整理収納の注目アイテム☆無印良品・EVAケースの使い方10

03.22 20:00 RoomClip mag

ファスナー付きでトラベルグッズなどの整理に便利な、無印良品のEVAケース。半透明で中身が隠れ、ほどよいハリのやわらかな質感でおうちでの収納用品としての活用方法にも注目が集まっているアイテムです。RoomClipのユーザーさん実例から、無印良品のEVAケースのアイデアある使い方をご紹介します。

管理しやすくする使い方

暮らしの中では家計費や個人情報など、きちんとした管理が大切なことが多いものです。無印良品のEVAケースは、そんな暮らしのシステム作りにも活躍してくれますよ。まずは、おうちの中を管理しやすくしてくれる使い方をご紹介します。

■光熱費の検針票を入れる

撮影:shioさん


光熱費の検針票は、大きさがふぞろいだったりと整理しにくいのが悩みの種ですね。こちらのユーザーさんは、検針票の管理にEVAケースを使っています。種類別に分けたケースに入れるだけで、大きさもそろって整理しやすくできるアイデア収納ですね。

■家計費を仕分ける

撮影:pengさん


こちらのユーザーさんは、家計費の管理にEVAケースを利用していますよ。横方向に付いたファスナーで大きく開けられるので、紙幣や硬貨も取り出しやすいですね。使い勝手のよさが、家計管理のモチベーションにもつながってくれそうです。

■大切な物をまとめる

撮影:stkseさん


パスポートや通帳など、大切な物の管理にEVAケースを活用しているユーザーさんです。種類ごとに分けたそれぞれのケースは、同じ無印良品の重なるアクリルCDボックスに入れてまとめています。半透明なので中身が探しやすく、色味も抑えられてすっきりと見えますね。

収納しやすくする使い方

おうちでの収納は、意外と不便なまま使っているものです。あなたも引き出しの中でケーブルが絡まりやすかったり、箱が引っ掛かるなんてことを我慢していませんか?次に、収納しやすく快適にしてくれるEVAケースの使い方をご紹介します。

■ケーブル類を入れる

撮影:8mamaさん


こちらのユーザーさんは、EVAケースをゲームやスマホの充電器の収納に使っています。そのままだとお互いに絡まるケーブル類も、ケースに入れることで防ぐことができますね。グレー地に白の日本語ラベルで分かりやすく、生活感も少なくなるよう工夫して収納されています。

■浅い引き出しで使う

撮影:sumikoさん


洗面所の引き出し収納に、EVAケースを活用しているユーザーさんです。箱のままだと引っかかって入らないストック類を、ケースに入れ替えて収納できるようにしています。中に白い板目表紙を入れて目隠ししているので、さらに統一感が出てすっきり見えますね。

■衛生用品を保管する

撮影:myha1106さん


清潔に保管したいマスク類にも、EVAケースを便利に使うことができますよ。こちらのユーザーさんは箱買いしたマスク類をEVAケースに入れ、同じ無印良品のハーフサイズファイルボックスにまとめています。密封して埃から守ることができるので、衛生用品の保管にぴったりです。

■ジップロック入れに使う

撮影:hinaさん


こちらは、EVAケースでジップロックを収納しているユーザーさんです。箱のままだと場所をとり、むきだしだとお子さんにイタズラされるという悩みをケースで解決できていますよ。中に入れた袋は1枚ずつ取り出せて、使い勝手もよさそうです。

便利にしてくれる使い方

EVAケースには、まねしたくなるような使い方がまだまだあります。ユーザーさんのちょっとしたアイデアで、なんとなく過ごしているような暮らしの悩みをすっきりと解決してくれますよ。続いて、暮らしを便利にしてくれるEVAケースの使い方をご紹介します。

■病院セットを作る

撮影:8mamaさん


こちらのユーザーさんは、家族の病院セットをEVAケースで作っています。保険証や診察券などは100均のカードファイルに入れ、無印良品のノートで作ったお薬手帳と一緒に一人分ずつケースにまとめています。家族の誰が見てもわかりやすいので、急なときでも安心です。

■乾物入れにする

撮影:re-re-reさん


キッチンで、乾物入れにEVAケースを使っているユーザーさんです。乾物を湿気や埃から守って整理できると、最後まできちんと使い切れそうですね。スリムな縦収納で、引き出しのスペースをムダなく使えるのもうれしいところです。

■ウェットシートのフタを付ける

撮影:noriさん


こちらのユーザーさんは、EVAケースをウェットシート入れにリメイクしていますよ。ケースの側面を切り取り、セリアのウェットシート用フタを付けて作っています。チャック部分から詰め替えられ、ボックスと違ってかさばらずにすっきり使えるアイデアリメイクです。
暮らしの中のあちこちで、無印良品のEVAケースが活躍していましたね。アイデアしだいで、活躍してくれるところがまだまだありそうです。あなたもEVAケースで、おうちをもっと快適にしてみませんか。

執筆:kuroneko

外部リンク

困ったときのお助けアイテム♡万能S字フックはこう使う

03.22 20:00 RoomClip mag

S字フックは、みなさんが見かけたことのあるアイテムだと思います。何かをひっかけておくものですが、RoomClipユーザーさんのひらめきにかかれば、変幻自在にさまざまなものに応用されるんです。「ひっかけておくだけ」にとどまらない、S字フックの活用術を、たくさん紹介します。

衣類・服飾雑貨の収納の強い味方

量も多くごちゃごちゃしがちな衣類やバッグなどの収納。どうすればきれいに使いやすく、そしてたっぷりとしまえるのか頭を悩ませますよね。そんなときはS字フックを使うだけで、収納力アップ、美収納、収納場所確保がねらえるんです!

■デニム収納は省スペースでかっこよくが◎

撮影:asroooさん


デニムの収納は、かさばる……という悩みがつきもの。そんな悩みはS字フックが解決してくれます。ユーザーさんの実例のように、ベルト通しにフックをかけて吊るして収納すると、省スペースなうえショップのような雰囲気に。どうせならかっこよく収納したい!という要望にも、しっかり応えてくれるアイデアですよね。

■扉に掛けれる形がうれしい

撮影:remaさん


こちらは、リュックをかけておく場所の確保に、S字フックを使われている実例です。扉にフィットする形で安定感もありそうです。バッグのような大きなものは、掛けて収納すれば場所の有効活用につながります。ごちゃつくことなくすっきりです。

■巻物はきれいに選びやすく

撮影:joker27さん


長さのあるストールなどは、しまっておくのが難しいアイテム。そういった巻物は軽く結んで輪っかを作り、S字フックにかけておくのが◎。コンパクトに収納できて、なおかつ統一感も生まれます。ユーザーさんのようにワイヤーネットにかけていくと、たっぷり収納できますね。

キッチンでのお悩みにはS字フックがおすすめ

ものがたくさんあり、使いやすさも重要になってくるのがキッチンです。そんな場所でもS字フックは、大活躍してくれるんですよ。使う場所にセットしておけば時短にもつながる、イチオシの使いかたを見てみましょう。

■トイレットペーパーを浮かせて設置

撮影:usataro27さん


こちらのユーザーさんは、ガス台周辺の汚れをさっとふき取れるように、吊戸棚の取っ手部分にS字フックを使ってトイレットペーパーを設置されています。使いたい場所にセットされているので、少ないアクションで作業ができて時短につながっています。

■つっぱり棒と組み合わせて

撮影:mottyanさん


まな板を、乾かすために出しておきたいけれど、目立つところには置いておきたくない!という方も多いはず。そんなときはこちらのアイデアがぴったりです。S字フックとクリップ付きのフックを使い分けて、見事にまな板専用の棚をつくられたユーザーさんのアイディアにびっくりですね。

■簡単にバナナの保管場所を確保

撮影:kotamomさん


こちらは、あるとうれしいバナナの置き場所。それをS字フックを使って、とても簡単に確保された実例です。S字フックの特性とバナナの形状がベストマッチ。棚にもともとバナナがかけれる仕様だったかのような、自然な仕上がりです。思いつきそうで思いつかない素敵なひらめきですね。

S字フックと合せるならこのアイテム! 

S字フックは、単独でもとても優秀なアイテムですが、別のアイテムとの合わせ技でさらに便利に変身しちゃうんです。最後はS字フックとどのようなアイテムとを合せるのか?そしてそれがどんな風に使えるのかをユーザーさんの実例から紹介します。

■S字フックと突っ張り棒の最強タッグ

撮影:taitaiさん


洗濯物を干すスペースを手軽に増やせるのが、こちらのアイデア。大き目のS字フックを物干し竿に引っかけて、そこに突っ張り棒をプラスすれば、容量アップの、2段の物干しスペースが確保できました。S字フックと突っ張り棒なので、取り付けや取り外しも簡単ですね。

■有孔ボードにプラスして見せる収納

撮影:hemukoさん


見せる収納には、S字フックと有孔ボードの組み合わせが抜群です。ユーザーさんは、スタイリッシュな印象の細めのS字フックを選ばれていますね。掛ける場所も好きなところを選べますし、手に取ったり、掛けたりが簡単にできるというメリットがあります。

■ワイヤーバスケットをつりさげる

撮影:furuhouseさん


こちらはS字フックを使って、ワイヤーバスケットを2つ上下につるされています。ワイヤーバスケットを置いた収納からの、発想の転換でディスプレイ棚に早変わりですね。幅広い使い道のS字フックならではのアイデアです。

■無印良品の商品どうしですっきり

撮影:noonoさん


無印良品の壁に付けられる家具シリーズの長押とS字フックを合わせて、玄関に帽子や子どもたちの上着をかけられる収納を作られました。S字フックの位置を変えれば、サイズのちがったものでも、うまくかけられそうですね。同じ無印良品のものを選ばれているので、きれいになじんでいます。
S字フックを使った、アイデアの数々を紹介しました。サイズ展開も幅広く、他のアイテムとも合わせて使いやすいということが、分かっていただけたのではないでしょうか?ぜひS字フックを活用して、暮らしを便利に豊かに変えてみてくださいね。

執筆:shirokurousagichan

外部リンク

お金が貯まるかしこい暮らし☆みんなの節約アイデア

03.22 20:00 RoomClip mag

ごはんに携帯代、出かけるための服と、暮らしにはたくさん必要な物があるものです。気にしないでいると、意外とお金がかかってしまっていることも……。そこでRoomClipから、ユーザーさんが実践している節約アイデアを集めてみました。食費・日用品・光熱費の3つのテーマでまとめてご紹介します。

食費を節約するアイデア

家族と自分の健康のためにも、体を作る基本になる食事は大切にしたいものです。食の質はキープしながら、ムリなくできる工夫で節約を取り入れてみましょう。まずは、食費を節約するアイデアをお持ちのユーザーさんの実例をご紹介します。

■保存食を活用

撮影:kanaさん


こちらのユーザーさんは、たくさんもらったレモンを塩レモン&蜂蜜レモンにしています。もらいものやセールでたくさん入手できた野菜や果実は、保存食にしておくと長くストックできますね。ゆっくり完成を待つ時間も、暮らしの楽しみになりそうです。

■再生野菜を育てる

撮影:miyuさん


こちらは、ネギを再生して利用しているユーザーさんです。少し添えるだけでも料理を彩りよく見せてくれるネギは、育てておくと何かと活躍してくれそうです。コップで場所もとらずに育てられるので、簡単に始めることができますよ。

■保存はしっかりと

撮影:acyakoさん


すぐに使い切らない野菜は、しっかり保存しておくのも大切です。こちらのユーザーさんはブロッコリーを水の入ったコップに入れ、袋をかぶせて冷蔵保存しているそうです。手間を掛けずにできる方法なので、覚えておきたいですね。

日用品

化粧品から洗剤やティッシュペーパーまで、日用品は意外と必要な物が多いものですね。おうちにあるストックをきちんと使うなど、ムダにしない節約を中心に見直してみましょう。続いて、日用品の節約のアイデアの実例をご紹介します。

■サンプルを使いやすく

撮影:shizukaさん


化粧品やシャンプーなどのサンプルは、忘れているうちにムダにしてしまいがちなものです。こちらのユーザーさんは、マスキングテープでディスプレイのように壁に貼り付けて活用していますよ。どんなサンプルがあるのか一目瞭然で、楽しみながら使うことができそうです。

■半分にして使う

撮影:littlemomさん


こちらは、キッチンペーパーを半分にして利用しているユーザーさんです。半分に切ったペーパーは、ぴったりサイズのセリアの整理ボックスに入れて収納しています。開け閉めいらずのボックスが、すぐに取り出したいペーパーの収納にぴったりです。

■まとめ買いを利用

撮影:buchibuchi55さん


お子さんのおもちゃに、ボタン電池をたくさん使うというこちらのユーザーさん。ネットでシート単位でまとめて買うことで、費用を抑えることができたそうです。たくさん必要なものは、まとめ買いを検討してみるのも一つのアイデアですね。

光熱費

なにげなく使っていると、気づかないでいるうちに増えてしまっているのが光熱費です。毎月払っていくものなので、続けられる工夫で節約を意識した暮らしを目指しましょう。次に、光熱費の節約のアイデアをご紹介します。

■LED電球を取り入れる①

撮影:ahiru-32さん


こちらは玄関の照明に、LED電球を使っているユーザーさんです。人感センサー付きタイプを選んだので、電球を買えただけでセンサー機能を利用できるようになったそうです。電気代を節約できるだけでなく、便利にもなって一石二鳥のアイテムです。

■LED電球を取り入れる②

撮影:Mongkolさん


こちらのユーザーさんも、照明にLEDライトを使用して電気代の節約につながっています。お昼に撮影されたダイニングの風景ですが、自然素材の家具や植物が主役の空間に、間接照明がほのかな優しい光を添え、明るい気分にさせてくれます。昼と夜で違った表情を見せてくれるのが間接照明の魅力ですよね。

■食器洗いにゴム手袋

撮影:mashiさん


ゴム手袋をして食器洗いをしているという、こちらのユーザーさん。手荒れを防ぐだけでなく、冷たさを感じないので冬にはガス代の節約にもつながっているそうです。ナチュラルテイストな雰囲気の中に、居心地のいい暮らしが伝わってくるようなキッチンですね。

■ストーブの熱で料理

撮影:yukiさん


こちらのユーザーさんは、灯油ストーブ上にお鍋を置いて料理を煮込んでいますよ。ストーブでじっくり加熱されるので、いつもよりさらにおいしく仕上がってくれそうですね。見ているだけで心がほっこり温かくなるような風景です。

■魔法瓶で保温キープ

撮影:akiraさん


こちらは、魔法瓶を使ってお湯を保温しているユーザーさんです。専用の物ではなく、マイボトルをおうちのポットとして代用に使うところにもアイデアが光っていますね。そのまま持って、すぐに出かけることができるところもいいですね。
どれも暮らしを楽しみながらも節約できるアイデアばかりでした。心に留めておくだけで実践できるものなので、覚えておいて試したいですね。あなたの暮らしも節約を意識して見直してみませんか。

執筆:kuroneko

外部リンク

手軽にお部屋にグリーンを♪ダイソーのグリーンモス活用法

03.22 11:00 RoomClip mag

植物はその種類によってはお手入れがたいへんなもの。フェイクグリーンでお部屋に緑を取り入れたい方、100均で簡単に手に入るグリーンモスを活用してみてはいかがでしょうか。今回はダイソーのグリーンモスと小物で、ちょっとした工夫を加えて簡単にできるアイテムを紹介します。

容器に閉じ込めて

グリーンモスをそのまま机に置いて飾ってみる……、という方は少ないはず。ここでは容器につめることで、より存在感を出すことができるグリーンモスの活用法を紹介します。やわらかいのでクッション材としても使えますよ。

■写真のように

撮影:momoさん

写真たてにグリーンモスを敷き詰めて、まるで背景のように仕立てたアイテム。とても違和感なくフレームにおさまっています。ガーランドやアンティークなフレーム、オブジェによって、さながらパリで撮影された写真のような雰囲気がありますね。

■リメ缶にも

撮影:Ayumiさん

ガーランド風に吊り下げられたリメ缶に、グリーンモスを入れるというアイディアがいいですね。リメ缶から少しのぞいているグリーンモスにお茶目さを感じます。入れ物であるアルミ缶のリメイクも男前に決まっていて、かっこいいです。

■サーバーがテラリウムに

撮影:joker27さん

ドリンクサーバーをテラリウムにしてしまうという独創的なアイディア。上から花、グリーンモス、端材、小石といった構成がさながらろ過装置のようです。ドリンクサーバーの本来の用途とかけられていて、ユーモアを感じます。

■なんちゃってリングケース

撮影:Tomomiさん

空いた調味料のビンを使い、グリーンモスをクッション材のようにしてリングケースに見立てたアイテム。リングを普段使いしない方で、ちょっと変わったディスプレイをしたい場合は、こちらのユーザーさんのようにしてみてはいかがでしょうか。

英字オブジェに一工夫

英字を題材としたオブジェクトをよく見かけますが、グリーンモスを使った簡単リメイクはいかがでしょうか。グリーンモスの芝生のような質感が、英字オブジェクトをまた違った雰囲気に仕立ててくれるのでオススメです。

■まるでお手本

撮影:miccoさん

こちらはユーザーさんの、ご家族で協力して仕上げた作品だそうです。そのままだとスタイリッシュ、モダン、とがった感じで受け入れられている英字オブジェクトですが、グリーンモスをはりつけることで、やわらかい味わいとなっています。とてもきれいに作られていて、まるでお手本のような作品ですね。

■カラーボードを使って

撮影:caotantanさん

こちらは英字オブジェクトをカラーボードで作成したものです。ユーザーさんはイニシャルをイメージして作ったそう。筆記体というところにユーザーさんの意識を感じさせますね。壁のマリンのイメージにも合っています。

■タイトルロゴのような完成度

撮影:li-yaaaaanさん

大人気アニメーション、トイ・ストーリーのタイトルロゴのような完成度の高い作品です。ウッディやグリーン・アーミーメンのフィギュアを配置しているところからも、ユーザーさんの強いこだわりが感じられますね。

動植物のフィギュアと一緒に

グリーンモスを草原のように見立て、その上に動植物をディスプレイすれば、自然から切り取ったワンシーンのようなインテリアに早変わり。使わずにとってある動植物の雑貨がある方は、試してみてはいかがでしょうか。

■牧場物語

撮影:miyuさん

牧場でのひとコマのような現実感ある作品です。木の器、クルミや木でできたミルクタンクなどの雑貨も自然素材でそろえているので、世界観が統一されたまとまりのあるディスプレイになっていますね。

■おとぎ話

撮影:Harukaze_plus_25さん

うさぎやバンビ、リンゴといったモチーフや、ガラスの器に入れられていることから、なんだかおとぎ話の白雪姫のワンシーンのようなファンタジー感あふれる作品となっています。松ぼっくりの存在感も、いい味を出していますね。

■ユニークなテラリウム

撮影:mogu0418さん

花や流木、草木で構成されたテラリウムはよく見かけますが、こちらのユーザーさんのテラリウムはキノコを閉じ込めるというユニークな発想です。ガラスジャーが培養器のようで、実験室のような雰囲気が出ています。グリーンモスによるコケ感もいいですね。
いかがでしたでしょうか。簡単に手に入り、またアレンジ方法が簡単なものが多いことから気軽に手にとれるアイテム、グリーンモス。フェイクグリーンを取り入れる第一段階として、このページが参考になればうれしいです。

執筆:みちぱん

外部リンク

目指せモダンな部屋作り!インテリア上手10人に学ぶ色使い

03.21 20:00 RoomClip mag

モダンな部屋作りに欠かせないポイントが、色づかい。今回は、モダンスタイルのインテリアに色を取り入れている10人のインテリア上手さんのお部屋をまとめてご紹介します。大きな面積を占める床や壁、家具などで色を上手に取り入れるほか、クッションやラグといった小物でさし色を楽しむ方法もおすすめです。

すっきりシンプルなモダンスタイル♪ベースカラーは白

モダンスタイルのインテリアは、都会的なセンスを感じさせます。インテリアのベースカラーは白。そのほかの色の配分によって少しずつ印象が変わります。さらに、ガラスや金属などの硬質な印象を与える素材や、シンプルな直線ラインでの構成が特徴。ここでは、白、黒、グレーのインテリアをチェックしてみましょう。

■クリーンで明るいホワイトインテリア

撮影:mari.s.homeさん


まずご紹介したいのは、モダンスタイルのベースカラーである白でまとめたホワイトインテリア。白は、インテリアを明るく広く見せる色です。さらに、つるっとしたテクスチャーの家具を選ぶことで、清潔感もプラス。mari.s.homeさんのキッチンダイニングは、窓からの日差しも明るく入るクリーンなスペースです。

■黒の分量が多いとクール&スタイリッシュに

撮影:chiii__stagramさん


モダンスタイルのインテリアでは、黒の分量が多くなるとクールでスタイリッシュな印象になりますね。chiii__stagramさんはリビングに黒いソファをチョイス。さらに、テレビやテレビ台、サイドテーブルにフラワーベースも黒でそろえたトータルコーディネートを。グレーストーンのセンターテーブルが印象的です。

■ホワイトベースにトレンドのグレーをプラス

撮影:tuuliさん


スタイリッシュなモノトーンインテリアに定評のあるtuuliさんのリビングは、ベースカラーの白にグレーをプラスしたスタイル。明るいグレーのソファが、やわらかな印象を与えてくれます。白・黒・グレーのクッションがおしゃれ度をアップ。ローテーブルのシルバーのプレートでもさりげなくカラーをリンクしています。

アクセントに使いたい、さし色

モダンスタイルのインテリアに、ヴィヴィッドな色の家具や小物をプラスすると、アクセントとしてさし色効果が期待できます。ベースカラーの白は、どんな色とも相性がいいので、思い切った色選びが楽しめそうですね。ここでは、アクセントとなるさし色の上手な選び方をご紹介していきましょう。

■鮮やかなブルーのラグでメリハリをつける!

撮影:nitaandさん


大きな面積を占めるアイテムは買い替えが難しいかもしれませんが、ラグやカバーなどのテキスタイルなら比較的簡単に取り入れることが可能です。nitaandさんは、白を基調としたキッズスペースに鮮やかなブルーのラグをチョイス。直線的ラインの家具の中に、あえてラウンド型を置くことでメリハリも生まれています。

■モダンデザインの赤いソファを主役に

撮影:i666sykiさん


床も壁も天井も真っ白なデザイナーズマンションにお住いのi666sykiさんがチョイスしたのは、モダンデザインの赤いソファ。存在感のあるソファは、まさにリビングの主役です。サイドテーブルはソファの脚とおそろいのクローム仕立て。デザイン性の高いシンプルなサイドテーブルが、赤いソファを引き立てています。

■カラフルポップなシャンデリアがポイント♡

撮影:hatshopさん


ダークウッドと黒を組み合わせたナチュラルモダンなインテリアを楽しむhatshopさんがチョイスしたのは、カラフルでポップなシャンデリアです。色味を抑えたモダンインテリアだからこそ、オレンジをベースにした多色使いの照明が映えますね。リビングのフォーカルポイントにもなってくれるシャンデリアです。

アクセントウォールでモダンインテリアに色をプラス

続いてご紹介するアイデアは、壁の1面にほかの面とは違う色を使ったアクセントウォール。ベースカラーである白の壁とのコントラストが生まれ、おしゃれ度がぐっとアップします。ポイントは、無地であること。柄デザインがない分、はっきりとした色の主張が感じられるアクセントウォールになるでしょう。

■北欧の新トレンド!ブルーグレーの壁

撮影:mokomokoさん


mokomokoさんがチョイスしたブルーグレーは、近年北欧のアクセントウォールでもトレンドになっている色です。やわらかな色味が、ベースカラーの白ともナチュラルに調和します。ぬくもりを感じる白木やシンプルなアイアンとの相性も抜群。飾り棚にきれいに並べた北欧の器とのコンビネーションも美しいですね。

■キッズルームにさわやかなミントブルーの壁

撮影:r_._naさん


続いてr_._naさん宅のキッズルームをご紹介しましょう。漆喰の白い壁にナチュラルなフローリングがマッチしたシンプルモダンなインテリアです。アクセントウォールはペイントをミックスしたニュアンスカラー。さわやかなミントブルーのように見えますね。収納家具やスツールなども白でまとめているのですっきりです。

■インパクトのあるオレンジの壁をトイレに

撮影:Erikaさん


アクセントウォールは、トイレなどのコンパクトスペースにも有効です。Erikaさんが選んだのは「エルメス」のブランドカラーでもあるオレンジ!鮮やかな色だからこそ、少ない量でも大きなインパクトを与えてくれます。モダンテイストをプラスするために、黒フレームを並べてコントラスト作るのも効果的です。

スタイル別モダンインテリアになじむ色

最後にご紹介するのは、スタイル別のモダンインテリアになじむ色使い。シンプルモダンやナチュラルモダンのほかにも、さまざまなスタイルがあります。モダンインテリアの基本である白のベースカラーは共通していますが、より幅広い素材や色の組み合わせを楽しんでいるインテリア上手さんのアイデアを見てみましょう。

■人気No.1!北欧モダンなインテリア

撮影:soraniwaさん


さまざまなモダンスタイルのインテリアの中で、圧倒的人気を誇るのが北欧モダン。機能性を重視したシンプルなデザインや天然素材を多用したアイテムがポイントです。soraniwaさんはやわらかなベージュのソファに、グレーのカーペットやクッションカバーを合わせて。丸みのあるラインがほっこり感を演出しています。

■ロマンチックでエレガントなフレンチモダン

撮影:chibimuさん


ロマンチックでエレガントな雰囲気が人気のフレンチモダン。繊細なデザインをシックにまとめる色使いがポイントになります。chibimuさんは、明るいグレーのソファに白やピンクのクッションをプラスしました。甘すぎない大人ピンクが魅力的!チェストやミラーなどもテイストをそろえたトータルコーディネートです。

■天然素材と鮮やかカラーのアジアンモダン

撮影:ericoooさん


最後にご紹介するのは、天然素材を取り入れたリゾートスタイルの、アジアンモダンインテリアです。ericoooさんは、バリ風のコーディネートを楽しんでいらっしゃいます。チェアやソファ、ローテーブルに天然素材を編んだデザインをチョイス。ダークカラーとのコントラストも美しい組み合わせです。
さまざまなモダンスタイルのインテリアにプラスされた色使いのアイデアをご紹介しました。白をベースカラーに、さし色効果も期待できるコントラストのはっきりした色を組み合わせてモダンインテリアを楽しんでみませんか。

執筆:Sayang

外部リンク

整理しやすい!ダイソーのクリアケースでディスプレイ収納

03.20 20:00 RoomClip mag

皆さんは小物やコスメの収納ケースをどうしていますか?ダイソーで販売されているクリアケースは、プチプラなのに収納力もあって、見せる収納としてもとても便利です。今回は、そんなダイソーのクリアケースを使っているユーザーさんのディスプレイをご紹介していきます。

小物収納として

透明で、中身が見えるクリアケースは、小物の収納として使ってもピッタリです。ケースの種類も豊富で、容量もたっぷり。自分の好きなもののコレクションケースとしても使えるので、眺めているだけで気分が上がりますよ。

■子どものおもちゃケースとして

撮影:annさん


おもちゃは、目に見えたほうが子どももうれしいですよね。annさんは、クリアケースをおもちゃ収納として利用しています。3段のケースは200円のお手ごろ価格で購入でき、子どものおもちゃ収納としても万能です。見える収納で子どももどこにしまったらいいのかわかりやすく、お片付けの教育にもよさそうです。

■趣味のコレクションケースとして

撮影:Bottega.Acqua.さん


箸置きを収集しているというBottega.Acqua.さん。クリアケースをコレクションケースとして使っています。クリアケースには脚がついていて、スタッキングしても使えます。カラーや種類に合わせて、棚を分けて入れることができるのが便利でうれしいですね。

■アクセサリーも見えて気分も上がる!

撮影:Rougeさん


増えてくるとしまう場所に困るアクセサリーを、クリアケースでコンパクトに収納されているRougeさん。クリアケースを使えば見やすく、スッキリとし収納できます。アクセサリー選びもスムーズで楽しくなりますね。

クリアで見やすいコスメトレーとして

小さくてゴチャゴチャしがちなコスメもクリアケースですっきり。パッケージもかわいらしいコスメならロマンティックに、大人っぽいパッケージならノーブルな印象にとクリアケースなら仕上がりのイメージも自由自在ですね。

■ロマンティックな空間にぴったり

撮影:airiさん


女の子らしい空間が印象的な、airiさんのコスメ収納です。左側の棚は無印良品の物ですが、ダイソーのクリアケースを隣に置いても違和感がなく高見えします。ピンクのグラデーションが見えるので、見せる収納としても良いですね。とびっきりロマンティックなドレッサーの前に、毎日立てるのが羨ましくなってしまいます。

■黒いケースでアンティーク風に

撮影:shokogokigenさん

なんとダイソーのクリアケースは、クリアとブラックの2色展開!shokogokigenさんは、黒のクリアケースにアンティーク風の取っ手をつけて、リメイクしています。黒いクリアケースだと、ちょっとした目隠しのようになるので、中身を見せすぎず収納しておきたい物にもぴったりですね。

■コンパクトで選びやすいケース

撮影:cocoelleさん


cocoelleさんは、ドレッサーのガラスケースにクリアケースをおいて使っています。スッキリと整理されたドレッサーにおかれたクリアケースは、透明なのでどんな場所でもよく馴染みます。収納に困る細かい化粧品をケースに入れることで、ごちゃつかず良いアイデアですね。

リメイクも気軽に出来ちゃう

ダイソー商品のクリアケースは、お手ごろ価格で気軽にリメイクも楽しめます。リメイクをすることで、使いやすくなったり自分好みのデザインにできるのもうれしいですよね。

■100均リメイクで便利な道具箱に

撮影:Lumiさん


Lumiさんの100均リメイクは、カッティングボードと合わせたアイデア道具箱。カッティングボードとクリアケースの幅がジャストフィットでできたリメイクということですが、100均のもので作ったとは思えないほどのクオリティですね。何を入れるか迷ってしまいそうです。

■きらきらの取っ手で高級感UP!

撮影:hanaさん


hanaさんのリメイクアイデアは、取っ手を付けること。高級感がある取っ手を付けたことで、100均とは思えないクリアケースになっています。中にボアクッションを敷いているので傷もつかず、動かしたときにカチャカチャ音がしないのもうれしいポイントですね。

■タイルを敷き詰めてカラフルリメイク

撮影:seaglassさん


seaglassさんは、クリアケースにダイソーのタイルを張り付けて使っています。タイルがあることでカラフルになり、明るい気持ちにしてくれそう!seaglassさんは、ピンク系で作られていますが、自分の好きな色合いでアレンジできますね。

■プレゼントボックスのようなカラフルリメイク

撮影:hatyan0603さん

パステルカラーのトレーがとってもキュートなクリアケースです。リボンがプレゼントボックスのようなリメイクで、使うのが楽しくなりそうです。カラー分けとラベリングで、中身を隠しながら使いやすい工夫がされています。
クリアケースは、コスメ収納など小さなものを入れるのにとっても便利。手軽に購入できて使い勝手も良いので、さまざまな空間で活躍してくれますね。みなさんも、自分好みにアレンジして使ってみてはいかがでしょうか?

執筆:そらまめ

外部リンク

ヘアアクセでプチDIY!ラグジュアリーなカーテンタッセル

03.20 20:00 RoomClip mag

誰でも簡単にアレンジやプチDIYを楽しむことができる「10分でできる100均リメイク」連載。
今回は、身近にあるアイテムやプチプラ雑貨を自分らしくアレンジしながら、楽しみと彩のある暮らしをされているminteaさんにアイデアをお伺いします。『カーテンやのれんを、必要なときだけまとめられるタッセル飾りが欲しいな』そんな思いから生まれた、100均プチDIYレシピです。10分もあれば、セットで作れてしまうとのことなので、DIY初心者さんでもすぐに挑戦できますよ。

教えてくれた人

minteaさん
2LDKのごく普通の賃貸アパート住まいです。皆さんの素敵なインテリアを参考に、『アパートでも素敵に暮らしてみよう!』と頑張っています。筋金入りの不器用なので、とてもDIYとは呼べないようなプチプチリメイクをして楽しんでいます。

必要なもの

■所要時間 10分

■購入する材料 計5アイテム 540円(税込)

ヘアアクセサリー(ヘアスティックマーブル )
【ダイソー 売場:装飾品】
金銀のヘアゴム(細いもの)
【ダイソー 売場:装飾品】
パール調ビーズ(14mm)
【ダイソー 売場:その他】

■必要な道具
ハサミ

つくりかた

■STEP1

はじめに、ヘアゴムの輪をカットしてビーズに通します。先を結んで、ビーズが抜けないように留めてください。二重に結んでおくと解けにくいです。

■STEP2

続いて、ヘアアクセサリーからスティックを抜き、左右いずれかの穴の外側にSTEP1のビーズが出るようにしてゴムを通します。通した内側で結び目を作り、ビーズを固定してください。

■STEP3

固定ができたら、結び目の余分なゴムをカットします。(結び目はなるべく小さくギュッと結んだ方が見た目が良いので、カットする前に再度キツく締めてください。)

■STEP4

さらに、もう一本のゴムとビーズを使い、STEP1を繰り返します。ヘアアクセサリーの反対側の穴にも、ビーズが外側に出るようSTEP2を繰り返してください。

■STEP5

ゴムの先が輪になるように結びます。(写真のように何かに結びつけると留めやすいです。)余分なゴムはカットしてください。

■STEP6

もしゴムの長さが足りないようなら、逆側の余っているゴムを小さい輪にして結びつけると、長めに仕上げることができます。

完成です。ゴムの長さはカーテンなどまとめるモノのボリュームで調整してください。パールビーズが留め金代わりになるので、タッセルがなくてもカーテンなどをサッとまとめることができます。

レディな雑貨で、リュクスに日常を飾ろう

ヘアアクセサリーがサラリと、上品で高級感を漂わせるカーテンタッセルに変身しましたね!本来の目的でも、ワンアイテムでヘアスタイルを格上げしてくれるものを活用しているのがポイントです。メタリックな輝きが、ベーシックなワントーンのカーテンやレースのカーテンをラグジュアリーに演出してくれそう。そんな素敵なアイテムが、ヘアゴムを切って・通して・結ぶだけと至ってシンプルに作れてしまうなんて驚きです。

100均に行けば、今回使用されているアイテム以外にも、カラーやデザインの違う類似品を目にすることができます。お部屋に合わせて自分らしいプチっとDIYをぜひ、楽しんでみてください。

ワンポイントアドバイス

ゴムの先に繊維が絡まっているとビーズに通りにくいので、ハサミで断面がきれいになるよう、スパッと切りなおしてください。それでもビーズに通りにくいようでしたら、目打ちやピンなどで穴の奥へ押しやってください。結び目をボンドやグルーで固めておくと、より解ける心配がありません。

執筆:RoomClip mag 編集部

外部リンク

すっきり収納で気持ちよく♪かさばる冬服の賢いしまい方

03.20 20:00 RoomClip mag

冬服は、素材もさまざま。クリーニングに出すもの、手洗いするものなど、片付けに手間がかかるので、春の気配を感じたら、厚手のものから順にしまう準備をはじめましょう。かさばる衣類は収納場所の悩みもあります。冬服をスムーズに賢くしまう方法について、ユーザーさんから学んでみましょう。

来シーズンも気持ちよく着られるように

だんだん暖くなり春の気配を感じ始めたら、真冬の衣類から順番にお手入れをして、衣替えの準備を始めましょう。汚れや傷みをチェックして補修したり、残すものと処分するものを仕分けたりして、次に取り出したときに気持ちよく着られるようにしておきたいものです。

■丁寧に手入れしてから収納する

撮影:20rose_mamiさん


ユーザーさんは、春の手仕事として、暖かくなってきた日差しの中でセーターの毛玉取りをされています。冬の間、あたたかく包んでくれたセーターをお手入れする時間は、優しい気持ちで丁寧におこないたいですね。収納の前に、次のシーズンも気持ちよく着られるようにしておくことは大切です。

■捨てる・差し上げる・着るを選別する

撮影:20rose_mamiさん


収納スペースには限りがあります。処分するものは取り分けて、次のシーズンも着るものだけを収納したいです。こちらも先ほどと同じユーザーさんの実例です。衣替えに時間をかけて、洗濯したり、繕ったりと、丁寧に向き合われています。冬服は素材もさまざまで、デリケートなものが多いです。一つずつ確認しながら大切に手入れしていきたいですね。

■防虫効果のあるカバーに入れる

撮影:hemukoさん


ユーザーさん宅では、あまり大きな衣替えはされないそうですが、コート類は、ムシューダの防虫効果のあるカバーにまとめて保管されています。これなら、ずっとかけておいても、ほこりが気にならず、安心ですね。こちらのカバーは、防虫剤を入れ替えれば、翌年も使えて便利です。

季節外のものは別の場所に保管する

クローゼット内は、今着ている服だけにして、かさばるシーズンオフの衣類は、まとめてほかの場所に保管する方法もあります。普段は使いにくい押入れスペースや納戸を利用したり、デッドスペースの活用もいいでしょう。ベッドは面積も広いので、ベッド下を活用すると、たっぷり収納できます。

■収納付きベッドを利用する

撮影:tocotoco.10さん


季節外でかさばるものの収納には、デッドスペースとなっている場所の活用も考えてみましょう。ベッド下収納のケースなども販売されていますが、ユーザーさんは、ベッドそのものを収納として使えるものにされています。収納量たっぷりで、季節外の衣類やかさばる毛布、布団などの収納に頼りになりますね。

■納戸にまとめて保管する

撮影:aluさん


コートはしわにならないよう、吊るす収納が便利です。ユーザーさんは、納戸の高さと奥行きを活かし、ハンガーパイプを設置されました。奥には簡単に取り付けられる棚を設置し、使用頻度の低い書類などを整理されています。丈の短い子ども服は、下のほうに吊るすなど、スペースを最大限に活用する工夫をされています。

■トランクに収納する

撮影:Yukoさん


保管に場所を取ってしまう旅行用の大きなトランクは、かさばる衣類の保管に使うと収納スペースが節約できます。ユーザーさんは、圧縮袋に小分けして収納量を増やすとともに、取り出しやすさも工夫されています。小分けにすることで、そのときに必要なものだけ取り出せ、こまめな入れ替えが簡単にできます。

■クリーニングの保管サービスを利用する

撮影:shiokoさん


ユーザーさんは、ダウンやウールのコートなどは、クリーニング屋さんの保管サービスを利用されています。クリーニングに出したら、そのまま次のシーズンまで預かってもらえると、手間もスペースも取られず便利です。保管時の環境も気にせずすみ、家事の大幅な時短になりますね。

スペースを有効活用してすっきり

収納スペースは限られています。スペースを有効に使いつつ、次に出したときにきれいに着られるようにしたいです。カビや虫対策も必須です。服の出し入れがしやすく、衣替えも簡単にできるクローゼットを作っているユーザーさんの実例などを参考に、効率よい冬服収納の仕組みを作っていきましょう。

■圧縮袋でカサを減らす

撮影:naosunnyさん


セーターはかさばるので、収納スペースを多く取りますが、圧縮袋を用いると、グンとカサを減らすことができます。ユーザーさんは、ムシューダ圧縮パックを利用したところ、約半分のサイズになったとのことです。マチがたっぷりで入れやすく、圧縮方法も簡単と、使い勝手がよさそう。

■クローゼット内に仕分けして収納する

撮影:yanさん


ユーザーさん宅の寝室のウォークインクローゼットは、すっきりと美しく、使い勝手がよさそうです。今必要な衣類は、下に置かれたニトリのチェストに。かさばる冬服は、圧縮パックで小さくして上段の衣装ケースにと、クローゼット内をうまく仕分けされています。必要になったらすぐに取り出せて、衣替えが楽になりますね。

■ニット類を籐カゴに収納する

撮影:hinano1017さん


見せる収納で、衣類をすっきり整えられているユーザーさん。収納ケースは番号をふって個人別の収納に利用し、ハンガーにはよく着る服を吊るすシステムに。かさばるニット類は、籐カゴに収納されています。カゴと観葉植物は、爽やかさが感じられる素敵なインテリアにもなっています。
冬服はかさばるものが多く、クリーニングに出したり手洗いしたりと、お手入れに手間がかかります。もう着ない服は処分したり、圧縮袋でカサを減らすなど、限られた収納スペースを有効に使えるようにしたいですね。

執筆:mint

外部リンク

パッケージが◎シリーズでそろえたい無印良品のケア用品

03.20 20:00 RoomClip mag

人気の高い無印良品。生活を豊かにしてくれるアイテムが数多くありますよね。今回はそんな無印良品の商品の中でも、生活感をなくし清潔感をプラスしてくれるケア用品を、「スキンケア・マウスケア・入浴剤」に分けて紹介します。選ぶものや置き方など、とても参考になる実例ばかりですよ。

洗練されたパッケージのスキンケアグッズ

スキンケア用品には、インテリアにもなじむデザインのがたくさんありますが、無印良品のスキンケアグッズも、出しておきたくなるような、洗練されたパッケージでラインナップされています。無駄をそぎ落としたミニマルなデザインは、どんな場所でも分かりやすく、スマートな印象に仕上げてくれますよ。

■優秀デザインなボトル

撮影:Mikiさん


身支度コーナーとしてアクセサリー等とともに、無印良品のスキンケアグッズを準備されているユーザーさん。クリアやホワイトのボトルが、さわやかで軽やかな印象です。実例のようなすっきりインテリアには、出しておいてもお部屋になじんでくれるシンプルさが、ベストマッチですね。

■スプレーヘッドを取り付けて

撮影:Macaroniさん


無印良品には、化粧水ボトルに付け替えができるスプレーヘッドが別売りで販売されています。ボトルとは違い、なんだか新鮮なフォルム。さっとスプレーできて、忙しいときの身支度の強い味方になってくれます。ユーザーさんは、日焼け止めミルクも使われています。使いやすさを考えたアイテムが、たくさんありますね。

■収納ケースの中でもすっきり

撮影:Mikupiさん


こちらの実例では、スキンケアをまとめて収納されています。オールインワンのジェルタイプの美容液で、忙しいときのスキンケアにはもってこいです。半透明のチューブ式で主張しすぎないところが◎収納ケースの中でも、無印良品のシンプルさが心地いいですね。

シンプルでスマートなマウスケアグッズ

歯磨き粉やマウスウォッシュは、カラフルなイメージがありませんか?ブルーやグリーンなどの色づかいで、爽快感を感じたいときは、カラフルなパッケージもポイントになりますが、統一感やシンプルを目指すなら、無印良品のマウスケアグッズがピッタリなんですよ。

■真っ白が気持ちいい

撮影:mikiさん


こちらはすべてが、ホワイトのアイテムでそろえられた洗面台です。無印良品では、マウスケアグッズもたくさんラインナップがありますが、その中でもマウスウォッシュのホワイトデザインは、出したままですぐ使えるところがうれしいですね。ユーザーさんは歯磨き粉も合わせて購入されていますよ。

■カラフルさゼロの細身チューブ

撮影:sumikoさん


カラフルな色づかいが特徴の歯磨き粉ですが、カバーを付けて、パッケージを変える方も少なくありません。そんな中、無印良品の歯磨き粉は、スマートデザイン。シンプルインテリアを目指す方には、ベストなデザインです。ユーザーさんは、ケア用品のほとんどを無印良品でそろえているそう。うっとりする眺めですね。

■合わせるものを選ばない

撮影:monchuckさん


他にはないほどのミニマルデザインである無印良品の歯磨き粉は、合わせるものを選ばず洗練された空間づくりにぴったりのアイテムです。ユーザーさんは、colony2139と並べて置かれていて、ブラックとホワイトの絶妙なコントラストが生まれています。

■統一感を損なわない

撮影:Mossanさん


圧巻の洗面収納を作られたユーザーさん。こちらの収納でも無印良品の歯磨き粉が並んでいます。無印良品のケア用品でそろえることで、統一感を乱すことのなく、ディスプレイのような並びが叶いますね。見ているだけで気持ちがいいですね。

入浴剤はボトルも中身もインテリア映え

無印良品ならではの、すっきりとしたボトルと気分を上げてくれる色とりどりの入浴剤は、ひときわ目を引き、インテリアの中でも映えるアイテムです。ユーザーさんはどんな風に使われているのか、見てみましょう。

■カラフルな入浴剤で気分があがる

撮影:sumosarozaさん


色とりどりのカラーが、鮮やかな入浴剤です。詰替えボトルも無印良品のものです。牛乳瓶のような形がキュート。きれいな色の入浴剤はユーザーさんのように、見せながら置いておきたいですね。どのカラー、どの香りを選ぼうか毎日の楽しみになりそうです。

■カクカクボトルのバスソルト

撮影:mayu.ariさん


こちらは、無印良品のバスソルトです。カクカクボトルがスタイリッシュです。中身もシンプルなホワイト系のものを選ばれているので、抜群のすっきり感です。香りもいいそうですよ。

■入浴剤ボトルをカスタマイズ

撮影:emさん


入浴剤の詰替えボトルも、ボトルのみで購入することができます。ユーザーさんは詰替えボトルを、洗剤入れに使われています。カクカクした形は、ずらりと並ぶと美しいですね。ラベルが貼りやすい形もうれしいポイント。種類の多い洗剤類も同じ形のボトルなら、ごちゃつき感も感じさせません。
無印良品のケア用品を紹介しました。無印良品ならではの、心惹かれるシンプルデザインがたくさんラインナップされていましたね。ぜひみなさんも、シリーズでそろえて統一感のある空間を目指してみませんか?

執筆:shirokurousagichan

外部リンク

憧れの海外インテリア風☆センスが光るトイレ10選

03.20 20:00 RoomClip mag

トイレはコンパクトなスペースだからこそ、統一感のある空間にしやすい場所。壁や棚にオシャレなアートや小物を飾って、憧れの海外インテリアに近づけてみませんか?そこで今回は、近年人気のインテリアスタイルを取り入れた、センスが光るトイレをご紹介します。

スタイリッシュなモノトーン

まずは、白と黒を基調としたスタイリッシュなモノトーンのトイレをご紹介します。モノトーンでまとめることで、洗練された印象になります。また、すっきりと清潔感のある雰囲気も◎。壁紙や小物で遊び心を加えると、海外インテリアに近づきます。

■壁紙で遊ぶ

撮影:r.y0323__homeさん


こちらは、ストライプの壁紙が印象的なトイレ。黒の水栓や丸いフォルムがかわいい水受けなど、こだわりが感じられます。壁掛けのアートやアルファベットオブジェなど、英字を飾ることでより海外インテリアのような雰囲気に近づきます。

■こだわりのトイレットペーパーホルダー

撮影:Ayumiさん


ドアを開けるとすぐ目に飛び込んでくるのが、雲の形をしたトイレットペーパーホルダー「Cloud Concrete Toilet Paper Holder」。斬新でユーモアあふれるデザインが魅力で、ハイセンスな空間へと格上げしてくれます。ディスプレイしながら収納できるのがうれしいポイントですね。

■ホテルライクにきめる

撮影:satomix0120さん


黒をベースとした、艶感のあるホテルライクなトイレです。壁には黒のタイルを使用することで、上品な印象に◎。シンプルな装飾でまとめている分、アルファベットのアートが引き立っています。お客様に見せたくなるような、ステキなトイレですね。

■プチグリーンをプラス

撮影:mimi24さん


背面には、ストライプとサブウェイタイル風壁紙を使用したスタイリッシュなトイレ。やはり英字のポスターが、海外インテリアに近づけてくれています。100均のミニ多肉を並べてグリーンをプラスすることで、より洗練された空間になっています。

自由なボーホースタイル

「ボヘミアン」と「ソーホー」を合わせた「ボーホースタイル」は、自由な雰囲気と民族的な要素が魅力のインテリアスタイルです。海外で人気のウィービングやマクラメタペストリーを取り入れることで、トレンド感もプラスされます。ゆるリラックス空間のトイレは、ついつい長居してしまいそうですね。

■ブルー×ホワイトで爽やかに

撮影:Linaskywakerさん


ブルーの壁紙に、ホワイトのマクラメタペストリーやフリンジ、弓矢などボーホーチックなディスプレイがキュート!テーマに合わせた小物を飾ることで、統一感のある空間に仕上げています。トイレという小さなスペースだからこそ、ウォールデコレーションも作りやすいですよ。

■ホワイトでまとめる

撮影:STELLA_SEAさん


こちらは西海岸インテリアとボーホースタイルをMIXさせたトイレ。マクラメタペストリーはなんと自作!エアープランツが飾れるようになっています。海やヤシの木の写真を飾ることで、ゆるリラックス空間に。全体をホワイトでまとめており、爽やかな風が感じられそうな雰囲気です。

■ウィービングも合う

撮影:a.organizeさん


最近トレンドのウィービングもボーホースタイルのトイレに合います♪また、フェイクグリーンのモンステラや多肉などを飾って、トイレが癒され空間に。フェイクならお手入れ不要なので、手軽にインテリアに取り入れられます。

クールな男前インテリア

近年人気の男前インテリアをトイレに取り入れてみてはいかがでしょうか?ポイントはヴィンテージ感のある小物使いと、インダストリアルな装飾。海外の古いアパートのような雰囲気がかっこよく、トイレとは思えないほどクールなディスプレイばかりです。

■ワイヤーでかっこよく

撮影:yupinokoさん


無機質なワイヤーと、木とグリーンの温かみがMIXした、素晴らしい男前インテリアです。トイレットペーパーもワイヤーバスケットに入れるだけで、なんだかクール☆インダストリアルな照明も雰囲気にマッチしています。

■ディスプレイにユーモアを

撮影:mayukamuさん


アートフレームやステッカーなどで英字をたくさん取り入れたディスプレイ。背面には洋書やランプなど、ユーモアが感じられる小物を飾って楽しいウォールデコレーションにしています。ブルーの壁紙も、いいアクセントになっています。

■リメイクシートを活用

撮影:saya_saaya_171819さん


板壁風の壁はなんと、ダイソーのリメイクシートを貼ったもの。シートを貼るだけでも、雰囲気がガラリと変わりますね。バスロールサインやヴィンテージ風小物を飾って、ブルックリンスタイルのトイレに仕上げています。
いかがでしたでしょうか?モノトーン、ボーホースタイル、男前インテリア、どれも近年人気のインテリアスタイルで、トイレにもトレンド感がプラスされます。ぜひあなたのおうちのトイレを憧れの海外インテリアに近づけてみてください。

執筆:otoiro

外部リンク