cat_18_issue_oa-shimotsuke oa-shimotsuke_0_8ea64c87597c_各社共同のチョコ工場、日光で工事開始 東京から移転 8ea64c87597c 0

各社共同のチョコ工場、日光で工事開始 東京から移転

2018年10月1日 16:31 下野新聞

 チョコレート菓子メーカーが共同で原料チョコレートの加工生産を手掛ける「日本チョコレート工業協同組合」(東京都板橋区、山口信二(やまぐちしんじ)理事長)は25日、日光市小代に建設する新工場の地鎮祭を行い、関係者ら約50人が出席した。

 同組合は1949年に設立され、今年4月時点で29社が加盟している。1961年、東京都板橋区に操業した現工場は建物の老朽化が進んでいることから、工場を移転することにした。

 移転先の用地は菓子製造のヨックモッククレア旧今市工場跡地。自然災害のリスクが低いことや、土地の広さなどから決めた。製造の管理部門を含めた全ての生産機能を移転する。今年11月に着工し、2020年の操業を目指す。

 輸入したカカオ豆を焙炒(ばいしょう)し、皮をむいて砕き、ペースト状に加工するなど全15工程を行い、板状のチョコレートを作る。

 用地は2万2706・94平方メートル。2階建ての工場は延べ床面積6961・45平方メートル。投資額は非公表。2階には事務スペースや、社員食堂などの福利厚生施設を設ける。現在、従業員は38人で、工場完成後、新工場に移る予定。新たな採用は未定という。

外部リンク

cat_18_issue_oa-shimotsuke oa-shimotsuke_0_1c5bb57d5a87_台風24号、強風で住宅被害や倒木相次ぐ 交通網にも影響 1c5bb57d5a87 0

台風24号、強風で住宅被害や倒木相次ぐ 交通網にも影響

 県のまとめによると、台風24号の影響で、けが人や住宅などの被害、道路の通行止めや鉄道の運転見合わせなどが発生した。

 けが人は、小山市で10代男性が倒木を避けようとしてバイクで転倒し軽傷。住宅や工場の屋根が一部破損するといった建物などの被害が、宇都宮市15件、小山市5件、さくら市1件、益子町1件、栃木市3件、鹿沼市4件、佐野市2件、下野市1件、壬生町1件、芳賀町1件、真岡市2件で36件発生した。杉並木の倒木は10本だった。

 1日午前9時現在で、日光有料道路の藤原料金所~塩原料金所で一部通行止め、日光市の国道119号瀬川~森友交差点で片側通行止め、下森友交差点~水無交差点が全面通行止め、那珂川町の国道293号で伴睦峠が全面通行止め、日光市の国道121号で大谷向駅交差点~倉ヶ崎新田交差点が全面通行止めとなっている。県道は日光市の瀬尾大笹~小百小休戸と土呂部~湯西川で全面通行止め、鹿沼市板荷と上南摩、上粕尾~日光市足尾で全面通行止め。そのほか市町道で野木町2カ所、那須塩原市3カ所、小山市3カ所、市貝町3カ所、那須烏山市2カ所、宇都宮市1カ所、壬生町1カ所で通行止めとなっている。

 鉄道は、日光市今市付近での倒木の影響で、東武日光線の新鹿沼-東武日光駅間と鬼怒川線の下今市-鬼怒川温泉駅間で運転を見合わせたが、午前11時半に運転を再開した。JRは宇都宮、日光、烏山の各線が運転を見合わせた。宇都宮線は午前8時5分ごろ運転を再開、上下16本を運休し、15本に遅れ約5万人に影響した。日光線は午前6時52分ごろ運転を再開し、上下2本運休、3本に遅れ、約900人に影響。烏山線は午前6時10分ごろ運転再開、上下2本運休し、約30人に影響した。東北本線と両毛線は遅れが発生している。真岡鉄道と野岩鉄道で一部遅れがあり、わたらせ渓谷鉄道は一部運転を見合わせている。

 また、県内の15市町208校の市町立小中学校で登校の繰り下げをし、県立高3校と特別支援学校1校で休校、中学2校と高校31校、特別支援学校1校で登校繰り下げ、私立の高校、中等教育学校の各1校が休校、中学2校と高等学校4校で登校繰り下げを行った。

 東京電力パワーグリッドによると1日午後2時10分現在、県内各地で停電があり、大田原市で約1400軒など合計約3400軒で発生している。

外部リンク

cat_18_issue_oa-shimotsuke oa-shimotsuke_0_14e8b3996306_「平成」最後の手帳に異変? 西暦のみ、空白…特別体裁 14e8b3996306 0

「平成」最後の手帳に異変? 西暦のみ、空白…特別体裁

2018年10月1日 10:50 下野新聞

 2019年版の手帳が県内の文具店などに並び始めた。来年は4月までは「平成」だが、5月以降の新元号が未定という特別な年。例年は西暦と元号を併記している手帳が大半を占めるが、19年版は西暦表記のみのものが目立つ。中には19年4月までは併記、5月以降は元号部分が空白のものも。「平成最後」の手帳、いろいろと見比べてみるのも楽しそうだ。

 約300種類の手帳を取り扱っている上野文具本店(宇都宮市池上町)。日下田洋輔(ひげたようすけ)店長(37)は例年と体裁が異なる19年版手帳を「特別感があるのでは」と話す。

 手帳コーナーを訪れた宇都宮市西1丁目、主婦八木沢昌里(やぎさわまり)さん(55)は、西暦だけが表記された19年版の手帳を開きながら、「来年の5月はもう平成じゃないんですね。時代が変わる感じがする」と感慨深げ。

 19年4月のページまでは「2019 平成31年」と記され、5月以降は「2019」のみの表記となっている手帳もある。男性客は「新元号が分かったら、自分で手帳に書き込もうと思う」と話す。

 ここ数年、11月の発売と同時に書店の「ベストセラー」にランクインする「栃木県民手帳」(県統計協会刊)も19年版は西暦表記のみ。1979(昭和54)年から元号と西暦両方を記載してきたが、「新元号が決まっていないので」と担当者。

 もう一つ例年と違うのが「天皇誕生日」だ。5月に即位する皇太子さまは2月生まれのため、19年には「天皇誕生日」がない。そのため、19年版手帳では年間カレンダーのページなどに、「18年は12月23日」「20年は2月23日」などと注釈が記載されているものもある。

外部リンク

cat_18_issue_oa-shimotsuke oa-shimotsuke_0_d17a6201e5b9_午後8時以降、首都圏でJR在来線運行せず 台風24号受け d17a6201e5b9 0

午後8時以降、首都圏でJR在来線運行せず 台風24号受け

2018年9月30日 13:47 下野新聞

 JR東日本は30日午後0時15分、台風24号接近に伴う首都圏各線区の運転計画を発表した。30日午後8時以降、首都圏のすべての在来線の運転を見合わせる。

 先行して午後6時以降、上野東京ラインの直通運転や湘南新宿ラインなどの運転を取りやめる。また東北新幹線など各新幹線も、午後8時ごろから運休する列車がある。

外部リンク

cat_18_issue_oa-shimotsuke oa-shimotsuke_0_d88280dbbe9e_眼下に色づく秋 那須ゴンドラの山頂駅、紅葉始まる d88280dbbe9e 0

眼下に色づく秋 那須ゴンドラの山頂駅、紅葉始まる

2018年9月30日 10:48 下野新聞

 【那須】大島のスキー場「マウントジーンズ那須」の那須ゴンドラの山頂駅(標高1410メートル)周辺の一部で紅葉が始まり、山あいを彩っている。

 28日現在、山頂駅付近の遊歩道や中腹で、ゴヨウツツジやモミジの一部が色づき始めている。紅葉の見頃は、山頂駅周辺は10月上旬、中腹から山麓駅は同月中旬~下旬の見込み。

 埼玉県所沢市小手指町3丁目、山内芳子(やまうちよしこ)さん(61)は「秋が来た感じがしました」と笑顔を見せた。

 秋季のゴンドラの営業は10月28日まで。

外部リンク

cat_18_issue_oa-shimotsuke oa-shimotsuke_0_a1040a8f0bd1_匿名で高根沢町へ寄付 不登校者の学習支援事業の原資に a1040a8f0bd1 0

匿名で高根沢町へ寄付 不登校者の学習支援事業の原資に

2018年9月30日 10:42 下野新聞

【高根沢】匿名の篤志家が町へ240万円を寄付し、町教委がこの浄財を原資に早ければ10月から「不登校学習支援事業」を始める。相談員が学校に行けない児童生徒や家庭の相談に乗り、子どもたちに学習の機会を提供する。

 寄付があったのは4月18日。住所や年齢、性別を全て秘すことを条件に寄付を申し出た。使途については「不登校の子が勉強できるように役立ててください」と希望したという。

 町は15年前、不登校の子どもたちの居場所「ひよこの家」を開設。他市町の児童・生徒も受け入れている。昨年施行された、子どもたちの教育を受ける機会を確保することを自治体の責務とする「普通教育機会均等法」の理念を先取りした取り組みとして知られる。

 町教委内で篤志家の希望をどう具体化するか協議。ひよこの家に来られない子どもたちに、学習支援の手を差し伸べることになった。こうした外に出られない子どもたちは、町内に小中合わせて20人ほどいるという。

 支援事業は子どもや若年者の支援に実績のあるNPOなどに委託。3人の相談相談員が子どもたちの学習を支援する。保護者に連絡を取り、理解を得た上で家庭を訪問するなどの方策が考えられるという。

外部リンク

cat_18_issue_oa-shimotsuke oa-shimotsuke_0_719339297040_和傘越しに、幻想的な光 鬼怒川公園で「月あかり花回廊」 719339297040 0

和傘越しに、幻想的な光 鬼怒川公園で「月あかり花回廊」

2018年9月30日 10:35 下野新聞

【日光】秋の鬼怒川温泉街の夜を彩る恒例イベント「月あかり花回廊 第9章」(同実行委員会主催)が29日、藤原の鬼怒川公園で始まった。初日は雨が降る中、県内外から多くの観光客らが訪れ、幻想的な雰囲気に酔いしれた。10月8日まで。

 2009年の「序章」も含めて10回目。ライトアップされた和傘は、木々の合間や小径の周りに数多く設置。色とりどりの模様が闇夜に浮かび上がり、会場を柔らかな「あかり」で包み込んでいる。

 また今回は、宇都宮市の和紙あかり作家鎌田泰二(かまたたいじ)さん(72)が東武鬼怒川線のSL「大樹(たいじゅ)」をモデルに作った「大樹の灯(あか)り」が会場内に登場。全長170センチ、高さ70センチ、幅55センチの堂々たる“車体”から美しい光を放っている。

 福島県いわき市小名浜、会社員川里栞(かわさとしおり)さん(21)は「サイトを見て日帰りで来ました。光を使ったアートは感動的でした」と話した。

外部リンク

cat_18_issue_oa-shimotsuke oa-shimotsuke_0_0cc8a16e4815_異なる個性の2ホテル、同時オープン 那須みやびの里に 0cc8a16e4815 0

異なる個性の2ホテル、同時オープン 那須みやびの里に

2018年9月29日 12:04 下野新聞

 日本ハウスホールディングス(HD、東京都千代田区)は28日、那須町高久丙に完成した「那須みやびの里」の「ホテル四季の館 那須」と「ホテル森の風 那須」の開業記念式典を行い、関係者にお披露目した。両ホテルは10月11日に同時オープンし、趣の異なるリゾート空間を提供する。

 約5万平方メートルの敷地に、両ホテルが立地。武家屋敷風のたたずまいで本格フランス料理を味わえる四季の館は、木造で2階建て母屋と平屋の高級タイプ30室からなる。木のぬくもりでまとめた客室は和の空間を演出し、温泉内風呂を設けた。


 那須連山を望める展望大浴場と地元食材の創作料理を堪能できる森の風は、7階建て90室。大正ロマン漂う館内と和モダンの客室でくつろげるようにした。

 記念式典には約100人が出席。成田和幸(なりたかずゆき)社長は「当社として23年ぶりの新築開業であり、日本ハウスHDとしても50周年記念の一大事業。今後、関東周辺に新規ホテルを展開したいと考えている。そのためには那須の地で皆さまに親しまれるホテルにならなければならない」とあいさつした。

外部リンク

cat_18_issue_oa-shimotsuke oa-shimotsuke_0_72fd2fee7cb1_KIDと、足利の道場主 格闘家・堀口恭司を育てた亡き恩師 72fd2fee7cb1 0

KIDと、足利の道場主 格闘家・堀口恭司を育てた亡き恩師

2018年9月29日 11:44 下野新聞

 作新高空手道部OBの総合格闘家堀口恭司(ほりぐちきょうじ)選手(27)は30日、さいたま市内で開催される格闘技イベント「RIZIN.(ライジン)13」のメインカードに出場する。今月18日に総合格闘技の指導を受けた山本(やまもと)KID(キッド)徳郁(のりふみ)さん=享年(41)=が逝去し、7月には中学生時代から通う足利市内の空手道場の恩師を亡くした。「勝って2人の師匠に伝えたい」。誓いを胸に、プロ無敗で“神童”と呼ばれるキックボクサー那須川天心(なすかわてんしん)選手(20)との世紀の一戦に臨む。

 堀口選手は群馬県高崎市出身。現在は米国を練習拠点とし「史上最強のメードインジャパン」の異名もある。

 14年前の大みそか。日本中の注目を集めた山本さんとライバルの魔裟斗(まさと)さん(39)の死闘に、当時中学生の堀口選手は胸を躍らせた。高校卒業後に上京し、憧れの山本さんのジムに入門。当初から山本さんにセンスや練習姿勢などを買われ、めきめきと頭角を現した。

 今月16日公開されたRIZINのウェブ番組では、那須川選手との対戦を控え「(14年前の)あの試合みたいに日本を盛り上げます」などと、闘病する山本さんへの思いを語っていた。

 7月に他界したのは、15年間指導を受けた足利市借宿町の道場「一期倶楽部(いちごくらぶ)」館長だった二瓶弘宇(にへいひろう)さん=享年(61)。直後に公開された同番組で堀口選手は「空手でいろんなことを教わり、人生も教わった」と涙ながらに感謝した。

 今も日本滞在中は定期的に同道場で稽古する。21日に訪れた際は二瓶さんの三男孔宇(こうう)さん(27)が練習相手を務め、山本さんが道場に贈ったサンドバッグにも向かった。

 二瓶さんの妻伸子(のぶこ)さん(66)は「恭司はいつも通りの様子で心強かった。勝つことがKIDさんへの恩返しになる」とエールを送る。



※この記事は大会前の9月29日に掲載

外部リンク

cat_18_issue_oa-shimotsuke oa-shimotsuke_0_34a2e2e1123f_「紅あずまモンブラン」登場 道の駅もてぎが新スイーツ 34a2e2e1123f 0

「紅あずまモンブラン」登場 道の駅もてぎが新スイーツ

2018年9月29日 11:30 下野新聞

 【茂木】道の駅もてぎは、洋菓子の米粉バウムクーヘンを主力商品とする駅内の「バウム工房ゆずの木」で、新たに町内産サツマイモのクリームを使ったスイーツ「紅あずまモンブラン」の販売を始めた。

 旬を意識したカフェメニューの充実が狙い。秋の味覚の一つ、サツマイモのペーストをベースに、町内産のクリのペーストとクリームを加えてサツマイモクリームにした。ソフトバウムに生クリームを合わせた下地にのせて仕立てている。バウムの原材料のコシヒカリの米粉同様、素材を町内産にこだわっている。

 クリだけのクリームに比べ甘みを抑え、後味もさっぱりしている。カフェでは注文を受けて作られる。15日からカフェメニューとして提供されていたが、29日から持ち帰り用にも店頭販売される。1個350円。

外部リンク