西野カナ 歌手活動の無期限休止を発表

2019年1月8日 18:05 スポニチ

 歌手の西野カナ(29)が8日、自身のSNSを更新。アーティスト活動の無期限休止を発表した。

 「いつも応援してくれる皆さんへ」として「2008年にデビューしてから今まで、音楽を通してたくさんの方に出会い、大好きな音楽に囲まれて、最高の20代を過ごすことができました。もうすぐ、ずっと楽しみにしていた30代。旅行が好きなので、行きたい場所もまだまだありますし、やってみたいこともたくさんあります。来月のライブを終えたら一度活動を休止して、期限を決めずに色々と挑戦したいと思っています」と報告した。さらに「とは言っても、やっぱり私は歌が好きで、これからもきっと毎日のように歌を口ずさんでいる気がします。またいつか皆さんの前で歌える日が来るまで、日常の中で音楽を楽しみたいと思っています。最後に、こんな私をいつも応援してくれる皆さんに心から感謝の気持ちを伝えたいです。ありがとう」とファンに感謝した。

 西野は05年に受けた、ソニーミュージックなどが主催したオーディションをきっかけに08年にシングル「I」でデビュー。10年発売のアルバム「to LOVE」が約95万枚を売り上げた。10年にNHK紅白歌合戦に初出場。16年には「あなたの好きなところ」で初のレコード大賞を獲得、ファッションリーダーとしても女性たちの圧倒的な支持を受けている。

 昨年デビュー10周年を迎え、記念ツアーを開催。10月10日の横浜アリーナでは「この10年間、私はすぐにドジをしたり、情けないところもたくさんあったけど、こんな私をずっと見守ってくれて本当にありがとう」とファンにメッセージを送っており、11月には5年ぶりにベスト盤をリリースしていた。

 また、昨年の大みそかにはNHK紅白歌合戦に平成生まれの女性ソロとして最多出場となる9年連続9度目の出場を果たし、鮮やかな衣装姿で「トリセツ」を軽やかに歌い上げた。

外部リンク

女子レスリング・吉田沙保里が引退発表「33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断」

2019年1月8日 15:54 スポニチ

 レスリング女子五輪3連覇の吉田沙保里(36)が8日、現役引退を発表した。ツイッターで「いつも吉田沙保里を応援していただきありがとうございます。この度、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました」と報告した。

 ツイッターでは「また後日、改めてみなさんの前で引退のご報告と感謝の気持ちをお伝えしたいと思います」と別の場で正式な引退会見を行うとした。

 04年アテネ、08年北京、12年ロンドンは55キロ級で五輪3連覇を達成。しかし、16年リオ五輪の53キログラム級で銀メダルに終わって以降は、至学館大や代表のコーチを務めていたものの、試合からは遠ざかっていた。20年東京五輪挑戦のリミットが来年5月の全日本選抜選手権の予選会となっていた。

 ◆吉田 沙保里(よしだ・さおり)1982年(昭57)10月5日、三重県生まれの36歳。全日本王者だった父・栄勝さんの指導で3歳で競技を始める。02年にシニアの世界選手権初出場初優勝。以降、世界選手権は15年のラスベガス(米国)大会まで55キロ級、53キロ級合わせて13連覇。04年アテネ、08年北京、12年ロンドンは55キロ級で五輪3連覇を達成。16年のリオデジャネイロ五輪は53キロ級で銀メダルを獲得した。12年に国民栄誉賞受賞。「霊長類最強女子」とも呼ばれる。1メートル56。

外部リンク

近江アナ 「あさイチ」での探偵コスプレにネット沸騰「むっちゃかわいい」

2019年1月8日 12:00 スポニチ

 NHKの近江友里恵アナウンサー(30)が8日放送の「あさイチ」(月~金曜前8・15)に出演。キュートな探偵姿を披露し、ネットを沸かせた。

 この日の番組は「クイズとくもり 冬こそ あったかアボカドを食べつくす!」と題して“食べる美容液”とも言われるアボカドの温かい料理を特集。博多大吉(47)から「あれ、どうしました。きょうはお帽子かぶってどうしたの?」と声をかけられた近江アナは「わかりませんか?」と問いかけ、メガネをかけ「名探偵です」をあいさつ。トランシーバーを手に「アボカド刑事、応答ください!」とアボ刑事のアシスタント“名探偵・近江”になり切ってみせた。

 そんな近江アナの姿に「近江アナの服装むっちゃかわいい」「メガネかけた近江アナかわいい」「近江アナ、可愛いすぎる」「近江アナ名探偵風コスプレ可愛すぎか」「近江アナ、小学生みたいに見える。可愛すぎる」と絶賛の声が上がっている。

外部リンク

ZOZO前澤社長「1億円お年玉」広告効果5億円 フォロワー500万人増&世界新RT500万件

2019年1月8日 12:00 スポーツニッポン

 衣料品ネット通販ZOZOの前澤友作社長(43)がツイッターで実施した100人に100万円ずつプレゼントする「総額1億円のお年玉」企画が、5億円以上の“宣伝効果”に匹敵することが7日、分かった。
 締め切りのこの日も大反響で、リツイート数は午後9時半ごろに500万件を突破。フォロワー数も当初の50万人超から2日間で約550万人となった。広告代理店関係者によると、ツイッターは、フォロワー獲得単価の相場は1人あたり40〜100円とされる。前澤氏は1億円の投資で最大5億円以上に相当するフォロワーを獲得したことになる。

 リツイート数の世界記録は、17年に米国の少年がファストフード店からナゲット1年分をもらうために集めた約355万件とされていた。前澤氏は「世界新記録達成 もうここまできたらお祭りだー!!」などと興奮状態で書き込んだ。

桑田佳祐 最年長1位!新曲「レッツゴーボウリング」、年齢4年代連続トップも初

2019年1月8日 12:00 スポニチ(提供写真)

 サザンオールスターズの桑田佳祐(62)の新曲「レッツゴーボウリング」が14日付の最新オリコンチャートに首位で初登場することが7日、確定した。

 62歳11カ月での1位は、秋元順子(71)が09年1月に打ち立てた61歳7カ月の歴代最年長記録を1年4カ月更新。年齢4年代(30~60代)連続でシングル首位を獲得するのも史上初で、ソロ歌手記録を2つ樹立した。

 年末に続き、年始も音楽界の主役だ。昨年大みそかのNHK紅白歌合戦はサザンとして“究極の大トリ”で出場。桑田は「勝手にシンドバッド」で松任谷由実(64)と“究極の絡み”を見せて番組を盛り上げ、歌手別最高視聴率の45・3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)をマークするなど、健在ぶりを示したばかりだった。

 「レッツゴー…」は自身のボウリング愛が高じて誕生。「桑田佳祐&The Pin Boys」名義で元日に発売した。翌2日には早速、プライベートで“投げ初め”し「今年も音楽とボウリングの“二刀流”で頑張ります」と関係者。3日はテレビ東京「桑田佳祐のレッツゴーボウリング 日米オールスター頂上決戦!」が放映され、正月三が日は“ボウリング尽くし”となった。

 「The Pin Boys」はボウリングを愛し、支える人の総称。特定のメンバーを指していないため、同曲は桑田のソロ作品となっている。87年にソロデビューし、当時37歳だった93年10月発売の「真夜中のダンディー」で初めて首位を獲得。その後もサザンだけでなく、ソロでも音楽界をリードする活躍を見せてきた。

 3月からは6大ドーム公演を含む、サザンのデビュー40周年記念ツアーが控える。ソロで幸先のいいスタートを切り、熱い1年が始まる。

外部リンク

大泉洋 餅もバナナかよ…「こんな夜更けに―」ヒット御礼で餅つき

2019年1月8日 12:00 スポニチ

 俳優の大泉洋(45)が7日、都内で映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」(監督前田哲)の大ヒット記念舞台あいさつに出席した。

 新年ということで餅つきを行ったが、登場したのはバナナ味の黄色い餅で、「なんでもかんでもバナナに寄せるんじゃないよ」と苦笑い。実食すると「ほぼガムだよ、これは」と話し、笑わせた。昨年は同作を含め映画4作に出演。司会から今年の目標を聞かれると「宣伝の少ない一年にしたい」と笑いながら語った。

外部リンク

テレ朝「時効警察」12年ぶり復活、オダギリジョー意欲「なかなかない」

2019年1月8日 12:00 スポニチ(提供写真)

 俳優のオダギリジョー(42)が主演するテレビ朝日の連続ドラマ「時効警察」が今年、12年ぶりに復活することが決まった。

 放送開始日は未定だが、関係者は「2019年ならではの面白いドラマを作る」と意気込んでいる。

 このドラマは、時効が成立した事件を趣味で捜査する男を主人公とするコミカルなミステリー。06年1月クールの放送が深夜帯にもかかわらず、平均視聴率10・1%を記録。翌年4月クールのパート2が平均視聴率12・0%と人気上昇し、新作への期待が高まっていた。

 オダギリジョーは「12年も経過して復活する作品なんて、なかなかないと思うので、高齢化したキャストとスタッフで手を取り合って、前作以上に面白い作品にしたい」と意欲満々。主人公を補佐する女性を演じる麻生久美子(40)は「私も12年分の年齢を重ねて不安も募りますが、大好きなキャラクターをまた演じられる喜びもあります」と話した。

外部リンク

深キョン新恋人・杉本氏 検索数急上昇 ZOZO前澤氏も憧れの人

2019年1月8日 12:00 スポニチ

 女優の深田恭子(36)と不動産事業を手がけるシーラホールディングスの杉本宏之会長(41)の真剣交際をスポニチ本紙が報じた7日、インターネット上の検索ワードで「杉本宏之」が急上昇した。SNS上には「IT社長だけじゃなく不動産社長も夢あるね」との書き込みも見られ、新恋人に注目が集まっている。

 杉本氏は極貧生活から成り上がった苦労人。激動の半生は、14年に上梓(じょうし)した著書「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」に記している。

 父が不動産事業で失敗し、5歳から6畳一間のアパート育ち。転機は不良グループにいた高3の時。金を無心してきた父に包丁で腕を刺されたことだった。「生活を変えたい」と、勉学に励み不動産業界を目指した。

 不動産販売会社を経て、24歳で独立。強気の投資で急速に拡大し、05年に会社を上場させた。だが、リーマン・ショックなどで巨額の負債を抱え、09年に民事再生法を申請し倒産。上場当日に結婚した妻とも08年に離婚している。

 だが、諦めなかった杉本氏は再起して起業。リスク度外視の経営から一転、安定した財務基盤を持つ会社を築き上げて、今やグループ会社7社の売上高は200億円超になった。

 女優剛力彩芽(26)と交際中のZOZO・前澤友作社長(43)も、10年来の親友だ。06年に前澤氏が憧れて連絡を取り、親交を深めた。過去の対談で、前澤氏は「杉ちゃんが嫌いって言う人に会ったことないし、杉ちゃんから人の悪口を聞いたことない」とキッパリ。誰からも好かれるナイスガイだと明かしている。

 この日、深田の所属事務所は「食事をご一緒したことはありますが、それ以上の関係ではありません」とコメント。今後を見守るような控えめの対応となった。一方、杉本氏の会社は「プライベートはお答えしておりません」と交際を否定しなかった。深田は8日、都内で開かれる主演ドラマの試写会に登場する。

外部リンク

横浜DF中沢、現役引退を正式発表「1ミリの後悔もなく」

2019年1月8日 12:00 スポニチ

 横浜は8日、元日本代表DF中沢佑二(40)が現役引退すると発表した。昨年8月にGKを除くフィールドプレーヤーでは歴代最多だったリーグ戦連続出場記録が199試合、連続フル出場が178試合でストップしていた。チームによると引退会見などは行わない。

 中沢はチームを通してコメントを発表。「2018シーズンをもって現役を引退する決断を致しました」と切り出し、「自分の思いを整理した中で、やはりこのクラブでユニフォームを脱ぎたい、そしてそれが横浜F・マリノスに対して一番の恩返しになる」と説明。「もがき苦しみ、がむしゃらに掴み取ったプロ生活。来年もF・マリノスで現役を続ける選択肢もありましたが、最後は“中澤佑二”らしく、自分の決断を信じ、1ミリの後悔もなくピッチを去ろうと思います」とサポーターに別れを告げた。

 今後については「これからゆっくり考え、また皆さんにご報告出来たらと思います」としている。

 近年は慢性的な左膝痛に悩まされており、シーズン開幕前には「最後の一年」とキャリアの終焉(しゅうえん)が近いことを示唆していた。チームからは新シーズンに向け契約延長を求められたが、潔くスパイクを脱ぐことを決断した。昨季限りで引退したGK川口能活(J3相模原)、MF小笠原満男(鹿島)に続き、一時代を築いた名選手がまた1人ピッチを去ることになった。

 中沢のコメントは以下を通り。

 「私、中澤佑二は、2018シーズンをもって現役を引退する決断を致しました。

 自分の中では、プロ20年目となる昨シーズンを一つの区切りとして考え、全てを出し切るという思いで最終戦まで走り続けました。そしてシーズンを終え、改めて自分の思いを整理した中で、やはりこのクラブでユニフォームを脱ぎたい、そしてそれが横浜F・マリノスに対して一番の恩返しになるんじゃないかなという思いになりました。

 小学校6年生からスタートさせたサッカー人生は30年。プロとしての現役生活は20年。振り返ると、ここでは書ききれないほどの本当に多くの方々に支えていただき、こんなに長く現役生活を続けることが出来ました。

 もがき苦しみ、がむしゃらに掴み取ったプロ生活。来年もF・マリノスで現役を続ける選択肢もありましたが、最後は”中澤佑二”らしく、自分の決断を信じ、1ミリの後悔もなくピッチを去ろうと思います。

 良い時も悪い時も共に戦っていただいたファン・サポーターの皆さま、チームメイト、チームスタッフ、スポンサー各社の皆さま、ホームタウンで支えてくださった皆さま、横浜F・マリノスに関わるすべての皆さま、そして東京ヴェルディに関わるすべての皆さま、本当にありがとうございました。

 今後のことはこれからゆっくり考え、また皆さんにご報告出来たらと思います。20年間、本当にありがとうございました」


 ◆中沢 佑二(なかざわ ゆうじ)☆経歴 1978年(昭53)2月25日生まれ、埼玉県出身の40歳。三郷工技高卒業後、ブラジルへ1年間留学。99年V川崎でプロデビュー。02年横浜に移籍。

 ☆サイズ 1メートル87、78キロ。利き足は右。血液型AB。

 ☆愛称 「ボンバー」は若手時代に目立つためにしていた髪形のアフロヘア(ボンバーヘッド)に由来。空中戦でヘディングに強い意味も。09年からはユニホームの名前も「BOMBER」に。

 ☆代表歴 日本代表として06年W杯ドイツ大会、10年南アフリカ両大会に出場。国際Aマッチ出場は歴代6位タイの110試合で17得点。

 ☆練習生 V川崎の練習生時代、埼玉県内の実家から都内の練習場まで片道2時間、自費で電車を乗り継いで練習参加。

 ☆タイトル プロ1年目の99年に新人王。横浜でリーグ連覇に貢献した04年に日本人DFとして初のリーグMVPを獲得。ベストイレブンは6回受賞。

 ☆ストイック 夜10時就寝、朝6時起床と早寝早起き。

 ☆趣味 18年に引退した歌手・安室奈美恵さんの大ファンを公言。

外部リンク

錦戸亮主演“月9”「トレース」好発進12・3% 2年ぶり3期連続2桁発進

2019年1月8日 12:00 スポニチ

 関ジャニ∞の錦戸亮(34)が主演を務めるフジテレビの月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」(月曜後9・00)が7日に30分拡大でスタートし、平均視聴率は12・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが8日、分かった。

 昨年7月期の「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の初回が10・6%。前期の「SUITS/スーツ」初回は3・8ポイント上回る14・2%の好発進となった。3期連続での2桁発進は、16年1月期「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」、同4月期「ラブソング」、同7月「好きな人がいること」以来2年ぶり。人気ドラマ枠の復活を印象付けた。

 今作は累計40万部を突破した人気漫画「トレース 科捜研法医研究員の追想」が原作で、科学捜査研究所が難事件に向き合うサスペンス。錦戸は、ある陰惨な過去を持つ影のある科捜研法医研究員・真野礼二を演じ、月9初出演となるサスペンスの帝王・船越英一郎(58)、前クール「SUITS/スーツ」に続き月9に2連投の新木優子(25)らが脇を固める。

 初回は、あるイベント会場で切断された人の手が発見される。鑑定した真野(錦戸)の推察に基づいた場所で手の持ち主とみられる女性のバラバラ遺体が見つかる。捜査する虎丸良平(船越)と真野が捜査方針が異なり衝突するが、次第に真相に近づいていく…という展開だった。

外部リンク