天国のKIDさんへ… ライバル・魔裟斗が弔事「まさに戦友でした」

2018年11月4日 11:59 ORICON NEWS

 今年9月に41歳の若さで亡くなった格闘家・山本“KID”徳郁(のりふみ)さんのお別れの会が4日、東京・青山葬儀所で営まれた。弔問に訪れた多くの参列者を代表して、現役時代に名勝負を繰り広げた魔裟斗、KIDさんのおい・山本アーセンらがお別れの言葉を述べた。

 ライバルとして格闘技界で一時代を築いた魔裟斗は「きょうを迎えるまで、渋谷辺りで『魔裟斗くん!』と、突然現れるのではと思っていた。でもこの場に立つと、本当にこの世にいないんだなと実感が込み上げてきます。本当に残念でなりません」と別れを惜しんだ。

 2004年大みそか、2人の対戦には日本中が注目した。「当時はみんな必死に戦っていて、まさに戦友でした」と振り返りながら「メディアの前ではやんちゃなコメントばかりだったけど、真っ向勝負する姿に根っからのアスリートで、素晴らしいファイターだと思っていました」とリスペクトの思いを口にした。

 親族代表としてKIDさんの実父・山本郁榮氏もあいさつ。「最後まで弱音を吐かず、ファイターとして旅立っていきました。きっと私達のそばで『これからも頑張れよ』と声をかけてくれる。41歳と6ヶ月。徳郁は、精一杯に駆け抜けたと思います」と、息子の生涯に胸を張り「今は亡き母とともに空から私達を見守ってくれると思います」と願うように話していた。

 祭壇は「エネルギー」「力強さ」「生命力」をテーマに菊、カーネーション、トルコキキョウなど鮮やかな花で囲み、これまでに獲得したトロフィー、デビュー戦をはじめ数多くの試合でみせた勇姿やグローブ、画家としての活動で描いた作品などが飾られた。

 会の前には、KIDさんのマネージャーで、事務所の代表代行でもある服部竜真氏が発起人代表として取材に応じた。お別れの会のコンセプトは「寂しい気持ちにならない」。親族、関係者、ファンに向けて「試合観戦、応援に行くような服装」で参列を呼びかけており、きょうのためにメモリアルTシャツを制作。会場には入場曲を中心にKIDさんの思い出のシーンが流れ、その映像と音で振り返った。

外部リンク

逢田梨香子『ラブライブ!』出演は戸惑いも アイドル活動後は「声優業に向き合い原点に帰る」

2018年11月4日 08:00 ORICON NEWS

 大人気アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』の桜内梨子役などで知られる声優・逢田梨香子。2015年に結成されたアイドルグループ・Aqours(アクア)のメンバーの一人で、“声優界最高の美女”との呼び声も高い。7月に発売された彼女の1st写真集『R.A.』(集英社)は、初版の発行部数が2万3000部と声優の写真集としては異例の好スタートを切り、売れ行きが好調で1週間で5000部の重版が決まるなど話題となった。「今、人生で一番輝いている」「声優だから『写真集を出しちゃだめ』」というのは一切ない」「声優のお仕事に向き合い原点に帰りたい」と語る彼女に、発売した写真集や声優とアイドルとして14年にデビューしてからの怒涛の4年間を振り返ってもらった。

■“声優界最高の美女”が出す写真集は「人生で一番輝いている時期に残す」


 自身初となる写真集はかつて住んでいたアメリカ・ロサンゼルスで撮影。発売された時の心境は「買ってくれた方がどういう受け取ってくれるのか、どれだけの人が手を取ってくれるのか、ドキドキと不安が入り交じっていましたが、うれしさやホッとした気持ちが大きかったですね」と笑顔で振り返る。

 「個人として作品を残せるのはうれしいので、最初お話いただいた時は『どんな写真集になるんだろう』とワクワク感が大きかったです。ロサンゼルスで撮影したのですが、行く前から『こんな風にしたい』など、周りの方のアイディアも含めて、やりたいこと、撮りたいことをやりきった内容になった。今、人生で一番楽しく過ごしていて、輝いている時期に写真集として残せてうれしかったです」と出来栄えに太鼓判を押す。

 しかし、「キャッチコピーに『声優界最高の美女』と書かれていますが、決して私が言っているわけじゃないです! 中には勘違いしている方もいると思うので、声を大きくして言いたいですね!(笑)でも、『ヤングジャンプ』さんが自信を持って掲げてくれたので、私が『いやいや』と言ってはいけないなと。『大した事ないじゃん』と思われない作品にしなきゃと思いましたね」と、今の自分のすべてを詰め込んだ一冊にしたと教えてくれた。

■多種多様な声優活動で価値観に変化 『水着の仕事NG』の固定概念を壊す


 アイドルグループ・Aqoursが結成されてから約3年。アニメイベントはもちろん、最近では地上波の音楽番組にも登場し圧巻なパフォーマンスを披露し、忙しい毎日を過ごしている逢田。「『ラブライブ!サンシャイン!!』のお仕事を始めてから、歌って踊ってメディアの露出も増え、声優としてもこの約3年間は濃密で、あっという間に過ごしたなと思います。環境もガラリと変わりましたが、私自身の軸は変わりません。もちろんつらいことはありましたが、自分が好きで足を踏み入れた声優業の世界。『好きなお仕事をしたくてもできない人』が世の中にいると思うので、それだけで私は恵まれていると思います。つらいとか文句を言える立場でもないので(笑)なのであまり考え込むことはしたことはないですね」と力を込める。

 テレビアニメ『銀魂』を見て声優になることを志した逢田だが、声優という仕事に加えてアイドルとして歌って踊ることに抵抗はなかったのかと聞くと「抵抗はなかったです」と即答。「メンバーに選ばれた時は、プレッシャーよりもワクワク感が大きかった。ただ、今回の写真集で収録されていますが、水着姿になった時は、自分の中で『水着をやる』ということは想像していませんでしたね(笑)でも、『週刊ヤングジャンプ』で撮影させてもらううちに、これもお芝居、表現の一つだなと。そういう風に考えると、新しい自分を発見できたことに繋がって楽しくなりました」と全てがプラスになって考え方に変化が起きたことを告白。

 さらに「『水着だから、この仕事はNG』と考えるのはよくないなと。もったいないと考えて、だんだんと価値観が変わってきました。一つの作品としてお届けできるのであれば、『私、声優だから』といった固定概念を取っ払おうと思って。できることは全部やりたい。声優だから『写真集を出しちゃだめ』『水着を着ちゃだめ』というのは一切ないと思うんです。確かにファンの中には、『イメージが変わってしまう!』と抵抗がある方がいらっしゃると思う。それでも『声優』という固定概念を良い意味で壊して行きたい!」と発売した写真集は挑戦の意味も込められていると明かしてくれた。

 そこまで積極的に挑戦し続ける理由について「毎回毎回、『次がある』と思っちゃいけないと感じていて。次の写真集の発売が決まっているわけでもないですし、今回が最初であり最後になるかも知れない。声優のお仕事、ステージのお仕事含めて毎回、私の全力を出しています。ステージならその時に来ているお客さんは、次の日も来てくれるかわからない。この日しか来られないお客さんのためにも、当たり前のことですが気持ちを込めて全力を出しています」と、現状の環境がいつまでも続くことはなく、応援してくれるファンのために常に全力を出していると伝えた。

■『ラブライブ!』イメージ脱却は声優業に向き合い「アイドル性を取った自分を表現する」


 大人気アニメとなった『ラブライブ!』シリーズに出演している逢田。代表作があることは声優としてうれしい限りだが、作品が有名になればなるほど、どうしても別の作品に出演する際はイメージの脱却が難しくなる。「私は元々、『ラブライブ!』のようなアイドルの仕事をさせていただくような人間じゃないと思っていて。明るいキャピキャピした性格でもないので、『私に務まるのか』という戸惑いはありました」と出演が決まった時を振り返る。

 「アイドルを本業にしている方はたくさんいるわけで、中途半端な気持ちじゃできなと。なので、『やるならとことんやろう!』とやらせていただきました。『ラブライブ!』という作品がなくなった時こそ、今、偽ってやっているわけではないですが、本当の自分、違った部分を見せなくてはいけないなと思います。アイドル性を取った時の自分をうまく表現していけたらいいなと思います」と宣言。

 今後、挑戦したいことについて「今は声優以外のお仕事をやらせていただく機会が、ありがたいことに多い。ラブライブのステージを経験してから、生身を使った舞台に挑戦していきたいと思いました。2.5次元などジャンルは問わずやりたい。逆にこれらのお仕事が落ち着いたら、もう一度、声優のお仕事に向き合い原点に帰りたいなと。映画の吹き替えなどもやってみたいです。自分の声はアニメ声とか特徴的ではないので、そういうところを逆に活かしていければいいなと思います」と、自分自身をしっかり分析しつつ“声優”として活動して行きたいと語った。

外部リンク

中村倫也、『今日俺』で“東京のワル”紅野役に…三橋&伊藤が初黒星?

2018年11月4日 05:00 ORICON NEWS

 俳優の中村倫也が日本テレビ系連続ドラマ『今日から俺は!!』(毎週日曜 後10:30)に敵役ゲストとして出演。中村は原作でも人気の高い、千葉VS東京が繰り広げられる『VS東京もん編』で、東京のワルの紅野役に起用された。

 同ドラマは累計4000万部超えの西森博之氏の人気コミックを福田監督が実写化。ドラマは原作のまま1980年代を舞台に、ヒキョーな手を使っても悪党どもは必ずぶっ倒す正義(?)のツッパリ“金髪パーマ”の三橋(賀来賢人)と相棒の“ツンツン頭”伊藤(伊藤健太郎)や、バカな野郎どもによる青春コメディーを描く。

 朝ドラ『半分、青い。』でブレイクした中村だが、今回の役はまさに“完全、真っ黒”…。ユタカ役の平埜生成、ゴロー役の池田純矢と共に、ここまで無敗無敵の三橋&伊藤に初黒星をつけるかも。そして第1話の小栗旬、3話の柳楽優弥など豪華なスペシャルゲストも話題を呼んでいるなか、今回は“あの人”が、世代にはたまらない“あの恰好”で登場する。

外部リンク

若林正恭、南沢奈央との破局を生報告「私の度量の狭さです」

2018年11月4日 01:32 ORICON NEWS

 お笑いコンビ・オードリーの若林正恭(40)が、3日深夜放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土曜 深1:00)に生出演。同日、一部スポーツ紙で交際していた女優の南沢奈央(28)と9月に破局していたと報じられたことを受けて「きょうのオレのニュース、事実なんだよね」と報告した。

 番組冒頭で、若林は「いやーまいったな。きょう絶対話さないといけないニュースがある」と切り出したが、破局ではなくマネージャーの話題に。オープニングでじっくりトークを行うのが番組の特徴だが「めずらしくオープニングで話すことないね」と先に進めようとすると、相方の春日俊彰が「ないですか、何かニュースとか。ありそうだなってきょうの朝思ったんですけど」と少しずつ核心に迫っていった。

 アリアナ・グランデの破局ネタなどを挟みながら、リスナーにニュースを正しいかどうかを判断するリテラシーを求めた若林だったが「ただ、きょうのオレのニュース、事実なんだよね」と告白。「山里亮太のLINEが早かったね。早朝に1行だけきていたわ。『おかえりなさい』って(笑)。(破局時期が)9月っていうことで、合っていますね」と明かした。

 破局にいたった経緯を「私の度量の狭さですよ。すごいいろんな話をして」と振り返りながら「ただね、これは気持ち悪いって言われるかもしれないけど、いい恋させてもらったね」と伝えると、春日が「気持ち悪いな。2度と言うなよ」とツッコミ。若林は「これまでいろんなことを笑いに変えてきて、先方にも言われましたよ。『今回のこと、笑いにしていいからね』って。だけど、今の所そこまでできてないっていうのが、ただただ悔しい」と率直な思いを打ち明けていた。

 今年1月1日にスポーツ紙上で交際が報じられた際、直後の6日深夜放送の同番組内で「バリバリ付き合っています」と堂々と交際宣言。ところが、きょう3日の一部スポーツ紙で、お互いに仕事が多忙なためにすれ違いが原因で破局にいたったと伝えられていた。

外部リンク

山下智久、4年ぶり新アルバムに亀梨和也が参加

2018年11月3日 21:01 ORICON NEWS

 山下智久の約4年ぶり通算5枚目となるオリジナルアルバム『UNLEASHED』(11月28日発売)のアートワークと収録内容が公開され、人気ユニット「修二と彰」「亀と山P」の“相方”、KAT-TUNの亀梨和也と作詞を共作した新曲が含まれることが明らかになった。

 本作は、初回生産限定FEEL盤/LOVE盤(いずれもCD+DVD)は11曲入り、通常盤(CD)はボーナストラックを含む12曲入り。山下は1曲を除いてほぼすべての作詞を手がけているが、7曲目の「Dancer」に亀梨が参加している。SNSでは「めっちゃ楽しみ」「早くゲットしたい」と“亀と山P”のコラボに歓喜している。

 山下は全国コンサートツアー『TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2018 UNLEASHED -FEEL THE LOVE-』(15ヶ所33公演)の真っ只中。アルバムはツアー中に発売される。初回限定盤2形態には、2016年に行われたツアー『FUTURE FANTASY』のダイジェスト映像(収録曲はそれぞれ異なる)などが収められる。

■オリジナルアルバム『UNLEASHED』収録曲
01. UnleAsHed
02. You Make Me
03. Paraiso
04. Right moves
05. LOOK AT ME, LOOK AT ME
06. 秒針
07. Dancer
08. “H”
09. StrAwbErry
10. AI
11. With you
12. あの日の香り(通常盤ボーナストラック)

外部リンク

宮野真守、ムツゴロウさん風に“ゴジラ”を手名付ける

2018年11月3日 20:07 ORICON NEWS

 声優の宮野真守が3日、都内で開催された『第31回東京国際映画祭』に出席。クロージング作品となるアニメーション映画『GODZILLA』三部作の最終章、『GODZILLA 星を喰う者』ワールド・プレミア上映会にキャスト勢らと登場した。

 この日、世界初のお披露目上映となっており、会場には国内外問わず、多くのゴジラファンが詰めかけており、宮野は、期待を込めた観客たちに対して、終始“笑い”をとりに行き、会場を和ませた。

 今作への期待度が高まる中、11月3日が記念すべき『ゴジラ』第1作の公開日ということで会場には「ゴジラ」も登壇。キャスト勢は間近でゴジラと対面すると、しっぽを触ったり、口の中に手を入れたりと、大興奮の様子。特に、宮野はムツゴロウさんばりに、ほえるゴジラを「よーしっ、よしっ」と手名付け、“アニゴジ”とは打って変わって、仲睦まじい光景を見せていた。

外部リンク

元モー娘。光井愛佳が芸能界引退 今後は料理の道へ「これからも自分らしく楽しく」

2018年11月3日 18:17 ORICON NEWS

 元モーニング娘。でタレントの光井愛佳(25)の所属事務所は3日、公式サイトを通じて、光井との専属マネージメント契約を終了し、芸能活動を卒業することを発表した。

 光井は2006年にモーニング娘。に加入し、12年に卒業。 14年1月にはブログを通じて芸能活動の一時休止と海外留学を発表。ニュージーランドに留学しながら、帰国の際にはタレント活動を続けてきた。

 この日サイトでは「今年に入り本人から芸能活動を卒業し、ニュージーランドで勉強した料理の道に進みたいと申し出を受け、本人も語学、料理の勉強を熱心に続けており、弊社としても本人の意志が固いと判断したものです」と説明。「これまで応援してくださったファンの皆様、関係各位に御礼申し上げます」と伝えた。

 光井もブログを通じて「突然ではありますが、私、光井愛佳はハロー!プロジェクト及び芸能活動を卒業することを決めました」と報告。「ハロー!プロジェクト20周年記念の特別な年に、ファンの皆さんに会える機会も作れないままで本当に申し訳ありません。支えて、応援して下さった皆様にはとても感謝しています。ありがとうございました」と伝え「これからも止まることなく自分らしく楽しく、これからの人生を歩み続けたいと思います」とメッセージした。

外部リンク

今田美桜、地元・福岡で撮影したファースト写真集に「ドキドキします」

2018年11月3日 16:52 ORICON NEWS

 女優の今田美桜(21)が3日、都内で『今田美桜ファースト写真集 生命力』の発売イベントを開催した。

 初めての写真集となった今作では「感情」をテーマに自身の素顔をふんだんに盛り込んだ写真集だと語る今田。撮影は、地元・福岡でも行われ、今田が毎日のように遊びに行っていた場所でグラビアを撮られることに「懐かしい気持ちと、ここが写真として切り取られることにドキドキします」と撮影時のエピソードを語った。

 「感情」をテーマに、色々な表情を撮れた写真集となったことを今後の女優活動にも活かしていきたいと抱負を語った今田は、「(これまで)天真爛漫な役柄が多いので、真反対の物静かな役柄に挑戦したい」と今後の女優への意気込みを語っていた。

外部リンク

橋本環奈、立教大学の学園祭イベント出演中止 理由も説明「心より残念」

2018年11月3日 15:24 ORICON NEWS

 女優の橋本環奈(19)が3日、自身のツイッターを更新。同日出演予定だった立教大学(東京都豊島区)の学園祭イベントが中止になったことを明かすとともに「一部怪我を負われた方もいるとお聞きし大変心配をしており、心よりお見舞い申し上げます」と伝えた。

 この日、立教大学放送研究会の公式ツイッターは「屋外特設ステージ中止のお詫び」として更新。観客が殺到したことにより「本日開催予定の屋外特設ステージが安全にご覧いただけない状況が発生したことにより、警察の指導が入り、ステージを中止せざるを得ない状況となりました」と報告した。

 その後、橋本もツイッターを通じて「本日、立教大学学園祭に出演させて頂く事を楽しみにしていたんですが、警察からも安全の確保が出来そうも無いとの理由で指導が入り主催者の方からイベントは中止にせざるを得ない旨を伺いました」と、出演できない理由を説明。

 「私もこの日の為に準備をして参りましたので、なんとか実施の運びとなる事を願っておりましたし、今日のステージを楽しみにして会場に足をお運び頂いた皆様とお会い出来なかった事を心より残念に思います」と記し「この後の学園祭が滞りなく無事進行してゆきます事を願っております」とメッセージした。

外部リンク

misonoが独立 エイベックスと専属契約終了

2018年11月3日 11:55 ORICON NEWS

 歌手でタレントのmisono(34)が所属するエイベックスは3日、公式サイトを通じて、misonoとの専属契約を終了したことを報告した。関係者によると今後は、夫でドラマーのNosuke(29)とともに独立して活動していく。

 サイトでは「misono 専属契約終了のお知らせ」として「平成30年10月31日を持ちまして、misonoとの専属契約を終了いたしました」と報告。「ファンの皆様ならびに関係各位の皆様におかれましては、これからもmisonoの活動を見守っていただけましたら幸いです」と呼びかけている。なお、同社によると円満退社という。

外部リンク