思いどおりの収納が叶う!無印良品のパルプボードボックス

10.08 20:00 RoomClip mag

収納アイテムにはいろいろな物があります。でもサイズが合わなくて使えないという場合もありますよね。そんなときにおすすめなのが無印良品のパルプボードボックスです。サイズが豊富にそろっていて、縦でも横でも使える優れもの!愛用している方の実例とおすすめのポイントをご紹介します。

すっきり収納が叶う!魅力的な収納アイテム

収納アイテムにはいろいろな種類があります。こちらのアイテムは、ワイドサイズやスリムサイズなどのサイズ違いや、段数の違いでインテリアに合わせやすいところが人気です。どんなシーンでどのように使われているのか実例をもとにおすすめの活用法をご紹介します。

■どこにでも馴染むカラーで家中に使える

撮影:niko3さん


ベージュはインテリアに馴染みやすいカラーで、使い勝手が良いですね。リビングや子ども部屋はもちろん、寝室やバスルームなどいろいろなケースで活用している方がいらっしゃいます。こちらのユーザーさんは押入れ収納に活用されていますが、押入れの中でもグリーンが飾れる収納になっていますね。

■使いたい数を組み合わせることができる

撮影:takaさん


こちらのユーザーさんはキッズスペースで活用されています。他の収納アイテムと組み合わせることですっきりした収納にしつつ、子どもでも片付けしやすい工夫が随所に見られますね。専用のジョイント金具でいくつかのボックスをつなげることもできるので、思いどおりの収納ができて魅力的です。

■思いどおりの収納アイテムにできる

撮影:Katsuraさん


収納アイテムを購入するときに気になるのが、収納スペースにフィットするアイテムがあるかどうかですよね。サイズは2種類の展開でA4サイズとスリムサイズがあり、段数のラインナップもたくさんあって便利です。こちらのユーザーさんは、デスク下のデッドスペースを有効活用されていて仕事がはかどりそうですね。

リビングで大活躍!広々とした部屋でゆったり

リビングは収納アイテムを使ってすっきり、広々とした空間にしておきたいですよね。いろいろなアイテムを収納することで、スッキリしたリビングに仕上げている方がたくさんいらっしゃいます。そんな参考になる実例をもとに、リビングでの活用法をご紹介します。

■収納だけじゃない!テレビ台としても活躍

撮影:yuusさん


すっきり収納することができるアイテムとして人気がありますが、こちらのユーザーさんはテレビ台として活用されています。テレビ下に収納スペースができますし、周辺機器も一緒に置いてしまうことができるので一石二鳥ですね。意外な活用法ですが、スッキリしたリビングでゆったりした気持ちで過ごせそうですね。

■本棚にもおすすめ!好きな本を飾って楽しむ

撮影:Minamiさん


本棚として活用している方もいらっしゃいます。こちらのユーザーさんは本棚を探していてこのアイテムに出会ったそうですが、本を収納するだけではなく見せる形で楽しんでいらっしゃいますね。本を気分やデザインでディスプレイして楽しめるので、プチ模様替えにもなります。

■統一感Up!無印良品のアイテムとコラボ

撮影:makunさん


収納アイテムにはいろいろな物がありますが、ブランドを統一できるとスッキリした収納になりますね。こちらのユーザーさんは、他の無印良品のアイテムを組み合わせて収納しやすく、メリハリのあるすっきりとしたお部屋になっています。小物や本、書類などサイズが異なる物でも整理しやすくなっていますね。

子どもにもおすすめ♪子ども部屋での活用法

子どもがいると自然と増えていくおもちゃや絵本。子どもが取りやすく、片付けしやすい環境を整えてあげたいですね。そんなときにも、こちらのアイテムが大活躍してくれます。皆さんが子ども部屋でどのように使っていらっしゃるのか、実例をもとに活用法をご紹介します。

■それぞれの収納スペースで思い思いの空間に

撮影:mizutama70さん


家族それぞれのスペースを作って、活用しているというこちらのユーザーさん。お子さんの収納スペースもあるそうですが、自分の収納空間があると片付けへの意識も自然に育まれそうですね。お子さんの成長が感じられる写真との相性もバッチリです。

■子どもでも扱いやすく片付けやすい収納

撮影:kazuoさん


子どもとの生活は、おもちゃや絵本がだんだん増えていきます。それと同時に考えたいのがそれらを収納するスペースですが、こちらのユーザーさんは、小物を入れるケースと組み合わせて使っていらっしゃいます。子どもが片付けやすく、スッキリした収納に工夫されていますね。

■カテゴリー別に使う棚を仕分けして収納

撮影:yu..さん


増えていくおもちゃや絵本をどのように収納するか、迷っている方もいらっしゃるかもしれませんね。こちらのユーザーさんは、カテゴリー別におもちゃやぬいぐるみを収納していて、スッキリした印象になっています。子どもでも扱いやすい高さに収納スペースがあるので、片付けに興味をもってくれそうですね。

■パルプボードボックス上に遊べるスペース

撮影:haruさん


こちらのユーザーさんは横長に置いて、大型のおもちゃはボックスの上でいつでも遊べるように工夫されています。ブロックはケースの大きさをそろえ、小物はケースを使うことで整理しやすくなるように考えられていますね。見せる収納とスッキリした収納のバランスが取れた使い方をされています。
無印良品のパルプボードボックスは、いろいろなサイズ展開と他のインテリアに影響しない色使いで取り入れやすいアイテムです。皆さんの活用方法を参考にあなたもスッキリした収納を目指してみませんか。

執筆:choco_chocolate

外部リンク

あなたはどうしている?みんなのトイレ掃除の方法教えます

10.08 20:00 RoomClip mag

家族みんなが使うトイレは、汚れやすく衛生面も気になる場所の一つですね。ユーザーのみなさんは、トイレ掃除にどんな工夫をされているのでしょうか?そこでRoomClipから、ユーザーさんのトイレ掃除方法の実例を探してみました。使い捨て方式、ちょこちょこお掃除、ナチュラルクリーニングの3つのテーマでご紹介します。

使い捨て方式

保管のしやすさで、流して使い捨てる方式のトイレブラシが最近注目されていますね。そのほかにも、100均グッズを活用するなど使い捨てられる方法のアイデアがたくさん考えられています。まずは、使い捨て方式のトイレ掃除の方法をご紹介します。

■流せるブラシを使う

撮影:ayu___homeさん


こちらは、スクラビングバブルの流せるトイレブラシを使っているユーザーさんです。ブラシ部分は使い捨てなので、カビの心配もなく衛生的に使うことができますね。使った後の本体部分はパストリーゼで除菌して、衛生的に保管できるように工夫されています。

■スポンジホルダーで挟む

撮影:Emiさん


こちらのユーザーさんは無印良品の柄つきスポンジのホルダー部分で、スクラビングバブルのブラシを挟んで使っています。ステンレス製のシンプルなホルダーは、少し短めで保管しやすいサイズです。つっぱり棒をうまく使って、掃除用品もすっきり収納されていますね。

■キッチンペーパーで自作する

撮影:Pe-peさん


キッチンペーパーで作ったブラシと、無印良品の柄つきスポンジホルダーで掃除しているユーザーさんです。おうちの中にあるもので自作できる、アイデアお掃除ですね。流すことはできませんが、市販の使い捨てブラシのストックがないときにも代用できそうです。

■100均グッズで使い捨てにする

撮影:mochikichiさん


こちらのユーザーさんは、100均の手袋やスポンジなどで使い捨てられるように工夫しています。使った後のお手入れや、保管のストレスがないのはうれしいですね。毎日、きちんとお掃除されている様子が伝わってくるようです。

ちょこちょこお掃除

トイレを清潔に保つためにも、汚れが気になったときのちょこちょこお掃除は欠かせませんね。すぐに掃除できるよう、スポンジやお掃除シートの保管にもたくさんの工夫がされています。次に、ユーザーさんたちのちょこちょこお掃除の方法についてご紹介します。

■くっつくシートで付ける

撮影:yukipさん


トイレの手洗いボウルをささっと掃除できるよう、スポンジを置いているこちらのユーザーさん。ダイソーのスポンジがくっつくシートで、おばけ型のメラミンスポンジを付けています。浮かせておけるので邪魔にならず、かわいいデザインで楽しく使えそうです。

■見えるところに置いておく

撮影:mimiedenさん


こちらのユーザーさんは、いつでも掃除できるようにスプレーとメラミンスポンジを置いています。デザインのいいボトルやカゴに入れる一手間で、インテリアアイテムのようですね。こまめに掃除できていると、来客があるときも慌てず準備できて安心です。

■EVAケースをシート入れにする

撮影:Kiitosさん


こちらは、無印良品のEVAケースをお掃除シート入れに使っているユーザーさんです。ウェットティッシュのフタを付けているので、乾燥せずに一枚ずつ取り出すことができますよ。白で統一した、すっきりシンプルな見た目は清潔感がありますね。

ナチュラルクリーニング

環境と人に優しく、注目されているナチュラルクリーニング。トイレ掃除でもヌメリ汚れやアンモニア臭など、気になる悩みの解決に活躍してくれますよ。最後に、ナチュラルクリーニングを取り入れているユーザーさんの方法をご紹介します。

■重曹とクエン酸で掃除する

撮影:skyblueさん


トイレ掃除にナチュラルクリーニングを活用している、こちらのユーザーさん。重曹とクエン酸を振りかけ、水をスプレーした後に歯ブラシで磨いて掃除をされています。使いやすい広口の容器なので、気になったときにすぐにお掃除できそうです。

■クエン酸スプレーで拭き取る

撮影:Yayuyoさん


トイレ周りの汚れを拭き取るときにクエン酸スプレーを使っている、こちらのユーザーさん。クエン酸スプレーは、クエン酸とアロマオイル、水を混ぜて作っているそうです。お気に入りのスプレーボトルとアロマの香りで、お掃除の時間が楽しくなるアイデアですね。

■消臭芳香剤に使う

撮影:yu-rinさん


こちらのユーザーさんは、アロマオイルを垂らした重曹をトイレの芳香剤に使っています。芳香剤として使用後の重曹は、掃除に再利用することもできますよ。麻ひもを結んだワンポイントで、重曹の入ったガラスびんが西海岸風テイストのアイテムに変身しています。
ユーザーさんたちは、トイレ掃除のストレスを減らせるようにそれぞれ工夫していましたね。清潔なトイレ空間は、掃除の積み重ねで実現できるもの。気分よく続けられることを目指して、あなたもトイレ掃除を見直してみませんか。

執筆:kuroneko

外部リンク

不動の人気!みんなに愛され続ける100均実用神アイテム

10.08 20:00 RoomClip mag

次々に新商品が並び進化し続ける100均ショップ。暮らしの中で欠かせないと言ってもいいのではないでしょうか。その100均アイテムの中で根強い人気を見せ、RoomClipユーザーさんに長く愛されているアイテムも多数存在しています。そこで今回は暮らしやインテリアに役立つ、100均でGETできる神アイテムをご紹介します。

オープン収納を楽しもう♪

収納で数を必要とするときは、その安さからまとめ買いしやすくて大助かり♡しかも最近ではデザイン性も高く、ついつい手に取ってしまうことがありませんか?ユーザーさんも、100均アイテムをオープン収納で活用されているんですよ。その実例を見ていると、すぐにでもマネしたくなるはずです。

■セリアの紙袋とワイヤーバスケット

撮影:ruchicoさん


キッチンの見せる収納に悩んだら、ruchicoさんの実例がヒントになりそう。ここではオープン棚とガラス棚にご注目。ワイヤーバスケットを始め、中に入れられた紙袋も、黒のプレートもセリアでGETされたそうです。アイテムの合わせ技でつくりだす、100円とは思えない雑貨風なオーラに脱帽です。

■セリアとキャンドゥのドリンクボトル

撮影:moeさん


本来の用途以上に活躍するドリンクボトルも、遊び心をくすぐる実用性の高いアイテムです。moeさんがペイントされた水色の壁を背景にすると、セリアやキャンドゥのドリンクボトルの透明感がさらにUP。入れるモノで見え方が変わり、見せる収納の楽しさも存分に味わえそうです。

■ダイソーのストレージボックス

撮影:Saaayaさん


サイズとロゴが選べるダイソーのストレージボックスも、人気が高いアイテムですよね。Saaayaさんのようにズラリと並べると、圧巻のオープン収納に変身です。布製特有の柔らかな質感と素朴な色が、白い洗面所にピッタリ。棚への傷も神経質にならず、毎日の出し入れにもストレスを感じません。

白化でスッキリと美しく

カラフルで生活感の出やすいモノは、白のチカラを借りてスッキリと美しく見せることもできます。統一感や清潔感を意識するときはもちろん、馴染みの良さだって万能です。ユーザーさんの実例からも、そのスッキリとした美しさを感じていただけるのではないでしょうか。

■ダイソーのPET容器

撮影:Mossanさん


Mossanさんもタオルと容器を白でそろえて、生活感ゼロの収納棚に。こちらでは上段に2つ置かれたPET容器が、ダイソーアイテムです。安定感のあるフォルムでたくさん入り、ストックでも見せて収納しておきたくなるキュートなビジュアル。口が広く扱いやすいのも主婦思いですね♡

■セリアのフタつきプラボックス

撮影:harmaaさん


普段は扉で隠れるところでも、開けるたびにウットリしちゃう収納をつくってみませんか?セリアのフタつきプラボックスは、細々としたモノの収納に役立ちますよ。harmaaさんのように、白一色でそろえると、こんなに美しく仕上がります。ラベルもシンプルなデザインにすることで、さらにスッキリしますね。

■セリアのスプレーボトル

撮影:ma0814さん


グレーと白を基調としたma0814さんのトイレは、ストライプの壁を主役に、スッキリとシンプルにまとめられています。隠したくなるスプレーボトルも、ma0814さんのようにセリアの詰め替え用ボトルを使うと、見えるところでOK!好きなラベルでオリジナルを追求しちゃいましょう。

インテリアもお任せ!

ここ最近の100均の凄さは、部屋づくりにも役立つインテリアアイテムが、どんどん増えているところにもあります。発売と同時にあっという間に口コミで広がり、なかなか手に入らないアイテムも多いんですよ。ユーザーさんの実例を見ると、その人気にも納得!さっそくご覧ください。

■ダイソーのクッションレンガシート

撮影:usamaruさん


クオリティーが高いと噂の、150円のダイソーのクッションレンガシート。usamaruさんは、グレーをキッチンカウンター下に貼られたそうです。石のようにも見えるグレーで立体感があり、見事なイメチェンですね。本物のようなリアルな質感に、大量買い納得の一品です。

■セリアのコンクリート調柄リメイクシート

撮影:tataさん


意外にも幅広いインテリアジャンルにはまる、コンクリート柄の壁紙。憧れている方も多いのではないでしょうか。人気が高いセリアのリメイクシートにも、コンクリート調柄があるんですよ。tataさんはトイレの壁に張って男前に。外壁材のアクセントウォールとも相性がよく、デコレーションにもマッチしています。

■ダイソーの目覚まし時計

撮影:eRingさん


なかなか手に入らないほど人気の、ダイソーの300円目覚まし時計。RoomClipでもすでに白と黒が人気ですよね。このシリーズにグレーが登場したようで、eRingさんもさっそくGET!優しい色合いで、ナチュラルな雑貨と並べてもOK。どんなインテリアにも馴染むので、また人気が過熱しそうです。

■セリアのアイアンバー

撮影:azicoさん


華奢なデザインでどこか上品な、セリアのアイアンバー。アイデアしだいで、さまざまな場所や用途で活用できるようです。azicoさんは洗面所の壁に設置して、タオル収納とタオルハンガーに。お子さんにも使いやすい高さで、親子でストレスなく使えるのはうれしいですね。見た目も100円だなんて信じられません。
根強く人気のあるアイテムをご紹介しました。みなさんのお宅で活躍するモノがありましたか?新商品も展開され、注目アイテムは増えていくばかりです。いち早くGETしたユーザーさんの実例を参考に、店頭で探してみてくださいね。

執筆:ASA

外部リンク

地球にもお財布にも優しく☆捨てないアイディア12選

10.08 20:00 RoomClip mag

毎日出るゴミ。何気なく捨てているものも多くありますよね。今回は、いつもは捨ててしまいがちなアイテムを使って、暮らしを豊かにした実例をご紹介します。決して貧乏臭くならない、デザイン性抜群のアイディアが満載。ぜひ参考に、いつも捨てているものをインテリア雑貨に変身させてみてください!

キッチンで出る「アレ」が、変身

ペットボトルのキャップから「種」まで、キッチンにあるものは実はインテリア雑貨の材料として、最適!見れば真似っこしたくなるアイディアが満載です。ゴミも減って、地球にも優しいですよ。

■プリンカップで

撮影:ani55さん


大好きなカフェやブランドの「カップ」類は捨てられないもの。こちらのユーザーさんは、グリーンとともにディスプレイされています。目に入るたび、癒されるコーナーのできあがりです。

■美味しく食べた後は、観葉植物にしてみて

撮影:chiriruさん


みずみずしく育っている、観葉植物。実はこちらは、アボガドの種を水耕栽培しているのだそう!美味しく食べた後の種が、こんなに立派に育つとは驚きです。ナチュラルなインテリアにもピッタリですね。

■卵の殻で

撮影:s.mamaさん


こちらは、卵の殻を使ったインテリア雑貨です。綺麗な色の布をたくさん貼られており、ガーリーな仕上がりになっていますね。こちらのユーザーさんは、イースターの飾りとして作られたそうです。

■ペットボトルキャップで

撮影:MKさん


ついつい買ってしまうペットボトル。そのキャップ部分を利用されているのが、こちらの実例です。アンティーク風の数字で、落ち着いたムードになっていますね。手書きの線や曜日もポイントです。

古着をアレンジして

続いては、もう着られなくなった服など布をリメイクした実例をご紹介します。思い出の服は、形を変えてそばに置いておきたいですよね。使うたび笑顔になれるリメイク術を、ぜひご覧ください。

■着られなくなった洋服で

撮影:masax_xさん


思い出のお洋服、捨ててしまうのは悲しいですよね。オススメなのは、一番身近に置いておけるアイテム「クッションカバー」にリメイクすること。手触りの良い素材を選べば、よりリラックス感が増しそうですね。

■コツコツ編んで

撮影:Makoさん


洋服を裂き編みしてマットを作られている実例です。カラフルで楽しい作品ですね。元々洋服だった布で作られているので、足触りも良さそう。編むことにより、また違った布の表情も楽しめそうです。

■デニムリメイクで

撮影:Rans_andy.さん


お子さんの手紙収納などのために、デニムで「メールポケット」を作られた実例です。流木とともに使えば、こなれ感抜群ですね。いつでも目に入る場所に置いておけば、毎日が楽しくなります。

■段ボールと、古着で

撮影:tottiさん


段ボールと古着のTシャツを使って、ティッシュとゴミ箱のバッグを作られた実例です。お子さんの好きな柄があれば、より楽しんで使ってくれそうですね。ティッシュのそばにゴミ箱があれば、すぐにゴミが捨てられて便利です。

もう使わなくなった、アレコレで

最後にご紹介するのは、お子さんのおもちゃや季節ものなどを捨てずにリメイクした実例です。思い出のものが生まれ変わったり、使わなくなったものが別の道を歩んでいく姿は、見ていてうれしいもの。真似っこしたいアイディアが満載です。

■使わなくなった積み木で

撮影:ASUKAさん


デザイン性の高いテーブル。実はこちら、お子さんの積み木をリメイクされたそうです。アクリル板を上からはめられているそうで、使い勝手も抜群。木のぬくもりも感じられるリメイクです。

■三輪車を、ガーデンで使う

撮影:Ayaさん


使わなくなった三輪車に、アイビーなどのグリーンを植えた実例です。もともと外で使う三輪車は、雨風にも強いアイテム。ガーデンに置いておいても安心です。きれいなオレンジ色が、良いアクセントになっていますね。

■ベビーベッドの柵を使って

撮影:momomiさん


ベビーベッドの柵を利用して、コートラックを作られたユーザーさん。ガーランドなどのデコレーションで、ナチュラルな雰囲気に仕上がっていますね。柵部分にはS字フックやハンガーなどもかけられており、使い勝手も良さそう。お子さんも大喜びの作品です。

■クリスマスの必須アイテムが

撮影:90さん


子どもが喜ぶ、クリスマスのお菓子ブーツ。シーズンが過ぎたあとは、どうしていますか?こちらの実例では、かっこいい長靴にリメイク。小物入れとして利用されているそうです。目から鱗のアイディアですね。
いかがでしたか?おうちの中にある捨てがちなアイテムも、インテリア性抜群のアイテムに大変身できるんですね。地球にもお財布にも優しいリメイク。ぜひ参考に、リメイクや再利用を楽しんでみてくださいね。

執筆:mochikinako

外部リンク

玄関を快適にフル活用!狭小隙間に見つける+α収納

10.05 20:00 RoomClip mag

家の出入り口である玄関、急な来客も必ずここには通さなくてはなりません。だからこそ、できることならすっきりとさせておきたい空間です。しかし、靴はかさばり、靴箱にすべて収めるのも意外と難しい……もしかするとおもちゃや掃除グッズ、日曜大工アイテムなども玄関に置かれることがあるかもしれません。今回は、意外と置くものの多い玄関で、狭い隙間やデッドスペースを活用した収納拡張のアイデアをご紹介していきます。

玄関を隅々まで活かす、隙間活用術

家族が多ければ、その分靴も増えます。靴が片付かないと掃除もしづらく、家の入り口としての体裁もイマイチ。でも、玄関を見渡すと気になる隙間がありませんか?その隙間を活用すれば、玄関に抱いていたストレスや不満がすっきり解消されるんです。まずは、靴箱下の狭い隙間に目をつけて快適な玄関づくりに成功された、yukoさんのアイデアを見ていきましょう。

■お話をお伺いしたユーザーさん
yukoさん
「主人と子ども2人の4人家族です。2014年5月に地元のハウスメーカーで家を建てました。共働きのフルタイムで、仕事の時間も不規則ですが、居心地の良い家にするにはどうしたらいいかを日々考えています。」

■隙間があるから、置いてみよう

撮影:yukoさん


ご夫婦とお子さん2人の4人家族であるyukoさん宅の玄関は、落ち着きのある好印象なすっきり空間です。家族が多ければ起こってしまいがちな「靴の出しっぱなし」も見受けられません。その秘訣は、写真右側に見える、靴箱の下の狭い隙間を有効活用されている点にあります。

■スノコ×キャスターで、狭い隙間の利便性をUP

撮影:yukoさん


靴箱下の狭い隙間……あるとついつい靴を入れ込みたくなりませんか?でも、そのまま隙間の奥に入れてしまうと、取り出しづらい上に、暗くていざというとき探すのも厄介だったりもします。
そんなストレスをキャスター付きのスノコひとつで見事に解消されているのが、yukoさんのアイデアのポイントです。スノコは薄く狭い隙間との相性も抜群ですし、キャスターが付くことで、すのこごと中身を引き出せるので掃除も楽々。また、すのこは通気性にも優れているため利便性だけでなく、靴の管理面にも優れていそうです。

■リアルな実用例と魅力的なメリット

撮影:yukoさん


yukoさんに具体的な使用感やメリットについてお伺いしたところ、『大人用で3足、子ども用でも並べ方や向きを変えたら5~6足はしまえます。とりあえずしまえたら掃除ができるし、急な来客のときもあまり見えないので助かります。』と話してくれました。靴箱下の狭い隙間も、プラスワンでこんなにも有用性が高まるんですね。

快適玄関を叶える、狭小隙間の活用メソッド

各ご家庭の玄関構造によって生まれる、独特の狭小隙間もきっとあります。靴箱下の隙間も、幅や高さはさまざまです。ここからは、応用性の高い4人のRoomClipユーザーさんの玄関×狭小隙間活用のメソッドをピックアップしていきます。

■可動性抜群の木箱で収納をプラス

撮影:MIHさん


靴箱下の狭い隙間は、このように木箱を嵌めて活用してみるのもスマートですね。中身が見えない分、おもちゃや工具の収納にも適しています。MIHさんは、木箱に取っ手やキャスターをつけて可動性を高めています。箱型のケースなら、靴以外のものをしまっておいても、必要に応じて使う場所にそのまま運ぶことも簡単そうです♪

■収納引き戸の裏側も有意義に活用

撮影:shangziさん


shangziさんが注目したのは、靴箱の引き戸裏に生まれるわずかな空間です。そこにタオルハンガーを取り付け、スリッパ置き場として活用されています。狭い玄関に来客用のスリッパを置く場所がない……、普段邪魔にならないところにしまっておきたい……なんて方は扉裏、要チェックです。スリッパだけでなく、薄手のスリッポンやビーチサンダルなどの保管場所にもピッタリですね。

■側面に見つける、引っ掛けスポット

撮影:t.mさん


掃除グッズに帽子、雨具、バッグ、などなど玄関には「引っ掛けておきたいもの」意外とありませんか?それならt.mさん流に、側面を活かしてみるのがおススメです。靴箱の側面の狭小スペースに玄関掃除用のアイテムを引っ掛けておけば、気になったときすぐに掃除できます。しかも、入り口からは死角になる位置の場合は、来客側からは見えないというのも魅力的です。

■縦の隙間を活かす、斬新な靴収納

撮影:hirotoさん


hirotoさんは、つっぱり棒とワイヤーラックという、狭小空間活用の2大アイテムと言っても過言ではない組み合わせで、ショップ見せシューズラックを作られています。この方法なら、狭小隙間にフィットする棚が見つからずデッドスペース化させてしまっている箇所にも応用できます。つっぱり棒の長さや、ワイヤーラックの網目・幅、フックの種類など組み合わせで、ライフスタイルに合った狭小隙間活用をしてみてはいかがでしょうか。
玄関にある狭小隙間は、アイデアひとつで暮らしを快適にするスポットに変わります。デッドスペース化している、使っているけど不満や悩みがある!と言う方は、ぜひ今回ご紹介した実例を参考にしてみてください。

執筆:RoomClip mag 編集部

外部リンク

快適なバスタイムに♪ ニトリと無印良品のバスマット

10.05 20:00 RoomClip mag

お風呂から出たばかりの足をやさしく受け止めて、水分を吸収してくれるバスマット。バスマットは快適なバスタイムのために、こだわりたいアイテムです。吸水性、肌触りはもちろん、洗濯回数も多いから耐久性も大事!RoomClipのユーザーさんの間で評判の、ニトリと無印良品のバスマットをご紹介します。

ニトリと無印良品、人気のバスマット

ニトリと無印良品は、ユーザーさんの間で人気のブランドですが、バスマットも愛用している方が多いです。ニトリは、素材や色柄豊富なのと手ごろな値段で、愛用者が多いようです。無印良品のバスマットは、肌触りの良いシンプルさが特徴です。

■ニトリのバスマット

撮影:akinaさん


ニトリのバスマットは、コットン、マイクロファイバー、綿ジュートなど素材はいろいろで、好みに応じて選ぶことができます。価格も安いものは500円前後からと、とてもお手ごろ。ユーザーさんの買われたバスマットは、シンプルデザインのネイビーがすっきりとしていて使いやすそうですね。

■無印良品のバスマット

撮影:rei.kさん


こちらのユーザーさんは、無印良品のバスマットをセール期間に買い替えたそうです。無地良品のバスマットは、ニトリに比べるとお値段が高めですが、安く買えるチャンスを生かすと家計にやさしいですね。ネイビーやホワイトといった定番カラーは、ほかのタオル類とコーディネートしやすく、インテリアもすっきり。

■肌ざわりよく、吸水性のいいバスマット

撮影:chiiiii0808さん


やはり、無印良品のセールの期間を利用して、ワイヤーラックやバスマットを購入されたユーザーさん。無印良品のアイテムは、シンプルで長く使えるものが多いので、愛用されているとのこと。ポコポコした素材は肌触りがよく、吸水性もいいそうです。

■バスマット干しボード

撮影:Mas7123さん


こちらのユーザーさんは、ニトリのバスマット干しボードを、バスマットと合わせて使われています。薄くてかさばらず、バスマットをそのまま乾燥させたり、床が湿気で傷むことから守ってくれる便利アイテムです。使わないときは、すき間でも収納できて便利そう。

色柄が楽しいニトリのバスマット

ニトリのバスマットは、使う場所の広さに合わせて、3つか4つのサイズから選べるようになっています。色柄も豊富!カラフルなボーダーや楽しいサボテン柄、英字入りのデザインなど...... バスルームを楽しくしてくれるデザインが人気です。

■楽しい柄のバスマットも手ごろな価格で

撮影:mk-hr-ki-sngさん


ニトリのバスマットを柄違いで購入されたユーザーさん。セーブウォーターはマイクロファイバー、サボテン柄はコットン、どちらも吸水性のよい素材で、気持ちよく使えそう。いつも清潔に使いたいから、洗い替えは必要。ニトリなら、洗い替え用に複数購入しても、負担にならないものをさがすことができます。

■シリーズでそろうサボテン柄

撮影:youkoさん


ニトリのサボテン柄のバスマットは、ユニークなデザインとカラーで、お気に入りにしているユーザーさんも多いです。バスマット以外に、トイレカバーやスリッパなども、シリーズで販売されているようです。好きなデザインの新作が発売になっているのを見つけると、うれしいですね。

■モノトーンのスター柄

撮影:rrmamさん


モノトーンのはっきりした柄のバスマットは、バスルームのアクセントになってくれますね。コットン素材で洗濯機で洗える仕様。踏み心地を考えた短めのループの生地に、裏には滑り止め加工もされています。これで約1000円という価格は魅力的です。

ニトリの珪藻土バスマット

バスマットと言えば、コットンや麻など布素材という印象がありましたが、最近、珪藻土のバスマットも注目されています。吸水速乾、洗濯しなくても清潔に使え、薄いから収納場所も取りません。ユーザーさんの間でも人気が高まり、愛用する方も増えているようです。

■のった瞬間に快適さらさらバスマット

撮影:RHplusさん


ユーザーさんは、ニトリで珪藻土バスマットが販売されていることを知って購入したみたそう。サラサラで使い心地がいいと気に入られたようです。ブルーの壁や、100均や古材を利用してのDIYとデコレーションで、目にもさわやかです。

■薄くてシンプルなデザイン

撮影:yumiさん


シンプルデザインの珪藻土のバスマットは、床に置いてある姿もスマート。ユーザーさん宅は、バスマットやバス用品には、色や柄を使わないで、ものも少なくシンプルにまとめられています。清潔に保ちやすいバスマットは、使い終わったら立てて収納できるのも便利です。

■モノトーンのインテリアにもぴったり

撮影:michiruさん


こちらのユーザーさんも、バスルームや洗面所をホワイトをメインにしてすっきりとまとめられています。白い珪藻土バスマットは、見た目もきれいで、モノトーンインテリアにぴったり。タオルは、汚れの目立たないネイビーを使っているそうですが、バスルームのアクセントカラーとして効いていますね。
ニトリと無印良品には、素材も色柄もこだわりのバスマットがいろいろあるので、予算と相談しながらお気に入りを選びたいですね。お気に入りのバスマットで快適なバスタイムを過ごせば、毎日が楽しくなりそうです。

執筆:mint

外部リンク

100均グッズにおまかせ!洋服のすっきり収納アイディア

10.05 20:00 RoomClip mag

皆さんは、洋服の収納に困ったり、ちょっと不便に感じたりしたことはありませんか?そんなとき、もしかしたら100均グッズを使うと、すっきりと収納ができるかもしれません。今回は、RoomClipユーザーさんたちが実際に100均グッズを使って行っている収納方法のアイディアを、見ていきたいと思います。

空間を上手に使いたい!

洋服をしまうときに「スペースが足りない……」と思ってしまうことってありますよね。きっと空間をもっと上手に使えば、スペースも増えるはず!まずは、空間を上手に使いこなしているRoomClipユーザーさんたちの実例を見ていきます。

■突っ張り棒を活用しよう

撮影:Norikoさん


お子さんの洋服をクローゼットにかけると、下の空間がもったいない……そんなときには、突っ張り棒を使って2段収納にしてみてはいかがでしょうか?クローゼット全体を2段にしてもいいですし、このようにS字フックを使えば、一部だけ2段にすることもできますよ。どの服がどこにあるのか、把握しやすいのもいいですね!

■ワイヤーラックを使おう

撮影:chii3さん


クローゼットの壁に、セリアのワイヤーラックを取り付けることで、収納スペースを確保することに成功したこちらのユーザーさん。引き出しを増やせないときには、ぜひやってみたいアイディアです。使う頻度の多いものは、引き出しに入っているよりも、このほうが取り出しやすそうでもありますね。

■かもいフックを活用しよう

撮影:taitaiさん


100均で買うことができる、かもいフック。一つでももちろん使えますが、二つ取り付けて、そこに突っ張り棒を渡すと、収納スペースが大幅にアップします。こちらのユーザーさんは、お子さんのアウターをかけていますが、ポップな雰囲気が可愛いですね!

きれいに使いやすく収納したい!

次に、収納グッズを見ていきましょう。100均の収納グッズは、なんといっても数をたくさんそろえやすいリーズナブルさが魅力。収納がそろっていると、それだけでもクローゼットはきれいに見えますよね!RoomClipユーザーさんたちは、どんな収納グッズを使っているのでしょう?

■衣装カバーをそろえる

撮影:mimi24さん


ご夫婦のスーツやフォーマルウェア、アウターを収納されているという、こちらのクローゼット。すべてに同じ真っ白なカバーがかかっているため、見た目が美しく、清潔感がありますね。こちらの衣装カバーはダイソーのもので、実際にも、光触媒による除菌、消臭効果があって、衛生的に保てるそうですよ。

■ショップ風な収納に似合う男前なボックス

撮影:RRRLさん


まるでショップのように洋服が収納されているこちらのお部屋は、男前でとてもかっこいいですね!そしてラックの中で使われている、ここの雰囲気にぴったりな白と黒のボックスが、セリアのもの。見た目がいいのはもちろん、紙でできているので、軽くて扱いやすいのもいいですね。

■ラベルを統一することで整然と見せる

撮影:Miki.ar.188さん


100均のプラスチック製のかごが並べられている棚。中に収納するもののサイズに合わせて、3種類のかごが使われていますが、すべてに同柄のラベルが貼られたことで、整然とした印象を受けます。きれいに見せようと思うと、同サイズの収納グッズをそろえがちですが、サイズ違いでもこのようにすればまとまるのですね。

■ボックスの代わりに袋を使う

撮影:70mikanさん


お子さんの洋服を収納するのにこちらのユーザーさんが使っているのは、100均のプラスチックでできたバッグです。上にファスナーがついているので、ほこりもはいらないですし、取っ手がついているので持ち運びしやすそうなのもポイント。立てて収納できるので、取り出しやすさも抜群です!

引き出しの中のごちゃごちゃをなくしたい!

引き出しの中が、気づくとごちゃごちゃになっている、という方は多いかもしれません。特にお子さんの引き出しは、洋服の一つ一つが小さいこともあって、よりごちゃごちゃになりやすいですよね。そんなときに、どんな仕切りを使っているのか、RoomClipユーザーさんたちの実例を参考にしてみませんか?

■プラかごに一式セットにして収納

撮影:maki.nero.1818さん


引き出しの中に、細長いプラスチック製のかごを入れて、お子さんの洋服を収納されています。注目すべきは、その収納の仕方。シャツから靴下、ハンカチまで一式セットにして収納してあるんです!これなら、着るときはもちろん、洗濯したものをしまうときにも、お子さんが一人でできそうですね。

■小さいものは細かく仕切って収納

撮影:itousanさん


靴下の収納を見直したという、こちらのユーザーさん。1足につき1つのスペースができるように、仕切り板で細かく仕切って収納されています。こうすれば一目で靴下の柄がわかるのはもちろんのこと、靴下の数も常に必要な分だけそろえておくことができますね。

■収納ケースをファイルホルダーで仕切る

撮影:oringoさん


深さのある収納ケースをどうやって仕切ろうかと考えて、ユーザーさんが思いついたのが、100均のファイルホルダー!確かに高さがあるので、使いやすそうですね。細かなラベリングができるのもうれしいところです。ファイルホルダーを使えば、カラーボックスを使った洋服の収納も可能かもしれません。
100均のグッズを使った収納を見てきました。それぞれのご家庭によって、収納事情はいろいろだとは思いますが、参考にできるアイディアはありましたか?100均グッズを活用して、すっきり収納を目指しましょう!

執筆:yellowtoys

外部リンク

幅広く使える♪お手頃価格のまあるいプフ

10.05 20:00 RoomClip mag

RoomClipユーザーがだいじにだいじに使い続ける愛用品を紹介する連載。今回はrei88さんのお宅で活躍する「Chambreのプフ」をご紹介します。

■今回教えてくれたユーザーさん♪

rei88さん
「夫と子ども3人の5人家族です。子どもがいても、生活感を極力抑えたインテリアや収納を心がけ、モノトーンにシンプルにお家を見直し中です。収納はプチプラにインテリアは憧れの北欧ブランドのものを少しづつ集めています♡海外のような雰囲気のあるインテリアに憧れています。」

■ご紹介いただいた愛用品
ITEM Chambre(シャンブル)のプフ
PRICE 3,900円(税込)
SIZE 直径42cm、高さが約28cm(実寸につき多少ズレがあります)

しまむらの姉妹店であるChambre(シャンブル)から発売されているプフ。円形でしっかりとした網目が美しく、クッションとして、スツールやオットマンとして、また、インテリアのアクセントにもなるアイテムです。通信販売はしていないので、近くの店舗をご確認ください。

■丸洗いOK!ずっと愛用していけるアイテムです

モロッコでは、日常的に使われている丸くて高さのあるクッションであるプフ。最近人気の高いモロッカンスタイルにも欠かせないアイテムです。シャンブルのプフは、丸い見た目とざっくり編まれた網目模様が印象的で、モダンスタイルにも良く似合います。

rei88さん
「カバーを取り外して、丸洗いできるところがとても気に入っています。小さな子どもがいるので汚すこともしばしばですが、衛生的に使うことができます。また、簡単に詰め物を増やせる様になっているのでクタッとしてきても安心です。」

■リラックスタイムのお供に♪

rei88さん
「座る、オットマンにする、トレーを置いてサイドテーブルにするなど使い方は色々ありますが、我が家ではゴロンと横になってプフを枕にしたり、もたれかかったりして使うのがみんなのお気に入りです。リラックスして読書をしたりテレビを観るのに最適です。」

高さのある円形型のプフ。中身がしっかりと詰まって、固さもあるので、様々な用途で活用できます。インテリアに馴染みながら、これほどの使い道があるのはうれしいですよね。癒し系の見た目で、リラックスタイムも快適です。

■形状をずっと保ってくためには……

rei88さん
「使用に伴い、徐々にクタッとしてくるので、購入時のままの固さをキープすることができません。形も、コロンとした円の状態から楕円形に変化していきます。固さをキープしたい場合は、中身のビーズを別途購入して詰める必要があります。」

いつまでも購入時のままの形状を保てるわけではないようです。使い心地も変わってきますね。内袋の結びをほどいて、中身を補充しながら使用していくのがおすすめとのこと。まあるい形も魅力のアイテムなので、見た目にも配慮していきたいですね。

■そばに置いておきたくなりますね♪

オシャレな見た目と抜群の使い勝手、使い心地の良さが魅力のプフ。丁寧な網目デザインでありながら、お手頃価格というのもうれしいですよね。ラグの上にポンと置かれていると、ホッと安らぐような癒しと落ち着きが生まれます。
様々な用途で使え、部屋のアクセントにもなるプフ。皆さんも、お近くの店舗に足を運んだ際には、ぜひ手に取って質感などを確かめてみてください。

執筆:RoomClip mag 編集部

外部リンク

北欧やモノトーンに♡ダイソーのハーフムーン柄が大人気

10.05 20:00 RoomClip mag

北欧系のインテリアとして人気のハーフムーン柄が、ダイソーならプチプラでそろえられると話題沸騰中です。手軽にお部屋をワンランクアップしてくれますよ。RoomClipユーザーさんのお部屋を拝見して、どんなアイテムをどんな風に使っているのかご紹介したいと思います。アレンジを加えた使い方も必見です。

ダイソーのハーフムーン柄商品とは?

ダイソーのハーフムーン柄ファブリックは、種類の豊富さが魅力です。すべて100円(税別)とはいきませんが、掛け布団カバーでも600円(税別)で買えるお手ごろ価格。黒い半円が連なったデザインは、北欧やモノトーンのお部屋にベストマッチ!主張しすぎずインパクトを与えてくれるので、センスアップに欠かせません。

■ハーフムーン柄のファブリック商品

撮影:Rさん


ハーフムーン柄商品は、多種類展開されています。キッチン用品から寝具用品にトイレマットなど、たくさん買ってそろえたくなりますね。Rさんも、数種類の商品をゲットしたそうです。モノトーンですが丸みのある柄なので、柔らかい印象を与えてくれます。ムートンのような異素材とも相性が良いですね。

■北欧インテリアの主役に

撮影:emibeiさん


ハーフムーン柄は、北欧系インテリアの定番的な柄です。ダイソーのものは白地に黒なので、柄ものが苦手な方でも取り入れやすいシックさです。emibeiさんのようなシンプル系北欧スタイルのお部屋にもぴったり。色を抑えたアースカラーに、クッションの柄がポイントになっていますね。

■モノトーンのお部屋にも

撮影:ji_hainさん


モノトーンで整えられたベッドルーム。ハーフムーン柄のベッドセットが目を引きますね。モノトーンのお部屋は大人っぽくクールな印象になりますが、この柄が入ると上品な華やかさがプラスされます。

こんなアイテムがあります

たくさんのアイテムを展開中のハーフムーン柄ですが、ここではユーザーさんが実際に使っている人気商品をご紹介したいと思います。デザインだけでなく、お部屋の馴染みやすさなども、ぜひ確認してみてくださいね。見れば見るほど、魅力があふれてきますよ。

■ランチョンマット

撮影:yuurbonさん


カフェのようなテーブルコーディネートでおやつタイム。疲れも癒されそうですね。実はプチプラアイテムを上手に組み合わせているんだそうです。その中でも、ハーフムーン柄のランチョンマットはひときわ目を引きます。上にお皿を置いても絶妙なバランスで柄が出るので、敷くだけでおしゃれに決まる一枚です。

■エプロン

撮影:saooo39さん


こちらのエプロンもダイソーのもの。形がシンプルで、北欧スタイルのお店にも置いてありそうなデザインです。saooo39さんの手入れが行き届いた白いキッチンにぶら下げてあると、まるで雑誌の1ページのようです。畳んでしまわずに、見えるところに置いておきたくなる愛らしさですね。

■トイレマット&カバー

撮影:Kanaさん


トイレのファブリックは、柄をそろえると統一感が出ますよね。このマットと便座カバーもダイソーで購入されたそうです。Kanaさんは、他のインテリアはなるべくシンプルにし、柄の良さを最大限に引き出す使い方をされています。落ち着きのある空間にぴったりです。

■ミトン

撮影:shizukuさん


キッチン用ミトンは小ぶりで形もキュートです。柄が出すぎないので、ワンポイントとしてぶら下げておきたくなりますね。shizukuさんの白い上品なキッチンにも、モノトーンが映えます。2つセットで保管しても、かさばらないサイズ感です。

オリジナルアレンジ使い

ダイソーでは、生地としての販売はしていませんが、ユーザーさんは元の形を有効活用しながら、アレンジも楽しんでいます。布を切ったりつないだりして、まったく新しいアイテムにする方法もあります。お部屋のあちこちで、ハーフムーン柄を楽しむことができますよ。

■ボックスカバーをつなげて、のれんに

撮影:mya_kkさん


mya_kkさんは、ボックスカバーをつなげてのれんとして使っているそうです。生活感が出やすいキッチンなどに、目隠しとして重宝します。これだけの面積があると柄が楽しめるので、インテリアのメインアイテムとしてお迎えしたいですね。

■ボックスカーテンをフレームに入れて

撮影:smileyさん


smileyさんのスタイリッシュなキッチンで、ひと際目を引くハーフムーン柄のフレーム。こちらもダイソーのボックスカーテンをアレンジしたものだそうです。クールなインテリアの中で、大人かわいい雰囲気をかもし出しています。

■クッションカバーを椅子カバーに

撮影:kazzzさん


人気のクッションカバーは、広げて椅子カバーにリメイクされました。まるでこの状態で売られていたかのように馴染んでいますね。椅子は長年使っていると飽きがきたり、汚れが目立ったりしてしまいますが、このアレンジで一気にお部屋の空気も変わりそうです。
シンプルなのにほっこりするデザインで、あれもこれも欲しくなってしまいました。カバー系はそろえて使ったり、小物系はお部屋のスパイスアイテムとしてなど重宝しますね。人気商品なので、見つけたらぜひ手に取ってみてください。

執筆:Hirari

外部リンク

キッチンにたくさん並べたくなる♡セリアの調味料ボトル

10.05 20:00 RoomClip mag

市販の調味料ボトルは、カラフルでいろいろな種類があり、バラバラな印象になってしまいがちです。詰めかえて同じボトルに入っていると、まとまりがあってすっきりとした印象になります。たくさんある調味料を入れるのにぴったりな、セリアの調味料ボトルを楽しんでいるユーザーさんの実例をご紹介します。

セリアの調味料ボトルは種類豊富

セリアの調味料ボトルはいろいろな種類があるから、中に入れたいものに合わせて便利に使い分けることができます。シンプルなデザインだから統一感があって、キッチンがすっきりとした印象になりますね。

■並べたくなるスクエア型のケース

撮影:saruさん


セリアで人気のスパイスケース。シンプルなスクエア型で、端がぴったりとあうので、何個でも並べたくなりますね。ユーザーさんのように中身が見えるようにおけば、まるでオブジェのよう。キッチンに統一感が生まれます。

■丸みのあるデザイン

撮影:yumuyumuさん


丸みをおびたデザインの、セリアのスパイスケース。蓋がパチンと閉まって使いやすいそうです。上の段は細かい粒子の調味料、下の段は顆粒だしやごまなどと、便利に使い分けておられますね。

■液体調味料やオイルにぴったり

撮影:nuunaorさん


ユーザーさんは、酒しょうゆみりんなどの液体調味料やオイルを、セリアの調味料入れに移しかえています。ちょっとした手間で、気分のあがるキッチンに。お料理をするのがより楽しくなりそうです。

■粉ものや多く使う調味料に

撮影:maki.nero.1818さん


粉ものの調味料を、セリアのケースに入れて冷蔵庫にIN。袋のまま収納するよりも、見た目もよく使いやすくなっています。3つのケースをまとめて入れられるので、すっきりと収納できますね。

ラベルを自作して、いろいろな種類に対応する

詰め替えたボトルは、ラベルを貼ると中身がわかりやすくなります。ちょっと変わった種類のものなど、市販のシールでは手に入らないものは、手作りすれば便利に使うことができますね。

■自作ラベルですっきりした印象に

撮影:Nuさん


しょうゆやポン酢などの液体調味料を、セリアのオイルボトルに。カラフルでバラバラな液体調味料を、シンプルですっきりとした収納にされています。自作のラベルも凝っていて、カッコいいですね。

■アプリを活用してプリンタなしでラベル作成

撮影:erirink0さん


ユーザーさんは、ラベルをレイアウトするアプリと、シールのプリントを注文できるアプリを活用。パソコンとプリンターがなくても、カッコいいラベルを自作されています。プリンターがなくてもオリジナルのラベルを作りたいときに、ぜひマネしたいですね。

■シールに黒板塗料でラベリング

撮影:growさん


シールに黒板塗料を塗ったものをボトルに貼ってチョークで名前を書いて、味のあるラベルになっています。これならラベルを買ったりパソコンを使ったりしなくても、統一感のあるラベルにすることができますね。消して書けるので、調味料の中身を変えるときにも便利そうです。

ぴったりのラックに入れて見せる収納に

せっかくボトルとラベルを統一したら、ぴったりのラックに入れて、ずらりと並べたくなりますね。同じ種類のスパイスボトルが並ぶキッチンは壮観です。見せる収納で、お料理の効率もあがりそうですね。

■セリアの木箱にシンデレラフィット

撮影:erirink0さん


セリアの木箱に、セリアのスパイスケース6個、ボトル3個がぴったり入るのだそう。調味料が増えたら、木箱を増やして固定すればラックも増やすことができます。レパートリーが増えても安心ですね。

■スノコでラックをDIY

撮影:marik0さん


ユーザーさんは、スノコで調味料ケースにぴったりのラックをDIY。斜めになっているので、取り出しやすそうです。木箱のイラストと同じブルーでペイントして、さわやかですね。

■ラックもラベルも統一感を

撮影:mako-cchinさん


スノコで作った調味料ラックに、セリアの調味料ケースとオイルボトルを収納。白いケースとラックに、ずらりと並んだラベルで、統一感のある空間になっています。ユーザーさんは、本当は隠す収納がお好きとのことですが、見せる収納も素敵ですね。
調味料を詰め替えるひと手間で、キッチンがすっきりとした印象になり、使いやすくなります。好みのラベルを作ったりするのも、楽しいですね。セリアの調味料ボトルを、キッチンに取り入れてみてはいかがでしょうか。

執筆:Tomoko.m

外部リンク