プレイバック!七五三コーデ

2018年11月15日 13:04 VERY NEWS

VERY webで毎日配信中の【明日のコーデ】より、先週1週間のコーデをまとめておさらい♪ 今回は、七五三コーデをプレイバック。冠婚葬祭仕様とまではいかないけれど、母らしくちゃんとしたい、そんな日の装いの参考にぜひ♡

ロイヤル風ネイビーワンピース×ネイビーパンプス×白バッグ〈11/06〉

スカート派はロイヤル風ワンピースで
フォトジェニックに!



ウエストベルトの紺ワンピ×紺パンプス×ベージュバッグ&スカーフ〈11/07〉

長め丈のシンプル王道ワンピ
は小物合わせが肝!



プリーツ袖の黒ワンピ×ファーのティペット×黒パンプス〈11/08〉

カラーバッグとファーティ
ペットで華やかさをプラス


ネイビー総レースワンピ×アンクルストラップのパンプス〈11/09〉

華やか総レースも露出少なめ、
きちんと靴なら七五三OK


パールつきドット柄黒ワンピ×パープルのパンプス〈11/10〉

パール×プリーツ×ドットの
超甘テイストには差し色を投入


白パフスリーブブラウス×黒パン×ローファー〈11/11〉

白ブラウスに黒パンツは
脱オフィスがテーマ


ネイビー甘口フリルブラウス×黒パン×黒小物〈11/12〉

たっぷりフリルの甘トップスは
黒で引き締めが肝心


白衿&白袖のネイビーブラウス×ネイビーパンツ×水色ぺたんこ〈11/13〉

上下ネイビーのコーデは
小物で明るいカラーを投入


白ボウタイブラウス×センタープレスの黒パンツ〈11/14〉

パンツ派はタカラヅカ風
ルックでフォトジェニックに



撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉 スタイリング/福田麻琴 ヘア・メーク/YUMBOU〈ilumini.〉 モデル/東原亜希、バンウィンガーデンペネロペ、ロレンゾコウ 取材・文/徳良未夢 編集/井上さや 撮影協力/日枝神社
※VERY2018年11月号「ワンピース派もパンツ派も、クラシカルが気分です 今年の七五三こそ、フォトジェニックでいこう!」より。
※掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

外部リンク

スッキリ丈のムートンジャケットでいつものコーデをリフレッシュ

2018年11月15日 12:23 VERY NEWS

オーバーサイズやロング丈が主流だったいつものカジュアル。ときにはジャストサイズの上着でコンパクトなシルエットを狙うのもアリ! 意外と女っぽく着られて、ラフに羽織っただけでもオシャレに見えるムートンジャケットが今年は豊作です。

GUSHLOW&COLE

ライダース風のデザインで
女らしくも着こなせる


ロングスカートで女性らしく着るのも素敵なコンパクトデザイン。ひとつひとつ手仕事で作られるシープレザー・ブルゾン。ブルゾン¥240,000(ガシュロウアンドコール/カレンソロジー青山)

Name.

エッジの効いたブランドの
上質素材ムートンジャケット


スペイン産の柔らかいムートンは暖かさも抜群! 体になじみ、経年変化も楽しめる上質レザーは、抱っこ紐卒業後も長く着られる。ジャケット¥250,000(ネーム/ファーザー)

Mila Owen

フェイクムートンでコスパ最強。
ブラックだから締まって見える


ゆったりシルエットでメンズライクなイメージと、大きめフードで女性らしさが共存。トレンドがこの価格で! ジャケット¥18,000(ミラ オーウェン/Mila Owen ルミネ新宿2店)


撮影/清藤直樹 スタイリング/池田 敬 取材・文/渡邊里衛 編集/澤辺麻衣子
 
※VERY2018年10月号「やっぱり大いに制限かかっちゃう オシャレの幅がグンと広がる瞬間『今日、抱っこ紐じゃないから 』を楽しもう」より。
※掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

外部リンク

モデルから助産師へ。堂珍敦子さんの〝人生転換〟

2018年11月15日 12:10 VERY NEWS

結婚して子育てまっしぐら。仕事も家庭と両立させながら邁進―。VERY世代は自分が築いた道をひたすら走る時期。でも、「ずっとこの人生を生きるのかな?」と、モヤモヤすることもあるのでは?そんな思いがよぎったとき、人生の舵を180度転換させて予想外の人生を歩き出した勇士たちがいます。今からでも夢を実現させる可能性はいっぱいある、と背中を押してくれる実例をご紹介します。今回は、助産師になるため看護学校で猛勉強中のモデル・堂珍敦子さんです。


主婦を理由に自分をごまかしていたけれど、もう我慢できなくなり、踏み出してみました!



助産師になりたいと思ったのは、双子を出産した後。もっとたくさんのお母さんと赤ちゃんに関わりたくなったんです。でも、まだ子どもも小さいし通学なんて無理に決まってると、とりあえずベビーマッサージや食育など自宅でとれる資格をいくつも取得したけど……どこか物足りない。5年くらいモヤモヤと悩んでいました。そのうち40という年齢が見えてきて、人生も折り返し地点。子育ては大事だけど自分の人生をどう生きるか、まだ人生半分あるなら何でもできるはず! と、長男が中学入学、末っ子が3歳で入園というタイミングの去年、看護専門学校に入学しました。
「大変だね」と言われるけど、勉強より家の仕事のほうが遥かに大変(笑)。家事は誰も褒めてくれないけど、勉強は頑張った分だけ結果が出るから! ママ業で鍛えられた体力と忍耐力が役立っていますね。自分のできる範囲内でなく、未知の世界に飛び込まなきゃ新しい何かは生まれない。子どもたちには、「何歳でも夢は持っていい」「自分の人生は大事にしてほしい」ということを、私の生き方で伝えていけたらと思います。


「子どもを送り出した後、平日は毎日夕方まで授業。助産師になるには看護学校を出て国家資格を取得した後、助産学校に1年通い資格を取ります。学校はママの生徒も多くて、励ましあって頑張っています。お留守番も増えた子どもたちとは手紙のやりとりも。お疲れさまの一言は何より嬉しいです」


撮影/福本和洋〈MAETTICO〉 ヘア・メーク/菊池かずみ 取材・文/宇野安紀子 編集/渋澤しょうこ
※VERY2018年9月号「100年生きる時代、もっと人生は変えていける 人生は予想外に展開できるという本当のはなし」より。
※掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。

外部リンク

Girl Talk with LiLy〜TALK2.「オトナになんか、なりたくない……」by スズ

2018年11月15日 12:07 VERY NEWS



「このカーテン、ちょっとお姫様ベッドっぽくない? そこがね、好きなの、保健室」

ベッドとベッドの間を仕切る布を少しめくって、隣で寝ている雨川さんが小さな声で私に言う。昨夜からずっと泣いていたから、雨川さんの方に視線を向けるだけでまぶたが熱くて重い。

「真っ赤よ、目」

言われてしまって恥ずかしくて、逃げるように視線をまた天井に戻す。みるみるうちに目に溜まった涙が、顔の両端へと落ちていく。耳の穴の中まで濡れたのがわかる。だけど拭う元気ももうなくて、重たいまぶたが自然と閉じる。溜まっていた涙が、また同じルートを流れてく。

「泣くのって、気持ちいいよね。キスと、どっちが気持ちいいんだろう。鈴木さんは、どう思う?」

ビックリして目が開いた。雨川さんのそのうっとりしたような声も、言っている意味も、私にはまったくわからなくって、涙が止まる。「え?」。聞き返したつもりが声にもならない。

そもそも雨川さんは、私とはまったく違うタイプの人間なのだ。今まで話したこともなかったし、学年の中でも一番くらいに目立っている雨川さんのことを私はもちろん知っていたけれど、雨川さんが私の存在に気づいているかも疑問だった。

「鈴木さん、って言いにくいな。スズって呼んでもいい? 」

キス。スズ。泣くことは気持ちがいい。

頭がグルグルまわる。胸がドキドキしてる。

ううん、授業中に雨川さんから紙を渡された時からずっと心がソワソワと揺れていた。でも今は、自分の心臓がドクドクと脈打つ音が体の奥から聞こえてくる。

「あ、もちろん悲しいから泣くんだけど、泣いているうちにきもちよくなってくる時ない?」

私の返事を待たずに雨川さんは話し続ける。

「たぶんあれ、ね。身体の中から悲しい気持ちを、涙を使って外にどんどん出すからだよね。悪いことじゃないのよ、だから泣くって。スズも大丈夫よ、だから。泣きたいだけ泣いていいよ。そのための保健室よ」

止まったはずの涙が、また目から溢れ出す。だけどさっきとは、涙の種類が変わったことが自分でわかる。

「うんうん、泣きな泣きな」

雨川さんの優しい声がする。私は今、両手で顔を覆って泣いている。声が出てしまいそうで唇を噛んでいる。気持ちよくなんてない。泣きすぎて目が痛い。そこに涙の熱が染みてもっと痛い。全然気持ちよくない。胸が苦しい。どうしてだか心がキュウッと締めつけられ続けてる。

もう、どうしても泣きやめない。

心が辛い時に人に優しくされると、もっともっと泣けてきてしまう。そんなこと、初めて知る。

「……どうして、どうして私なんかに、優しくするの?」

やっとの想いで出した自分の声は震えてる。

「私なんか……。スズは、悲しいこと言うね」

「……だって、そうだから」

「私なんか、いなくなればいい? わかんないけど、そこに続く言葉ってそんな感じ?」

「……うん、そう思ってる。雨川さんにはわからないよ」

卑屈な自分が嫌になる。

「……」

せっかく優しくしてくれたのに、トゲのある言い方をしまった自分が嫌になる。嬉しいのに、本当は優しくしてもらえて嬉しいのに。

だけど人気者の雨川さんに私の気持ちがわかるわけがないし、もっと言えばそんな雨川さんと私がこれから仲良くなれることなんてまずないのだ。期待なんかしたくもない。だから、期待させるような態度をとらないでほしい。

「……ん、でもさぁ、そんなこと言ったらさぁ」

少しの沈黙の後で、雨川さんが出した声はやけにあっけらかんとしている。

「スズの気持ちが私にわからないとの同じように、私の気持ちだって誰にもわからないよ? あぁぁこの人だ、この人となら分かり合えるって思ったこと、私だってまだたったの一度もないもの」

「……雨川さんが? だって、友達いっぱいいるじゃない」

「友達はいるよ。でも、それとこれとは違う」

「それも、よくわからない……」

「友達とは、一緒にいると楽しいから一緒にいる。でも、ここは私がいる場所じゃないって気持ちがずーーーっと私につきまとう。学校の中には、まずない。だからこうして時々、保健室に避難してる。そういう意味では、スズも一緒でしょ?」

「ちょっとよく、わからない……」

「ほらね? 私、いっつも人にそう言われる。アミにも言われるよ。だけど、私なんか……とは思わない。スズも思わないでよ。だって、私たちの人生なんて本当の意味ではまだなーんにも始まっちゃいないんだから!! すべては、オトナになるまでの辛抱よ!!」

雨川さんは、私が想像していた以上に変わっている。友達が多くて人に好かれているという理由で、私とは違う星の人だと思っていた。でも彼女は、自分の世界にたった一人で住んでいるという感じがする。そう思ったら、自分のことを話しても大丈夫かもしれないという気持ちになる。

「オトナになんか、なりたくない……」

ウソでしょ、みたいな顔をして私を見ている雨川さんの方が私には、ウソみたい。

「それにこの人生、始まってもう12年も経つよ? その方がもう私には辛いよ……」

続けて言いながら泣きそうになったところで、「え!!?」と雨川さんが声をあげた。大きな目をさらに見開いて、
「ならスズ、もうキスしたことあるの? 生理は? もしかしてもうきてるの!?」

「……な、なんでそうなるの!?」

ビックリしすぎて笑っちゃった私に、「シッ」と雨川さんが人差し指を自分の唇に押し当てる。

ここは、保健室。簡易的で粗末なベッド。

パリッとしすぎた硬い質感のシーツの上。

隣のベッドを仕切るカーテンは、

30センチくらい開いている。

小学4年の冬に初潮がきたから、生理とはもう2年の付き合いになる。今も生理中でお腹の奥に時々鈍い痛みがある。

その事実を告げた途端にキラキラとした目で私を見つめはじめた雨川さんを、私はとても不思議な気持ちで眺めてる。

<つづく>


◉LiLy
作家。1981年生まれ。ニューヨーク、フロリダでの海外生活を経て、上智大学卒。25歳でデビュー以降、赤裸々な本音が女性から圧倒的な支持を得て著作多数。作詞やドラマ脚本も手がける。最新刊は『目を隠して、オトナのはなし』(宝島社)。8歳の長男、6歳の長女のママ。
Instagram: @lilylilylilycom

外部リンク

1枚で旬バランス!万能タートルニット定番色8選

2018年11月15日 11:52 VERY NEWS

秋本番、手に入れるべきはボリュームのあるざっくりタートル。体のラインをすっぽり包み込むたっぷりゆったりフォルムは、どんなボトムスも旬のバランスに落とし込む即戦力です!


a.カシミアとウールのブレンド糸でいい感じにネックが収まる! ドロップショルダーも女っぽさのポイントです。ニット¥28,000(スローン)
b.昨年の大ヒットタートルに新色キャメルが登場。ビッグシルエットの定番タートルは着るだけで優しい雰囲気に。ニット¥18,000(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ新宿店)
c.ニット¥34,000(チノ/エーピーストゥディオ ニュウマン シンジュク)
d.大人気型の定番カラーは争奪戦必至。ニット¥24,000(GALERIE VIE./GALERIE VIE 丸の内店)


e.こっくりブラウンはこの秋の注目カラー。ちょうどいいざっくり感でニュアンスのある着こなしが叶う! 太めのリブと前後差のある着丈で今っぽいバランスに仕上がります。ニット¥16,000(スピック&スパン/スピック&スパン ルミネ有楽町店)
f.体につかず離れずのサイズ感で合わせるボトムスを選ばない使い勝手のいいニット。色ち買いしたくなるプライスも魅力。ニット¥13,000(ビューティ & ユース/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店)
g.毎日着たいからこそのこなれた値段も嬉しい。ニット¥12,800(アダム エ ロペ)
h. ニット¥39,000(デミリー ハーツ ロンハーマン/ロンハーマン)


撮影/西原秀岳〈TENT〉 スタイリング/竹村はま子 取材・文/北山えいみ 編集/翁長瑠璃子
VERY2018年11月号「1+1でもなんとなくサマになっちゃうからこそ ニットで平均点以上を取りたい!」より。
※掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

外部リンク

関西読者は”ミニエブリン”でスイートを格上げ!

2018年11月15日 11:47 VERY NEWS

エルメスの定番ショルダーバッグ〝エブリン″。関西読者たちの間では最近、その〝エブリン″のミニサイズが被り勝ちらしい!さらに、黒やグレーといったベーシックカラーではなく、ピンクやグリーンやホワイトなど、思い思いのキレイ色を持って、コーディネートを一層華やかにしているんだとか。4人のママたちの〝ミニエブリン″の持ち方を紹介します。


ピンク&黄緑の2個持ち!モノトーンにエブリンで色を差すのが定番です

◉木本史子さん(35歳)
7歳と6か月の女の子ママ

「ミニエブリンは黒・ピンク・黄緑を持っています。暗くなりがちな冬のモノトーンスタイルも、ピンクのミニエブリンを投入するだけで華やかさと甘さをプラスできるのが嬉しいです。サイズ感がちょうどよく、色物でも派手見えしないところも◎!」
レザージャケット/FOXEY
ワンピース/LE CIEL BLEU
ニット /Fleur
シューズ/miumiu

「黄緑のミニエブリンはOL時代に購入したものですが、出産後また活躍中。どうしても増えてしまう子供の荷物は大き目バッグに、お財布・鍵・スマホの貴重品はミニエブリンに。斜め掛けはもちろん、肩掛けで使えるのもポイント高いです。」
ベスト/LE CIEL BLEU
トップス/Fleur
パンツ/LE CIEL BLEU
シューズ/CHANEL


カジュアルにもキレイめに似合ううえ、年中使えるグリーンにして正解!

◉香川亜弓さん(31歳)
5歳の男の子ママ

「カジュアルにはもちろん、小さいのでお出かけにも使えるのが嬉しい!差し色になるグリーンは季節を問わず、合わせやすいのでこの色にして大正解でした。ママ友の間でもミニエブリン率がじわじわ上がってきています。」
ニット/ZARA
スカート/11am
シューズ/MANOLO BLAHNIK
帽子/machatt


全身淡い色ブーム♡真っ白じゃなくてオフホワイトが使いやすい

◉福垣陽子さん(38歳)
6歳の女の子ママ

「真っ白じゃなく、淡いオフホワイトに一目惚れ。曖昧な色なので、手持ちのグレーや水色など、淡い色の洋服に合わせやすいんです。幼稚園のバス停までは自転車なので、コンパクトなサイズで斜め掛けできるミニエブリンが重宝しています。」
ワンピース/BLAMINK
カーデ/Ballsey
シューズ/CONVERSE


絶妙なブルーでそれだけでおしゃれ!毎日斜め掛け生活に華を添えてくれます

◉林香里さん(30歳)
7歳の男の子と1歳の女の子ママ

「下の子がまだまだ抱っこ期なので、斜め掛けが欲しくて購入。基本的に車移動なので、最低限のものが入るサイズ感が気にいっています。バギーを押すときは斜め掛けですが、貴重な一人時間はショルダーにして楽しんでいます。」
ブラウス/ESTNATION
ニットカーディガン/MACHPEE
デニム/ZARA
シューズ/ZARA



撮影/久保嘉範 取材・文/田中幸恵 編集/井上さや

外部リンク

【オール私服!】青木裕子さん×BORDERS at BALCONYのチェスターコート|VERYモデルズの秋冬コート③

2018年11月15日 11:40 VERY NEWS

トレンド激変でコートの買い替え年との声が多い今年。この秋冬のオシャレに、VERYモデルがどんなコートを、どんなコーデで楽しむのかをオール私服でご紹介。今回は、青木裕子さんが選んだBORDERS at BALCONYのチェスターコートです。

◉青木裕子さん
BORDERS at BALCONYの
チェスターコートで
カジュアルを品良く着こなす私

幼稚園児を育てる母としての生活スタイルに慣れた2年目は、気持ちに余裕のあるデザインを

去年は上の子の幼稚園入園の年ということもあり、探り探りではありましたが「母らしさ」を基準にアウターを選びました。2年目の今年は、少し力が抜けてきたので自分らしいものに出会えたらと思っていたところに、展示会でこのチェスターを発見! 意外と黒のシンプルなコートを持っていなかったことや、シルエットの美しさ、アクセントのボタンなど好きなポイントが重なり購入。カジュアル傾向にある普段着を、品良く可愛く盛り上げてくれると期待しています。


白ロングシャツ/radiance de SYHSE
フラットシューズ/Salvatore Ferragamo
ナイロンバッグ/See by chloé
べっ甲メガネ/IZIPIZI
ベージュレギンス/JOURNAL STANDARD relume
チェスターコート/BORDERS at BALCONY


撮影/福水紀夫(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) ヘア・メーク/シバタロウ〈P-cott〉モデル/青木裕子 取材・文/井田理恵 デザイン/Permanent Yellow Orange 編集/鈴木恵子
 
※VERY2018年11月号「今年はトレンド激変でコートの買い替え年との声多し! VERYモデルズの オール私服!『今年の私はこれで行きます!』」より。
※掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

外部リンク

楽ちんニットワンピの着こなし最旬盛りテク6選

2018年11月15日 11:30 VERY NEWS

楽ちんあったか、コーデに悩まなくていいから忙しい朝、つい手が伸びちゃう冬の頼れるアイテムニットワンピ。でも、シンプルだからこそちょっと更新感も欲しいところ。お出かけにも対応できる、最旬盛りテクを紹介します!

+レギンスなら今年っぽさも温かさもNo.1


深めスリットにレギンスが今っぽさ満点。十分丈リブレギンス¥3,500( Tabio)ニットワンピース¥19,000( ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 銀座店)バッグ¥63,000( ラドロー/ユナイテッドアローズ 原宿本店)バングル¥22,000、リング¥9,000、ピアス¥7,500( すべてフィリップ オーディベール/ウィム ガゼット 青山店)パンプス¥21,000( SOLSANA/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)

ロングブーツで足を見せないって新鮮♪


レザーの艶が女っぽさも足してくれる。ロングブーツ¥47,000( ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ 六本木店)ニットワンピース¥37,000(11月発売予定)( ENFÖLD)ハット¥8,700( グリッロ/シップス 二子玉川店)リング¥21,000( ダイナソー デザイン/プラージュ 代官山店)ピアス¥9,200( ソコ/シップス 二子玉川店)バッグ¥15,000( エルベールフレールスール/ナノ・ユニバース カスタマーサービス)

同系色ストールでワントーンっぽい味付けを



レザートリミングカシミアストール¥40,000( アソース メレ)ニットワンピース¥34,000( イレーヴ/アングローバル)バングル¥80,000( マリアルドマン/ギャルリー・ヴィー 丸の内店)ピアス¥6,000( ニナ&ジュール/プラージュ 代官山店)バッグ¥9,000(11月発売予定)( TODAYFUL/LIFE’s 代官山店)タイツ¥800( 靴下屋/Tabio)シューズ¥14,000( デミルクス ビームス/ビームス ハウス 丸の内)

デニムちら見せで爽やかさもアップ!



スキニーではなく細めストレートを選ぶのが古くならないコツ。インディゴの清涼感が◎! デニム¥15,800( MOUSSY/バロックジャパンリミテッド)ニットワンピース¥19,000(スピック&スパン/スピック&スパン ルミネ有楽町店)メガネ¥17,000( A.D.S.R./4K)バッグ¥31,000( ヴァシック/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店)パンプス¥29,000( チェンバー/ユナイテッドアローズ 銀座店)

カラータートルinしてなんちゃってバイカラー


カットソー感覚で使える薄くて軽いニットならもたつき感もありません! 薄手のタートルをインナーにして首元、手首に差し色をプラス! パープルリブニットタートル¥30,000(AURALEE/オーラリー)ニットワンピース¥11,000( アーバンリサーチ/アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店)バッグ¥29,000( MARROW/4K)ブーツ¥45,000( ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ヴィオロ 福岡店)

きれいめウエストバッグならスタイルアップ効果も


ウエストマークのメリハリ効果は絶大。バッグは小さめレザーなら合わせやすく使い勝手も◎。ボディバッグ¥28,000、バッグベルト¥15,500( ともにメゾン ボワネ/ロク 渋谷キャットストリート)ニットワンピース¥18,000( TODAYFUL/LIFE’s 代官山店)ジャケット¥32,000( ODORANTES/ナノ・ユニバース カスタマーサービス)スニーカー¥5,800( コンバース/コンバースインフォメーションセンター)


撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉 ヘア・メーク/シバタロウ〈P-cott〉(畑野さん)、菊池かずみ(原田さん) モデル/畑野ひろ子、原田夏希 スタイリング/岩田槙子 取材・文/北山えいみ 編集/翁長瑠璃子
VERY2018年11月号「1+1でもなんとなくサマになっちゃうからこそ ニットで平均点以上を取りたい!」より。
※掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

外部リンク

プレイバック!1週間コーデ

2018年11月8日 13:32 VERY NEWS

VERY webで毎日配信中の【明日のコーデ】から、先週のコーデをまとめてプレイバック♪

ピンクAライントップス&パンツのセットアップ×黒パンプス〈11/1〉

胴回りを巧みにカバーする
旬の後ろ下がりシルエットは
きれいめブランドに頼って



黒ニットワンピ×カウチンカーデ×ソックスブーツ〈11/2〉

サテン×レザーの短めブーツは
スカートからの肌見せで印象軽やか


ボーダートップス×ロングスカート×紺タイツ×ソックスブーツ〈11/3〉

ブーツ合わせには脱・黒!
ネイビーの杢タイツで抜け感を



光沢ブラウンのプルオーバーブラウス×黒パンツ〈11/4〉

きれいめ気分のパンツスタイルには
リラックスして着られて
華やかさのある秋色が最適



Gジャン×レーストップス×デニム×ソックスブーツ〈11/5〉

デニムの日はパンプスより程よく
カジュアルでいられるショートブーツ


※掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

外部リンク

柴田陽子の「育て力」vol.10 私の母の〝育て力〟

2018年11月8日 12:00 VERY NEWS

<格言>母から受け継いだ〝想像力が働く思考回路〟


少しおさらいになりますが、私の育て力6か条を一度あらためて。

これは、部下、子ども、夫との関係、友人関係、
すべてを育てる上で必要だと考えている6か条です。



1.しつこいほど背景を話す

2.好き、嫌いの気持ちで話す

3.「ありがとう」、「ごめんなさい」を多用

4.いいところを見つけたら、徹底的に褒める

5.頼る、甘える

6.自分に自信を持たない



1.のしつこいほど背景を話すというのは、以前「Vol.5 子どもには背景をしつっこく話す」でお話ししましたが、ものの道理を説明すること=「ひとの想像力」を鍛えてくれます。
今思えば、私の母も物事の背景をしっかり伝えてくれるひとでした。

子どもの頃、夏休みに従姉妹がうちに来てソファーで駆けずり回っていました。

叔母は従姉妹たちを注意するのに、
「そんなことをしたら、まちこ(うちの母)おばちゃんに怒られちゃうわよ!」
と叱ったのですが、母に言わせると、「その叱り方は、正しくない」と。

「ひとのうちで乱暴な行動をするのは、そのひとが大切にしているものを傷つける可能性があるということ。それが良くないだけで、『怒られちゃうから』、というのは叱る理由にならない」と、しっかり理由を伝えてくれる母でした。

そんな母に育てられた私は、小学校2年生のお誕生日におともだちから筆箱のプレゼントをいただいたとき、
「これは逗子の駅(※実家の地元の駅)のサンリオショップでは売ってない筆箱だ。○○ちゃんは、私のためにわざわざ隣の駅まで電車と歩きも入れて、往復3時間もかけて、買ってきてくれたんだね! 大変だったよね!」
と言ったそうです。

こんなことをいう子どもに育ったのは、まさしく母の影響です。

ある程度、想像力がある人、ない人、
という、持って生まれた素養もあると思いますが、
育てる側が、しつこいほど背景を話す、
ということを続けていれば想像力が働く思考は身につくと思います。

背景に思いを巡らすことで、ひとがしてくれたことに感謝をし、
自分の至らなさに気づき、自分がそのひとにどうやったらお返しができるか、ということを考えられる人間に近づけられるはずです。

そんな思考回路をプライベートでも仕事でも生かせてこそ、
世の中から必要とされ人気者になれるでしょう。


YOKO’S Diary「ポパイ」

週1~2回は通っている『ポパイ』というジム!
岩盤ルームでトレーニングをするので代謝が上り、とてもスッキリします!




◉柴田陽子

神奈川県生まれ。大学卒業後は、外食企業に入社し、新規業態開発を担当。
その後、化粧品会社での商品開発やサロン業態開発なども経験し、2004年「柴田陽子事務所」を設立。
ブランディングプロデューサーとして、コーポレートブランディング • 店舗プロデュース • 商品開発など多技に渡るコンサルティング業務を請け負う。
「自分が本当に納得のできる、ものづくりがしたい。」という思いから、理想の洋服作りをはじめ、
2013年秋「BORDERS at BALCONY」を立ち上げる。
2014年セブン&アイ・ホールディングス「グランツリー武蔵小杉」総合プロデューサーを務める他、2015年 東急電鉄「(仮称)代官山東横線上部開発計画」「渋谷ヒカリエ レストランフロア」プロデュース、 2015年ミラノ国際博覧会における日本館レストランプロデュース、パレスホテル東京「7料飲施設」、ローソン「Uchi café Sweets」、ルミネ、日本交通などのブランディングに携わる。また、都内にて飲食店を直営店として経営。

■BORDERS at BALCONY
HP: http://www.bordersatbalcony.com/
Instagram:@bordersatbalcony_official

■シバジム
HP: http://www.shibajimu.biz/

外部リンク