cat_1_issue_oa-shujoprime oa-shujoprime_0_ts56onzsfbxx_嵐「20周年記念映画」と同時にハワイコンサートの企画も? ts56onzsfbxx ts56onzsfbxx 嵐「20周年記念映画」と同時にハワイコンサートの企画も? oa-shujoprime 0

嵐「20周年記念映画」と同時にハワイコンサートの企画も?

2017年1月19日 19:51 週刊女性PRIME

【写真:'14年6月、デビュー15周年イヤーに公開された『ピカ☆ンチ』シリーズ3作目撮影中の嵐。口ひげをつけた大野クンがこちらを見つめている】


 2017年にメンバーが主演する映画が続々と公開される嵐。SMAPの後を継ぐのはやはりこのグループしかいない!? と思いきや、松本潤に驚愕の二股交際が発覚、櫻井翔が主演した新春ドラマはふるわず、2年連続起用となった年賀状CMも広告効果が乏しく、あの圧倒的な求心力がなくなってきているような気もする。

 意外にも順風満帆とはいえない5人だが、水面下でメンバー全員が登場する映画の企画が立ち上がったという。また、このほかにも計画中の記念プロジェクトがあるという。

「15周年に引き続き、ハワイでの20周年記念コンサートが計画されているようです」(前出・芸能プロ関係者)

 ハワイといえば、嵐にとってデビューの地。15周年記念コンサートも開催されている。

「ハワイの現地メディアによると、嵐はすでに20周年である'19年に、記念コンサートを開いてくれないかというオファーを受けているそうです」(前出・芸能プロ関係者)

 現地メディア『HAWAII NEWS NOW』は、ハワイ州観光局局長を取材し、「日本のスーパーグループ・嵐は、15周年に引き続き、20周年でもハワイに招待されている」と報道している。

「この件の現地での報道は、'14年9月。オファー自体はかなり早い段階から届いていたようです。今回、映画の企画がスタートしたように、2年後に向けて徐々に20周年記念イベントが明らかになっていくのではないでしょうか」(前出・芸能プロ関係者)

 16歳から18歳の少年が初めて“巻き起こせ!”と、デビュー曲『A・RA・SHI』を歌ったのは、もう18年も前のこと。山や谷がいくつもあっておかしくない年月がすでに経過している。デビュー後、その名のとおり、日本の芸能界だけでなく、世界でもムーブメントを巻き起こしてきた5人は、20周年に向け、新たな“嵐”を巻き起こせるか。

外部リンク

cat_1_issue_oa-shujoprime oa-shujoprime_0_vbf6ftf60did_すみれ、ボートレースのCMから突如降板したウラ事情 vbf6ftf60did vbf6ftf60did すみれ、ボートレースのCMから突如降板したウラ事情 oa-shujoprime 0

すみれ、ボートレースのCMから突如降板したウラ事情

2017年1月19日 19:51 週刊女性PRIME

【写真:すみれと渡辺直美】


「昨年8月の契約更新の際、すみれさんサイドからいきなり降板の申し出があったそうです。ボートレース振興会は続投するものだと思っていたのですが、“今は仕事ができる状態ではない”と断られたそう。9月に翌年のCM撮影をするので、通常であれば契約更新の前に非公式ながら意思確認をしている場合がほとんど。直前にひっくり返すのは、普通では考えられませんね」(広告代理店関係者)

 新年からボートレースのCMキャラクターが、すみれから渡辺直美にチェンジ。忍者に扮したすみれが悪者を成敗する演出が好評だっただけに、この変更は驚きだった。

「彼女の降板を受けて、急きょ代わりのタレントを探したところ、以前イメージキャラクターを務めていた渡辺さんに落ち着いたみたいです。決まったのは昨年10月。CMの撮影も遅れ、現場はドタバタでした」(前出・広告代理店関係者)

 同じく昨年10月、すみれは体調不良を理由にチャリティーコンサートを中止し、休業に入った。

「父親の石田純一さんは、“11月半ばには復帰する”と言っていましたが、復帰のめどもないまま年を越してしまいましたね」(スポーツ紙記者)

 芸能活動を完全に休止しなければならなかったとは、よほどの重病だったのだろうか。

'15年8月30日に蒲郡で行われた、ボートレースのトークショーに参加したすみれ


「確かに、“突然の体調不良で来年度は続けられない”という言い分もわからなくはありません。でも、彼女の昨年の契約自体は12月まで続いていたので、最後まで全うする責任はあったと思うのですが……」(ボートレース関係者)

 ボートレースのイメージキャラクターは、大きなレースで優勝選手のプレゼンターを務めることになっている。しかし、すみれは降板を申し出た8月末の出演以降、会場に姿を現すことはなかった。

「12月のSGグランプリでは本来イメージキャラクターは必ず参加しなければならないのですが欠席。一昨年は出席していたんですが……」(前出・ボートレース関係者)

 すみれの所属事務所に問い合わせたところ、体調不良とは関係ないという。

「契約更新のとき、昨年は先方から更新しないと言われました。こちらから契約を断ったわけではありません。ボートレースのイベントも、日本にいるときは出ていました」

 ボートレース広報部にも聞いてみたが、期日までに回答はなかった。

 現在、すみれは生まれ育ったハワイで母親の松原千明と一緒に過ごしているという。いつの日かまた躍動する彼女の姿を見たいものだ。

外部リンク

cat_1_issue_oa-shujoprime oa-shujoprime_0_1jia1s187w184_堂本剛、姉が展開するアパレルブランドの福袋にファン殺到 1jia1s187w184 1jia1s187w184 堂本剛、姉が展開するアパレルブランドの福袋にファン殺到 oa-shujoprime 0

堂本剛、姉が展開するアパレルブランドの福袋にファン殺到

2017年1月19日 19:51 週刊女性PRIME

【写真:“福選び”が開催される場所となった『F』(背景)と『H』のトップス(右・赤枠)】


 すっかりお正月の風物詩となった福袋の争奪戦だが、『H』というブランドでは、とりわけアツい戦いが繰り広げられた。

「『H』が堂本剛クンのお姉さんが展開しているファッションブランドだということは、KinKi Kidsファンの間では有名な話です。公表はされていないのですが、剛クンが番組に出演するときによく着ているから間違いありません」(ファンの女性)

 『H』の商品ラインナップは、和風テイストで格調の高い落ち着いたデザイン。通常はネットショップのみでの扱いだが、1月7日から9日まで都内のセレクトショップ『F』を会場にして店頭販売イベントが行われた。

「店が商品を組み合わせる普通の福袋とは違い、“新年福選び”という趣向を凝らした催しです。Tシャツの中から1点、小物の中から1点といったように、自分で好きなアイテムを選んで1つの福袋を完成させるという自由さが新鮮でした。


 今回だけの限定商品や先行販売の服もあり、期間限定のコラボバッグの用意も。欲しいものを確実に手に入れるために、みんな早い時間から並んでいたんです」(参加した女性)

 実際に商品を手に取れる機会は珍しいということもあり、店頭には長蛇の列が。

「並んでいたのは、セレクトショップにいつも来ているお客さんたちとは明らかに違う雰囲気の人たち。いったい何があったのだろうとビックリしました。KinKiファンの人たちだったんですね」(近くのショップ店員)

 今回のイベントは、『F』のオーナーが剛のお姉さんと知り合いだったことで実現に至ったという。

「昨年6月にもイベントをしていたので、今回が2回目ですね。残念ながら、剛クンはもちろん、お姉さんも来店しませんでした」(アパレル業界関係者)

 “新年福選び”には3点セット1万5000円、4点セット3万円の2種類があり、それぞれ金額の2倍相当の商品を選ぶことができるというから確かにお買い得。中には合計10万円使った人もいたというが、剛のお姉さんのブランドというだけでここまで大盛況になるものだろうか。

「実はこのブランドの服の一部は、剛さんがデザインしているんですよ。幼いころからとても仲のいい姉弟で、ファッションの趣味も合うみたいです。


 彼が手がけたのがどのアイテムなのかはわかりませんが、センスが似ているから、2人でデザインしてもブランドに統一性があるのでしょう」(前出・アパレル業界関係者)

外部リンク

cat_1_issue_oa-shujoprime oa-shujoprime_0_1jer2320lxvmu_羽賀研二、詐欺被害者が怒りの告発「裁判中の虚偽」とは 1jer2320lxvmu 1jer2320lxvmu 羽賀研二、詐欺被害者が怒りの告発「裁判中の虚偽」とは oa-shujoprime 0

羽賀研二、詐欺被害者が怒りの告発「裁判中の虚偽」とは

2017年1月19日 19:51 週刊女性PRIME

【写真:刑事裁判で一審は無罪も、二審で逆転有罪になった('10年8月)】


「はっきり言いますよ。アイツは稀代のワルです」

 娘である梅宮アンナと過去に交際していた羽賀研二が逮捕されたとき、報道陣に囲まれた梅宮辰夫は厳しい口調でこう言い放った。

「'98年に沖縄の北谷にレストラン3店舗をオープンさせるとき、アンナとともに梅宮さんも駆けつけた。ところが、オープン前日に羽賀から未払い金が4000万円あり、支払わないとオープンできないと泣きつかれたんです。


 梅宮さんは“娘に恥をかかせられない”と借用書に保証人としてサインした。アンナも彼の借金の保証人になっており、彼と別れたあとも月々100万円ほど返済していたそうです。


 羽賀には家族全員が苦しめられただけに、梅宮さんとしては絶対に許せないという気持ちが強いのでしょう」(芸能レポーター・石川敏男氏)

 そんな羽賀は詐欺と恐喝未遂で'13年に懲役6年の刑が確定し、現在も沖縄刑務所に服役している。その事件の被害者となったのが、大阪市内で不動産業を営むY氏だ。

「ボクと羽賀の付き合いは古く、'95年ごろから飲食をともにするようになった。当時、彼が付き合っていた梅宮アンナちゃんが同席したこともありました。


 それで5000万円ほど貸してあげて毎月キチン、キチンと返済されていたのでトラブったことはなかったんです。


 当時、羽賀は借金が多いことがワイドショーでも盛んに取り上げられていまして“もう借金はありません”と見得を切ったこともありました。でも、実際はボクからの借金は残っていたんです。だけどそんなことは些細なことだし、返済をしてくれていたので黙っていました」

 Y氏と羽賀は、それから10年ほど良好な関係を築いていたという。しかし、それが急に崩れる事件が起きる。


「'03年ごろに羽賀は医療会社の未公開株購入を“絶対に儲かる”としつこく勧誘してきました。ボクは株にまったく興味がなかったので断っていましたが、“破綻したら自分が全部補償します”と言い張るので証書を作って3億円ほど出したんです。


 ところが会社が破綻しても金を返さない。それどころか'06年6月に彼の代理だという元ボクシング世界王者の渡辺二郎たちが借金の返済方法で相談があるとホテルにボクを呼び出しました。するとそこに暴力団関係者たちもいて、約3億7000万円の借金を1000万円に棒引きする書類にハンコを押せと脅迫したんです。“押さないと大阪湾に沈める”と脅されました」

 結局、Y氏は恐怖のため仕方なくハンコを押したが、警察に被害届を提出して捜査が始まった。'07年6月に羽賀は渡辺らとともに恐喝未遂・詐欺の容疑で逮捕。'13年3月に最高裁で罪が確定したのだ。

「刑事事件では有罪判決が出ましたが、ボクの被害は弁済されていないんです。それで羽賀に対し約4億円の損害賠償請求の民事裁判を'11年に起こしました。その当時、週刊誌などでは、タレント業ができなくなって生活に困った彼が作業員の仕事をしていると報じられていました。また、奥さんが飲食店でバイトをしながら生活を支えているという記事が美談として載ったりしていましたね」

裁判では経済的な窮状をY氏に主張

 羽賀は逮捕される1年前の'06年に一般人であるA子さんと結婚。'10年に長女、'13年には次女が誕生している。収監後に妻のA子さんは雑誌の取材に対し、生活状況についてこう話していた。

《仕事はレストランのコックをしています。毎朝6時には家を出て、最近は忙しくて、帰宅するのは夜10時過ぎになってしまうことが多いです。(中略)逮捕されてからは当然、収入はなくなり、もろもろの税金が払えなくなってしまいまして……。住んでいる家は、今も税務署から差し押さえられています》(『週刊新潮』'14年8月14・21日号)

ソテツの木に囲まれた沖縄刑務所で羽賀は刑に服している


 稼ぎ手である夫が刑務所にいるとなれば当然、生活は苦しくなってしまうのかもしれない。実際に民事裁判の中でも、羽賀側は経済的な窮状をY氏に主張していた。

「民事裁判では羽賀側から和解の申し出が何度か出されました。確か300万円くらいだったかと思うのですが、とにかく“お金がないから”ということで、数百万円しか払えないと主張していたんです。でも、4億円を数百万円でチャラにすることに、どうしても納得できなかったんです」

 数回に及ぶ和解の話し合いはうまくいかず、昨年10月27日に判決が下された。大阪地裁はY氏の主張を全面的に認め、羽賀に対し請求していた全額3億9000万円を支払うようにと命じたのだ。

「羽賀はお金がないと主張していたので、約4億円もの請求に自己破産する可能性もあるのではと思っていました。だって、財産をすべて放棄してしまえば、彼は1円も請求されないですからね。しかし昨年11月29日に大阪高裁へ控訴したんです」

 不思議に思ったY氏が羽賀の財産について調べていくと、なんと驚愕の事実が浮かびあがってきたという。

「羽賀は生まれ故郷の沖縄にかなりの不動産を所有していることがわかったんです。われわれが調べてわかっただけでも、ビルを3棟と貸家を2軒。そして、軍用地を1つ。つまり6つの物件を彼の名義で持っていたんです。お金がないと言っていたのは、いったい何だったのでしょうか……」

外部リンク

cat_1_issue_oa-shujoprime oa-shujoprime_0_u7zl4yix14ja_綾野剛は『MOCO’Sキッチン』ファンだった! 得意料理は? u7zl4yix14ja u7zl4yix14ja 綾野剛は『MOCO’Sキッチン』ファンだった! 得意料理は? oa-shujoprime 0

綾野剛は『MOCO’Sキッチン』ファンだった! 得意料理は?

2017年1月19日 19:51 週刊女性PRIME

現在撮影中の作品のために、髪色を変えたという綾野剛。「色を1回抜いた途中の状態で、明日染め直すんです」。というわけで、貴重な限定ビジュアルで登場! 撮影/森田晃博


「この『新宿スワン』は僕の代表作で、自分の可能性を引き出してくれた作品です。

 今の僕があるのもやっぱりこの作品があったからだと思います。僕は常に“次はない”という意識でやっていますが、初めて“次を考える喜び”というのを教えてくれました」

 綾野剛が金髪&天パーのスカウトマンの主人公・白鳥龍彦を演じ、大ヒットを記録した『新宿スワン』が、約2年ぶりに『新宿スワンII』として帰ってきた!(1月21日[土]公開) IIは続編? と思いきや、続編ではなく“新章”だと言い切る。

「前作は龍彦が、新宿歌舞伎町というミニマムな世界の中で一人前のスカウトマンへと成長していく物語。IIは進出を目論む新宿と横浜の男たちの“戦国物語”で、いわゆる“国取り合戦”なんです。前回は新宿編、今回は横浜編とまったくの別もの。Iが好きな人とIIが好きな人が分かれて当然で、むしろ分かれてもらっていいんです」

 と、ここで“IとII、どちらが好きですか?”と、記者に逆質問。会う人みんなに聞いているというが……。

「今のところ6割の方が、“IIのほうがいい”と。みなさん抗争劇が好きなのかも。僕? 僕は仕事柄、Iのほうが見やすいです。というのも、役者という仕事をしていると、主人公が成長していく姿をどうしても見てしまいます。ただ、映画館で見るなら断然IIです。迫力やダイナミックさはIとは比べものになりません。何より浅野忠信さんが圧倒的です」

綾野剛 撮影/森田晃博

アクションにも耐えられるよう、肉体改造中!

 綾野が言うとおり、IIはハードなアクションも見もの。特に強く記憶に残っているのが、浅野と対峙(たいじ)するシーンだそう。

「浅野さんは、普段はものすごく優しくジェントルマンで、僕らが恐縮してしまうくらいいろいろと気にかけてくださるんです。でも、いざスタートがかかるとまったくの別人になる。もう纏(まと)っている匂いが一気に変わる。向こうに拳(こぶし)を構えられた瞬間に、“ちょっと待ってください”って止めて、自分の身体を叩き起こしたことも何度かありました。そのくらいとてつもないパワーだったんです」

 最近では、アクションにも耐えられるよう“身体作り”を意識しているとか。

「IIの撮影のときは体重を上げて、肌にハリを出すために普段はあまりとらない糖分をとるようにしたりしました。最近は肉体改造をしたくて、外食を控えて自炊をするようにしているんです。自分で作れば、塩分や糖分の調整ができるので」

 料理をする姿なんて想像できない! 

「僕、『MOCO'Sキッチン』大好きで。あんなオシャレな料理は作れないけど、いわゆる“男メシ”みたいなものは作ります。得意料理ではないかもしれないけど、“手羽先のコーラ煮”は間違いなく作れます」 

綾野剛 撮影/森田晃博

冷蔵庫には○○を常備

 冷蔵庫に常備しているものを聞くと――。

「最近は冷蔵庫の中にブロッコリーを必ずストックしています。ブロッコリーはスーパーフードで、身体作りにすごく適しています。あとは飲み物。料理をしないときでも、冷蔵庫が空っぽのときでも、飲み物だけは必ず冷蔵庫に入っています」

 今年11月公開の映画『ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜』では料理人を演じ、包丁を使う機会も増えたそう。

「何を作りたいというよりも、あの調理器具を使って料理をしたいとか、そういう面白味も新たに感じるようになってきました。バリエーションも広がって楽しいんです。でも……、やっぱりうまいものは外に食べに行ったほうがおいしいですね(笑)」

 肌もきれい! 何か秘訣が?

「この仕事を始めてからですが、メイクさんに“せめて化粧水と乳液だけはしてほしい”と言われてからやるようになりました。もともと“女性のもの”という見方があったんです。でも、やってみたら全然違いますね。スキンケアは大切ですね」

外部リンク

cat_1_issue_oa-shujoprime oa-shujoprime_0_t4f3d9wqvwpx_『真田丸』で注目、草刈正雄の最新作は父娘共演の時代劇 t4f3d9wqvwpx t4f3d9wqvwpx 『真田丸』で注目、草刈正雄の最新作は父娘共演の時代劇 oa-shujoprime 0

『真田丸』で注目、草刈正雄の最新作は父娘共演の時代劇

2017年1月19日 19:51 週刊女性PRIME

【写真:草刈正雄と次女・草刈麻有が父娘共演 撮影/伊藤和幸】


「最高の1年でした。素晴らしい役をいただいた」

 昨年の大河ドラマ『真田丸』で主人公・信繁(堺雅人)の父親、昌幸を演じ注目を集めた草刈正雄(64)。“昌幸ロス”に悩んでいた人が、待ちに待っていた最新作。演じるのは、プレミアムよるドラマ『幕末グルメ ブシメシ!』で、参勤交代で江戸に来た殿様! しかも、次女の草刈麻有(23)との共演という話題も。ふたりの親娘対談の始まりです!

草刈「『真田丸』で評価していただいたのはすごくうれしいんですけど、一番手厳しい評論家の妻と麻有はオンエアを見ていないんです。僕としては一緒に見たいんですけど(笑)」

麻有「でも、パパも何だかんだ言いながら、私の演技にいろいろ言ってくるじゃない」

草刈「ちょっと口を挟むと、ムッとするんですよ(笑)。テンション低いんじゃないか? とかはまだいいんですけど、細かい演技のことを言うと……」

麻有「自分なりに考えてきた雰囲気があるんですよ。そこでいろいろと言われると“え!? ちょっとイヤ”と思って。そうしたら何か感じ取ったのか“まあまあ、お前が好きなようにやれよ”って(笑)」

今回、時代劇初出演の麻有が演じるのは番付にも載る鶏鍋の人気店『きじや』の看板娘。

麻有「最初、時代劇と聞いて大丈夫かなと思ったんですけど、しゃべり方も現代っぽいですし。ただ、カツラがけっこう重たいので、あまり顔を振れないのがツラいかな(笑)」

『真田丸』の昌幸からの“殿様つながり”の草刈は、

草刈「昌幸も破天荒だったけど、今回の松平茂照もけっこうテンション高いですよ(笑)。麻有も難しいかもしれないけど、番組のアイドルとして時代劇を楽しんでほしいですね」


☆  ☆  ☆


「“七光”みたいなことを言われることもあったので、共演したくないなという時期もありましたけど、今は現場にいてくれると安心しますし(笑)。イヤだと思うことはないですね」と、話す麻有を見ながら草刈は、「成長したね」とニッコリ。

<ドラマ情報>

◎プレミアムよるドラマ『幕末グルメ ブシメシ!』

幕末、殿の参勤交代で妻子から離れて江戸で暮らす、酒田伴四郎(瀬戸康史)。彼が料理で人々の悩みを解決していく人情ドラマ。草刈は身分を隠し町人にも変装する。NHK BSプレミアムにて毎週火曜よる11時15分~

外部リンク

cat_1_issue_oa-shujoprime oa-shujoprime_0_qe6n3ri6zsja_中尾明慶と仲里依紗、量販店で足を止めたあの“サプリ” qe6n3ri6zsja qe6n3ri6zsja 中尾明慶と仲里依紗、量販店で足を止めたあの“サプリ” oa-shujoprime 0

中尾明慶と仲里依紗、量販店で足を止めたあの“サプリ”

2017年1月19日 19:51 週刊女性PRIME

【写真:たどたどしく子ども用の買い物カートを押す息子。見つめる仲の目は、母の愛情に満ちていた】


「子ども用の買い物カートを自分で押している息子さんの後ろを、中尾さんが常に見守るようについていってました。狭い売り場を通ろうとすると、“ほら、ぶつかると危ないだろ”とパパらしく注意していましたよ」(居合わせた女性客)

 1月初旬の夕方、俳優の中尾明慶・仲里依紗夫妻が3歳になった長男を連れて、都内の量販店で買い物を楽しんでいた。

「途中で仲さんだけスマホケースなど日用品のコーナーへ。手には息子さんのものと思われる、“ウルトラマン人形”が握られていました」(前出・居合わせた女性客)

 カートを押す息子とそれを見守るパパとママ。しかし、ある売り場の前で中尾の足がピタリと止まった。

「プロテインが陳列されているコーナーで立ち止まり、何やらじっくり選んでいるようでした。息子さんが“ねぇ、パパとママこれ見て”とアンパンマンの目覚まし時計を手に取ると、中尾さんは“ウルトラマンのがあるでしょ”とたしなめていましたが、完全にプロテインのほうに気を取られていました」(前出・居合わせた女性客)

 筋トレの効果を大きくするため、タンパク質を補給するべく飲むサプリメントがプロテイン。あのにこやかな笑顔が印象的な彼の、意外な一面がそこにある。

「中尾さんは自身のインスタグラムで鍛え抜かれた肉体をよくアップしていますよ。そのボディはスポーツ界からも注目を浴びています。'10年の大晦日に開催され、TBS系で放送された格闘技イベント『Dynamite!!』の出場依頼が来ていたほどですから」(テレビ局関係者)

中尾のインスタグラムより


 昨年3月の中尾のブログには、

《スタントなしのアクション映画に出たいし、作りたい。ぬるいのじゃなくて本気のやつ。本当にそんなチャンスがほしい。(中略)なかなか実現は難しいけど、いつの日か必ずやると裸でプロテイン片手に騒いでる時の家族の目・・・プライスレス》

 とジャッキー・チェンばりの夢をつづっていたほど。日々の鍛錬とプロテインで作り上げた自慢の肉体を俳優業に生かしていきたいという思いがひしひしと伝わってくる。

 話を量販店での目撃談に戻そう。中尾は、プロテインの売り場に陳列された商品を見上げていろいろと物色している感じだったが、

「隣にいた仲さんが“いつものやつ”といったふうに、慣れた手つきでプロテインを1袋と専用のシェイカーをカートの中に入れていました。もはや奥さんも旦那さんの肉体改造に付き合うのは慣れっこといった感じでしたよ(笑)」(前出・居合わせた女性客)

 その後も店内散策は続く。

「パーティーグッズのコーナーにも足を運んでいました。息子さんがサングラスをかけて“アポーペン!”とピコ太郎さんのマネをしているのを、ふたりは微笑みながら見つめていました」(前出・居合わせた女性客)

 “筋トレの鬼”も最後はパパに戻ったようで―。

外部リンク

cat_1_issue_oa-shujoprime oa-shujoprime_0_1if0llyc7m4vm_加藤シゲアキ、「結婚する女性は幸せ」と称賛される女子力 1if0llyc7m4vm 1if0llyc7m4vm 加藤シゲアキ、「結婚する女性は幸せ」と称賛される女子力 oa-shujoprime 0

加藤シゲアキ、「結婚する女性は幸せ」と称賛される女子力

2017年1月19日 19:51 週刊女性PRIME

「ふつうはプロデューサーやディレクターなどが内容を決めて進めていくんですけど、加藤さんはご自身で資料本を探したり、試食をしたりして、人任せじゃないんですよね」(テレビ局関係者)

 NEWSの加藤シゲアキが金曜レギュラーを務める『白熱ライブ ビビット』(TBS系)。その冠企画「カトシゲのお取り寄せハウス」が注目を集めている。その道のプロからオススメの食べ物を教えてもらい、かつ自分でも料理に挑戦したりするコーナーだ。

 お茶漬けをテーマにした1月13日の放送でも「人任せじゃない」姿勢はいかんなく発揮され、

「鰻に玉露を注いだり、ふつうの人には思いつかないことをしていましたね。しかも玉露の淹れ方もちゃんと正しい知識を持っているんです」

 と前出のテレビ局関係者。

「50〜60度に冷ました湯でゆっくりゆっくりと注いでました。共演している言語学者の金慶珠さんが“もっとジャーッと淹れなさいよ”と言っても“いえ、だめなんです。こういういいお茶は低温でゆっくり淹れないと甘味に変わらないから”って」

 ゲスト出演した料理研究家の八代恵美子さんも、

「いま、おだしに粉だしを加えるのが流行っているとかもご存じで、鯛のお刺身のお茶漬けをご紹介したら、どこそこの何々も生で食べられますよねって、それ以上の知識が出てくるんです」

 梅干しの入ったお茶漬けを口にすれば「梅の酸味がだしのうまみの甘味と合っているから」と的確にコメント。

「食レポも経験に基づいた言葉なんですね。実際に梅を漬けているそうです。最初は梅酒を作ったけど、あんまり飲まないので梅干し漬けにしたとか」(八代さん)

カトシゲもハマった!? 八代さん(右下枠内)の著書『極旨! ごちそう だしごはん』(主婦と生活社)


 また、爪が整えられた「お料理する手」や、ごはんの「清潔感あふれるかき込み方」にも目を奪われたそう。

「口の中にものを入れてしゃべっても、全然汚くなくて。金さんが“あんた、なんかカッコいいわね。あたしもかき込む練習”ってまねをしていました(笑)」(八代さん)

 とはいえ、青学大出身の高学歴アイドルとして小説をヒットさせるなどしてきたが、料理や食に堪能なイメージはなかった。グループの葛藤を描いた『NEWS あの日のままで』の著者のひとりである元スタッフも「以前はそんなに料理とかに興味なかったと思いますよ」と言うが……。

「もともと理屈っぽくて凝り性。ブレイクのチャンスが少なかったぶん、ちゃんと準備するのは昔から身についてます。こまごま調べるのも好きだから、けっこう勉強したんでしょう。あと、小山慶一郎くんのお姉さんが料理家だし、KAT-TUNの中丸雄一くんとかあの世代で料理が流行ってることの影響もあったのかも」(元スタッフ)

 そういえば、同じく凝り性の嵐・大野智とも仲がいい。その影響で釣りが好きになり、いまでは魚も自分でさばけるほど。「道具フェチ」でもあり、料理器具のメッカ・合羽橋にまで足を運んだりも。

 ちなみに、八代さんの著書で紹介されたオイルだしにも興味シンシン。また、卵黄のだし醤油漬けのお茶漬けに魅了されていたというウラ話も。週4でやるという自炊にもさっそく取り入れているのだろうか。

「食材の組み合わせの話などもセンスがよくて、女子力が高いですね。加藤さんと結婚する女性は幸せですよ」(八代さん)

 もっとも、人気急上昇の加藤は今、新ドラマ『嫌われる勇気』(フジテレビ系)で新米刑事を熱演中。その“女子力”はファンをときめかせることに使ってくれそう!

外部リンク

cat_1_issue_oa-shujoprime oa-shujoprime_0_sl8z3zimyz3q_SMAPが愛する喫茶店店主、スマロスとの向き合い方を伝授 sl8z3zimyz3q sl8z3zimyz3q SMAPが愛する喫茶店店主、スマロスとの向き合い方を伝授 oa-shujoprime 0

SMAPが愛する喫茶店店主、スマロスとの向き合い方を伝授

2017年1月17日 19:51 週刊女性PRIME

SMAPが愛する『今昔庵』が入るTMC


 SMAPが解散したのは昨年12月31日のこと。2017年からはファンたちが、SMAPにゆかりのあるスポットをそれぞれ巡っているという。そんななか『週刊女性』の記者も、SMAPにとって大切な場所で話を聞こうとある“聖地”を訪れていたーー。


 そこは、'96年4月のスタートから湾岸スタジオに移行する'08年まで、『スマスマ』収録が行われていた世田谷区の“TMC”こと東京メディアシティ。スタジオ内の『今昔庵』は、メンバーにも愛されてきた喫茶店だ。

 若かりしSMAPの胃袋を満たしてきた、いわば“育ての父”が“マスター”こと福田起弘さんである。

福田起弘マスター


「レコード店に飾られた衣装を見て泣き出すような繊細なファンだよ。さすがにここは本人たちとの“距離”が近すぎるし、そういうファンが来られる場所じゃないでしょ」

 それも納得。マスターと話しているうちになんと、草なぎ本人が正面入り口から入ってきた。


 そう、放送中のドラマ『嘘の戦争』(フジテレビ系)はTMCで撮影しているのだ。

 足早に笑顔でマスターに挨拶する草なぎは、変わらず『今昔庵』で食事もするという。

「環境は変わってもあいつら個人は何も変わらないし、俺も態度や接し方を変えるわけじゃない。ここは帰れる場所でなくちゃいけないんだ」

 解散については例にもれず寂しく思うマスターだが、

「剛には“いろいろ大変だったな”とだけ声をかけたけどそれ以上は何も聞かない。結果として解散になったけど、あいつらも望んでそうなったわけじゃない。


 それでも最後は自分たちで決めたことなんだから、俺たちは変わらず見守っていくだけでしょう」

外部リンク

cat_1_issue_oa-shujoprime oa-shujoprime_0_t4q7b7x5qkx1_SMAP聖地「西武ゆうえん・乃木神社・有馬温泉」を徹底取材 t4q7b7x5qkx1 t4q7b7x5qkx1 SMAP聖地「西武ゆうえん・乃木神社・有馬温泉」を徹底取材 oa-shujoprime 0

SMAP聖地「西武ゆうえん・乃木神社・有馬温泉」を徹底取材

2017年1月17日 19:51 週刊女性PRIME

“巨匠”堺正章がプロデュースする焼肉店


 SMAPが静かに解散した昨年12月31日、中居正広に稲垣吾郎、草なぎ剛に香取慎吾、そして'96年に脱退したオートレーサーの森且行が極秘に集結した。その会場となったのが、東京・六本木にある『炭火焼肉An』だ。

 けっして安価ではない高級焼き肉店だが、“スマロス”状態にあるファンの気持ちは熱い。“最後の晩餐”を求めて足を運んでいるという。

「たしかに予約、ご来店も含めて女性のお客様は増えました。ですが(SMAPは)プライベートでいらしたことなので、どの個室を利用したのか、どのメニューを頼まれたのかを聞かれましてもお答えはしていません」(店員)

 それでも同じ空気を共有することに意義があるのだろう。焼き肉店からほど近い距離にある乃木神社にも、年末年始は多くのファンが駆けつけた。過去に、草なぎと香取が参拝に来たことで知られている。

'14年元旦に香取と草なぎも参拝に訪れた乃木神社


「例年よりも参拝客は多いな、という印象はありましたが、(SMAPファンかは)どうでしょうか……」

 と神社関係者は言うが、奉納された絵馬は再結成を願う声であふれていた。

 '91年9月9日のCDデビュー前日、『西武園ゆうえんち 波のプール』には1万5000人のファンが押し寄せた。「団結力はどこにも負けない!」と叫んだ中居ら6人による、“伝説のデビューイベント”だった。

 そして昨年9月9日、

「当園の各従業員から“ファンのお客さまがたくさんいらしています”との報告を受けまして、話し合った結果、曲をかけることにしました」

 と話すのは広報担当者。デビュー日に合わせて多くのファンが来場していた園内のBGMを、『Smap Vest』に差し替える粋な計らいがとられたのだ。今後、SMAP関連のイベントについても、

「ジャニーズ事務所さんからご相談があれば、もちろん検討させていただきます」(前出・広報担当者)


 『週刊女性』は関西にも向かった。'13年4月の『SMAP×SMAP はじめての5人旅スペシャル』(フジテレビ系)放送以来、すっかり聖地に定着したスポットがあるのだ。

 まずは大阪市内にある鉄板焼き店『K』。放送後には、ボリューム満点の『ミックスモダン焼き』をはじめとした、メンバーが注文した“SMAPメニュー”目当てのファンであふれた。あれから3年、お店にはいまもUSJ土産を抱えたカップルや、女性団体客らが列をなしている。

「取材はいっさい受けていません。勘弁してください」

 取材の意を述べると、店主はなぜか頑なに拒否。どうやら少々わけがあるようで……。

「夫婦で切り盛りしている店だから、どっとファンが押し寄せたときは“殺されるかと思うくらい忙しかった”と冗談めかしていたね。それでもファンには親切に対応しているんだけど、私ら常連も入りづらくなっちゃって。大将は“普通に商売したい”と、こぼしていましたよ」(常連客)

 同じものを食べたいファンの気持ちもわかるが……。

有馬温泉『兵衛向陽閣』


 そして、こちらも問い合わせが殺到した、メンバーが宿泊した神戸市の有馬温泉『兵衛向陽閣』の特別室『老松』。1人4万4100円の『スマスマプラン』は当時、半年先まで予約が埋まったのだとか。

「お客さまの中には“飲み物もメンバーと同じものを”とおっしゃる方もおられました。SMAPさんが召し上がった懐石料理コースは仕入れの都合上、季節によってお出しできない場合もございますが、できる限りご要望にそえるようご対応させていただいております」(広報担当者)

 ほとんどのファンが「5人旅」と同じ旅路をたどるのだという。昨年12月26日の『スマスマ』最終回後にも多数の問い合わせがあったようだ。では宿泊時のメンバーの素顔はというと?

「すごく気さくな方たちでした。“ほかのゲストは大丈夫? ごめんなさいね”とご配慮いただき、とても感動しました。一般のお客さまたちともお話や握手をされていましたね」(前出・広報担当者)

外部リンク