「早く起きることが苦痛」寝不足の子供続出…

10.12 12:00 産経ニュース

 ◆塾通い・スマホで体内時計リズム〝崩壊〟

 睡眠障害に伴う体調不良で、授業中の居眠りなど日常生活に支障が生じている子供が増えている。「怠け者」と周囲から誤解され、授業にもついていけず、最悪のケースだと不登校になる。兵庫県内の専門医療機関には、全国から睡眠に悩む子供たちが訪れる。塾通いやスマートフォンの長時間利用などで夜型生活に変化し、昼夜のサイクルと体内時計のリズムが合わなくなって体調不良を訴えるケースが多いようだ。教育現場では仮眠の時間を設けるなど、生活習慣を改善する「睡眠教育」の取り組みも進められている。(坂田弘幸)

 ◆日本で唯一の子供の入院治療施設

 兵庫県立リハビリテーション中央病院(神戸市西区)の「子どもの睡眠と発達医療センター」には、朝から親に付き添われた小学生から高校生までの来訪者の姿がみられる。「夜に寝付けず、いつも寝不足感がある」「腹痛やめまい、立ちくらみが治まらない」といった症状を訴える子供が多いという。

 同センターは、子供の睡眠に関する専門的な入院治療を行う国内唯一の施設。昨年は全国から延べ約4300人の子供が訪れ、受診した。人によって原因や症状は違うが、多くが睡眠不足による体調不良の状態を表す「睡眠障害」だ。

 具体的な症状として頭痛や発熱、関節痛などの身体疾患のほか、鬱といった精神疾患に至ることも。菊池清センター長は「大人の期待に応えようとする頑張り屋の子供が多く発症している」とした上で、「慢性的な睡眠不足は子供だけでなく大人も体調不良につながる。適切な睡眠時間の確保が必要だ」と話す。

 睡眠を促すメラトニンといった薬物治療や、朝になると寝ていてもタイマーで光を浴びる高照度光療法、規則正しい食事や運動で正常な睡眠リズムを身につける治療などが行われる。しかし完治まで時間がかかるといい、長くて3~4年要するケースもある。

 ◆「睡眠負債」で病気のリスク

 個人差はあるものの、小学生は10時間、中学生は9時間が適切な睡眠時間とされている。菊池センター長は「脳は寝ている間に育つ。睡眠不足だと集中力が低下し、記憶力も落ちるイライラした状態になりやすい」と指摘する。

 総務省の生活基本調査(平成23年度)によると、10~14歳の平均睡眠時間は8時間35分と、理想の睡眠時間より短いのが実態のようだ。

 同病院の豊浦麻記子小児科部長は、治療を受ける子供たちに共通して、本人や親が自覚のないまま、幼少期からのわずかな睡眠不足が蓄積している点を挙げ、「毎日1時間の睡眠不足が蓄積すれば、体に支障をもたらすこともある」と警鐘を鳴らす。

 こうした状態は「睡眠負債」と呼ばれ、さまざまな病気のリスクを高めるとされている。睡眠不足を回避するためには睡眠の質も問われる。豊浦部長は、目覚めない睡眠▽午後7時から午前7時の間に寝るようにする▽寝る時間と食事の時間を毎日一定にする-ことなどを推奨している。

 子供の睡眠不足の原因として、インターネットもその一つ。兵庫県が昨年行った県内の小・中中学生、高校生計約4千人を対象にした実態調査で、7・7%の子供が1日4時間以上ネットを利用するなど依存傾向が強いとされ、午前0時以降も利用する子供もいた。

 睡眠不足がもたらす悪影響は、生活のサイクルが昼夜逆転することだ。子供たちは幼稚園や小中高校に日中通う。だが睡眠不足により、学校で寝てしまうと、学ぶときに学べず学業に追いつけなくなる。学力の低下は非行、不登校にもつながりかねない。

 ◆起きることが苦痛に

 「毎日早く起きることに苦痛を感じた。怠けているだけと思われるのがつらかった」

 東京都小金井市で自分の体験をつづったネットサイト「元不登校からの助け舟」を立ち上げた伊藤佑さん(23)はこう振り返る。

 小学生の頃から睡眠に悩みを抱えていた。9時間以上寝ない日は調子が出ない。授業中に居眠りすることも多く、学校で倒れてしまうこともあった。

 中学生になると起床時間は午前8時、9時と次第に遅くなり、夜も午前2時、3時にならないと寝付けなくなった。遅刻を繰り返し、登校しても保健室通いが続いた。

 「だらしがない」。周囲の冷たい視線を避けるように中学1年の2学期から不登校になった。親からは発達障害を疑われて小児科に連れていかれたが、異常はなかった。昼に運動するなどの工夫をしたが改善しなかった。

 通信制の高校3年のとき、睡眠外来で診察を受けて睡眠のリズムが崩れる「概日(がいじつ)リズム睡眠障害」と診断された。中学校の部活動で帰宅時間が遅くなり、睡眠時間が減ったことが原因とみられることが分かった。薬の治療を続けて回復したが、今も生活リズムを崩さないように気をつけている。

 伊藤さんは「睡眠障害は社会の理解も乏しく、軽い病気と思われがちだが、生きていくうえで非常に困難な病気」と語る。原因が分からずに1人で悩んだ経験から「睡眠障害が疑われたら病院に行った方がいい」と提言する。

 ◆睡眠教育広がる…15分仮眠ですっきり

 教育現場では子供たちの睡眠を見直し、生活習慣を改善させる「睡眠教育」(眠育)の取り組みが広がっている。

 兵庫県加古川市の市立加古川中学校では昨年度から中間試験や期末試験前の1週間、昼食後に全校生徒が机に伏して15分間の仮眠をとる「加古川シエスタ」を行っている。

 シエスタとはスペインなどの習慣で昼の時間帯にとる短い休憩時間。

 きっかけは加古川市議会で行われた「中学生議会」で、生徒の提案だった。導入した企業で効率が上がったという事例を挙げた上で、「午後からの授業に備え、全員が落ち着いて過ごす時間は重要。学力向上にもつながるはずだ」と訴えた。答弁した教育長も「やってみては」とゴーサインを出し、試行的に始められた。

 「リラックスして体を休めてください」

 校内放送を合図に生徒たちは机に伏せる。教室ではカーテンを閉めて消灯。オルゴールの音色が流れ、短時間だが気持ちよさそうに眠りについた。生徒たちからは「なんかすっきりした」「気持ちがいい」などと好評だった。

 一方、堺市立三原台中学校では、医師が監修した睡眠教育の冊子を作成して全校生徒に配布。スマホやパソコンの使用時間を決めることのほか、「睡眠不足になると生活が乱れる」「夜にコーヒーや緑茶などを控える」-と睡眠の大切さを教える授業を続けている。生徒の就寝・起床時間を調査し、個別面談も実施している。

 その結果、不登校の3割近くの生徒で睡眠が改善され、登校につながった。当時、同校で睡眠教育に取り組んだ堺市教育委員会の木田哲生指導主事は「長期欠席の生徒に対して一定の効果があった。これまでは心の支援が中心だったが、心と体の支援ができる睡眠教育が広がれば」と語る。

 「子どもの睡眠と発達医療センター」の菊池センター長は「日本の社会全体が夜型になり、睡眠を削って生活している。睡眠の意味や大切さを理解していない大人が多く、それに子供が巻き込まれているのが現状だ」と話している。

外部リンク

今年はフルーツ鍋が来る!?  管理栄養士もオススメ

10.12 11:50 産経ニュース

 もうすぐ本格的な鍋料理の季節。ある調査では、1シーズン(9月から翌年2月)の鍋の平均実施回数は約20回で、10日に1度は食卓にのぼっている計算になる。マンネリになりがちなメニューだけに気になるのが「目新しさ」。さて、今年のトレンドは-。(榊聡美)

 去年はパクチー鍋 外食を中心に話題を呼びそうなのがトロピカルフルーツをはじめ、色とりどりの果物を使った鍋だ。

 飲食店検索サイトを運営する「ぐるなび」(東京都千代田区)は先月、平成29年版トレンド鍋を「フルーツ鍋」と発表した。

 ちなみに昨年は「草鍋」。ブームとなったパクチーを山のように盛った鍋が、飲食店の人気メニューになった。

 秋冬に楽しむ鍋になぜトロピカルフルーツ? ぐるなびによると、「天候不順だった夏を、鍋で取り戻したい人が増えるのでは」。東日本では8月の冷夏・長雨で夏を満喫できなかった人が、鍋でトロピカル気分を楽しむ、というわけだ。一方、フルーツはクエン酸など、疲労回復に役立つ成分を含むものが多いため、猛暑が続いた西日本でも夏の疲れを癒やすフルーツ鍋がウケる、と予測する。

 実は、フルーツを鍋の具材にするのは、寒い時季の食べ方としては理にかなっているという。管理栄養士の柴田真希さんが勧めるのは、マンゴーやドラゴンフルーツなどのトロピカルフルーツをふんだんに使った「フルーツ&シーフードのココナツカレー鍋」。

 南国のフルーツはビタミンやミネラルが豊富な半面、体を冷やしがちだが、カレーと煮ながら食べると、温かさとスパイスの効果で血流が促され、体を中から温めてくれる。「リンゴとベリーのオージュ風鶏のクリーム鍋」は女子ウケ間違いなしの一品。オージュとはリンゴを使った仏料理のこと。リンゴ、ラズベリー、ブルーベリーといった美容に効果的なフルーツは見た目にも鮮やか。

 「フルーツ鍋は『インスタ映え』も魅力。フルーツの摂取量が足りていない若い世代にアピールできる」と、柴田さんは話す。

 “締め”にタコ焼きも

 家庭での鍋は昨年、台風などで白菜、ネギの“2大鍋野菜”が高騰したのを踏まえ、今年は新顔の鍋野菜が脚光を浴びている。カボチャなどの冷凍野菜や工場で栽培されるスプラウト(発芽野菜)など、天候に影響されにくい野菜や、ブロッコリー、カブといったこれまで鍋ではあまり使われなかった野菜だ。

 具材に合った鍋つゆ選びも楽しみの一つ。ここにも新しい流れがあり、ミツカン(愛知県半田市)広報部の花園奈央子さんはこう説明する。「焼きあご、カモなど、いわゆる王道じゃないだしが注目されています。ちょっとぜいたくな鍋を楽しみたいと、500円前後の高価格帯のつゆも人気を呼びそうです」

 雑炊やうどんが定番の“締め”にも変化が。同社では、残ったつゆを使い、まったく異なる料理に仕立てて2度楽しむスタイルを提案する。例えば、だしのうまみが利いた「焼あごだし鍋」は、残ったつゆに冷凍のタコ焼きを入れて明石焼き風に。「地鶏塩ちゃんこ鍋」は、粗熱を取ったつゆに溶き卵を混ぜて弱火にかけた後、蒸らせば土鍋茶碗(ちゃわん)蒸しが出来上がる。

 「鍋を作る際にまず『締め』から考え、楽しみ方を広げてみてはいかがでしょうか」(花園さん)

外部リンク

国連本部中枢に北が職員 情報漏洩の恐れ、日米が採用反対

10.12 11:36 産経ニュース

 【ニューヨーク=上塚真由】北朝鮮政府が、国連機関の職員派遣制度を利用して男性職員をニューヨークの国連本部に送り込み、この男性が9月に本部中枢の政治局に着任したことが11日、分かった。国連関係筋が明らかにした。

 核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し、国連安全保障理事会は制裁決議を重ねており、日米両国は内部情報の漏洩(ろうえい)の恐れがあるとして採用に反対し、事務局に懸念を伝えていた。

 北朝鮮が利用したのは「JPO派遣制度」。国際機関で働くことを目指す若者を対象に、派遣国が経費を負担して一定期間派遣し、正規職員として必要な知識や経験を積ませる仕組みとなっている。

 北朝鮮は今年3月、国連と同制度の覚書を結び、政治局でのポストを目指して手続きを進めてきた。派遣された男性職員は、北朝鮮高官の通訳も務めたことがあるエリート外交官とみられる。

 採用を管轄する国連幹部は7月の会見で「国連加盟国はどの国も、JPO派遣制度に応募する資格がある」と述べ、制裁対象の北朝鮮も例外ではないとの見解を示していた。北朝鮮は国連事務局に対しても反発を強めており、内部から揺さぶりを掛ける狙いもあるとみられている。

外部リンク

小泉進次郎氏・前原誠司氏・枝野幸男氏が政策めぐり火花

10.12 11:04 産経ニュース

 ◆衆院選 千葉に大物続々

 公示から一夜明けた11日、民進党の前原誠司代表、立憲民主党の枝野幸男代表、自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長が、それぞれ千葉県内の候補者の応援演説に早速駆け付けた。“大物議員”の来県に各陣営の士気が高まる一方、互いの政党を批判し合う場面や、演説場所が重なりにらみ合う場面があり、早くも火花を散らした。

 「安倍首相の全てを否定するわけではないが、最近は度の過ぎた部分がある。特に森友・加計問題は政治の私物化が過ぎる」。前原氏はこの日午前、千葉市の商業施設前で街宣カーに立ち、約200人(陣営発表)を前に訴えた。

 同党から希望に合流した候補者の手を握り「流れを断ち切るには大きな野党が必要。希望を持てる社会のために、新たな選択肢を」と支援を呼びかけ、その後も同党出身の希望候補の応援に、日暮れまで県内を駆け回った。

 立民の枝野氏は同日夕、JR松戸駅前デッキで約800人を前に演説を開始。「われわれが立ち上がらなければ国民の選択肢が足りない。本当の民主主義を、草の根からの経済の再生を進める政治勢力が旗をたてなければ」と新党設立への思いを熱弁した。

 「格差、貧困の拡大は日本社会の危機。それを進めたのは安倍首相だ」と安倍政権を批判。「勇気を持って仲間に加わってくれた候補者と、上から目線の政治を変えたい」と訴え、県内の立民候補者を回り支持を呼びかけた。

 同駅前では同時刻に、茨城県と本県をまたぐ突貫遊説ツアーを敢行していた自民の小泉氏が登場。街宣カーに上がったが、「枝野さんの演説を聞きましょう」と枝野氏の演説を待つ余裕を見せた。

 小泉氏は憲法9条への自衛隊の存在明記について、この日が東日本大震災の月命日であることに触れ「災害で救助にきた自衛隊に憲法違反といえるのかと問いたい」と訴えた。立民と自民ののぼり旗を指し、「あの旗とこの旗、リベラルか保守かといったイデオロギーの時代でない。やるべきことを前に進める政治を実現しよう」と主張。約1千人の聴衆から大きな拍手が起こった。 

外部リンク

加熱式たばこ、日本で増税報道に海外が戦々恐々のワケ

10.12 08:00 産経ニュース

 国の税制に影響力を持つ自民党の宮沢洋一税制調査会長が「加熱式たばこ」を増税する方針を示したことが、海外で波紋を呼んでいる。欧州では従来の紙巻きたばこより健康影響が少ないとされる加熱式は、むしろ税額を安くする傾向にある。世界売上高の9割以上を占める加熱式先進国の日本が、検討段階ながらその流れに逆行する方針を示したことは、海外たばこメーカーに大きな衝撃を与えているようだ。

 「In Japan, heated tobacco associated with greater risk of tax hike」

 9月23日。英文媒体「ニッケイ・エイジアン・レビュー」(電子版)にこんな見出しの記事が掲載された。日本語に訳すと「日本で加熱式たばこが増税される恐れ」といった内容だ。袖見出しには、「Finance Ministry seeks to raise levy before $2bn market grows」(財務省は加熱式たばこが20億ドル=約2250億円=市場に成長する前に課税しようとしている)と続く。

 「正直、この記事を一読したとき、かなり扇動的な報道だと感じた。あたかも増税の方針が決まったような内容だったから」。ある外資系たばこメーカーの幹部は明かす。実際、この報道に驚いた幹部は、報道直後に財務省や政府税調の幹部と接触。現状の検討状況など情報収集に追われた。

 そもそも宮沢氏が9月7日に産経新聞を含む報道各社のインタビューで示した方針の正確な文言はこうだ。「(加熱式は)紙巻きより税率が低い。(商品を出している)3社で実効税率が違っている問題があり、それなりの答えを年末までに出していかなければならないだろう」。一言も「増税する」とは明言していない。

 財務省や自民党税調も各たばこメーカーにはこれ以上の説明はしていないようで、ひとまずは納得した様子だ。結局、宮沢氏の発言後、日本の各紙や通信社は「加熱式たばこの増税を検討」といった見出しの記事を配信したため、そのまま海外メディアが拡大解釈して英訳したことが騒動の引き金になったようだ。

 とはいえ、加熱式の課税見直しに向けた議論が行われる方針で、加熱式を取り巻く環境が厳しくなるのは間違いない。

 現時点で国内のたばこ全体の売り上げに占める加熱式のシェアは約10%とされ、平成32年には30%に拡大するとの予測もある。加熱式普及の影響で、日本たばこ協会が発表した8月の紙巻きの販売本数は前年同月比13.1%、販売金額は12.9%それぞれ減少。こうした状況が続くと想定し、政府がたばこ税全体の減収を避けるため、過熱式を増税する可能性は極めて高い。

 通常の紙巻きは、葉タバコを燃やして煙を吸い込むが、加熱式は電気で葉を蒸して発生する蒸気を吸って香りを楽しむ。煙や灰が出ないため、臭いや火事の心配もないのが特徴だ。

 現在、日本たばこ産業(JT)、米フィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)、英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の3社が販売している。

 通常の紙巻きたばこは本数に応じて課税され、1箱440円(20本入り、税込み)の場合、たばこ税率は55.7%。対して、加熱式は現行法令では「パイプたばこ」に該当する。紙巻き1本のたばこ税率(12.244円)をそのまま課すことはできず、たばこ葉が詰められたスティックやカプセルの総重量に1グラム当たり12.244円を課している。加熱式は紙巻きに比べ軽いため、価格に占める税割合は低い。

 ただ、各社のスティックやカプセルの重さは異なるため、1箱当たりの値段は紙巻きとほぼ同じ(420~460円)だが、たばこ税率は異なる。JTのプルーム・テック(カプセル5個、7.5%)、BATのグロー(スティック20本、28.6%)、PMIのアイコス(同、41.8%)となり、最大6倍弱の差がある。宮沢氏が是正を示唆したのはまさにこの点だ。

 加熱式の市場シェアは、アイコスが80%、グローが15%、プルーム・テックが5%とされ、シェアが高い海外勢が加熱式の税制見直しに神経をとがらせている。

 だが、問題は税制だけではない。東京都は9月8日、公共施設や飲食店などを原則屋内禁煙とする罰則付きの条例を定める方針を発表。これとは別に、子供を受動喫煙から守るために喫煙者や保護者らに努力義務を課す条例案が月内に議員提案される見込みで、条例案では加熱式も規制の対象になっている。厚生労働省も2月には、加熱式を受動喫煙規制の対象外との見解を示していたが、3月に一転して規制対象としている。

 ただ、加熱式が健康に被害を及ぼさないことが証明されれば、規制や増税対象から外される可能性もある。現在、厚労省所管の研究機関が加熱式による受動喫煙被害の有無などを調べているが、「証明するのは困難で、結論が出る時間も読めない」(政府関係者)という。

 一方で、PMIは独自の調査で「健康への影響はかなり低い」と結論づけた。

 米食品医薬品局(FDA)は7月に喫煙者にリスクのより低い代替品(加熱式たばこなど)に切り替えるよう奨励する包括計画を発表するなど、海外での加熱式を取り巻く状況は好転している。

 たばこ各社はこうした論拠を武器に、日本政府に規制緩和を求めていく方針だが、一部の政治家や官僚は「ニコチンを含んでいる時点で加熱式でも健康に被害を及ぼすと考えるべきだ」と主張する。年末に向けた税制改正でも議論は一筋縄ではいかなそうだ。(経済本部 西村利也)

外部リンク

メルカリ、本人確認機能を強化へ 個人情報登録を義務化

10.12 07:19 産経ニュース

 ◆年内にも 「違法品の闇市場」イメージを懸念

 フリーマーケットアプリ運営最大手「メルカリ」(東京都港区)が、相次ぐ違法出品などへの対策として、従来は不要だった初回出品時の住所・氏名・生年月日の登録を、年内にも義務化することが11日、関係者への取材で分かった。登録された個人情報を取引口座と照合する仕組みも導入し、偽名での売買などを防ぐ。本人確認機能を強化し、不正利用者を排除するための措置。同社は近く正式発表する。

 同社のフリマアプリ「メルカリ」は手軽さが人気を呼び、シェアを拡大。一方で現金や盗難品、領収書など不適切な出品も相次ぎ、本人確認機能の強化の必要性が指摘されてきた。今回の対策強化でイメージ悪化を防ぎ、利用者の安心感を向上させる狙いがあるとみられる。

 メルカリでは現在、初出品時に個人情報の登録は不要で、売買成立後、販売代金の支払いを同社に申請する際に必要となる仕組み。今回の対策で、個人情報登録を前倒しするとともに、売買時に個人情報を口座と照合し、不正取引でないかをチェックする。

 同社関係者は取材に「利便性を保ちつつ、より安心して使ってもらえるアプリにする」と話している。

 ◆手軽さとギリギリのバランス

 「メルカリ」は1日の出品数が100万品に上るフリマアプリ。市場調査会社「マクロミル」によると、フリマアプリ利用者の94%が使っているという。

 シェア拡大を支えてきたのは、出品や購入の「手軽さ」や「気楽さ」だ。出品や購入はスマートフォンのみで可能。オークションサイトのように売買成立まで時間がかからず、商品の約半数は出品から24時間以内に売買が成立するという。

 一方、シェア拡大に伴い、最近は違法な商品や倫理的に不適切な商品が出品され、大々的に報道されるケースも目立つ。

 10月には、関東地方や福島県の高校から大量の野球道具を盗んだとして、窃盗容疑などで逮捕された男らが、盗んだボールをメルカリで転売していた疑いが判明。他にも現金や領収書、読書感想文などが出品された事例が話題となった。

 同社関係者は「実際には不適切な出品はほんのごくわずかだが、ブラックマーケットのようなイメージが広がり、社内に危機感があった」という。「対策強化により煩雑さが増し、利用者離れが起きる恐れはある。だが、悪評を回避し、安全性を守るためにバランスを取ったギリギリのラインだ」とも明かした。

 同社によると、1日100万件の出品物のうち、盗品などの疑いで警察当局から問い合わせがあるのは数件程度という。

 別の関係者も「実際には不正出品対策には相当な力を入れ、警察の捜査にも全面的に協力している。そうした面はなかなか周知されない」と苦悩する。

 ◆被害補填も検討

 実際、同社ではトラブル対策のため、カスタマーサポート部門に250人を配置。365日24時間体制で違反商品の出品などの監視を行っている。

 また同社は、今回の対策強化に加え、既に一部で開始している人工知能(AI)を用いた不正検知能力を高め、出品物が盗品だと判明した際は、被害者に損害額の補填(ほてん)を行うことなども検討しているという。

 ただ、ITジャーナリストの三上洋さんは今回の対策強化について、「運転免許証など、顔写真や住所の記載された身分証明書の提示を求めるなどの方法を併用しなければ不十分だ」と指摘。「対策を万全にすることで、インターネット上のCtoC(個人間取引)ビジネスを牽引(けんいん)する会社としての責任を果たすことになる」と話している。

           ◇

【用語解説】メルカリ

 インターネット上でフリーマーケットのように品物を売買できる国内最大規模のスマートフォンアプリ。サービス開始は平成25年で、ダウンロード数は国内5000万件超、海外2500万件超。出品者は品物の写真と商品説明、価格を入力する。購入は“早い者勝ち”で、購入者は代金を運営会社に支払う。運営会社は手数料を差し引いた金額を出品者に支払う。売買成立の早さ、手軽さなどが特長とされる。(菅野真沙美)

外部リンク

序盤情勢 自公300議席うかがう 希望、伸び悩み

10.12 05:02 産経ニュース

 ◆立憲民主は倍増も

 産経新聞社は11日、第48回衆院選(22日投開票)について全国の総支局の取材に共同通信社の電話世論調査の結果などを加味し、選挙戦の序盤情勢を探った。自民党は選挙区、比例代表で優位に立ち、連立を組む公明党と合わせ300議席をうかがう勢いだ。過半数(233議席)を超える235人を擁立した小池百合子代表(東京都知事)率いる希望の党は伸び悩み、100議席に届かない公算が大きい。

 安倍晋三首相(自民党総裁)は自民、公明両党で過半数の獲得を勝敗ラインに掲げている。序盤情勢では自民党は単独で過半数に届き、絶対安定多数(261議席)を上回る勢いだ。絶対安定多数は常任委員長ポストを占め、委員数でも野党を上回る議席を確保し、国会運営が安定する。公明党は公示前勢力を維持する見通しだ。

 公示前は57議席だった希望の党は60議席前後にとどまるとみられる。小池氏は政権選択選挙を掲げ、民進党前職を含め多くの候補者を擁立したが、選挙区、比例ともに勢いがみられない。小池氏の不出馬に加え、党として首相候補を示していないことが影響した可能性がある。

 東京と大阪で希望の党と候補者をすみ分けた日本維新の会は、関西圏を中心に議席を獲得し、公示前の14議席から微増となる見込みだ。

 枝野幸男代表が立ち上げた立憲民主党は公示前の16議席から倍増の勢いとなっている。民進党から分裂した立憲民主党は護憲色が強く、安全保障関連法を「違憲」とする共産党が競合する選挙区で候補者を取り下げたことも追い風になっているとみられる。

 一方、共産党は公示前の21議席の維持が難しい情勢で、社民党は公示前の2議席を維持する見通しだ。

 ただ、共同通信の調査では投票先を「決めていない」との回答が選挙区で54・4%、比例代表で47・2%に上った。無党派層の多くが投票先を決めていないとみられ、投開票日に向けて情勢が変化する余地も残っている。

外部リンク

三菱UFJ銀大幅再編へ 頭取「従来モデルは構造不況化」

10.12 00:00 産経ニュース

 三菱東京UFJ銀行の三毛兼承頭取は11日までに産経新聞などのインタビューに応じ、来年4月に大規模な組織再編に踏み切る方針を明らかにした。貸出金利と預金金利の差である「利ざや」を収益の柱とする伝統的な商業銀行のビジネスモデルは「構造不況化している」との認識を示し、「顧客」を軸に組織を作り直す考えだ。

 具体的には、三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の銀行、信託銀行、証券で別々に手掛けている富裕層向けの資産管理業務を一体運営するための新組織を立ち上げる。保有資産20億円以上の資産家を対象に、海外不動産・株式などの資産運用や節税を指南。銀行、信託銀、証券から数十人を集める。三毛頭取は「グループ一体提案で、外資系の資産運用会社とは差別化する」と強調。「三菱UFJ」とは別ブランドでの展開も視野に入れる。

 貸し出し業務については、信託銀の法人向けを集約するのに伴い、現在の「法人」「リテール(個人と中小企業)」「国際」-の3部門から、「リテール&コマーシャル(個人と中堅・中小企業)」「日系大企業」「非日系(外資系)企業」-の3部門に再編する。海外案件を一手に引き受けていた国際部門をなくし、企業ごとに国内外の事業を一括担当する。

 開発中の独自の仮想通貨「MUFGコイン」については、行内の実証実験の対象を150人から1500人に拡大したことを明らかにした。

外部リンク

衆院選 民進・前原誠司代表、苦難の応援行脚

10.11 23:32 産経ニュース

 民進党の前原誠司代表が衆院選で希望の党や無所属で出馬した民進党出身者への応援行脚を続けている。安倍晋三政権を倒すため希望の党への合流を決断した経緯を説明しているが、希望の党、立憲民主党、無所属の3分裂となった民進党代表の応援を受ける側は複雑な表情を浮かべている。

 「安倍政権の流れを断ち切らないとならず、大きな野党を作ろうと決断した。自民党しか選べない政治を変えようじゃないか」

 前原氏は11日、千葉9区で希望の党公認で立候補した奥野総一郎氏の千葉市での街頭演説で、こう訴えた。奥野氏も「安全保障法制の審議でも『反対』といって一歩も議論が進まなかった。希望の党に入って責任ある政治をやる」と述べ、合流に理解を求めた。

 演説には約150人が集まったが、拍手はまばら。奥野氏の関係者は「前原氏はプラスになると思って来てもらったが、効果は分からない」と不安そうに語った。前原氏はこの日、千葉県内の民進系5候補の演説会に参加した。ただ、「反希望」を掲げる立憲民主党候補の応援予定はなく、分裂の後遺症を引きずる。

 希望の党の公認を辞退し、無所属で佐賀1区に出馬した原口一博元総務相が10日に開いた演説会では、駆け付けた前原氏と原口氏ともに公認辞退に触れなかった。逆に原口氏は「自由、社民、民進、共産の4野党だけでなく、より広い立憲共闘の枠組みを作ろう」と主張し、4野党共闘に背を向けた前原氏との違いが際立った。(広池慶一)

外部リンク

ソフトバンクが社員の副業許可へ 11月から

10.11 21:49 産経ニュース

 ソフトバンクは11日、来月から就業規則を改定し、社員の副業を認めると発表した。働き方改革の一環で、社外活動を通じて新しいアイデアやノウハウを得て、本業の活性化につなげるのが狙い。副業容認はロート製薬が導入するなど増加傾向だが、1万人規模の企業では珍しいという。ソフトバンクは本業に影響のない範囲で会社の許可を前提に副業を許可する。

外部リンク