ファクトの重み実感  知事選のツイート分析報道

10.06 05:30 琉球新報

 9月30日の県知事選で、琉球新報は選挙取材班の「ファクトチェック」と同時に、SNS(会員制交流サイト)のツイッターに発信される内容を調べた。選挙の際にSNSで情報が大量に流れているのを漠然と感じていたが、今回の調査で、その投稿内容の傾向を知ることができた。

 若い世代の情報入手先は新聞やテレビ、ヤフーニュースなどの大手ポータルサイトでもなく、SNSになっている。自分と考えの近い人たちのつぶやき、共有したニュースから情報を得ている現状で、知事選を巡り、どのような情報が飛び交うか探りたかった。投稿を集める作業はネット上に書き込まれた事件や災害などの情報をリアルタイムで発信するスペクティ(東京、村上建治郎社長)に依頼した。

 一般ユーザーの投稿について、内容が肯定的か否定的か、正確に把握するには一件一件読んだ方が確実だと判断した。

 9月9日~同29日に発信された投稿のうち、リツイート(再投稿)分も含め約20万件以上に目を通した。初回の分析では夜通しで半日以上かかった。

 特定の候補者を批判、攻撃する内容が多いとは思っていたが、露骨な誹(ひ)謗(ぼう)中傷を含めた攻撃、批判の内容がほとんどだったため驚いた。約9割は玉城デニー氏に対する内容だった。政策や沖縄の課題を議論するやりとりや互いの支持候補を褒める内容は少なかった。

 人の悪口を大量に読むのは気が滅入ったし、単調で膨大な作業の途中、何度も眠気に襲われた。しかし過激な内容が目を覚まさせた。「玉城デニーは中国のスパイ」「裏に中国共産党がいる。沖縄が破壊される」などだ。

 候補者本人の投稿のリツイート(再投稿)数が多い人も分析した。佐喜真淳氏のリツイートが多い上位を見ると、プロフィル欄に「日の丸」をあしらい、普段から「ネトウヨ」とみられる内容の投稿をしている人が目立った。

 一般の投稿では新聞や雑誌、ネットメディアが特定の候補者に関する内容を掲載した際、リツイートを含め投稿数が飛躍的に伸びた。琉球新報が行ったファクトチェックの記事も拡散が見て取れた。どれだけフェイクニュースを打ち消すことができたのかは不明だが、一定の効果はあったのではないかと思う。

 情勢分析もしたかったが、玉城氏への攻撃、批判がほとんどを占めたツイッターでは難しかった。インフルエンサー(情報拡散力の強い人)の確認も試みたが、今回の分析では情報が整理できなかった。

 スマホがこれだけ普及し、誰もがSNSで気軽に発信でき、情報を得ることができる時代になった。SNSを意識して有権者が求める分かりやすい記事を書いていくことも、報道機関には必要だと実感した。(デジタル編集担当部長・宮城久緒)

外部リンク

「沖縄、終わった」 知事選結果に相次ぐ中傷 SNS投稿

10.06 05:30 琉球新報

 9月30日投開票の県知事選で各報道機関が玉城デニー氏の当選を伝えるニュースを流した直後から、ツイッターなどSNS上で複数の人から「沖縄、終わった」などとする投稿があった。投稿者は知事選で玉城氏以外を支持していた人とみられる。

 作家の百田尚樹氏は9月30日、一部報道が玉城氏の当選確実を報じた直後に「沖縄、終わったかもしれん…」と発信した。1万2236件の「いいね」が付き、4534件がリツイート(再投稿)された。


 百田氏の投稿に対して「ほんとに沖縄が中国に侵略されることを証明してくれるのか」と疑問視するコメントに対し、百田氏は「されては困るんだよ!」と返した。

 以降、一般からも「あー沖縄終わったね ついに中国領沖縄か」「沖縄のことが心から嫌いになりそう」「沖縄県民には良識がない」など、玉城氏や沖縄県民を誹謗(ひぼう)中傷する投稿が相次いだ。

 一方、百田氏や一般からの「沖縄、終わった」の投稿に対しては、「終わったのではなく、始まったばかり」「はなから沖縄は日本の植民地ぐらいにしか思っていない人たちの投稿だ」「負け惜しみだ」など反論する内容も多く投稿された。

外部リンク

14歳 歌謡曲に情熱 大会で賞総なめ、全国へ

10.06 05:00 琉球新報

 【沖縄】沖縄市立美里中2年の石原昌徳さん(14)は歌を本格的に習い始めてわずか1年弱で、県内で開催された数々の歌謡大会の優秀賞を総なめにしている。こぶしをきかせて歌い上げる姿は大人顔負けで、聴衆を魅了する。「将来は演歌歌手になりたい」。目を輝かせて語る姿とは対照的にあどけなさが残る。

 演歌をよく聞いていた祖父の影響で歌に興味を持った。小学5年生からトゥシビーなどの祝いの席で披露するようになった。北島三郎さんの歌で同級生を驚かせたこともあった。

 昨年10月から、うるま市で歌謡教室を開く上江田健雄さんに師事している。週に2回、1時間のレッスンを受ける。上江田さんは「覚えが早く大きな舞台でも物おじもしない」と評価する。最近は表現力にも磨きをかけるようになった。そんな石原さんが歌う「母ちゃんの浜唄」に涙を流す人の姿もあったという。

 7月6日に開かれた沖縄大衆音楽祭では県知事賞を最年少で受け、8日に東京で開かれる全国大会への出場を控える。先月9日開催のクラウン歌謡フェスティバルでも65歳以下の部で金賞を受賞、11月の全国大会への切符をつかんでいる。

 石原さんは相次ぐ受賞にも「賞は獲得しても歌がうまい人はもっとたくさんいる。どの大会でも自信や余裕があるわけではない」と話す。「表現力やリズム感は日々の練習で向上させていく」とし、努力を重ねる日々だ。8日の大会については「チャンピオン目指して頑張りたい。夢をかなえるため、いろいろな大会に出て入賞できるよう頑張っていく」と力強く話した。
 (宮城美和)

外部リンク

大人が楽しむクラフトビールフェスティバル 

10.05 15:00 琉球新報

沖縄最大のクラフトビールフェスティバル!「WORLD BEER FEST OKINAWA OCTOBERFEST 2018」が10月13日と14日の2日間、北谷町美浜の北谷フィッシャリーナで開催されます。

ビールベンダーは、KIRINが手掛ける「SPRING VALLEY BREWERY」をははじめ、世界に羽ばたく「常陸野ネスト」や福岡の名醸造「門司港レトロビール」が参戦。

ワールドからはドイツミュンヘンの数銘柄をはじめ、アメリカから「Georgetown」やスコットランドの「BrewDog」その他世界の名立たるビールが集まる圧巻の顔ぶれ。

OKINAWA OCTOBERFESTはビールだけでなくフードベンダーも県内有名店があつまります。個性的なフードトラック陣が会場を彩り、ビールに相性の良いお食事が並びます。

涼しい風と最高な海のロケーションで皆さんをお迎えします!

Beer Side【National beer】
・SPRING VALLEY BREWERY
・Suntory Beer

【Okinawa & Japan brewery】
・CHATAN HARBOR BREWERY(沖縄)
・FAR YEAST(山梨)
・Helios Beer(沖縄)
・OKINAWA SANGO BEER(沖縄)
・石垣島地ビール(沖縄)
・呉ビール(広島)
・大山Gビール(鳥取)
・常陸野ネスト(茨城)
・宮古島マイクロブルワリー(沖縄)
・門司港レトロビール(福岡)
【World beer】
Evergreen Imports / Georgetown、FREMONT、MELVIN(アメリカ、USA)
KOBATSU Trading / Plank、CREW REPUBLIC(ドイツ、DEU)
・BrewDog(スコットランド、SCO)
・Brooklyn brewery(アメリカ、USA)
・Hofbrau(ドイツ、DEU)
・Paulaner(ドイツ、DEU)
・Spaten(ドイツ、DEU)
・Franziskaner(ドイツ、DEU)
【Beer pub】
・BEER RIZE 2ND AVE(ビアキャラバン、Beer Caravan)
・COLOSSEO 262(ビアパブ、Beer Pub)
・Okinawa Brewing Company(ビアパブ、Beer Pub)
・Taste of Okinawa(ビアパブ、Beer Pub)

Food Side・AIENCOFFEE&HOSTEL (コーヒー、Coffee)
・Asian Food Fuuten(タイ料理、Asian)※土曜日のみ
・BEYOND CRWESER (スモークBBQ、SMOKE BBQ)
・BISTRO bom ba(スパイスカレー、Spice Curry)
・Borrachos(タコス、Tacos)
・Captain Kangaroo(ハンバーガー、Hamburger)
・Cheers!!(チーズ、Cheese)
・Emerald Oceanside Grill(ステーキ、Steak)
・GORDIE'S(ハンバーガー、Hamburger)
・Pain de Kaito(パン、Bread)
・Sauce Live(BBQチキン、BBQ Chicken)
・Smokin Slabz BBQ(アメリカンBBQ、American BBQ)
・TESIO(ソーセージ、Sausage)
・The SCARPETTERS(ピッツァ、Pizza)
・WMD STREET FOOD (メキシカンストリートフード、Mexican Street Food)
・居酒屋 新小屋(やきとん、Yakiton)
・イタリアン酒場 Baggio(タパス、Tapas)
・浮島ギョーザ 蘭桂坊(餃子、gyoza)
・うるまジェラート(ジェラート、Gelato)
・かき小屋(牡蠣、Oyster)
・ごはん屋 de su-su-soon(おつまみ、Appetizers)
・とんせんOKINAWA(豚ステーキ、Pork Steak)
・プカプカプーカ(ソーセージ、Sausage)
・まるたま (フィッシュアンドチップス、fish&chips)

~ イベント概要 ~ 
・日時 2018年10月13日(土)15~21時/14日(日)14~20時
・場所 北谷町美浜・北谷フィッシャリーナ
・入場無料。
・詳細はFacebookでご確認ください。
【注意】
・ビール購入は22歳以上から。
・酒類の販売には身分証明書の確認が必須。

外部リンク

沖縄大学に学食開設 60周年を記念、憩いの場に

10.05 12:10 琉球新報

 沖縄県那覇市の沖縄大学(仲地博学長)の本館ビル2階にこのほど、創立60周年記念食堂「TERRACE 555」がオープンした。多くの寄付が寄せられ、関係者の心温まる思いが詰まっており、学生らでにぎわっている。

 光が差し込む明るい店内は黒と木目を基調とした落ち着いた雰囲気で、カフェを思わせるおしゃれな空間だ。名前の「555」は大学の所在地の市国場555番地にちなんで名付けられた。沖縄大学生活協同組合が受託運営する。

 メニューには、海外からの留学生にも対応可能な英語表記があるほか、食品に含まれる豚・鶏・牛・魚介を動物のイラストマークで分かりやすく表示した。栄養バランスも一目で分かるように、赤・緑・黄の三つの食品群の栄養価を3群点数法で表示し、レシートにも記載する。

 大学生協が独自に発行する1年間の前払い式「ミールカード」(生協食堂年間利用定期券)を導入しており、学生らの健康的な食生活のために配慮されている。

 同大学生協の伊藤丈志理事長(人文学部国際コミュニケーション学科准教授)は「学内で食事ができる環境が整った」と喜んだ。人文学部こども文化学科4年の知念綾香さんは仲間と訪れ、「待ちに待った食堂ができた」と笑顔で語った。
 (中川廣江通信員)

外部リンク

通いたくなる小さなカフェ Kuma cafe*(クマカフェ)

10.05 12:00 琉球新報

那覇市牧志は、世界中からのツーリストで賑わうエリアですが、落ち着いた雰囲気でゆったり過ごせるカフェもあるのをご存知でしょうか。

「kuma cafe*」は今年でオープン10年を迎えたお店。席数は少ないのですが、日替わりのランチやスイーツを楽しみに通う常連さんの多いお店です。

お店の定番メニュー、「日替わりケーキ」を注文すれば、450円でパティシエ特製のケーキが食べられます。

ケーキは毎日2、3種類が準備されていますが、その日どんなケーキが食べられるかは、その日カフェを訪れてからのお楽しみ!

今回記者が食べたのは、紫色が美しい「紅芋とブルーベリーのモンブラン」でした。紅芋のクリームは濃厚かつフレッシュな味わい。

タルト生地はさくさくかつしっとりで、食べれば思わず笑顔に。このケーキに限らず、日替わりケーキは素材にもこだわっているそうです。ドリンクと注文すると50円引きになりますよ。

少人数でゆったりしたいときにおすすめのカフェです。モーニングサービスもぜひ!


(2018年10月4日付 週刊レキオ掲載)

~ Menu ~
● 日替わりランチ(肉or魚のメイン+副菜、 12:00~15:00まで)…900円
● 焼きカレー…………980円
● 大人のオムライス……980円
モーニングサービスでは、ドリンク注文でトーストまたはゆで玉子が無料のほかその他メニューもお得に!

〒900-0013 
那覇市牧志2-21-1 小湾ビル1F
電話は098-862-3395
【営業時間】モーニング 8:00~L.O.10:30、 ランチ 12:00~15:00(11:00~12:00まではランチ準備のため閉店)
【定休日】水曜、第2・4木曜
【駐車場】無し(お近くのコインパーキングをご利用ください)

外部リンク

台風25号 強い勢力のまま九州北部地方に接近 

10.05 11:44 琉球新報

 大型で強い台風第25号は、5日9時には久米島の北北西約210キロの海上にあり、1時間に約25キロの速さで北へ進んでいる。

 中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。今後は、強い勢力を維持しながら、久米島の北北西の海上を北に進み、沖縄地方から次第に遠ざかる。

 その後、東シナ海を北上し、6日にはチェジュ島付近で北東に進路を変え、強い勢力のまま九州北部地方に接近する見込み。

 気象庁は、九州北部地方では暴風や高波に厳重に警戒し、西日本では暴風や高波、大雨に警戒するよう呼び掛けている。

 沖縄本島はすでに暴風警報は解除されているが、沖縄市、沖縄市、うるま市、嘉手納町、国頭村、大宜味村、名護市、恩納村で大雨警報(土砂災害)が発表されている。沖縄気象台によると、5日夕方まで警戒が必要。

 5日午前10時32分、慶良間・粟国諸島と久米島地方は暴風警報が解除された。 沖縄本島地方では、5日夕方まで南の非常に強い風が吹き、5日夜遅くまで南西の強い風が吹く見込み。先島諸島では5日昼前まで西の非常に強い風が吹き、5日夕方まで西の強い風が吹くと予想される。

 5日の予想される最大風速は沖縄本島地方で23メートル、宮古島地方で20メートル、八重山地方が15メートル。

 中部や国頭地区、名護市、恩納村では、これまでの大雨で地盤の緩んでいる所があり、5日夕方まで警戒が必要。また、沖縄本島地方では、5日は多い所で1時間に30ミリの激しい雨が降る見込み。

 沖縄気象台は引き続き、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意を呼び掛けている。

外部リンク

動く彫刻!? 沖縄でインド舞踊に励む人々がいた

10.05 11:30 琉球新報

インド舞踊 沖縄で広めたい


東インド・オリッサ州に伝わる古典舞踊「オディッシー」。寺院の彫刻を思わせる繊細で優美なポーズ、リズムに合わせ素足で床を打ち鳴らす力強いステップが特徴だ。毎週木曜日、宜野湾市大謝名にインド舞踊サークルのメンバーが集まり、本場インドで学んだ舞踊家・直原牧子(じきはら・まきこ)さんの指導のもと、稽古に励んでいる。


その動きはまるで「動く彫刻」のよう―。インド古典舞踊の一つであるオディッシーは、そう賞賛される踊りだ。

オディッシーが伝わる東インド・オリッサ州は、精緻な彫刻が施されたヒンドゥー教寺院が立ち並ぶ土地。マハリと呼ばれる巫女たちが神々に捧げた踊りが起源といわれ、優雅なポーズの数々は、寺院の石像を模しているとされる。

動作は指の一本一本に至るまで細かく決まっており、上半身の流麗な動きで空間を表現する。同時に、足ではリズムに合わせ、激しいステップを打ち鳴らすのが特徴。繊細さと力強さを併せ持つ独特の踊りに魅了される。稽古を見学した記者は、まるでヒンドゥー教寺院を訪れているかのような気持ちになった。

現地で学んだ5年間


サークルメンバーの指導を行う直原牧子さんは、インド古典舞踊歴25年のベテラン。


生まれ育ったのは大阪府吹田市。「小学2年生の時、世界を旅した経験を持つ臨時教員がインドの話をしてくれたんです。それでインドに興味を持ち、作文に『絶対にインドに行く』と書きました」と笑う。

20歳でインド初旅行。その文化にすっかり魅了され、23歳の時には当時の職場の近くにあったインド古典舞踊教室に通い始めた。2年後、会社を辞め、舞踊を深く学ぶため単身インドへ。デリーのガンダルバ音楽学校で、国民栄誉賞受賞舞踊家であるマダヴィ・ムドゥガル氏に師事し、計5年間、舞踊漬けの日々を送る。

「学校は外国人が少なく、指導も基本的にヒンディー語。最初のうちは言葉も分からなかったので、厳しかったですね」と当時を振り返る。

インド滞在中、沖縄出身の夫と知り合い、結婚。帰国後、2002年から沖縄で暮らし始め、ほどなくインド舞踊サークルで指導を行うようになった。

大変だけど全てが新鮮


稽古は、ステップの練習から始まる。直原さんの掛け声と拍子木のリズムに合わせ、メンバーたちが素足で激しく床を打ち鳴らす。ステップを習得するまでに1、2年はかかるという。

古典舞踊ゆえ動作や規則が細かく決まっており、習得は必ずしも容易ではない。直原さんも、「インドから帰国後、自分で練習し始めて、ようやく分かってきた感じです」と話す。

上半身では腰の動きを使い、中腰の姿勢を続けることもしばしば。体の3カ所を曲げる「トリバンギ」というポーズとあいまって、日常生活で使わない筋肉を使うため、練習後は激しい筋肉痛に襲われるという。

それにもかかわらず、サークルのメンバーは皆、笑顔だ。今年の2月から練習を始めたという安保由紀子さんは、「こんなに大変と思わなかった」と言いつつも、「全てが面白くて新鮮」と目を輝かせる。「10年ぐらい続けている皆さんに混じって稽古をしていますが、先生は私のような初心者でも大丈夫だよ、という雰囲気を作ってくれる」と直原さんの丁寧な指導に感謝する。

直原さんは、県内外のイベントに出演し、舞踊を披露する機会も多い。インド音楽を演奏する人々と共に、県内離島の学校で、インド文化を体験してもらう会も計画中だ。

「私が師事する先生は、踊っていると『宇宙が見える』と言います。その境地に達するまで、自分も頑張ろうと思っています」。そう語る直原さんのまっすぐな目が、印象的だった。

正式なメークアップを施し、正装で踊る直原さん。その動きは重力を感じさせないほどスムーズ(写真・直原さん提供)


(日平勝也)

(2018年10月4日付 週刊レキオ掲載)

外部リンク

元軍属、無期懲役確定 女性暴行殺人事件 上告せず

10.05 10:36 琉球新報

 2016年4月、本島中部でウオーキング中の女性=当時(20)=が殺害された米軍属女性暴行殺人事件で、殺人や強姦(ごうかん)致死などの罪に問われ、一審、二審で無期懲役を言い渡された当時軍属の元海兵隊員ケネス・フランクリン・シンザト(旧姓ガドソン)被告(34)は期限の4日までに上告せず、5日午前0時、無期懲役刑の判決が確定した。

 関係者によると、ケネス被告は4日までに弁護人と協議し上告しないことを決めたという。

 判決によると、ケネス被告は被害者の頭部を棒で殴った上、首付近をナイフで数回突き刺したりして死亡させた。乱暴目的の犯行は未遂に終わり、恩納村の山中に死体を遺棄した。

 判決を受け被害者の父は「心には埋めることのできない大きな穴があいている。これからも娘への思いは変わることはありません」とコメントを発表した。

外部リンク

HYらしさ、沖縄色で演出 全国ツアー始動 

10.05 10:23 琉球新報

 沖縄県うるま市出身のバンドHYの47都道府県を巡る全国ツアー「HY STORY TOUR ~うさがみそーれ めんそーれ そーれそれそれ ゆくいみそーれ~」がバンド結成記念日の9月22日、宜野湾市海浜公園屋外劇場から始まった。

 ファン投票で選ばれた曲を収録したベストアルバム「STORY」の中から歌い、ファンとの距離を縮めて絆を深めるHYらしさあふれるライブだった。

 会場には県内外から多くのファンが詰め掛け、夕日と月明かり、オレンジ色に輝く海を背に、ライブを楽しんだ。

 雨上がりの湿気が漂う中でHYの新里英之(ギター・ボーカル)、名嘉俊(ドラム)、許田信介(ベース)、仲宗根泉(キーボード・ボーカル)、宮里悠平(ギター)がステージに登場した。5人は恋愛、友情、失恋など、それぞれ曲の表情に合わせて歌を届けた。

 「AM11:00」では新里の爽やかな歌声と、仲宗根のしっとりとした歌声が交わり、観客をうっとりさせた。名嘉がリズミカルなラップとドラムで盛り上げた。

 「366日」では、仲宗根が情熱的な声で力を込めて歌い、観客の涙を誘った。ライブでは毎回欠かさず披露する代表曲「ホワイトビーチ」ではファンと一体感を示した。

 HYライブの名物で仲宗根が担当する「イーズーコーナー」では、メンバーのキャラクターに合わせてインパクトのある寸劇を披露し、笑いを取った。

 そのほか「トゥータン」「隆福丸」「モノクロ」などを次々に歌い、カチャーシーを踊りながら歌ったり琉球國祭り太鼓と共演したりと、沖縄色に染めた演出もHYらしさを感じさせた。

 来年3月23日に宜野湾市の沖縄コンベンションセンター展示棟でツアーファイナルを行う。
 (金城実倫)

外部リンク