拡大している市場でない」場合は、「より資金投入しない」と言えるかどうかだ。

当然、これも一概には言えない。マーケティング戦略上、シェアが停滞、もしくは縮小しているからこそ、資金投入を行うという事は大いに考えられるからだ。

シェアが停滞している領域に資金投入を行っても、制定した投資ルールには抵触しない。投資ルールはあくまで、シェアが拡大している市場の場合のみを定めているからだ。

この場合も、論理学上は必ずしも真とは言えない事になる。

対偶:命題を逆にして、裏にしたもの

「より資金投入しない」ならば「当社シェアが拡大している市場でない」
 今回制定された投資ルールでは、当社シェアが拡大している市場には資金投入をしているはずだ。その為、資金投入をしていないのであれば当社シェアが拡大している市場では無いはずだ。

従ってこの場合は「真」であると言える。このロジックであれば投資ルールを活用して論理的に説明・議論が出来る。何らかの意思決定に対して反対意見を行う際には、この対遇が最も利用できる理論になる。

グローバル社会ではロジカルシンキングは必須

元の投資ルールを「真」、もしくは絶対だと位置づけた場合、逆と裏の場合は必ずしも「真」にはならない。議論をする際に利用はできるかも知れないが、議論の余地が多々ある為、理論負けする可能性が出てくる。

しかし、対偶であれば理論的に必ず「真」となる。投資ルールの対偶にて議論を行えば、ルールの遵守による意思決定だと主張することができ、議論を優位に進められるだろう。この様に、ある命題が真の時、逆と裏は必ずしも「真」にはならず、対偶については必ず「真」となる。

言葉遊び、馬鹿げている様にも見えるかもしれないが、これからのグローバル経済社会においては論理学、ロジカルシンキングの重要性は増すはずだ。

逆、裏、対偶の関係から行える意思決定

ICTの発展もあって、海外とのビジネスの垣根は極めて低くなった。TPP基本合意も行われた昨今、日本国内だけでビジネスを行っていた企業にとっても海外に飛躍する大きなチャンスとなっている。

しかし同時に、海外の企業も日本国内でのビジネスを展開してくる事にもなる。海外との企業との商談が今後増えてもおかしくない。

その際には担当者として議論や説得をしなくてはいけない事もあるかもしれない。説得力がある話し方・考え方ができることが重要だ。いくら自信満々で話しても、論理が破たんしていると思われれば、どんなに商品力があっても信頼は失われ、商談が流れてしまう可能性もある。

近年はピラミッド構造やMECE(Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive、重複なく漏れなく)などの理論的思考・ロジカルシンキングが持てはやされているが、それらはあくまで命題を捉えるための考え方、ツールでしかない。命題が論理的だったとしても、その次の段階としての命題の利用方法が論理的でなければ元も子もない。

逆、裏、対偶の関係から本当にそれが「真」だと言えるのかを確認することが、論理的な結論を導き出すために重要なプロセスといえるだろう。 (ZUU online 編集部)

外部リンク

cat_11_issue_oa-zuuonline oa-zuuonline_0_vbt1bid64jzn_東京・西麻布に「会員制スイーツサロン」男性客9割の理由 vbt1bid64jzn vbt1bid64jzn 東京・西麻布に「会員制スイーツサロン」男性客9割の理由 oa-zuuonline 0

東京・西麻布に「会員制スイーツサロン」男性客9割の理由

2016年1月23日 01:35 ZUU online

東京・西麻布。旧「香港ガーデン」跡地に建つタワーマンションの1階にスイーツ店が開店した。看板一つない外観からは店があることは分からないが、扉を開くと高級感あふれるケーキに出迎えられる。ショーウィンドウの前にはソファが置かれ、ワインセラーには年代ものの高級ワインやシャンパンが並ぶ。隣には静かな個室があり、奥に8名用のVIPルームを用意している。

入会金は5万円〜15万円

「SALON DE LOUANGE(サロン・ド・ルワンジュ)」は「完全会員制」を採用している新業態のスイーツ店である。記念日を祝うアニバーサリーケーキやウェディングケーキの企画製造を行い、パーティーへのケータリングで芸術性の高いスイーツを提供し人気を博してきた「ルワンジュ東京」が昨年9月、スイーツを楽しむ「時間」と「空間」の価値を提供するというコンセプトで開業した。エグゼクティブ・マネージャーの林明日香氏は「紹介制の大人の社交場です」と紹介する。

サロン会員にはゴールドメンバーとプラチナメンバーがいる。ゴールドメンバーの入会金は5万円で、3万円分の商品券と1万円の年会費が含まれる。プラチナメンバーは入会金が15万円で、10万円分の商品券と3万円の年会費が含まれる。どちらも1年更新制で更新料は3万円。

「予約が取りづらくならないように」(林氏)と、プラチナメンバーは100名限定だ。ゴールドメンバーは200〜250名を予定している。VIPルームではスイーツだけではなく、ケータリングを利用して食事もできる。「大人が集まるサロン。文化を発信できるような空間を目指している」と林氏は語る。

スイーツを前にシャンパン…「非日常感」求めて

ショーウィンドウに並ぶ宝石のようなプチガトーは、ルワンジュ東京が提唱する食文化の象徴だ。1個800円からでありながらも、はるかに大きな価値を併せ持っている。「SALON DE LOUANGE」では、それを社交サロンの空間として表し、ワインを楽しむ時間にして、会員に提供している。

「SALON DE LOUANGE」で販売するスイーツは非会員でも1個から購入できる。本格的なスイーツだけを楽しみたい人も気軽に買えるのは嬉しい。サロンのうわさを聞いた近隣在住の主婦が欲しい数だけ持ち帰ることも多いという。

顧客の多くはきっと西麻布周辺のマダムたちなのだろうと思いきや、意外にも「顧客の約9割が男性」と林氏は話す。見た目にきれいで味わい深いスイーツを前に、シャンパンの栓を抜き、ワインを味わう一時を楽しむ。そんな、ある種の「非日常感」を求める大人の男性からの入会申し込みが相次いでいるのだ。いわゆる“可愛いスイーツ“の流行とは異なる空間を作り、大人のためのスイーツ文化を提唱しているサロンなのである。

医師や士業、経営者…会員は高額所得者

スイーツだけを楽しむのなら、入会金に含まれる商品券を使用すれば十分にこと足りる。一方で、サロンの個室やVIPルームを予約して、スイーツと一緒に年代もののワインを開けたり、食事を楽しんだりする場合は、ワインの値段によっては1回の支払い額が数十万円になることもあるという。

そのためか会員は高額所得者が多いそうで、例えば医師や士業、経営者などがいるという。オフィス街や繁華街から離れた落ち着いた雰囲気のサロンで日常の忙しさを忘れることができるのだろう。VIPルームには大型モニターが備わり、気の置けない仲間と会話を楽しんだり映画をみたりと、くつろいで過ごすことができそうだ。

ルワンジュ東京オーナーの越智通隆氏は大学卒業後に起業し、PR関係の仕事を通じて世の中と接する感覚を養ってきたという。家族がフレンチのレストランを営んでいたこともあり「食」への造詣とこだわりが深い。そんな越智氏のもとに才能あるパティシエが集まり、厳選した産地や生産者から仕入れた食材を使い、独創性の高いスイーツを提供する。

こだわり抜いた素材と意匠で作るスイーツと、派手すぎない落ち着いた空間には、もう一度、訪れたくなる魅力がある。「SALON DE LOUANGE」は甘すぎない大人の社交場であった。

橋口義彦
Harry Hood Inc.有限会社ハリーフッド

外部リンク