プレイバック!1週間コーデ

2018年12月13日 14:11 VERY NEWS

VERYwebで毎日17:00に配信中の【明日のコーデ】から、先週1週間のコーディネートをまとめてチェック♪
先週12/7(金)から明日12/8(金)まではUNITED ARROWSのボックス型ニット×タイトスカートのセットアップを着回し中です!

DAY①

ボックス型ニット×スカートセットアップ+差し色小物〈12/7〉

今年はフレアよりタイトで
〝可愛い〟より〝女らしく〟。
シンプルだからこそ印象を変えやすい


DAY②

ニットトップスにシャツをレイヤード×黒パン〈12/8〉

のぞくロングカフスが
定番ニットの鮮度をUP



DAY③

タイトスカートの女っぽさを辛口Gジャンで中和〈12/9〉

とろみシャツ×タイトスカートの
女っぽさは黒のGジャンでハズして



DAY④

ニットトップスにパンツ&チェック柄ストールで濃色をプラス!〈12/10〉

カジュアルな綿素材パンツなら
濃色合わせでも印象は軽やか



DAY⑤

ニットセットアップ×チェック柄ネルシャツをINして着こなしの印象UP〈12/11〉

チェック柄がボーイズライクな
ネルシャツをレイヤードして
メリハリのある印象的なカジュアルに



DAY⑥

ニットトップス×チェック柄パンツのモノトーンにトレンチ気分の薄コート〈12/12〉

トレンドのチェック柄を取り入れた
安定感のあるモノトーンコーデに
トレンチ風の薄手アウターが好相性




撮影/金谷章平(人物)、清藤直樹(静物) スタイリング/池田 敬 ヘア・メーク/平元敬一〈NOBLE〉 モデル/竹内友梨 取材・文/関城玲子 編集/太田彩子
 
※VERY 2018年11月号「タイプ別に着回し力を検証 いいね! 週7使える実力派セットアップ」より。
※掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

外部リンク

Girl Talk with LiLy〜TALK3.「実はオトナも本当は、そんなに強くはないのよ」by リンゴ

2018年12月13日 13:40 VERY NEWS

聞こえてくる子どもたちの話し声に、ついつい耳を澄ましてしまう。あ、子どもたち、なんて呼んだら彼女たちに失礼ね。椅子に座り直しながら、すぐにそう思い直す。

私の背中の後ろ、一枚の布で仕切られたベッドに寝ているのは、6年生の女子二人。ちょくちょくここに眠りにくる雨川さんと、初めてここにきた泣き顔の鈴木さん。

どうして泣いているのか。もちろん気になった。でも、すぐに聞くのは違うと感じて二人をベッドへと通した。
正解だった。
「心が痛い時も熱がある時と同じように保健室を利用していいと、母から聞きました」と初めて会った雨川さんに言われた時から感じていたけれど、彼女は独特の世界を持っている。
奇跡という下の名前がピッタリすぎてびっくりする。娘をそう名づけたご両親も素敵な人だということが、彼女を見ればすぐにわかる。
いつもは「キキ」、「アミ」と互いを呼び合う親友同士の竹永さんと連れ添ってくることが多いけど、今日一緒にきた鈴木さんは二人とは雰囲気が違う。とても大人しそうな女の子。
「雨川さんは友達もいっぱいいるから、私の気持ちはわからない」と話す鈴木さんに、「友達はいても、本当の居場所は学校の中にはない」と答える雨川さん。
なんて深い会話をしているのだろう。盗み聞きをしたいわけではないのに、耳が離せなくなる。子どもなのにスゴい!とは思わない。子どもを下に見る大人たちの方こそ、なにもわかっていないのだ。
二人はすでに、とても魅力的なレディたち。

保健室の先生としてこの小学校にきてまだ2ヶ月だけど、私はすでにここでの仕事を愛しはじめている。子どもたちの魅力と果てしない可能性に、胸がいっぱいになるからだ。
あ。「子ども」とは呼ばれたくない妙齢の少女たちの気持ちもわかるけれど、やはり「子ども」とは素敵な存在。今でもとっても魅力的なのに、さらに進化する可能性が無限大に広がっているのだから!

これは、もうすっかりオトナになった今だからこそわかること。自分はもう、逆立ちしたって「子ども」には戻れない。そうなって初めて見えてくる。「少女時代」というかけがえのない時期の特別さが!
今すぐにでも仕切りのカーテンをめくって伝えたくなるけれど、彼女たちは同じ年だからこそできる会話を続けている。
—————「オトナになんか、なりたくない」、「子どもでなんか、いたくない」。
二人がそう言い合うのを聞いて胸がソワソワしはじめた。

反対のことを言っているようで、
共通点は一つ。
二人とも「今」が、苦しいのね。

そんな二人に伝えたいことがある。と、思ったけれど、先生になった今でも、私は女子同士の会話に自分から入っていくのが少し怖い。
それは、小学生時代の悲しい思い出と関係している。
あぁ、そうよね、とザワザワする胸で思う。「子ども」でいられる時期は特別だと大人になった今思うのも本当。でも、小学校の中に小学生として生きていたあの頃、たしかに私も苦しかった。
「オトナになりたくない」どころか「もう朝がこなければいいのに」。
そう思って夜に枕を濡らした夜が、私にも何度もある。父と母にバレないように、声を殺して泣いた。学校に行きたくなかった。だけど親に心配をかけることも、心配をされることもイヤだった。
頭の中にあるのは、イヤな気持ちのシーソーだった。学校に行くのがイヤ。でも学校に行かないことで親に心配されるのもイヤ。どちらのイヤが強いかどうか。私は、ものすごくイヤな学校に通うほうを毎朝選んでいた。

本当は夜だけじゃなくて、
昼間のほうが泣きたかった。

だけど歯を食いしばった。本当の気持ちなんか、大人には話せなかった。親にも先生にも。大人だけ? ううん、誰にも言えなかった。うん、あの頃、苦しすぎた。

「今」が辛いのに「未来」が明るいとは思えない。「オトナになんかなりたくない」、「もういなくなってしまいたい」という気持ちのルーツは、そういうことだ。30分ほど前に保健室に入ってきた時の鈴木さんの泣き顔を思い出す。

気持ち、わかる。

座っていた椅子から、私は立ち上がっていた。二人と話をするために。
これが私の「先生になった理由」なのだ。悩んでいる子どもたちの気持ちがわかるのは、私も悩んでいる子どもだったことがあるから。一人で泣いていたあの頃に、自分が出会いたかった大人になるために私はここにきたのだった!
「……」
立ち上がったものの、話しかける勇気が少し足りずに止まっている。布の奥、すぐ向こうのベッドに寝ている雨川さんも鈴木さんも、想像すらしていないだろう。
二人に話しかけることに緊張した私が、棒みたいにここに突っ立っているなんて。先生なのに! 大人なのに!
マヌケすぎて、笑っちゃうよね。
だけどそれも、伝えたいことのひとつ。相手が子どもであっても、生徒であっても、誰かに自分から歩み寄る時に勇気が必要な大人もいるってこと。もちろん人にもよるけれど。

大人だって先生だって、
実はそんなに強くないってこと。

そんなことを考えていたら、目の前の布がパッと開いた。
「わッ! 先生!! ビックリしたーーーッ!!」
真正面に私がいたことに驚いた雨川さんの声に、こちらの心臓も止まりそうになった。
「ご、ごめんなさい、驚かせちゃって」
胸を押さえながら伝えると、雨川さんは「あのね、スズが少し眠りたいみたいだから」と小さな声で言う。
私は頷き、鈴木さんが眠っているベッドの前のカーテンを閉める。
「なにか、あったのね? 泣くようなことが」
机に戻って腰を下ろし、雨川さんが座るための椅子を差し出してから聞いてみた。
「はい。でも、スズの涙の理由は聞いていないです。本人が話したくないことを無理に話させることって、愛じゃないし」
目の前に座ってそう語る雨川さんは、優しい目をしている。
「……素敵な言葉を話すのね。大人よりも大人っぽいくらいに。もちろんとてもいい意味で」
「嬉しいです。ありがとう。ね、先生、それホクロ?」
「え?」
雨川さんが、ジッと私の顔を覗き込んでいる。
「口元にホクロ。それも、椎名林檎と同じ場所! 私、ちょうどさっきの授業中、椎名林檎みたいな女の先生に恋愛について教えてもらいたいって思っていたから、ビックリ!! 」
「ええッ!? 」
思ってもみなかったことを言われて、「え」しか言葉が出てこない。
「恋バナとか、教えて欲しいな、先生の。初めてのキスとか、そういう話」
「わ、私の?」
言いながら、調子が狂う。私、完全に雨川さんのペースに呑まれている。
「今ここで経験があるのって先生しかいない。ねぇ、大人って楽しい?」
「う、うん。そうね、うん。楽しい! だけど実はオトナも本当は、そんなに強くはないのよ」
「わ、そっか。勉強になる。だって、それを覚えておくことで、私これからママの嫌いなところとかも、少しは許してあげられそう!」
そう言ってもらえて、なんだかホッとした。私たちは目を合わせて微笑み合った。すると、雨川さんの向こうでカーテンがスーッと開く。
「あの、すみません」
さっきの私みたいに、雨川さんとの会話をベッドの中から聞いていたのだろうか。「先生」と私を呼ぶ、鈴木さんの声がする。

「涙の理由、話したいです。聞いてもらいたいです」

<つづく>



◉LiLy
作家。1981年生まれ。ニューヨーク、フロリダでの海外生活を経て、上智大学卒。25歳でデビュー以降、赤裸々な本音が女性から圧倒的な支持を得て著作多数。作詞やドラマ脚本も手がける。最新刊は『目を隠して、オトナのはなし』(宝島社)。8歳の長男、6歳の長女のママ。
Instagram: @lilylilylilycom


外部リンク

【子どもの受験】早い方がいい?いくらかかるの?タイミング別、見通し予想図

2018年12月13日 13:21 VERY NEWS

幼稚園、小学校、中学校、高校……。我が子はどのタイミングで挑戦するのがいいか、迷うこともあるのではないでしょうか。早ければ早いほどラク? 準備はいつから?お金はいくらかかる? その後どうなる?そんな疑問に、受験経験者のママたちのリアルな体験談をもとにお答えします。

■幼稚園で受験

勉強がない分、負担は一番少ないとも言われる。大学付属なら一生受験ナシ!



その後の進学展開予想図



■小学校受験

親の資質も試される「お受験」。のびのびした学生生活を送らせたいならここが勝負!?


その後の進学展開予想図



■中学校受験

首都圏の小学生の1/3が中学受験組。親子で心身ともに一番ハードとの噂も


その後の進学展開予想図



■高校受験

子どもの成長とともに親のコントロールは効かず、ひたすら見守るしかない正念場


その後の進学展開予想図



【まとめ】

子どもの性格によって
適正タイミングも変わります。
しっかり見極めることが大切!
2020年の大学入試改革の影響で私大付属校の人気が高まる中、海外研修やSTEM教育に力を入れる学校も人気です。学校の選択肢の幅という点では中学受験が最も広いでしょう。ただ3年間の受験生活は長くハードですし、親の言いなりの受け身の受験だと失敗したり、将来指示待ち人間になることも。精神年齢が高く、自分事として努力できる子が中学受験向きです。幼稚園・小学校受験も親離れできた社交性のある子が向きますが、学力より本人の資質が重視される分、子どもへの負担は軽い面も。
また中学受験をしない小学校だと教育が学力偏重にならないため、日本の子どもに多い自己肯定感が低いタイプになりにくい。高校受験は自立できて内申が取れる子向き。本人の意思次第なので自主性も育ちますが、上位の私立校は高校募集がないので選択肢は少なく、また入学して3年後には大学受験のため、ユニークな教育内容は展開しにくいのが現状です。
学校は入学して終わりではありません。我が子の性格やどう育ってほしいかを見極めて、納得のいく受験をできることが一番大切です。


取材・文/宇野安紀子 イラスト/村澤綾香 デザイン/Permanent Yellow Orange 編集/井上さや
※VERY2018年11月号「早い方が楽?遅い方がしっかりした子になる? 先輩ママの体験談を紹介します 受験のタイミング別、見通し予想図」より。
※掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。

外部リンク

レアものの宝庫♡達人たちの「海外通販」3サイト

2018年12月13日 12:57 VERY NEWS

VERYモデルの神山まりあさんとスタイリスト・安西こずえさんは大の海外通販好き。2人に今いちばんハマっているショッピングサイトを教えてもらいました!

神山まりあさん&安西こずえさんは近ごろインスタよりも〝海外通販〟が好き♡

神山 こずさんはトレンドが早いし、持っているものが人と被ってないからすごーく気になってました。いつもどこのサイトを見てるんですか?
安西 私は断然MATCHESFASHIONが多いかな。
神山 私はFARFETCHとNET-A-PORTERを見比べながら選んでます。NET-A-PORTERはeditorialのページが雑誌みたいで面白いのと、動画があるのも好き! あとは、海外のインスタグラマーのタグ付けからブランドに飛んで、直接ブランドから買うこともあります。最近購入したスマホケースは@victoriabeckhamのインスタで発見して、即買いました。
安西 私の場合、何となく使い分けていて、ベーシックな王道のブランドアイテムが安定しているのはNET-A-PORTER。トレンドはFARFETCHかMATCHESFASHIONかなのかなって。特にMATCHESFASHIONはトレンドが早いのと日本未入荷のものやカラバリが豊富だから最近一番活用してる。
-中略-
安西 ところで、海外通販で返品したことある? 何だか大変そうで、サイズの合わなかった服とかあるけど、諦めてるの。
神山 サイトによって返送料金がかかることもあるけど、FARFETCHとNET-A-PORTERはタダ。カスタマーセンターに連絡するだけで簡単!
安西 次はちゃんとやってみる!
神山 そもそもFARFETCHは2〜3日で届くし、いまや海外通販って全然難しくないしスピーディですよね。また情報交換してくださいね。
安西 もちろん!

神山まりあさんのお買物↓↓↓

※N=NET-A-PORTER
※M=MATCHESFASHION
※F=FARFETCH

安西こずえさんのお買物↓↓↓

※N=NET-A-PORTER
※M=MATCHESFASHION
※F=FARFETCH

SHOP LIST

FARFETCH
ヨーロッパやアメリカのトレンドアイテムが、毎日100点以上更新。日本語のカスタマーケアもあり、無料で返品できるので安心。
www.farfetch.com/

NET-A-PORTER
拠点はロンドンながら、注文後2~3日で届き、返品無料。セールになると破格の価格でゲットできることもある。動画もあり、イメージしやすいそう。
www.net-a-porter.com

MATCHESFASHION.COM
ロンドン発の高級ブランドを取り扱う海外サイト。まだ日本語のカスタマーケアはないけれど、日本未入荷の商品が豊富で感度の高い人たちに人気。
www.matchesfashion.com



撮影/佐藤 彩(静物)、前田 晃(神山さん、安西さん分) 取材・文/鍋嶋まどか 取材協力/山本由佳
※VERY 2018年11月号「海外通販から穴場ブランドまで 〝隙間時間のスマホ買い〟トレンド最前線!」より。
※掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

外部リンク

いったん、優しい私になろう|服の色でオシャレも気持ちも変えられる!

2018年12月13日 12:43 VERY NEWS

汚れが目立たない黒やグレー、じゃぶじゃぶ洗える白、無難なネイビー。
ママになって、ベーシックカラーばかりがクローゼットに並ぶようになったからこそ、色のパワーって大きいなと思いませんか?
キッチンに立つのも億劫なほど疲れている、子どものわがままにイライラする、時間に追われて余裕がない、そんな日常は変わらないけれど、お気に入りのきれい色を身につけていれば、気持ちも表情も明るくなって、ちょっとだけ優しくなれるはず。
ダークカラーが多くなる冬、カラーアイテムを味方につけて毎日を楽しんじゃおう!

王道のピンクモヘアは表情豊かな編み地で大人っぽく

コート¥180,000(ドゥーズィエム クラス/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店)トップス¥38,000(ハイク/ボウルズ)ピンクニット¥47,000(Vince/Vince 表参道店)パンツ¥5,990(アメリカンイーグル アウトフィッターズ)バッグ¥35,000(アディナ ミューズ/ADINA MUSE SHIBUYA)ニーハイブーツ¥79,000(ダブルスタンダードクロージング/フィルム)ピアス¥27,000(ヒロタカ/ショールーム セッション)ストール¥33,000(ベグアンドコー/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

服の色次第でオシャレも自分の気持ちも変えられる♪ ピンクやラベンダーなどの女っぽいカラーを自分らしく取り入れて、冬のファッションを思い切りエンジョイ!


撮影/菊地 哲〈MUM〉 スタイリング/斉藤美恵 ヘア/Dai Michishita メーク/島田真理子〈UM〉 モデル/滝沢眞規子 取材・文/宇野安紀子 編集/鈴木恵子
※VERY2019年1月号「服の色ひとつで、オシャレも気持ちも変えられる! いったん、優しい私になろう」より。
※掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

外部リンク

「やる気のない時もある」

2018年12月13日 12:33 VERY NEWS

最近、料理熱が上がらない…っというかやりたくない 笑自分の作るものに飽きたんだと思われます 笑そんなときに撮影でご一緒したライターの有子さん。

有子さんは料理本も出版されている言わずと知れた凄腕の方なんです。会えば必ず料理の相談になりますが、今回も簡単で美味しいレシピを教えていただき、帰って早速作りました。

豚肉のマリネ。日持ちするので忙しい日に便利!おまけにお腹に溜まるなんて!

牡蠣のオイル漬け。簡単なのに深い味わいで、サラダやカレーのトッピングやそのままおつまみに。

豚バラとほうれん草のしゃぶしゃぶ。白だしをいれたダシでしゃぶしゃぶするのでそのままでも美味しい!薬味はキムチよ、と教えて頂いたものをその通りに。たまに違うメニューが加わると料理熱も少々上がるような気がしてます。毎日のことだから簡単に適当に美味しく、が一番いい!

で、最後に今日の私服です。


後ろに大きなロゴ入り。たまに着たくなるロゴものです。ニット…ステラマッカートニーパンツ…シークレットクローゼットシューズ…ザ ロウバッグ…ルイ ヴィトンコート…バレンシアガ

外部リンク

King & Prince 平野紫耀さんが一番気に入った差し入れは……!?

2018年12月13日 12:26 VERY NEWS

ドラマ好き読者の皆さん、突然ですが、今年印象に残ったドラマはなんですか!?
ただいま発売中のVERY1月号では「VERY的、2018年 連ドラ大賞勝手に決めちゃいます♡」を掲載!
〝好きな俳優賞〟は、「花のち晴れ」に出演、Yahoo!検索大賞2018の大賞にも輝き、まさに今年の顔となったKing & Princeの平野紫耀さんに贈らせていただきました。

受賞インタビュー(!?)はまさに映画「ういらぶ。」公開前のTV出演や取材で超絶お忙しい時期。お風呂が大好き、喉が強くない…… という情報をキャッチして編集部がセレクトした差し入れは、BARTHの入浴剤と、マヌカハニーの喉スプレー。(12月号の贈り物バイブルが役立ちました!)


そして一番喜んでくれたのは、やはり
「ぬれおかき」でした!

ちなみに、本誌のインタビューでは、「花のち晴れ」への思いはもちろん、近ごろすっかり「天然でかわいい、そして性格がいい」と浸透している平野君、どうしたらこんな子が育つの?という率直な疑問も投げかけてみました。
最後は「子供を育てるママって、かっこいい」と心から感動したエピソードも!

外部リンク

〝細見え〟が絶対条件!あったかボトムス最新版

2018年12月13日 12:12 VERY NEWS

防寒パンツ=着膨れ、というのはもう過去の話。シルエットの美しさはそのままに、穿くだけで暖かいヒート機能パンツが続々登場しています。これなら素足オシャレもまだまだ楽しめそう!暖かさと細見えが両立できるパンツをご紹介します。

デニムブランドから見た目は本格派なヒートデニムがそろい踏み


BRAND:SOMETHING
今年は天然ローズオイル配合で
暖かさに保湿効果もプラス!

「毎年人気のBODY FIREが今年はさらにパワーアップ! 腰回りはゆったりでひざ下まっすぐのスタンダードストレートは細見え効果も狙えます」〈エドウィン広報課 小原弘子さん〉
大きめポケットで小尻に見える! 〈ママ〉パンツ¥9,900(サムシング/エドウィン・カスタマーサービス)コート¥56,000(ハイク/ボウルズ)ニット¥8,990(プラステ)イヤリング¥9,000(マージョリー・ベア/ココシュニック オンキッチュ有楽町マルイ店)バッグ¥54,000(アー・ペー・セー/アー・ペー・セー カスタマーサービス)シューズ¥31,000(ペリーコ サニー/アマン)〈キッズ〉ニット¥15,000-15,500ボーイズシューズ¥10,500(BONTON/ボントンジャポン)ボーイズパンツ〈税込価格〉¥4,200(ベビーギャップ/ギャップキッズフラッグシップ原宿)

BRNAD:LOUNIE

毎冬700本売れるスキニーにブラックが新登場。「優れたストレッチ性と抜群の穿き心地で毎年、約700本売れる裏起毛加工の大ヒットデニム。スキニー特有の締め付け感がなく、長時間穿いても疲れません!」〈ルーニィプレス 野口陽子さん〉デニム¥17,000(ルーニィ)

BRAND:YANUK

WARM DENIMにスリムストレートが仲間入り。「裏起毛で肌あたりがとてもよく、冬にジーンズを穿くときのひんやり感ゼロ。厚みを抑えたデザインで、着膨れせずにキレイに穿けます」〈ヤヌークPR 牧原綾香さん〉デニム¥24,000(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)

BRAND:LEVI'S®

軽くて美シルエットの進化形ウォームデニム。「保温性の高い細かい裏起毛素材を採用してすっきりしたシルエットに。素材も軽くて柔らかく、肌触りの良さも自慢です」〈steady studyプレス 藤田絵里子さん〉デニム¥10,000(リーバイス®/リーバイ・ストラウス・ジャパン)

お仕事も「素足」で行けちゃうキレイめパンツもポカポカ進化中


BRAND:le.coeur blanc
リピータ続出! 色も形も今っぽい
センタープレス入り細見え暖パン

「吸湿発熱効果のある素材を使用したコスミカルウォームのテーパードパンツ。きちんと感をキープしつつ優れた伸縮性で楽チンです」〈ルクールブラン プレス 平井貴子さん〉
パンツ¥9,900(ルクールブラン/シティーヒル)コート¥92,000(ボールジィ/トゥモローランド)ニット¥16,000(スタイルフォーリビング/ユナイテッドアローズ 原宿本店)メガネ¥38,000(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)イヤリング¥11,000(イリス47/デコール アーバンリサーチ ニュウマン新宿店)バッグ¥75,000(オーエーディーニューヨーク/ショールーム セッション)シューズ¥48,000(ペリーコ/アマン)

BRAND:PLST

人気No.1のウォームリザーブに美脚ワイドが。「3年目になる大ヒットシリーズが今年はサイズもバリエも豊富にアップデート。アルガンオイル配合でなめらか、シルエットにさらにこだわった美脚ラインが特徴です」〈PLST PR 保泉万里子さん〉パンツ¥8,990(プラステ)

BRAND:DANSKIN

さりげなくあったかなウールライク素材。「起毛感がありウールっぽい質感。動きやすく、足首がキレイに見えるデザインですらっと見えます」〈ダンスキン事業部 関本統子さん〉パンツ¥14,000(ダンスキン/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)

BRNAD:MACKINTOSH PHILOSOPHY

裏地がなくてもずっと暖かさが継続!「冬の通勤に最適、裏起毛のテーパードは後ろのゴムを最低限にしてスッキリ見えるよう工夫してます」(マッキントッシュ フィロソフィー PR 池尾真実子さん)パンツ¥15,000(マッキントッシュ フィロソフィー/SANYO SHOKAI)




撮影/金谷章平(人物)、清藤直樹(静物) スタイリング/福田麻琴 ヘア・メーク/川村友子 モデル/滝沢眞規子、舞佳 ピュ 取材・文/北山えいみ 編集/翁長瑠璃子
 
※VERY2018年12月号「フットワークが軽い彼女の足元が気になる! 〈PART1〉レギンスで、暖パンで!カイロで……いつまで行ける? 「素足」至上主義ママのための〝素足オシャレ〟延命プラン」より。
※掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

外部リンク

畑野ひろ子BLOG「43歳になりました」

2018年12月6日 13:36 VERY NEWS

誕生日当日は、仕事と習い事送迎で夜に帰宅。

ゆっくりお祝いとはいかなかったけど、主人が仕事帰りにケーキを買って来てくれました😭❤

最近は主人も忙しい日が続いているので4人そろっての時間でお祝いしてもらった事が大きなプレゼントです😆

今年、来年は子供行事盛りだくさんの年になりそうなので、それぞれの目標に向かって頑張ろうー!

誕生日翌日は、まさかのギックリ腰事件😱

身体のケアも怠るなというお知らせかな😅

みなさんも寒くなってきたので、お体お気をつけください😅🖐

外部リンク

プレイバック!1週間コーデ

2018年12月6日 13:35 VERY NEWS

パーカ×スエットには+チェスターコートでカジュアルを中和〈11/29〉

パーカ×スウェットのカジュアル感を
コンサバに傾けられる
チェスターコートの威力♡


DONDUPのブルゾンを主役に×紺パンで簡単アスレジャー〈11/30〉

女性らしいバックスタイルが◎
中に着るものを悩まなくても
羽織ればたちまち今どきスポーティ


キマりすぎずにリッチ見え♪ZARAのフェイクファーで子どもとお出かけ〈12/1〉

こなれたブラウンがリッチ感あり
カジュアルなぶん、インナーは女っぽく!


PLSTのロングコート、優しげブルーの力で忙しい朝も気持ちが落ち着く♪〈12/2〉

旬のくすみカラーは
ぜひ手に入れたい一着
長めの丈で大人っぽく


アメリカンホリックの流行色コートで女友だちとの飲み会へ♡〈12/3〉

ゆったりしたシルエットと
落ちついたグリーンが
ほんのりモードな仕上がり



保育園からの公園も、ユニクロのチェック柄トレンチなら笑顔で応えられる!〈12/4〉

定番のブラックウォッチ柄は
Aラインシルエットで今年っぽく




きちんと顔のチェック柄コートで、ときには余裕あるママをアピール〈12/5〉

価格が出やすいチェックは
色が入らないモノトーンを選んで



※掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

外部リンク