組み合わせは無限大!無印良品のパルプボードボックス

03.21 20:00 RoomClip mag

シンプルで良質な商品が人気の無印良品。収納家具も多岐にわたり、たくさんのユーザーさんに活用されています。その中で埋もれがちですが、パルプボードボックスという収納家具があるのをご存知ですか。軽くて丈夫でリーズナブル!と3拍子そろったパルプボードボックスの魅力をご紹介します。

サイズ展開が豊富で、シンプルなデザインが◎

女性でも簡単に組み立てられる、軽さと組み立てやすさが人気のパルプボードボックス。無印良品の商品の中でも、比較的リーズナブルに購入できます。豊富なバリエーションの中から、お気に入りを見つけてみてください。

■縦にも横にもできる、オールマイティー収納

撮影:ht6030さん


A4サイズとスリムサイズの2種類の形があり、それぞれ2段から5段までのサイズ展開となっています。こちらのお部屋では、3段のA4サイズの上に、同じくの3段のスリムサイズを横にしてのせて使っています。別売りのジョイント金具で固定することができるので、安心ですね。

■使い勝手のよいキャスター付き

撮影:malco-yanさん


キャスターと取っ手が付いて、とっても便利なこちらの商品。奥行きのあるスペースに配置し、使うときにサッと引き出すことができます。こちらのユーザーさんのようにリメイクして、カウンターテーブルのように使うのもよいですね。実はこの商品も、縦でも横でも使い方を選択できるので、活用の幅が広がります。

■可動棚で用途に合わせて

撮影:Kさん


フリーラックというこちらの商品は、幅・奥行・高さとも3段スリムサイズのパルプボードボックスと同じ。違う点は、6段に分かれていて棚の3枚が可動できるということです。使う用途に合わせて選びたいですね。また、この商品より幅広で奥行きが狭くなった、マルチラックという商品も可動棚がありオススメです。

どんな場所にもフィットする、活用方法

ナチュラルな色合いで、どんなお部屋にもなじむパルプボードボックス。先に述べたようにサイズ展開も豊富なので、必要な場所にピッタリと合わせた収納を組み合わせることができます。A4サイズのパルプボードボックスを例に、活用方法を見ていきましょう。

■専用のダンボール引出でスッキリ

撮影:mmさん


パルプボードボックス専用の、ダンボール引出。店頭では畳まれた状態で販売され、組み立ても楽チン。下の部分がくぼんでいるので、引き出しやすくなっています。写真のように1段に1つ入るものと、この他に1段を仕切りで分けて2つ入るものがあります。中身を見せたくない収納に、ピッタリですね。

■スペースに合わせてサイズを選択

撮影:Torinoさん


階段下にピッタリと収まった本棚。縦置きされたパルプボードボックスが、左から5段・4段・3段と階段下の余白に合わせて配置されています。高さは違えど棚の幅は同じなので、四角い箱が並べられたような、美しい統一感ですね。

■縦に横に積んでカスタマイズ

撮影:yukikoさん


勉強机を中心に囲むように、パルプボードボックスを配置。左右に4段のものを縦にして置き、その上に5段のものを横にしてのせる。幅もピッタリで、既製品のようですね。収納力も申し分なく、マネしたい組み合わせ方です。

アイデアしだいで変化する

オーソドックスな形、シンプルなデザインなのでさまざまなアレンジが楽しめるのも魅力の1つ。少し視点を変えるだけ、アイテムを追加するだけで、違う商品に見えるので不思議です。自分のお部屋に合わせて、自由に変化させてみてください。

■裏側も有効活用する

撮影:SACHIKOさん


リーズナブルな商品なので、裏側は薄いボードを組み込んだだけ。残念ながら、見せる仕様にはなっていません。しかし、それを逆手に取ったこのアイデア。裏側に子どもの絵を飾ることで、ただのボードが生きてきます。このように、ベッドルームとの間仕切りとして互い違いに配置して、両側から利用できるのもいいですね。

■違う組み合わせで、新しい収納に

撮影:Katsuraさん


本来ならA4サイズのパルプボードボックスにピッタリ収まる、ダンボール引出・2段。その1段分をスリムサイズのパルプボードボックスにはめて。上部に5㎝程度の隙間ができますが、そこも有効活用されています。無印良品は規格サイズが使いやすいので、他の商品と組み合わせることができて面白いですね。

■扉をつけてランクアップ

撮影:tsuponeさん


パルプボードボックスに木板の扉をつけたリメイクで、一気に高級感が増します。まるで、すべてが木板で作られているように見えますね。下部につけたセリアのネームプレートが、取っ手の代わりにもなり開閉しやすくなっています。

■おままごとキッチンにも変身

撮影:masami23yさん


スリムサイズのパルプボードボックスを横にして、おままごとキッチンに。コンパクトで、ちょうどいいサイズ感ですね。子どもの成長に合わせて、使わなくなったら他の収納として。シンプルな形なので、用途に合わせて使い変えることができて優秀です。
マルチに使える、無印良品のパルプボードボックス。価格やサイズ展開はもちろん、活用のバリエーションが豊富で魅力的ですね。適当にカラーボックスを買うより、今後買い足すことも考えて、これを選んで損はないです。


執筆:connects

外部リンク

機能も見た目も満足な、ランドリーグッズの選び方

03.21 20:00 RoomClip mag

毎日行うお洗濯。大切な仕事とはわかっていても、ついつい面倒になりがち。でも、どうせやるなら、楽しみながらやりたいですよね。お気に入りのアイテムを利用すれば、きっと心もウキウキして楽しい時間になること間違いなし!見た目はもちろん、機能性も良いアイテムをご紹介します。

お洗濯の必需品、ランドリーバスケットのおすすめは?

これから洗濯するものを入れたり、洗濯物を入れて運んだりと絶対に必要なランドリーバスケット。毎日目にするものがお気に入りであればテンションもあがりますよね。インテリア性の高いものや実用的なものまで、さまざまなランドリーバスケットをご紹介します!

■カラフルでテンションアップ!

撮影:popさん


明るいお庭に映えるカラフルなランドリーバスケットです。毎日マンネリ化してつまらなくなってしまいそうなお洗濯の時間が、楽しい時間に早変わりしますよ。太陽が出ていなくても、元気に楽しくお洗濯ができそうですね。

■中身を見せないのがすっきり見せるコツ!

撮影:hiro.rororoさん


こちらはキャンバス地でできたランドリーバスケット。中身が見えないのですっきりと見せられ、来客が来ても安心です。キャスター付きなので、たっぷりと衣類が詰まっても移動が楽ですね。

■目からウロコの、すっきりしまえる一品!

撮影:3838さん


中身も隠したいし、濡れたものも入れたいしという方にぴったりなのが、ラックにしまえるランドリーバスケット!かごには取っ手がついているので持ち運びも楽々ですね。シンプルですっきりとしたデザインは狭い洗面所にもぴったりです。

■男前なDIYランドリーボックス♡

撮影:AyAさん


ステンシルがかっこいいこちらのランドリーボックスは、ユーザーさんの手作り!男前な雰囲気でインテリアの主役になりそうです。すのこを用いたというアイディア抜群の作品です。

話題沸騰!便利でステキなランドリーカート

ランドリーカートってご存知ですか?外国などでは日常的に使われているインテリア性の高いアイテムです。腰をかがめなくても洗濯物の出し入れができるので機能性も抜群。外国風インテリアを目指すならぜひ取り入れたい一品です。

■二段式で機能性も◎

撮影:ranranharuruさん


こちらは通販で購入したというランドリーカート。男前にもモノトーンにも、どんなインテリアにも合いそうな一品です。黒い洗濯機とも相性抜群ですね。ほかにシルバーもあるそうです。

■絶対便利なキャスター付きはおすすめ!

撮影:municoさん


意外とかさばり、重さもある洗濯物。いちいち持ち上げるのも大変ですよね。キャスターがあると絶対に便利です。こちらはショップかごを利用したランドリーカートです。シルバーと赤の組み合わせが大人っぽく、インテリアによくなじんでいます。

■自分だけのランドリーカート!

撮影:yupinokoさん


こちらはなんと手作りで作られたというランドリーカート!手持ちのお気に入りのランドリーバスケットを利用できるので、とっても便利。高さ調節に折り畳みもできるという、至れり尽くせりの一品です。

断然便利なランドリーラック!

ハンガーや洗濯ばさみ、洗濯ネットなどさまざまな形をしている洗濯用品。ごちゃごちゃと絡まったりしてしまいづらく、ストレスを感じている方も多いのではないでしょうか。すっきりとしまえて、より時短になるテクニックをご紹介します!

■一か所に集合させれば、時短にもなります!

撮影:rizumamaさん


場所に余裕があればぜひやりたいのが、洗濯グッズを一か所にまとめたラックです。布団ばさみから、絡まりがちなピンチハンガーまですっきりとしまえます。キャスター付きなので移動も楽ですね。

■ハンガーはファイルボックスですっきりと

撮影:HAZUKIさん


大人用、子ども用など種類がいろいろあるハンガー収納におすすめなのが、ファイルボックスに入れる方法です。見た目もスッキリとしていて取り出しやすそうですね。入れ口にもハンガーが引っかけられるのでとっても便利です。

■つるす収納ですっきり絡まない!

撮影:soaraさん


塩ビパイプを利用した洗濯グッズ収納ラックです。洗濯ばさみやハンガー、ピンチハンガーもすっきりと収納しています。見た目も◎、使い方も◎の収納方法です。
忙しい毎日の中、ついおっくうになりがちなお洗濯。便利でおしゃれなアイテムがあれば、断然楽しい時間になりますね。気軽に取り入れられるランドリーグッズで、洗面所もより、インテリア性が高いお部屋の一つになりそうです。

執筆:mochikinako

外部リンク

12のコツで「家族がくつろげる家」をつくろう!

03.21 20:00 RoomClip mag

「くつろげる家」とはどんな家なのでしょうか。家族がありのままの姿で思い思いに過ごせる家には、和やかで楽しい時間と静かな癒しの時間が存在するのではないでしょうか。今回はRoomClipユーザーさんの実例を参考に、ヒントを探してみましょう。家について家族と話し合うのも近道かもしれませんね。

誰もが気持ち良く過ごせるよう「整える」

まずは環境を整えることが大切です。家族が快適に過ごすために何が足りませんか?そして物の有無だけでなく、配置や整理整頓も重要です。ここではユーザーさんの実例を見ながら、ちょっと見直しておきたいポイントをご紹介します。

■①水まわりは特に清潔感に気をつける

撮影:usaco.さん


水まわりの汚れは意外とストレスを感じるもの......。そのため手入れのしやすい工夫が必要です。usaco.さんの洗面所は、シンプルで使い勝手も良さそう。窓からの日差しもあって、明るくて爽やかな空間ですね。物が少ないことで、気づいたときにササッと掃除♪帰宅した家族を気持ち良く迎え入れてくれますよ。

■②収納棚には分かりやすい工夫をする

撮影:Hito-95さん


物の場所がよく分からないと、探す手間も増えイライラしたり、不安になったり落ち着けないのではないでしょうか。Hito-95さんはSkittoでスッキリ整理整頓。見た目の美しさだけでなく、家族にも分かりやすそうです。見えないところはついつい後回しになりがちですが、定期的な見直しが必要ですね。

■③長居したいソファ&ラグを選ぶ

撮影:sea_green_skyさん


特に腰を下ろすソファやラグは、デザインの好み以上に座り心地肌触りなどが重要です。sea_green_skyさんは、リビングのソファとラグで、ついついゴロゴロしてしまうそう。くつろぐ場にその気持ち良さは最高ですよね。お休みの日に、家族そろってゴロゴロタイムも悪くありません。

家族がホッとするインテリアを

ひとくくりに家族と言っても、個性と好みをそれぞれに持ち合わせた「人」の集まりです。家族の好みや声を取り入れた部屋づくりを心がけたいですね。ここでは安らぎにつながるポイントを、ユーザーさんの実例と一緒に見ていきましょう。

■④間接照明で癒しと静けさを演出する

撮影:YUHさん


大人空間を思わせるYUHさんの夜のリビングでは、間接照明が大活躍。一日の疲れを癒したい夜は、優しい照明がピッタリ。間接照明のほど良い灯りが窓から漏れ、帰宅する家族もホッとできそうですね。

■⑤カーテンの昼と夜の表情を知っておく

撮影:saooo39さん


白い空間の差し色になっているパープルのカーテンは、saooo39さんのお気に入り。リネン素材で優しげな雰囲気。夜は照明効果でどんな色になるのでしょう。カーテンは昼と夜、中と外で印象が変わります。特に夜に外から見ることを忘れずに。家族の温もりを感じる、そんな夜の表情を大切にしたいですね。

■⑥心が落ち着く壁紙を選ぶ

撮影:haruemilyさん


アクセントクロスは、インテリアのコンセプトに合わせたり、家族の好きな色を使ったりと選ぶ理由はさまざま。haruemilyさんのリビングには、ダークブラウンが使われています。ダークでありながら重すぎず、季節を選ばない落ち着いた色で、家族も来客もくつろげそうな空間に仕上がっていますね。

遊び心で家族とのあたたかな時間を増やす

お子さんがいたら理想のインテリアから遠ざかりがちですが、どうせだったらその暮らしを楽しんじゃいましょう。ありのままの姿を家族で喜び合えると、会話も関わりも増え、互いに安心して暮らせるのではないでしょうか。ここではお子さんとの暮らしを楽しむ、ホッコリな実例をご紹介します。

■⑦工夫をこらしたキッズスペースをつくる

撮影:taitaiさん


キッズスペースは理想と現実がぶつかり合うところ。でも大人が試行錯誤したスペースには、愛情とぬくもりを感じます。taitaiさん宅の通路につくられたキッズスペースがまさにそう!固定観念を捨てたアイデアで、家中に「楽しい」が散りばめられています。家族みんながワクワクできて最高に楽しいおうち時間です。

■⑧お子さんの作品を飾る

撮影:kiyoさん


お子さんの成長を感じる作品は、kiyoさんのように飾ってみませんか?飾り方にもひと工夫して、視界に入るたびに笑顔になれるギャラリーにしたいですね。季節やイベントに合わせて作品を入れ替え、お子さんと一緒につくったり飾ったり・・・・・・。おうちでの楽しい思い出を増やせそうです。

■⑨家族とのやり取りを楽しみ、形で残す

撮影:anko.hibuさん


親子の密な関わりがうかがえる、anko.hibuさんの冷蔵庫横。そのユーモアあふれるイラストとメッセージや、身支度表、娘さんの手紙から、毎日の生活が目に浮かびます。見ているだけで楽しいanko.hibuさんのイラストは、娘さんも楽しみで仕方ないはず♡ユーモアの持つ魅力を強く感じられる実例ですね。

○○を堪能しよう

家族とくつろぐのと同時に、何かをジックリ味わったり楽しんだりと、好きなことに集中できる時間や空間もとても大切です。リフレッシュできたり、毎日の活力になったり、その結果くつろげる家になるのではないでしょうか。ここではその一部を一緒に見ていきましょう。

■⑩ひとり時間を過ごせるスペースをつくる

撮影:calmhorizonさん


完全個室でなくても、家族に気を遣わずに過ごせるスペースがあるといいですね。calmhorizonさんはロフトで、ひとり時間を充実させているようです。お子さんが寝た後に読書やテレビ鑑賞。ほんの少しでも自分時間を持つことで、心満たされ癒されて明日も頑張ろう!と思えますね。

■⑪ウッドデッキやバルコニーを活用する

撮影:sachiさん


sachiさんはウッドデッキでバーベキュー。ビタミンカラーのタープで日差しと視線をカット!見た目も元気いっぱいで、楽しいイベントをさらに盛り上げてくれそう。外もプライベート空間として使えると、いつもの家が特別空間になって、リフレッシュ&リラックスできますよ。

■⑫自然を取り入れる

撮影:Claraさん


冬だと思えない暖かそうな日差しと、みずみずしい観葉植物のグリーンがとっても鮮やかな、Claraさんのダイニング。建具や家具の木目の色で、グリーンがさらに魅力的に見えます。部屋に観葉植物を置いたり、窓からの日差しや風を体で味わう。何もしていなくても、心休まるのを感じられるはず。
何か役立てられるヒントは見つかりましたか?好きな物に囲まれる生活も心を豊かにしてくれますが、少し視点を変えることでもっと大好きな家になるかもしれません。家族の心がほぐれる家づくりを目指したいですね。

執筆:ASA

外部リンク

自立へつながる☆子どもが暮らしやすい収納のコツ

03.19 20:00 RoomClip mag

RoomClipユーザーの収納に関するtipsを紹介する「収納のコツ」連載。
今回は、シンプルなモノトーンインテリアの中に、かわいいモチーフをプラスした遊び心が魅力的なお部屋を作り上げているjuri555さんに収納のコツをお伺いしました。

今回教えてくれたユーザーさん♪

juri555さん
「3年前に家を建てました。小5、小2、年少の三兄弟の息子がいます!モノトーンを主として子供部屋はテーマを決めてカラフルインテリアを楽しんでいます。」

見えない所もスッキリ見えるように

物が綺麗に収納され、スッキリ&広々としたお部屋を保たれているjuri555さん。インテリアも含め、収納家具や容器もモノトーンで統一され扉を開けてもキレイで整った収納が印象的です。

juri555さん
「収納用品はモノトーンで揃えて、扉で見えない所もスッキリ見える様に、子供達でも使いやすくを考えて収納しています。」

juri555さんの収納を拝見し、見やすく使いやすそうな印象を受けたのは、お子さんでも使いやすいよう工夫がされていたからなのですね。さらに、モノトーンに統一することでビジュアルストレスの少ない、スッキリとした収納と空間を実現されているわけです。
今回juri555さんには「子供が暮らしやすい収納のコツ」をご紹介いただきます。子供の毎日が、よりスムーズで豊かになる収納のコツになっています。自分でするから、お母さんも嬉しい収納法です!

子供が暮らしやすい収納3つのコツ

■その1 シューズクローゼットはショップ風に

juri555さん
「シューズクローゼットは普段扉が閉めていますが、子供達が開けっ放しにしていく事が多々あるので、見えても恥ずかしくない様に収納することを心がけてます!学校に行く前に靴や帽子、手袋、などを自分達で選べるよう、ショップ風に!」

■その2 お気に入りのおもちゃは見せる収納に

juri555さん
「子供部屋に続く小さな廊下部分に棚を付けてもらい、そこにお気に入りのおもちゃと本を置いています!よく遊ぶ物は下の方にしてそのままそこのスペースで遊んでいます。お片付けも棚に置くだけだから簡単です。」

■その3 ランドセルや教科書類はリビングの扉付き収納場所へ

juri555さん
「子供部屋に机はなく、キッチンのカウンターで勉強をしています。横の収納にランドセルや学校で必要な物を全て置いていて、帰ってきたらここで全て物を収納し、宿題をして準備を終わらせます。そして来客時は扉を閉めてしまえばスッキリです!」

オススメの収納アイテム

ITEM mon・o・tone A5ブック型ケース(ブラック)
PRICE 500円

新居が建った時にこの商品を買い揃えました!薬を入れたり、文房具、工具、電池など何を入れてもスッキリ収納出来るし、子供でも取りやすく開けやすいので重宝しています。

最後に、収納が苦手な方へのアドバイスをいただきました

juri555さん
「まずは断捨離をして、必要な物だけと暮らすのが収納しやすい家を作るコツだと思ってます。1年間触ってない物は処分。靴は一足買ったら一足処分。うちは年に1回フリーマーケットを開催して、子供達と要らないもの探しをします。」

生活動線に合わせた収納アイディアで、暮らしがスムーズに!

「子供が自分でできる収納」のコツが凝縮されていましたね。子供の生活動線に合わせて、取り出しやすく片付けしやすい環境を整えてあげるだけで、無理のない片付け習慣を身に付けることができそうです。
子供自身が主人公となりながら毎日の生活を送っていく、とても大切な暮らしのヒントまで教えていただいたように思います♪ご紹介いただいたjuri555さんのコツを参考に、使いやすい収納の見直しをしてみませんか?

執筆:RoomClip mag 編集部

外部リンク

シンプルなものをイメージチェンジ!ステンシルの実力

03.19 20:00 RoomClip mag

シンプルなものを、シンプルに使うのも使いやすくていいですが、ステンシルを使って、オリジナリティあふれるアイテムにしてみるのはどうでしょうか?ステンシルをすることによって、たちまちセンスあふれるアイテムに変わります。ユーザーさんの参考になる、ステンシルづかいをチェックしてみましょう。

100均のステンシルシートで

100均では、DIYやハンドメイド作品をステキにチェンジさせてくれる、強い味方のステンシルシートが手に入ります。まずは、100均のステンシルシートを使った、ユーザーさんのアイデアを紹介します。

■リメイク缶にステンシル

撮影:noaさん


こちらのかっこいいリメイク缶。ユーザーさんは、ステンシルと転写シールを使って作られているのですが、区別がつかないほどクオリティの高い仕上がりです。上のサインボードも、ステンシルでアレンジされていますね。ステンシルのシートも100均で購入できるので、気軽に挑戦できます。

■リメイク鉢にステンシル

撮影:saori0712さん


ポップな色合いが、目を引くリメイク鉢。カラフルな色にブラックでステンシルされた文字が、よく映えています。見ているだけで元気をもらえそうな作品です。ユーザーさんは、カーブになっているところも、とても上手に仕上げています。

■アンティークな雰囲気

撮影:mapleさん


こちらは、廃材を利用したオブジェです。もともと切れ目の入った廃材を使われているようで、その上にステンシルされています。廃材の古い雰囲気と、ステンシルされた文字が、アンティークのような雰囲気をかもし出しています。

■数字のステンシルシート

撮影:saffyさん


ステンシルシートは、英字以外に数字もあります。ものの収納が番号で管理できて便利ですね。カフェ風のユーザーさんのお部屋の雰囲気には、ラべリングよりもステンシルの風合いがよく合いますね。

100均商品を使ったDIYにもステンシルでアクセントを

RoomClipユーザーさんは、100均商品を使ったDIYがとても上手です。そんなDIY作品にも、ステンシルを施せばアクセントになり、より素晴らしい作品になるのではないでしょうか?ユーザーさんの、センスが光る作品を見てみましょう。

■セリアのワイヤーかごリメイクにステンシル

撮影:arch-to-meetさん


こちらのユーザーさんはセリアのワイヤーかごで、靴下入れをDIYされています。中身が見えないように、つけられたふた部分にステンシルをされています。靴下が収納されているとは思えないような、おしゃれな収納ですね。

■男前インテリアにもピッタリ

撮影:yu_ka101さん


セリアのすのこと焼き網を使ったDIYで、ラックを作られています。そこにステンシルがされているだけで、すのこと焼き網だということを忘れてしまうほどの仕上がりです。ユーザーさんの男前インテリアにピッタリですね。

■ランドリーボックス

撮影:AyAさん


数々のDIY作品をつくられているこちらのユーザーさん。どれも、クオリティが高く便利なものばかりです。そのほとんどに、ステンシルが施されており、作品をセンスアップされています。こちらのランドリーボックスもその1つです。すのこでつくられたランドリーボックスがステンシルでカッコよく仕上がっていますね。

こんなものにもステンシル

使う塗料によって、布やビニール素材までさまざまな素材にステンシルをすることができます。自分だけのデザインで、オリジナルの作品づくりをされている、ユーザーさんのアイデアを見てみましょう。

■クッションもオリジナルに

撮影:taekoさん


こちらのユーザーさんは、ダイソーのクッションにステンシルをされていて、オリジナル度の高い作品を作られています。無地のクッションをステンシルで自分だけのクッションにできるなんて、ワクワクしますね。このように、使う塗料を考えればさまざまなものをアレンジすることができます。

■ビニールシートにステンシル

撮影:masarinn.さん


植物の寒さ対策に使われているビニールシートに、ステンシルをされています。なかなか思いつかないアイデアですが、ステンシルがあるのとないのとでは、雰囲気ががらりと変わります。ユーザーさんのアイデアと腕前は素晴らしいですね。

■ガラリとイメージチェンジ

撮影:MJ1965さん


なんと、ふすまにリメイクシートを貼ってイメージチェンジされている、その上にステンシルをされています。和室であったことが想像できないくらいですね!ステンシルのおかげで、すっかり洋室のようになりました。
いかがでしたか?オリジナリティあふれるアイテムを作るのにもってこいのステンシル。ユーザーさんのとても参考になるアイデアが、盛りだくさんでしたね。ぜひ魅力たっぷりのステンシルにトライしてみてはいかがでしょうか?

執筆:shirokurousagichan

外部リンク

しまむらとニトリでつくる☆くつろぎソファスペース

03.19 20:00 RoomClip mag

家にいるとき、ソファで過ごす時間が一番長いという方は多いのではないでしょうか。同じソファでも、クッションやラグなどの合わせ方によって、印象はずいぶん変わりますよね。今回はしまむらとニトリから、RoomClipユーザーさんが選んだ、ソファまわりのアイテムをご紹介します。

いくつでも欲しくなっちゃうクッション

しまむらもニトリも、クッションやクッションカバーはとっても種類が豊富!見ているとあれもこれも欲しくなって、どれにしようか迷ってしまいますよね。ユーザーさんは、どんなソファにどんなクッションを置いているんでしょうか。ご紹介します♪

■クールなパッチワーク柄

撮影:piitanさん


黒いレザーのソファに合わせているのは、パッチワーク柄のクッション。パッチワークというとカントリー調なイメージですが、こちらはシックな色とアメリカンな柄の組み合わせがとってもカッコいい!男前なラグとクッション、どちらもしまむらのものだそうです。

■大人気のハリスツイードコラボ

撮影:mocathyさん


しまむらとハリスツイードのコラボ商品は、もはや定番といってもいいくらいの大人気商品です。こちらの、明るい色の木製家具とたくさんのグリーンに囲まれた、ナチュラルテイストのお部屋。ハリスツイードの温かみのある素材とデザインが合っていて、優しい雰囲気になっていますね。

■ニトリのカウ柄クッションカバー

撮影:mocoさん


RoomClipで他のユーザーさんがあげている写真を見て、欲しくなって買いに行った!という声が多い、ニトリのカウ柄クッションカバー。こちらのお部屋では、アンティークの家具に囲まれたソファになじみつつ、ほどよいアクセントになっています。

■鹿柄クッションカバー

撮影:erikamama.さん


なんとも印象的な、リアルな鹿が描かれたこちらのクッションカバーも、ニトリのもの。暖炉型ヒーターが置かれた、マントルピースとロッキンチェアに合わせて、映画の中のような憧れの空間に。

ラグ、無地にする?柄物にする?

面積の広いラグは、お部屋の印象を左右する大事なアイテムです。それだけに購入する際は、お部屋に合うかどうか悩む方も多いのではないでしょうか。シンプルなものもいいし、柄物でアクセントをつけるのも素敵。ユーザーさんの実例をぜひ考にしてみてくださいね。

■シンプルで合わせやすいラグ

撮影:asukaさん


肌触りの良さそうなこちらのラグは、しまむらのもの。しまむらというと、柄物のラグのイメージがあるかもしれませんが、こんなシンプルなものもあるんです。明るいトーンのお部屋にシックな、グレーで落ち着いた印象になっていますね。

■しまドルトン

撮影:RIYUKAさん


アウトドアブランドのペンドルトン風なネイティブ柄ファブリック。しまむら×ペンドルトンで、しまドルトンと呼ばれて大人気となっている商品です。真っ赤なソファに柄物のラグとクッションカバーという、個性的なアイテムでもまとまって見えるのは、柄の中にソファに合わせた赤が入っているからですね。

■ニトリのキリム柄ラグ

撮影:Naomiさん


こちらのラグはニトリのものです。モノトーンでありながら、温かみを感じるキリム柄が、シンプルなお部屋に程よいアクセントになっています。グレーのソファとも相性バツグンですね。

他にもいろいろくつろぎアイテム

ソファの居心地をよくしてくれるのは、クッションやラグだけではありません。しまむらやニトリで、素敵なファブリックアイテムを見つけて使っているユーザーさんをご紹介します。

■ニトリのブランケット

撮影:morimiさん


壁紙や棚にもこだわりを感じるこちらのお部屋。男前なイメージの黒いソファの背に掛けられているのは、ニトリのブランケットです。くすんだ色味がお部屋の雰囲気に合っています。ブランケットは、こうしてソファの背に掛けたり、丸めてかごに入れておいたり、無造作にソファのまわりにあるだけでもサマになります。

■しまむらのラウンド毛布

撮影:sonpyさん


夏に人気が出た、ラウンドビーチタオル。寒くなってもその人気は継続中です。しまむらでは、西海岸インテリアに合いそうな柄が数種類、ラウンド毛布として売られているようですよ。こちらのユーザーさんのように、ソファカバーにしてもおしゃれですし、床に敷いてラグとして使ってもいいですね。

■一見本物!? な切り株スツール

撮影:Shooowkoさん


こちらのユニークな柄のスツールは、ニトリで売られているものです。北欧スタイルのお部屋になじむ、遊び心のあるデザイン。高さが2種類あり、こちらのユーザーさんが使っているのは低い方です。白クマ柄のスローケットもニトリのものだそうで、ワンちゃんも気持ちよさそうですね。
ソファでゆっくりリラックスタイムを過ごしたくなるようなアイテムが、しまむらやニトリにはたくさんあります。ご紹介したユーザーさんのお部屋を参考に、ご自宅のソファに合うアイテムを探しに行ってみてくださいね。

執筆:chiko

外部リンク

どちらがお好み?ニトリと無印良品のアロマディフューザー

03.19 20:00 RoomClip mag

いい香りに癒されたい♡そんなときはアロマディフューザーがオススメ!さまざまな商品を取り扱っているニトリと無印良品にも素敵なアロマディフューザーがそろっています。今回は飾るように使えるニトリ、場所に合わせて選べる無印良品。それぞれのアロマディフューザーをRoomClipユーザーさんたちのコメントをもとに比較してみましょう!

おうちのなかにアロマを。みなさんのこだわりは?

癒しの時間はもちろん、おうちの中どこでも好きな香りを楽しみたい!それをアロマディフューザーなら叶えることができます。けれど、たくさんのアロマディフューザー、何を基準に選んだらよいか迷いますよね。そんなときは、おうちの雰囲気に合うか、好きな香りを楽しめるか、どこで使いたいかの3点を基準に選ぶと◎。

■好みの香りでどこでもリラックス

撮影:Yoheiさん


気分やシーンに合わせて香りを楽しめるアロマディフューザーをおうちに取り入れる方も増えてきています。ニトリや無印良品にはディフューザーと一緒に使えるアロマオイルもあります。アロマディフューザーは素敵な景色の見えるこんなお部屋にもぴったり!香りとあたたかなライトで癒しの空間がワンランクアップしますね。

飾るように使いたい!そんな方はニトリがオススメ

現在ニトリには2種類のアロマディフューザーがあります。「ネージュ」と「パホーム」。どちらもあたたかな暖色系のライトがつき、癒しの空間を演出してくれます。形が特徴的なのでインテリアとして飾りながら好きな香りを楽しむことができます。

■ユーザーさんには「パホーム」が人気!

撮影:nya-nyaさん


おうちの形をしたアロマディフューザー「パホーム」。お値段も2848円(税別)とおてごろです。卓上にすっきりとおけるコンパクトサイズで、ツヤツヤとした素材です。ミストは煙突から出てきます。

■かわいい印象に

撮影:asami.さん


まず特徴といえるのがこの形ではないでしょうか。他にはないおうち型のアロマディフューザーは見た目だけでもかわいいですよね!お気に入りの空間やインテリアにもなじみますね。

■窓からこぼれるあたたかな灯り

撮影:ai.さん


電源をいれると窓のLEDがオレンジ色に点灯します。おうちの窓からこぼれるやさしい灯りがこのパホームの特徴です!こんなほんわかとしたやさしい灯りと大好きな香りに心も身体も癒されそうです。

■置き場所に困らない

撮影:kokkomachaさん


小ぶりですっきりとしたサイズのパホーム。グリーンと並べてもこんなにすっきりと置くことができます。自分のお気に入りの空間はもちろん、どんな場所でも癒しの香りを楽しむことができそうですよね。

場所を選ばず使いたい!そんな方には無印良品がオススメ

無印良品には「超音波うるおいアロマディフューザー」「超音波アロマディフューザー」「磁器超音波アロマディフューザー」と3種類のアロマディフューザーの取り扱いがあります。

■広いリビングもいい香り

撮影:yumereiさん


超音波うるおいアロマディフューザーは12~15畳もの広さに対応しています。これならリビングで使っても部屋中を大好きな香りでいっぱいにすることができますね。タイマーつきなので切り忘れ防止にも◎。お値段は6900円(税込)です。

■シンプルなのでどんなテイストにも

撮影:comiriさん


シンプルなつくりの無印良品のアロマディフューザー。シンプルだからこそ、どんなテイストのお部屋にも馴染みます。2段階の明るさ調整ができるのでシーンに合わせて使い分けることもできそうですね。

■小ぶりなサイズもあります

撮影:yuzukoさん


超音波アロマディフューザーは6~8畳に対応しています。その名のとおり超音波でミストを発生させているので小ぶりでも香りを十分楽しむことができます。こちらも2段階の明るさ調整ができるので寝室などにもあいそうですね。お値段は4900円(税込)です。

■陶器製もあります

撮影:iridescent1115さん


磁器のあたたかみのある灯りが特長の磁器超音波アロマディフューザー。こちらも6~8畳に対応しています。灯りをともせば、もれ出す光とあふれる香りで究極のリラックス空間になりそうです。お値段は5900円(税込)です。
いかがでしたか?それぞれに良さがあり、素敵なポイントがたくさんありました。RoomClipユーザーさんのコメントも大変参考になりましたね。みなさんのお好みのアロマディフューザーはありましたか?ぜひお気に入りを見つけてみてください。

執筆:chiyo

外部リンク

便利なアイデア満載!S字フックの活用法

03.19 20:00 RoomClip mag

収納の悩みを解決してくれる便利グッズの中で、つっぱり棒やカゴなどと並んで人気なのがS字フックです。100均やホームセンターにはさまざまなサイズのものがあります。RoomClipでもたくさんのユーザーさんが、S字フックを使った収納アイデアを紹介なさっています。その中からいくつかを見せていただきましょう。

S字フックを使ったキッチンの収納わざ

キッチンツールの収納に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。料理上手は収納上手とも言われています。キッチンツールを使いこなすためには、収納・管理も大切です。RoomClipのユーザーのみなさんは、どんな工夫をされているのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

■つっぱり棒とS字フックで引っかけ収納

撮影:_2102020さん


ターナー類は種類も多く形もバラバラなので、引き出しでは収納しにくいですよね。使いたいときに見つけやすく、すぐに取り出せるような工夫をすることで料理の効率も良くなります。こちらのユーザーさんのように、つっぱり棒とS字フックで引っかけておくと一目でどこに何があるかわかり、サッと使えて良いですね。

■棚の下のスペースも有効活用

撮影:Hisayoさん


キッチンの壁に棚を設置しているお家もよく見かけますね。棚の下のスペースって、どのように利用していますか?棚板の下の面にIKEAのタオルハンガーを取り付け、そこにS字フックでふきんやカゴを吊り下げて収納しています。たくさんのものを掛けず、間から見える壁紙を楽しめるのが良いですね。

■S字フックと100均すのこで簡単収納

撮影:yuruaruさん


レンジフードにターナー類を吊り下げて収納されている方も多いですが、こちらのユーザーさんは自作のラップホルダーを吊しています。このラップホルダーは、セリアのすのこ2枚とS字フックでできているそうです。100均のすのこは軽いので、レンジフードに負担がかからず、ラップを乗せるのにちょうど良いサイズですね。

衣類の収納にもS字フックは大活躍!

S字フックは、衣類の収納でもいろいろな活用方法があります。クローゼットの中に新たな収納スペースを追加したり、普段着るものをちょい掛けしておくのにも便利です。また、洋服だけでなく、バッグや帽子などのファッションアイテムの収納にも重宝します。S字フックを使った衣類や帽子の収納アイデアを見ていきましょう。

■小さな子どもでも選びやすいクローゼット

撮影:taitaiさん


パイプにハンガーを掛けて使うタイプのクローゼット。もともと1段だったパイプを、ロングタイプのS字フックとつっぱり棒で3段まで増設しています。一番下の段は、お子さんが自分で洋服を選びやすい高さになっています。衣替えや洗濯後の片づけが簡単にできたりと、とても良く考えられた素晴らしいクローゼットです。

■ショップみたいなディスプレイ収納

撮影:TomorrowAさん


パンツスタイルが好きな方には、こんな収納アイデアはいかがでしょう。ジーパンのベルト通しにS字フックを引っかけて、パイプハンガーに吊るしています。ショップのディスプレイみたいでかっこいいですよね。引き出し収納のように畳む手間もありませんし、全体像が見えているので、お目当てのものが見つけやすそうです。

■いつもながめていたい!コレクション収納

撮影:KLMさん


帽子やバッグを集めるのが趣味の方におすすめなのが、見せる収納です。せっかく集めた素敵なコレクションを見えない場所にしまったままにしておくのはもったいないですよね。こちらのユーザーさんのように、つっぱり棒とS字フックを使って簡単にできる、見せる収納にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

S字フックのさまざまな活用法

キッチン、クローゼットと見てきましたが、みなさんそれぞれの用途に合った工夫をされていらっしゃいますね。キッチンやクローゼット以外の場所で、ユーザーのみなさんがS字フックを活用されている事例も知りたくなってきました。ではさっそく見ていきましょう。

■これで安心!浴室のカビ対策

撮影:Riiさん


お風呂で使うイスや手桶は、気をつけていてもカビが生えやすいですよね。カビを防ぐためには乾燥させることが一番!使わないときはS字フックで吊り下げておきましょう。これなら水切れもよく、床と接している面も乾かせるので安心ですね。

■S字フックと有孔ボードでスッキリ収納

撮影:oranginaさん


掃除道具の収納、どんな風にしていますか?掃除道具はなるべくまとめて一ヶ所に収納するのが使いやすくて良いのですが、専用の収納庫があるお家はそんなに多くないですよね。有孔ボードとS字フックを使って、こんな掃除道具専用の収納スペースを作ってみてはいかがでしょう。

■S字フックで簡単。ハンギンググリーン

撮影:yu_kiさん


お部屋にグリーンがあると癒されますよね。鉢植えを置くのも良いですが、ハンギンググリーンもおすすめです。S字フックは、観葉植物を吊るすのにももってこいのアイテムです。リビングで使うなら、S字フックにも飾りのついたものや、個性的なデザインのものを選ぶと、よりおしゃれに見えます。

■これでもう、忘れものとはサヨウナラ!

撮影:lokelaniさん


毎日のお洋服のコーデに合わせて、バッグも持ち替えますよね。バッグの中身を詰め替えていると、ウッカリ忘れ物が……なんてこと、ありませんか?S字フックとアイアンサークルなどを組み合わせて作った、吊り下げて見せる収納アイデアはいかがでしょう。これなら必要なもののありかが一目で分かりますね。
ユーザーのみなさんが実践されている、S字フックを使った収納アイデアをご紹介してきましたがいかがでしたか?つっぱり棒や有孔ボードなどと組み合わせることで、アイデアの幅が広がることがよくわかりましたね。

執筆:莉緒

外部リンク

ディーン&デルーカのアイテムでお部屋をスッキリ!

03.19 20:00 RoomClip mag

国内外の美味しい食材をはじめ、食に関する雑貨を扱うセレクトショップ「DEAN & DELUCA」(ディーン&デルーカ)。セレブにも人気のアイテムたちは、さまざまな雑誌でも取り上げられ、雑誌付録がたびたび作られるほどの人気です。そんなディーン&デルーカのアイテムを使って、スッキリと見えるお部屋をご紹介します。

食するよろこびを与えてくれるディーン&デルーカ

世界中の美味しい食べ物を集めた、食するよろこびを伝えてくれるセレクトショップ、ディーン&デルーカ。選び抜かれた美味しい食材はもちろん、食卓を彩る雑貨たちも上質でカッコいいと人気です。ディーン&デルーカのお気に入りアイテムに囲まれたお部屋はスッキリとして、家事もはかどりそうですよ。

■シンプルな定番アイテム+ロゴ

撮影:Mi-naHiさん


定番のシンプルな雑貨たちも「DEAN & DELUCA」のロゴが入ると、よりいっそうオシャレに見えます。質の良いアイテムばかりで、ついつい揃えたくなってしまいそうです。

保冷バッグを収納ボックスとして利用

まずは本屋さんでも購入できる、雑誌の付録についていた保冷バッグを収納に取り入れたお部屋をご紹介します。品ある落ち着いたカラーに「DEAN & DELUCA」のロゴが入った保冷バッグは、取っ手つきでファスナーもついているので、実は収納にもってこいなんですよ。

■パントリーの収納に

撮影:sayumiresoraさん


白で統一されたサイズ違いのボックスを並べて、スッキリと整頓されたパントリーです。上部に並べられたディーン&デルーカのグレーの保冷バッグがアクセントになっています。こちらは雑誌の付録ですが、保冷バッグとしてはもちろん、細々した雑貨をまとめるのにも便利です。

■見せる収納棚にも映えるロゴ

撮影:hiroさん


こちらはキッチンの見せる収納棚です。黒に白い文字のロゴがとてもカッコいい保冷バッグは浅型で幅もあり、収納にも便利そう。同じものをいくつも並べられていて、統一感のある雑貨屋さんのようなキッチンです。

■生成りが爽やかな保冷バッグ

撮影:hiroさん


こちらも雑誌付録だという生成りの保冷バッグです。無印良品の白いファイルボックスにもよくなじんで、スッキリと収納されていますね。このくらい大きいとたっぷり収納できますし、細かい雑貨類も隠すことができます。取っ手がついているので、必要な時も取り出しやすそうですね。

定番アイテムは使い方しだい

定番のアイテムも、使い方しだいでさまざまな収納に役立ちます。どれも見た目がよく、なるほど、と思わせてくれるアイデアばかりなので、収納のお悩みも解決してくれそうですよ。

■飾りたくなるトートバッグ

撮影:youcalさん


ディーン&デルーカファンなら一つは持っている、というロゴ入りトートバッグです。壁面に掛けて飾りたくなるような、シンプルだけど存在感のあるデザイン。ショッピングバッグにはもちろん、ふきんなどキッチン雑貨を掛けて収納しても使えそうです。

■そのまま置いてディスプレイする

撮影:suekkoさん


洗いざらしのタオルが積まれた見せる収納棚に、トートバッグをディスプレイしています。手前に置かれている瓶やフェイクグリーンが、ファブリックのアクセントになっていて、とてもステキですね。

■木箱をコンセントの配線カバーに

撮影:youandiさん


ウッドクレートボックスは蓋付きで格子になっているので、さまざまな使い方ができます。こちらはコンセントの配線を隠しており、ゴチャゴチャ感が全くありませんね。箱の上は携帯や持ち歩きたいものの置き場にすれば、モノが見当たらないなんて心配も減るかもしれませんよ。

■大きな木箱は野菜を入れても〇

撮影:colorfulさん


大きめのクレートボックスだったら、パリのマルシェみたいに野菜や果物を入れて保存してもカワイイですね。ジャガイモや玉ねぎなど、風通しの良い所に置いておきたい野菜の置き場に困っていた方も、これで解決です!

ラッピングの袋も再利用

ディーン&デルーカは、ラッピンググッズも見逃せません。プレゼントでいただいた袋を再利用し、収納に使うというアイデアもいくつか紹介されています。シンプルなロゴ入りの布製の袋は、思わず取っておきたくなるような上質なアイテムです。

■中にプラスチックのケースを入れて

撮影:shirokumaさん


一枚だとペラッと倒れてしまう布なので、中にプラスチックケースを入れて、入り口は折り曲げて置けるカゴのようになっています。袋として利用するだけでなく、カゴに変身させるなんて驚きのアイデアですね。

■吊り下げピンチを使って

撮影:pipiさん


こちらは口を折りたたんで、ピンチで吊るして、ペーパーナプキンを収納しています。ナプキンを味気ないビニールで保管するのではなく、ラッピング袋を使って、見た目も美しく収納できるなんてうれしいですね。
以上、ディーン&デルーカのアイテムを使って、スッキリとまとまったお部屋コーディネートをご紹介しました。ワンアイテム加えるだけで、お部屋の印象がグッとスッキリして見えるようです。上質なアイテムばかりなので、重宝すること間違いなしですよ。

執筆:ほっこり

外部リンク

昔ながらを見直そう♡魅力いっぱい、ほうき掃除のススメ

03.19 20:00 RoomClip mag

ほうきとちりとりって使ってますか?もしかしたら、学校の掃除の時間以来使っていないという方もいるかもしれませんね。でも、実はほうきって、エコで静かでクリーンで、便利な掃除道具なんですよ。実際にほうきとちりとりを掃除に使っているユーザーさんの実例とともに、その良さと選び方をご紹介したいと思います。

ほうきを素材で選ぶ

昔ながらの掃除方法であるほうきは、電気を使わないのでとってもエコな掃除道具です。部屋ごとにコンセントを抜いたり差したりなんてことも必要ありません。でも一口にほうきと言っても、素材やデザイン、使い方もいろいろ。どれを選べばいいの?という方のために、まずはほうきを素材別にご紹介しましょう。

■定番の草ほうき

撮影:king-29さん


IKEAのフックに掛けられたたくさんのほうき。ほうき掃除が好きになると、こちらのユーザーさんのように用途に合わせてだんだんとほうきが増える方も多いようです。両端のふたつと下のひとつが草ほうきですね。軽くて扱いやすいほうきなので、初めてほうきを買うという方は、まず草ほうきが1本あれば良いかと思います。

■長く使えるシュロのほうき

撮影:nao_nodaさん


こちらのユーザーさんもたくさんのほうきをお持ちです。左ふたつがシュロのほうきでしょうか。シュロほうきは、植物油脂を含んでおり、掃くことで天然のワックス効果があってフローリングにオススメのほうきです。お値段はちょっと高めですが、耐久性があるので長く使えるもののようですよ。

■デザインが豊富なプラスチック素材

撮影:makochi.mさん


毛の部分がプラスチック素材のものもあります。雑貨屋さんなどによく売っていますね。こちらのユーザーさんは、玄関掃除に使っています。プラスチック素材のものはデザインが豊富なので、お気に入りを選んでユーザーさんのように見せる収納にするのもいいですね。

■びっくり!手作りほうき

撮影:tompさん


こちらはなんと、ご実家に植えていたほうき草でほうきを作ってみたというユーザーさん。自分で使ったほうき、見た目もとってもかわいらしくて、愛着のある自慢のほうきでしょうね。自然と大事に使うようになりそうです。

使う場所で選ぶ

お部屋の掃除はやっぱり掃除機でという方も、ほうきの部分使いはいかがですか?また、掃除機と比べて静かに掃除できるのもほうきの魅力。朝、家族が起きる前に、赤ちゃんのお昼寝中に、深夜の帰宅後に、静かにささっとお掃除できちゃいますよ。

■テーブルの上をささっときれいに

撮影:miiさん


ほうきは床を掃くだけのものじゃないんです。机の上でだって使えます。パンくずや消しゴムのカスなど、手で集めるのは大変ですが、ほうきとちりとりならささっと簡単ですよ♪特にお子さんのいるおうちにはオススメです。

■ダイニングに常備しておく

撮影:maicoさん


食べこぼしなどで汚れがちなダイニング。お部屋の隅にほうきとちりとりを置いておけば、気になった時にささっとキレイにできて、ストレス知らず。こちらのユーザーさんが使っているほうきとちりとりは、チェストやイスと木の質感がぴったり。これならお部屋に置いておいても違和感がないですね。

■玄関にシンプルなほうき

撮影:suekkoさん


玄関掃除にほうきは必需品じゃないでしょうか。こちらのユーザーさんが玄関で使っているのは、無印良品のほうきとちりとり。シンプルなデザインなので、出しておいてもサマになりますね。

見た目で選ぶ

掃除道具も見た目は大事ですよね。お気に入りの掃除道具があれば、掃除の頻度も自然と上がりそう。また、デザインがいいと出しっぱなしにしておけるので、使いたいときにさっと手に取れて便利でもあります。思わず欲しくなっちゃうおしゃれなほうきをご紹介しましょう。

■色がきれいなレデッカーのほうき

撮影:tiisanakumaさん


ユーザーさんたちの間でも人気の、レデッカー社のほうきとちりとり。明るいカラーが魅力的です。こちらのユーザーさんは、これをガラス戸の裏に掛けています。ドアを開けていても閉めていても見えるので、きれいな色のほうきとちりとりの見せる収納には最適な場所ですね。

■DULTONのほうき

撮影:bmw5555さん


見たら思わずにっこりしてしまいそうなちりとりも、DULTONのものです。遊び心が楽しいですね。DIYで作った掃除道具入れの棚やステンシルとの相性もばっちりです。

■手作りのほうきカバーはいかが?

撮影:nicolaさん


こちらののユーザーさんは、ほうきに手作りのマリメッコ柄のカバーを掛けています。ひと手間かけることで、見た目がいいだけでなく、道具により愛着がわくかもしれませんね。他のインテリア雑貨と柄を合わせたりしても楽しそうです♪
いかがでしたか?ほうきって意外といろんな種類があるんですね。ほうきの魅力は感じていただけたでしょうか。気になった方はぜひ、お気に入りのほうきとちりとりを見つけて、ご自宅の掃除道具に加えてみてくださいね。

執筆:chiko

外部リンク