cat_11_issue_oa-newswitch oa-newswitch_0_6131c1eb0994_スタート時の出資比率は15%未満だが、WDが埋め込んだ地雷 6131c1eb0994 0

スタート時の出資比率は15%未満だが、WDが埋め込んだ地雷

 東芝が進める半導体メモリー事業売却の行く先を覆う霧が、依然として晴れない。提携先の米ウエスタンデジタル(WD)などが構成する「新日米連合」と大筋合意したが、将来WDが経営権取得に動く懸念を完全に払拭(ふっしょく)できていない。また新日米連合が滞りなく正式発足するか予断を許さない。これら二つの課題を解決し、契約にこぎ着けられるか。取引先銀行が求める8月末という期限に間に合わせるのは難しいという悲観論も出ている。

 「スタート時のWDの出資比率は15%未満。しかしWDからの提案書には将来の出資引き上げを示す“地雷”が埋め込まれている」と東芝関係者は話す。

 同社は半導体子会社「東芝メモリ」売却の優先交渉先を、WDや政府系ファンド・産業革新機構が構成する「新日米連合」に切り替えた。

 WDが起こした訴訟が障害となり韓国SKハイニックスや米ファンド・ベインキャピタル、革新機構による「日米韓連合」との交渉が暗礁に乗り上げたためだ。

 東芝は係争状態の解消、WDは東芝への出資という双方のメリットが新日米連合の形成を後押ししたが、WDの出資比率が焦点。

 東芝は東芝メモリを2018年3月末までに売却し、上場廃止となる2期連続の債務超過を避ける計画。独占禁止法の審査が長引くリスクが高まるため、WDに15%未満の出資に抑えるよう求めた。

 WDは、4月に持ち上がった最初の日米連合計画の際に提案に盛り込んでいた「将来の経営統合」の文言を削除するなど一定の譲歩をみせるが、出資比率引き上げを意図する文言の完全削除には至っていない模様。この状況を放置して売却契約を結べば、独禁法審査が長期化し、さらにWDに経営の主導権を握られるという最悪の事態になりかねない。

 新日米連合が滞りなく正式発足するかも懸念材料だ。革新機構と日本政策投資銀行は連合の相手をSKハイニックス、ベインからWD、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に乗り換える形。情報を共有していた仲間に裏切られる格好のベインは難色を示し「説明を求める文書を関係者に送った」(業界関係者)。

 WDのスティーブ・ミリガン最高経営責任者(CEO)が来日し、綱川智東芝社長や経済産業省幹部、革新機構幹部と会談し契約締結に向け詰めの協議を行っているが、週明け時点で東芝と新日米連合は正式な交渉テーブルにつけていない。

 期限まで残りわずか。革新機構関係者は「論点は整理できた」とし契約に自信を示すが、東芝関係者は「全力を尽くすが、簡単ではない」と話す。それでも取引行は、売却手続きを前進させるため、独禁法リスクを飲み込み東芝に契約締結を求める可能性がある。

(文=後藤信之)

【ファシリテーターのコメント】

金額に加え、できるだけ良い条件、良い相手に東芝メモリを売りたい東芝。売却ありきで条件・相手は二の次という銀行とでバトルは激しさを増す。いつの時代もお金の出し手の力は強い。
後藤 信之

外部リンク

cat_11_issue_oa-newswitch oa-newswitch_0_2bb901e52cc2_日産、コネクテッドカー専門のデザイン組織を新設 2bb901e52cc2 0

日産、コネクテッドカー専門のデザイン組織を新設

 日産自動車は、コネクテッドカー(つながる車)の普及を見据えた新たな付加価値作りに取り組む。このほどデザイン部門内に、コネクテッド化に対応するデザイン組織を新設した。自動車用アプリケーションのユーザーインターフェース(UI)とコンテンツ(情報内容)を、デザインの側面から検討。サービス開発部門と連携し、ユーザーに使いやすいサービスの開発とともに、自動車のデザイン性向上につなげる。

 新設した「UX/UIデザイン部」は、アプリの操作方法や画面構成などのUIと、ユーザーエクスペリエンス(顧客体験)のデザインを担う。UXとUIのそれぞれのデザイナーで構成。国内外のさまざまな業種から人材を募り、30―50人規模の体制になる見込み。

 グローバルデザインセンター(神奈川県厚木市)と、東京都内にあるコネクテッドサービスの研究開発拠点で活動する。コネクテッドモビリティーサービスの開発を担う部署と共同作業を進め、車のデザイン性を伴ったサービス開発を目指す。

 電動化や自動運転機能など先端技術の導入が今後加速する中で、自動車の形状やデザイン面でも変革が求められている。そのためメーカーのデザイン部門にとっては、先進技術の影響を把握しつつ、ユーザーニーズに適したデザイン作りに取り組む必要性が一層高まっている。

 日産では従来、コネクテッド化がデザインにどういう影響をもたらすのか不明確だった。今回の組織新設を通じて、コネクテッド技術を搭載しつつデザイン性の高い車作りを追求する。

【ファシリテーターのコメント】

4月にグローバルデザイン担当に就任したアルフォンソ・アルベイザ専務執行役員。アルフォンソ氏は「技術の進化を生かしながら、顧客が新たにどういうモノを求めているかを組み合わせてデザインを考える必要がある」と強調する。急速に進む技術革新の動きをメーカーとユーザーの両視点で捉え、デザインに落とし込めれば、日産の商品力を一層高められるはずだ。デザインチームの今後の成果に注目したい。
(日刊工業新聞第一産業部・土井俊)

外部リンク

cat_11_issue_oa-newswitch oa-newswitch_0_2d29e4cbc9d7_スズキが「ハスラー」1000cc版を年内投入へ 2d29e4cbc9d7 0

スズキが「ハスラー」1000cc版を年内投入へ

 スズキは軽自動車「ハスラー」の第2弾と位置付ける新小型車を開発し、早ければ年内にも市場投入する。ハスラーは軽ワゴンとスポーツ多目的車(SUV)を融合した個性的なデザインで新市場を切り開いた。排気量1000ccクラスの新型車の投入により、注力する国内小型車販売に弾みをつける。

 新型車は軽自動車より排気量が大きい1000ccクラスのエンジンを搭載。マイルドハイブリッド車の設定も検討する。デザインはハスラーを踏襲するが、車名は別とする案が有力。小型車の主力工場である相良工場(静岡県牧之原市)で、12月に量産開始する計画だ。

 軽自動車の乗車定員が4人であるのに対し、小型車版は5人の乗車が可能になる。エンジン出力が高まり、室内空間や荷室も拡大するため、用途がさらに広がりそうだ。

【ファシリテーターのコメント】

2014年1月の発売以来、17年4月末までの累計販売台数は約32万台。日本自動車殿堂カーオブザイヤー、RJCカーオブザイヤーなどを受賞し、スズキを代表する車種となった。競合メーカーからも同様のカテゴリーの車種が投入されている。
明 豊

外部リンク

cat_11_issue_oa-newswitch oa-newswitch_0_8770f0d7c827_【今週のリケジョ小町】両親に家を建ててあげたい 8770f0d7c827 0

【今週のリケジョ小町】両親に家を建ててあげたい

建造物の建設費用計算

東建コーポレーションの亀井南さん(31)は5月に出産・育児休暇から復帰し、鉄筋コンクリート建造物の建設費用を計算する部門に配属された。積算業務は正確さとスピードの両立が求められるため、メリハリと優先順位をつけつつ、「早く一人前になりたい」と負けん気の強さをのぞかせる。建築士の2級と1級の資格を制度上の最短で取得した努力家は、積算士の資格取得を次なる目標とし、仕事と育児の両立も目指している。

両親に家を建ててあげたい

「両親に家を建ててあげたいと思い、建築全般を学べる京都府立大学人間環境学部(現生命環境学部)環境デザイン学科を選びました。CAD用コンピューターの台数が少ないため手書きで製図するなど苦労もしつつ、木造の継ぎ手の強度などを研究しました」

「入社後の最初の配属は意匠設計部門でした。意匠に強いこだわりを持つ人もいる中、考え方が違うのではというギャップがあり、得意だった数学を生かせる積算部門への異動を願い出ました。仕事後の飲み会で異動したい旨を話したこともあり、上司が気持ちをくんでくれました」

モデルケースになりたい

「積算部門に異動して4年目です。鉄筋コンクリート建造物は5階建て以上の賃貸マンションが中心のため金額が大きく慎重になります。現場の意向や競合との兼ね合いを図る必要もあります。積算結果を何度も見直しますが、段階ごとに小休止して作業に集中できるようにしています」

「現在の西日本事務所(大阪市北区)には出産・育児休暇を取った女性はいません。私が休んでいる間に新卒の女性が5人入社しました。仕事と育児の両立は始まったばかりです。仕事の失敗を家に持ち帰らないなど公私の線を引いて仕事を続け、彼女たちのモデルケースになりたいです」

「趣味はサーフィン。夫と一緒に京都や福井、三重の海に出かけます。出産前は冬も行き、年中楽しんでいました」

【ファシリテーターのコメント】

会社にモデルケースの女性社員がいれば、長く仕事を続けるイメージが湧き定着につながります。
昆 梓紗

外部リンク

cat_11_issue_oa-newswitch oa-newswitch_0_b55fb259d5a5_酵母とマーガリンを製造する化学メーカーの「パン再発見」 b55fb259d5a5 0

酵母とマーガリンを製造する化学メーカーの「パン再発見」

 食品市場は、少子化に伴う人口減少で国内は縮小し、飽和状態。食品関連メーカーは打開策として海外に打って出る一方、国内市場では競合他社との差別化を進めなければならない。パンの原料であるパン酵母(イースト)とマーガリンの両方を製造できる国内唯一のメーカーであるカネカも顧客サービスの充実に力を入れている。

 同社は2013年に女性5人からなるマーケットリサーチ(MR)グループを発足させた。パンやお菓子で「今、何が流行か」を、実際にパン屋などへ足を運び、調査している。

 食品事業を管掌するフーズ・アンド・アグリズ・ソリューションズ・ビークルの小田原努マーケットプランニング・アンド・ディベロップメント・グループリーダーはMRグループの狙いについて「味だけでなく、売り方や陳列の方法も調査する。女性に向けたアプローチも進める」と語る。

 市場情報の収集には販売子会社のカネカ食品も重要な役割を担う。全国展開し、日々顧客と接する同社は食品市場の最前線の動きをキャッチできる。カネカでは本体の食品事業担当者やカネカ食品などで構成する“市場情報交換会”を年4回実施し、情報の共有化を図っている。

 カネカの情報力が生かされる一つの例が、コンビニエンスストアに対するプライベートブランドのメニュー提案だ。コンビニ、ベンダー、原材料メーカーの3者が出席する商品開発会議で、確かな根拠に基づいた提案ができるという。

 同社が毎年開催する「フードフェスタ」は試食品を展示し、製品をアピールする格好の機会となっている。ここでも市場情報交換会で生まれた新しいパンの提案を行う。小田原氏は「今後もフードフェスタに力を入れ、我々の材料を使っているお客さまの商品が、消費者に選ばれる提案をしたい」と力を込める。

 また、頭打ちといわれる国内市場にあって、データに裏打ちされた提案力で需要をつくり出す。食べ合わせの法則を科学的に解明する“フードペアリング”によって、今までパンが食されなかった場面への進出をうかがう。

 小田原氏は「朝食のパンだけでなく、普段の夕食に合ったパンを提案できるのでは」と先を見据える。

(文=大阪・日下宗大)

【ファシリテーターのコメント】

個人的に化学・材料のイメージが強かったカネカ。ここまで食品分野に力を入れているとは知らなかった。炭水化物を摂取を抑えないといけない自分にとっては、血糖値が気にならないパンをできるだけ安くお願いします!
明 豊

外部リンク

cat_11_issue_oa-newswitch oa-newswitch_0_738177180674_脳接続型コンピューター実現へ一歩踏み出す 738177180674 0

脳接続型コンピューター実現へ一歩踏み出す

 米テスラのイーロン・マスクCEOが2016年に設立した脳科学関連スタートアップのニューラリンク(サンフランシスコ)が、2695万ドル(約29億円)の資金を調達したことが分かった。同社の事業内容はSFのようで非現実的に見える一方、脳科学への関心が高まる中、非常に野心的な試みとして注目の的ともなっている。今回の資金調達で、とりあえず人間の脳とコンピューターとのインターフェース技術の開発に向けて一歩踏み出した格好だ。

 ニューラリンクが米証券取引委員会(SEC)に提出した資料で明らかになった。それによると、ニューラリンクの1億ドルに相当する株式売却の申し出に対して投資家12人が応じ、計2695万ドルを調達した。マスク氏は26日にツイッターで「ニューラリンクは資金調達をしていない」とツイートし、当面は追加の資金調達の必要がないことを表明している。

 マスク氏のこれまでの説明によれば、ニューラリンクは埋め込み型のデバイスを介して、脳とコンピューターとで大量の情報をやり取りできる技術の確立を目指している。その成果を病気や怪我で脳を損傷した患者の支援に役立てるほか、人工知能(AI)の脅威に対抗するための人間の知能レベルの飛躍的向上、さらに人間同士の脳を接続し、意思を伝え合うテレパシーのような機能の実現も狙っているとされる。

 ただ、ニューラリンクの企業内容や技術の詳細については、これまでほとんど明らかにされておらず、ウェブサイトも非常に簡素な作り。同サイトでは会社の大まかな目標のほか、チップデザイナーやハードウエアシステムエンジニアなど9つの職種についての募集案内が記載されている。

【ファシリテーターのコメント】

これ以外にも、フェイスブックが4月に頭に思い浮かべるだけで文章を書けるコンピューター入力技術の開発に乗り出したと明らかにしたほか、ソフトバンクグループが買収したARMも脳埋め込み型チップの開発を表明しました。技術のトレンドはアルゴリズムとしてのAIからフィジカルな脳に向かっているようです。
藤元 正

外部リンク

cat_11_issue_oa-newswitch oa-newswitch_0_d356617888c8_“東京の町工場”、「職人の腕」存続ピンチ d356617888c8 0

“東京の町工場”、「職人の腕」存続ピンチ

 東京都内随一の製造業の集積地である大田区では、後継者への事業承継とともに“職人技の承継”が急務となっている。同区の多くの企業が、手作業でしかできない独自技術や多品種少量生産を強みとしている。汎用機を使った加工も健在だが、職人の高齢化が進み、技術の維持が難しくなっている。

 職人希望者の確保に苦戦する企業もある。金属の研削・研磨を手がける神代工業では、羽布と呼ばれる布で金属を研磨する「バフ研磨」の技術を承継する人材を探している。同社でこの加工ができるのは創業者の神戸常吉さん(81)1人。娘の皆方恵美子副社長は「確かに精度のいい機械は増えている。ただ手作業による細やかな研磨を残したい。どうにか次世代につなげたい」と切に願う。

 職人歴60年以上の神戸さんは、研磨技術の全てを経験で蓄積してきた。昔気質の職人として“技は見て盗む”が基本。質問すれば何でも答えるが、神戸さんから手取り足取り教えることはしない。わからないことを自分から見つけ、臆せず質問できる人材でなければ承継できない。

 皆方副社長は「バフ研磨は最終仕上げのため“こだわり”を持てる人でなければならない。質問ができてかつ向いている人となると探すのも難航する」と明かす。

約9200社が3400社に

 2014年に大田区が実施した調査では83年に約9200社あった同区の町工場は、3400社程度にまで減少した。発注側の大手企業の海外生産シフトを受けて量産の仕事が減り、廃業が相次いだ。近年は後継者不足による廃業も増え、さらなる減少が予想される。マンションなどの住宅地が増え、操業にやりにくさを抱える企業も少なくない。

 ただ、厳しい状況下でも独自技術を持つ町工場は強さをみせる。新分野の開拓などで生き残りをかけている。強みとなる独自技術を絶やさないためには、技術の承継が必要不可欠。だが、技術を承継する以前にまずは若手社員の採用が必要な、神代工業のような企業は多い。

 若手社員の採用・育成には、製造現場につきものの3K(きつい、汚い、危険)のイメージをいかに拭い去るかが大きな課題だ。各社はさまざまな取り組みを行っているが、新卒社員や若手中途社員の採用には苦戦している。

 そこで区内では地元の工業高校や専門学校と積極的に交流する動きがある。大田区の町工場を周知する授業の実施やインターンシップ(就業体験)の受け入れなどを行っている。採用事例は順調に増えており、今後に期待がかかる。

(文=門脇花梨)

【ファシリテーターのコメント】

定着率の向上も課題だ。職人に憧れて町工場に入社する若者もいるが、一人前の職人になるには忍耐が必要。マニュアルもない中、昔気質の職人から技を盗めず、辞めてしまう事例も多いという。若者に合わせて“教え方”を変えるのか、昔ながらのやり方になじむように教育するのか、町工場も選択を迫られている。
(日刊工業新聞南東京支局・門脇花梨)

外部リンク

cat_11_issue_oa-newswitch oa-newswitch_0_18bd077091e1_12万円の扇風機も。家電、万人受けからの脱却 18bd077091e1 0

12万円の扇風機も。家電、万人受けからの脱却

 家電メーカー各社が消費者の緻密なニーズを汲み取るため、SNSなどを活用したマーケティング戦略を展開している。日本のメーカーは高度な機能を付加することを得意としているが、オーバースペックと指摘されることが多い。消費者の心をつかむ製品の開発に向け、SNSなどで消費者との接点を増やし最適な解を求めようとしている。各社の戦略を追った。

 凜(りん)とした佇(たたず)まい―。パナソニックは室内の装飾品としても遜色がない超高級扇風機「リント」を販売している。消費税抜きのオープン価格は12万円前後。一般的な扇風機の10倍以上の値段だ。

 長年、デザインについては大きな変化がなかった扇風機だが、消費者のアンケートなどでは、最も足りない要素としてデザイン性が挙げられていた。そうしたニーズに応え、リントは高級感があふれる焦げ茶色の木目調デザインを採用。扇風機の概念を覆す商品として期待されている。

 この扇風機の需要はどこにあるのか。土井鴻樹リビング商品課空質商品係担当は「高級旅館やホテルなどに使用されている。品が良く、高級感がある空間作りに役立つ」と話す。従来の扇風機とは異なり、送風だけでなく空間の演出に使用されるのだ。実際に使用するホテルや旅館では「高級な室内装飾品が並ぶ部屋に溶け込んでいる」としており、好評という。

 こうした製品作りを行う前提としては、あらかじめ狙うべき消費者や市場に対し、ニーズの根底を浮き彫りにする必要がある。パナソニックは製品購入後のアンケートだけでなく、製品の開発段階や販売の前段階など細かく分けて対面調査を実施する。さらに製品の利用者や実際の購入者など対象を細分化することで、ニーズとのズレを修正している。

ターゲット明確に「機能」追わず

 三菱電機は、さまざまな世帯へのマーケティングに力を注ぎ、仕事と家事を両立する女性の世帯に着目。単身の女性を対象とした冷蔵庫「MR-CX27C」を開発し、10月に発売する。営業担当8人と技術担当2人の女性社員のみで構成するチームが製品開発を担った。こうした取り組みは同社では初めてという。

 働きながら家事を行う女性が主導して開発することで、日々の生活で使う機能を取捨選択し絞り込んだ。単身向けに最低限の機能に抑えつつ、収納レイアウトなど取り出しやすい構造を採用した。一方、少量でも多様な食材を収容できるように、鮮度を保つ「氷点下ストッカー」など大型冷蔵庫向けの機能をあえて搭載した。

 女性チーム関係者は「消費者目線に迫るべく、企画段階から自身の生活感を意識した」と強調する。画一的なアンケート結果に依存する従来手法では、とうてい生まれない製品だ。

 三菱電機に限らず、家電各社は消費者アンケート以上に信頼できる情報を探る動きを活発化している。特に重視しているのがインターネット上の情報。一部のメーカーはSNSを利用し、消費者との接点を増やそうとしている。

 東芝ライフスタイル(川崎市川崎区)は冷凍冷蔵庫「VEGETA(べジータ)」で、ツイッターアカウントを作成した。ツイッター上でリツイートや返信などの反響をチェックし、実際の使われ方や意見を商品設計の参考にしている。アカウントをフォローし料理写真を投稿すれば、旬の野菜や果物をプレゼントするキャンペーンを実施しており、消費者にとってもメリットがある。

製品に“特徴”生み出す

 一方、小泉成器(大阪市中央区)の取り組みは、より能動的だ。動画投稿サイト「ユーチューブ」で、動画を投稿するユーチューバーに動画紹介を促し、理美容向け家電などを宣伝する。その内容は企業側の一方的なPRではなく、使用状況について是々非々でコメントしており、動画を閲覧する消費者も“生の声”として受け入れやすい。「動画で紹介して頂くことは歓迎している」(小泉成器)と考えており、SNSの宣伝力をフルに活用する構えだ。

 開発担当者らは動画の反応を見ることで、開発のヒントを得る場所にもなるという。小泉成器の田中裕二社長は「ネット戦略を強化しており、ネット向け製品の専用オプションなどインセンティブも検討する」と語る。

 ただ各社ともマーケティングに対し、SNSを本格的に利用するまでには至っていないとされる。コンサルティング会社のジェイ・エム・アール生活総合研究所(東京都千代田区)の松田久一社長は「将来、SNSなどネット上の行動はマーケティングにおいて重要な要素となる」と分析する。ネット上の多様な意見をうまく分類し解析できれば、特徴的な製品作りも可能という。

(文=渡辺光太)

【ファシリテーターのコメント】

これまで日本の家電は、価格に見合った確かな性能が支持されてきた。ただ、大多数の消費者を狙った中庸的な製品が主流であり、より緻密な要求に対応できていなかった。家電が普及した今、万人受けする製品ではなく、消費者一人ひとりに最適なモノづくりが求められている。そのためには消費者の深層心理を深掘りするマーケティング戦略が重要となる。
(日刊工業新聞第一産業部・渡辺光太)

外部リンク

cat_11_issue_oa-newswitch oa-newswitch_0_4b3f7debce29_アップルの機械学習論文が最優秀賞、国際会議で 4b3f7debce29 0

アップルの機械学習論文が最優秀賞、国際会議で

 アップルが人工知能(AI)の一種である機械学習について初めて社外に公開した研究論文が、権威ある機械学習の国際会議で最優秀論文賞に選ばれた。対象論文は7月21〜26日までハワイで開かれた「コンピュータービジョンとパターン認識国際会議」(CVPR 2017)で口頭発表されたもの。CVPRに提出された約2600本の論文の中から、これを含めて計2本が最優秀論文賞を受賞している。

 受賞論文はもともと、米コーネル大学図書館が運営する著名論文共有サイト「arXiv(アーカイヴ)」に2016年12月に投稿されたもの。顔などの物体を認識するニューラルネットワークを効率的に訓練するのに、コンピューターによる合成画像を使いながら、その合成画像をリアルに見せるための技術的な手法について述べている。

 アップルは製品開発の方向性や研究内容を公開しない秘密主義で知られ、AIについても同様の方針を貫いていた。ただ、企業の技術開発と異なり、アカデミア主導のAIでは積極的に論文を公開し、研究者同士が議論しながら交流を深めていく文化が根強い。

 そのため、優秀なAIエンジニアはアップルより、グーグルやアマゾン、フェイスブックはじめ、よりオープンな研究環境のIT企業に行きたがる傾向が強く、アップルがAIの研究開発で後れをとる理由の一つになっていたとも言われる。

 そこでアップルはAI研究での論文公開に舵を切り、その一環として7月には「アップル・マシンラーニング・ジャーナル」という機械学習の研究成果についての共有サイトをオープン。このサイトには今のところ、今回受賞した論文や音声アシスタント「Siri(シリ)」の音声認識などについて、4つの成果内容を掲載している。

【ファシリテーターのコメント】

Apple Machine Learning Journalのページでは一番下に機械学習についての読者からの質問やフィードバック歓迎とあり、さらにその隣には機械学習エンジニアの求人欄も。スタートしたばかりとはいえ、掲載論文が4本しかないので、内容をもっと充実させていく必要ありですね。
藤元 正

外部リンク

cat_11_issue_oa-newswitch oa-newswitch_0_783bef1355ed_「天使のブラ」秋冬から魔法をかける! 783bef1355ed 0

「天使のブラ」秋冬から魔法をかける!

 トリンプ・インターナショナル・ジャパン(東京都中央区、土井健人社長)は、秋冬の下着の新商品として「天使のブラ 魔法のハリ感」シリーズを23日に発売した。年齢によるバストの変化に悩みを持つ30―40代女性が対象。ブラジャーのカップ部分を二重構造に設計し、ハリ感のあるふっくらとした印象を与える。消費税抜き価格は2400―6400円。全国のトリンプ専門店で販売。

 トリンプの調査によると、加齢によりバストの上部にハリやボリュームがなくなる“そげ”を感じる女性が8割を占めた。新商品のブラジャーは、カップ部分の素材を二重構造に設計したのが特徴。バストを支えて引き上げる外側のパーツと、寄せる内側のパーツでバストの形状を保つ。ブラジャーは白・黒・ピンク・ライトグリーンの4色。このほかショーツやキャミソールなども販売する。
日刊工業新聞2017年8月23日

<自分に似合う色を診断します!>

【ファシリテーターのコメント】

「天使のブラ」の戸所由美子クリエイティブデザインシニア・マネージャーは、2016年発売の既存シリーズと比べて販売目標は前年比20%増を目指す、としています。
(日刊工業新聞第ニ産業部・山下絵梨)

外部リンク